こちら

中小型株専門銘柄レポート『相場のキューピッド』

相場のキューピッド  大当たり速報

最終更新:2012年12月21日18:45 PM

 

12/21長大+23.3%(11/15推奨)

12/21電算+20.8%(11/16推奨)

12/21きもと+13.9%(11/21推奨)

12/21日本輸送+13.4%(11/30推奨)

12/21ソフトブレーン+13.3%(11/6推奨)

12/21じもとHD+13.3%(11/30推奨)

11/30山田コンサル+38.3%(11/20推奨)

11/30ハナテン+36.4%(11/26推奨)

11/30インタースペース+15.2%(11/27推奨)

11/30シノケンG+8.8%(11/28推奨)

11/30C&R +5.3%(11/20推奨)

11/30ショーエイコーポ-1.8%(11/27推奨)

11/27陽光都市+67.1%(11/20推奨)

11/27サニーサイド+23.1%(11/22推奨)

11/27日本エスコン+15.2%(11/22推奨)

11/27ベルマーク+10.9%(11/12推奨)

11/27モブキャスト-9.6%(11/11推奨)11/27Topixベア-12.2%(6/4推奨)

11/20ランドビジネス+123.9%(11/12推奨)

11/20アーバネット+28.8%(11/8推奨)

11/20アイフル+27.3%(11/14推奨)

11/20MDNT+11.2%(11/15推奨)

11/20オムロン+6.9%(11/8推奨)

11/20きちり-58.5%(6/18推奨)

11/20ドーン-59.6%(6/5推奨)

10/11ポールトゥウ+13.9%(6/27推奨)

10/11コスモバイオ+12.8%(6/12推奨)

9/20ヒューリック+19.8%(6/26推奨)

9/20ベネワン+7.6%(6/20推奨)

8/24ウェザーニュ+25.5%(6/19推奨)

8/24タカキュー+22.4%(6/19推奨)

8/24スタートトゥ+9.9%(6/15推奨)

7/18アストマックス+68.3%(6/29推奨)

7/18A&T+27.4%(6/12推奨)

7/18ライトオン+9.1%(6/25推奨)

7/18ニトリHD+6.3%(6/27推奨)

6/26アビックス+59.5%(6/21推奨)

6/26ロジコム+16.0%(6/22推奨)

6/26サニックス+11.0%(6/20推奨)

6/25ワンダー+16.8%(6/21推奨)

6/21ぱど+24.69%(6/11推奨)

6/21グラウンド+20.44%(6/11推奨)

6/19プラット+34.79%(6/11推奨)

6/19アビックス+17.79%(6/15推奨)

6/19オービス+10.08%(6/13推奨)

6/19リブセンス+8.05%(6/13推奨)

6/13テンプHD+13.46%(6/5推奨)

6/13光通信+6.91%(6/7推奨)

2/8ジオスター+1.36%(1/30推奨)

2/8インタースペース+1.98%(1/30推奨)

2/8インターアクション+0.74%(1/29推奨)

2/8リブセンス-1.36%(1/29推奨)

2/8イーブックイニシアティブジャパン+0.10%(12/16推奨)

2/8テラプローブ-1.60%(1/26推奨)

2/8KLab+6.36%(1/23推奨)

2/8ドリコム+9.85%(1/23推奨)

2/8日本道路+16.18%(1/16推奨)

2/8鐘崎+3.75%(1/12推奨)

2/8テンポスバスターズ-22.12%(1/9推奨)

2/8夢真ホールディングス+8.65%(1/9推奨)

2/8日東ベスト+0.12%(12/21推奨)

2/8ホリプロ-0.19%(12/21推奨)

2/8日本アビオニクス+9.52%(12/19推奨)

2/8パーク24-1.99%(12/16推奨)

2/83Dマトリックス-11.66%(12/15推奨)

1/19日本橋梁51.1%(1/16推奨)

1/19ナノキャリア+18.1%(1/12推奨)

1/19東京計器+13.2%(12/19推奨)

1/19東京リスマチック-9.0%(12/20推奨)

1/19ルック-10.0%(12/20推奨)

1/11 ダイユーエイト28.1%(12/27推奨)

1/11 やまや12.1%(12/15推奨)

1/11 GCジョイコ5.9%(12/18推奨)

1/5 シスウェーブ32.5%(12/27推奨)

12/27 エイジア37.1%(12/22推奨)

12/27 ワオコーポ12.4%(12/21推奨)

12/22 エイジア21.8%(12/20推奨)

12/22 スリープロ+18.8%(12/20推奨)

12/22 C-ノア+17.0%(12/20推奨)

12/22 ヤマナカ+15.4%(12/20推奨)

12/16免疫生物+39.7%(12/12推奨)

12/16 山王+30.9%(12/14推奨)

12/16 ピクルス+24.3%(12/13推奨)

12/16 ネプロ+16.6%(12/8推奨)

12/16 日本管理+10.6%(12/14推奨)

12/16 コナカ+10.4%(12/12推奨)

12/16 薬王堂+9.7%(12/13推奨)

12/16 キッセイ薬品+5.0%(12/12推奨)

12/15 日本管理+38.9%(12/12推奨)

12/15 共立メンテ+9.6%(11/16推奨)

12/15 梅の花+8.2%(12/8推奨)

12/15 協和キリン+2.4%(11/15推奨)

12/15 プロミス+1.8%(10/2推奨)

12/14 ドワンゴ+27.7%(11/15推奨)

12/14 スリープロ+29.8%(12/11推奨)

12/14 ガイヤHD+20.2%(12/12推奨)

12/14 あさひ+4.9%(11/28推奨)

12/14 アルインコ+6.2%(10/23推奨)

12/14 ツガミ-0.7%(11/28推奨)

12/13 市進HD-0.8%(11/20推奨)

12/08 フジプレアム+48.3%(12/06推奨)

12/08 省電舎+43.5%(12/06推奨)

12/08 きちり+41.9%(12/06推奨)

12/08 NPC +26.1%(12/06推奨)

「相場のキューピッド」及び「レポート会員」に掲載の銘柄、並びに「プレミアム会員 」及び「特別会員」に推奨の銘柄から、抜粋しています。

相場のキューピッド

究極の売買プログラムハイパーキューピッド

ハイパーキューピッド1号の運用パフォーマンス

最終更新:2024年3月1日25:46PM

3月1日


03月01日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均先物、Topix、Topix先物は続伸、日経平均、ドル建て日経平均は反発であった。新興株01日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場はPCE(個人消費支出)指標を手掛かりにインフレ再燃への警戒感が後退しハイテクを中心に上昇した。本日のドル建て日経平均は9:00に261.72㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、261.52㌦迄下げ幅拡大し、寄り底となったが続かず、SOX指数の上昇を支えに値嵩の半導体関連などに売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比4.78㌦高の265.92㌦をつけ、11:35には前日比4.78㌦高の265.92㌦で引けた。後場では12:30に265.84㌦で寄付後、外為市場の円安ドル高や米国経済のソフトランディング期待を支えに売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:50には266.62㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比4.96㌦高の266.10㌦迄戻売され、日経平均オプション3月物は「コール」は買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比4.96㌦高の266.10㌦迄買戻され引けた。高安値幅は5.10㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で36.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.8倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲40.59%、騰落レシオは107.12%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月29日


02月29日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均先物、Topix、Topix先物は反発、日経平均、ドル建て日経平均は続落であった。新興株29日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に258.46㌦で寄り付き開始し、米個人消費支出(PCE)デフレーターの公表を控え、また高田日銀審議委員の発言を受けた円高進行等も材料に、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:13には258.07㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、銀行や海運、自動車などバリュー(割安)株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:30には259.95㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.69㌦安の258.58㌦をつけ、11:35には前日比1.69㌦安の258.58㌦で引けた。後場では12:30に258.25㌦で寄付後、外国為替市場で円相場が1ドル=149円台後半の円高・ドル安方向に振れたことから、トヨタなど主力の輸出関連株に売仕掛けの裁定解消売が入り、258.14㌦迄下げ幅拡大したが続かず、巨大機関投資家から月末に持高調整の纏まった売りが出るとの警戒感がやや後退し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:06には260.22㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:23には259.72㌦迄下げ幅拡大したが続かず、損保の保合解消改善命令報道が再度着目されると同時に資本改善から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:43には260.55㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比0.28㌦安の259.99㌦迄戻売され、日経平均オプション3月物は「コール」、「プット」はともに売られる状況で、15:15には前日比0.28㌦安の259.99㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.48㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.56倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲35.18%、騰落レシオは103.57%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月28日


02月28日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株28日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は上昇、SOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に260.42㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:06には261.05㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、SOX指数が下落する中で半導体関連株も下落し、足元で上昇の大きい値嵩のファストリやソフトバンクグループなどに売仕掛けの裁定解消売が入り、10:13には259.66㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、地銀や鉄鋼などのバリュー銘柄に循環物色的な売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.31㌦安の260.44㌦をつけ、11:35には前日比0.31㌦安の260.44㌦で引けた。後場では12:30に260.44㌦で寄付後、新規の材料に乏しい中日本株に対する先高観からくる押し目狙いの売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:21には261.04㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:59には260.23㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.21㌦安の260.54㌦迄戻売され、日経平均オプション3月物は「コール」と「プット」は共に売られた状況で、15:15には前日比0.21㌦安の260.54㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.39㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.56倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲36.3%、騰落レシオは102.27%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月27日


02月27日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株27日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に260.62㌦で寄り付き開始し、米株小幅に反落したのを受け売仕掛けの裁定解消売が入り、260.56㌦迄下げ幅拡大したが続かず、ドル円上昇やSOX指数の上昇等を手掛かりに売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:09には261.72㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、米株先物が下落する中で売仕掛けの裁定解消売が入り、11:22には259.64㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.4㌦安の260.04㌦をつけ、11:35には前日比0.4㌦安の260.04㌦で引けた。後場では12:30に260.18㌦で寄付後、SOX指数上昇による買戻し効果で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:36には260.7㌦迄上げ幅拡大したが続かず、円安一服より売仕掛けの裁定解消売が入り、13:56には259.83㌦迄下げ幅拡大したが続かず、ドル高でSOX指数上昇により値嵩半導体の一部に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:59には260.71㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.04㌦高の260.48㌦迄買戻され、日経平均オプション3月物は株式相場の方向感が乏しく、「コール」と「プット」がともに下げた状況で、15:15には前日比0.04㌦高の260.48㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.08㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.59倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲37.34%、騰落レシオは107.99%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月26日


02月26日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株26日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に261.47㌦で寄り付き開始し、NYダウやS&P500 、独逸及びフランス指数等が最高値更新したのを受けて、高値261.86㌦を付け後買い先行で開始したが、ドル安円高を受けて、売仕掛けの裁定解消売が入り、9:20には260.63㌦迄下げ幅拡大したが続かず、為替の円安ドル高に支えられ、売仕掛け解消の裁定解消買が輸入銘柄等に入り、10:40に261.92㌦をつけ最高値更新後、11:30には前日比1.40㌦高の261.40㌦をつけ、11:35には前日比1.40㌦高の261.40㌦で引けた。後場では12:30に261.19㌦で寄付後、ナスダック総合指数の小反落を受けハイテク関連株に売仕掛けの裁定解消売が入り、上げ幅を縮め14:59に260.54㌦と最安値を更新し罫線図上のボリンジャーバンドでー3σ水準に到達するや否や一方向に対する持高調整の売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、15:00大引けでは前日比0.89㌦高の260.89㌦迄買戻され、日経平均オプション3月物は「コール」は売り買いが交錯し「プット」は総じて売られる状況で、15:15には前日比0.89㌦高の260.89㌦迄買戻され続伸して引けた。高安値幅は1.38㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で38.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.57倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲38.16%、騰落レシオは107.36%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月22日


02月22日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株22日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に256.16㌦で寄り付き開始し、米半導体大手エヌビディアが米東部時間21日夕に発表した2023年11月〜24年1月期決算で、売上高などが市場予想を大幅に上回り、米株式市場の時間外取引でエヌビディア株が急伸したことから、東京市場でも半導体関連株を中心に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:16には258.93㌦迄上げ幅拡大したが続かず、1989年12月29日に付けた史上最高値を上回ると高値警戒感から、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:59には257.92㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比4.33㌦高の258.86㌦をつけ、11:35には前日比4.33㌦高の258.86㌦で引けた。後場では12:30に259.18㌦で寄付後、外国為替市場で円相場が1ドル=150円台と円安・ドル高基調にあることから輸出関連株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:32には259.63㌦迄上げ幅拡大したが続かず、利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り、13:22には258.22㌦迄下げ幅拡大したが続かず、日経平均が史上最高値を上回ったことが巨大機関投資家心理を一段と強気に傾け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:48には260.48㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比5.56㌦高の260.09㌦迄買戻され、日経平均オプション3月物は「コール」が買われ、「プット」は売られる状況で、15:15には前日比5.56㌦高の260.09㌦迄買戻され引けた。高安値幅は4.32㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で38%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.47倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲37.95%、騰落レシオは107.64%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月21日


02月21日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株21日の東証グロース指数は反落、東証グロース250指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に254.68㌦で寄り付き開始し、前日の米株式相場の下落を受けて、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:05には254.27㌦迄下げ幅拡大したが続かず、割安株とされる海運を中心に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:24には255.67㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、エヌビディア決算前に利益確定目的の売仕掛けの裁定解消売りが入り、11:30には前日比1.17㌦安の254.66㌦をつけ、11:35には前日比1.17㌦安の254.66㌦で引けた。後場では12:30に254.49㌦で寄付後、画像処理半導体(GPU)大手の米エヌビディアが、現地時間21日に決算発表を控えて前日には4%下げたことで、アドテストなど国内の半導体関連銘柄に売仕掛けの裁定解消売が入り、12:49には254.04㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、巨大機関投資家の海外短期筋のリスク選好意欲が根強いため売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:06には255.29㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:35には254.89㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.68㌦安の255.15㌦迄戻売され、日経平均オプション3月物は「コール」が売られ、「プット」は買われる状況で、15:15には前日比0.68㌦安の255.15㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.63㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.25倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲31.66%、騰落レシオは112.22%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月20日


02月20日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topix、Topix先物は反落、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は続落であった。新興株20日の東証グロース指数は続伸、東証グロース250指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は上昇、SOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。前日米国市場はプレジデンツデーで休場。本日のドル建て日経平均は9:00に256.54㌦で寄り付き開始し、バリュー株の一角に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、256.84㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:20には256.01㌦迄下げ幅拡大したが続かず、中国人民銀行が景気刺激策として住宅ローン向け金利の引き下げを発表したことが好感され、先物主導で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:30には258.08㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、買い一巡後は売仕掛けの裁定解消売りが入り11:30には前日比0.21㌦安の256.06㌦をつけ、11:35には前日比0.21㌦安の256.06㌦で引けた。後場では12:30に255.48㌦で寄付後、エヌビディアの決算発表を前に半導体など足元で上昇が目立っていた分野に利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り、12:38には255.06㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、日本株への強気期待からくる押し目狙いの売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:10には256.07㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:57には255.31㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:51には256.25㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.71㌦安の255.56㌦迄戻売され、日経平均オプション3月物は「コール」と「プット」は高安まちまちな状況で、15:15には前日比0.71㌦安の255.56㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.02㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.28倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲33.34%、騰落レシオは97.78%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月19日


02月19日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topix、Topix先物は続伸、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は反落であった。新興株19日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に256.29㌦で寄り付き開始し、先週末の米株安を受けて、値嵩の半導体関連銘柄を中心に売仕掛けの裁定解消売が入り、09:11には255.97㌦迄下げ幅拡大したが続かず、日本株の先高観から銀行や商社といった大型の割安株を中心に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:36には256.84㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、先週末の米卸売物価指数(PPI)の上昇から米連邦準備理事会(FRB)による利下げ観測が後退したことで、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:16には255.01㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.81㌦安の255.57㌦をつけ、11:35には前日比0.81㌦安の255.57㌦で引けた。後場では12:30に255.56㌦で寄付後、19日の上海株式相場が堅調な滑り出しとなっていることを支えに、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:40には255.85㌦迄上げ幅拡大したが続かず、今晩の米株市場が休場のため様子見姿勢が強まり、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:49には255.39㌦迄下げ幅拡大したが続かず、日本企業の資本効率改善への期待を背景とした日本株の根強い先高観が下値を支え、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:36には256.32㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.11㌦安の256.27㌦迄戻売され、日経平均オプション3月物は「コール」は総じて売られ「プット」も売りが優勢だった状況で、15:15には前日比0.11㌦安の256.27㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.82㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.33倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲35.05%、騰落レシオは103.65%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月16日


02月16日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株16日の東証グロース250指数は続伸、東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場は長期金利が一服した安心感から揃って上昇。本日のドル建て日経平均は9:00に256.93㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、256.86㌦迄下げ幅拡大したが続かず、半導体製造装置の米アプライドマテリアルズが市場予想を上回る決算を前日取引終了後に発表したことから、東エレク、アドテストなど半導体関連に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:09には259.21㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:33には258.33㌦迄下げ幅拡大したが続かず、10~12月期の実質国内総生産(GDP)の速報値が2四半期連続のマイナスとなったことから日銀の緩和姿勢の継続が期待され、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:01には259.25㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、日経平均株価の史上最高値に迫る場面では利益確定を見込んだ売仕掛けの裁定解消売が入り、10:59には255.89㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比2.32㌦高の256.85㌦をつけ、11:35には前日比2.32㌦高の256.85㌦で引けた。後場では12:30に257.46㌦で寄付後、16日の衆院財務金融委員会での日銀植田総裁のハト派スタンス発言から円安ドル高が進み、ホンダなど輸出関連株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:56には259.02㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:44には256.53㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.20㌦高の256.73㌦迄買戻され、日経平均オプション3月物は「コール」が買われ「プット」は売りが目立った状況で、15:15には前日比2.20㌦高の256.73㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.36㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で36.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.27倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲36.05%、騰落レシオは96.81%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月15日


02月15日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株15日の東証グロース250指数は続伸、東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に252.63㌦で寄り付き開始し、利下げ期待の再燃で14日の米株式市場でハイテク株を中心に上昇した流れを受けて東京市場でも主力の半導体関連に買いが集中し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:24には253.36㌦迄上げ幅拡大したが続かず、心理的節目の253㌦を上回ったことから相場過熱を警戒して売仕掛けの裁定解消売が入り、10:07には252.19㌦迄下げ幅拡大したが続かず、巨大機関投資家である米ヘッジファンド運用会社ブリッジウォーター・アソシエーツが2023年第4・四半期に米半導体大手エヌビディア株の保有数を458%買増と受けて、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:26には252.93㌦迄上げ幅拡大したが続かず、上値の重さから利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り、11:18には252.08㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比1.63㌦高の252.17㌦をつけ、11:35には前日比1.63㌦高の252.17㌦で引けた。後場では12:30に252.63㌦で寄付後、為替の円安・ドル高基調が輸出関連株の支えとなって、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:07には253.25㌦迄上げ幅拡大したが続かず、長期志向の巨大機関投資家による売仕掛けの裁定解消売が入り、14:00には252.65㌦迄下げ幅拡大したが続かず、第二のエヌペディア狙いから売仕掛け解消の裁定解消買が半導体銘柄を中心とする好決算銘柄に入り、14:53には253.75㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比3.02㌦高の253.56㌦迄買戻され、日経平均オプション3月物は「コール」は買われ、「プット」は売られる状況で、15:15には前日比3.02㌦高の253.56㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.68㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で36.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.06倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲34.06%、騰落レシオは93.79%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月14日


02月14日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株14日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に250.43㌦で寄り付き開始し、前日に1066円高と急伸し、心理的節目の3万8000円を超える場面もあったことから過熱感が強まり、利益確定による売仕掛けの裁定解消売が入り、09:01には249.94㌦迄下げ幅拡大したが続かず、9日に純利益見通しを上方修正した値嵩の東京エレクトロンを中心に半導体関連株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:53には251.18㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、米国の物価統計が上振れして同国の早期利下げ観測が後退し、巨大機関投資家心理を冷やした事で、売仕掛けの裁定解消売りが入り、11:25には249.86㌦迄下げ幅拡大したが切返し、11:30には前日比2.11㌦安の249.99㌦をつけ、11:35には前日比2.11㌦安の249.99㌦で引けた。後場では12:30に250.07㌦で寄付後、米株式市場で主要3指数が揃って下落した事による日本株の下げを警戒し嫌気された事を受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:29には249.65㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、日本株の先高観は強くボリンジャーバンドでー2σを迎え、巨大機関投資家間で配当月に向けた持高是正による打診買効果目的で、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:46には251.06㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.73㌦安の250.37㌦迄戻売され、日経平均オプション3月物は「コール」の売りが目立ち、「プット」は総じて買われた状況で、15:15には前日比1.73㌦安の250.37㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.53㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.13倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲30.99%、騰落レシオは99.12%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月13日


02月13日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株13日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日までの米株市場は景気の底堅さを示す経済統計を支えに各種指数は上昇。本日のドル建て日経平均は9:00に249.44㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、249.01㌦迄下げ幅拡大し、寄り底となったが続かず、9日に純利益見通しを上方修正した値嵩の東京エレクトロンが大幅に上昇したことによる売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:32には252.03㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:03には250.99㌦迄下げ幅拡大したが続かず、金融庁が損保大手4社に政策保有株の売却を促したとの報道から株主還元や資本効率の改善を期待した売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、11:30には前日比6.03㌦高の253.13㌦をつけ、11:35には前日比6.03㌦高の253.13㌦で引けた。後場では12:30に253.05㌦で寄付後、日銀の金融緩和姿勢の継続を期待した円安ドル高を支えに輸出関連株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:48には253.77㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:28には253.12㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:56には254.55㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比7.14㌦高の254.24㌦迄買戻され、日経平均オプション3月物は「コール」が総じて買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比7.14㌦高の254.24㌦迄買戻され引けた。高安値幅は5.54㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で35.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.29倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲34.2%、騰落レシオは109.47%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月9日


02月09日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は続伸、Topix、Topix先物は反落であった。新興株09日の東証グロース250指数は反発、東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場はダウ工業株30種平均やS&P500といった主要指数が最高値を更新した。本日のドル建て日経平均は9:00に247.30㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:01には246.58㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、英半導体設計大手アーム株が急伸した中、これを保有する値嵩のソフトバンクグループが前日決算で黒字転換を発表し大幅高となって、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:44には249.79㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、日経平均は前日5ドル近く急伸していたことから利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り、11:02には247.42㌦迄下げ幅拡大したが続かず、前日SOX指数が上昇したことから半導体関連株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比1.12㌦高の248.07㌦をつけ、11:35には前日比1.12㌦高の248.07㌦で引けた。後場では12:30に247.89㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:08には248.81㌦迄上げ幅拡大したが続かず、SQ算出にかかる需給関連の売買が一巡したことによる売仕掛けの裁定解消売が入り、14:24には247.52㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:42には248.09㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.23㌦高の247.18㌦迄戻売され、日経平均オプション3月物は「コール」は高安まちまちで「プット」は売られる状況で、15:15には前日比0.23㌦高の247.18㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.21㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で38.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.07倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲25.78%、騰落レシオは104.90%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月8日


02月08日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均先物、Topix、Topix先物は続伸、日経平均、ドル建て日経平均は反発であった。新興株08日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に244.91㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:05には244.55㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、前日の米株式市場で主要な株価指数が軒並み上昇したことを受け明日のSQ前に、売仕掛け解消の裁定解消買が値嵩ハイテク銘柄等に入り、09:30には246.15㌦迄上げ幅拡大したが続かず、利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り、09:58には245.41㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比4.18㌦高の248.15㌦をつけ、11:35には前日比4.18㌦高の248.15㌦で引けた。後場では12:30に248.17㌦で寄付後、日銀の内田真一副総裁の発言を受け、日銀がマイナス金利政策の解除後も金融緩和的な姿勢を続けるとの思惑から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:59には249.62㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、高値警戒感から売仕掛けの裁定解消売が入り、14:43には248.58㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比5.02㌦高の248.99㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売られる状況で、15:15には前日比5.02㌦高の248.99㌦迄買戻され引けた。高安値幅は5.07㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で37.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.96倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲26.28%、騰落レシオは111.84%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月7日


02月07日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均先物、Topix、Topix先物は反発、日経平均、ドル建て日経平均は続落であった。新興株07日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に243.46㌦で寄り付き開始し、前日の米株式市場で半導体関連が下落した流れを受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:13には242.81㌦迄下げ幅拡大したが続かず、Topixコア30中心に営業CFを多く稼ぐ値嵩銘柄群に、巨大機関投資家が売仕掛け解消の裁定解消買を入れ、10:15には244.76㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.26㌦安の244.27㌦をつけ、11:35には前日比0.26㌦安の244.27㌦で引けた。後場では12:30に244.06㌦で寄付後、海外短期筋と見做す巨大機関投資家により仕掛け的な売仕掛けの裁定解消売りが入ったのを受けて、12:56には242.46㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、パウエルFRB議長のテレビ番組でのインタビューを経てFRBの早期利下げに対する期待が後退し、利益隠しの株主還元銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:59には244.35㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.28㌦安の244.25㌦迄戻売され、日経平均オプション2月物は「コール」が総じて売られ「プット」は高安まちまちな状況で、15:15には前日比0.28㌦安の244.25㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.3㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.01倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲20.45%、騰落レシオは117.18%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月6日


02月06日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株06日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米国市場ではISM非製造業景況感指数が市場予想を上回ったことを受けて長期金利が上昇、割高感から株式相場は下落した。本日のドル建て日経平均は9:00に243.85㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:02には244.09㌦迄上げ幅拡大したが続かず、早期の利下げ期待が後退して下落した米株市場の流れを引き継いで、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:18には242.62㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、外為市場の円安ドル高を支えに輸出企業に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:49には243.32㌦迄上げ幅拡大したが続かず、前日の騰落レシオが132.72%と目安の120%を上回り相場の過熱感が意識されることから、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:30には前日比1.61㌦安の242.95㌦をつけ、11:35には前日比1.61㌦安の242.95㌦で引けた。後場では12:30に243.04㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、242.89㌦迄下げ幅拡大したが続かず、トヨタ自動車が業績予想を上方修正し連結純利益が4.5兆円となる見通しを発表したことで売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:09には244.16㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:59には243.02㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.30㌦安の243.26㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買いが目立った状況で、15:15には前日比1.30㌦安の243.26㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.54㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.16倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲21.4%、騰落レシオは118.77%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月5日


02月05日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株05日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に245.29㌦で寄り付き開始し、前週末の米株式相場の上昇や円安・ドル高の進行により、海外短期筋を含む巨大機関投資家の資金が流入し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:04には245.51㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、高値警戒感を意識した売仕掛けの裁定解消売が入り、10:19には243.9㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比1.35㌦高の244.88㌦をつけ、11:35には前日比1.35㌦高の244.88㌦で引けた。後場では12:30に245.15㌦で寄付後、決算発表を材料にした個別株の物色が旺盛だったことから売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:33には245.25㌦迄上げ幅拡大したが続かず、本格化していく主要企業の決算発表を見極めたいとの思惑から、持高調整の売仕掛けの裁定解消売が入り、13:44には244.58㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米長期金利の上昇により円相場が下落したことから、輸出関連株を中心に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:49には245.25㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.32㌦高の244.85㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」が買われ、「プット」は売られた状況で、15:15には前日比1.32㌦高の244.85㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.61㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.26倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲23.74%、騰落レシオは132.72%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月2日


02月02日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株02日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。雇用指標が労働需給の緩和を示し、インフレ鎮静化期待から金利が低下、巨大ハイテク企業が総じて堅調な決算を発表し前日の米株市場は上昇した。本日のドル建て日経平均は9:00に247.56㌦で寄り付き開始し、前日からニューヨークコミュニティバンコープ(NYCB)やあおぞら銀行が米商業用不動産関連で多額の引当金を計上し株価が急落した影響で、他の金融機関への波及が懸念される中で、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:19には246.43㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、米株市場の流れを引き継いだ巨大機関投資家に所属する海外短期筋による株価指数先物主導での売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:53には248.87㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比2.45㌦高の248.39㌦をつけ、11:35には前日比2.45㌦高の248.39㌦で引けた。後場では12:30に247.87㌦で寄付後、外為市場での円高ドル安が自動車株などの重荷となり、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:01には246.74㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:28には247.65㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:54には246.88㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.00㌦高の246.94㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」は買いが目立ち、「プット」は総じて売られる状況で、15:15には前日比1.00㌦高の246.94㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.44㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.05倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲22.67%、騰落レシオは130.40%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月1日


02月01日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株01日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に245.18㌦で寄り付き開始し、新しい小額投資非課税制度(NISA)が始まったことなどが影響して、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:12には246.12㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、米連邦準備理事会(FRB)が1月31日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で早期の利下げに慎重な姿勢を示し、同日の米国株が下落したことから、東京市場でも運用リスクを警戒した売仕掛けの裁定解消売が入り、10:00には244.71㌦迄下げ幅拡大したが続かず、決算を発表した個別銘柄や配当利回りが高い銘柄の一角に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:22には245.93㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.78㌦安の245.29㌦をつけ、11:35には前日比1.78㌦安の245.29㌦で引けた。後場では12:30に245.04㌦で寄付後、朝方に比べ、やや円高・ドル安方向に振れていることから、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:37には244.73㌦迄下げ幅拡大したが続かず、ダウ平均先物や香港ハンセン指数、上海総合指数が底堅く推移していることから、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:50には245.32㌦迄上げ幅拡大したが続かず、利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り、13:46には244.61㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、下値の堅さから、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:32には245.38㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.87㌦安の245.2㌦迄戻売され、日経平均オプション2月物は「コール」が売られ、「プット」は買われる状況で、15:15には前日比1.87㌦安の245.2㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.51㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.87倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲21.99%、騰落レシオは127.55%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月31日


01月31日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月31日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、ドル建て日経平均は続伸、日経平均先物、Topix、Topix先物は反発であった。新興株31日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に242.19㌦で寄り付き開始し、前日の米ハイテク株安を背景に半導体関連株を中心に売仕掛けの裁定解消売が入り、09:04には241.9㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、日銀による早期の金融正常化が近いとの見方が強まったことから、三菱UFJなど銀行株を中心に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:15には243.28㌦迄上げ幅拡大したが続かず、主要なハイテク株で構成する米ナスダック100指数の先物が大きく下落していることも重荷となり、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:32には242.13㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.27㌦安の243.07㌦をつけ、11:35には前日比1.27㌦安の243.07㌦で引けた。後場では12:30に243.26㌦で寄付後、午前の取引では心理的節目の3万6000円を下回る水準で推移していたため、押し目買いを入れる動きが広がり、15:00大引けでは前日比1.5㌦高の245.84㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」が買われ、「プット」は売られる状況で、15:15には前日比1.5㌦高の245.84㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.98㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.04倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲25.12%、騰落レシオは137.95%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月30日


01月30日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、ドル建て日経平均は続伸、日経平均先物、Topix、Topix先物は反落であった。新興株30日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米財務省が借入額縮小の見通しを発表したことから長期金利が低下、S&P500指数が最高値を更新するなど米株市場は上昇した。本日のドル建て日経平均は9:00に245.39㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:19には244.54㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米株市場の流れを引き継ぎ半導体などハイテク株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:37には245.74㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、足元円高ドル安を背景に自動車株に売仕掛けの裁定解消売が入り、11:13には244.38㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.59㌦高の244.83㌦をつけ、11:35には前日比0.59㌦高の244.83㌦で引けた。後場では12:30に244.60㌦で寄付後、信越化学など既に決算を発表した銘柄に安心感から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:22には245.37㌦迄上げ幅拡大したが続かず、今週からの主要企業の決算発表やFOMCの結果公表を前に売仕掛けの裁定解消売が入り、14:56には244.32㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比0.26㌦高の244.50㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」と「プット」は共に売られた状況で、15:15には前日比0.26㌦高の244.50㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.42㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.87倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲23.87%、騰落レシオは125.65%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月29日


01月29日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株29日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に241.86㌦で寄り付き開始し、前週末の米株式市場でダウ工業株30種平均が連日で最高値を更新したことが巨大機関投資家の支えとなり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:53には242.91㌦迄上げ幅拡大したが続かず、前週末の米ハイテク株下落から、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:01には242.28㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.21㌦高の243.65㌦をつけ、11:35には前日比2.21㌦高の243.65㌦で引けた。後場では12:30に243.73㌦で寄付後、外国為替市場での円安傾向を手がかりとして、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:50には244.38㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り、14:37には242.83㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.86㌦高の243.3㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」が総じて買われ、「プット」は売られる状況で、15:15には前日比1.86㌦高の243.3㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.52㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.88倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲24.17%、騰落レシオは130.91%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月26日


01月26日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、ドル建て日経平均、Topixは反落、日経平均先物、Topix先物は続落であった。新興株26日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に243.85㌦で寄り付き開始し、前日SOX指数が下落し、米インテルの発表した売り上げ見通しが市場予想を下回ったことで値嵩の半導体株に売仕掛けの裁定解消売が入り、09:15には242.53㌦迄下げ幅拡大したが続かず、デフレ脱却期待などから日本株の先高観は根強く、押し目狙いの売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:42には244.24㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比2.72㌦安の242.72㌦をつけ、11:35には前日比2.72㌦安の242.72㌦で引けた。後場では12:30に242.57㌦で寄付後、インテルが時間外取引で大きく下落していることから、日経平均の力強い上昇を主導した半導体関連に利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り、13:58には241.72㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:39には242.94㌦迄上げ幅拡大したが続かず、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて週末の持ち高調整も入りやすく、15:00大引けでは前日比3.29㌦安の242.15㌦迄戻売され、日経平均オプション2月物は「コール」は売られ「プット」は買われる状況で、15:15には前日比3.29㌦安の242.15㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.52㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.68倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲22.37%、騰落レシオは129.22%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月25日


01月25日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、ドル建て日経平均、Topixは反発、日経平均先物、Topix先物は続落であった。新興株25日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に245.65㌦で寄り付き開始し、国内経済のデフレ脱却期待など日本株の先高観は根強く、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、246.05㌦迄上げ幅拡大したが続かず、前日の米株式市場で米連邦準備理事会(FRB)による早期利下げ観測の後退からダウ工業株30種平均が下落したことが巨大機関投資家心理の重荷になり、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:15には244.68㌦迄下げ幅拡大したが続かず、下値の底堅さから、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:34には245.88㌦迄上げ幅拡大したが続かず、利益確定目的の売りが上値を抑え、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:52には243.61㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.43㌦安の245.31㌦をつけ、11:35には前日比0.43㌦安の245.31㌦で引けた。後場では12:30に245.35㌦で寄付後、前日の米ハイテク株高を手がかりとして東エレクなど値嵩の半導体関連銘柄を中心に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:20には246.33㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比0.07㌦高の245.81㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」と、「プット」がともに売られる状況で、15:15には前日比0.07㌦高の245.81㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.72㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.9倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲27.47%、騰落レシオは130.74%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月24日


01月24日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株24日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に245.43㌦で寄り付き開始し、前日の米半導体株高を支えにスクリンやアドテストといった半導体関連株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:06には245.81㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、前日の米ダウ工業株30種平均の下落が重荷となり、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:37には244.3㌦迄下げ幅拡大したが続かず、主要な半導体関連銘柄で構成する米フィラデルフィア半導体株指数(SOX)が0.65%高で終えたことから、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:59には245.56㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.68㌦安の244.44㌦をつけ、11:35には前日比1.68㌦安の244.44㌦で引けた。後場では12:30に244.42㌦で寄付後、金融政策決定会合で現在の金融緩和策の維持を決めたため、国内長期金利の上昇が意識され、不動産株などに売仕掛けの裁定解消売が入り、12:50には243.34㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、米株価指数先物が日本時間24日午後の取引で上昇したことが日本株の下値を支え、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:02には243.95㌦迄上げ幅拡大したが続かず、海外短期筋含む巨大機関投資家が株価指数先物に売りの勢いを強め、値嵩の主力株を中心に売仕掛けの裁定解消売が入り、13:44には243.45㌦迄下げ幅拡大したが続かず、VIX指数が下落したことで、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:40には244.5㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.96㌦安の244.16㌦迄戻売され、日経平均オプション2月物は「コール」が売られ、「プット」が総じて買われる状況で、15:15には前日比1.96㌦安の244.16㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.47㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.89倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲28.15%、騰落レシオは127.13%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月23日


01月23日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株23日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場は大型ハイテク企業の決算への期待から主要指数は揃って上昇した。本日のドル建て日経平均は9:00に247.43㌦で寄り付き開始し、力強い上昇を続けるエヌビディアを手掛かりに半導体関連株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:12には249.27㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:27には247.89㌦迄下げ幅拡大したが続かず、足元の円安ドル高でトヨタが日本歴代最高時価総額を更新するなど輸送機器にも売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、11:30には前日比2.52㌦高の249.56㌦をつけ、11:35には前日比2.52㌦高の249.56㌦で引けた。後場では12:30に249.91㌦で寄付後、23日までの日銀金融政策決定会合で現行の金融緩和策の維持が決定されたとの発表から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、250.00㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、今回会合での政策維持は市場に織り込まれており、金融正常化への地ならしが進んでいるとの解釈も出たことから利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り、12:57には246.29㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、日本株の先高観から来る押し目買いや中国当局の市場安定化政策を好感した売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:29には248.05㌦迄上げ幅拡大したが続かず、大引け後に予定される植田日銀総裁の記者会見を警戒する動きから、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:40には246.56㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.20㌦安の246.84㌦迄戻売され、日経平均オプション2月物は「コール」と「プット」はともに売られた状況で、15:15には前日比0.20㌦安の246.84㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.71㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.97倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲31.57%、騰落レシオは126.24%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月22日


01月22日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株22日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に244.9㌦で寄り付き開始し、日経平均先物SGX相場の影響から売仕掛けの裁定解消売が入り、09:02には244.44㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、前週末の米株式市場でのハイテク株高を追い風に半導体関連に買いが集まり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:55には246.53㌦迄上げ幅拡大したが続かず、日経平均が3万6500円を上回る場面では高値警戒感から、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:00には244.96㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.79㌦高の245.45㌦をつけ、11:35には前日比2.79㌦高の245.45㌦で引けた。後場では12:30に245.43㌦で寄付後、外国為替市場で円安・ドル高基調が続いていることも支えに、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:57には245.94㌦迄上げ幅拡大したが続かず、米国の保護主義的な姿勢に伴う悪影響を懸念した、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:07には245.64㌦迄下げ幅拡大したが続かず、日銀の金融政策決定会合の結果発表を明日に控え、金融政策が据え置かれるとの観測も海外巨大機関投資家の買いを後押しし、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:55には246.74㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比3.94㌦高の246.6㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」が買われ、「プット」は売りが目立つ状況で、15:15には前日比3.94㌦高の246.6㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.33㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で37.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.99倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲32.66%、騰落レシオは129.04%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月19日


01月19日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均先物、Topix先物は続伸、日経平均、ドル建て日経平均、Topixは反発であった。新興株19日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米国市場は足元下げが目立っていたアップルやTSMCの業績見通しを好感した半導体値嵩関連銘柄に主導され反発した。SOX指数は3.35%上昇。本日のドル建て日経平均は9:00に242.46㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:12には242.16㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米国市場の流れを引き継いだ値嵩の半導体関連株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:38には243.55㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、今月に入っての急速な円安と株高を要因として巨大機関投資家によるリバランスの売仕掛けの裁定解消売が入り、10:22には242.26㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:24には243.49㌦迄上げ幅拡大したが続かず、終値ベースで越せていない12日算出の「幻のSQ」値に迫る場面では高値警戒感から、売仕掛けの裁定解消売りが入り11:30には前日比3.79㌦高の243.22㌦をつけ、11:35には前日比3.79㌦高の243.22㌦で引けた。後場では12:30に242.85㌦で寄付後、中国景気後退懸念から売仕掛けの裁定解消売が入り、13:57には241.62㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、足元で円安ドル高が進行していることから輸出関連株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:32には242.89㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比3.36㌦高の242.79㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」は買われ「プット」は売られる状況で、15:15には前日比3.36㌦高の242.79㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.93㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.76倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲28.15%、騰落レシオは117.95%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月18日


01月18日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均先物、Topix先物は反発、日経平均、ドル建て日経平均、Topixは続落であった。新興株18日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に238.81㌦で寄り付き開始し、新しい小額投資非課税制度(NISA)が始まったことなどが影響して、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:17には240.58㌦迄上げ幅拡大したが続かず、年初から大幅な上昇が続いたことによる短期的な過熱を警戒して、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:15には239.08㌦迄下げ幅拡大したが続かず、外国為替市場での円安・ドル高進行などを手掛かりに、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:00には241.22㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比1.07㌦高の240.6㌦をつけ、11:35には前日比1.07㌦高の240.6㌦で引けた。後場では12:30に240.57㌦で寄付後、中国・上海株式相場の下落などが投資家心理の重荷となり、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:53には239.08㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.08㌦安の239.45㌦迄戻売され、日経平均オプション2月物は「コール」が売られ、「プット」も総じて売られる状況で、15:15には前日比0.08㌦安の239.45㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.41㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.64倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲24.32%、騰落レシオは124.27%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月17日


01月17日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株17日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に243.73㌦で寄り付き開始し、主要な半導体関連銘柄で構成するフィラデルフィア半導体株指数(SOX)が前週末比で1.32%上昇したのを受け、半導体値嵩銘柄であるエヌペディアに集中的に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:35には246.38㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、当面の中国景気懸念が払拭できず、「中国・上海に上場している日本株ETFの一時売買停止や大口機関投資家に対する規制を再導入」と伝わった事を受けまして世界的巨大機関投資家戦略による中国関連銘柄持高調整整理後日本半導体値嵩関連銘柄持高増加変動の急増により、売仕掛けの裁定解消売りが入り11:30には前日比1.3㌦高の243.46㌦をつけ、11:35には前日比1.3㌦高の243.46㌦で引けた。後場では12:30に243.19㌦で寄付後、日本株の過熱感に警戒した短期巨大機関投資家による株価指数先物の手仕舞い売りが続き、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:55には241.65㌦迄下げ幅拡大したが続かず、早期利下げ観測が後退し、円安・ドル高に振れたことで輸出関連株を中心に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:49には242.96㌦迄上げ幅拡大したが続かず、中国の上海証券取引所が上場する日経平均連動型の上場投資信託(ETF)の売買を一時停止したと改めて様々な報道機関により伝わったために売仕掛けの裁定解消売が入り、14:59には241.19㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比0.96㌦安の241.2㌦迄戻売され、日経平均オプション2月物は「コール」が売られ、「プット」は買われる状況で、15:15には前日比0.96㌦安の241.2㌦迄戻売され引けた。高安値幅は5.19㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.67倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲25.1%、騰落レシオは116.35%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月16日


01月16日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株16日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米国市場は祝日で休場、欧州市場では英FTSE100や独DAXが反落した。本日のドル建て日経平均は9:00に246.41㌦で寄り付き開始し、前日東京証券取引所によってプライム企業の4割がPBR改善策を開示したと発表されたことで、日本企業の資本効率改善期待が広がり売仕掛け解消の裁定解消買が入り、246.73㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、前日まで6日続伸しており、移動平均乖離率や騰落レシオなど各種指標が相場の過熱感を示していることが警戒されて、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:28には244.21㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:24には245.63㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.75㌦安の245.61㌦をつけ、11:35には前日比0.75㌦安の245.61㌦で引けた。後場では12:30に245.36㌦で寄付後、前日の欧州市場と同様にアジア各国の市況も総じて軟調なことから、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:48には244.28㌦迄下げ幅拡大したが続かず、足元外為市場で円安が進行していることが輸出関連株の相場を下支えし、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:43には245.16㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.94㌦安の244.42㌦迄戻売され、日経平均オプション2月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買いが目立った状況で、15:15には前日比1.94㌦安の244.42㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.52㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.71倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲27.0%、騰落レシオは113.45%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月15日


01月15日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株15日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に245.88㌦で寄り付き開始し、短期的な過熱感を警戒した利益確定目的の売りが上値を抑え,売仕掛けの裁定解消売が入り、09:14には245.26㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、押し目狙いの売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:12には247.51㌦迄上げ幅拡大したが続かず、中東での地政学リスクが再燃していることから、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:33には246.56㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.02㌦高の247.51㌦をつけ、11:35には前日比2.02㌦高の247.51㌦で引けた。後場では12:30に247.84㌦で寄付後、海外投資家を含む巨大機関投資家からとみられる株価指数先物への買いの勢いが増し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:12には248.46㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、利益確定目的の売りが上値を抑え、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:12には247.58㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:50には247.98㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.24㌦高の247.73㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」が買われ、「プット」は売られる状況で、15:15には前日比2.24㌦高の247.73㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.2㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で36.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.82倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲30.16%、騰落レシオは129.08%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月12日


01月12日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株12日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場は小幅に上昇。本日のドル建て日経平均は9:00に224.98㌦で寄り付き開始し、値嵩のファストリが前日決算を発表したことで大きく上昇し、1月SQ算出を迎えてオプション取引に絡んだ売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:03には241.26㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、前日までの四連騰や窓開けを伴った上昇に対して短期的な過熱感が警戒されて、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:16には238.04㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:15には239.11㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.81㌦安の238.45㌦をつけ、11:35には前日比2.81㌦安の238.45㌦で引けた。後場では12:30に238.33㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:37には238.13㌦迄下げ幅拡大したが続かず、地政学リスクの高まりに伴うアジア域内での資金シフトや、新NISA開始を受けて日本株の需給環境の変化を期待した売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:35には239.77㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比3.55㌦高の244.81㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」が総じて買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比3.55㌦高の244.81㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.29㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.63倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲27.87%、騰落レシオは116.67%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月11日


01月11日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株11日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に239.43㌦で寄り付き開始し、足もとで個人投資家の先高期待が鮮明となりオプションSQを目前にコールオプション等が大きく買われたのを受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:04には240.97㌦迄上げ幅拡大したがボリンジャーバンド上の+3σで続かず、ショートポジションの個人投資家の思惑により売仕掛けの裁定解消売が入り、09:24には239.28㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、前日の米ハイテク株高を支えに東エレクやアドテストをはじめ半導体関連が上昇し、指数を押し上げ、投資余力が高まっている海外勢の買いも加わり、さらに新しい少額投資非課税制度(NISA)経由の個人投資家の買いも受け11:30には前日比4.59㌦高の241.07㌦をつけ、11:35には前日比4.59㌦高の241.07㌦で引けた。後場では12:30に241.11㌦で寄付後、ソフトランディング期待から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:55には241.4㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、円安一服より売仕掛けの裁定解消売が入り、13:40には240.27㌦迄下げ幅拡大したが続かず、NY連銀のウィリアムズ総裁がバランスシート縮小ペースを減速する段階にはまだ達していないとの発言を受けて、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:30には241.14㌦迄上げ幅拡大したが続かず、画像処理半導体のエヌビディアが3日続けて上場来高値を更新した流れを引き継ぎ、値嵩の東エレクやアドテストなど半導体関連株に買いが波及し、15:00大引けでは前日比4.18㌦高の240.66㌦迄買戻され、日経平均オプション1月物は「コール」は買われ、「プット」は売られる状況で、15:15には前日比4.18㌦高の240.66㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.12㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で37.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.53倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲23.57%、騰落レシオは118.43%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月10日


01月10日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株10日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に234.72㌦で寄り付き開始し、高値警戒感から売仕掛けの裁定解消売が入り、09:05には234.64㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、為替市場でドル・円がやや円安ドル高に振れた事もあり、東証プライム市場のハイテク株や日経平均先物に物色が向かったのを受け、売仕掛け解消の裁定解消買いが入り揉合い後、11:30には前日比4.32㌦高の238.11㌦をつけ、11:35には前日比4.32㌦高の238.11㌦で引けた。後場では12:30に237.98㌦で寄付後、前日の米ハイテク株高や外国為替市場で円相場が円安・ドル高方向に振れたのを追い風にして、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:14には238.98㌦迄上げ幅拡大したが続かず、想定外の相場の急上昇を受け、損失回避のための売仕掛けの裁定解消売が入り、14:29には238.43㌦迄下げ幅拡大したが続かず、投資余力が高まっている海外勢に加え、新しい少額投資非課税制度(NISA)経由の個人投資家による売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:50には239.17㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比4.7㌦高の238.49㌦迄買戻され、日経平均オプション1月物は「コール」が買われ、「プット」が売られる状況で、15:15には前日比4.7㌦高の238.49㌦迄買戻され引けた。高安値幅は4.53㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で38.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.24倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲18.37%、騰落レシオは114.95%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月9日


01月09日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株09日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPS、NBI指数、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場は長期金利が下落しハイテク株や半導体関連株を中心に上昇、SOX指数は3.27%上昇した。本日のドル建て日経平均は9:00に233.69㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:01には233.47㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米国市場の流れを引き継いで半導体関連株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:09には235.67㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比3.33㌦高の234.76㌦をつけ、11:35には前日比3.33㌦高の234.76㌦で引けた。後場では12:30に234.35㌦で寄付後、新年に入り個人投資家による益出しの売仕掛けの裁定解消売が入り、13:24には232.97㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、サウジアラビアがアジア向け原油価格を引き下げたことで採算改善期待から製造業に幅広く売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:54には234.35㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.67㌦高の234.10㌦迄買戻され、日経平均オプション1月物は「コール」が総じて買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比2.67㌦高の234.10㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.70㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.02倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲12.37%、騰落レシオは114.42%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月5日


01月05日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、Topix、Topix先物は続伸、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は反発であった。新興株05日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に230.98㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:06には230.01㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、朝発表のADP雇用統計リポートが市場予想を上回る底堅さだったことからFRBの早期利下げ観測が後退し日米金利差の拡大を手掛かりにドル円は上昇した。円安ドル高を背景に自動車など輸出関連株の採算改善期待から売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:30には前日比1.07㌦高の231.29㌦をつけ、11:35には前日比1.07㌦高の231.29㌦で引けた。後場では12:30に231.80㌦で寄付後、能登半島地震による日本経済への影響は限定的との安心感から海外巨大機関投資家による売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:38には232.16㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、今夜発表の米雇用統計を控えた裁定解消売が入り、12:57には231.70㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:37には232.09㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.62㌦高の230.84㌦迄戻売され、日経平均オプション1月物は「コール」は高安まちまちで「プット」は売りが目立った状況で、15:15には前日比0.62㌦高の230.84㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.15㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.93倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲8.99%、騰落レシオは106.27%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

]

1月4日


1月4日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topix、Topix先物は反発、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は続落であった。新興株04日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に231.89㌦で寄り付き開始し、1日に発生した能登半島地震の影響を警戒して売仕掛けの裁定解消売が入り、09:19には228.4㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、地震の影響は長期化しないとの見方から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:39には231.7㌦迄上げ幅拡大したが続かず、休暇中の米ハイテク株下落の流れが波及し、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:27には230.85㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.91㌦安の230.88㌦をつけ、11:35には前日比2.91㌦安の230.88㌦で引けた。後場では12:30に231.26㌦で寄付後、日銀が1月にマイナス金利を解除するとの観測が遠のいたため、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:38には232.63㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比1.23㌦安の232.56㌦迄戻売され、日経平均オプション24年1月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売られる状況で、15:15には前日比1.23㌦安の232.56㌦迄戻売され引けた。高安値幅は4.23㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.81倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲8.29%、騰落レシオは107.72%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月27日


12月27日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株27日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に236.58㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:03には235.45㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、3連休明け米株上昇、米連邦準備理事会(FRB)が2024年前半にも利下げに転じるとの見方から、米長期金利の低下基調が鮮明になっている事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:21には237.09㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比3.60㌦高の236.41㌦をつけ、11:35には前日比3.6㌦高の236.41㌦で引けた。後場では12:30に236.3㌦で寄付後、上値の重い動きとなり、売仕掛けの裁定解消売が入り、236.27㌦迄下げ幅拡大したが続かず、根強い来年の利下げ期待を受けた買いにより、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:10には236.85㌦迄上げ幅拡大したが続かず、日銀オペ方針で円高になり、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:52には236.55㌦迄下げ幅拡大したが続かず、半導体インテルの上昇が相場を一段と押上げ売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:31には236.98㌦迄上げ幅拡大したが続かず、円安一服感から売仕掛けの裁定解消売が入り、14:49には236.48㌦迄下げ幅拡大したが続かず、上値の重さから売仕掛けの裁定解消売りが入り、15:00大引けでは前日比2.64㌦高の235.45㌦迄買戻され、日経平均オプション24年1月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売られる状況で、15:15には前日比2.64㌦高の235.45㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.65㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.76倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲12.28%、騰落レシオは102.49%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月26日


12月26日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株26日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。前日欧米市場はクリスマス休暇で休場。本日のドル建て日経平均は9:00に233.95㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:13には233.36㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米株価指数先物の時間外取引が小高く推移していることから売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:38には234.06㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、材料難から上値を追う動きは乏しく、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:56には233.42㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.01㌦安の233.65㌦をつけ、11:35には前日比0.01㌦安の233.65㌦で引けた。後場では12:30に233.64㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、233.70㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:42には233.14㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、レーザーテク、東エレクなどの値嵩の半導体株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比0.36㌦高の234.02㌦迄買戻され、日経平均オプション1月物は「コール」と「プット」は共に売られた状況で、15:15には前日比0.36㌦高の234.02㌦迄買戻され引けた。高安値幅は0.92㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.59倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲8.95%、騰落レシオは97.56%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月25日


12月25日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸、日経平均先物は反発であった。新興株25日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に234.62㌦で寄り付き開始し、クリスマス休暇で欧米の主要市場が休場となることから様子見姿勢が高まったため、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:08には233.57㌦迄下げ幅拡大したが続かず、前週末の米ハイテク株高を背景に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:47には233.95㌦迄上げ幅拡大したが続かず、主要市場が休場のため上値追いの雰囲気に乏しく、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:54には233.4㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米連邦準備理事会(FRB)の早期利下げ期待を支えに売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:17には233.9㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.86㌦高の233.76㌦をつけ、11:35には前日比0.86㌦高の233.76㌦で引けた。後場では12:30に233.63㌦で寄付後、直近で堅調だった大手海運株が急落したことで巨大機関投資家心理が悪化したため、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:40には233.27㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:13には233.75㌦迄上げ幅拡大したが続かず、利益確定や戻り待ちの売仕掛けの裁定解消売が入り、14:48には233.41㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.6㌦高の233.5㌦迄買戻され、日経平均オプション24年1月物は「コール」は買いが優勢で「プット」は総じて売られた状況で、15:15には前日比0.6㌦高の233.5㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.35㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.59倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲8.55%、騰落レシオは93.56%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月22日


12月22日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発、日経平均先物は続落であった。新興株22日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に233.91㌦で寄り付き開始し、7-9月期国内総生産(GDP)・個人消費、価格指数確定値の予想外の下方修正を受けて来年の利下げ観測が強まると同時に、週次新規失業保険申請件数が予想外に減少し、長期金利上昇で上値も限定的となり、マイクロンやカーニバル等の良好な決算を好感し、下値も底堅く、フィラデルフィア半導体株指数(SOX)が急伸したことで巨大機関投資家心理が上向く事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:13には234.73㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、罫線図で+3σ迄到達し上値が重く、一方、円高に対する警戒感は強い事から、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:46には233.26㌦迄下げ幅拡大したが続かず、円高に対する警戒感から割安感が漂い、打診目的の売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:20には234.16㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.45㌦高の233.53㌦をつけ、11:35には前日比0.45㌦高の233.53㌦で引けた。後場では12:30に233.79㌦で寄付後、中国発の景気後退懸念払拭の報道が無い事から、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:46には233.35㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:49には233.59㌦迄上げ幅拡大したが続かず、トヨタ等中国関連販売を保持する指数寄与度の大きい銘柄の軟調さや、中国政府によるオンラインゲーム規制等に対する売仕掛けの裁定解消売が入り、14:05には233.17㌦迄下げ幅拡大したが続かず、週末要因や海外の巨大機関投資家がクリスマス休暇に入っている事等も影響して、持高一方向是正の動きから、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:40には233.53㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.2㌦高の233.28㌦迄買戻され、日経平均オプション24年1月物は「コール」と、「プット」がともに売られる状況で、15:15には前日比0.2㌦高の233.28㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.57㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.58倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲7.81%、騰落レシオは100.58%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月21日


12月21日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株21日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に232㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:02には232.43㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、景気減速懸念や地政学的リスク上昇を警戒する事で発生した前日の米株式相場の下落を受け、利益確定売りが優勢となり、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:17には230.78㌦迄下げ幅拡大したが続かず、利益確定の動きで割安感が過度に至った事で持高調整として、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:28には231.31㌦迄上げ幅拡大したが続かず、フェデックスの低調な決算を受けた根強い景気減速懸念に売仕掛けの裁定解消売りが入り、11:30には前日比3.51㌦安の231.27㌦をつけ、11:35には前日比3.51㌦安の231.27㌦で引けた。後場では12:30に231.15㌦で寄付後、イエメンの親イラン武装組織フーシ派による紅海での度重なる船舶攻撃への対処で、米国が軍事行動を検討しているとの報道を受けた地政学的リスク上昇を警戒し、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:53には230.75㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、利益確定の動きで割安感が過度に至った事で持高調整として、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:25には231.29㌦迄上げ幅拡大したが続かず、昨日の日銀決定会合通過後の持高積上げ状況から、地政学的リスクに加えコンプライアンス・リーガルリスク問題を抱える銘柄や為替の円高短期オプション絡みの銘柄に売仕掛けの裁定解消売が入る事で持高調整が行われ、15:00大引けでは前日比3.73㌦安の231.05㌦迄戻売され、日経平均オプション24年1月物は「コール」が総じて売られ、「プット」は買われる状況で、15:15には前日比3.73㌦安の231.05㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.68㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.53倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲7.61%、騰落レシオは92.39%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月20日


12月20日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株20日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に232.62㌦で寄り付き開始し、前日の米株市場でダウ工業株30種平均が過去最高値を更新するなど主要指数が上昇したことや、日銀の金融緩和姿勢を支援材料に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:23には235.1㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比4.03㌦高の234.93㌦をつけ、11:35には前日比4.03㌦高の234.93㌦で引けた。後場では12:30に234.81㌦で寄付後、年初来高値圏で推移していることを警戒した利益確定や戻り待ちの売仕掛けの裁定解消売が入り、13:53には234.26㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米連邦準備理事会(FRB)による早期利下げ観測から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:34には234.82㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比3.17㌦高の234.07㌦迄買戻され、日経平均オプション24年1月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比3.17㌦高の234.07㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.48㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.7倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲12.65%、騰落レシオは99.72%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月19日


12月19日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株19日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に229.50㌦で寄り付き開始し、昨夜発表された日本製鉄による米鉄鋼大手USスチールの買収計画について二兆円規模にのぼる買収負担の重さや労働組合による反発が懸念され、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:18には228.66㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、金利先高観の後退やソフトランディング期待から広まった前日米株市場の上昇を支えに売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:53には229.96㌦迄上げ幅拡大したが続かず、午後に発表予定の日銀金融政策決定会合のサプライズを警戒した売仕掛けの裁定解消売が入り、10:25には228.97㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.29㌦高の229.68㌦をつけ、11:35には前日比0.29㌦高の229.68㌦で引けた。後場では12:30に231.81㌦で寄付後、日本銀行が現行の金融緩和政策の維持を決めたことで政策修正を見込んだ売仕掛けに裁定解消買が入り、12:43には232.44㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:06には231.26㌦迄下げ幅拡大したが続かず、金融緩和策の維持を受けて外為市場で円安ドル高が進行したことも輸出関連株に好感され、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比3.22㌦高の232.61㌦迄買戻され、日経平均オプション1月物は「コール」は買われ「プット」は売られる状況で、15:15には前日比3.22㌦高の232.61㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.95㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.53倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲8.68%、騰落レシオは97.94%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月18日


12月18日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株18日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に230.48㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、230.63㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、日銀が19日まで開く金融政策決定会合の内容を見極めたいとの雰囲気から運用リスクを避ける巨大機関投資家が多く、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:09には228.94㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:20には229.33㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:11には228.88㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比2.46㌦安の229.44㌦をつけ、11:35には前日比2.46㌦安の229.44㌦で引けた。後場では12:30に229.53㌦で寄付後、米株価指数先物の底堅さを好感して売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:49には230.53㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.49㌦安の230.41㌦迄戻売され、日経平均オプション24年1月物は「コール」が売られ「プット」は買われる状況で、15:15には前日比1.49㌦安の230.41㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.75㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.42倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲4.61%、騰落レシオは92.27%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月15日


12月15日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株15日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。FOMCの会合を受けて利下げ観測が引き続き強まったため、前日米国市場ではフィラデルフィア半導体指数(SOX)が過去最高値を更新し、ハイテクを中心に堅調に推移した。本日のドル建て日経平均は9:00に230.86㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:02には230.66㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、前日進んだ円高ドル安の一服感も支えとなり、米国市場の流れを引き継いだ半導体関連銘柄を中心に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:56には233.41㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比2.77㌦高の233.11㌦をつけ、11:35には前日比2.77㌦高の233.11㌦で引けた。後場では12:30に232.95㌦で寄付後、米国市場を中心に株式相場の高値警戒感は根強く節目の233㌦付近で上値追いの動きは限られ、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:35には231.68㌦迄下げ幅拡大したが続かず、アジアの株式相場が総じて堅調に推移していることから、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:58には232.64㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.00㌦高の232.34㌦迄戻売され、日経平均オプション1月物は「コール」は買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比2.00㌦高の232.34㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.75㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.52倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲6.71%、騰落レシオは97.44%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月14日


12月14日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株14日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に231.70㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:01には232.32㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、米連邦公開市場委員会(FOMC)での米利上げ停止、来年以降の利下げ示唆による米長期金利低下を受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:04には229.44㌦迄下げ幅拡大したが続かず、連邦公開市場委員会(FOMC)で予想通り政策金利を3会合連続で据え置くことを決定、パウエル議長も会見でタカ派色を見せず、来年の利下げ観測が一段と強まると、長期金利の一段の低下で買いに拍車がかかり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:03には230.6㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.88㌦安の230.08㌦をつけ、11:35には前日比0.88㌦安の230.08㌦で引けた。後場では12:30に229.53㌦で寄付後、岸田内閣の政治情勢への不安感から売仕掛けの裁定解消売が入り、12:45には228.08㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、個人投資家を中心とした押し目買いから、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:54には229.66㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:45には228.93㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.68㌦安の229.28㌦迄戻売され、日経平均オプション1月物は「コール」は売りが優勢で「プット」は総じて買われた状況で、15:15には前日比1.68㌦安の229.28㌦迄戻売され引けた。高安値幅は4.24㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.44倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲4.23%、騰落レシオは100.67%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月13日


12月13日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、ドル建て日経平均は続伸、日経平均先物、Topix、Topix先物は反発であった。新興株13日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に226.74㌦で寄り付き開始し、前日からやや円高・ドル安方向に振れているため、輸出関連株を中心に売仕掛けの裁定解消売が入り、09:04には226.45㌦迄下げ幅拡大したが続かず、日銀が発表した12月の全国企業短期経済観測調査(短観)で業況判断指数(DI)が改善したため、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:09には227.64㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比1㌦高の226.84㌦をつけ、11:35には前日比1㌦高の226.84㌦で引けた。後場では12:30に226.65㌦で寄付後、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を14日に控えているため、持ち高調整の売仕掛けの裁定解消売が入り、13:34には225.99㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、米長期金利低下を背景にして、ハイテク株を中心に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:37には226.93㌦迄上げ幅拡大したが続かず、政治資金パーティーを巡る国内政治の不透明感から売仕掛けの裁定解消売が入り、14:59には226.38㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.57㌦高の226.41㌦迄買戻され、日経平均オプション24年1月物は「コール」は高安まちまちで「プット」は売りが目立った状況で、15:15には前日比0.57㌦高の226.41㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.65㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.66倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲6.67%、騰落レシオは100.64%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月12日


12月12日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、ドル建て日経平均は続伸、日経平均先物、Topix、Topix先物は反落であった。新興株12日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場は主要3指数が揃って上昇した。本日のドル建て日経平均は9:00に226.54㌦で寄り付き開始し、フィラデルフィア半導体指数(SOX)が年初来高値を更新したことを手掛かりに東京エレクトロンやルネサス、レーザーテックなど半導体関連株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:04には226.98㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:18には225.40㌦迄下げ幅拡大したが続かず、Bloomberg報道などにより日銀の早期金融政策転換観測が和らぎ為替の円安が進んだことを支えとした売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:52には226.08㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.32㌦高の225.69㌦をつけ、11:35には前日比1.32㌦高の225.69㌦で引けた。後場では12:30に225.53㌦で寄付後、自民党清和会の政治資金問題をきっかけに岸田首相は4閣僚を更迭する見通しと伝わったことから政治的不透明感が強まり売仕掛けの裁定解消売が入り、14:27には224.45㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:41には224.98㌦迄上げ幅拡大したが続かず、大規模金融緩和を推進してきたリフレ派清和会の政治的影響力が弱まると予想されることも相場の重荷となり15:00大引けでは前日比0.36㌦高の224.73㌦迄戻売され、日経平均オプション1月物は「コール」と「プット」はともに売りが目立った状況で、15:15には前日比0.36㌦高の224.73㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.55㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.66倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲6.09%、騰落レシオは96.70%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月11日


12月11日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株11日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は上昇、SOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に225.24㌦で寄り付き開始し、11月の米雇用統計が堅調な内容だったことから早期利下げ期待が後退したため、売仕掛けの裁定解消売が入り、225.14㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、米雇用統計や消費者信頼感指数が堅調なため米経済の軟着陸期待が高まり、米株市場でダウ平均が年初来高値を更新したことから巨大機関投資家心理が改善し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:20には227.09㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、岸田内閣の不透明感や中国株の不振により売仕掛けの裁定解消売が入り、10:19には226.07㌦迄下げ幅拡大したが続かず、円安・ドル高が進み、半導体関連株等に押し目狙いの売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:08には226.73㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比3.52㌦高の226.29㌦をつけ、11:35には前日比3.52㌦高の226.29㌦で引けた。後場では12:30に225.97㌦で寄付後、上値で利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り、12:58には225.71㌦迄下げ幅拡大したが続かず、原子力規制委員会が柏崎刈羽原発を現地調査したことで、エネルギー関連株を中心に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:10には226.36㌦迄上げ幅拡大したが続かず、週内の米連邦公開市場委員会(FOMC)や欧州中央銀行(ECB)理事会を控え様子見姿勢が強まっているため、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:38には225.73㌦迄下げ幅拡大したが続かず、SQ値を超えたことが安心感につながり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:57には226.48㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比3.34㌦高の226.11㌦迄買戻され、日経平均オプション1月物は「コール」が上昇し「プット」は下落した状況で、15:15には前日比3.34㌦高の226.11㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.95㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.69倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲5.76%、騰落レシオは103.50%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月8日


12月08日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株08日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。7日参院財政金融委員会で植田日銀総裁が金融緩和策の運営は「年末から来年にかけて一段とチャレンジング」と発言したことを受けて、欧米市場ではBOJのタカ派転換と捉えられ円相場が急伸、それに伴い日経平均先物は時間外取引で急落した。本日のドル建て日経平均は9:00に226.04㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:01には226.07㌦迄上げ幅拡大し、寄付き天井となったが続かず、自動車など円安恩恵の大きい輸出関連株に売仕掛けの裁定解消売が入り、11:30には前日比3.84㌦安の223.99㌦をつけ、11:35には前日比3.84㌦安の223.99㌦で引けた。後場では12:30に223.89㌦で寄付後、ドル安を受け巨大機関投資家心理が悪化し売仕掛けの裁定解消売が入り、12:54には223.76㌦迄下げ幅拡大したが続かず、円高メリット銘柄や好材料で好決算銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:05には224.40㌦迄上げ幅拡大したが続かず、直近の米国雇用関連指標に需給緩和の兆しが見えることから8日発表の雇用統計の軟化も予想される中で、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:26には223.30㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比3.82㌦安の224.01㌦迄戻売され、日経平均オプション1月物は「コール」が売られ「プット」は買われた状況で、15:15には前日比3.82㌦安の224.01㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.77㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.48倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲1.46%、騰落レシオは98.29%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月7日


12月07日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株07日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に225.26㌦で寄り付き開始し、09:03には225.46㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、半年ぶりの原油安もあり米長期金利が低下する中、雇用レポートは市場予想を下回り米株が小幅に下落し、今日は米国景気懸念から景気敏感株中心に幅広く、売仕掛けの裁定解消売りが入り、11:30には前日比3.71㌦安の223.45㌦をつけ、11:35には前日比3.71㌦安の223.45㌦で引けた。後場では12:30に223.19㌦で寄付後、12月限のメジャーSQ算出前の最終売買日でロールオ―バー(限月交代)が進む事で、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:44には222.97㌦迄下げ幅拡大したが続かず、先物売り状況を解消するデルタヘッジ戦略を短期筋でもある巨大機関投資家によって、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:39には223.43㌦迄上げ幅拡大したが続かず、輸入統計で予想を下回り中国の株安等も重しになり中国懸念から、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:56には222.87㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比3.99㌦安の223.17㌦迄戻売され、日経平均オプション12月物は「コール」は売られ「プット」は買われる状況で、15:15には前日比3.99㌦安の223.17㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.59㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.72倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲6.8%、騰落レシオは109.38%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月6日


12月06日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株06日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に223.82㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:01には223.72㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、日米の長期金利低下を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り揉合い後、11:30には前日比3.83㌦高の226.61㌦をつけ、11:35には前日比3.83㌦高の226.61㌦で引けた。後場では12:30に226.78㌦で寄付後、長期金利低下でハイテク株は買戻され、ナスダック総合指数は上昇に転じて、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:38には226.9㌦迄上げ幅拡大したが続かず、米国で雇用関連の指標発表が相次ぐことから、これらを見極めたいとする向きもあり、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:56には226.62㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米早期利下げ期待が大きい事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:59には227.38㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比4.55㌦高の227.33㌦迄買戻され、 日経平均オプション12月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比4.55㌦高の227.33㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.66㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で36.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.92倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲12.68%、騰落レシオは122.83%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月5日


12月05日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株05日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場は主要3指数が揃って下落。フィラデルフィア半導体指数(SOX)も1.19%安とハイテクを中心に軟調な展開だった。本日のドル建て日経平均は9:00に224.43㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:01には224.89㌦迄上げ幅拡大し、寄付き天井となったが続かず、米国市場の流れを引き継ぎ値嵩の半導体関連銘柄に売仕掛けの裁定解消売が入り、10:40には222.42㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、節目の223ドルを下回る水準では自動車株などに押し目狙いの売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比3.05㌦安の222.80㌦をつけ、11:35には前日比3.05㌦安の222.80㌦で引けた。後場では12:30に222.83㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:16には223.62㌦迄上げ幅拡大したが続かず、中国の景気先行き不安から香港ハンセン指数などアジア市場が低調であることも手掛かりに海外短期筋による株価指数先物への売仕掛けの裁定解消売が入り、13:50には222.91㌦迄下げ幅拡大したが続かず、今週末に発表される米国の雇用関連指標を前に持ち高を一方に傾ける動きは限られ、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:13には223.45㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比3.10㌦安の222.75㌦迄戻売され、日経平均オプション12月物は「コール」は売られ「プット」は買われた状況で、15:15には前日比3.10㌦安の222.75㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.47㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.63倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲6.92%、騰落レシオは107.60%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月4日


12月04日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topix、Topix先物は反落、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は続落であった。新興株04日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に227.15㌦で寄り付き開始し、前週末の米株式相場が上昇したことから売仕掛け解消の裁定解消買が入り、227.20㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、米金利低下により円相場が一時、1㌦=146円台前半と約3カ月ぶりの高値を付けたことを受け、輸出関連株を中心に売仕掛けの裁定解消売が入り、09:19には225.14㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、海外短期筋を含む巨大機関投資家による押し目狙いの売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:44には227.12㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.47㌦安の226.46㌦をつけ、11:35には前日比1.47㌦安の226.46㌦で引けた。後場では12:30に225.99㌦で寄付後、前場に続いて円高・ドル安のため上値が重く、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:35には225.91㌦迄下げ幅拡大したが続かず、バルチック海運指数上昇等も含め輸出関連株の売りに一服感が出たことで売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:59には226.88㌦迄上げ幅拡大したが続かず、週末にメジャーSQを控えているため持ち高調整の売仕掛けの裁定解消売が入り、14:42には226.24㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.37㌦安の226.56㌦迄戻売され、日経平均オプション12月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買いが目立った状況で、15:15には前日比1.37㌦安の226.56㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.06㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.76倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲11.55%、騰落レシオは121.85%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月1日


12月01日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topix、Topix先物は続伸、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は反落であった。新興株01日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。前日米国市場はインフレ鈍化を示す指標を手掛かりに金利先高観が弱まり、ダウ工業株30種平均は22年1月以来高値を付けた。本日のドル建て日経平均は9:00に226.35㌦で寄り付き開始し、米国市場の流れを引き継ぎ売仕掛け解消の裁定解消買が入り、226.45㌦迄上げ幅拡大し、寄付き天井となったが続かず、フィラデルフィア半導体指数(SOX)が下落していることから指数寄与度の大きい半導体関連銘柄に売仕掛けの裁定解消売が入り、10:06には225.41㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、外為市場が前日比で円安ドル高方向に振れていることから自動車株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:41には226.34㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:28には225.56㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.17㌦安の225.84㌦をつけ、11:35には前日比0.17㌦安の225.84㌦で引けた。後場では12:30に226.14㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:31には226.24㌦迄上げ幅拡大したが続かず、アジアの主要株式指数が軟調に推移していることから、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:33には225.62㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:43には226.16㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.37㌦安の225.64㌦迄戻売され、日経平均オプション12月物は「コール」と「プット」は共に売られる状況で、15:15には前日比0.37㌦安の225.64㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.05㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で37.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.9倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲13.9%、騰落レシオは117.32%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月30日


11月30日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株30日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に226.15㌦で寄り付き開始し安値226.05㌦を付け後、新NISAによる新資金入り期待から年末高を見通して、売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、226.41㌦と高値形成し長期金利低下で米ドル安、円高基調を重しに、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:31には225.55㌦迄下げ幅拡大したが続かず、MSCI採用の見直しで一時調整の売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:57には226.68㌦迄上げ幅拡大したが続かず、円高基調が重しとなり月末の利確目的の投資家による売仕掛けの裁定解消売が入り、10:55には225.48㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、ただ米株先物の上昇やMSCI採用の見直しで活況となり売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、11:30には前日比0.45㌦安の226.12㌦をつけ、11:35には前日比0.45㌦安の226.12㌦で引けた。後場では12:30に226.31㌦で寄付後、米長期金利の低下による投資家心理の改善や先物上昇等から売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、14:30には227.52㌦迄上げ幅拡大した。15:00大引けでは前日比1.13㌦高の227.70㌦迄買戻され、日経平均オプション12月物は「コール」は買いが目立った一方、「プット」は売りが優勢状況で、15:15には前日比1.13㌦高の227.70㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.22㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.85倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲14.85%、騰落レシオは119.85%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月29日


11月29日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株29日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に225.47㌦で寄付き開始し、09:01には225.35㌦を付け安値形成後、連邦準備制度理事会(FRB)のウォラー理事が利下げの可能性に言及すると、期待感を受けた買いとなった。しかし、7年債入札が不調に終わると金利先安感が後退し、終盤にかけて上げ幅を縮小し、投機的な債券の売物がヘッジファンド中心に積上がっていたのは事実で、これらの報道を受け一気にUターンした結果、時間が経ると債券の売物が嵩んでくるという形で落ちてきているから今晩節目となる4.25迄到達と考え、先物に影響され、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:08には226.39㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11月の権利落日になり需給悪化で転換社債対策により、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:59には225.02㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.28㌦高の226.86㌦をつけ、11:35には前日比0.28㌦高の226.86㌦で引けた。後場では12:30に226.9㌦で寄付後、先物やオプションに引っ張られ売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:46には227.31㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、長期金利低下を受けドルの売り持調整が影響し、手仕舞で1㌦が147円割れて債券が調整し息継ぎ的に指数全体の売物としての売仕掛けの裁定解消売が入り、14:33には225.77㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.59㌦安の225.99㌦迄戻売され、日経平均オプション12月物は「コール」は売られ「プット」は高安まちまちな状況で、15:15には前日比0.59㌦安の225.99㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.29㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.74倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲13.74%、騰落レシオは120.82%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月28日


11月28日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株28日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場は小幅安であった。本日のドル建て日経平均は9:00に225.51㌦で寄り付き開始し、海外巨大機関投資家の中の短期筋による日本株に対する強い先高観を支えに株価指数先物が先行して売仕掛け解消の裁定解消買が入り、225.68㌦迄上げ幅拡大し、寄付き天井を迎えたが続かず、トヨタグループ各社がデンソーの持ち合い株を7000億円規模で売却し電気自動車戦略の投資資金に充てるとの報道を受けて、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:44には224.06㌦迄下げ幅拡大したが続かず、日本銀行は早ければ2024年前半にもマイナス金利政策の解除を判断するとの報道が入り、ニトリHDなど円高メリット銘柄の一角に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:14には224.72㌦迄上げ幅拡大したが続かず、外為市場で円高ドル安方向に相場が推移していることから輸出関連株に売仕掛けの裁定解消売が入り、10:41には224.01㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:10には224.81㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.52㌦安の224.50㌦をつけ、11:35には前日比0.52㌦安の224.50㌦で引けた。後場では12:30に224.54㌦で寄付後、米国の住宅販売件数や労働市場統計に関連して経済の先行きに対する不透明感は根強く売仕掛けの裁定解消売が入り、13:29には224.16㌦迄下げ幅拡大したが続かず、12月末にかけて日米株が上昇する年末ラリーの株式経験則(アノマリー)から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:37には225.05㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:55には224.43㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.26㌦安の224.76㌦迄戻売され、日経平均オプション12月物は「コール」は売られ「プット」は高安まちまちな状況で、15:15には前日比0.26㌦安の224.76㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.67㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.82倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲15.01%、騰落レシオは117.21%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月27日


11月27日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株27日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に225.5㌦で寄り付き開始し、09:02には225.17㌦迄下げ幅拡大し安値形成後、前週末24日の米株式市場でダウ平均が上昇したことを支えに売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:17には226.18㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.98㌦安の223.96㌦をつけ、11:35には前日比0.98㌦安の223.96㌦で引けた。後場では12:30に223.65㌦で寄付後、中国・上海などのアジア株式相場の下落が重荷となり、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:42には223.41㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、27日の米株式相場の動向を見極めたいとの思惑から、海外巨大機関投資家である短期筋による買戻しを中心とした売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:01には224.04㌦迄上げ幅拡大したが続かず、一時的な上値追いへの警戒感や中国の景気減速懸念から売仕掛けの裁定解消売が入り、14:58には223.46㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.19㌦安の223.75㌦迄戻売され、日経平均オプション12月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買いが目立った状況で、15:15には前日比1.19㌦安の223.75㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.77㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.87倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲15.79%、騰落レシオは113.65%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月24日


11月24日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株24日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場は感謝祭で祝日。イスラエルとハマスの戦闘休止報道やOPEC会合延期に伴って原油価格が下落していることから22日の米国市場と23日の欧州市場は上昇した。本日のドル建て日経平均は9:00に225.81㌦で寄り付き開始し、海外相場の流れを引き継ぎ売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:03には226.01㌦迄上げ幅拡大したが続かず、短期的な過熱感から売仕掛けの裁定解消売が入り、09:23には225.18㌦迄下げ幅拡大したが続かず、地政学リスクの高まりを背景とした海外巨大機関投資家による中国から日本へのアロケーションシフトや足元外為相場の円安ドル高進行を受けた輸出関連株の採算改善期待から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:00には226.25㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比1.76㌦高の225.56㌦をつけ、11:35には前日比1.76㌦高の225.56㌦で引けた。後場では12:30に225.32㌦で寄付後、香港ハンセン指数が下落していることから上値を追う動きは乏しく、売仕掛けの裁定解消売が入り、225.32㌦迄下げ幅拡大したが続かず、堅調だった日本企業の決算と自社株買いや増配の観測から底値は堅く、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:31には225.35㌦迄上げ幅拡大したが続かず、秋物商戦が不調を受け百貨店やアパレル等の国内銘柄に売仕掛けの裁定解消売が入り、14:50には224.94㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比1.16㌦高の224.96㌦迄買戻され、日経平均オプション12月物は「コール」は買いが目立ち「プット」は売られる状況で、15:15には前日比1.16㌦高の224.96㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.31㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.93倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲17.89%、騰落レシオは109.98%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月22日


11月22日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均先物は続伸、日経平均、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株22日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に223.86㌦で寄り付き開始し、米長期金利の低下傾向の継続に伴って投資家の株先高観が強まっていることを背景に押し目狙いの売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:28には226.63㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、元買しドル売却後円買いで円高となり、売仕掛けの裁定解消売りが入り、11:30には前日比1.39㌦高の226.4㌦をつけ、11:35には前日比1.39㌦高の226.4㌦で引けた。後場では12:30に226.12㌦で寄付後、祝日を前にした利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り、13:07には225.55㌦迄下げ幅拡大したが続かず、イスラエルがパレスチナ自治区ガザでの戦闘を4日間休止すると伝わったことで地政学リスクの後退が意識され、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:11には226.13㌦迄上げ幅拡大したが続かず、円安一服感に加え反対売買で円が伸び悩み、短期的な相場の過熱感が意識され、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:46には225.38㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.66㌦高の225.67㌦迄買戻され、日経平均オプション12月物は「コール」は総じて買われ、「プット」は売られる状況で、15:15には前日比0.66㌦高の225.67㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.77㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.84倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲16.63%、騰落レシオは110.41%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月21日


11月21日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均先物は反発、日経平均、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株21日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場はOpenAI関連の個別材料を手掛かりとしたマイクロソフト、21日に決算発表をおこなうエヌビディアなどハイテク株が牽引し主要3指数が揃って上昇。本日のドル建て日経平均は9:00に225.62㌦で寄り付き開始し、米株市場の流れを引き継ぎ値嵩の半導体関連などに売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:04には225.67㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、急ピッチな上昇で前日は33年8ヵ月ぶり高値をつけていることから警戒感もあり、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:21には224.28㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、米長期金利が下落に向かいインフレピークアウト観測も広がる中売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.33㌦安の224.85㌦をつけ、11:35には前日比0.33㌦安の224.85㌦で引けた。後場では12:30に224.98㌦で寄付後、中国・香港などアジア市況が堅調に推移しているため売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:29には225.47㌦迄上げ幅拡大したが続かず、足元では急速に円高進行となりサンクスギビングデイという感謝祭を控えた持高調整から、自動車など輸出関連株には売仕掛けの裁定解消売が入り、14:28には224.81㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:49には225.48㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.23㌦安の224.95㌦迄戻売され、日経平均オプション12月物は「コール」と「プット」はともに売られる状況で、15:15には前日比0.23㌦安の224.95㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.39㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.78倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲16.05%、騰落レシオは112.53%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月20日


11月20日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株20日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に224.27㌦で寄り付き開始し、7月の年初来高値に接近していることを受けた利益確定目的の売仕掛けの裁定解消売が入り、09:02には224.04㌦迄下げ幅拡大したが続かず、インフレ鈍化により米追加利上げ観測が後退する中で、円高・ドル安が進行し、先高観を強めた日本株に海外ヘッジファンド等の短期筋を含む巨大機関投資家による売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:25には226.23㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、短期的な相場過熱を警戒した売仕掛けの裁定解消売が入り、10:33には224.01㌦迄下げ幅拡大したが続かず、中間配当の再投資による買いを見込んだ売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:02には224.66㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.15㌦安の224.29㌦をつけ、11:35には前日比0.15㌦安の224.29㌦で引けた。後場では12:30に224.16㌦で寄付後、25日移動平均からの上方乖離率が「買われすぎ」の目安である5%を超えたことへの警戒感や、目先の達成感が意識され、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:02には222.89㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、堅調な企業業績が下値を支え、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:30には223.75㌦迄上げ幅拡大したが続かず、ハイテク株の多い米ナスダック100株価指数の先物が軟調に推移したことで半導体関連銘柄を中心に売仕掛けの裁定解消売が入り、14:56には222.98㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.32㌦安の223.12㌦迄戻売され、日経平均オプション12月物は「コール」は売りが目立ち、「プット」は買いが優勢な状況で、15:15には前日比1.32㌦安の223.12㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.34㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.83倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲16.72%、騰落レシオは103.14%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月17日


11月17日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均先物、Topix先物は続伸、日経平均、ドル建て日経平均、Topixは反発であった。新興株17日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場でダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反落した。本日のドル建て日経平均は9:00に221.28㌦で寄り付き開始し、年初来高値に迫って急ピッチで上昇していることから過熱感が警戒されて利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り、09:10には220.74㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、FRBによる追加利上げ観測の後退から海外短期筋である巨大機関投資家による先高観は根強く株価指数先物を中心に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:49には222.51㌦迄上げ幅拡大したが続かず、バークシャーによる円建て債が1220億円と前回発行から減少し市場予想を下回った事で日本市場に与える影響は限定的と先高観に水を差し、足元7月から9月のGDP(国内総生産)がマイナス成長であること、決算発表で来期決算を下方修正した企業も少なからずあることなど日本経済への不確実要素から上値は重く、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:10には221.61㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.00㌦高の221.80㌦をつけ、11:35には前日比0.00㌦高の221.80㌦で引けた。後場では12:30に221.97㌦で寄付後、12月上旬から1月下旬にかけては1株当たりのEPSが上昇し上方修正期待がある事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:01には222.40㌦迄上げ幅拡大したが続かず、香港ハンセン指数などアジア市況が軟調であることが影響し、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:23には222.00㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11月下旬以降に中間配当による再投資の買いが見込まれ、市場全体の増配の動きも受けて再投資金額規模が例年以上になると折り込まれ、売仕掛け解消の裁定解消買が入り15:00大引けでは前日比1.07㌦高の222.87㌦迄買戻され、日経平均オプション12月物は「コール」は買いが目立ち「プット」は売られる状況で、15:15には前日比1.07㌦高の222.87㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.23㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.98倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲18.83%、騰落レシオは98.17%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月16日


11月16日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均先物、Topix先物は続伸、日経平均、ドル建て日経平均、Topixは反落であった。新興株16日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に220.8㌦で寄り付き開始し、米株高や円安ドル高に加え、10月貿易統計が市場予想より上昇修正で買い向かった事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:22には222.22㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、米の長期金利が再度上昇し、時間外の米株先物下落を受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:14には219.71㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比1.47㌦安の220.13㌦をつけ、11:35には前日比1.47㌦安の220.13㌦で引けた。後場では12:30に220.07㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:35の220.25㌦迄上昇したが、利益確定売りを入れる者もいる事から12:50の219.75㌦迄下げ幅拡大した処で、自社株買いの観測から14:37には221.26㌦迄上げ幅拡大したが続かず、下げ渋った状態になり、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:59には220.78㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.63㌦安の220.97㌦迄戻売され、日経平均オプション12月物は「コール」が売られ、「プット」が買われる状況で、15:15には前日比0.63㌦安の220.97㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.51㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.85倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲17.58%、騰落レシオは96.97%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月15日


11月15日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株15日の東証グロース250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に220.09㌦で寄り付き開始し、10月の米消費者物価指数(CPI)が予想を下回ったことを受け長期金利が低下し、株価支援要因となり金利先高観の後退でハイテクも買われショートカバーを巻き込み、国内の巨大機関投資家心理も改善し、断続的に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:10には221.88㌦迄上げ幅拡大したが続かず、全体の4割の銘柄は値下がりしており、金利低下だけでは買えない決算予想未達銘柄も少なくない事から、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:34には221.1㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比4.29㌦高の221.61㌦をつけ、11:35には前日比4.29㌦高の221.61㌦で引けた。後場では12:30に222.16㌦で寄付後、日米金利低下や中国や香港株の大幅上昇により、断続的に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:29には223.04㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比5.48㌦高の222.8㌦迄買戻され、日経平均オプション12月物は「コール」は上昇し、権利行使価格3万5000円や3万4000円の売買高が膨み、「プット」は売られる状況で、15:15には前日比5.48㌦高の222.8㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.05㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.85倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲18.82%、騰落レシオは95.92%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月14日


11月14日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、ドル建て日経平均、Topix先物は続伸、日経平均先物、Topixは反発であった。新興株14日の東証グロース250指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場ではインフレへの過度な警戒感が和らぎダウ工業株30種平均が上昇した。本日のドル建て日経平均は9:00に215.98㌦で寄り付き開始し、前日増益決算を発表したみずほHGが上昇し他の銀行株も連れ高し、堅調な日本企業決算を手掛かりに海外勢を中心として売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:08には216.39㌦迄上げ幅拡大したが続かず、上値の重さから売仕掛けの裁定解消売が入り、10:16には215.37㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、米市場の流れを引き継いで半導体関連など値嵩株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:00には216.48㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、心理的節目の216.50㌦に近づくと利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り、11:30には前日比1.13㌦高の215.96㌦をつけ、11:35には前日比1.13㌦高の215.96㌦で引けた。後場では12:30に215.55㌦で寄付後、円安進行を背景に自動車など輸出関連株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:59には216.37㌦迄上げ幅拡大したが続かず、明日の米消費者物価指数(CPI)の発表を控えて持ち高を一方的に傾ける動きは限られ、15:00大引けでは前日比0.73㌦高の215.56㌦迄戻売され、日経平均オプション12月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売られる状況で、15:15には前日比0.73㌦高の215.56㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.11㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で38.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.72倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲11.35%、騰落レシオは100.08%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月13日


11月13日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、Topix先物は続伸、Topixは反落、日経平均、ドル建て日経平均は反発、日経平均先物は続落であった。新興株13日のグロース250指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に216.69㌦で寄り付き開始し、前週末の米株市場で主要な株価指数が揃って上昇したことが支えとなり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:06には217.32㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、心理的節目の3万3000円に近づいたことで利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り、10:24には215.73㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米長期金利上昇が一服したことを背景に米株式市場でハイテク株が上昇した流れを受け、ハイテク株や値嵩株の一角を中心に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:19には216.47㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.2㌦高の216.24㌦をつけ、11:35には前日比1.2㌦高の216.24㌦で引けた。後場では12:30に215.46㌦で寄付後、中国景気の悪化懸念から巨大機関投資家心理の悪化により、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:00には214.96㌦迄下げ幅拡大したが続かず、決算内容や見通しの上方修正など個別材料をもとにした売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:19には215.28㌦迄上げ幅拡大したが続かず、相場の急上昇を受けての戻り待ちや、10月の米消費者物価指数(CPI)の発表を控えての持ち高調整から売仕掛けの裁定解消売が入り、14:06には214.58㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、打診目的で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:39には215.20㌦迄上げ幅拡大したが続かず、ダウ先物下落を受け、売仕掛けの裁定解消売りが入り、15:00大引けでは前日比0.11㌦高の215.15㌦迄買戻され、日経平均オプション12月物は「コール」、「プット」共に売りが目立った状況で、15:15には前日比0.11㌦高の215.15㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.74㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.68倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲10.61%、騰落レシオは104.04%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月10日


11月10日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topix、Topix先物は続伸、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は反落であった。新興株10日のグロース250指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米国市場ではパウエル議長が講演でインフレ次第では一段の引き締めをためらわない姿勢を示したことから長期金利は上昇し株式には売りが波及した。本日のドル建て日経平均は9:00に214.77㌦で寄り付き開始し、打診目的で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、214.98㌦迄上げ幅拡大したが続かず、9日発表の連結最終損益で大幅赤字となった値嵩のソフトバンクグループが下落し、11月の特別清算指数(SQ)算出を通過した安心感から利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り、09:48には213.16㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、米巨大機関投資家バークシャーの円建て社債発行に関連して商社や銀行などバリュー株に思惑的な売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:12には214.48㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:03には213.55㌦迄下げ幅拡大したが続かず、決算内容や株主還元強化など個別材料をもとにした売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:18には214.80㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.30㌦安の214.50㌦をつけ、11:35には前日比1.30㌦安の214.50㌦で引けた。後場では12:30に214.35㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:40には214.15㌦迄下げ幅拡大したが続かず、海外短期筋を含む巨大機関投資家からは日経平均の底堅さを評価した打診買いの売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:36には215.37㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:43には214.82㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:50には215.48㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比0.52㌦安の215.28㌦迄戻売され、日経平均オプション12月物は「コール」は売りが優勢で「プット」は総じて買われた状況で、15:15には前日比0.52㌦安の215.28㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.32㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.69倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲10.73%、騰落レシオは114.49%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月9日


11月09日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株09日の東証グロース市場250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に214.19㌦で寄り付き開始し、23年4-9月期決算を発表する企業が多く、決算内容を確認したいとする雰囲気もあり、ミューチュアルファンドに代表される海外巨大機関投資家の中で、売仕掛けの裁定解消売りを入れる者もいる事から、09:12には213.37㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが、前日の米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締め停止から米金利が低下したことで投資家心理が改善し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:35には215.39㌦迄上げ幅拡大したが、持ち高調整され続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:00には214.53㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.92㌦高の215.11㌦をつけ、11:35には前日比1.92㌦高の215.11㌦で引けた。後場では12:30に215.1㌦で寄付後、バフェット氏が運営するバークシャーハザウェイによる円建て社債発行報道を受け、以前と同様に先行して商社銘柄に、売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、14:45には216.89㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比3.18㌦高の216.37㌦迄買戻され、日経平均オプション11月物は「コール」が上昇し「プット」は下落した状況で、15:15には前日比3.18㌦高の216.37㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.52㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.76倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲11.85%、騰落レシオは104.52%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月8日


11月08日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株08日の東証マザーズ指数は反落、東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に215.9㌦で寄り付き開始し、金利低下を受けた前日の米ハイテク株高を支えにし、グロース株を中心に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:03には216.26㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、国内の買い材料が乏しく、中国の景気減速懸念も影響して売仕掛けの裁定解消売が入り、10:16には214.64㌦迄下げ幅拡大したが続かず、決算を発表した個別銘柄の物色が活発化し売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:45には215.42㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.38㌦高の215.04㌦をつけ、11:35には前日比0.38㌦高の215.04㌦で引けた。後場では12:30に214.78㌦で寄付後、業績下方修正を発表した企業の影響で巨大機関投資家心理が悪化し、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:55には213.18㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、企業業績の底堅さが意識されたため売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:48には214.65㌦迄上げ幅拡大したが続かず、ニューヨーク原油先物相場の下落に伴って石油関連株を中心に売仕掛けの裁定解消売が入り、14:33には214.16㌦迄下げ幅拡大したが続かず、相場の方向感が乏しい中で持高一方向からの割安解消向けにより、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:39には214.65㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.7㌦安の213.96㌦迄戻売され、日経平均オプション11月物は「コール」は売られ、「プット」は高安まちまちな状況で、15:15には前日比0.7㌦安の213.96㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.08㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.57倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲7.57%、騰落レシオは93.12%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月7日


11月07日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株07日の東証マザーズ指数は続伸、東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に217.15㌦で寄り付き開始し、直後に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、217.41㌦迄上げ幅拡大し、寄り天井となったが続かず、前日まで四日連騰で大幅に上昇し酒田五法の三空踏み上げを形成していたことから短期的な過熱感が意識され、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:01には216.29㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:46には217.06㌦迄上げ幅拡大したが続かず、7日中国税関総署が発表した米ドル建て輸出額が前年比で悪化しており市場予想を下回ったことから上海や香港の株式相場が下落して始まっていることも影響し、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:30には前日比2.09㌦安の216.10㌦をつけ、11:35には前日比2.09㌦安の216.10㌦で引けた。後場では12:30に215.99㌦で寄付後、全銀ネット障害の原因についての報道が広がったNTTデータや決算発表が市場予想に届かなかった銘柄等に売仕掛けの裁定解消売が入り、14:59には215.14㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比2.91㌦安の215.28㌦迄買戻され、日経平均オプション11月物は「コール」は総じて売られ「プット」は高安まちまちな状況で、15:15には前日比2.91㌦安の215.28㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.27㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.8倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲8.71%、騰落レシオは93.45%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月6日


11月06日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株06日の東証グロース市場250指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に217.26㌦で寄り付き開始し、09:03には216.89㌦と最安値更新を迎えたが続かず、前週末発表の10月の米雇用統計で非農業部門の雇用者数が市場予想を下回り、米長期金利が9月以来の水準まで低下したことを受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:04には219.38㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比5.16㌦高の219.07㌦をつけ、11:35には前日比5.16㌦高の219.07㌦で引けた。後場では12:30に218.83㌦で寄付後、決算発表後の業績の先行き懸念から海運株を中心に売仕掛けの裁定解消売が入り、12:31には218.74㌦迄下げ幅拡大したが続かず、植田日銀総裁の発言から緩和的な金融政策が継続するとの見方が強まったことが後押しし、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:14には219.24㌦迄上げ幅拡大したが続かず、金利上昇局面で買われていた銀行株の一角を中心に売仕掛けの裁定解消売が入り、14:38には218.54㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比5.08㌦高の218.99㌦迄買戻され、日経平均オプション11月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比5.08㌦高の218.99㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.49㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.99倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲13.02%、騰落レシオは93.17%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月2日


11月02日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株02日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は上昇、SOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に212.35㌦で寄り付き開始し、決算出尽くし銘柄に売仕掛けの裁定解消売が入り、09:01には211.92㌦迄下げ幅拡大し安値を付けたが続かず、米連邦準備制度理事会は、米連邦公開市場委員会で市場の予想通り、政策金利据え置きを2会合連続で決定し、パウエルFRB議長も警戒された程タカ派姿勢を表明せず、米金利低下に繋がり株高になり、これを受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:38には213.02㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、国内7-9月GDPはマイナスという報道を受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:10には212.08㌦迄下げ幅拡大したが続かず、金利低下を受けた巨大機関投資家心理の改善により、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:57には212.6㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.34㌦高の212.14㌦をつけ、11:35には前日比2.34㌦高の212.14㌦で引けた。後場では12:30に211.78㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、12:55の212.25㌦迄買戻されたが利益確定目的の売仕掛けの裁定解消売が入り、211.63㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、昨日迄持高調整していた巨大機関投資家でもあるミューチュアルファンド系の決算対策売も済み、実現損を捻出済みにできた事を受け、持高一方向を是正するための売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:51には212.39㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.31㌦高の212.11㌦迄買戻され、日経平均オプション11月物は「コール」は買いが目立ち、権利行使価格3万2500円や3万3000円の売買高が膨らみ、「プット」は総じて売られた状況で、15:15には前日比2.31㌦高の212.11㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.39㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.81倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲6.00%、騰落レシオは84.18%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月1日


11月01日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株01日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に206.87㌦で寄り付き開始し、日銀金融政策決定会合を通過した安心感が広がり材料出尽くし感から、売仕掛けの裁定解消売が入り、206.8㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、今日は4-9月期決算発表が酣となっているプライム市場の主力大型株に投資資金が向かう展開となり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:19には208.51㌦迄上げ幅拡大したが続かず、これから本格化する中小型銘柄の決算発表を前に持高調整向けで、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:55には207.41㌦迄下げ幅拡大したが続かず、今回の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げを見送るとの見解が変わらず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:44には208.43㌦迄上げ幅拡大したが続かず、上値の重さから売仕掛けの裁定解消売が入り、11:05には207.3㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比4.07㌦高の207.95㌦をつけ、11:35には前日比4.07㌦高の207.95㌦で引けた。後場では12:30に208.07㌦で寄付後、打診目的から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:48には208.36㌦迄上げ幅拡大したが続かず、日本時間の明日未明に、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:27には207.74㌦迄下げ幅拡大したが続かず、金融緩和継続方針により売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:59には208.59㌦迄上げ幅拡大したが続かず、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の記者会見を控え、様子見姿勢が入る事で、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:08には208.08㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比4.91㌦高の208.79㌦迄買戻され、日経平均オプション11月物は「コール」が買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比4.91㌦高の208.79㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.99㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.89倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲2.68%、騰落レシオは86.93%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月31日


10月31日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月31日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株31日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。「日銀は31日に開く金融政策決定会合で長短金利操作(YCC)の再修正を議論する」とのリークが昨夜日経電子版を通じて入った影響で日経平均先物は時間外取引で下落した。本日のドル建て日経平均は9:00に205.84㌦で寄り付き開始し、金利上昇を警戒した売仕掛けの裁定解消売が入り、09:14には204.88㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、銀行株やディフェンシブ銘柄には売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:51には205.96㌦迄上げ幅拡大したが続かず、インバウンドや化粧品銘柄等の下方修正銘柄には売仕掛けの裁定解消売が入り、10:44には205.13㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.32㌦安の205.53㌦をつけ、11:35には前日比0.32㌦安の205.53㌦で引けた。休場中に日銀は金融政策決定会合で長短金利操作(YCC)の再修正に関して、従来の10年金利の利回り1%を事実上の許容幅上限として厳格に指値オペを行う方針から、1%を上限目途として国債買い入れオペレーションの柔軟性を高める方針に転換すると発表した。これをうけ後場では12:30に206.42㌦で寄付後、市場の警戒を下回る微細な修正内容であったため長期国債の金利が下落し、株式には売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:10には207.71㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、米長期金利の高止まりと併せて国内の長期金利の先高観から半導体関連銘柄には売仕掛けの裁定解消売が入り、14:16には205.96㌦迄下げ幅拡大したが続かず、実質的な金融緩和の継続が歓迎される輸出関連株には売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:57には207.17㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.09㌦高の206.94㌦迄買戻され、日経平均オプション11月物は「コール」は総じて売られ「プット」も売られる状況で、15:15には前日比1.09㌦高の206.94㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.83㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.89倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽4.47%、騰落レシオは80.12%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月30日


10月30日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株30日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。週末の米株市場は中東ガザの地政学リスクの高まりなどを背景に相場が下落した。本日のドル建て日経平均は9:00に204.83㌦で寄り付き開始し、好決算銘柄やSOX指数の上昇を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:18には205.50㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、先週末に決算発表を行った日野自やオムロンが制限値幅水準まで急落し日本株全体に業績不安が広がったための売仕掛けの裁定解消売が入り、10:19には204.30㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米ハイテク株の好決算から値嵩の半導体関連銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:03には205.35㌦迄上げ幅拡大したが続かず、TOPIXリバランス売による売仕掛けの裁定解消売が入り、11:28には204.41㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.56㌦安の204.47㌦をつけ、11:35には前日比2.56㌦安の204.47㌦で引けた。後場では12:30に204.75㌦で寄付後、好決算によるプラスインパクトを与える銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:33には205.01㌦迄上げ幅拡大したが続かず、明日の日銀金融政策決定会合でのYCC再修正や長期金利の上限引き上げなどが警戒され売仕掛けの裁定解消売が入り、13:37には204.00㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、利上げが終了に近づき、ハイテク系成長株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:51には205.10㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.97㌦安の205.06㌦迄戻売され、日経平均オプション11月物は「コール」は売られ「プット」は総じて買われた状況で、15:15には前日比1.97㌦安の205.06㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.50㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で54.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.81倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽6.2%、騰落レシオは79.32%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月27日


10月27日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株27日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場はメタプラットフォームズの四半期決算を材料に大型ハイテク株を中心に軟調な展開となった。本日のドル建て日経平均は9:00に204.25㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:25には204.08㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、米インテルが好決算を発表し時間外取引で大幅高となっていることから値嵩の半導体銘柄に買いが波及し、前日668円安と急落していた影響から自律反発も狙われ、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:25には206.70㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比3.13㌦高の206.64㌦をつけ、11:35には前日比3.13㌦高の206.64㌦で引けた。後場では12:30に205.99㌦で寄付後、来週は日米で金融政策決定会合が行われることから持ち高を一方的に傾ける動きは限られ、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:53には205.68㌦迄下げ幅拡大したが続かず、以後はレンジ相場で推移し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:43には206.32㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:46には205.81㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:59には206.39㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.59㌦高の206.10㌦迄買戻され、日経平均オプション11月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比2.59㌦高の206.10㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.62㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.98倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽3.58%、騰落レシオは83.63%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月26日


10月26日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株26日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に205.76㌦で寄り付き開始し、打診目的の売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:01には206.03㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、ダウ平均は反落し米長期金利が上昇した事で、巨大機関投資家の中では売仕掛けの裁定解消売を入れる者もいる事から、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:56には204.15㌦迄下げ幅拡大したが続かず、押目狙いで売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:44には205.11㌦迄上げ幅拡大したが続かず、米長期金利が5%に再度なり、SOX指数が下落し主要決算が大幅安を受け、巨大機関投資家に属するリスクパリティ型ヘッジファンドが損失覚悟で、リスクオフの目的で売仕掛けの裁定解消売が入り、11:28には203.63㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比4.45㌦安の203.76㌦をつけ、11:35には前日比4.45㌦安の203.76㌦で引けた。後場では12:30に203.91㌦で寄付後、割安感から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:31には204.41㌦迄上げ幅拡大したが続かず、先行き不透明感から売仕掛けの裁定解消売が入り、14:46には203.53㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、日銀のETF買い等の期待から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比4.45㌦安の203.76㌦迄買戻しされ、日経平均オプション11月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で、15:15には前日比4.45㌦安の203.76㌦迄買戻しされ引けた。高安値幅は2.5㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で48.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.77倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽7.47%、騰落レシオは75.74%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月25日


10月25日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株25日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に208.88㌦で寄り付き開始し、先行き不安定から売仕掛けの裁定解消売が入り、09:41には208.55㌦迄下げ幅拡大したが続かず、企業の好決算を好感し売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:21には209.91㌦迄上げ幅拡大したが続かず、中東情勢の悪化から売仕掛けの裁定解消売が入り、10:47には209.25㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.71㌦高の209.98㌦をつけ、最高値更新を迎え、11:35には前日比2.71㌦高の209.98㌦で引けた。後場では12:30に209.58㌦で寄付後、上値が重い状況で中東情勢の緊迫化などへの警戒感が燻り、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:19には209.28㌦迄下げ幅拡大したが続かず、亜細亜市場の持直しにより売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:52には209.84㌦迄上げ幅拡大したが続かず、中国不動産大手の債務不履行も報道され日本企業の中国事業の不透明感も警戒された事から、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:54には208.17㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比1.39㌦高の208.66㌦迄買戻され、日経平均オプション11月物は「コール」が買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比1.39㌦高の208.66㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.81㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.93倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽1.36%、騰落レシオは74.47%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月24日


10月24日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株24日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に208.16㌦で寄り付き開始し、前日まで3日続落で1000円以上下落していることから自律反発を見込んだ売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:04には208.52㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、昨日ニデックが半期決算で過去最高の純利益を発表したものの市場予想に届かず、EV向け駆動装置の対中販売減速などが重荷となり年間の販売目標を下方修正したことで一時11%安。これが波及し輸出製造業銘柄に幅広く売りが入り、米長期金利の高止まりによる株式の割高感や中東情勢を巡る地政学リスクも懸念される中で、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:39には204.12㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、押し目狙いの売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:26には206.62㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.14㌦安の205.97㌦をつけ、11:35には前日比1.14㌦安の205.97㌦で引けた。後場では12:30に205.53㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:31には205.15㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米株価指数先物の時間外取引が堅調に推移していることにも支えられ、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:53には208.15㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.42㌦高の207.53㌦迄戻売され、日経平均オプション11月物は「コール」は高安まちまちで「プット」は総じて売られた状況で、15:15には前日比0.42㌦高の207.53㌦迄買戻され引けた。高安値幅は4.40㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.82倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽3.56%、騰落レシオは74.67%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月23日


10月23日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株23日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に207.89㌦で寄り付き開始し、好決算発表による押目期待の打診目的で、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:12には208.06㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、前週末の米株式相場が下落したことや米連邦準備理事会(FRB)の高官が金融引き締めの長期化を支持する姿勢を示したことを受け売仕掛けの裁定解消売が入り、09:30には207.12㌦迄下げ幅拡大したが続かず、外国為替市場での円安基調を背景に輸出関連を中心に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:03には207.93㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.68㌦安の206.92㌦をつけ、11:35には前日比1.68㌦安の206.92㌦で引けた。後場では12:30に207.34㌦で寄付後、持高一方向からの割安解消向けにより、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:46には207.39㌦迄上げ幅拡大したが続かず、日米長期金利が上昇していることが相場の重荷となったことに加え、日銀金融政策決定会合で日銀が政策修正を行うことへの警戒感から売仕掛けの裁定解消売が入り、13:40には206.7㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、節目の3万1000円に接近する中で押し目狙いの売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:08には207.88㌦迄上げ幅拡大したが続かず、中東情勢が依然として不安定な中で、15:00大引けでは前日比1.73㌦安の206.87㌦迄戻売され、日経平均オプション11月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買われた状況で、15:15には前日比1.73㌦安の206.87㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.36㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.83倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽4.46%、騰落レシオは75.07%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月20日


10月20日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株20日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に208㌦で寄り付き開始し、日米の長期金利上昇で、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:14には207.53㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、利上げの終わりが見え決算期待より売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:40には208.57㌦迄上げ幅拡大したが続かず、地政学的リスクから売仕掛けの裁定解消売が入り、10:26には207.7㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.09㌦安の208.68㌦をつけ、11:35には前日比1.09㌦安の208.68㌦で引けた。後場では12:30に209.33㌦で寄付後、半導体銘柄で割安からの押目狙いの売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:33には209.77㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、13:35には中東情勢緊迫化という報道を受け、売仕掛けの裁定解消売りが入り、15:00大引けでは前日比1.14㌦安の208.63㌦迄戻売され、日経平均オプション11月物は「コール」は売りが目立ち「プット」は総じて買われる状況で、15:15には前日比1.14㌦安の208.63㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.24㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.95倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽2.27%、騰落レシオは81.49%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月19日


10月19日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株19日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に210.73㌦で寄り付き開始し、米長期金利の上昇で前日の米株式市場ではハイテク株を中心に売りが広がる事で、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:03には210.25㌦迄下げ幅拡大したが続かず、割安気味の内需ディフェンシブ銘柄に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:13には211.33㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比3.97㌦安の209.85㌦をつけ、11:35には前日比3.97㌦安の209.85㌦で引けた。後場では12:30に209.66㌦で寄付後、ナスダック総合指数の大幅下落を迎え、米半導体会社の赤字決算を受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:31には209.53㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、押目狙いの売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:56には210.5㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比4.08㌦安の209.74㌦迄戻売され、日経平均オプション11月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で、15:15には前日比4.08㌦安の209.74㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.8㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.01倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽0.83%、騰落レシオは81.28%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月18日


10月18日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株18日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に213.9㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:01には213.98㌦迄上げ幅拡大したが続かず、17日発表の米小売売上高が市場予想を上回ったことから米長期金利が再び上昇したことに加え、米国の対中半導体規制や中東情勢の緊迫化など外部環境への懸念が高まったため売仕掛けの裁定解消売が入り、09:55には212.78㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、中国の7~9月期の国内総生産(GDP)が市場予想を上回る伸びを見せたことから売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:01には213.85㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.44㌦安の213.5㌦をつけ、11:35には前日比0.44㌦安の213.5㌦で引けた。後場では12:30に213.19㌦で寄付後、上海総合指数などのアジア株の下落や米株価指数先物が軟調に推移していることから売仕掛けの裁定解消売が入り、12:32には212.83㌦迄下げ幅拡大したが続かず、ソシオネクスが半導体開発で英アームとTSMCと協業すると発表したため、半導体関連株を中心に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:49には214.3㌦迄上げ幅拡大したが続かず、中東情勢への警戒感から上値が重く、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:02には213.5㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売り一巡後の押目狙いの打診目的から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:48には214.35㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比0.01㌦高の213.95㌦迄買戻され、日経平均オプション11月物は「コール」,「プット」共に下げが目立つ状況で、15:15には前日比0.01㌦高の213.95㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.57㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.24倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲4.84%、騰落レシオは88.92%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月17日


10月17日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株17日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に214.35㌦で寄り付き開始し、中東情勢を巡り外交的解決に向けた取り組みを進めていることから、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:16には215.67㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、米長期金利の上昇から、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:09には213.33㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.91㌦高の213.55㌦をつけ、11:35には前日比1.91㌦高の213.55㌦で引けた。後場では12:30に213.75㌦で寄付後、売り持高解消のため、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:37には214.31㌦迄上げ幅拡大したが続かず、中東情勢の緊迫化等の警戒感の継続から、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:46には213.26㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、押目狙いの打診目的から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:15には214.16㌦迄上げ幅拡大したが続かず、米国で9月小売売上高の発表に向けたヘッジ売りのニーズも助け売仕掛けの裁定解消売が入り、14:30には213.45㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.55㌦高の214.19㌦迄買戻され、日経平均オプション11月物は「コール」は上昇し「プット」は下落した状況で、15:15には前日比2.55㌦高の214.19㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.41㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.23倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲4.83%、騰落レシオは86.07%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月16日


10月16日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株16日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に213.8㌦で寄り付き開始し、金融部門の好決算を受けダウが反発をし、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、213.92㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、中東情勢の緊迫や前週末の米ハイテク株の下落で巨大機関投資家心理が冷え込み、リスク回避を目的とした売りが膨らんだ事で、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:07には211.87㌦迄下げ幅拡大したが続かず、中国での売り上げ回復を受け良品計画等に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:40には212.84㌦迄上げ幅拡大したが続かず、ハイテク株は根強い金利先高感に手仕舞売りが優勢となり、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:03には211.72㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比3.54㌦安の212.49㌦をつけ、11:35には前日比3.54㌦安の212.49㌦で引けた。後場では12:30に211.99㌦で寄付後、景気人流回復で、コンビニなどに売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:57には212.06㌦迄上げ幅拡大したが続かず、中東情勢の緊迫化等先行き不透明感が強まり、原油価格の上昇からインフレ長期化への警戒拡大で、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:49には211㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比4.39㌦安の211.64㌦迄戻売され、相場下落を受けて、日経平均オプション11月物は「コール」が軒並み下げた。一方、「プット」は上昇した状況で、15:15には前日比4.39㌦安の211.64㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.92㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.1倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲1.19%、騰落レシオは77.99%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月13日


10月13日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株13日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に215.85㌦で寄り付き開始し、10月限オプション取引の特別清算指数(SQ) 算出に絡んだ売買の中で、良好な業績見通しを行った値嵩株の一角に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:16には217.22㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、12日発表の9月の米消費者物価指数(CPI)の伸びが市場予想を上回り、米金利の高止まりで景気が下押しされる懸念を受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:38には215.75㌦迄下げ幅拡大したが続かず、材料銘柄に押され打診目的の売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:34には216.91㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.92㌦安の216.04㌦をつけ、11:35には前日比0.92㌦安の216.04㌦で引けた。後場では12:30に215.97㌦で寄付後、米国内金利上昇を受け国内長期金利上昇となり、物価予想が上昇と捉えられ不動産銘柄等や中国CPI横這いから中国関連銘柄等に、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:04には215.54㌦迄下げ幅拡大したが続かず、中東情勢やウクライナ問題等の地政学的リスクによる割安感から派生する押目狙いの売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:29には216.19㌦迄上げ幅拡大したが続かず、今後発表される経済指標を鑑み、一方向に持高向斜除外したい意向の巨大機関投資家もいる中で、売仕掛けの裁定解消売を入れる者もいる事から、14:52には215.32㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比1.19㌦安の215.77㌦迄戻売され、日経平均オプション11月物は「コール」が売られて「プット」は買われた状況で、15:15には前日比1.19㌦安の215.77㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.90㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.33倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲7.33%、騰落レシオは81.21%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月12日


10月12日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は続伸、Topix、Topix先物は反発であった。新興株12日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に215.57㌦で寄り付き開始し、9月生産者物価指数(PPI)の伸びが予想を上回ったほか、FRB高官の見解が分かれたことなどから米長期金利下落を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:16には217.14㌦迄上げ幅拡大したが続かず、米国で9月消費者物価指数の発表を控え、中東情勢の状況から、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:37には216.04㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.6㌦高の216.93㌦をつけ、11:35には前日比2.6㌦高の216.93㌦で引けた。後場では12:30に217.25㌦で寄付後、米長期金利低下を受け海外巨大機関投資家等のリスク許容度が高まり、日本の株価指数先物に断続的な買いが入り、前日の米ハイテク株高を受けて半導体値嵩関連等に売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、15:00大引けでは前日比3.75㌦高の218.08㌦迄買戻され、日経平均オプション10月物は株式相場の上昇を受けて、「コール」が上げ、「プット」は下げた状況で、15:15には前日比3.75㌦高の218.08㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.51㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.55倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲9%、騰落レシオは87.99%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月11日


10月11日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は続伸、Topix、Topix先物は反落であった。新興株11日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に214.26㌦で寄り付き開始し、短期的な過熱感や今晩の米卸売物価指数の発表を前に持高調整を入れる必要から売仕掛けの裁定解消売が入り、09:11には213.97㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、中国の景気対策期待や香港株高を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:48には214.95㌦迄上げ幅拡大したが続かず、商品投資顧問等の巨大機関投資家の中では買戻しは昨日で一巡し累積売買代金の多い215㌦付近に位置している事から売仕掛けの裁定解消売が入り、10:03には214.13㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.15㌦高の214.73㌦をつけ、11:35には前日比1.15㌦高の214.73㌦で引けた。後場では12:30に214.74㌦で寄付後、韓国半導体大手サムスン電子の決算が四半期で堅調であったのを受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:25には215.54㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、節目の215.53㌦を回復する場面はあったが上値が重い事から、経済事象を勘案してリスクヘッジ目的で且つ戻待ち目的で、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:11には214.99㌦迄下げ幅拡大したが続かず、持高調整の打診目的で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:28には215.48㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.28㌦高の214.86㌦迄買戻され、日経平均オプション10月物は「コール」は高安まちまちで「プット」は総じて売られる状況で、15:15には前日比1.28㌦高の214.86㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.57㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.30倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲3.72%、騰落レシオは86.22%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月10日


10月10日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株10日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は上昇、SOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に210.99㌦で寄り付き開始し、9月雇用統計で失業率が予想を上回った他、賃金の伸びが鈍化した事を受けて金利の上昇も限定的となり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:38には213.91㌦迄上げ幅拡大したが続かず、中東の地政学リスク上昇を警戒し売仕掛けの裁定解消売が入り、10:58には213.29㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米ダラス連銀のローガン総裁の利上げの必要性を弱める可能性を指摘した発言等を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:29には214.04㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比5.21㌦高の214.04㌦をつけ、11:35には前日比5.21㌦高の214.04㌦で引けた。後場では12:30に213.53㌦で寄付後、中東情勢の悪化に加え、原油価格が再上昇に転じている中、イベント前のヘッジ目的で、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:53には213.42㌦迄下げ幅拡大したが続かず、時間外取引における米株価指数が金利低下を受け堅調に推移し巨大機関投資家心理が好転し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:33には214.38㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比5.07㌦高の213.90㌦迄買戻され、日経平均オプション10月物は「コール」は買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比5.07㌦高の213.90㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.39㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で38%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.3倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲1.82%、騰落レシオは94.67%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月6日


10月06日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均先物、Topix、Topix先物は続伸、日経平均、ドル建て日経平均は反落であった。新興株06日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に208.83㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:34には208.32㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:10には209.88㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.51㌦安の208.80㌦をつけ、11:35には前日比0.51㌦安の208.80㌦で引けた。後場では12:30に208.73㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:40には208.60㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:30には209.51㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:18には209.04㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:37には209.48㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.54㌦安の208.77㌦迄戻売され、日経平均オプション10月物は「コール」と「プット」は共に売りが目立った状況で、15:15には前日比0.54㌦安の208.77㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.56㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.95倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽5.44%、騰落レシオは93.47%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月5日


10月05日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株05日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に206.27㌦で寄り付き開始し、政府機関閉鎖等に対する懸念が根強い事に加えマッカーシー下院議長が解任され不透明感から売仕掛けの裁定解消売が入り、09:22には205.14㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、米長期金利一服より売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、11:30には前日比2.41㌦高の207.29㌦をつけ、11:35には前日比2.41㌦高の207.29㌦で引けた。後場では12:30に207.52㌦で寄付後、米長期金利の低下や米国株の反発を受け、目先の安心感から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:41には208.62㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、円安輸入物価高より売仕掛けの裁定解消売が入り、14:46には207.42㌦迄下げ幅拡大したが続かず、物販銘柄にディフェンシブ目的の売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比3.68㌦高の208.56㌦迄買戻され、日経平均オプション10月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売られる状況で、15:15には前日比3.68㌦高の208.56㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.48㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.97倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽4.9%、騰落レシオは93.28%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月4日


10月04日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株04日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に206.32㌦で寄り付き開始し、米政府機関の閉鎖回避にこぎつけたマッカッシー会員議長が解任され米国の金融引き締めが長期化するとの見方から売仕掛けの裁定解消売りが入り、9:05の205.74㌦迄下げ幅拡大。しかし、ドル円上昇を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:16には206.76㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、時間外取引の米10年債利回りが一段と上昇する中リスク回避目的で、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:39には205.09㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比4.04㌦安の205.45㌦をつけ、11:35には前日比4.04㌦安の205.45㌦で引けた。後場では12:30に205.95㌦で寄付後、 売仕掛け解消の裁定解消買が入り、206.06㌦迄上げ幅拡大したが続かず、トレンドフォロー型ファンドを含む巨大機関投資家心理が悪化し、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:49には204.8㌦迄下げ幅拡大したが続かず、日本銀行の上場投資信託買い観測を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:38には206.42㌦迄上げ幅拡大したが続かず、香港株の下落や時間外取引の米株価指数先物の失速を受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:53には204.46㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比4.77㌦安の204.72㌦迄戻売され、日経平均オプション10月物は「コール」は売りが優勢で、「プット」は買われた状況で、15:15には前日比4.77㌦安の204.72㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.3㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.68倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽10.3%、騰落レシオは87.68%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月3日


10月03日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月03日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株03日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米債券市場で長期金利が16年ぶりの水準に上昇し、製造業景況感指数が市場予想を上回ったことから金融引き締め長期化観測も強まり株式市場は相対的な割高感が意識され軟調に推移した。本日のドル建て日経平均は9:00に210.93㌦で寄り付き開始し、国内債券市場でも長期金利が10年ぶりの高水準となったことから割高感が意識された株式には売仕掛けの裁定解消売が入り、09:30には208.91㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:37には209.82㌦迄上げ幅拡大したが続かず、原油先物相場のピークアウト観測から資源関連銘柄に売仕掛けの裁定解消売が入り、10:30には208.61㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:41には209.54㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.63㌦安の209.31㌦をつけ、11:35には前日比2.63㌦安の209.31㌦で引けた。後場では12:30に209.14㌦で寄付後、香港ハンセン指数等アジアの主要株式指数が下落していることを手掛かりに売仕掛けの裁定解消売が入り、14:07には207.92㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比3.48㌦安の208.46㌦迄買戻され、日経平均オプション10月物は「コール」は売られ「プット」は買われた状況で、15:15には前日比3.48㌦安の208.46㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.01㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.09倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽3.83%、騰落レシオは97.00%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月02日


10月02日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均先物は反落、日経平均、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株02日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に214.62㌦で寄り付き開始し、自動車労働組合(UAW)ストライキ長期化を警戒し、政府機関閉鎖への警戒感が一段と強まった事から、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:02には214.36㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米政府機関閉鎖回避で堅調だった事もあり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:34には216.62㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比3㌦高の215.98㌦をつけ、11:35には前日比3㌦高の215.98㌦で引けた。後場では12:30に215.54㌦で寄付後、FRBの金融政策の利上げが継続に疑いが出て即ち金利の先高観が拭えない事から、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:34には212.87㌦迄下げ幅拡大したが続かず、9月の全国企業短期経済観測調査(短観)の改善やダウ平均先物が時間外取引で堅調だった事もあり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:45には213.69㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.65㌦安の212.33㌦迄戻売され、日経平均オプション10月物は「コール」は売りが目立ち「プット」は買われる状況で、15:15には前日比0.65㌦安の212.33㌦迄戻売され引けた。高安値幅は4.29㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.36倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲0.97%、騰落レシオは109.73%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月29日


09月29日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均先物は反発、日経平均、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株29日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は上昇、SOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場は金利上昇への過度な警戒感が和らぎハイテク株を中心に上昇した。本日のドル建て日経平均は9:00に214.52㌦で寄り付き開始し、米株市場の流れを引き継ぎ、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、214.58㌦迄上げ幅拡大し、寄り天井となったが続かず、四半期末に伴う巨大機関投資家のリバランスの売りや米国連邦政府予算の不成立に伴う米政府閉鎖に対するリスク懸念が意識され、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:16には212.65㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.24㌦安の213.30㌦をつけ、11:35には前日比0.24㌦安の213.30㌦で引けた。後場では12:30に213.44㌦で寄付後、香港市場でテック株などが大幅高となっていることを支えとして指数寄与度の大きい東エレクなどに、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:36には213.94㌦迄上げ幅拡大したが続かず、日経平均の銘柄入れ替えに伴う資産配分調整の売仕掛けの裁定解消売が入り、13:49には212.50㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:54には213.78㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.10㌦安の213.44㌦迄戻売され、日経平均オプション10月物は「コール」は買いが目立って「プット」はおおむね売られた状況で、15:15には前日比0.10㌦安の213.44㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.08㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.35倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲1.91%、騰落レシオは110.96%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月28日


09月28日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株28日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に214.88㌦で寄り付き開始し、議会の予算交渉が引続き難航し政府機関閉鎖危機の高まりが意識され売仕掛けの裁定解消売が入り、09:28には213.99㌦迄下げ幅拡大したが続かず、ドル円上昇による打診買いから売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:28には215.18㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、時間外取引の米株価指数先物の失速や香港株の下落等需給悪化が影響し、リスク要因報道がある中9月末配当権利落日が到来した事で巨大機関投資家心理が悪化し、期末の配当課税回避動向へ繋がり、さらに四半期末に伴う年金基金の持高調整売りや明日の日経平均構成銘柄入替に伴う超過売り需要等の需給悪化が意識され、売仕掛けの裁定解消売りが入り、11:30には前日比3.74㌦安の212.83㌦をつけ、11:35には前日比3.74㌦安の212.83㌦で引けた。後場では12:30に212.28㌦で寄付後、需給悪化が継続して意識され、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:34には211.9㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、ナスダック100先物の上昇を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:44には213.83㌦迄上げ幅拡大したが続かず、時間外取引の米株価指数先物の持高調整に併せ、売仕掛けの裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比3.34㌦安の213.23㌦迄戻売され、日経平均オプション10月物は株式相場の下落を受けて「コール」は総じて売られ「プット」は買いが目立った状況で、15:15には前日比3.34㌦安の213.23㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.28㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.50倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲2.03%、騰落レシオは118.56%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月27日


09月27日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株27日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に214.84㌦で寄り付き開始し、時間外取引のナスダック100先物による堅調推移が支援材料となり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:15には215.38㌦迄上げ幅拡大したが続かず、金利高止まる中で米株が下げた事から、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:37には214.42㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比1.02㌦安の215.78㌦をつけ、11:35には前日比1.02㌦安の215.78㌦で引けた。後場では12:30に215.62㌦で寄付後、日本銀行が定例の国債買い入れオペ(公開市場操作)を通知した事で国内長期金利が低下した事が安心感を誘った他、堅調な亜細亜市況や時間外取引の米株価指数先物も支援材料に、取引終盤にかけて見込まれる配当再投資を意識した売仕掛け解消の裁定解消買が巨大機関投資家間で入り、15:00大引けでは前日比0.38㌦高の217.18㌦迄買戻され、日経平均オプション10月物は「コール」と「プット」はともに高安まちまちの状況で、15:15には前日比0.38㌦高の217.18㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.76㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.73倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲6.80%、騰落レシオは111.52%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月26日


09月26日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株26日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に219.34㌦で寄り付き開始し、押目狙いで売仕掛け解消の裁定解消買が入り、219.37㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、米長期金利が嫌気して売仕掛けの裁定解消売が入り、09:38には217.5㌦迄下げ幅拡大したが続かず、為替の円安が一段と進行した事で、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:27には218.25㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.01㌦安の217.59㌦をつけ、11:35には前日比2.01㌦安の217.59㌦で引けた。後場では12:30に217.59㌦で寄付後、FRBバランスシート問題に加え、米政府機関閉鎖リスクも手伝い売仕掛けの裁定解消売が入り、13:11には217.38㌦迄下げ幅拡大したが続かず、日米金利差拡大で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:01には217.8㌦迄上げ幅拡大したが続かず、去年の介入水準迄為替が接近し、不動産投資問題から中国景気先行き懸念が認識され15:00大引けでは前日比2.44㌦安の217.16㌦迄戻売され、日経平均オプション10月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買われる状況で、15:15には前日比2.44㌦安の217.16㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.21㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.68倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲6.41%、騰落レシオは132.46%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月25日


09月25日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株25日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に219.15㌦で寄り付き開始し、米株安による米株続落から売仕掛けの裁定解消売りが入り、09:24には218.28㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、ドル円上昇で割安状況から試しで売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:21には220.13㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.27㌦安の219.64㌦をつけ、11:35には前日比1.27㌦安の219.64㌦で引けた。後場では12:30に220.06㌦で寄付後、ドル円一服より売仕掛けの裁定解消売りが入り、12:35には219.87㌦迄下げ幅拡大したが、中間配当狙いや値嵩材料銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:20には220.52㌦迄上げ幅拡大したが続かず、原油高や連邦準備制度理事会高官のタカ派発言を受けて、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:49には220.03㌦迄下げ幅拡大したが続かず、植田日銀総裁の記者会見で、日銀金融政策が従来の姿勢を踏襲する見通しが市場の安心感となり、また、岸田首相が経済対策の柱を今夜発表すると伝えられた事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:46には220.53㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、持ち高一方向に傾斜することは危険であるため、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:53には220.12㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.86㌦高の220.23㌦迄買戻され、日経平均オプション10月物は「コール」が買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比1.86㌦高の220.23㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.25㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.78倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲10.07%、騰落レシオは141.18%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月22日


09月22日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株22日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場では米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を受け利下げペースの鈍化が意識され長期金利が上昇し、主要株価指数は下落した。本日のドル建て日経平均は9:00に218.12㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:01には218.74㌦迄上げ幅拡大したが続かず、米長期金利の上昇から割高感が意識されやすいハイテク株が相場の重荷となり、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:06には217.89㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、昼頃に控える日銀の金融政策決定会合を前に持ち高を一方向に傾ける動きは限られ、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比1.92㌦安の218.79㌦をつけ、11:35には前日比1.92㌦安の218.79㌦で引けた。後場では12:30に219.88㌦で寄付後、日本銀行が金融緩和策の現状維持を決めたことで政策に対する不透明感がいったん和らぎ、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:39には220.47㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、取引終了後に控える植田日銀総裁の会見を見極めたいとの思惑から様子見姿勢が広がって売仕掛けの裁定解消売が入り、13:48には219.30㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:45には220.34㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:59には219.46㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.14㌦安の219.57㌦迄戻売され、日経平均オプション10月物は「コール」は総じて売られ「プット」は高安まちまちな状況で、15:15には前日比1.14㌦安の219.57㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.58㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.74倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲7.71%、騰落レシオは128.28%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月21日


09月21日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株21日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に221.67㌦で寄り付き開始し9:04に221.94㌦と高値形成後、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:05に221.47㌦を形成後、押目狙いで売仕掛け解消の裁定解消買が入り、9:22の222.17㌦を付け最高値更新となり、連邦公開市場委員会(FOMC)では予想通り政策金利の据え置きが決定されたが、追加利上げの可能性が除外されなかった他、最新の経済・政策金利見通しがタカ派な内容だった事から、長期金利が一段と上昇した事を受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:30には前日比2.53㌦安の220.20㌦をつけ、11:35には前日比2.53㌦安の220.20㌦で引けた。後場では12:30に220.05㌦で寄付、219.86㌦を安値形成後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:50には220.21㌦迄上げ幅拡大したが続かず、日本の10年債利回りは2013年9月以来の水準に迄それぞれ上昇するなかさらなる金利先高観からリスク回避目的で、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:25には219.54㌦迄下げ幅拡大したが続かず、中国・香港株の下落を受け巨大機関投資家心理を悪化させ、売仕掛けの裁定解消売りが入り、15:00大引けでは前日比3.05㌦安の219.68㌦迄戻売され、日経平均オプション10月物は「コール」が売られ「プット」は買われる状況で、15:15には前日比3.05㌦安の219.68㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.63㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.80倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲9.48%、騰落レシオは124.97%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月20日


09月20日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topix、Topix先物は反落、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は続落であった。新興株20日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に225.1㌦で寄り付き開始し、打診目的から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:01には225.12㌦迄上げ幅拡大したが続かず、昨日の米株安を受け売仕掛けの裁定解消売が入り、09:56には224.28㌦迄下げ幅拡大したが続かず、為替の円安を支援材料に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:45には225.14㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、米インフレ再加速懸念から長期金利が上昇した事で売仕掛けの裁定解消売りが入り、11:30には前日比0.82㌦安の224.16㌦をつけ、11:35には前日比0.82㌦安の224.16㌦で引けた。後場では12:30に223.99㌦で寄付後、引続き長期金利上昇を受け巨大機関投資家心理が悪化し、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:55には223.66㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米連邦公開市場委員会結果発表対策で持高調整の必要性、ドル円上昇を受け金利上昇に無関係且つ好業績銘柄等に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:37には224.03㌦迄上げ幅拡大したが続かず、中国景気先行き不安より、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:57には223.29㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.48㌦安の223.5㌦迄戻売され、日経平均オプション10月物は「コール」が下落し「プット」は上昇した状況で、15:15には前日比1.48㌦安の223.5㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.88㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.96倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲13.99%、騰落レシオは122.35%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月19日


09月19日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topix、Topix先物は反発、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は続落であった。新興株19日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。先週末の米株市場ではフィラデルフィア半導体指数(SOX)指数が3%安になるなど軟調な展開となり、日本市場が休場であった昨日も小幅な反発で終えた。本日のドル建て日経平均は9:00に225.55㌦で寄り付き開始し、台湾積体電路製造の否定報道を受け、値嵩の半導体株などに売仕掛けの裁定解消売が入り、09:03には225.10㌦迄下げ幅拡大したが続かず、中間配当の権利取りを見据えてバリュー株等に幅広く売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:53には225.82㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、今週はFOMCや日銀の金融政策決定会合等重要イベントを控えていることから持ち高調整の売仕掛けの裁定解消売が入り、11:30には前日比2.74㌦高の224.41㌦をつけ、最安値更新を迎え、11:35には前日比2.74㌦高の224.41㌦で引けた。後場では12:30に225.02㌦で寄付後、ドル円・上昇を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:29には225.20㌦迄上げ幅拡大したが続かず、日銀金融政策決定会合報道影響を懸念し売仕掛けの裁定解消売が入り、14:26には224.59㌦迄下げ幅拡大したが続かず、日銀金融政策決定会合を控え売一方向に対する持高解消のため、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:59には225.29㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.97㌦安の225.18㌦迄戻売され、日経平均オプション10月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買いが目立った状況で、15:15には前日比1.97㌦安の225.18㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.41㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.11倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲16.32%、騰落レシオは132.84%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月15日


09月15日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株15日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場は小売売上高など堅調な経済指標が好感され堅調に推移した。本日のドル建て日経平均は9:00に226.70㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:12には226.45㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、傘下の英半導体設計のアームホールディングスがナスダックに上場した影響でソフトバンクグループが大幅高となり、足元円安ドル高から自動車など輸出関連株にも売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:05には227.39㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:21には226.67㌦迄下げ幅拡大したが続かず、WTI原油先物が90㌦台をつけるなど原油価格が高騰していることから資源株にも売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:03には228.10㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比3.03㌦高の227.96㌦をつけ、11:35には前日比3.03㌦高の227.96㌦で引けた。後場では12:30に227.86㌦で寄付後、米長期金利が高止まりした事で、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:17には227.39㌦迄下げ幅拡大したが続かず、中国の8月工業生産高が市場予想を上回ったことでアジア市場が堅調に推移していることを材料に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:05には228.03㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:40には227.09㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.48㌦高の227.41㌦迄買戻され、日経平均オプション10月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売られる状況で、15:15には前日比2.48㌦高の227.41㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.65㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で37.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.09倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲19.43%、騰落レシオは127.33%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月14日


09月14日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株14日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に223.48㌦で寄り付き開始し、米CPIを波乱なく、消化できた安心感から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:02には223.83㌦迄上げ幅拡大したが続かず、アムディによる中国株の成長予測下方修正により、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:19には222.97㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比2.32㌦高の224.31㌦をつけ、11:35には前日比2.32㌦高の224.31㌦で引けた。後場では12:30に224.52㌦で寄付後、第二次岸田内閣経済対策報道を受けた期待や時間外取引の米株価指数先物の大幅高を背景に値嵩ハイテク銘柄等を中心に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:32には225.64㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比3.13㌦高の225.12㌦迄買戻され、日経平均オプション10月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比3.13㌦高の225.12㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.67㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.91倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲16.29%、騰落レシオは128.65%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月13日


09月13日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株13日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場は金利の先高観を背景にハイテク株を中心に軟調な展開となった。本日のドル建て日経平均は9:00に222.64㌦で寄り付き開始し、米株市場の流れを引き継ぎ半導体関連株などに売仕掛けの裁定解消売が入り、09:01には222.45㌦迄下げ幅拡大したが続かず、外為市場での円安進行を背景に海外巨大機関投資家による売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:50には223.52㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、心理的節目に近づくと戻り待ちの売仕掛けの裁定解消売が入り、11:30には前日比0.68㌦安の222.18㌦をつけ、11:35には前日比0.68㌦安の222.18㌦で引けた。後場では12:30に222.13㌦で寄付後、午前の北朝鮮弾道ミサイル発射し、防衛省が立て続けに行った発表報道から、亜細亜経済圏景気後退懸念危機が疑われ、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:49には221.78㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、日銀のマイナス金利政策の解除への思惑からメガバンク株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:02には223.21㌦迄上げ幅拡大したが続かず、8月米消費者物価指数(CPI)の発表を控え持ち高調整の売仕掛けの裁定解消売が入り、14:51には222.14㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.47㌦安の222.39㌦迄買戻され、日経平均オプション10月物は「コール」は売られ「プット」は買われる状況で、15:15には前日比0.47㌦安の222.39㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.74㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.72倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲12.18%、騰落レシオは123.29%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月12日


09月12日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、Topix、Topix先物は続伸、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は反発であった。新興株12日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に222.67㌦で寄り付き開始し、米国続伸を受けて売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:03には223.49㌦迄上げ幅拡大したが続かず、国内長期金利上昇を受け銀行・ハイテク銘柄等に売仕掛けの裁定解消売が入り、10:57には221.7㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.35㌦高の222.92㌦をつけ、11:35には前日比1.35㌦高の222.92㌦で引けた。後場では12:30に223.1㌦で寄付後、時間外取引のナスダック100先物やドル円の強含みからマイナス金利の解除や組閣報道から成長投資と捉え、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:09には223.54㌦迄上げ幅拡大したが続かず、国内長期金利上昇が継続し売仕掛けの裁定解消売が入り、13:30には223.06㌦迄下げ幅拡大したが続かず、国内長期金利上昇が一服した事から値嵩や自動車及びインバウンド銘柄等に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:59には223.82㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.11㌦高の223.68㌦迄買戻され、日経平均オプション10月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売られる状況で、15:15には前日比2.11㌦高の223.68㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.14㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.71倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲13.02%、騰落レシオは126.62%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月11日


09月11日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topix、Topix先物は反発、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は続落であった。新興株11日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に222.22㌦で寄り付き開始し、中国政府によるアイフォーン使用制限が警戒され売られていた携帯端末のアップル(AAPL)株が反発したことも相場支援材料となり、金利動向も安定したため、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:05には222.59㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、日銀がマイナス金利政策の解除に向かうとの思惑が台頭し、国内債券市場で長期金利が上昇したことから、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:37には220.31㌦迄下げ幅拡大したが続かず、持高調整から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:06には221.55㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.43㌦安の221.22㌦をつけ、11:35には前日比0.43㌦安の221.22㌦で引けた。後場では12:30に220.79㌦で寄付後、日銀がマイナス金利政策の解除に向かうとの思惑が台頭し、国内債券市場で長期金利が上昇したことから積極的な買戻しは続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:10には220.18㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、持高調整から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:59には220.74㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.95㌦安の220.7㌦迄戻売され、日経平均オプション10月物は「コール」が売られ「プット」は買いがやや目立った状況で、15:15には前日比0.95㌦安の220.7㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.41㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.57倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲10.31%、騰落レシオは125.68%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月8日


09月08日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株08日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場は中国政府がアップルに対する規制を強化するとの報道を受けてハイテク株を中心に軟調な展開となった。本日のドル建て日経平均は9:00に223.49㌦で寄り付き開始し、9月限先物・オプション取引の特別清算指数算出に絡んだ売買が交錯する中、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:02には223.52㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、米中対立激化と景気先行きに対する懸念が強まり、アップル関連株やハイテク株への売仕掛けの裁定解消売が入り、09:36には220.91㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:02には222.36㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.11㌦安の221.89㌦をつけ、11:35には前日比2.11㌦安の221.89㌦で引けた。後場では12:30に221.41㌦で寄付後、週末を控えて米長期金利の上昇は一服しているものの、金利先高観は払拭できず、加えて、来週は米消費者物価指数(CPI)の発表も控えている事から売仕掛けの裁定解消売が入り、14:01には220.75㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、中国株や時間外取引のナスダック100指数先物が水準を切り上げた事で、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:49には221.43㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.61㌦安の221.39㌦迄戻売され、日経平均オプション10月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買いが目立った状況で、15:15には前日比2.61㌦安の221.39㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.77㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.55倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲11.83%、騰落レシオは128.36%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月07日


09月07日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株07日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に224.3㌦で寄り付き開始し、為替の円安を背景に即座に切り返すと売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:44には225.68㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、米長期金利の上昇を嫌気したハイテク・成長株の下落が重しになり、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:44には224.15㌦迄下げ幅拡大したが続かず、ドル安・円高一服から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:16には224.9㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.24㌦安の224.89㌦をつけ、11:35には前日比0.24㌦安の224.89㌦で引けた。後場では12:30に224.73㌦で寄付後、原油高を警戒し前日に米長期金利が上昇により、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:53には223.47㌦迄下げ幅拡大したが続かず、日米金利差拡大により、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:33には223.92㌦迄上げ幅拡大したが続かず、前日の米ハイテク株安や中国規制強化が重荷となり、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:54には223.41㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比1.69㌦安の223.44㌦迄戻売され、日経平均オプション9月物は「コール」が総じて売られ「プット」は高安まちまち状況で、15:15には前日比1.69㌦安の223.44㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.27㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.72倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲15.73%、騰落レシオは126.71%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月06日


09月06日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、ドル建て日経平均、Topixは続伸、日経平均先物、Topix先物は反発であった。新興株06日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇したがSOX指数、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に224.34㌦で寄り付き開始し、サウジアラビア等が原油減産延長を発表、原油高によるインフレ長期化の懸念が浮上し金利上昇を受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:04には223.58㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:09には222.1㌦迄下げ幅拡大したが続かず、12日のイベントが開催されるアップルの新商品発表への期待から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:41には222.94㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.13㌦安の222.68㌦をつけ、11:35には前日比1.13㌦安の222.68㌦で引けた。後場では12:30に222.85㌦で寄付後、中国・香港株の下落を受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:02には222.69㌦迄下げ幅拡大したが続かず、亜細亜市況が下げ渋ると、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:16には223.43㌦迄上げ幅拡大したが続かず、米国金利先高感継続から売仕掛けの裁定解消売が入り、14:31には223.1㌦迄下げ幅拡大したが続かず、円安・ドル高を追い風に個人投資家心理の悪化が限定的だった事で、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、今週金曜日の9月先物・オプション取引の特別清算指数算出に対しての限月乗り換えの動きも活発化し、15:00には223.81㌦迄上げ幅拡大したが続かず、大引けでは前日比1.38㌦高の225.19㌦迄買戻され、日経平均オプション9月物は「コール」は買われ、「プット」は売られる状況で、15:15には前日比1.38㌦高の225.19㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.32㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.77倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲18.34%、騰落レシオは122.75%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月05日


09月05日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、ドル建て日経平均、Topixは続伸、日経平均先物、Topix先物は反落であった。新興株05日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に224.82㌦で寄り付き開始し、米株休場で欧州株小幅安に加え、取引開始直後一時225.20㌦を回復したが7月家計調査が下落し個人消費に影が差し米長期金利時間外で一時上昇から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:04には225.24㌦迄上げ幅拡大したが続かず、利確が入り売仕掛けの裁定解消売が入り、10:09には223.75㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:41には224.6㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.47㌦安の224.33㌦をつけ、11:35には前日比0.47㌦安の224.33㌦で引けた。後場では12:30に224.51㌦で寄付後、米長期金利が時間外で上昇した事から、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:02には224.35㌦迄下げ幅拡大したが続かず、ドル円上昇を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:16には225.09㌦迄上げ幅拡大したが続かず、ドル円上昇一服から売仕掛けの裁定解消売が入り、14:31には224.76㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米国の追加利上げへの過度な警戒が和らぎ、今後は米長期金利の上昇が一服するとの見方を巨大機関投資家の中でも行う者がいる事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00には225.47㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、大引けでは前日比0.67㌦高の225.47㌦迄買戻され、日経平均オプション9月物は「コール」が高安まちまちで「プット」は売られる状況で、15:15には前日比0.67㌦高の225.47㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.72㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.67倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲16.54%、騰落レシオは123.75%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月04日


09月04日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株04日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に224.38㌦で寄り付き開始し、ISM製造業景況指数や建設支出が予想を上回り金利が上昇に転じると、特にハイテクの売りが強まり、売仕掛けの裁定解消売りが入り、09:12には223.82㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、ダウ平均先物が下値の堅い展開となった事等が買戻しを誘う要因となり、日経平均先物は底堅く推移し、売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、11:30には前日比1.29㌦高の225.08㌦をつけ、11:35には前日比1.29㌦高の225.08㌦で引けた。後場では12:30に224.99㌦で寄付後、円安・ドル高に振れた事等が買戻しを誘う要因となり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:36には225.12㌦迄上げ幅拡大したが続かず、米・ドル円上昇一服から売仕掛けの裁定解消売が入り、13:53には224.72㌦迄下げ幅拡大したが続かず、中国の主要都市で不動産政策の発表が相次ぎ、香港や上海の株価が大幅高となった事等が買戻しを誘う要因となり、15:00大引けでは前日比1.56㌦高の225.35㌦迄買戻され、日経平均オプション9月物は「コール」は買いが目立ち「プット」は総じて売られた状況で、15:15には前日比1.56㌦高の225.35㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.53㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で38.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.65倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲15.77%、騰落レシオは128.56%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月01日


09月01日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株01日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に223.47㌦で寄り付き開始し、短期的な過熱感に加えNYダウの小反落を受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:00の安値で223.32㌦迄下げ幅拡大したが続かず、ドル円の上昇に加え心理的な節目割れから売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:33には222.56㌦迄上げ幅拡大したが続かず、ドル円上昇一服から売仕掛けの裁定解消売が入り、11:01には221.17㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.9㌦高の225.53㌦をつけ、11:35には前日比1.9㌦高の225.53㌦で引けた。後場では12:30に225.05㌦で寄付揉合い後、予想に反して拡大・縮小の境界値である50を上回った中国8月財新製造業購買担当者景気指数(PMI)が好感され、堅調に推移する中国株を背景に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:30には225.48㌦迄上げ幅拡大したが続かず、米雇用統計を前に一段の上値追いは限られ、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:52には221.23㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.63㌦高の224.77㌦迄買戻され、日経平均オプション9月物は「コール」が買われ「プット」は売られる状況で、15:15には前日比0.63㌦高の224.77㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.38㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.45倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲13.8%、騰落レシオは121.10%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月31日


08月31日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月31日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株31日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に221.48㌦で寄り付き開始し、米の金利低下に加え、米株価上昇を追い風に売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、9:20には222.36㌦迄上げ幅拡大したが続かず、心理的な節目の水準で売仕掛けの裁定解消売が入り、9:45には221.62㌦を付け下げ幅拡大したが続かず、ダウ先物時間外上昇を受け今晩も上昇と見た巨大機関投資家の中では、売仕掛け解消の裁定解消買を入れる者もいる事から、11:01には220.29㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.74㌦安の220.55㌦をつけ、11:35には前日比0.74㌦安の220.55㌦で引けた。後場では12:30に220.84㌦で寄付後、午前引け直前に発表された中国の8月製造業購買担当者景気指数が予想を上回ったと報道されると、この流れから売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:39には221.03㌦迄上げ幅拡大したが続かず、MSCIのリバランス調整が影響し、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:52には220.35㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.96㌦高の223.25㌦迄買戻され、日経平均オプション9月物は株式相場の上昇を受けて「コール」に値上がりが目立ち、「プット」は下落する状況で、15:15には前日比1.96㌦高の223.25㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.28㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.34倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲13.11%、騰落レシオは117.79%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月30日


08月30日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株30日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に222.44㌦で寄り付き開始し、朝方円高に振れた事より、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:09には221.17㌦迄下げ幅拡大したが続かず、9:10には222.10㌦を付け後、円安・ドル高に転じると売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、09:30には222.80㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:10には221.88㌦迄下げ幅拡大したが続かず、さらに中国・香港株の上昇に伴い売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、11:20には223.29㌦迄上げ幅拡大したが続かず、戻待ちの売りで売仕掛けの裁定解消売りが入り、11:30には前日比2.08㌦高の223.10㌦をつけ、11:35には前日比2.08㌦高の223.10㌦で引けた。後場では12:30に222.79㌦で寄付後、円安・ドル高で売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、12:50には222.99㌦を付けたが続かず、中国・香港株の失速を受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:55には221.57㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、15:00大引けでは前日比0.73㌦高の221.75㌦迄買戻され、 日経平均オプション9月物は、「コール」が高安まちまちで「プット」は売られる状況で、15:15には前日比0.73㌦高の221.75㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.76㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.21倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲10.56%、騰落レシオは113.08%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月29日


08月29日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株29日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に220.45㌦で寄り付き開始し、巨大機関投資家の中でFRBのBS縮小問題懸念に気付いたものもいる事から売仕掛けの裁定解消売が入り、09:09には220.23㌦迄下げ幅拡大したが続かず、FRB議長発言で先物市場が上昇し年内の利上げ1回と見て来年利下げと見た政策金利の要因で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:33には221.19㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、材料出尽くしより売仕掛けの裁定解消売が入り、11:01には219.81㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.38㌦高の220.07㌦をつけ、11:35には前日比0.38㌦高の220.07㌦で引けた。後場では12:30に220.35㌦で寄付後、為替の円安基調から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:39には220.55㌦迄上げ幅拡大したが続かず、為替の一服感から売仕掛けの裁定解消売が入り、14:52には219.87㌦迄下げ幅拡大したが続かず、中国当局による資本市場活性化政策から中国・香港株の大幅高に繋がりこれらを背景に、15:00大引けでは前日比0.39㌦高の220.08㌦迄買戻され、日経平均オプション9月物は「コール」と、「プット」はともに売りが目立つ状況で、15:15には前日比0.39㌦高の220.08㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.38㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.14倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲9.7%、騰落レシオは113.74%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月28日


08月28日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株28日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に217.77㌦で寄り付き開始し、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長がジャクソンホール会合での講演で、追加利上げの可能性を除外しなかったため、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:34には217.54㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、議長が今後の政策は慎重に決定していく姿勢を示すと長期金利が伸び悩み、巨大機関投資家心理好転に加え、母国市場確認の意味から9:35の217.55㌦時点で売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、11:05には219.42㌦迄上げ幅拡大し前場高値形成し、11:30には前日比3.61㌦高の219.4㌦をつけ、11:35には前日比3.61㌦高の219.4㌦で引けた。後場では12:30に219.26㌦で寄付後、中国当局による市場梃入れ策の効果で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:36には219.51㌦迄上げ幅拡大したが続かず、海洋水放出問題等中国政府の軋轢から売仕掛けの裁定解消売が入り、13:16には219.14㌦迄下げ幅拡大したが続かず、梃入れ確認後の巨大機関投資家心理改善により、上海総合指数と香港ハンセン指数の上昇も先物買いを誘い、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:05には219.44㌦迄上げ幅拡大したが続かず、日中関係若干の悪化からインバウンド(訪日外国人)関連銘柄に売仕掛けの裁定解消売が入り、14:27には219.13㌦迄下げ幅拡大したが続かず、前週末の米株式相場が上昇して終えた事で持高調整売玉保持の巨大機関投資家が持高解消のため、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:57には219.75㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比3.72㌦高の219.51㌦迄買戻され、日経平均オプション9月物は「コール」は買われ「プット」は売られる状況で、15:15には前日比3.72㌦高の219.51㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.21㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.13倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲9.29%、騰落レシオは116.55%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月25日


08月25日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株25日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ジャクソンホールでのFRB議長の講演を前に米株が大幅に反落し、中国等の株安も重石になり、金融引締め懸念からギャップダウンとなり、本日のドル建て日経平均では9:00に218.16㌦で寄り付き開始し、中国株も持ち直しが見られた事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:02には218.47㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、SOX指数下落による値嵩ハイテク銘柄売による売仕掛けの裁定解消売が入り、09:10には217.4㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:18には218.06㌦迄上げ幅拡大したが続かず、持高調整売りから売仕掛けの裁定解消売が入り、10:45には216.75㌦迄下げ幅拡大したが続かず、持高調整売りによる割安感から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:15には217.49㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比4.25㌦安の216.97㌦をつけ、11:35には前日比4.25㌦安の216.97㌦で引けた。後場では12:30に216.97㌦で寄付後、FRB議長講演の様子見姿勢による警戒感や中国株安等から売仕掛けの裁定解消売が入り、14:50には216.32㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比4.54㌦安の216.68㌦迄戻売され、日経平均オプション9月物は「コール」は売られ「プット」は買われる状況で、15:15には前日比4.54㌦安の216.68㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.15㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.89倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲4.25%、騰落レシオは109.08%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月24日


08月24日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株24日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に221.9㌦で寄り付き開始し、VIX指数とCDS指数が昨日低下し、米長期金利の低下から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:05には223.12㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:30には223.66㌦迄上げ幅拡大したが続かず、米長期金利の低下を背景とした為替の円高が重石になり、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:35には222.6㌦迄下げ幅拡大したが続かず、半導体メーカーの米エヌペディアが時間外取引で急伸していた事が巨大機関投資家心理を上向かせ、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:50には223.45㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.11㌦高の223.18㌦をつけ、11:35には前日比2.11㌦高の223.18㌦で引けた。後場では12:30に223.28㌦で寄付後、香港ハンセン指数や時間外取引のナスダック100指数先物が大きく上昇していた事を追い風に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:00には223.57㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、15:00には222.5㌦迄下げ幅拡大したが続かず、大引けでは前日比1.91㌦高の222.98㌦迄買戻され、日経平均オプション9月物は「コール」が買われ「プット」は売られる状況で、15:15には前日比1.91㌦高の222.98㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.62㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.05倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲10.7%、騰落レシオは107.80%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月23日


08月23日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株23日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は上昇、SOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。大手格付け会社による米地銀の一部格下げを受けたNYダウの続落やSOX指数下落を重石に、昨日比ギャップダウンで本日のドル建て日経平均は9:00に217.52㌦で寄り付き開始したが、VIX指数とCDS指数の下落に加え、ジャクソンホール後円安という政策転換暗示期待から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:05には221.57㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:30には222.1㌦迄上げ幅拡大したが続かず、金利先高感から売仕掛けの裁定解消売が入り、10:35には221.05㌦迄下げ幅拡大したが続かず、時間外取引のナスダック100先物の上昇を追い風に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:50には221.89㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比3.14㌦高の221.62㌦をつけ、11:35には前日比3.14㌦高の221.62㌦で引けた。後場では12:30に221.72㌦で寄付後、米株価指数先物の上昇が追い風となり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:00には222.02㌦迄上げ幅拡大したが続かず、ジャクソンホール会議の進展や米エヌペディアの決算を見極めようと様子見姿勢から売仕掛けの裁定解消売が入り、15:00には220.95㌦迄下げ幅拡大したが続かず、大引けでは前日比1.05㌦高の219.53㌦迄買戻され、日経平均オプション9月物は「コール」は高安まちまちで「プット」は総じて売られる状況で、15:15には前日比1.05㌦高の219.53㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.21㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.98倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲8.17%、騰落レシオは112.23%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

-

8月22日


08月22日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株22日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に217.48㌦で寄り付き開始し、ダウ平均が小反落を受け売仕掛けの裁定解消売が入り、09:01には217.32㌦迄下げ幅拡大したが続かず、エヌペディアの好決算期待による米ナスダック指数の大幅高を受け値嵩ハイテク関連に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:51には218.26㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、高く寄り付いたハンセン指数の失速に伴い、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:54には216.81㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比1.44㌦高の217.37㌦をつけ、11:35には前日比1.44㌦高の217.37㌦で引けた。後場では12:30に217.59㌦で寄付後、日米金利上昇による金融関連銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:57には217.83㌦迄上げ幅拡大したが続かず、国内長期金利上昇から売仕掛けの裁定解消売が入り、13:32には217.4㌦迄下げ幅拡大したが続かず、香港ハンセン指数の底堅い動向から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:55には218.09㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.99㌦高の217.92㌦迄買戻され、日経平均オプション9月物は「コール」が買われ「プット」は売られる状況で、15:15には前日比1.99㌦高の217.92㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.45㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.91倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲6.84%、騰落レシオは111.05%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月21日


08月21日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株21日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に217.13㌦で寄り付き開始し、金利先高感を受けた売仕掛けの裁定解消売が入り、09:08には216.78㌦迄下げ幅拡大したが続かず、ドル建て日経平均は先週1週間で7.04㌦下落した事から押目狙いの売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:55には218.27㌦迄上げ幅拡大したが続かず、中国人民銀行が政策金利の引き下げを発表し当面の材料出尽くし感から、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:17には216.15㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、香港ハンセン指数がマイナス圏ながらも落ち着いた値動きから、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:27には218.55㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比2.05㌦高の218.48㌦をつけ、11:35には前日比2.05㌦高の218.48㌦で引けた。後場では12:30に218.11㌦で寄付後、米長期金利の先高観や中国景気懸念が継続した事から、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:45には216.94㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.79㌦高の217.22㌦迄買戻され、日経平均オプション9月物は「コール」は高安まちまちで「プット」は売りが目立った状況で、15:15には前日比0.79㌦高の217.22㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.4㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.74倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲4.17%、騰落レシオは104.26%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月18日


08月18日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株18日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に214.95㌦で寄り付き開始し、中国不動産大手の中国恒大集団が米国で破産申請したとの報道も巨大機関投資家心理を悪化させ、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:01には214.63㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、中国人民銀行による人民元の下支え強化により、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:13には217.17㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.42㌦安の216.62㌦をつけ、11:35には前日比0.42㌦安の216.62㌦で引けた。後場では12:30に215.98㌦で寄付後、中国・香港株が下げに転じると、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:49には215.53㌦迄下げ幅拡大したが続かず、週末でセクターローテーションが見られ、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:01には216.23㌦迄上げ幅拡大したが続かず、米国時間外先物の下落を受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:23には214.95㌦迄下げ幅拡大したが続かず、持高調整後の打診目的で、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:59には215.87㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.2㌦安の215.84㌦迄戻売され、日経平均オプション9月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買われた状況で、15:15には前日比1.2㌦安の215.84㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.54㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.72倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲3.14%、騰落レシオは103.47%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月17日


08月17日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株17日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に216.16㌦で寄り付き開始し、216.34㌦を高値として付けたが、中国経済の減速や予想を上回る経済指標を受けた長期金利の上昇が重しになり、売仕掛けの裁定解消売が入り、215.58㌦迄下げ幅拡大したが続かず、連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(7月開催分)で追加利上げが示唆され、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:36には213.28㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比2.72㌦安の214.43㌦をつけ、11:35には前日比2.72㌦安の214.43㌦で引けた。後場では12:30に215.14㌦で寄付後、短期間での大幅安に伴う値頃感から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:08には215.96㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、来週のジャクソンホール会議を前にした警戒感が漂う事で、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:50には214.81㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.96㌦安の216.19㌦迄戻売され、日経平均オプション9月物は「コール」が総じて売られた状況で、15:15には前日比0.96㌦安の216.19㌦迄戻売され引けた。高安値幅は-0.31㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.81倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲4.96%、騰落レシオは104.72%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月16日


08月16日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株16日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に219.54㌦で寄り付き開始し、為替の円安進行と日銀政策修正による国内金利上昇圧力への思惑から一部ハイテク株に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:19には219.76㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:40には218.3㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:55には219.38㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:04には218.69㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.28㌦安の219.14㌦をつけ、11:35には前日比2.28㌦安の219.14㌦で引けた。後場では12:30に219.33㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:40には219.45㌦迄上げ幅拡大したが続かず、中国の経済指標が軒並み予想を下回り世界経済減速懸念が強まる事から売仕掛けの裁定解消売りが入り、15:00大引けでは前日比3.24㌦安の218.18㌦迄戻売され、日経平均オプション9月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で、15:15には前日比3.24㌦安の218.18㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.58㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.86倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲6.45%、騰落レシオは106.37%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月15日


08月15日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株15日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に222.46㌦で寄り付き開始し、23日の決算発表を前にアナリストによる強気見通しが示されたエヌペディアが5日ぶりに大幅反発した事を受けて値嵩ハイテク株中心に売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、9:03に222.68㌦を付け最高値更新を迎え後、中国住宅市場を巡る混乱が巨大機関投資家心理を悪化させ、米長期金利の上昇も重しとなり、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:05には222.02㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:30には222.55㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:35には221.5㌦迄下げ幅拡大したが続かず、ニューヨーク連銀の7月消費者調査でインフレ期待が大幅に低下し、金利先高観が緩和したため売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:50には222.34㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.76㌦高の222.07㌦をつけ、11:35には前日比1.76㌦高の222.07㌦で引けた。後場では12:30に222.17㌦で寄付後、円安・ドル高水準から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:00には222.47㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、15:00には221.4㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、大引けでは前日比1.23㌦高の221.54㌦迄買戻され、日経平均オプション9月物は「コール」が買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比1.23㌦高の221.54㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.28㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.08倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲11.18%、騰落レシオは112.23%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月14日


08月14日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株14日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は上昇、SOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に223.96㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:05には223.41㌦迄下げ幅拡大したが続かず、外国為替市場で円相場が一時145円台前半と対ドルでの年初来安値を付けたことなどを背景に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:32には225.05㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、米金利の上昇の警戒感から売仕掛けの裁定解消売りが入り、11:30には前日比2.15㌦安の221.92㌦をつけ、11:35には前日比2.15㌦安の221.92㌦で引けた。後場では12:30に221.87㌦で寄付後、日銀の長短金利操作の柔軟化をきっかけとした金利の先高観が再び警戒され、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:53には221.21㌦迄下げ幅拡大したが続かず、好業績が確認された銘柄を中心に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:59には221.68㌦迄上げ幅拡大したが続かず、中国景気の先行き不安から売仕掛けの裁定解消売が入り、14:32には221.03㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、外国為替市場で円安が進み、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:43には221.73㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.85㌦安の221.22㌦迄戻売され、日経平均オプション9月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買いが目立った状況で、15:15には前日比2.85㌦安の221.22㌦迄戻売され引けた。高安値幅は4.02㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.01倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲9.7%、騰落レシオは106.28%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月4日


08月04日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発、日経平均先物は続落であった。新興株04日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米長期金利が上昇したことを受け前日米株市場では主要指数が揃って下落した。本日のドル建て日経平均は9:00に224.71㌦で寄り付き開始し、金利上昇で相対的な割高感が意識されやすいPERの高い銘柄を中心に売仕掛けの裁定解消売が入り、09:08には224.11㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、節目の225㌦台を割り込んだタイミングで連日の下落から自律反発を見込んだ売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:58には226.64㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、日銀による長短金利操作(YCC)政策の柔軟化による債券市場での金利上昇圧力や今後予定されている決算発表への警戒感から売仕掛けの裁定解消売が入り、11:10には225.07㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.20㌦安の225.49㌦をつけ、11:35には前日比0.20㌦安の225.49㌦で引けた。後場では12:30に225.97㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:34には226.12㌦迄上げ幅拡大したが続かず、日本時間今晩に予定されている7月米雇用統計の発表を前に積極的に持ち高を傾ける動きは限られ売仕掛けの裁定解消売が入り、14:37には225.26㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:55には225.94㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.23㌦高の225.92㌦迄買戻され、日経平均オプション8月物は「コール」は総じて売られ「プット」も売りが目立った状況で、15:15には前日比0.23㌦高の225.92㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.53㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.06倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲11.64%、騰落レシオは94.46%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月3日


08月03日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月03日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株03日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に225.99㌦で寄り付き開始し、為替の円安基調から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:06には226.63㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、ナスダック総合指数の下落から売仕掛けの裁定解消売が入り、10:02には224.63㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:33には226.37㌦迄上げ幅拡大したが続かず、財務省による中長期債の発行拡大や7月ADP民間雇用者数の大幅な上振れを背景に長期金利が上昇する中、売仕掛けの裁定解消売りが入り11:30には前日比3.24㌦安の225.07㌦をつけ、11:35には前日比3.24㌦安の225.07㌦で引けた。後場では12:30に225.02㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:34には224.54㌦迄下げ幅拡大したが続かず、時間外取引のナスダック100先物が堅調推移を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:05には226.01㌦迄上げ幅拡大したが続かず、米ナスダック指数の大幅下落が巨大機関投資家心理を悪化させ、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:54には224.84㌦迄下げ幅拡大したが続かず、為替の円安基調が続き売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:23には225.73㌦迄上げ幅拡大したが続かず、アメリカ格付け機関フィッチによる米国債の格下げ影響から国内での長期金利の上昇継続により警戒感を誘い、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:50には224.36㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比3.83㌦安の224.48㌦迄戻売され、日経平均オプション8月物は「コール」が売られ「プット」は買われる状況で、15:15には前日比3.83㌦安の224.48㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.27㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲11.47%、騰落レシオは92.08%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月2日


08月02日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株02日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。前日大手格付け会社が米国債券の格付けを一段階引き下げた影響で長期金利は上昇し、高PERハイテク株の割高感が意識される中米株指数は軟調に推移した。本日のドル建て日経平均は9:00に231.77㌦で寄り付き開始し、直後232.02㌦迄上げ幅拡大し、寄付天井となったが続かず、前日米株市場の流れを引き継ぎ半導体関連株などに売仕掛けの裁定解消売が入り、09:15には230.56㌦迄下げ幅拡大したが続かず、前日決算発表を行い円安と値上げ効果が評価されたトヨタ自動車が上げ幅を広げるなど、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:26には231.75㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比4.30㌦安の229.94㌦をつけ、11:35には前日比4.30㌦安の229.94㌦で引けた。後場では12:30に229.51㌦で寄付後、8月の海外勢の夏休暇入りによる買い手の減少や日銀の政策修正に関する警戒感から先物主導で売仕掛けの裁定解消売が入り、12:46には229.27㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:14には229.79㌦迄上げ幅拡大したが続かず、日銀が2日実施の国債買い入れオペレーションで増額を見送ったことで国内長期金利が上昇したことも嫌気され、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:03には228.31㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:39には229.31㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比5.38㌦安の228.86㌦迄戻売され、日経平均オプション8月物は「コール」は売られ「プット」は買いが目立った状況で、15:15には前日比5.38㌦安の228.86㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.71㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.21倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲16.93%、騰落レシオは106.19%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月1日


08月01日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株01日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に234.02㌦で寄り付き開始し、中国7月財新製造業購買担当者景気指数(PMI)が予想を下回った事も重石になり、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:10には233.40㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、「日銀は先週に長短金利操作の運用の柔軟化を決めたが、大規模金融緩和の出口には距離があるとの見方から円安・株高に振れやすい」とみて、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:27には235.05㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.74㌦高の234.91㌦をつけ、11:35には前日比1.74㌦高の234.91㌦で引けた。後場では12:30に234.37㌦で寄付後、月末に伴う持高調整により、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:41には234.13㌦迄下げ幅拡大したが続かず、円安進行により売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:45には235.36㌦迄上げ幅拡大したが続かず、今週に控える企業決算や経済指標を前にした様子見姿勢を受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:12には234.95㌦迄下げ幅拡大したが続かず、為替の円安が進行し日本を代表する値嵩成長銘柄であるトヨタ自動車の予想を上回る決算を受け巨大機関投資家心理改善で、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:36には235.36㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.14㌦高の235.31㌦迄買戻され、日経平均オプション8月物は「コール」が上昇し、「プット」が下落した状況で、15:15には前日比2.14㌦高の235.31㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で37.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.45倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲24.72%、騰落レシオは110.46%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月31日


07月31日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月31日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株31日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に235.22㌦で寄り付き開始し、先週末に発表済みの日銀政策修正を受け金利上昇への警戒感が強い事から、売仕掛けの裁定解消売りが入り、09:03には312.76㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米の消費者支出物価指数が2年3か月ぶりに鈍化し米株が反発を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が輸出関連株中心に入り、10:13には316.11㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比83.17㌦高の314.79㌦をつけ、11:35には前日比83.17㌦高の314.79㌦で引けた。後場では12:30に314.14㌦で寄付後、中国景気不安から売仕掛けの裁定解消売が入り、13:40には312.55㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、日銀が長期金利の許容変動幅を事実上1%迄引き上げた事でドル高・円安水準を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:54には314.59㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比3.91㌦高の235.53㌦迄買戻され、日経平均オプション8月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比3.91㌦高の235.53㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.68㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.41倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲22.24%、騰落レシオは106.26%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月28日


07月28日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株28日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日「日銀がYCCの柔軟な運用を議論する」との報道が入ったことにより世界的なマネーの流動性と米国債需給の変動が警戒され、米国長期金利は上昇し米株市場は下落した。本日のドル建て日経平均は9:00に233.10㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:10には233.71㌦迄上げ幅拡大したが続かず、日銀の金融政策に関するサプライズ報道から金利が上昇し為替も円高ドル安に振れていることから不動産業や電子機器、精密機器などに幅広く売仕掛けの裁定解消売が入り、09:42には232.37㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:30には前日比3.15㌦安の233.17㌦をつけ、11:35には前日比3.15㌦安の233.17㌦で引けた。日本銀行は休場中に28日まで開いた金融政策決定会合で長短金利操作の運用を柔軟化するとの決定を発表した。後場では12:30に233.70㌦で寄付後、円相場が急速に下落した影響から輸出関連株、日銀発表から金融株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:38には236.00㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、日銀の動きを実質的な金融引き締めと捉えた一部海外巨大機関投資家によって先物主導で売仕掛けの裁定解消売が入り、13:15には230.18㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、日銀が連続指値オペの上限を1.0%に引き上げたものの懸念されたほど長期金利は上昇しなかったことで安心感が株式市場に広がって、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:51には235.82㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.95㌦安の235.37㌦迄戻売され、日経平均オプション8月物は「コール」は売られ「プット」は高安まちまちな状況で、15:15には前日比0.95㌦安の235.37㌦迄戻売され引けた。高安値幅は5.82㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.22倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲18.63%、騰落レシオは95.41%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月27日


07月27日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株27日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に231.51㌦で寄り付き開始し、決算を発表したマイクロソフトや半導体株の下落でナスダックは軟調に推移したのを受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:01には231.37㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、米F0MCを無難に消化した安心感から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:14には233.18㌦迄上げ幅拡大したが続かず、上値の重さから売仕掛けの裁定解消売が入り、11:02には232.3㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.44㌦高の232.98㌦をつけ、11:35には前日比0.44㌦高の232.98㌦で引けた。後場では12:30に233.16㌦で寄付後、時間外取引のナスダック100先物の上昇も支えに、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:16には234.47㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、米ハイテク株安や為替の円高等を背景に、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:44には234㌦迄下げ幅拡大したが続かず、明日の日銀決定会合通過後を見越して、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:35には234.44㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.59㌦高の234.13㌦迄買戻され、日経平均オプション8月物は「コール」が買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比1.59㌦高の234.13㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.1㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.22倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲20.19%、騰落レシオは95.80%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月26日


07月26日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均先物、Topix、Topix先物は反落、日経平均、ドル建て日経平均は続落であった。新興株26日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に232.07㌦で寄り付き開始し、前日米株市場で主力のハイテク株が上昇した流れを受け直後に232.20㌦迄上げ幅拡大し、寄り天井となったが続かず、日本時間明日未明の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表や主力企業の4~6月期決算発表を控え、持高整理の売仕掛けの裁定解消売が入り、09:16には230.53㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:52には232.07㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:16には231.59㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.10㌦安の231.81㌦をつけ、11:35には前日比0.10㌦安の231.81㌦で引けた。後場では12:30に231.83㌦で寄付後、米ナスダック100先物が時間外取引で下げ幅を縮小したことから売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:37には232.08㌦迄上げ幅拡大したが続かず、明日以降FOMCに加え日銀金融政策決定会合や欧州中央銀行(ECB)理事会の結果公表も控えていることから方向感に乏しい展開となり、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:12には231.59㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:55には231.97㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.10㌦安の231.81㌦迄戻売され、日経平均オプション8月物は「コール」と「プット」は共に売りが目立った状況で、15:15には前日比0.10㌦安の231.81㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.67㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.14倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲18.29%、騰落レシオは95.66%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月25日


07月25日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均先物、Topix、Topix先物は続伸、日経平均、ドル建て日経平均は反落であった。新興株25日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に231.12㌦で寄り付き開始し、ナスダック100指数のリバランスや金利上昇などを背景に、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:07には230.26㌦迄下げ幅拡大したが続かず、予想を上回る改善を見せた7月製造業の購買担当者景気指数(PMI)やエネルギー会社シェブロンの好決算を背景に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:13には231.05㌦迄上げ幅拡大したが続かず、SOX指数小幅安や円高進行を受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:43には230.1㌦迄下げ幅拡大したが続かず、円高一服により売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:31には230.81㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.67㌦安の230.42㌦をつけ、11:35には前日比0.67㌦安の230.42㌦で引けた。後場では12:30に230.24㌦で寄付後、今週に控える多くの催事を前に持高を傾ける動きは限られ様子見姿勢から、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:52には229.74㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、中国政府の景気対策期待を背景とした亜細亜株高により、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00には230.96㌦迄上げ幅拡大したが続かず、七夕天井天神底が観測され大引けでは前日比0.13㌦安の230.96㌦迄戻売され、日経平均オプション8月物は、「コール」と「プット」はともに売りが目立った状況で、15:15には前日比0.13㌦安の230.96㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.45㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.17倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲18.71%、騰落レシオは95.56%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月24日


07月24日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、Topix、Topix先物は続伸、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は反発であった。新興株24日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に230.32㌦で寄り付き開始し、ナスダックは小幅に続落したのを受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:01には229.66㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:08には231.09㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:18には230.12㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.79㌦高の230.69㌦をつけ、11:35には前日比2.79㌦高の230.69㌦で引けた。後場では12:30に231.2㌦で寄付後、日銀金融政策決定会合で現行の金融緩和策を維持する見込みとの観測報道を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、231.35㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、ダウ平均先物が軟調だった事から、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:50には230.53㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米の半導体指数が反発しドル円上昇等も追い風に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:03には231.05㌦迄上げ幅拡大したが続かず、やや伸び悩み売仕掛けの裁定解消売が入り、14:47には230.35㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.8㌦高の230.7㌦迄買戻され、日経平均オプション8月物は「コール」が買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比2.8㌦高の230.7㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.69㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.15倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲19.16%、騰落レシオは95.42%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月21日


07月21日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topix、Topix先物は反発、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は続落であった。新興株21日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場は台湾積帯電路製造(TSMC)が決算発表で約4年ぶりの減収減益と売上高見通しの下方修正を発表した影響から半導体関連株などハイテク株が大幅安となった。本日のドル建て日経平均は9:00に231.08㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、231.26㌦迄上げ幅拡大したが続かず、米国の流れも引き継ぎ先物や電子機器関連に売仕掛けの裁定解消売が入り、09:11には229.25㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、外為相場の円安ドル高も支援要因となり売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.52㌦安の231.66㌦をつけ、11:35には前日比0.52㌦安の231.66㌦で引けた。後場では12:30に231.91㌦で寄付後、アジア株式市場が堅調に推移していることから売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:34には231.98㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、来週に控える日銀の金融政策決定会合や米連邦公開市場委員会(FOMC)など重要イベントから積極的に持ち高を傾ける動きは限られ、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:12には231.12㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:31には231.52㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:25には230.59㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.33㌦安の230.85㌦迄買い戻され、日経平均オプション8月物は「コール」は売られ「プット」は買いが目立った状況で、15:15には前日比1.33㌦安の230.85㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.73㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.02倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲15.49%、騰落レシオは92.15%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月20日


07月20日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株20日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に234.97㌦で寄り付き開始し、決算を受けた銀行株の上昇が続いた他、長期金利の低下がハイテク株を支え、米株揃って上昇。この傾向から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:02には235.38㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、米国市場の引け後に発表された決算を受けて電気自動車のテスラと動画配信サービスのネットフリックスが揃って時間外取引で大きく下落していたことも嫌気され、下げ幅を広げる展開となり、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:28には232.83㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.68㌦安の232.95㌦をつけ、11:35には前日比2.68㌦安の232.95㌦で引けた。後場では12:30に232.88㌦で寄付後、心理的な節目を割込んだ目先の達威感から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:01には233.43㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:59には232.55㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.9㌦安の232.73㌦迄戻売され、日経平均オプション8月物は「コール」が下落し、「プット」は上昇している状況で、15:15には前日比2.9㌦安の232.73㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.85㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.01倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲17.48%、騰落レシオは92.10%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月19日


07月19日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株19日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場では主力企業の決算が市場予想を上回る好調さを見せたことから主要3指数が揃って上昇し年初来高値を付けた。本日のドル建て日経平均は9:00に236.18㌦で寄り付き開始し、米金融大手決算の好調さなどから金融株や電子機器株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:13には236.57㌦迄上げ幅拡大したが続かず、心理的節目の238㌦やテクニカル面で重視される25日移動平均線に接近するタイミングで売仕掛けの裁定解消売が入り、09:34には235.16㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:15には236.61㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.27㌦高の236.16㌦をつけ、11:35には前日比2.27㌦高の236.16㌦で引けた。後場では12:30に235.65㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:44には235.23㌦迄下げ幅拡大したが続かず、足元為替相場が139円台まで円安ドル高に傾いていることから売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:03には236.06㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:32には235.61㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.89㌦高の236.78㌦迄買戻され、日経平均オプション8月物は「コール」は買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比2.89㌦高の236.78㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.62㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.12倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲21.65%、騰落レシオは98.05%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月18日


07月18日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株18日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に233.98㌦で寄り付き開始し、米高官の楽観発言より米主要三指数が上昇し米株年初来高値を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:24には235.83㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、中国景気の先行きが懸念され、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:14には235.02㌦迄下げ幅拡大したが続かず、ドル高傾向から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:25には235.6㌦迄上げ幅拡大したが続かず、中国株が下げ始めた事から売仕掛けの裁定解消売りが入り11:30には前日比0.2㌦高の233.70㌦をつけ、11:35には前日比0.2㌦高の233.70㌦で引けた。後場では12:30に233.63㌦で寄付後、経済構造変化による日本経済対策効果期待から押目と捉えた巨大機関投資家心理より、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:39には233.95㌦迄上げ幅拡大したが続かず、4-6月期中国GDP予想が下回り中国経済対策懸念から、香港や上海の株価指数が下落したのを受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:08には233.12㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、米ナスダック総合指数によるハイテク株の上昇や本日は決算発表を終えた個別株中心に値嵩・材料銘柄等に物色が向かい、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:59には234.09㌦迄上げ幅拡大したが続かず、ドル高一服で売仕掛けの裁定解消売が入り、14:29には233.63㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米連邦準備制度理事会が7月を最後に利上げ停止するとの巨大機関投資家間での観測が持たれ、巨大機関投資家間での短期筋を中心にリスク選好が強まり、東京市場でも値嵩の半導体関連銘柄等に売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、15:00大引けでは前日比0.74㌦高の234.24㌦迄買戻され、日経平均オプション8月物は「コール」と、「プット」は総じて売られる状況で、15:15には前日比0.74㌦高の234.24㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.71㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.93倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲18.05%、騰落レシオは93.43%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月14日


07月14日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株14日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に236.1㌦で寄り付き開始し、米国の長期金利が低下する中、米株の4日続伸等を手掛かりに、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:01には237.49㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、巨大機関投資家による為替の持高解消売や7月限オプション取引の特別清算指数算出に絡んだ売買を受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:40には233.47㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.54㌦高の235.41㌦をつけ、11:35には前日比0.54㌦高の235.41㌦で引けた。後場では12:30に235.88㌦で寄付後、円高一服に加え亜細亜株上昇で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:47には236.4㌦迄上げ幅拡大したが続かず、地合いが崩れ円高一方向を手掛かりに、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:46には234.52㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.2㌦安の234.67㌦迄戻売され、日経平均オプション8月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買いが目立つ状況で、15:15には前日比0.2㌦安の234.67㌦迄戻売され引けた。高安値幅は4.02㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.85倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲17.37%、騰落レシオは94.63%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月13日


07月13日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株13日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に232㌦で寄り付き開始し、SQ週の調整に加え米地区連銀経済報告より景気減速懸念が観測され、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:19には230.89㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、6月消費者物価指数(CPI)が予想以上に鈍化し、長期金利が大幅に低下し中国CPI悪化により金利低下が見込まれ米株高を受け売仕掛け解消の裁定解消買いが入り揉合い後、11:14の233.83㌦迄上げ幅拡大し、円高調整が入り11:30には前日比2.99㌦高の233.81㌦をつけ、11:35には前日比2.99㌦高の233.81㌦で引けた。後場では12:30に234.20㌦で寄付後、中国・香港株や時間外取引の米株価指数先物の上昇を追い風に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:13には234.73㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが235㌦で心理的な節目を感じる事で続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:41には233.91㌦迄下げ幅拡大したが続かず、SQ週で持高調整から個人投資家や巨大機関投資家の中で短期筋主導による売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:55には234.37㌦迄上げ幅拡大したが為替の円高・ドル安傾向により続かず、15:00大引けでは前日比3.44㌦高の234.26㌦迄買戻され、日経平均オプション7月物は「コール」は買われ、「プット」は売られる状況で、15:15には前日比3.44㌦高の234.26㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.84㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.89倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲17.99%、騰落レシオは102.50%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月12日


07月12日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は反落、Topix、Topix先物は続落であった。新興株12日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に230.20㌦で寄り付き開始し、米株の続伸を受けて売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:04には230.43㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが被線示現し続かず、日本銀行の政策修正への思惑が強まる中、ドル円の一カ月ぶりの安値水準やアジア情勢の懸念から売仕掛けの裁定解消売りが入り10:24の226.72㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、孕線示現と円高一服により売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、11:30には前日比1.75㌦安の227.91㌦をつけ、11:35には前日比1.75㌦安の227.91㌦で引けた。後場では12:30に227.83㌦で寄付揉合い後、円高一服後売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:20には228.59㌦迄上げ幅拡大したが円高ドル安に加え被線示現で続かず、今晩の米CPI発表を前にしたヘッジ向けの売仕掛けの裁定解消売が入り、14:45には227.30㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.85㌦安の227.81㌦迄戻売され、日経平均オプション7月物は、「コール」が総じて売られ「プット」は買われる状況で、15:15には前日比1.85㌦安の227.81㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.71㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.74倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲13.74%、騰落レシオは97.14%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月11日


07月11日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は反発、Topix、Topix先物は続落であった。新興株11日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に229.52㌦で寄り付き開始し、今月の日銀金融政策決定会合での政策修正への思惑から巨大機関投資家の持高解消売りで為替の円高が進行していたことが重石となり、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:24には228.44㌦迄下げ幅拡大したが続かず、円高一服感から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:50には229.76㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.64㌦高の228.42㌦をつけ、11:35には前日比0.64㌦高の228.42㌦で引けた。後場では12:30に228.28㌦で寄付後、フィラデルフィア半導体株指数(SOX)の続伸から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:45には228.81㌦迄上げ幅拡大したが続かず、巨大機関投資家による持高調整での売仕掛けの裁定解消売が入り、14:14には227.04㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:36には228.42㌦迄上げ幅拡大したが続かず、米物価指標の結果を前に様子見ムードも強く売仕掛けの裁定解消売りが入り15:00大引けでは前日比0.1㌦高の227.88㌦迄買戻され、日経平均オプション7月物は「コール」、「プット」ともに売られる状況で、15:15には前日比0.1㌦高の227.88㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.72㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.83倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲16.59%、騰落レシオは97.52%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月10日


07月10日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株10日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に227.81㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:02には227.25㌦迄下げ幅拡大したが続かず、6月雇用統計で雇用者数の伸びが予想以上に鈍化したためピーク金利に近づいたとの見方から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:15には228.97㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、米国での金利長期化観測に加え中国の経済指標で悪化確認ができ、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:44には225.62㌦迄下げ幅拡大したが続かず、円安効果により売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:16には226.58㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.51㌦安の226.26㌦をつけ、11:35には前日比1.51㌦安の226.26㌦で引けた。後場では12:30に226.19㌦で寄付後、金利上昇長期化を受け売仕掛けの裁定解消売が入り、12:41には225.5㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、「個人消費の改善により景気判断引上げ」という日銀報道やピーク金利を受け金利先高観の後退でハイテクが牽引した事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:48には227.87㌦迄上げ幅拡大したが続かず、ETF換金売り通過後の需給改善への思惑から売仕掛けの裁定解消売が入り、14:48には226.04㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.4㌦安の226.37㌦迄戻売され、日経平均オプション7月物は「コール」は売られ「プット」は買いが目立った状況で、15:15には前日比1.4㌦安の226.37㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.47㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で48.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.89倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲16.73%、騰落レシオは99.35%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月7日


07月07日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株07日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。6日発表の6月のADP全米雇用リポートで非農業部門の雇用者数が市場予想を大幅に上回った影響から、金融引き締め長期化懸念が広がり、追加利上げ懸念が観測され、米株市場で主要指数は揃って下落。本日のドル建て日経平均は9:00に225.24㌦で寄り付き開始し、前日米株市場を引き継ぎ売仕掛けの裁定解消売が入り、09:15には224.39㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、日本企業の業績期待の強さから海外投機筋を中心とする巨大機関投資家による押目の売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:15には227.05㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:45には225.92㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.07㌦安の226.41㌦をつけ、11:35には前日比1.07㌦安の226.41㌦で引けた。後場では12:30に226.77㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:34には227.18㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、上海総合指数などアジアの株式相場が総じて下落している影響もあり売仕掛けの裁定解消売が入り、14:06には226.05㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:19には226.67㌦迄上げ幅拡大したが続かず、上場投資信託(ETF)の分配金捻出による換金売り対策や今晩の米雇用統計を前に運用リスクを避ける動きもあり、売仕掛けの裁定解消売りが入り15:00大引けでは前日比2.67㌦安の224.81㌦迄戻売され、日経平均オプション7月物は「コール」は売られ「プット」は買われた状況で、15:15には前日比2.67㌦安の224.81㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.79㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.99倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲18.98%、騰落レシオは105.56%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月6日


07月06日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均先物、Topix先物は反落、日経平均、ドル建て日経平均、Topixは続落であった。新興株06日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に228.69㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、228.84㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、中国経済指標の悪化や中国政府による半導体材料の輸出規制等米中関係の悪化が懸念された。米連邦公開市場委員会(F0MC)議事要旨で政策当局者のタカ派姿勢が確認されたことも重石になり、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:08には227.31㌦迄下げ幅拡大したが続かず、220.00㌦回復を目指して売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:40には228.74㌦迄上げ幅拡大したが被線が示現で続かず、今週末から週明けにかけて予定されている上場投資信託(ETF)の分配金捻出に伴う換金売りが意識され、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:12には227.5㌦迄下げ幅拡大したが孕線が示現で続かず、押目狙いの売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:12には228.37㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.86㌦安の227.77㌦をつけ、11:35には前日比2.86㌦安の227.77㌦で引けた。後場では12:30に226.82㌦で寄付後、ソシオネクストが公募増資を発表した事から需給不安につながり、七夕天井を迎えた事から売仕掛けの裁定解消売が入り、13:08には225.78㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、押目狙いの売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:55には227.01㌦迄上げ幅拡大したが続かず、為替の円高や時間外取引の米株価指数先物が上げ幅を大きく縮小し、また香港ハンセン指数が大幅安から、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:48には226.28㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比3.91㌦安の226.72㌦迄戻売され、日経平均オプション7月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買われる状況で、15:15には前日比3.91㌦安の226.72㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.07㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.16倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲23.22%、騰落レシオは117.55%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月5日


07月05日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均先物、Topix先物は反発、日経平均、ドル建て日経平均、Topixは続落であった。新興株05日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場は独立記念日のため休場。本日のドル建て日経平均は9:00に229.56㌦で寄り付き開始し、材料難や上場投資信託(ETF)の分配金捻出売りへの警戒も重荷となり売仕掛けの裁定解消売が入り、09:11には228.7㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、足元の市場の堅調さから押し目買いの売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:18には231.11㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、指数寄与度の高いファストリの月次売上高が低調だったことも重石となり売仕掛けの裁定解消売が入り、11:14には229.91㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.83㌦安の230.51㌦をつけ、11:35には前日比0.83㌦安の230.51㌦で引けた。後場では12:30に230.62㌦で寄付後、今夜に6月開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表を控えるなど様子見ムードも強く小動きが続き、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:45には231.05㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:04には230.13㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:45には230.77㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.58㌦安の230.76㌦迄戻売され、日経平均オプション7月物は「コール」は売られ、「プット」も売りが目立った状況で、15:15には前日比0.58㌦安の230.76㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.41㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.36倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲29.34%、騰落レシオは124.75%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月4日


07月04日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株04日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に231.65㌦で寄り付き開始し、独立記念日の前日の短縮取引で動意に乏しい展開だったが、6月ISM製造業景況指数が3年ぶりの低水準に落込むと金利先高観の後退で、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:09には232.09㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが短縮取引で動意に乏しい展開で続かず、被線が示現し売仕掛けの裁定解消売が入り、10:38には230.45㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、5日移動平均線を下値支持線に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:53には230.88㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:12には230.48㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.23㌦安の231.09㌦をつけ、11:35には前日比2.23㌦安の231.09㌦で引けた。後場では12:30に230.96㌦で寄付後、出遅れ感のある銘柄には売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:38には231.59㌦迄上げ幅拡大したが続かず、短期的な過熱感を意識した利益確定の動きである売仕掛けの裁定解消売が入り、13:30には230.98㌦迄下げ幅拡大したが続かず、材料がある出遅れ銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:44には231.36㌦迄上げ幅拡大したが続かず、目先の利益を確定する動きである売仕掛けの裁定解消売が入り、14:52には230.68㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.29㌦安の231.03㌦迄戻売され、日経平均オプション7月物は、「コール」は総じて売られ「プット」は買いが目立つ状況で、15:15には前日比2.29㌦安の231.03㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.64㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.36倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲30.89%、騰落レシオは120.00%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月3日


07月03日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月03日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均先物は続伸、日経平均、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株03日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に232.21㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、232.16㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが裁定解消売が続かず、個人消費支出(PCE)コア価格指数の伸びが鈍化を受け、連邦準備制度理事会(FRB)の追加利上げ観測が後退し金利が低下し米の景気懸念が後退し売仕掛け解消の裁定解消買いが入り9:05に233.08㌦迄上昇し上値が重くなり被線出現により、売仕掛けの裁定解消が入り09:25の232.25㌦を迎えたが二本の差込線が示現し日銀短観の改善が報道されるや、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:56には233.74㌦迄上げ幅拡大したが被線示現により続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:24には232.84㌦迄下げ幅拡大したが続かず、孕線示現により売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:30には前日比3.58㌦高の233.51㌦をつけ、11:35には前日比3.58㌦高の233.51㌦で引けた。後場では12:30に233.28㌦で寄付後、ヒートポンプ特需や中国株の上昇を受け、 売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:54には233.91㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが被線示現で続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:58には233.53㌦迄下げ幅拡大したが「三日新甫」で大幅上昇となった事で続かず、15:00大引けでは前日比3.91㌦高の233.84㌦迄買戻され、日経平均オプション7月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比3.91㌦高の233.84㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.75㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.47倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲34.86%、騰落レシオは119.53%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月30日


06月30日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均先物は続伸、日経平均、ドル建て日経平均は反落、Topix先物、Topixは続落であった。新興株30日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に228.43㌦で寄り付き開始し、米長期金利の上昇からハイテク株の割高感が意識され、四半期末の巨大機関投資家によるリバランスを警戒した売仕掛けの裁定解消売が入り、09:14には227.39㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、中長期的な先高観から押し目の売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:06には229.00㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.21㌦安の228.36㌦をつけ、11:35には前日比1.21㌦安の228.36㌦で引けた。後場では12:30に228.02㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:37には227.82㌦迄下げ幅拡大したが続かず、アジア株式市場で主要指数が軒並み堅調に推移したことから売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:33には229.56㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比0.31㌦安の229.26㌦迄戻売され、日経平均オプション7月物は「コール」と「プット」は共に売られる状況で、15:15には前日比0.31㌦安の229.26㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.17㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.24倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲30.03%、騰落レシオは115.94%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月29日


06月29日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は続伸、Topix、Topix先物は反落であった。新興株29日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は上昇、SOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に230.67㌦で寄り付き開始し、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が追加利上げを示唆したため、警戒感から売仕掛けの裁定解消売が入り、09:01には230.48㌦迄下げ幅拡大したが調整売りが続かず、議長が経済の柔軟性を強調すると景気後退懸念が緩和し、ハイテク株の買戻しが相場を支援した事でナスダック総合指数上昇を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:52には232.2㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが調整買が続かず、11:30には前日比1.08㌦高の230.96㌦をつけ、11:35には前日比1.08㌦高の230.96㌦で引けた。後場では12:30に230.66㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:35には229.91㌦迄下げ幅拡大したが日銀総裁の金融緩和継続の正当化で続かず、決算を受けて米半導体マイクロン・テクノロジーの株価が時間外取引で上昇していたことで売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:05には231.21㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:49には229.83㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが時間外取引のナスダック100先物の上昇で裁定解消売が続かず、15:00大引けでは前日比0.28㌦高の230.16㌦迄買戻され、日経平均オプション7月物は「コール」は高安まちまちで、「プット」は売りが目立つ状況で、15:15には前日比0.28㌦高の230.16㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.37㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.29倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲31.13%、騰落レシオは113.32%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月28日


06月28日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、Topix先物、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topixは反発であった。新興株28日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場は各種経済指標が市場予想を上回った影響で主要指数が揃って上昇。本日のドル建て日経平均は9:00に227.90㌦で寄り付き開始し、足元の円安ドル高進行も支えとなり売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:10には228.44㌦迄上げ幅拡大したが続かず、米バイデン大統領が人工知能に使われる半導体に新たな対中輸出規制を検討しているとの報道から値嵩の半導体関連銘柄が伸び悩み、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:19には226.75㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比2.11㌦高の228.14㌦をつけ、11:35には前日比2.11㌦高の228.14㌦で引けた。後場では12:30に228.89㌦で寄付後、直近四日続落を意識した押し目買いの売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:45には230.05㌦迄上げ幅拡大したが続かず、欧州のインフレ高止まりや中国経済における足取りの鈍さなど世界的な景気減速懸念も根強く売仕掛けの裁定解消売が入り、13:25には229.38㌦迄下げ幅拡大したが続かず、時間外取引のナスダック100先物が上昇を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比4.55㌦高の230.58㌦迄買戻され、日経平均オプション7月物は「コール」は買われて「プット」は売りが目立った状況で、15:15には前日比4.55㌦高の230.58㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.83㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.31倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲31.41%、騰落レシオは113.04%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月27日


06月27日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topix先物、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topixは続落であった。新興株27日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に227.54㌦で寄り付き開始し、押目狙いから売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:07には227.95㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが裁定解消買が続かず、ロシア情勢を巡る地政学リスクを警戒した売りが先行し、四半期末に伴う年金基金の資産配分の持高調整でハイテク株の利食い売りが重荷となり、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:30には225.29㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが押目買い機会到来で裁定解消売りは続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:13には226.52㌦迄上げ幅拡大したがETFの換金売りにより裁定解消買いが続かず、売仕掛けの裁定解消売りが入り11:30には前日比1.76㌦安の226.26㌦をつけ、11:35には前日比1.76㌦安の226.26㌦で引けた。後場では12:30に225.62㌦で寄付後、時間外取引の米株価指数先物の動きに合わせ、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:37には225.99㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:55には225.32㌦迄下げ幅拡大したが香港ハンセン指数の大幅高や為替の円安も追い風に売りが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:57には227.19㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.12㌦安の226.9㌦迄戻売され、日経平均オプション7月物は「コール」は総じて売られ「プット」は高安まちまちな状況で、15:15には前日比1.12㌦安の226.9㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.67㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲25.52%、騰落レシオは102.46%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月26日


06月26日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topix先物、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topixは続落であった。新興株26日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に227.55㌦で寄り付き開始し、PMIの下落や週末の間に台頭したロシア情勢を巡る不透明感も背景に欧米株が悪化し、リスク回避の売仕掛けの裁定解消売が入り、09:06には225.78㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、為替の円安進行や国内半導体業界を巡る好材料を受け裁定解消売が続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:24には229.21㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが円安一服より裁定買が続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:02には228.31㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:26には229.2㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.44㌦高の228.94㌦をつけ、11:35には前日比0.44㌦高の228.94㌦で引けた。後場では12:30に228.8㌦で寄付後、亜細亜市況の下落も重荷となる事で、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:52には227.77㌦迄下げ幅拡大したが、出遅れ巨大機関投資家による下げ渋りより下げが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:49には228.66㌦迄上げ幅拡大したが、機関投資家のリバランス(資産配分の再調整)の売りに伴う需給への警戒も重荷となり買いが続かず、15:00大引けでは前日比0.58㌦安の227.92㌦迄戻売され、日経平均オプション7月物は「コール」、「プット」共に売りが目立った状況で、15:15には前日比0.58㌦安の227.92㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.43㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.03倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲27.63%、騰落レシオは99.19%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月23日


06月23日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topix先物は続伸、Topixは反落、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は続落であった。新興株23日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に233.86㌦で寄り付き開始し、足元で円安ドル高が進行していることから輸出関連銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:08には234.38㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、月末にかけて巨大機関投資家のリバランスによる需給悪化が警戒されて株価指数先物やファストリなど値嵩株に対して手仕舞いの売仕掛けの裁定解消売りが入り11:30には前日比3.80㌦安の228.71㌦をつけ、11:35には前日比3.80㌦安の228.71㌦で引けた。後場では12:30に228.41㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:33には227.85㌦迄下げ幅拡大したが続かず、医薬品や内需株などディフェンシブ銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:40には229.09㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:30には227.69㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、押し目買いを狙った売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:50には229.26㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比3.38㌦安の229.13㌦迄戻売され、日経平均オプション7月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買われる状況で、15:15には前日比3.38㌦安の229.13㌦迄戻売され引けた。高安値幅は6.69㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.05倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲28.97%、騰落レシオは104.75%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月22日


06月22日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topixは続伸、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は反落、Topix先物は反発であった。新興株22日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に235.99㌦で寄り付き開始し、朝安で始まった三菱商など5大商社株や米国の金利上昇期待から金融株が上昇したほか新作ゲームソフトへの期待感から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:18には237.43㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが、パウエル議長の発言により金利先高観に伴うハイテク売が全体の重石になり裁定買が続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:47には235.95㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0㌦安の236.96㌦をつけ、11:35には前日比0㌦安の236.96㌦で引けた。後場では12:30に236.69㌦で寄付後、12:34の236.57㌦迄下げ幅拡大したが、売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、12:35の236.86㌦を付けた処で後場最高値を迎えたが、今月末は四半期末に当たり、リバランス(資産配分の調整)を目的に巨大機関投資家が3月以降で株価上昇の大きかった値嵩ハイテク株に売仕掛けの裁定解消売が入り、13:29には235.29㌦迄下げ幅拡大したが孕線が示現し続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:39には236.11㌦迄上げ幅拡大したが被線が示現し裁定買が続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:52には234.54㌦迄下げ幅拡大し、14:52の234.54㌦を付け、最安値更新を迎えたが孕線が示現し裁定売が続かず、15:00大引けでは前日比2.19㌦安の234.77㌦迄戻売され、日経平均オプション7月物は「コール」が下落し、「プット」が上昇した状況で、15:15には前日比2.19㌦安の234.77㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.89㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.27倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲34.41%、騰落レシオは109.59%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月21日


06月21日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、ドル建て日経平均は続伸、Topix先物は反落、日経平均先物、Topixは反発であった。新興株21日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場ではパウエル米連邦準備理事会議長の議会証言を控え金融政策の先行きを巡る不透明感からリスクオフが広がり主要3指数が揃って下落した。本日のドル建て日経平均は9:00に234.88㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:05には234.55㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが英CPIが予想を上回りドル高円安を引き起こし時間外取引のナスダック100先物が上昇した事から需給面で良いAIと半導体銘柄に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:55には236.99㌦迄上げ幅拡大したが、一時的円安一服で裁定買が続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:45には236.17㌦迄下げ幅拡大したが裁定売りが続かず、日本株に対する根強い先高観から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:24には237.23㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.95㌦高の237.16㌦をつけ、11:35には前日比0.95㌦高の237.16㌦で引けた。後場では12:30に237.01㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:39には236.19㌦迄下げ幅拡大したが国会解散期待から裁定解消売が続かず、海外機関投資家による押し目の売仕掛け解消の裁定解消買が米中景気懸念回避用先物資金として入り、14:05には238.11㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、四半期末が近づく中で機関投資家によるリバランス売を警戒した売仕掛けの裁定解消売が入り、14:44には237.27㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.32㌦高の237.53㌦迄買戻され、日経平均オプション7月物は「コール」は買いが目立ち「プット」は売られる状況で、15:15には前日比1.32㌦高の237.53㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.56㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で38.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.26倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲38.27%、騰落レシオは111.18%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月20日


06月20日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、Topix先物は続伸、日経平均、ドル建て日経平均は反発、日経平均先物、Topixは続落であった。新興株20日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に234.44㌦で寄り付き開始し、昨日の米市場が休みの中で欧州株安を重石に、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:16には233.95㌦迄下げ幅拡大したが値嵩や商社銘柄上昇を背景に続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:42には235.19㌦迄上げ幅拡大したが円高で続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:12には234.65㌦迄下げ幅拡大したが円安で売りが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:27には235.89㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが中国人民銀行が最優遇貸出金利を引き下げたことが景況感の悪化を想起させ売りを誘発し持高調整用の裁定買が続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:56には233.39㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.47㌦安の233.68㌦をつけ、11:35には前日比1.47㌦安の233.68㌦で引けた。後場では12:30に233.29㌦で寄付後、鈴木財務大臣が「午前中に必要に応じて介入する」との口先介入があったとの報道を巨大機関投資家の中で真摯に受けたものもいる事から、可及的速やかに売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:36には234.71㌦迄上げ幅拡大したが一時的なドル安により続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:49には234.21㌦迄下げ幅拡大したがドル円介入警戒感や中国景気の影響を直接は受けにくい値嵩及び商社銘柄に裁定解消売りが続かず、15:00大引けでは前日比0.13㌦高の235.28㌦迄買戻され、日経平均オプション7月物は「コール」は売られ「プット」は高安まちまちの状況で、15:15には前日比0.13㌦高の235.28㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.72㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.19倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲37.26%、騰落レシオは107.61%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月19日


06月19日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topix先物は続伸、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topixは反落であった。新興株19日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に238.06㌦で寄り付き開始し、円安・ドル高を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、238.09㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたがトリプルウィッチングであった事に加え、連休を控えた手仕舞売りが出る米株安を受けて裁定買いが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:16には236.16㌦迄下げ幅拡大したが円安・ドル高で続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:06には237.26㌦迄上げ幅拡大したがドル高が続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:30には236.58㌦迄下げ幅拡大したが円高が続かず、11:30には前日比0.13㌦安の237.75㌦をつけ、11:35には前日比0.13㌦安の237.75㌦で引けた。後場では12:30に237.36㌦で寄付後、米国市場が本日休みから買い控えられ売仕掛けの裁定解消売が入り、13:13には234.27㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが円安・ドル高の部分的復活で売りが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:42には235.13㌦迄上げ幅拡大したが中米関係悪化で続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:17には234.51㌦迄下げ幅拡大したが売りが続かず、中小型銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:52には235.4㌦迄上げ幅拡大したが先行き不透明感から主力株や値嵩ハイテク株に裁定買いが続かず、15:00大引けでは前日比2.37㌦安の235.25㌦迄戻売され、日経平均オプション7月物は「コール」は総じて売られ「プット」は高安まちまちの状況で、15:15には前日比2.37㌦安の235.25㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.82㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.23倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲37.95%、騰落レシオは109.69%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月16日


06月16日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、Topix先物は続伸、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topixは反発であった。新興株16日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は上昇、SOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に238.34㌦で寄り付き開始し、昨日岸田文雄首相が今国会での衆院解散を見送る考えを表明し「選挙は株高」の株式経験則から折り込まれていた上昇分に対して、利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り、09:14には236.82㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、前日5月米小売売上高が市場予想を上回った影響で米株式市場の主要3指数が軒並み上昇した事から底堅く、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:41には238.07㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:53には237.01㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.29㌦安の237.67㌦をつけ、11:35には前日比1.29㌦安の237.67㌦で引けた。後場では12:30に238.75㌦で寄付後、日銀が16日まで開いた金融政策決定会合で現行の金融緩和を維持する事を決め、催事通過の安心感から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:45には239.77㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:25には239.09㌦迄下げ幅拡大したが続かず、足元の円安ドル高も支えとなり売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:53には241㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比1.57㌦高の240.53㌦迄買戻され、日経平均オプション7月物は「コール」は高安まちまちで「プット」は売りが目立った状況で、15:15には前日比1.57㌦高の240.53㌦迄買戻され引けた。高安値幅は4.18㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.33倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲42.27%、騰落レシオは110.61%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月15日


06月15日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topix先物は続伸、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topixは反落であった。新興株15日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に239.15㌦で寄り付き開始し、高値239.50㌦を形成後、被線形成でF0MCの声明や見通しが、タカ派であったのを母国市場で確認のため、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:15には238.41㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたがパウエルFRB議長が追加利上げに対し明確化しなったことを受け売りが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:03には240.37㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:33には238.78㌦迄下げ幅拡大したがドル高進行を受け下げが続かず、11:30には前日比0.8㌦高の240.05㌦をつけ、11:35には前日比0.8㌦高の240.05㌦で引けた。後場では12:30に240.51㌦で寄付後、野党の内閣不信任案提出による解散総選挙を睨んだ思惑買いから売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:37には241.13㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが政局不安からの利益確定の動きもあり続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:59には238.99㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.12㌦安の239.13㌦迄戻売され、相場の上昇一服を受け、日経平均オプション7月物は「コール」はやや売られ、「プット」は買いが目立った状況で、15:15には前日比0.12㌦安の239.13㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.73㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.29倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲41.06%、騰落レシオは109.84%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月14日


06月14日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株14日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。14日まで開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが見送られるとの観測から前日米株相場は上昇。これを追い風に本日のドル建て日経平均は9:00に237.83㌦で寄り付き開始し、根強いインフレを警戒した米長期金利は上昇し日米金利差を意識した円安ドル高から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:04には238.88㌦迄上げ幅拡大したが続かず、直近の上昇に対する高値警戒感から利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り、09:31には236.92㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、世界的な株高機運の高まりから海外巨大機関投資家による売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:39には238.31㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:17には237.18㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.06㌦高の237.66㌦をつけ、11:35には前日比2.06㌦高の237.66㌦で引けた。後場では12:30に237.54㌦で寄付後、衆議院解散を巡る一部報道を受けて「選挙=株高」という過去の株式経験則からの上昇期待によって売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:22には240.21㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:42には238.95㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比3.45㌦高の239.05㌦迄買戻され、日経平均オプション7月物は「コール」が上げ「プット」は下げた状況で、15:15には前日比3.45㌦高の239.05㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.29㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で38.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.30倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲42.24%、騰落レシオは109.66%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月13日


06月13日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株13日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に234.09㌦で寄り付き開始し、今晩発表予定の5月消費者物価指数の改善期待から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:06には236.43㌦迄上げ幅拡大したが節目を突破して利益確定売りに続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:18には235.57㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比3.68㌦高の236.08㌦をつけ、11:35には前日比3.68㌦高の236.08㌦で引けた。後場では12:30に236.09㌦で寄付後、今晩の岸田首相の会見に対する思惑により、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:00には237.37㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが利益確定で続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:52には236.23㌦迄下げ幅拡大したが押目買い意欲から裁定売が続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:36には236.96㌦迄上げ幅拡大したが、節目を突破した事で裁定解消買いが続かず、利益確定売りが入り15:00大引けでは前日比4.19㌦高の236.59㌦迄買戻され、日経平均オプション7月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比4.19㌦高の236.59㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.5㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で38.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per15.05倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲38.33%、騰落レシオは102.37%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月12日


06月12日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株12日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に232.47㌦で寄り付き開始し、持高解消を含む利益確定より売仕掛けの裁定解消売が入り、09:01には231.9㌦迄下げ幅拡大したが、ハイテク再評価による堅調な米株相場を受け売却調整が続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:43には233.23㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比1.58㌦高の233㌦をつけ、11:35には前日比1.58㌦高の233㌦で引けた。後場では12:30に233.04㌦で寄付後、被線示現により今週は5月の米消費者物価指数(CPI)発表や米連邦公開市場委員会(FOMC)等、重要催事に対する警戒感を受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:43には231.53㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、三羽烏の様相で超長期下髭出現により相場反転と見られ売却が続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:29には232.81㌦迄上げ幅拡大したが経済予測不安定感から調整買いが続かず、15:00大引けでは前日比1.21㌦高の232.63㌦迄買戻され、日経平均オプション7月物は「コール」が買い優勢で「プット」は売られた状況で、15:15には前日比1.21㌦高の232.63㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.7㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.85倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲33.23%、騰落レシオは106.32%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月9日


06月09日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株09日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に229.88㌦で寄り付き開始し、直後229.67㌦迄下げ幅拡大し、寄り底となったが続かず、金融引き締めへの警戒感が和らいだことで米株市場が上昇した影響で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:25には232.13㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:22には230.71㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比3.66㌦高の231.48㌦をつけ、11:35には前日比3.66㌦高の231.48㌦で引けた。後場では12:30に231.69㌦で寄付後、特別清算指数(SQ)の算出を無難に通過したことの安心感から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:12には232.34㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:45には231.63㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:58には232.59㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比4.49㌦高の232.31㌦迄戻売され、日経平均オプション7月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比4.49㌦高の232.31㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.92㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.77倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲32.28%、騰落レシオは103.41%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月8日


06月08日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topix先物は反落、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topixは続落であった。新興株08日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に227.66㌦で寄り付き開始し、NYダウ続伸やドル円上昇を手掛かりに売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:04には228.67㌦迄上げ幅拡大したが調整買が続かず、ナスダック反落等を重しに売仕掛けの裁定解消売が入り、09:53には227.56㌦迄下げ幅拡大したが米ハイテク株安を受けて続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:27には228.79㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.31㌦安の227.61㌦をつけ、11:35には前日比0.31㌦安の227.61㌦で引けた。後場では12:30に227.4㌦で寄付後、メジャーSQ対策向け売仕掛けの裁定解消売が入り、14:05には224.39㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが短期的な突込み警戒感から続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:37には226.5㌦迄上げ幅拡大したが巨大機関投資家の代表であるブリッジウォーターアソシエイツ創業者レイダレオ氏の発言も左右し裁定解消買が続かず、15:00大引けでは前日比1.95㌦安の225.97㌦迄戻売され、日経平均オプション6月物は、「コール」は総じて売られ「プット」は高安まちまちだった状況で、15:15には前日比1.95㌦安の225.97㌦迄戻売され引けた。高安値幅は4.4㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.53倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲26.58%、騰落レシオは95.55%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月7日


06月07日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topix先物は続伸、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topixは反落であった。新興株07日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に233.67㌦で寄り付き開始し、前日の米ハイテク株高などが支えとなり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:06には234.31㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、連日高値を更新する中利益確定目的の売仕掛けの裁定解消売が入り、10:10には229.18㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:18には231.19㌦迄上げ幅拡大したが続かず、週末の特別清算指数(SQ)算出をにらんだ先物主導の売仕掛けの裁定解消売が入り、11:27には229.37㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比3.35㌦安の229.52㌦をつけ、11:35には前日比3.35㌦安の229.52㌦で引けた。後場では12:30に229.93㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:00には231.34㌦迄上げ幅拡大したが続かず、衆院財務金融委員会で植田和男総裁が日銀保有の上場投資信託(ETF)の処分について言及したことに反応した売仕掛けの裁定解消売が入り、13:51には228.99㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:16には230.56㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比4.25㌦安の228.62㌦迄戻売され安値引けとなり、日経平均オプション6月物は「コール」は売られ「プット」は買われた状況で、15:15には前日比4.25㌦安の228.62㌦迄戻売され引けた。高安値幅は5.69㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.63倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲30.00%、騰落レシオは103.21%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月6日


06月06日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株06日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に229.38㌦で寄り付き開始し、休止した米株が反落を受け売仕掛けの裁定解消売が入り、09:02には228.99㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが持高調整による売り方恐怖心強化により売りが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:23には231.72㌦迄上げ幅拡大したが天井圏の被線出現で続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:02には230.8㌦迄下げ幅拡大したが孕線示現で続かず、11:30には前日比0.95㌦高の231.98㌦をつけ、11:35には前日比0.95㌦高の231.98㌦で引けた。後場では12:30に231.92㌦で寄付後、12:35の231.29㌦に到達後孕線示現に加え中国景気期待策報道で、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:33には232.93㌦迄上げ幅拡大したが、巨大機関投資家による持高調整により調整買が続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:56には232.44㌦迄下げ幅拡大したが生成AI等材料銘柄等に注目され、海外勢を中心に日本株に対する先高観が根強い見方が巨大機関投資家の中では多く見られ調整が続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:54には233.3㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比2.07㌦高の233.1㌦迄買戻され、日経平均オプション6月物は「コール」は買いが目立ち、「プット」は売られた状況で、15:15には前日比2.07㌦高の233.1㌦迄買戻され引けた。高安値幅は4.31㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.85倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲36.87%、騰落レシオは114.37%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月5日


06月05日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株05日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は上昇、SOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に227.49㌦で寄り付き開始し、心理的な節目に到達した事で、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:02には227.02㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが債務不履行が回避され米株高に加え円安・ドル高や中国経済政策期待により下落が続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比3.73㌦高の228.79㌦をつけ、11:35には前日比3.73㌦高の228.79㌦で引けた。後場では12:30に229.05㌦で寄付後、心理的な節目である229㌦台に再度乗せた事から株を持たざる危機感より売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:31には229.58㌦迄上げ幅拡大したが節目到達で続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:45には228.7㌦迄下げ幅拡大したが政府が水素のサプライチェーンに15兆円投じるとの報道を受け下げが続かず、メジャーSQ前売方の買戻しも加わり売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比4.95㌦高の230.01㌦迄買戻され、日経平均オプション6月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比4.95㌦高の230.01㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.99㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.72倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲34.79%、騰落レシオは115.53%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月2日


06月02日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株02日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場では6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で米連邦準備理事会(FRB)が利上げを見送るとの観測からハイテク株など中心に主要株価指数は上昇した。本日のドル建て日経平均はギャップアップで9:00に225.59㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、225.27㌦迄下げ幅拡大し、寄り底となった。欧州系機関投資家から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:27には226.48㌦迄上げ幅拡大したが続かず、高値警戒感や戻り待ちの売仕掛けの裁定解消売が入り、10:34には225.65㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.71㌦高の226.20㌦をつけ、11:35には前日比1.71㌦高の226.20㌦で引けた。後場では12:30に226.08㌦で寄付後、米連邦議会上院が債務上限の効力を停止する財政責任法案を可決したことから、米国のデフォルト回避を材料視したことにより、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:26には226.98㌦迄上げ幅拡大したが続かず、5月米雇用統計の発表を控え様子見ムードによる売仕掛けの裁定解消売が入り、13:51には226.57㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00に227.43㌦迄上げ幅拡大し高値引けとなり、大引けでは前日比2.71㌦高の227.20㌦迄買戻され、日経平均オプション6月物は「コール」は買われ「プット」は売られる状況で、15:15には前日比2.71㌦高の227.20㌦迄買戻され、円建てではバブル崩壊後高値を更新する33年ぶりの高値で引けた。高安値幅は2.16㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.45倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲28.44%、騰落レシオは102.21%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月1日


06月01日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、Topix先物は続伸、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topixは反発であった。新興株01日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に221.9㌦で寄り付き開始し、米国株安を引継いで売仕掛けの裁定解消売が入り、09:01には221.66㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが月末の資産配分の再調整目的の売方の買戻しが先行する事で続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:32には223.59㌦迄上げ幅拡大したがドル安で続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:46には222.95㌦迄下げ幅拡大したが、米債務不履行リスクの回避を改めて好感する動きが強まる事から続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:27には224.05㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが、米財政責任法案が下院で可決されたと伝わって続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:52には221.77㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.64㌦高の222.55㌦をつけ、11:35には前日比0.64㌦高の222.55㌦で引けた。後場では12:30に222.92㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:34には223.7㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:47には223.26㌦迄下げ幅拡大したが亜細亜株高により続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:37には223.84㌦迄上げ幅拡大したがドル安で続かず、15:00大引けでは前日比1.87㌦高の223.78㌦迄買戻され、日経平均オプション6月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比1.87㌦高の223.78㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.38㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.23倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲25.19%、騰落レシオは97.21%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月31日


05月31日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月31日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topix先物は続伸、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は反落、Topixは続落であった。新興株31日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。30日夕、財務省と日銀らが国際金融資本市場に関する情報交換会を開いた。足元円安に対するけん制、為替介入の検討などの見方もあり外国為替相場での円安ドル高は一服した。未明に北朝鮮がミサイルを発射したという報により地政学リスクへの警戒が高まった。加えて、取引開始前に経済産業省が発表した4月の鉱工業生産指数は市場予想を下回り前月比0.4%低下した。これらをうけ本日のドル建て日経平均は9:00に222.21㌦とギャップダウンで寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、222.33㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:40には221.29㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:28には222.82㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、中国国家統計局の発表した5月の製造業購買担当者指数(PMI)も市場予想を下回ったことから5月の大幅な減産を警戒した売仕掛けの裁定解消売が入り、11:30には前日比2.52㌦安の221.63㌦をつけ、11:35には前日比2.52㌦安の221.63㌦で引けた。後場では12:30に221.56㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:10には220.27㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:54には221.14㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比3.15㌦安の221.00㌦迄買戻され、日経平均オプション6月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買われた状況で、15:15には前日比3.15㌦安の221.00㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.55㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で48.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.09倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲23.07%、騰落レシオは98.88%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月30日


05月30日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix先物は続伸、Topixは反落であった。新興株30日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に222.08㌦で寄り付き開始し、円安方向に進行を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:10には223.35㌦迄上げ幅拡大したが、為替が円高方向へと揺り戻され利益確定売りが優勢となり続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:40には221.29㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:20には221.91㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:00には221.14㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.82㌦安の221.53㌦をつけ、11:35には前日比0.82㌦安の221.53㌦で引けた。後場では12:30に221.51㌦で寄付後、時間外取引のナスダック100先物が強含み追い風となり、再度円安方向となり売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:15には223.35㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが上値が重くなり続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:50には222.82㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.67㌦高の223.02㌦迄買戻され、日経平均オプション6月物は「コール」が買い優勢で「プット」は売られた状況で、15:15には前日比0.67㌦高の223.02㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.21㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.30倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲28.23%、騰落レシオは104.41%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月29日


05月29日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix先物は続伸、Topixは反発であった。新興株29日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に222.96㌦で寄り付き開始し、米債務上限引き上げを巡る基本合意が伝わった事や先週末の個人消費支出・物価指数が市場予想を上回る事で、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:08には224.18㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが上値が重く続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:44には222.73㌦迄下げ幅拡大したが続かず、ドル高・円安進行で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:21には223.39㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.9㌦高の222.51㌦をつけ、11:35には前日比2.9㌦高の222.51㌦で引けた。後場では12:30に222.69㌦で寄付後、米株式市場が本日の休場を受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:50には221.37㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが決算等を受け 続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:37には222.33㌦迄上げ幅拡大したが中国経済見通しの危うさから続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:54には221.61㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.25㌦高の221.86㌦迄買戻され、日経平均オプション6月物は「コール」は買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比2.25㌦高の221.86㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.82㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.29倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲27.88%、騰落レシオは109.01%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月26日


05月26日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix先物は続伸、Topixは続落であった。新興株26日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に220.88㌦で寄り付き開始し、9:00に220.56㌦迄下げ幅拡大し、寄り底となったが、前日米株市場でエヌビディアが24%高となるなど、ハイテク株に集中的な買いが入り、フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)も6.8%上昇した影響で半導体関連株などに売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、9:29に221.87㌦まで上げ幅拡大したが被せ線示現により続かず、売仕掛けの裁定解消売りが入り9;54に221.04㌦まで下げ幅拡大したが為替動向により続かず、為替相場が1㌦140円前後と円安ドル高に振れていることから輸出関連株に売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、11:30には前日比2.15㌦高の222.26㌦をつけ、最高値更新を迎え、11:35には前日比2.15㌦高の222.26㌦で引けた。後場では12:30に221.8㌦で寄付後、先行き不透明からくる持高調整により売仕掛けの裁定解消売が入り、12:35には221.05㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:54には221.79㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:33には221.25㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:06には221.86㌦迄上げ幅拡大したが被せ線出現により続かず、15:00大引けでは前日比0.82㌦高の220.93㌦迄買戻され、日経平均オプション6月物は「コール」は買われ「プット」は高安まちまちな状況で、15:15には前日比0.82㌦高の220.93㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.70㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.17倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲25.17%、騰落レシオは104.29%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月25日


05月25日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix先物は反発、Topixは続落であった。新興株25日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に219.83㌦で寄り付き開始し、債務上限交渉を巡る不透明感を嫌気して売仕掛けの裁定解消売が入り、09:02には219.53㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが赤三兵示現で昨日終値より高いPut-callレシオで投資家心理が強気相場により続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:47には221.89㌦迄上げ幅拡大したが被せ線示現により続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:27には220.60㌦迄下げ幅拡大したが上値抵抗線抜けが発見され上値抵抗線抜きが示現し売崩し歯止を迎え、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比1.19㌦高の221.62㌦をつけ、11:35には前日比1.19㌦高の221.62㌦で引けた。後場では12:30に221.81㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:37には221.92㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが被せ線出現で続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:57には220.80㌦迄下げ幅拡大したが、米国市場の取引終了後に決算を発表したエヌビディアが時間外取引で急伸し、ナスダック100先物も大幅に上昇していた事により売りが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:51には221.48㌦迄上げ幅拡大したが香港ハンセン指数の大幅下落も加わり巨大機関投資家心理が悪化し被せ線示現し続かず、持高調整向け売仕掛けの裁定解消売りが入り15:00大引けでは前日比0.85㌦高の221.28㌦迄買戻され、日経平均オプション6月物は、「コール」は買われ「プット」は売りが目立った状況で、15:15には前日比0.85㌦高の221.28㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.39㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.15倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲24.51%、騰落レシオは113.90%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月24日


05月24日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株24日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は上昇、SOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場は債務上限問題に関する政府と野党共和党の協議の進展が見られないことからリスクオフの売りが出て主要指数が揃って下落した。本日のドル建て日経平均は9:00に221.82㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:04には221.65㌦迄下げ幅拡大したが材料株や持高調整売銘柄の買戻しを手掛かりに続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:23には222.75㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが被せ線示現により買いが続かず、中国でコロナウイルスが再拡大している影響からインバウンド関連株に広く売仕掛けの裁定解消売が入り11:30には前日比2.42㌦安の221.06㌦をつけ、11:35には前日比2.42㌦安の221.06㌦で引けた。後場では12:30に220.84㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、220.65㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが、高値と高値を結ぶ上値抵抗線上抜出現に加え明けの明星により売りが続かず、足元ドル円が138円台と円安ドル高に振れている事に加え、日本企業における賃金復活や日本企業の国内開発による設備投資復活から巨大機関投資家心理の改善が計られる事で底堅く推移し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:25には222.31㌦迄上げ幅拡大したが被せ線出現で続かず、5月に入り急ピッチで水準を切り上げている事から利益確定の売仕掛けの裁定解消売も根強く、15:00大引けでは前日比1.99㌦安の221.49㌦迄戻売され、日経平均オプション6月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買われる状況で、15:15には前日比1.99㌦安の221.49㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.10㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.20倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲23.83%、騰落レシオは115.92%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月23日


05月23日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株23日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に225.5㌦で寄り付き開始し、為替の円安を追い風に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:50には226.27㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:15には225.59㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.45㌦高の225.8㌦をつけ、11:35には前日比1.45㌦高の225.8㌦で引けた。後場では12:30に225.58㌦で寄付後、巨大機関投資家である国内年金基金の一部から大口売観測が見られ、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:45には222.49㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:50には224.05㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:45には222.69㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:40には223.88㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.93㌦安の223.42㌦迄戻売され、日経平均オプション6月物は「コール」は売りが目立ち、「プット」は買われた状況で、15:15には前日比0.93㌦安の223.42㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.78㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.67倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲27.28%、騰落レシオは122.71%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月22日


05月22日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株22日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に223.23㌦で寄り付き開始し、米国債務上限の交渉難航や地銀株の下落で米株は小幅に下落し母国市場を確認し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:01には222.89㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが海外巨大機関投資家による見直し買いが指摘され続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:54には224.12㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:59には223.6㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.18㌦高の223.94㌦をつけ、11:35には前日比0.18㌦高の223.94㌦で引けた。後場では12:30に224㌦で寄付後、朝方軟調だったダウ平均先物が下値の堅い展開が見え売仕掛け解消の裁定解消買が業績見通し良好株や国際優良銘柄に入り、15:00大引けでは前日比2.02㌦高の225.78㌦迄買戻され、日経平均オプション6月物は「コール」は買いが優勢で「プット」は売りが目立った状況で、15:15には前日比2.02㌦高の225.78㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.89㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.76倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲29.31%、騰落レシオは129.85%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月19日


05月19日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株19日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。前日米主要株価指数は債務上限問題に対する過度な警戒感が和らぎ上昇した。本日のドル建て日経平均はこの流れを受け9:00に222.48㌦で2021年9月につけた222.11㌦を超えて1990年7月以来約33年ぶりの高値で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:04には223.03㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、短期間での急騰から過熱感を警戒した売仕掛けの裁定解消売が入り、09:19には221.26㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、足元為替相場が1㌦138円まで円安水準に推移していることから海外勢による売仕掛け解消の裁定解消買がでて11:30には前日比2.29㌦高の222.80㌦をつけ、11:35には前日比2.29㌦高の222.80㌦で引けた。後場では12:30に222.85㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:33には222.91㌦迄上げ幅拡大したが続かず、国内巨大機関投資家から週末をにらんだ持高調整の売仕掛けの裁定解消売が入り、13:14には221.89㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:43には222.43㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.69㌦高の222.20㌦迄買戻され、日経平均オプション6月物「コール」は総じて買われ「プット」は売られる状況で、15:15には前日比1.69㌦高の222.20㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.77㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.40倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲27.05%、騰落レシオは131.00%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月18日


05月18日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株18日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に221.19㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、221.01㌦迄下げ幅拡大したが債務上限協議がG7後進展する期待から続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:22には222.89㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが急騰に対する警戒感から続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:01には220.82㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが米国株の大幅高より続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:27には222.04㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:59には221.19㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比3.19㌦高の221.92㌦をつけ、11:35には前日比3.19㌦高の221.92㌦で引けた。後場では12:30に221.99㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:38には222.22㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:39には221.84㌦迄下げ幅拡大したが岸田首相や米韓の会談で半導体工場を日本に建設するとの相対的な魅力から続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:20には222.50㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比3.49㌦高の222.22㌦迄買戻され、日経平均オプション6月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比3.49㌦高の222.22㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.07㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.37倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲25.22%、騰落レシオは138.5%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月17日


05月17日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株17日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。17日朝内閣府が発表した1~3月期の国内総生産(GDP)成長率は実質年率換算で1.6%となり市場予想を上回った。本日のドル建て日経平均は9:00に219.32㌦で寄り付き開始し寄り底となって、岸田文雄首相が18日に米台韓の半導体大手と面会し意見交換すると伝わり値嵩の東エレクやアドテストなど半導体関連株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:38に220.05㌦迄上げ幅拡大したが続かず、1年8カ月ぶりに節目の30,000円台の大台に乗せたことから利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り9:49には219.53㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:56には220.40㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消売が入り11:30には220.25㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:35には前日比0.84㌦高の220.25㌦で引けた。後場では12:30に220.62㌦で寄付後、足元為替相場が円安ドル高に振れており、景気減速懸念が根強い米欧に対して日本の投資環境が相対的に良好に捉えられ、海外投資家から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:06に220.70㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:51には220.48㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:26には220.81㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:49には220.46㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.84㌦高の220.65㌦迄買戻され、日経平均オプション6月物は「コール」は買われ「プット」は売りが目立った状況で、15:15には前日比1.84㌦高の220.65㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.49㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.21倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲20.75%、東証プライム騰落レシオは143.31%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月16日


05月16日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株16日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に219.37㌦で寄り付き開始し、NYダウが反発しナスダックが小幅に反発した事や好業績見通しなどを手掛かりに売仕掛け解消の裁定解消買が入り、9:05に219.69㌦を付け後、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:23には218.99㌦迄下げ幅拡大したがドル高及び東京証券取引所による改善要請により続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:05には219.76㌦迄上げ幅拡大したが中国経済指標悪化で続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:13には218.94㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが損失覚悟の買い戻しにより続かず、11:30には前日比1.48㌦高の219.3㌦をつけ、11:35には前日比1.48㌦高の219.3㌦で引けた。後場では12:30に219.63㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:35には219.95㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが大台の220㌦手前で中国の影響を踏まえ続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:20には219.24㌦迄下げ幅拡大したが根強い中国当局による政策期待から続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比1.59㌦高の219.41㌦迄買戻され、日経平均オプション6月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売りが目立った状況で、15:15には前日比1.59㌦高の219.41㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.01㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.17倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲18.64%、東証プライム騰落レシオは148.86%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月15日


05月15日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株15日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に217.61㌦で寄り付き開始し、連邦政府の債務上限問題を巡る懸念も重しになり寄付き直後216.65㌦を記録し最安値更新を迎え米国市場を確認したが、バイデン大統領とマッカーシー下院議長の電話会談や来週の会合が明らかになると警戒感が緩和した事を受け、 売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:37には218.21㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたがドル安円高傾向で続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:56には217.08㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが罫線図上での上昇転換暗示の手繰線示現により続かず、 売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:20には217.76㌦迄上げ幅拡大したが続かず揉合い、11:30には前日比0.87㌦高の217.31㌦をつけ、11:35には前日比0.87㌦高の217.31㌦で引けた。後場では12:30に217.62㌦で寄付後、ドル円等の上昇等を支えに輸出関連の一角やインバウンド関連等に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:15には218.15㌦迄上げ幅拡大したが欧州の景気減速懸念で続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:55には217.72㌦迄下げ幅拡大したが株主還元を手掛かりに続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比1.75㌦高の218.19㌦迄買戻され、日経平均オプション6月物は「コール」は買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比1.75㌦高の218.19㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.13㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.51倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲16.33%、東証プライム騰落レシオは139.34%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月12日


05月12日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、ドル建て日経平均は続伸、日経平均先物、Topix、Topix先物は反発であった。新興株12日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場は債務上限問題や米地銀の経営不安による景気懸念が再燃し序盤は下落した一方、卸売物価指数(PPI)が市場予想を下回り金利先高観が後退したことからハイテクが買われた。本日のドル建て日経平均は9:00に217.08㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、216.65㌦迄下げ幅拡大し、寄り底となったが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:17には217.89㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売りが入り9:38には216.67㌦まで下げ幅拡大したが続かず、国内企業決算で相次いだ株主還元姿勢の強化や日銀の金融緩和に対するハト派姿勢が海外機関投資家に好感され、売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:16には218.64㌦まで上げ幅拡大し、米国と比べた相対的な日本株の投資環境の良好さに目を付けた海外投資家が株価指数先物に売仕掛け解消の裁定解消買を入れ、SQが29,000円(約218㌦)以上を目指し維持したが続かず、11:30には前日比1.72㌦高の218.27㌦をつけ、11:35には前日比1.72㌦高の218.27㌦で引けた。後場では12:30に218.53㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:34には218.67㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:07には218.11㌦迄下げ幅拡大したが続かず、リスク回避のドル買い、国内輸入企業による実需の円売りが出て、外為市場が円安ドル高に振れていることから、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:56には218.77㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比1.94㌦高の218.49㌦迄戻り売りされ、日経平均オプション6月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売りが目立った状況で、15:15には前日比1.94㌦高の218.49㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.12㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.49倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲14.74%、東証プライム騰落レシオは125.48%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月11日


05月11日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、ドル建て日経平均は反発、日経平均先物、Topix、Topix先物は続落であった。新興株11日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。金利低下に伴うハイテク・グロース株の買いでナスダック総合指数は反発を受けて、本日のドル建て日経平均は9:00に216.94㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:03には217.35㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが明日のSQ控えダウ平均下落に加えドル安により続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:28には216.33㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが、米金利の低下を受けて値嵩ハイテク株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:57には217.00㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:12には216.38㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.45㌦安の216.57㌦をつけ、11:35には前日比0.45㌦安の216.57㌦で引けた。後場では12:30に216.86㌦で寄付後、米国金利の低下を受けて値嵩ハイテク株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:38には217.25㌦迄上げ幅拡大したが節目近くからは続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:18には216.79㌦迄下げ幅拡大し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00には217.18㌦迄上げ幅拡大したが続かず、大引けでは前日比0.03㌦高の217.06㌦迄買戻され、日経平均オプション5月物は「コール」、「プット」共に売りが目立った状況で、15:15には前日比0.03㌦高の217.06㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.02㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.42倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲12.28%、東証プライム騰落レシオは124.02%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月10日


05月10日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株10日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に215.93㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り直後に215.97㌦迄上げ幅拡大し最高値更新したが続かず、前日米株市場やフィラデルフィア半導体指数(SOX指数)が下落したことから東エレクなどハイテク株に売仕掛けの裁定解消売が入り9:50には215.32㌦まで下げ幅拡大したが続かず、株主還元の強化が好感された三菱商などに売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:03には215.74㌦まで上げ幅拡大したが続かず、決算発表が市場予想を下回ったダイキンなどに売仕掛けの裁定解消売が入り、11:30には前日比0.95㌦安の215.37㌦をつけ、11:35には前日比0.95㌦安の215.37㌦で引けた。後場では12:30に215.45㌦で寄付後、来期純利益見通しの悪化をうけ日本製鉄に売仕掛けの裁定解消売が入り、12:58には215.05㌦迄下げ幅拡大したが続かず、二年ぶりの最終増益と自社株買いの実施を発表したトヨタなどに売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:00には215.68㌦迄上げ幅拡大したが続かず、日本時間今夜の米消費者物価指数(CPI)の発表を控え持ち高解消の売仕掛けの裁定解消売が入り、14:43には215.28㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.89㌦安の215.43㌦迄買い戻され、日経平均オプション5月物は「コール」は売られ「プット」は買われる状況で、15:15には前日比0.89㌦安の215.43㌦迄戻売され引けた。高安値幅は0.92㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.52倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲12.55%、東証プライム騰落レシオは132.21%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月9日


05月09日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株09日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に214.95㌦で寄り付き開始し、ナスダックの小幅続伸を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:30には215.66㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:45には215.29㌦迄下げ幅拡大したが為替の円安進行で続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:30には216.14㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:45には215.73㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.65㌦高の216.08㌦をつけ、11:35には前日比1.65㌦高の216.08㌦で引けた。後場では12:30に216.29㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:35には216.18㌦迄下げ幅拡大したが決算等を手掛かりに続かず、先回りによる売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:30には216.69㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.17㌦高の216.6㌦迄買戻され、日経平均オプション5月物は、「コール」は総じて買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比2.17㌦高の216.6㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.79㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.08倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲14.17%、東証プライム騰落レシオは143.20%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月8日


05月08日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株08日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に215.46㌦で寄り付き開始し、米地銀株や好決算銘柄を受け米株高で終了したのを受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:15には215.82㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたがドル安・円高で続かず、米国の銀行経営不安が重石となり、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:10の214.28㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、 11:30には前日比1.39㌦安の214.53㌦をつけ、11:35には前日比1.39㌦安の214.53㌦で引けた。後場では12:30に214.55㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:54には214.25㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、今晩の米株式相場を見極めたいとの様子見ムードもあるため、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:35の214.65㌦迄買戻すが、ドル高一服により売仕掛けの裁定解消売りが入り、14:55の214.36㌦迄下げ幅拡大後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比1.54㌦安の214.38㌦迄戻売され、日経平均オプション5月物は「コール」は総じて売られ「プット」は高安まちまちな状況で、15:15には前日比1.54㌦安の214.38㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.57㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.69倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲11.44%、東証プライム騰落レシオは130.75%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月28日


04月28日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株28日の東証グロース指数は続伸、東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に214.37㌦で寄り付き開始し、前日米株市場はメタプラットフォームズの堅調な決算発表と米国内総生産の速報値が底堅い結果となったことから大幅に上昇したことも影響し幅広く売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:01には214.60㌦迄上げ幅拡大したが続かず、日銀の政策決定会合の結果発表を前に「長期緩和の検証を検討する」との観測報道も入ったことから売仕掛けの裁定解消売が入り、10:31には212.83㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:54には214.19㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.15㌦高の213.67㌦をつけ、11:35には前日比1.15㌦高の213.67㌦で引けた。後場では12:30に213.67㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:59には213.12㌦迄下げ幅拡大したが続かず、日本銀行が長短金利操作(イールドカーブコントロール)を維持し、金融緩和政策への多角的なレビューを実施するとの決定を発表し、政策転換が遠のいたと観測され先物主導で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:15には214.97㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:39には214.03㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:56には215.53㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、15:00には212.36㌦迄下げ幅拡大したが続かず、大引けでは前日比2.98㌦高の215.50㌦迄買戻され、日経平均オプション5月物は「コール」は買われ「プット」は売られる状況で、15:15には前日比2.98㌦高の215.50㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.84㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.69倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲11.66%、東証プライム騰落レシオは136.90%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月27日


04月27日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株27日の東証グロース指数は反発、東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。今期減益減収見通しのアドバンテストが急落した事で、本日のドル建て日経平均は9:00に212.16㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、212.26㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:21には211.42㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎え、11:30には前日比0.5㌦安の212.23㌦をつけ、11:35には前日比0.5㌦安の212.23㌦で引けた。後場では12:30に212.25㌦で寄付後、米市場の取引終了後に発表されたメタ・プラットフォームズの決算が予想を上回ったことが巨大機関投資家心理を支えた他、自動車関連の決算に関しては身構えていた投資家が多かったので、悪材料出尽くしで、トヨタ系列銘柄に買い戻しの動きが示現し、現物市場で指数寄与度の大きい一部の値嵩株に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:58には212.85㌦迄上げ幅拡大したがTopixリバランス効果で続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:18には212.55㌦迄下げ幅拡大したが、巨大機関投資家の中で日本株優位性を認識する者やデフレ収束期待に振れたものから、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:50には213.05㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比0.31㌦高の213.04㌦迄買戻され、日経平均オプション5月物は、「コール」は高安まちまちで「プット」は売りが目立った状況で、15:15には前日比0.31㌦高の213.04㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.63㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.65倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲7.74%、東証プライム騰落レシオは128.09%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月26日


04月26日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株26日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。25日米株市場はファーストリパブリックバンクの大規模な預金流出が明らかとなり投資家心理の悪化が市場全体に広がり、地銀株を中心に下落した。本日のドル建て日経平均は9:00に212.97㌦とギャップダウンで寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:09には212.36㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米マイクロソフトや米アルファベットが決算発表の好感により時間外取引で急伸した影響から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:00には213.51㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、足元為替相場が米金利低下により円高ドル安に振れていることから売仕掛けの裁定解消売が入り、10:30には212.95㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:45には213.26㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.12㌦安の212.90㌦をつけ、11:35には前日比1.12㌦安の212.90㌦で引けた。後場では12:30に212.70㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:10には211.78㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、英投資ファンドが株主還元強化を要求したと伝わった大林組に加え自社株買いを発表した清水建設が上昇し建設株が連れ高し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:12には212.73㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.52㌦安の212.50迄戻売され、日経平均オプション5月物は「コール」は総じて売られ「プット」は総じて買われた状況で、15:15には前日比1.52㌦安の212.50㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.73㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.51倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲7.59%、東証プライム騰落レシオは128.40%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月25日


04月25日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株25日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に213.99㌦で寄り付き開始し、日銀政策修正期待から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:08には214.8㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、ダラス連銀製造業活動指数が下振れて景気後退懸念が再燃すると売仕掛けの裁定解消売が入り、09:51には213.79㌦迄下げ幅拡大したが為替の円安や主要企業の堅調な決算を背景に続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:53には214.47㌦迄上げ幅拡大したが、天井圏で罫線図上の波高い線を形成し売印を示現し売仕掛けの裁定解消売りが入り、11:30には前日比0.81㌦高の214.02㌦をつけ、11:35には前日比0.81㌦高の214.02㌦で引けた。後場では12:30に213.94㌦で寄付後、円安一服から売仕掛けの裁定解消売が入り、12:35には212.86㌦迄下げ幅拡大したが続かず、ドル高より売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:40には213.96㌦迄上げ幅拡大したが、地銀のファースト・リパブリックが決算を受けて時間外取引で急落していたことも巨大機関投資家心理を悪化させ、下げ三法示現により、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:38には213.33㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが捨て子線示現により売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比0.2㌦高の213.41㌦迄買戻され、オプション5月物は「コール」の買いが目立ち「プット」は売られた状況で、15:15には前日比0.2㌦高の213.41㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.47㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.61倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲10.09%、東証プライム騰落レシオは146.54%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月24日


04月24日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株24日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に213.55㌦で寄り付き開始し、FRBによる金融引締めによる警戒感やレーティング変更観測報道から売仕掛けの裁定解消売が入り、09:05には213.12㌦迄下げ幅拡大したが、米4月PMI総合指数が11カ月ぶりの水準迄改善し米株が小幅反発を受け、円高で燃料費の下落で空輸や陸運での銘柄が見直され、インバウンド消費も期待できることから続かず、 売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:18には213.91㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが罫線図上の陰の包み線を示現し天井圏の印から続かず、売仕掛けの裁定解消売りが入り、11:30には前日比0.62㌦高の213.66㌦をつけ、11:35には前日比0.62㌦高の213.66㌦で引けた。後場では12:30に213.48㌦で寄付、取引直後に213.42㌦に達した処で北米航路の海運市況悪化との報道を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:10には213.62㌦迄上げ幅拡大したが国内外で主要企業の決算発表の本格化を控え、積極的に持ち高を傾ける動きは限られ様子見ムードにより続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:48には213.07㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎え、罫線図上の二本の差込線が示現した事より売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比0.22㌦高の213.26㌦迄買戻され、日経平均オプション5月物は「コール」、「プット」共に売りが目立った状況で、15:15には前日比0.22㌦高の213.26㌦迄買戻され引けた。高安値幅は0.84㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.66倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲10.24%、東証プライム騰落レシオは133.10%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月21日


04月21日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は反落、Topix、Topix先物は続落であった。新興株21日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に213.08㌦で寄り付き開始し、前日米株市場の下落が重荷となり売仕掛けの裁定解消売が入り、09:07には212.77㌦迄下げ幅拡大したが続かず、半導体関連株の大幅な上昇が支えとなり売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:00には214.48㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、景気や企業業績の先行きに慎重な機関投資家による売仕掛けの裁定解消売が入り、10:39には213.1㌦迄下げ幅拡大したが続かず、日銀の金融緩和スタンスや東証による低PBR企業への改善要請を好感した海外投資家による売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:25には213.61㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.14㌦安の213.43㌦をつけ、11:35には前日比0.14㌦安の213.43㌦で引けた。後場では12:30に213.31㌦で寄付後、前日米経済指標の弱さを受けて米長期金利が低下し、足元円相場が円高ドル安に振れていることから、銀行株や保険株に加え自動車業など輸出関連株に売仕掛けの裁定解消売が入り、13:36には212.61㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:50には213.18㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.69㌦安の212.88㌦迄戻売され、日経平均オプション5月物は「コール」は売られ「プット」は高安まちまちな状況で、15:15には前日比0.69㌦安の212.88㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.87㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.67倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲10.30%、東証プライム騰落レシオは135.61%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月20日


04月20日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は反発、Topix、Topix先物は続落であった。新興株20日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は上昇、SOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。NYダウの小幅続落を受けて売注文が先行。本日のドル建て日経平均は9:00に211.36㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:03には211.14㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが為替の円安進行や3月訪日外国人客数の良好な結果が巨大機関投資家心理を下支えし、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:02には212.79㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.19㌦高の212.55㌦をつけ、11:35には前日比0.19㌦高の212.55㌦で引けた。後場では12:30に212.52㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、212.46㌦迄下げ幅拡大したが岸田首相が海外からの投資促進策の一環として半導体分野のサプライチェーン確立の「アクションプラン」を策定する方針と伝わった事で続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:04には213.01㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:58には212.83㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:12には213㌦迄上げ幅拡大したが決算シーズン本格化を前に様子見ムードで続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、15:00には212.56㌦迄下げ幅拡大したが続かず、大引けでは前日比0.38㌦高の212.74㌦迄買戻され、日経平均オプション5月物は、「コール」は高安まちまち「プット」は総じて売られた状況で、15:15には前日比0.38㌦高の212.74㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.87㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.73倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲11.7%、東証プライム騰落レシオは128.09%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月19日


04月19日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株19日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日18日の米株相場は方向感に乏しい小動きであった。本日のドル建て日経平均は9:00に213.52㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:15には213.95㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、金曜日が米国ではトリプルウィッチングであり日本のSQに当たる事や、前日まで日経平均は八連騰で年初来高値をつけている影響から、スピード調整の売仕掛けの裁定解消売が入り、10:31には212.87㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、外為相場が円安水準で落ち着いていることから下値は限られ売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:27には213.38㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.51㌦安の213.31㌦をつけ、11:35には前日比0.51㌦安の213.31㌦で引けた。後場では12:30に213.10㌦で寄付後、電子機器や海運を中心に利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り、12:52には212.92㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米金融不安の和らぎをうけた保険株などに売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00には213.45㌦迄上げ幅拡大したが続かず、大引けでは前日比0.39㌦安の213.43㌦迄戻売され、日経平均オプション5月物は「コール」は売られ「プット」は買われた状況で、15:15には前日比0.39㌦安の213.43㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.08㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.74倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲11.53%、東証プライム騰落レシオは133.26%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月18日


04月18日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株18日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に212.46㌦で寄り付き開始し、米経済指標の上振れに伴う金利高が重石となり、売仕掛けの裁定解消売りが入り、09:06の212.11㌦迄下げ幅拡大し寄底を迎え最安値更新となったが、ドル円の上昇も手掛かりに、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:26には213.40㌦迄上げ幅拡大したがドル円相場の上昇が続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:45には213.06㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.20㌦高の213.26㌦をつけ、11:35には前日比1.20㌦高の213.26㌦で引けた。後場では12:30に213.39㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:50には213.07㌦迄下げ幅拡大したが続かず、ドル円の上昇も手掛かりに売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:15には213.43㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:50には212.81㌦迄下げ幅拡大したが中国経済指標が改善された事により、不動産・商社・中国関連銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比1.08㌦高の213.14㌦迄買戻され、日経平均オプション5月物は「コール」は買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比1.08㌦高の213.14㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.32㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.73倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲12.44%、東証プライム騰落レシオは125.60%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月17日


04月17日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株17日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に213.12㌦で寄り付き開始し、2か月ぶりの高値を回復していたNYダウが景気懸念で反落。ドル円の上昇等を手掛かりに、日本株の上昇を見越した売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:09には213.59㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、4月ミシガン大学消費者信頼感指数や同指数 の1年期待インフレ率が予想を上回った為、金利先高観が再燃し、連邦準備制度理事会(FRB)のウォーラー理事が一段の金融引締めが必要との考えから景気懸念が巨大機関投資家の中で起こり、売仕掛けの裁定解消売を起こすものが多い事から、10:07には212.21㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えた。しかし、外為市場で円安・ドル高方向に振れた事や、ダウ平均先物が時間外取引で底堅かった事により、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:45には212.86㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.13㌦安の212.66㌦をつけ、11:35には前日比0.13㌦安の212.66㌦で引けた。後場では12:30に212.71㌦で寄付後、円安・ドル高がさらに進む場面があり、罫線図上の一目均衡表では転換線が基準線を越えた事を確認した巨大機関投資家の中で、売仕掛け解消の裁定解消買を入れる者もいた事から、14:45には213.15㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.16㌦高の212.95㌦迄買戻され、日経平均オプション5月物は「コール」は高安まちまち、「プット」は総じて売られた状況で、15:15には前日比0.16㌦高の212.95㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.38㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.63倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲11.15%、東証プライム騰落レシオは112.31%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月14日


04月14日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株14日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に213.61㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、213.32㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎え寄底となった。13日発表の米卸売物価指数(PPI)が低下し市場予想を下回ったことで利上げ懸念が後退し前日の米株市場は主要指数が軒並み上昇した。また前日取引終了後業績予想を上方修正した値嵩株のファストリが大幅高となる、4月限オプション取引の特別清算指数算出日に絡む、需給要因買など幅広く売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:44には214.96㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:15には214.38㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:38には215.07㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、自動車や半導体などの主力株に対しては高値警戒感から売仕掛けの裁定解消売が入り、11:00には214.41㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.08㌦高の214.45㌦をつけ、11:35には前日比2.08㌦高の214.45㌦で引けた。後場では12:30に214.47㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:53には214.83㌦迄上げ幅拡大したが続かず、日本時間今夜の米小売売上高の発表を控え、また各社決算発表前であり警戒感が強まっていることから上値を追う動きは限られ、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:35には214.52㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:52には214.97㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.54㌦高の214.91㌦迄買戻され、日経平均オプション5月物は「コール」は買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比2.54㌦高の214.91㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.75㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.56倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲11.12%、東証プライム騰落レシオは104.30%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月13日


04月13日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株13日の東証マザーズ指数は続伸、東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米の消費者物価は9カ月連続で鈍化するもコア指数は上昇しF0MC議事要旨を受けて今後の景気懸念が残り米株は下落しました。本日のドル建て日経平均は9:00に210.11㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、210.10㌦迄下げ幅拡大し0.98㌦程下げた後、最安値更新を迎えたがドル高で続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り切返し、10:56には211.34㌦迄上げ幅拡大したが、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:30には前日比0.20㌦高の211.28㌦をつけ、11:35には前日比0.20㌦高の211.28㌦で引けた。後場では12:30に211.38㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、211.41㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:43には211.18㌦迄下げ幅拡大したが続かず、中国貿易統計改善を受け、中国輸出でのドル建てが増加した事で巨大機関投資家の中で売仕掛け解消の裁定解消買を入れる者もいた事から、14:10には211.69㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:50には211.45㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.56㌦高の211.64㌦迄買戻され、日経平均オプション4月物は「コール」は高安まちまちで「プット」は総じて売られた状況で、15:15には前日比0.56㌦高の211.64㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.59㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.48倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲7.59%、東証プライム騰落レシオは106.08%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月12日


04月12日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株12日の東証マザーズ指数は続伸、東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に209.47㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、209.45㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、米景気への過度な警戒感が和らいだことや11日に著名投資家バフェット氏による日本株や大手商社株への言及も好感され、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:04には209.99㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:25には209.50㌦迄下げ幅拡大したが続かず、足元円相場が下げ幅を広げていることから輸出関連株にも売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:25には210.43㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.30㌦高の210.30㌦をつけ、11:35には前日比1.30㌦高の210.30㌦で引けた。後場では12:30に210.32㌦で寄付後、心理的節目の210㌦台に届くと上値は重く利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り、13:56には210.11㌦迄下げ幅拡大したが、昨日のバフェット氏の日本株追加投資への検討発言への再度の期待も継続した事から下げが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:46には210.48㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、日本時間今夜の米消費者物価指数(CPI)の発表を控え巨大機関投資家が過度に持ち高を傾ける動きは限られ15:00大引けでは前日比1.19㌦高の210.19㌦迄買戻され、日経平均オプション4月物は「コール」は買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比1.19㌦高の210.19㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.02㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.48倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲6.86%、東証プライム騰落レシオは108.78%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月11日


04月11日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株11日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に208.92㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:10には209.29㌦迄上げ幅拡大したが、米雇用統計が労働市場の堅調さを示したため金利上昇を嫌気した事で続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:40には208.61㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、日本銀行の植田和男総裁が前日の記者会見で金融緩和の修正を急がない姿勢を示し、バフェット氏の日本株追加投資検討も追い風にした事で、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:06には210.21㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比2.85㌦高の209.80㌦をつけ、11:35には前日比2.85㌦高の209.80㌦で引けた。後場では12:30に209.81㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:50には209.57㌦迄下げ幅拡大したが続かず、韓国サムスン電子のメモリー半導体の減産表明等を背景に米フィラデルフィア半導体株指数(SOX)が大幅反発により売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:30には209.81㌦迄上げ幅拡大したが、今週末に控える米経済指標を気にかけての様子見ムードにより続かず、売仕掛けの裁定解消売りが入り、15:00大引けでは前日比2.17㌦高の209.12㌦迄買戻され、日経平均オプション4月物は「コール」は買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比2.17㌦高の209.12㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.6㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.36倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲5.21%、東証プライム騰落レシオは108.12%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月10日


04月10日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株10日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に209.5㌦で寄り付き開始し、予想並みの米雇用統計を受けて景気後退懸念がやや後退。これを受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:17には210.10㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが、先週雇用統計はあったが米国の休場を受け米株式相場の動向を見極めたいとの様子見ムードから続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:35には209.03㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.87㌦高の209.31㌦をつけ、11:35には前日比0.87㌦高の209.31㌦で引けた。後場では12:30に209.32㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:30には209.52㌦迄上げ幅拡大したが、今後発表される経済指標に対して様子見ムードが働き続かず、売仕掛けの裁定解消売りが入り、15:00大引けでは前日比0.87㌦高の209.31㌦迄買戻され、日経平均オプション4月物は「コール」は買いが目立ち「プット」は総じて売られた状況で、15:15には前日比0.87㌦高の209.31㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.07㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.26倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲2.10%、東証プライム騰落レシオは106.14%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月7日


04月07日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株07日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米株の小反発を手掛かりに、本日のドル建て日経平均は9:00に208.99㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:04には209.27㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが今晩の米雇用統計を前に警戒感が燻る事から続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:20には208.46㌦迄下げ幅拡大したが、ナスダック総合指数は+0.75%と4日ぶり反発を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:55には209.05㌦迄上げ幅拡大したがグッドフライデーの祝日対策で続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り揉合い後、11:30には前日比0.30㌦高の208.67㌦をつけ、11:35には前日比0.30㌦高の208.67㌦で引けた。後場では12:30に208.52㌦で寄付後、イベント向け様子見ムードから売仕掛けの裁定解消売が入り、12:39には208.24㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが、時間外取引のナスダック100先物が堅調な中、売仕掛け解消の裁定解消買が入り揉合い後、14:55には208.79㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.35㌦高の208.72㌦迄買戻され、日経平均オプション4月物は「コール」は高安まちまち、「プット」は売りが目立った状況で、15:15には前日比0.35㌦高の208.72㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.03㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.18倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲0.84%、東証プライム騰落レシオは107.5%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月6日


04月06日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株06日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米のISM非製造業景況指数が市場予想を大きく下回り、ADP雇用レポートも大幅に予想を下回った事からナスダックが大幅に3日続落。為替はドル安円高に振れ、本日のドル建て日経平均は9:00に210.42㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、210.58㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:23には209.50㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:06には210.27㌦迄上げ幅拡大したが亜細亜市場が軟調である事に加え、米国金曜日が祝日であるため続かず、売仕掛けの裁定解消売りが入り、11:30には前日比2.28㌦安の209.85㌦をつけ、11:35には前日比2.28㌦安の209.85㌦で引けた。後場では12:30に209.66㌦で寄付後この後場の高値209.78㌦を付け後、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:09には209.23㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:41には209.47㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:05の209.23㌦を付け下落後、買戻され13:25の209.47㌦を付け後、ドル安円高から売仕掛けの裁定解消売りが入り、14:25には209.19㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えた処で、罫線図上で「逆三尊成」に気付いた巨大機関投資家の中で、売仕掛け解消の裁定解消買を入れるものがいる事から、15:00には209.63㌦迄上げ幅拡大し買戻されたが続かず、大引けでは前日比2.60㌦安の209.53㌦迄戻売され、日経平均オプション4月物は「コール」は売られ「プット」は買われた状況で、15:15には前日比2.60㌦安の209.53㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.39㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.16倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲0.36%、東証プライム騰落レシオは103.79%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月5日


04月05日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topixは反落、Topix先物は続落であった。新興株05日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に213.47㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:02には213.64㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎え寄付き天井となった。前日米2月JOLTS求人件数が予想を下回り米株市場が下落したことでリスク回避が波及し、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:49には211.92㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:14には212.21㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.81㌦安の212.00㌦をつけ、11:35には前日比2.81㌦安の212.00㌦で引けた。後場では12:30に211.89㌦で寄付後、足元外為市場も円高ドル安に振れていることから輸出関連株を中心に売仕掛けの裁定解消売が入り、13:34には211.12㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:20には211.34㌦迄上げ幅拡大したが続かず、米景気減速を意識したグレマンハザード等海外巨大機関投資家の持高調整売に加え、国内金融機関が含み益のある保有株を売却する期初の益出しを行ったことによる売仕掛けの裁定解消売が入り、14:41には211.02㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが、持ち高一方向に偏るのは巨大機関投資家の中で危ういと考えるものから売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:55には211.35㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比3.60㌦安の211.21㌦迄戻売され、日経平均オプション4月物は「コール」は売られ「プット」は買われる状況で、15:15には前日比3.60㌦安の211.21㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.62㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.31倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲4.06%、東証プライム騰落レシオは111.44%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月4日


04月04日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topixは続伸、Topix先物は反落であった。新興株04日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落したがNBI指数は上昇、SOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米ナスダック安を受けて、本日のドル建て日経平均は9:00に213.17㌦で寄り付き開始し、一か月ぶりの高値を受けた利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り、09:02には212.60㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎え寄底となったが、前日米ダウ工業株30種平均の上昇を支えに買いが先行し、OPECプラスの減産発表による原油相場上昇によってINPEXなど資源関連に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:32には213.65㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:14には213.20㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.42㌦高の213.39㌦をつけ、11:35には前日比0.42㌦高の213.39㌦で引けた。後場では12:30に213.66㌦で寄付後、インフレ長期化懸念から医薬品などのディフェンシブ銘柄にも売仕掛け解消の裁定解消買が入り、213.68㌦迄上げ幅拡大したが続かず、引き続き根強いリセッション懸念から上値を追う動きは限られ、米ナスダック安を受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:55には213.38㌦迄下げ幅拡大し揉合いしたが、時間外取引のナスダック100先物が上昇したのを受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比0.75㌦高の213.72㌦迄買戻され、日経平均オプション4月物は「コール」と「プット」は共に売りが目立った状況で、15:15には前日比0.75㌦高の213.72㌦迄買戻され高値引けとなった。高安値幅は1.12㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.57倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲9.30%、東証プライム騰落レシオは119.50%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月3日


04月03日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月03日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株03日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米個人消費支出物価指数が市場予想を下回り、米の利上げ長期化観測が後退。米株の3日続伸、また日銀短観の非製造業業況判断指数の改善等を手掛かりに、本日のドル建て日経平均は9:00に211.57㌦で寄り付き開始し、ダウ平均先物が時間外取引で概ね底堅く推移した事等が日経平均先物の支援要因となり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:35には211.99㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:10には211.28㌦迄下げ幅拡大し、円安・ドル高方向に振れた事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:35には211.83㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:09には210.95㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.81㌦高の211.17㌦をつけ、11:35には前日比0.81㌦高の211.17㌦で引けた。後場では12:30に211.64㌦で寄付後、日銀短観の非製造業業況判断指数の改善等を手掛かりに売仕掛け解消の裁定解消買が入り12:35の211.71㌦迄上昇したが中国半導体関連等で失速し、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:30には211.34㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.10㌦高の211.46㌦迄買戻され、日経平均オプション4月物は「コール」は買いが目立ち「プット」は総じて売られた状況で、15:15には前日比1.10㌦高の211.46㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.04㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.53倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲8.37%、東証プライム騰落レシオは122.9%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月31日


03月31日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月31日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均先物、Topix先物は続伸、日経平均、ドル建て日経平均、Topixは反発であった。新興株31日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。欧米株高と円安を好感して、本日のドル建て日経平均は9:00に210.81㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:23には211.68㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが、売仕掛けの裁定解消売りが入り揉合い、11:23の210.67㌦迄下げ幅拡大したが、11:30には前日比1.99㌦高の211.1㌦をつけ、11:35には前日比1.99㌦高の211.1㌦で引けた。後場では12:30に210.83㌦で寄付後、2月鉱工業生産が予想を上回った他、香港ハンセン指数の上昇や中国3月の製造業購買担当者景気指数(PMI)の上振れも支援した事で、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:35には211.60㌦迄上げ幅拡大したが、今晩の米2月個人消費支出(PCE)コアデフレーターを前に様子見姿勢の拡大により、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:50には210.64㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが、東証がPBR1倍割れの企業に対して改善を要請した事は現物市場での割安株を中心とした材料と受け止められ売仕掛け解消の裁定解消買が入る事で続かず、15:00大引けでは前日比1.95㌦高の211.06㌦迄買戻され、日経平均オプション4月物は「コール」は総じて買われ「プット」は総じて売られた状況で、15:15には前日比1.95㌦高の211.06㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.04㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.23倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲6.89%、東証プライム騰落レシオは121.8%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月30日


03月30日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均先物、Topix先物は続伸、日経平均、ドル建て日経平均、Topixは反落であった。新興株30日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は反落し後場高値で終えています。3月期末の配当権利落日で落分が258円程と見られる中、欧米株高や円安等を支えに、本日のドル建て日経平均は9:00に209.75㌦で寄付き開始し後、欧米市場高でハイテク株が買われ、株価指数先物にも巨大機関投資家心理の改善を映し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:06には210.11㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが、配当再投資の影響剥落が意識されたのに加え、上昇して始まった香港ハンセン指数が下落に転じ、イベント追随型巨大機関投資家の中で売仕掛けの裁定解消売りを入れる者もいる事から、10:55の208.41㌦迄下げ幅拡大し円安一服から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比1.53㌦安の208.64㌦をつけ、11:35には前日比1.53㌦安の208.64㌦で引けた。後場では12:30に208.32㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、後場寄り付き直後208.26㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが、為替の円安進行や時間外取引のナスダック100先物の強含みが支援要因になった他、ハンセン指数が再びプラス圏に浮上した事もあり続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比0.76㌦安の209.41㌦迄戻売され、日経平均オプション4月物は「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で、15:15には前日比0.76㌦安の209.41㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.85㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.09倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲4.2%、東証プライム騰落レシオは112.1%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月29日


03月29日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株29日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は上昇、SOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に210.54㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:02には210.21㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新で寄り底となった。その後は三月決算企業の権利付き最終日であることから配当や株主優待を意識した買いが支援材料となり、中国アリババの事業再編を手掛かりとして同社に出資するソフトバンクグループも大幅反発するなど、広く売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:33には211.61㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:25には211.07㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.82㌦高の211.13㌦をつけ、11:35には前日比0.82㌦高の211.13㌦で引けた。後場では12:30に211.29㌦で寄付後、「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.89倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則に加え、外為市場で円安ドル高が進んでいることが輸出関連株にも追い風となり、継続的な売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00には213.21㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比2.79㌦高の213.21㌦迄買戻され、日経平均オプション4月物は「コール」は買われ「プット」は売られる状況で、15:15には前日比2.79㌦高の213.21㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.00㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.06倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲5.36%、東証プライム騰落レシオは117.30%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月28日


03月28日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株28日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場は経営破綻したシリコンバレーバンク(SVB)に対する買収が決定し金融システム不安が和らぎ金融株が堅調に推移した。これを受けて本日のドル建て日経平均は9:00に209.75㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:03には209.97㌦迄上げ幅拡大して、最高値更新し寄付き天井となった。その後はフィラデルフィア半導体株指数(SOX)指数の下落などをうけ半導体株に売りが出て上値は重く、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:54には209.13㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米景気の先行き懸念が和らいだことから自動車株やバリュー株にも売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:10には209.77㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:12の208.99㌦迄下げ幅拡大すると、「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.84倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.15㌦高の209.16㌦をつけ、11:35には前日比0.15㌦高の209.16㌦で引けた。後場では12:30に208.90㌦で寄付後、円高や米長期金利の上昇もグロース株中心に相場の重荷となり、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:10には208.67㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、時間外取引のナスダック100先物や香港ハンセン指数が堅調に推移し、売持高に対するヘッジにより売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00には209.51㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.31㌦高の209.32㌦迄買戻され、日経平均オプション4月物は「コール」と「プット」はともに総じて売られる状況で、15:15には前日比0.31㌦高の209.32㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.30㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.89倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲1.41%、東証プライム騰落レシオは112.96%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月27日


03月27日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均先物、Topix先物は続伸、日経平均、ドル建て日経平均、Topixは反発であった。新興株27日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に210.13㌦で寄り付き開始したが、先週ドイツ銀行が急落して欧州株が大幅安となったのを受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:31には209.19㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えた。しかし、「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.80倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則に加え、複数のアナリストがドイツ銀行に関し楽観的なレポートを発表したため懸念が緩和し、相場は上昇に転じ、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:40には210.14㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.66㌦高の210.05㌦をつけ、11:35には前日比0.66㌦高の210.05㌦で引けた。後場では12:30に210.11㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:48には210.6㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:05には210.15㌦迄下げ幅拡大したが続かず、ダウ平均先物が時間外取引で堅調なこともあり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:30には210.43㌦迄上げ幅拡大し揉合い、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:30には210.23㌦迄下げ幅拡大し、15:00大引けでは前日比0.7㌦高の210.09㌦迄戻売され、日経平均オプション4月物は「コール」は高安まちまち、「プット」は総じて売られた状況で、15:15には前日比0.7㌦高の210.09㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.4㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.84倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲0.93%、東証プライム騰落レシオは112.16%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月24日


03月24日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均先物、Topix先物は反発、日経平均、ドル建て日経平均、Topixは続落であった。新興株24日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に209.2㌦で寄り付き開始し、イエレン財務長官発言より売仕掛けの裁定解消売が入り、10:08には208.35㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えた。しかし時間外取引のナスダック100先物が堅調である事から個人投資家心理が改善し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:05には209.41㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.53㌦安の209.05㌦をつけ、11:35には前日比0.53㌦安の209.05㌦で引けた。後場では12:30に209.11㌦で寄付後、12:35の209.25㌦を一時的に付け後、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:10には208.73㌦迄下げ幅拡大したが、新規株式公開ラッシュ、年後半の市況回復や金利先高観の後退を背景に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:45には209.42㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比0.26㌦安の209.32㌦迄戻売され、日経平均オプション4月物は「コール」、「プット」共に高安まちまちな状況で、15:15には前日比0.26㌦安の209.32㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.07㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.80倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽0.12%、東証プライム騰落レシオは112.60%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月23日


03月23日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株23日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に207.17㌦で寄り付き開始し、連邦公開市場委員会(F0MC)では予想通り0.25pの利上げは決定された一方、金融不安を受けた不透明感を考慮して声明文が変更される等柔軟な姿勢が見られた。反面、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長が必要に応じた追加利上げを示唆した事や、イエレン財務長官による預金保護拡大を検討していないとの言及で先行き不安が再燃して、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:06には206.73㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えた、しかし香港ハンセン指数等の亜細亜市場の堅調性により巨大機関投資家心理改善へと向かい、売仕掛け解消の裁定解消買が揉合いながらも入り、11:25には208.49㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.51㌦安の208.44㌦をつけ、11:35には前日比0.51㌦安の208.44㌦で引けた。後場では12:30に208.26㌦で寄付後、時間外取引のナスダック100先物が堅調であった事から巨大機関投資家心理が改善し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:42には208.56㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:23には208.24㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が再度入り、14:48には208.91㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比0.36㌦安の208.59㌦迄戻売され、日経平均オプション4月物は「コール」は売られ「プット」は売りが優勢状況で、15:15には前日比0.36㌦安の208.59㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.18㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.82倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲0.22%、東証プライム騰落レシオは110.22%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月22日


03月22日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株22日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。前日米株市場はイエレン財務長官が預金保護などで金融システム不安を抑止することに積極的な姿勢を示し主要3指数はそろって上昇、欧州市場もUBSによるクレディスイス買収や各国中央銀行による迅速な対応への評価から概ね堅調に推移した。こうした流れを汲み本日のドル建て日経平均は9:00に206.25㌦と大幅反発で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:02には206.02㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、足元で下落が目立った金融株を中心に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:19には207.42㌦迄上げ幅拡大したが、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:12には206.21㌦迄下げ幅拡大したが「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.63倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則から続かず、景気敏感株を含め幅広い銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:45には207.62㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:10には207.16㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比3.89㌦高の207.47㌦をつけ、11:35には前日比3.89㌦高の207.47㌦で引けた。後場でも12:30に207.27㌦で寄付後、引き続き金融システム不安後退や堅調なアジア市場が支えとなり高値圏で推移し、先物買いの波及した売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:02には207.94㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが、米連邦準備制度理事会(FOMC)を明日未明に控え、金融引き締めの先行きが不透明であることから国内機関投資家は持ち高を傾けることに慎重な姿勢を示し、売仕掛けの裁定解消売が入り、15:00には207.36㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比3.94㌦高の207.53㌦迄買戻され、日経平均オプション4月物は「コール」は上昇し、「プット」は下落した状況で、15:15には前日比3.94㌦高の207.53㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.92㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.87倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲0.68%、東証プライム騰落レシオは114.05%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月20日


03月20日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株20日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に206.25㌦で寄り付き開始し、UBSによるC.スイスの買収合意、日米欧を中心とする六中銀がドル資金供給を支えに、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:29には207.11㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが香港市場でHSBCが下落を受け続かず、11:30には前日比1.72㌦安の205.14㌦をつけ、11:35には前日比1.72㌦安の205.14㌦で引けた。後場では12:30に204.77㌦で寄付後、205.95㌦迄上げ幅拡大したが中国市場のアリババ株も下がり続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:15には204.84㌦迄下げ幅拡大し、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:05には203.98㌦迄下げ幅拡大したが、F0MC前で祝日前持高調整の売仕掛けの裁定解消売りが入り、15:00大引けでは前日比2.94㌦安の203.92㌦迄戻売され、日経平均オプション4月物は「コール」は総じて売られ「プット」は総じて買われた状況で、15:15には前日比2.94㌦安の203.92㌦迄戻売され最安値更新を迎え引けた。高安値幅は3.19㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.63倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽5.04%、東証プライム騰落レシオは103.31%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月17日


03月17日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株17日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ファースト・リパブリック・バンクを米大手銀行が支援すると伝わり、米株は大幅に上昇。経営不安のC.スイスにもスイス中銀が資金供給すると速やかに対応した事が好感されて欧州株も上昇。本日のドル建て日経平均は9:00に204.01㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:02には204.17㌦迄上げ幅拡大したが進行テック系に投資している巨大機関投資家の収益懸念から続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:39には202.80㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.67倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則から買戻しが入り続かず、11:30には前日比1.37㌦高の203.72㌦をつけ、11:35には前日比1.37㌦高の203.72㌦で引けた。後場では12:30に203.86㌦で寄付後、中国・香港株の上昇や時間外取引のナスダック100先物が強含みした事を支援材料に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:25には204.93㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:05には204.35㌦迄上げ幅拡大したが続かず、巨大機関投資家の中で海外短期筋から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比2.42㌦高の204.77㌦迄買戻され、日経平均オプション4月物はコールが総じて上昇し、プットは下落した状況で、15:15には前日比2.42㌦高の204.77㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.13㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.81倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽0.95%、東証プライム騰落レシオは110.5%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月16日


03月16日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株16日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。スイス金融大手のクレディ・スイス・グループの経営不安が巨大機関投資家心理の重荷となり、本日のドル建て日経平均は9:00に200.98㌦で寄り付き開始し、金融セクター中心に売仕掛けの裁定解消売が入り、09:13には199.75㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが長期金利の大幅低下で続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:08には202.93㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、揉合い後11:06には201.54㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:29には202.33㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.91㌦安の202.31㌦をつけ、11:35には前日比1.91㌦安の202.31㌦で引けた。後場では12:30に201.95㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:47には201.64㌦迄下げ幅拡大したが、一方、スイス当局が必要なら同行に流動性を供給する姿勢を示したため、巨大機関投資家の中で売仕掛け解消の裁定解消買を入れる者もいることから、13:59には202.55㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:15には202.13㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米ファースト・リパブリック・バンクが自社の売却を含む戦略的選択肢を模索しているとの報道も先行き不透明感を払拭し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比1.64㌦安の202.58㌦迄戻売され、日経平均オプション4月物は「コール」は売られ「プット」は買われた状況で、15:15には前日比1.64㌦安の202.58㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.18㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.67倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽4.55%、東証プライム騰落レシオは107.04%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月15日


03月15日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株15日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米国時間朝方発表された2月の消費者物価指数(CPI)がヘッドラインとコアともに概ね市場予想通りとなりインフレピークアウト観測が強まり、システム不安による大幅な金融株の値下がりに対して巨大機関投資家の中のヘッジファンドからのバーゲンハントも入ったことで前日米株市場は6営業日ぶりに反発した。この事例や「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.76倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則から、本日のドル建て日経平均は9:00に204.28㌦で寄り付き開始し、自律反発を見込んだ売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:05には204.30㌦迄上げ幅拡大し寄付き天井化したが、結局これが今日の最高値となった。買い一巡後は依然根強い米国経済の不透明感やクレディスイスに関する「財務報告における顕著な脆弱性がある」とのリークへの警戒もあり売仕掛けの裁定解消売が入り、10:01には202.67㌦迄下げ幅拡大したが続かず、その後はアジア株式相場の上昇も支援要因となり11:30には前日比0.57㌦高の203.35㌦をつけ、11:35には前日比0.57㌦高の203.35㌦で引けた。後場では12:30に203.51㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:45には203.64㌦迄上げ幅拡大したが続かず、先物との価格差を利用して増加させていた買い持ち高に対し海外勢から散発的な売仕掛けの裁定解消売が入り、14:45には201.92㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比0.06㌦高の202.84㌦迄買戻され、日経平均オプション4月物は「コール」と「プット」は総じて売られた状況で、15:15には前日比0.06㌦高の202.84㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.38㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.83倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽2.29%、東証プライム騰落レシオは115.19%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月14日


03月14日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株14日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、SOX指数は下落、EPSとNBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。10日のシリコンバレーバンク(SVB)破綻に続き12日には暗号資産投融資で知られるシグネチャーバンクも破綻した影響で、米金融当局はすべての預金者を保護する方針を発表したものの、13日の米株市場では地銀を中心に銀行株が軒並み急落した。来週のFOMCで「利上げが見送られるのでは」という観測を背景にドル円が下落した事を背景に、本日のドル建て日経平均は9:00に206.10㌦で寄り付き開始し、米国の金融不安が波及して金融株に幅広くリスク回避の売仕掛け解消の裁定解消売が入り、ゆうちょ銀行株の売り出し価格発表による換金売りや下値支持線と見られていた200日移動平均線を下回ったことからのリスク回避売も影響し10:42には203.47㌦迄急落し、最安値更新を迎えた。その後は、鈴木俊一金融相の「SVBらの金融機関破綻が日本の金融システムに重大な影響を及ぼす可能性は低い」と発表したことを受けた押し目買いも入り、11:30には前日比3.99㌦安の204.95㌦をつけ、11:35には前日比3.99㌦安の204.95㌦で引けた。後場では12:30に204.78㌦で寄付後、前場の株価指数が日銀のETF買い入れ基準とみられている2%安を超えたことから介入を見込んだ売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:33には205.20㌦迄上げ幅拡大したが続かず、海外投資家によるリスク回避、安全資産である金への資金流入が加速した影響は重く、売仕掛けの裁定解消売が断続的に入り、14:30には203.89㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比4.59㌦安の204.35㌦迄戻売され、日経平均オプション4月物は「コール」は売られ「プット」は買いが目立った状況で、15:15には前日比4.59㌦安の204.35㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.63㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.76倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽2.49%、東証プライム騰落レシオは109.50%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月13日


03月13日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株13日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。先週末の米株がシリコンバレー銀行の破綻を受けて大幅続落した事やリスク回避で為替がドル安円高に振れた事等を重石に、本日のドル建て日経平均は9:00に207.45㌦で寄り付き開始し、取引直後の09:03に207.60㌦を付け後失速し寄付き天井化し、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:10でストキャスティクスの%Kが0を示し10:15には205.55㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが円安を迎えた事で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比3.25㌦安の206.11㌦をつけ、11:35には前日比3.25㌦安の206.11㌦で引けた。後場では12:30に206.35㌦で寄付き12:35の206.72㌦を付け後、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:45には206.01㌦迄下げ幅拡大したがダウ平均先物が堅調であり、日銀ETF買い期待に加え配当落分の先物再投資による売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:55には207.2㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.31㌦安の207.05㌦迄戻売され、日経平均オプション4月物は、「コール」は総じて売られ「プット」は買われた状況で、15:15には前日比2.31㌦安の207.05㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.05㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.12倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲4.08%、東証プライム騰落レシオは122.20%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月10日


03月10日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株10日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。円安や資本効率改善を支えに昨日は高値を回復。米国は利上げ再加速や金融不安を背景にした米株の反落。これらを基に、本日のドル建て日経平均は9:00に208.51㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:09には208.79㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが、米国では新興企業向けの商業銀行事業を提供するSVBファイナンシャル・グループ株の急落で、信用不安が台頭し日本の値嵩金融ハイテク関連株等に幅広く、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:15には207.49㌦迄下げ幅拡大、ドル円は一時138円に迫り高値水準に迫った後135円台に下落を受け週末日銀の現状維持報道を受け持直し、137円に接近した処で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:30には208.21㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:18には207.54㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.59㌦安の207.67㌦をつけ、11:35には前日比2.59㌦安の207.67㌦で引けた。後場では12:30に207.96㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:35には208.33㌦迄上げ幅拡大したが、ダウ平均先物が一段と下げ幅拡大したことを受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:55には206.55㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比3.52㌦安の206.74㌦迄戻売され、日経平均オプション4月物は「コール」が下落し、「プット」は上昇した状況で、15:15には前日比3.52㌦安の206.74㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.24㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で52.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.33倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲7.53%、東証プライム騰落レシオは127.62%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月09日


03月09日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株09日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米株は小動きまちまちでしたが、本日のドル建て日経平均は9:00に208.68㌦で寄り付き開始し、低PBR銘柄是正買付傾向から資本効率の改善へと繋がり、明日のメジャーSQ(MSQ)に向けた買戻し対策から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:07には209.31㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎え上げ幅2.12㌦を迎え寄付き天井化したが、巨大機関投資家の中では持高調整を行う者もいる事から、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:32には208.03㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎え、割安押目と見てドル高より売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:46には208.68㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:50には208.08㌦迄下げ幅拡大したが続かず、「孕みの下支え(レンジ相場で2分間隔をおいて連続で下げた後は上昇するという経験則)」という理論から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比1.17㌦高の208.36㌦をつけ、11:35には前日比1.17㌦高の208.36㌦で引けた。後場では12:30に208.31㌦で寄付後、ドル高押目から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:00には208.47㌦を付けたが失速し、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:06には208.15㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00には208.65㌦迄上げ幅拡大したが続かず、米10年債利回りが4%以下の状態から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比1.31㌦高の208.50㌦迄買戻され、日経平均オプション3月物は「コール」は買いが目立ち「プット」は総じて売られた状況で、15:15には前日比1.31㌦高の208.50㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.28㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で38.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.6倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲12.93%、東証プライム騰落レシオは132.6%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月08日


03月08日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株08日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。FRB議長発言を受け利上げ再加速への警戒から、米株は大幅に下落。これらを受け、本日のドル建て日経平均は9:00に205.97㌦で寄り付き開始し取引直後205.94㌦を付け、最安値更新を迎え円安より、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:25には206.90㌦迄上げ幅拡大し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:45には206.5㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:30には207.39㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:00には206.83㌦迄下げ幅拡大したが続かず、円安により売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.45㌦高の206.95㌦をつけ、11:35には前日比0.45㌦高の206.95㌦で引けた。後場では12:30に206.98㌦で寄付後、インバウンド期待やSQ取引で現物買いが支えられ、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:45には207.66㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比0.98㌦高の207.48㌦迄買戻され、日経平均オプション3月物は「コール」は買いが目立ち「プット」は総じて売られた状況で、15:15には前日比0.98㌦高の207.48㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.72㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.42倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲11.24%、東証プライム騰落レシオは124.50%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月07日


03月07日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株07日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米FRB議長発言を控えて米株は前日の終値近辺で終えましたが、本日のドル建て日経平均は9:00に207.47㌦で寄り付き開始し小幅に下げて始まった後、為替の円安に加えて時間外取引のナスダック100先物が堅調に推移していた事を背景に直ぐにプラスに転換。香港ハンセン指数の上昇も追い風に売仕掛け解消の裁定解消買が入り揉合い後、10:35には208.91㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:00には208.36㌦迄下げ幅拡大したが中国株の前場上昇を受け買い戻しが入り、11:30には前日比0.85㌦高の208.58㌦をつけ、11:35には前日比0.85㌦高の208.58㌦で引けた。後場では12:30に208.39㌦で寄付後、メジャーSQ前の思惑買いや先物とオプションの決済及び、中国の景気回復期待から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:10には208.64㌦迄上げ幅拡大したが中国株の後場下落を受け続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比0.52㌦高の208.25㌦迄買戻され、日経平均オプション3月物は「コール」「プット」ともに下げが目立った状況で、15:15には前日比0.52㌦高の208.25㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.44㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.39倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲9.98%、東証プライム騰落レシオは123.41%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月06日


03月06日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株06日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日のアトランタ連銀のボスティック総裁による「FRBで0.25%の利上げを断固として支持する」という発言により株価を2日間引き上げたのを確認して長期金利低下を招き、本日のドル建て日経平均は9:00に207.41㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:30には208.17㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:15には207.40㌦迄下げ幅拡大したが続かず、ドル高受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:03には208.19㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比2.44㌦高の207.98㌦をつけ、11:35には前日比2.44㌦高の207.98㌦で引けた。後場では12:30に208.15㌦で寄付後、中国全人代を手掛かりに景気回復期待から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:05には208.18㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:00には207.84㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:55には208㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.28㌦高の207.82㌦迄買戻され、日経平均オプション3月物は「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で、15:15には前日比2.28㌦高の207.82㌦迄買戻され引けた。高安値幅は0.99㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.33倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲9.38%、東証プライム騰落レシオは120.11%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月03日


03月03日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月03日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株03日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に202.49㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:20の202.82㌦迄買戻されたが失速し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:31には202.29㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.04倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則に加え、FRB高官発言を受けて米株が買戻され、ドル建て日経平均ではこの流れを受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比2.93㌦高の204.07㌦をつけ、11:35には前日比2.93㌦高の204.07㌦で引けた。後場では12:30に204.10㌦で寄付後、中国全人代開幕に向け景気刺激策への思惑買いから売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:50には204.53㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、ドル安を受け売仕掛けの裁定解消売が入り、15:00には204.06㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比3.14㌦高の204.28㌦迄買戻され、日経平均オプション3月物は「コール」は総じて買われ「プット」は総じて売られた状況で、15:15には前日比3.14㌦高の204.28㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.24㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.21倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲6.16%、東証プライム騰落レシオは117.31%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月02日


03月02日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株02日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は上昇、SOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に202.51㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:09には202.19㌦迄下げ幅拡大したが、「設備投資費7.7%増」との報道を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:45には202.90㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが、小売企業の低調決算が失望されたほか、2月ISM製造業景況指数の支払い価格の上昇や連邦準備制度理事会(FRB)高官のタカ派発言による10年債利回り4%乗せが重石となり、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:43には201.36㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎え、11:30には前日比0.16㌦安の202㌦をつけ、11:35には前日比0.16㌦安の202㌦で引けた。後場では12:30に201.83㌦で寄付後、米国株引け後に発表された米セールスフォースの好決算を背景に時間外取引のナスダック100先物が上昇していたことや為替の円安が支援要因となり、円安中心の綱引き相場になり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:06には202.22㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:28には202.02㌦迄下げ幅拡大し、15:00大引けでは前日比0.13㌦安の202.03㌦迄戻売され、日経平均オプション3月物は「コール」と、「プット」はともに売られた状況で、15:15には前日比0.13㌦安の202.03㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.54㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.04倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲1.56%、東証プライム騰落レシオは110.03%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月01日


03月01日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株01日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米長期金利が上昇し米株反落を受け、本日のドル建て日経平均は9:00に200.92㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:50には201.44㌦迄上げ幅拡大したが続かず、巨大機関投資家間で売仕掛けの裁定解消売を入れる者もいて、10:00には200.50㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、罫線図上では二本の差込線を巨大機関投資家間で、売仕掛け解消の裁定解消買を入れるものもいて、11:24には201.61㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.01㌦高の201.54㌦をつけ、11:35には前日比0.01㌦高の201.54㌦で引けた。後場では12:30に201.84㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:55には201.75㌦迄下げ幅拡大したが、取引所改革による自社株買い等に加え、中国PMIの改善から中国景気回復期待が持たれ、揉合いしながら売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:35には202.15㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比0.52㌦高の202.05㌦迄買戻され、日経平均オプション3月物は「コール」は高安まちまちで、「プット」は売りが目立った状況で、15:15には前日比0.52㌦高の202.05㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.65㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.06倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲1.79%、東証プライム騰落レシオは113.97%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月28日


02月28日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均先物、Topix、Topix先物は続伸、日経平均、ドル建て日経平均は反発であった。新興株28日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米の1月耐久財受注が市場予想より悪化したが、利上げの再加速の観測より一旦和らいで買戻され米国株反発を受け、 本日のドル建て日経平均は9:00に202.03㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:05には202.53㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:20には202.13㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:55には202.54㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:10には202.09㌦迄下げ幅拡大したが円安傾向から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:35には202.47㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:30には前日比0.87㌦高の202.22㌦をつけ、11:35には前日比0.87㌦高の202.22㌦で引けた。後場では12:30に202.06㌦で寄付後、MSCIのリバランス売買に加え、罫線図により三尊天井形成を確認し売仕掛けの裁定解消売を巨大機関投資家の中で行うものもいた事から、14:33の201.18㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.05倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比0.16㌦高の201.51㌦迄買戻され、日経平均オプション3月物は「コール」と、「プット」でともに売りが目立った状況で、15:15には前日比0.16㌦高の201.51㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.36㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.03倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲1.06%、東証プライム騰落レシオは117.96%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月27日


02月27日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均先物、Topix、Topix先物は続伸、日経平均、ドル建て日経平均は反落であった。新興株27日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。1月の個人消費支出の物価指数が市場予想を上回って米の利上げ再加速の懸念等から米株が大幅に下落。本日のドル建て日経平均は9:00に200.35㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、9:05の200.57㌦迄一旦買戻されると米株の傾向を受け失速し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:10には200.13㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたがダウ平均先物が底堅く推移したのを受け続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:53には201.33㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.35㌦安の200.96㌦をつけ、11:35には前日比0.35㌦安の200.96㌦で引けた。後場では12:30に200.95㌦で寄付後、12:50の201.07㌦迄一旦買戻されたが、ドル安方向が影響し売仕掛けの裁定解消売が入り、13:50には200.84㌦迄下げ幅拡大したが続かず、日銀総裁候補の植田氏の発言により円安と捉えられたことから利上げ慎重で、イールドカーブコントロールは見直しを行う事から一時的インフレで安心材料と繋がりWBCの活躍期待から割安・高配当銘柄やスポーツ銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:50には201.29㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.22㌦安の201.09㌦迄戻売され、日経平均オプション3月物は「コール」、「プット」共に売りが目立つ状況で、15:15には前日比0.22㌦安の201.09㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.2㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.05倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲0.9%、東証プライム騰落レシオは126.4%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月24日


02月24日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株24日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に201.57㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:02には201.44㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.95倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:40には202.95㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:50には202.38㌦迄下げ幅拡大したが続かず、米株高の上昇や日銀次期総裁候補植田氏の発言から金融緩和継続の見方も支えとなり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:20には203.95㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比2.18㌦高の203.45㌦をつけ、11:35には前日比2.18㌦高の203.45㌦で引けた。後場では12:30に203.63㌦で寄付後、時間外取引のナスダック100先物が冴えないことから、米景気腰折れリスクから金利をこれ以上上げられないと考えた巨大機関投資家の中では、売仕掛けの裁定解消売を入れるものもいる事から、13:30には203.37㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.59㌦高の203.86㌦迄買戻され、日経平均オプション3月物は、「コール」は買いが目立ち「プット」は売られた状況で、15:15には前日比2.59㌦高の203.86㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.51㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.03倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲1.36%、東証プライム騰落レシオは127.78%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月22日


02月22日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株22日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米PMI改善により利上げ長期化観測が強化され、米金利上昇で更なる売圧力強化へ向かった。本日のドル建て日経平均は9:00に202.06㌦で寄り付き開始し取引直後高値202.31㌦を付け寄付き天井化し最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:43には200.43㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えた。日足罫線図では三角保合を形成しボリンジャーバンドでは狭いレンジ形成になっている事から―2σに沿って下落し下値トライとして5%迄下落確認後、巨大機関投資家の中では、売仕掛け解消の裁定解消買を入れる者がいる事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比2.66㌦安の200.93㌦をつけ、11:35には前日比2.66㌦安の200.93㌦で引けた。後場では12:30に200.89㌦で寄付後、下値サポート200ドル付近迄過剰下落化のため、持高を一方向に傾けるのは危険であるため、巨大機関投資家の中では売仕掛け解消の裁定解消買を入れ持高解消を測る向きもいる事から、12:50の201.06㌦迄買戻されたが続かず、国内は明日が祝日で休場となる他、今晩には米連邦公開市場委員会(F0MC)議事録の公表や、半導体 エヌビディアの決算等も控えている事から、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:25には200.75㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.73㌦安の200.86㌦迄買戻され、日経平均オプション3月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で、15:15には前日比2.73㌦安の200.86㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.88㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.95倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽2.30%、東証プライム騰落レシオは118.54%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月21日


02月21日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株21日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に204.74㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:10には204.49㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:35には205.13㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎え上値レジスタンスが一目均衡表の雲上限が抜けられない事から手掛かり材料難になり、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:00には203.79㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎え下値サポートが25日線で201.73㌦の中を上下している事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:05には205.03㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.09㌦安の204.99㌦をつけ、11:35には前日比0.09㌦安の204.99㌦で引けた。後場では12:30に204.88㌦で寄付後、香港ハンセン指数の下落が重石となり売仕掛けの裁定解消売が入り、13:55には204.68㌦迄下げ幅拡大したが続かず、バリュー株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:10には204.83㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.44㌦安の204.64㌦迄戻売され、日経平均オプション3月物は「コール」は総じて売られ「プット」は総じて買われた状況で、15:15には前日比0.44㌦安の204.64㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.34㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.1倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲1.78%、東証プライム騰落レシオは132.58%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月20日


02月20日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株20日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。SOX指数下げた上に米ナスダック総合指数の下落を重石に、本日のドル建て日経平均は9:00に204.84㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:21には204.31㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.07倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:35には205.10㌦迄上げ幅拡大したが続かず、円高傾向から売仕掛けの裁定解消売が入り、10:45には204.86㌦迄下げ幅拡大したが続かず、円安傾向から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:00には205.10㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.04㌦安の204.92㌦をつけ、11:35には前日比0.04㌦安の204.92㌦で引けた。後場では12:30に204.91㌦で寄付後、NYダウ等の反発を支えに売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:15には205.05㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:00には204.89㌦迄下げ幅拡大したが、次期日銀総裁候補の所信聴取や、米1月の米個人消費支出(PCE)コアデフレーター発表等重要イベントが控えている事もあり、売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、15:00大引けでは前日比0.14㌦高の205.10㌦迄買戻され、日経平均オプション3月物は「コール」と、「プット」はともに売られた状況で、15:15には前日比0.14㌦高の205.10㌦迄買戻され引けた。高安値幅は0.79㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.11倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲2.62%、東証プライム騰落レシオは137.17%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月17日


02月17日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株17日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米の卸売物価指数が市場予想を上回った事やFRB高官の発言を受けまして利上げ長期化懸念から米株は大きく反落。 本日のドル建て日経平均は9:00に205.18㌦で寄り付き開始し、取引開始直後に205.04㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、一段の円安進行による支援要因で売仕掛け解消の裁定解消買が入り揉合い後、10:34には206.10㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:45には205.57㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:55には205.74㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:10には205.26㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.19㌦安の205.57㌦をつけ、11:35には前日比1.19㌦安の205.57㌦で引けた。後場では12:30に205.31㌦で寄付後、12:40の205.48㌦迄一旦買戻されたが続かず失速し、景気後退懸念から売仕掛けの裁定解消売りが入り14:30の205.16㌦迄下げ幅拡大したが、日本民間放送連盟は17日、「放送分野における外資規制等に係る法令改正に対する意見」を総務省に提出し今後実際に法改正という風になった場合には、外国人投資家の投資がしやすくなり株価が上昇するのではないかという思惑に加え、サウジアラビアの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)が、日本を代表する任天堂銘柄の保有比率を引上げし、売仕掛け解消の裁定解消買を入れた事が手掛かりとなり割安感から、巨大機関投資家の中では売仕掛け解消の裁定解消買を急遽後追いしたものもいた事から、15:00大引けでは前日比1.37㌦安の205.39㌦迄買戻され、日経平均オプション3月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で、15:15には前日比1.37㌦安の205.39㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.06㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.07倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲2.68%、東証プライム騰落レシオは126.73%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月16日


02月16日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株16日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落したがSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米1月小売売上高が予想を上回り金利上昇を嫌気した売り先行を受け、本日のドル建て日経平均は9:00に206.40㌦で寄付き開始し取引直後安値206.16㌦を付け後、SOX指数の上昇や景気後退懸念の緩和を背景に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:16には206.77㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:41には205.97㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎え、「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.10倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則から、揉合い後売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比1.65㌦安の206.92㌦をつけ、11:35には前日比1.65㌦安の206.92㌦で引けた。後場では12:30に206.67㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:55には206.58㌦迄下げ幅拡大したが続かず、時間外取引のナスダック100先物がじわじわと上昇しドル円の上昇に繋がった事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:43には206.95㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比1.45㌦高の206.72㌦迄買戻され、日経平均オプション3月物は「コール」は買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比1.45㌦高の206.72㌦迄買戻され引けた。高安値幅は0.98㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.18倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲4.95%、東証プライム騰落レシオは126.38%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月15日


02月15日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株15日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に208.05㌦で寄り付き開始し、円安を手掛かりに売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:00には208.30㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎え寄付き天井化しNY市場下落をした事で続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:25には206.52㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.83㌦安の206.59㌦をつけ、11:35には前日比0.83㌦安の206.59㌦で引けた。後場では12:30に206.43㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:35には206.23㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、円安を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:05には206.59㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:30には206.34㌦迄下げ幅拡大した。今晩の米1月小売売上高や鉱工業生産を見極めたいとの思惑も働く事で、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00には206.66㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.76㌦安の206.66㌦迄戻売され、日経平均オプション3月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で、15:15には前日比0.76㌦安の206.66㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.07㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.10倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲3.02%、東証プライム騰落レシオは120.32%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月14日


02月14日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株14日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米株高や円安を好感して、本日のドル建て日経平均は9:00に209.23㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消買が入り、9:01の209.35㌦迄上げ幅拡大し朝方2.22㌦近く上昇し寄付き天井化した後、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:32の208.08㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.04倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則から続かず、11:30には前日比1.15㌦高の208.28㌦をつけ、11:35には前日比1.15㌦高の208.28㌦で引けた。後場では12:30に208.26㌦で寄付後、東京時間においても時間外取引の米10年債利回りの低下基調が続いた事が 巨大機関投資家心理を改善させ、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:45には208.56㌦迄上げ幅拡大。しかし今晩の米1月消費者物価指数 (CPI)の発表を前に、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:25の208.36㌦迄下げ幅拡大したが、売過ぎからの売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:55の208.62㌦迄買戻されたが続かず、15:00大引けでは前日比1.32㌦高の208.45㌦迄買戻され、日経平均オプション3月物は「コール」は総じて買われ「プット」は総じて売られた状況で、15:15には前日比1.32㌦高の208.45㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.27㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.1倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲4.29%、東証プライム騰落レシオは130.15%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月13日


02月13日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株13日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に209.63㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:04には209.78㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが、ミシガンの予想インフレ率の上昇を受けまして、利上げ継続の見方は続き、ナスダックは3日続落。明日のCPI発表を前に値嵩ハイテク株中心に、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:30には207.47㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが、11:30には前日比2.4㌦安の208.14㌦をつけ、11:35には前日比2.4㌦安の208.14㌦で引けた。後場では12:30に208.49㌦で寄付後、12:45の208.66㌦迄一旦買戻されるが 売仕掛けの裁定解消売が入り、13:40には208.28㌦迄下げ幅拡大したが続かず、日銀をめぐって金融緩和策の修正観測が燻っている事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:45には208.71㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.85㌦安の208.69㌦迄戻売され、日経平均オプション3月物は「コール」が総じて売られ「プット」は買いが目立った状況で、15:15には前日比1.85㌦安の208.69㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.31㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.04倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲2.59%、東証プライム騰落レシオは124.4%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月10日


02月10日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、Topixは続伸、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix先物は反発であった。新興株10日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に210.83㌦で寄り付き開始し、米株続落を受け売仕掛けの裁定解消売が入り、09:03には210.05㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、SQ日を迎え「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.97倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則から、売仕掛け解消の裁定解消買が値嵩株に入り、10:36には211.61㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比1.06㌦高の210.92㌦をつけ、11:35には前日比1.06㌦高の210.92㌦で引けた。後場では12:30に210.66㌦で寄付後、香港ハンセン指数の大幅下落を受け売仕掛けの裁定解消売が入り、14:20には210.08㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.65㌦高の210.52㌦迄買戻され、日経平均オプション3月物は「コール」は買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比0.65㌦高の210.52㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.55㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.02倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲5.53%、東証プライム騰落レシオは130%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月9日


02月09日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topixは続伸、日経平均先物、Topix先物は反落、日経平均、ドル建て日経平均は続落であった。新興株09日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米株の反落等を重石に本日のドル建て日経平均は9:00に209.03㌦で寄り付き開始し、取引開始直後高値209.29㌦を付け後、明日SQ算出日でもありEPSが下落中で東芝に買収提案があったが、プレミアムが付かない状況で上場廃止が推測されるとの観測から、日本の代表銘柄として調子が悪いという事で、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:12には208.81㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えた。しかし、為替の円高進行が一服し割安感から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:31には209.55㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:14には209.09㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.97㌦安の209.23㌦をつけ、11:35には前日比0.97㌦安の209.23㌦で引けた。後場では12:30に209.29㌦で寄付後、午前のトヨタ自動車の決算が「市場予想を上回った」という報道を受け、日本を代表する銘柄がすべて悪いわけではないという巨大機関投資家心理改善に加え、時間外取引のナスダック100先物や亜細亜市況が上げ幅を広げた事が支援要因になり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:53には210.42㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比0.17㌦安の210.03㌦迄戻売され、日経平均オプション2月物は「コール」と、「プット」とも売りが目立った状況で、15:15には前日比0.17㌦安の210.03㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.61㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.97倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲4.91%、東証プライム騰落レシオは128.14%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月8日


02月08日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topix、Topix先物は続伸、日経平均先物は変わらず、日経平均、ドル建て日経平均は続落であった。新興株08日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米国株反発支えに、本日のドル建て日経平均は9:00に211.30㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:02には211.51㌦迄上げ幅拡大し小高く上昇したが続かず、ファーストリテイリングやソフトバンクグループ等の決算悪化を受け、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:40には209.52㌦迄下げ幅拡大したが続かず揉合い後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:00には210.16㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.09㌦安の210.17㌦をつけ、11:35には前日比1.09㌦安の210.17㌦で引けた。後場では12:30に210.20㌦で寄付後、割安感から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:30に210.51㌦迄買戻した後、14:30には210.28㌦迄下げ幅拡大した処で、NY原油の上昇を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:05には210.65㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.61㌦安の210.65㌦迄戻売され、日経平均オプション2月物は、「コール」と「プット」ともに売られた状況で、15:15には前日比0.61㌦安の210.65㌦迄買戻しされ引けた。高安値幅は1.99㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.93倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲5.48%、東証プライム騰落レシオは119.07%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月7日


02月07日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、Topixは続伸、Topix先物は変わらず、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は反落であった。新興株07日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米国で利上げ停止観測が後退している中、米の長期金利が1か月分に迄上昇し、ドル円も1か月ぶりの高値水準となったことを受け、本日のドル建て日経平均は9:00に209.24㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:16には209.76㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが、米株の続落等が重石となり、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:39には209.06㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:05には209.40㌦迄上げ幅拡大したが、11:30には前日比0.46㌦高の209.31㌦をつけ、11:35には前日比0.46㌦高の209.31㌦で引けた。後場では12:30に209.24㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:40には209.22㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:50には208.61㌦迄下げ幅拡大したが続かず、CPIが4%程しか出せず賃金がこの部分を追い越す事が出来ず、実質所得が悪化し消費意欲を下げ、成長率を奪い景気指数が午後悪化している事から、売仕掛けの裁定解消売りが入り、13:51の208.61㌦迄下げ幅拡大し最安値更新となり、円安での割安感に加え、長期金利下落による売仕掛け解消の裁定解消買いが入る事で、15:00大引けでは前日比0.06㌦安の208.79㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」、「プット」ともに売りが目立った状況で、15:15には前日比0.06㌦安の208.79㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.15㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.87倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲6.62%、東証プライム騰落レシオは118%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月6日


02月06日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株06日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に210.61㌦で寄り付き開始し、「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.78倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:05には211.03㌦迄上げ幅拡大したが、米利上げの早期停止観測が後退し、売仕掛けの裁定解消売が入り、9:38の210.00㌦迄下げ幅拡大したが、日銀総裁の人事観測報道が伝えられ、 日銀の緩和的な金融政策が続くとの見方が広がり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:23には211.04㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比2.22㌦高の210.89㌦をつけ、11:35には前日比2.22㌦高の210.89㌦で引けた。後場では12:30に210.59㌦で寄付後、12:35の210.62㌦迄一時買戻され後場高値更新を迎えたが、香港ハンセン指数が大幅安となった事もあり、売仕掛けの裁定解消売が入り揉合い後、14:56には209.79㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比1.40㌦高の210.07㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」に値上がりが目立ち、「プット」は下落した状況で、15:15には前日比1.40㌦高の210.07㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.25㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.84倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲6.99%、東証プライム騰落レシオは118.24%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月3日


02月03日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月03日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は続伸、Topix、Topix先物は反発であった。新興株03日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に213.45㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:00には213.38㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが続かず、欧州の長期金利低下を受け、米国の長期金利も低下しナスダックは大幅に3日続伸し底入れ期待等を支えに、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:36には214.68㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.91㌦高の213.95㌦をつけ、11:35には前日比0.91㌦高の213.95㌦で引けた。後場では12:30に213.75㌦で寄付後、「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.73倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:40には214.07㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:25には213.63㌦迄下げ幅拡大した。米雇用統計を見極めたいという思惑から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比0.84㌦高の213.88㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」が買われ、「プット」は売りが目立った状況で、15:15には前日比0.84㌦高の213.88㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.3㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.78倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲5.23%、東証プライム騰落レシオは114.1%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月2日


02月02日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は続伸、Topix、Topix先物は続落であった。新興株02日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米株高を引継いで本日のドル建て日経平均は9:00に212.96㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:03には213.1㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:15には212.06㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えた。心理的節目を手前に一進一退となり売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:26には213.09㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.35㌦高の212.48㌦をつけ、11:35には前日比0.35㌦高の212.48㌦で引けた。後場では12:30に212.27㌦で寄付後、為替の円高が重しとなり、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:35には212.13㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:04には212.81㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.43㌦高の212.56㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」は高安まちまちで「プット」は総じて売られた状況で、15:15には前日比0.43㌦高の212.56㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.04㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.73倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲4.24%、東証プライム騰落レシオは121.4%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月1日


  02月01日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は反発、Topix、Topix先物は続落であった。新興株01日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は米雇用コスト指数の上昇が市場予想を下回ったことで前日米株市場が堅調に推移したことを受け9:00に211.28㌦で寄り付き開始し、直後9:03に211.77㌦で最高値更新を迎えたが、戻り待ちの売仕掛けの裁定解消売が入り、09:25には210.91㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:50には211.47㌦迄上げ幅拡大したが27,500円の上値抵抗水準が意識され、11:30には前日比0.38㌦高の210.46㌦をつけ、11:35には前日比0.38㌦高の210.46㌦で引けた。後場では12:30に210.41㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:40には210.54㌦迄上げ幅拡大したが続かず、中国製造業購買担当者景気指数が50を下回った影響で売仕掛けの裁定解消売が入り、13:15には210.05㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが、その後はFOMCや米ハイテク大手の決算発表を直前に控え持ち高を傾ける動きは限られる中、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:30には210.33㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.15㌦高の210.23㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」、「プット」ともに買いが目立った状況で、15:15には前日比0.15㌦高の210.23㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.72㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.74倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲3.83%、東証プライム騰落レシオは127.6%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月31日


01月31日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月31日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は反落、Topix、Topix先物は続落であった。新興株31日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に210.62㌦で寄り付き開始し、足元円安ドル高に支えられ売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:15には210.89㌦迄上げ幅拡大したが日銀新総裁人事やFOMCを前に上値は重く、利益確定売りが出て売仕掛けの裁定解消売が入り、10:30には210.01㌦迄下げ幅拡大したが続かず、決算発表を手掛かりに売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:40には210.49㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:10には210.15㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.03㌦安の210.40㌦をつけ、11:35には前日比0.03㌦安の210.40㌦で引けた。後場では12:30に210.33㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:05には209.89㌦迄下げ幅拡大したが続かず、東ガスの大幅上方修正などを受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:25には210.11㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:55には209.42㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比0.82㌦安の209.61㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」は売られ「プット」は買いが目立った状況で、15:15には前日比0.82㌦安の209.61㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.48㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.77倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲3.85%、東証プライム騰落レシオは125.61%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月30日


01月30日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、ドル建て日経平均は続伸、Topix、Topix先物は反落、日経平均先物は反発であった。新興株30日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に210.95㌦で寄り付き開始し、取引直後に210.68㌦を付けた処で「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.9倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則に加え、米個人消費者支出の物価動向が低下し、金利先高観が後退を受け米株上昇を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:16には211.73㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが、外債投資を実施していた地銀の中で外債下落から一時地銀株が下がり、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:35には210.69㌦迄下げ幅拡大したが、地銀株の下落が波及しない事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:25には211.72㌦迄上げ幅拡大し、11:30には前日比0.70㌦高の211.63㌦をつけ、11:35には前日比0.70㌦高の211.63㌦で引けた。後場では12:30に211.27㌦で寄付後、12:40には一時211.47㌦迄買戻されるが、経済界や学識者でつくる「令和国民会議」(令和臨調)で、共同声明の見直しを提言したと伝わると、ドル/円相場が円高に進行し、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:16には210.58㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えた。しかし、「YCC運用見直し、緩和正常化の観点での決定ではない」という日銀黒田総裁会見から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:55には210.96㌦迄上げ幅拡大したが続かず、円高調整で売仕掛けの裁定解消売が入り、14:25には210.71㌦迄下げ幅拡大したが、連休中の需要回復から中国株が上昇を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比0.39㌦高の211.32㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」、「プット」共に総じて売られた状況で、15:15には前日比0.39㌦高の211.32㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.15㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.91倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲5.20%、東証プライム騰落レシオは128.95%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月27日


01月27日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均先物は反落し、Topix先物は変わらず、日経平均、ドル建て日経平均、Topixは反発であった。新興株27日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に210.81㌦で寄り付き開始し、米10 ―12月期国内総生産(GDP)が予想を上回ったため、景気後退懸念が緩和。金利上昇も限定的で巨大機関投資家心理が改善し「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.87倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:05には211㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが、日本銀行の緩和修正観測の高まりが重石になる事で、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:24には210.03㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.14㌦高の210.45㌦をつけ、11:35には前日比0.14㌦高の210.45㌦で引けた。後場では12:30に210.61㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:55には210.21㌦迄下げ幅拡大したが続かず、来週に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に巨大機関投資家による売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:35には210.60㌦迄上げ幅拡大したが続かず、買戻しが一服した事から売仕掛けの裁定解消売が入り、13:55には210.29㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.16㌦高の210.46㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」、「プット」共に下落が目立つ状況で、15:15には前日比0.16㌦高の210.46㌦迄買戻され引けた。高安値幅は0.97㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.9倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲4.81%、東証プライム騰落レシオは122.27%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月26日


01月26日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均先物、Topix先物は続伸、日経平均、ドル建て日経平均、Topixは反落であった。新興株26日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。今週発表予定の重要経済指標等を前にした買い戻しも入り、終盤にダウ平均はプラス圏に浮上。これらを受け、本日のドル建て日経平均は9:00に211.92㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:01には212.37㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:41には210.93㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:06には211.37㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.26㌦安の211.28㌦をつけ、11:35には前日比0.26㌦安の211.28㌦で引けた。後場では12:30に211.3㌦で寄付後、米市場の取引終了後に発表された半導体企業ラム・リサーチの決算が市場予想を大きく下回った事で、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:17には210.68㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、春節の連休明けの香港ハンセン指数が大幅高となっていた事や時間外取引のナスダック100先物が堅調に推移していたことが下支要因となり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:30には211.62㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:20には211.87㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.25㌦安の211.29㌦迄戻売され、日経平均オプション月物は「コール」は高安まちまちで「プット」は売りが目立つ状況で、15:15には前日比0.25㌦安の211.29㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.69㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.87倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲4.71%、東証プライム騰落レシオは114.1%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月25日


01月25日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株25日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日まで3営業日で900円近く上昇した影響で利益確定の売が入り本日のドル建て日経平均は9:00に208.79㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:05には209.86㌦迄上げ幅拡大し一旦伸び悩むも、「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.8倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則から再び売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:00には210.16㌦迄上げ幅拡大したが前日米株市場が高安まちまちであった影響から相場は方向感に乏しく、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:25には209.54㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.24㌦高の209.97㌦をつけ、11:35には前日比0.24㌦高の209.97㌦で引けた。後場では12:30に210.30㌦で寄付後、短期筋による株価指数先物への買いが現物にも波及した売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:44には211.08㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが上値は重く、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:30には210.56㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:20には210.80㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.74㌦高の210.47㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」は買いが目立ち「プット」は総じて売られた状況で、15:15には前日比0.74㌦高の210.47㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.29㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.89倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲5.10%、東証プライム騰落レシオは113.04%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月24日


01月24日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株24日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は前日FRBが1月31日~2月1日に開くFOMCにて「今春利上げを停止するために、労働需要や支出、インフレの鈍化がどの程度必要かを検討し始める可能性がある」との観測報道が入ったことで市場は利上げが最終局面に入ったと捉え、米株市場がハイテク株を中心に大幅高となっている流れを受けて、9:00に大幅高の207.90㌦で寄り付き開始し、さらに09:00には209.03㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:15には208.36㌦迄下げ幅拡大したが続かず、SOX指数が5%高と急伸していることと中国景気の回復期待に加え足元外為市場において円高ドル安基調が一服したことも受け値嵩の半導体関連銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:40には208.92㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:10には208.53㌦迄下げ幅拡大。一方で「33~55%のレンジ相場間売買で42.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.5倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則に加え、日銀のさらなる緩和修正に備えていた機関投資家を中心に日経平均先物に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:50には209.51㌦迄上げ幅拡大し日銀が事実上の利上げと捉えられたYCCの修正を発表した直前である12月19日の終値209.04㌦を一か月ぶりに上回った。前場終値は11:30には前日比3.32㌦高の209.35㌦迄戻り売りされ、11:35には前日比3.32㌦高の209.35㌦で引けた。後場では12:30に209.60㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:50には209.67㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、日米主要企業の決算発表を前に投資家の間に様子見姿勢も強まり売仕掛けの裁定解消売が入り、14:10には209.16㌦迄下げ幅拡大し一時下げ止まるも、15:00大引けでは再び前日比3.01㌦高の209.04㌦迄戻売され、日経平均オプション2月物は「コール」は買われ「プット」は売られる状況で、15:15には前日比3.01㌦高の209.04㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.77㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.8倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲4.02%、東証プライム騰落レシオは104.4%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月23日


01月23日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株23日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPS、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に207.44㌦で寄り付き開始し、ダウ平均先物がやや軟調だった事で売仕掛けの裁定解消売が入り、09:16には206.74㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.38倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則に加え、米株の大幅反発を受けて、売仕掛け解消の裁定解消買が入り揉合い、09:40には206.87㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:35には207.42㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.31㌦高の207.23㌦をつけ、11:35には前日比2.31㌦高の207.23㌦で引けた。後場では12:30に207.31㌦で寄付後、ダウ平均先物が底堅い動向を示した事で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:30には207.45㌦迄上げ幅拡大し、日銀トレードの売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:45には207.89㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比2.72㌦高の207.64㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」は買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比2.72㌦高の207.64㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.15㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.5倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽0.43%、東証プライム騰落レシオは99.48%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月20日


01月20日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株20日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは上昇したがNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。労働市場の強さ等から再び利上げ長期化観測等出て米株は続落。本日のドル建て日経平均は9:00に205.19㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、寄付き直後には204.99㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎え、為替の円高が一服し「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.3倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則を経験していた事が安心感を誘い、売仕掛け解消の裁定解消買が入り揉合い後、11:00には206.17㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.05㌦高の205.70㌦をつけ、11:35には前日比0.05㌦高の205.70㌦で引けた。後場では12:30に205.80㌦で寄付後岸田首相によりコロナを2類から5類にするという報道を受け、経済再活性化が進むという期待から円安が進み、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:40には206.28㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:55には198.27㌦迄下げ幅拡大したが続かず、香港ハンセン指数も大きく上昇したのを受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00には206.80㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎え、15:00大引けでは前日比1.15㌦高の206.80㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売りが目立った状況で、15:15には前日比1.15㌦高の206.80㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.81㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.38倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽4.52%、東証プライム騰落レシオは96.9%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月19日


01月19日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株19日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に206.12㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:06には205.47㌦迄下げ幅拡大したが続かず、昨日日銀の金融政策現状維持を受けまして、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:18には206.53㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、予想以上に落込んだ米の小売売上を嫌気した米株安や円高を重しに、売仕掛けの裁定解消売が入り、揉合い後、11:30には前日比2.51㌦安の205.56㌦をつけ、11:35には前日比2.51㌦安の205.56㌦で引けた。後場では12:30に205.32㌦で寄付後、12:35の205.42㌦迄値を一旦戻した後、円高や連銀の総裁によるタカ派発言により、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:19には204.79㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、中国のインバウンド期待から売仕掛け解消の裁定解消買が入り揉合い後、15:00大引けでは前日比3㌦安の205.07㌦迄戻売され、 日経平均オプション2月物は「コール」は売りが目立ち「プット」は総じて買われた状況で、15:15には前日比3㌦安の205.07㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.74㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.3倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽6.39%、東証プライム騰落レシオは94.8%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月18日


01月18日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株18日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は上昇、NBI指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は、休場明け17日の米株市場でハイテク株が堅調に推移したことを受け、9:00に204.75㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売りが入り、09:14には204.44㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:15には205.41㌦迄上げ幅拡大したが、日銀政策決定会合の結果公表を直前に控え上値は重く11:30には前日比2.18㌦高の205.15㌦をつけ、11:35には前日比2.18㌦高の205.15㌦で引けた。12時前に日銀政策決定会合でYCCによる金融緩和政策の維持が発表された事に加え、「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.22倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則を受け緊急確認する巨大機関投資家も中には多くいた事から、ネガティブサプライズに先物売りで備えていた海外巨大機関投資家による買戻しを受け、後場では12:30に208.64㌦で上げ幅を広げて寄付後、一時売仕掛けの裁定解消売が入り、12:50には207.45㌦迄下げ幅拡大したが続かず、足元が大きく円安ドル高に振れており輸出関連株をはじめとして幅広い銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:40には209.16㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:40には208.66㌦迄下げ幅拡大したが続かず、結果として「輸入インフレにブレーキが掛った」処に政策決定無しを受けた指数銘柄買戻しが大幅に入り、15:00大引けでは前日比5.09㌦高の208.96㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」は買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比5.09㌦高の208.96㌦迄買戻され引けた。高安値幅は4.72㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.45倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽2.35%、東証プライム騰落レシオは97.2%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月17日


01月17日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株17日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に201.77㌦で寄り付き開始し、前日の欧州主要株価指数が軒並み上昇した背景から、直近2営業日の下落幅における日銀の緩和修正思惑による折り込みが過剰と考え、「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で49.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.10倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則から、機関投資家を中心に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:20には203.09㌦迄上げ幅拡大し、一時上げ止まるも足元為替相場が前日比で円安ドル高に振れていることから再び売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:29には203.97㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、緩和修正思惑解消のために評価益が出ている銀行株を中心に売仕掛けの裁定解消売が入り、11:25には203.39㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.25㌦高の201.30㌦をつけ、11:35には前日比0.25㌦高の201.30㌦で引けた。後場では18日の日銀金融政策決定会合の結果発表を前に積極的に持ち高を傾ける動きは限られ12:30に201.09㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:05には203.68㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:50には203.37㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.46㌦高の203.51㌦迄買戻され、日経平均オプション2月物は「コール」総じて買われて「プット」は売られる状況で、15:15には前日比2.46㌦高の203.51㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.36㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.22倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽9.77%、東証プライム騰落レシオは95.5%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月16日


01月16日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株16日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米株は利上げ期待を背景に続伸したが、本日のドル建て日経平均は9:00に続落の202.18㌦で寄り付き開始し、寄付き直後202.73㌦を付け寄付き天井化した後、足元外為市場が円高ドル安基調であることが輸出関連株の重荷になっている影響で、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:15には201.48㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えた。また、食品や電力など内需関連株に相場は下支えされて売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:39には202.97㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、上昇していた銀行株に利益確定の売仕掛けの裁定解消売が入り、10:35には202.16㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:00には202.65㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.07㌦安の202.32㌦をつけ、11:35には前日比2.07㌦安の202.32㌦で引けた。後場では日銀の政策動向を待つ動きから積極的に持ち高を傾けにくい環境の中12:30に202.11㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、13:05には201.66㌦迄下げ幅拡大したが続かず、その後小幅に揉み合いながら上昇し売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:40には202.12㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.33㌦安の202.06㌦迄戻売され、日経平均オプション2月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買われた状況で、15:15には前日比2.33㌦安の202.06㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.49㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で49.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.10倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽13.54%、東証プライム騰落レシオは89.4%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月13日


01月13日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落、日経平均先物は続落であった。新興株12日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に204.13㌦で寄り付き開始し、米フィラデルフィア連銀・ハーカー総裁が0.25ポイントの小幅な利上げを支持し、米長期金利が大きく低下したことも相場を押し上げた事から寄付き直後に204.27㌦を付けたが9:25の203.26㌦迄下げ幅拡大し9:55の204.09㌦迄揉合いして為替の急速な円高進行が重石となり、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:34には201.8㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比2.31㌦安の202.21㌦をつけ、11:35には前日比2.31㌦安の202.21㌦で引けた。後場では12:30に202.33㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り12:35の202.16㌦迄下幅拡大したが、その後売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:00には202.58㌦迄上げ幅拡大したが、来週の金融政策決定会合での日本銀行による追加政策修正への思惑が燻る中、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:40には201.86㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比2.55㌦安の202.03㌦迄戻売され、日経平均オプション2月物は「コール」は総じて売られ「プット」は総じて買われた状況で、15:15には前日比2.55㌦安の202.03㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.47㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.22倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽10.61%、東証プライム騰落レシオは94.56%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月12日


01月12日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸、日経平均先物は反落であった。新興株12日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に200.33㌦で寄り付き開始し、インフレ減速期待で米株高となり、「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.22倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則から、寄付き直後高値として9:00の200.50㌦を付け、最高値更新となり寄付き天井化し、一時前日比0.63㌦高の200.50㌦迄上げ幅を超えました。しかし「日本銀行が次回会合で大規模金融緩和の副作用を点検する」と報道され売仕掛けの裁定解消売が入り直ぐに失速すると、09:38には199.25㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えた。持ち高を一方向に傾けるのは危険である事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:33には199.82㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:43には199.46㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.07㌦高の199.80㌦をつけ、11:35には前日比0.07㌦高の199.80㌦で引けた。後場では12:30に199.82㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:51には199.96㌦迄上げ幅拡大したが続かず、今晩の米12月CPIを見極めたいとする思惑から売仕掛けの裁定解消売が入り、13:14には199.69㌦迄下げ幅拡大したが、揉み合いが続き、15:00大引けでは前日比0.03㌦高の199.76㌦迄買戻され、日経平均オプション1月物は「コール」は売りが目立ち「プット」は高安まちまちな状況で、15:15には前日比0.03㌦高の199.76㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.25㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.27倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽7.27%、東証プライム騰落レシオは95.66%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月11日


01月11日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株11日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が講演で市場の懸念に反して金融政策に対し踏み込んだ発言をしなかったことで、前日の米株市場で主要株価指数が上昇し、また「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.10倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則の流れを受け9:00に199.37㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、 09:15には199.94㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:40には199.40㌦迄下げ幅拡大したが続かず、日経平均先物の買いが波及した売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:35には200.26㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、利益確定の動きから売仕掛けの裁定解消売が入り11:30には前日比2.13㌦高の200.09㌦をつけ、11:35には前日比2.13㌦高の200.09㌦で引けた。後場では12:30に199.83㌦で寄付後、12日発表の12月米消費者物価指数(CPI)の発表を前に様子見ムードが強まり売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:00には200.05㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:40には199.81㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.05㌦高の200.01㌦迄買戻され、日経平均オプション1月物は「コール」は買われ「プット」は売られた状況で、15:15には前日比2.05㌦高の200.01㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.11㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.22倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽7.58%、東証プライム騰落レシオは94.5%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月10日


01月10日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株10日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。12月雇用統計が労働市場の過熱緩和を示唆したため、金利先高観が後退。長期金利が一段と低下した事で、本日のドル建て日経平均は米賃金インフレの鈍化から米ダウ工業株30種平均が直近2営業日で上昇した影響もあり9:00に198.51㌦と続伸で寄り付き開始し、取引直後198.22㌦を付け後、「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で48.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.07倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則より金融引き締め長期化懸念の解消を背景にハイテク株を中心に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:13には199.57㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが、買い一巡後は外為市場が円高ドル安に振れていることなどから伸び悩み、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:15には198.37㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:55には198.99㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.71㌦高の198.68㌦をつけ、11:35には前日比1.71㌦高の198.68㌦で引けた。後場では12:30に198.39㌦で寄付後取引開始後安値として198.18㌦迄下げ幅拡大後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:00には198.54㌦迄上げ幅拡大したが続かず、その後は12日公表の米消費者物価指数(CPI)を見極めたいという思惑から小幅な値動きが続き、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:50には198.60㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.53㌦高の198.50㌦迄買戻され、日経平均オプション1月物は「コール」は買いが目立った状況で、15:15には前日比1.53㌦高の198.50㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.39㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.10倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽10.80%、東証プライム騰落レシオは83.7%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月6日


01月06日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株06日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、SOX指数は下落、EPSとNBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米12月ADP雇用リポートが予想を大幅に上回った事で、利上げ長期化観測の高まりが重荷となり、終日軟調に推移し米国株安に繋がり米国株安を引継いで、本日のドル建て日経平均は9:00に192.95㌦で寄り付き開始し、取引直後に192.80㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが続かず、タカ派筆頭格とされる米セントルイス連銀・ブラード総裁がタカ派色を弱める発言をした事が巨大機関投資家心理を支える中、一連の堅調な米雇用関連指標を受けて為替の円安が進み雇用統計前の持高調整が出ていた事が短期筋の買戻しを誘い、また、「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で51.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.02倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:22の194.74㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比1.16㌦高の194.71㌦をつけ、11:35には前日比1.16㌦高の194.71㌦で引けた。後場では12:30に194.89㌦で寄付後、心理的な節目の回復による目先の達成感から、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:25の194.29㌦迄下げ幅拡大したが、米ナスダック100先物が堅調推移を示した事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比1.15㌦高の194.70㌦迄買戻され、日経平均オプション1月物は「コール」が上げ、「プット」が下げた状況で、15:15には前日比1.15㌦高の194.70㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.35㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で48.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.07倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽13.39%、東証プライム騰落レシオは81.12%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月5日


01月05日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株05日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に195.08㌦で寄り付き開始し、4日発表のフランス消費者物価指数(CPI)がドイツCPIと同様に市場予想を下回る伸びとなったことからユーロ圏のインフレ緩和期待が高まり欧州株が大幅高となった影響に加え、「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で49.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.01倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:55には195.63㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:10には195.29㌦迄下げ幅拡大したが続かず、足元の為替が円安ドル高であり4営業日続落で200㌦割れとなっている割安感から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:31には196.00㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.66㌦高の194.92㌦をつけ、11:35には前日比0.66㌦高の194.92㌦で引けた。後場では12:30に194.72㌦で寄付後、日銀金融政策に対する不透明感や世界的な景気悪化懸念が上値を抑える展開で売仕掛けの裁定解消売が入り、12:43には194.52㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:10には195.2㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:25には194.94㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.79㌦高の195.05㌦迄買戻され、日経平均オプション1月物は「コール」は買いが目立ち「プット」は総じて売られた状況で、15:15には前日比0.79㌦高の195.05㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.48㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で51.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.02倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽15.43%、東証プライム騰落レシオは76.92%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月4日


01月04日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、ドル建て日経平均、Topixは反落、日経平均先物、Topix先物は続落であった。新興株04日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数、SOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。2023年の大発会となった本日のドル建て日経平均は前日3日の米株安や円高ドル安による輸出関連への重荷に加え、SOX指数の下落による半導体関連株の下落、原油安による原油関連株の下げなどから9:00に197.25㌦で寄り付き開始し直後197.30㌦で寄り天井となり、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:10には195.93㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えた。売り一巡後は金融緩和修正による銀行株が引き続き高く自律反発狙いの売仕掛け解消の裁定解消買も入り、09:30には197.04㌦迄上げ幅拡大したが続かず、中国国家統計局の発表した12月PMIが好不調の境である50を3カ月連続で下回り中国経済の不透明感も根強いことなども株価の重荷となり売仕掛けの裁定解消売が入り、09:50には196.08㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:35には197.12㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:55には196.26㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.82㌦安の196.41㌦をつけ、11:35には前日比2.82㌦安の196.41㌦で引けた。後場では12:30に196.43㌦で寄付後、材料難の他4日の米サプライマネジメント協会(ISM)による製造業景況感指数や米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表を待つ動きもあり様子見ムードが強く小幅な値動きとなり売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:05には196.79㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:00には196.75㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.88㌦安の196.35㌦迄戻売され、日経平均オプション1月物は「コール」は売られて「プット」は総じて買われる状況で、15:15には前日比2.88㌦安の196.35㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.37㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で49.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.01倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽17.00%、東証プライム騰落レシオは75.9%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月27日


12月27日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発、日経平均先物は続落であった。新興株27日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPS指数とNBI指数は下落、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に199.93㌦で寄り付き開始し、前日米株市場は休場であったが米株価指数先物が上昇していることに加え、中国がコロナ対策の入国規制を緩和すると発表したことを受けて売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:02には200.31㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、買い一巡後は根強い欧米の金融引締めに伴う景気後退懸念による売仕掛けの裁定解消売や戻り売りが入り、09:40には199.07㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:10には199.82㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:40には199.45㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:55には199.73㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.04㌦高の199.73㌦をつけ、11:35には前日比1.04㌦高の199.73㌦で引けた。後場では12:30に199.60㌦で寄付後、政府のコロナウイルスが急拡大している中国からの入国を規制する方針が報道されたことでインバウンド関連株を中心に売仕掛けの裁定解消売が入り、13:15には199.12㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:20には199.28㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、15:00には199.01㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え、15:00大引けでは前日比0.32㌦高の199.01㌦迄買戻され、日経平均オプション1月物は「コール」は高安まちまち「プット」は総じて売られる状況で、15:15には前日比0.32㌦高の199.01㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.30㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.26倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽10.49%、東証プライム騰落レシオは88.1%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月26日


12月26日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株26日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、NBI指数は下落、EPSとSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に198.08㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:00には198.05㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、先週末の米株がプラスに転じ全体のマクロ指標が改善した事に加え「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.23倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:06には199.13㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:05には198.1㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.01㌦高の198.61㌦をつけ、11:35には前日比1.01㌦高の198.61㌦で引けた。後場では12:30に198.61㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:40には198.93㌦迄上げ幅拡大したが、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:50には198.7㌦迄下げ幅拡大し、15:00大引けでは前日比1.29㌦高の198.89㌦迄買戻され、日経平均オプション23年1月物は「コール」が下げ、「プット」は上げた状況で、15:15には前日比1.29㌦高の198.89㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.08㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.26倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽11.21%、東証プライム騰落レシオは87.6%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月23日


12月23日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株23日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとSOX指数は下落、NBI指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に197.94㌦で寄り付き開始し、半導体メーカーのマイクロン・テクノロジーの低調な決算を材料にハイテク株が大きく売られた事も巨大機関投資家心理を悪化させ、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:48の197.18㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎え、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:50には198.16㌦迄上げ幅拡大し、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:20には197.84㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.25㌦安の197.96㌦をつけ、11:35には前日比2.25㌦安の197.96㌦で引けた。後場では12:30に198.01㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:50には198.58㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたがGDP確定値が上方修正されて金融引締めが警戒され続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:55には198.05㌦迄下げ幅拡大し、15:00大引けでは前日比2.06㌦安の198.15㌦迄戻売され、日経平均オプション23年1月物は「コール」が下げ、「プット」は上げた状況で、15:15には前日比2.06㌦安の198.15㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.4㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.23倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽13.34%、東証プライム騰落レシオは87%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月22日


12月22日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株22日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.21倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則及び欧米株高を受け、本日のドル建て日経平均は9:00に200.64㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:02には200.89㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎え寄付き天井化したが、日銀の更なる政策変更やー段の円高進行に対する警戒感が上値での戻待ち売りを誘い売仕掛けの裁定解消売が入り、10:35には199.48㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えた。時間外取引のナスダック100先物の大幅高を支援要因に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:23には200.33㌦迄上げ幅拡大し、11:30には前日比0.8㌦高の200.19㌦をつけ、11:35には前日比0.8㌦高の200.19㌦で引けた。後場では12:30に200.09㌦で寄付後、香港ハンセン指数が大幅高で推移して いた事を支援要因に繋がり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:30には200.49㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:55には200.16㌦迄下げ幅拡大し、15:00大引けでは前日比0.91㌦高の200.30㌦迄買戻され、日経平均オプション23年1月物は「コール」は高安まちまちで「プット」は総じて売られた状況で、15:15には前日比0.91㌦高の200.30㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.41㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.30倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽10.67%、東証プライム騰落レシオは92.79%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月21日


12月21日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株21日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、NBI指数は上昇、EPSとSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に201.50㌦で寄り付き開始し、昨日の日銀金融緩和縮小と円高を受けて売仕掛けの裁定解消売が入り、09:50には199.40㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、円高進行の一服と市場の急変が齎した株価の割安感から自律反発を見込んだ売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:45には202.03㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.45㌦安の201.21㌦をつけ、11:35には前日比0.45㌦安の201.21㌦で引けた。後場では12:30に200.82㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:40には200.16㌦迄下げ幅拡大したが、その後は新規材料に乏しいことから揉み合いが続き、14:10には200.06㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:45には200.85㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比1.37㌦安の200.29㌦迄戻売され、日経平均オプション1月物は「コール」は総じて売られて「プット」は買いが優勢な状況で、15:15には前日比1.37㌦安の200.29㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.63㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.21倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽12.24%、東証プライム騰落レシオは88.8%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月20日


12月20日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株20日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとEPSとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に199.20㌦で寄り付き開始し、足元の相場下落を受けて自律反発を狙った売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:20には199.61㌦迄上げ幅拡大したが続かず、19日米株式市場でナスダック総合指数が1.5%下げたほか、フィラデルフィア半導体(SOX)指数も1.4%下落した影響でハイテク株中心に売仕掛けの裁定解消売が入り、09:35には199.16㌦迄下げ幅拡大したが続かず、日本時間20日の米株価指数先物が堅調に推移していることや足元の円安ドル高も手掛かりに売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:20には199.8㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.57㌦高の199.63㌦をつけ、11:35には前日比0.57㌦高の199.63㌦で引けた。12時日銀の金融政策決定会合において長期金利の許容変動幅を±0.5%程度に拡大することが発表されたことで市場は想定外の緩和の修正と受け止め幅広い銘柄に売りが出て、後場では前場比大幅安の12:30に196.14㌦で寄付後、さらに売仕掛けの裁定解消売が入り、13:15には193.07㌦迄下げ幅拡大したが、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:40には194.26㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:35には193.06㌦迄戻売され、最安値更新を迎えたが続かず、売り一巡後は下値での押し目買いが入り15:00大引けでは前日比4.90㌦安の194.16㌦迄買戻され、日経平均オプション1月物は「コール」が下落し「プット」が上昇した状況で、15:15には前日比4.90㌦安の194.16㌦迄買戻され引けた。高安値幅は6.74㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で48.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.28倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽10.57%、東証プライム騰落レシオは94.6%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月19日


12月19日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株19日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとEPSは下落、VIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に200.35㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:02には200.86㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが、12月製造業・サービス業 PMI速報値が想定外に11月から悪化した為、景気後退懸念から売仕掛けの裁定解消売が入り、09:49には199.51㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎え下げ幅2.65㌦以上を記録。ここで罫線図上でのボリンジャーバンド-3σに到達した事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:15には200.67㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.24㌦安の199.92㌦をつけ、11:35には前日比2.24㌦安の199.92㌦で引けた。後場では12:30に199.99㌦で寄付後、FRB高官のタカ派姿勢継続から一時12:40の199.85㌦迄下げ幅拡大し揉合い後、長期金利の低下自体は株式の支援要因と考えられ売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:15には200.13㌦迄上げ幅拡大したが、15:00大引けでは前日比2.13㌦安の200.04㌦迄戻売され、日経平均オプション1月物は「コール」が売られ「プット」は買われた状況で、15:15には前日比2.12㌦安の200.04㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.35㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.48倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽1.56%、東証プライム騰落レシオは97%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月16日


12月16日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株16日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPS、NBI指数、SOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米連邦公開市場委員会で高水準の政策金利が長期で利上げ継続が示され、欧州中央銀行でもタカ派色を強めた事による景気後退懸念から、本日のドル建て日経平均は9:00に201.13㌦で寄り付き開始し、寄付直後の09:00には201.18㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:45には200.28㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比3.13㌦安の200.51㌦をつけ、11:35には前日比3.13㌦安の200.51㌦で引けた。後場では12:30に200.32㌦で寄付後、米国の小売売上高が予想以上の減少幅で、またクリスマス休暇前の持高調整やウィッチングデーに当たる事から、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:42には199.55㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎え、15:00大引けでは前日比3.81㌦安の199.83㌦迄買戻され、日経平均オプション23年1月物は「コール」が下げ、「プット」は上げた状況で、15:15には前日比3.81㌦安の199.83㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.63㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.58倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▽0.56%、東証プライム騰落レシオは102.2%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月15日


12月15日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株15日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、NBI指数は上昇、EPSとSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ひとまずイベントを通過した安心感から買い戻しも入り、本日のドル建て日経平均は9:00に206.69㌦で寄り付き開始し取引直後に206.67㌦を付け、最安値更新を迎えたが、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:40には207.96㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えた。しかしFOMCで利上げ幅縮小や来年の政策見通しが引き上げられた中で米株が下落し、中国小売売上高の下落を受け続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:52には207.32㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:15には207.59㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.55㌦安の207.36㌦をつけ、11:35には前日比0.55㌦安の207.36㌦で引けた。後場では12:30に207.28㌦で寄付後、中国の新型コロナ防疫措置の緩和が進む中、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:51には207.41㌦迄上げ幅拡大したが続かず、中国鉱業生産が市場予想を下回った事から売仕掛けの裁定解消売が入り、14:55には207.00㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.77㌦安の207.14㌦迄買戻され、日経平均オプション23年1月物は「コール」は総じて売られ「プット」も売りが目立った状況で、15:15には前日比0.77㌦安の207.14㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.29㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で38.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.75倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲5.13%、東証プライム騰落レシオは105.45%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月14日


12月14日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続伸であった。新興株14日の東証グロース指数、東証マザーズ指数は揃って続伸であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSとNBI指数、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。11月米消費者物価指数(CPI)の伸び率が市場予想を下回った影響で米国の利上げ長期化懸念が和らぎ13日の米株市場はハイテク株を中心に上昇した。本日のドル建て日経平均はこれをうけて9:00に206.74㌦で上放れて寄り付き開始し、買い一巡後は日銀短観の悪化より、伸び悩み売仕掛けの裁定解消売が入り、09:30には206.66㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えるも、ユナイテッドによるボーイングの大幅発注を受け、米株指数先物の時間外取引の上昇を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:00には208.00㌦迄上げ幅拡大したが続かず、円高と来年以降の景気後退懸念から売仕掛けの裁定解消売が入り、11:20には207.61㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比1.38㌦高の207.75㌦をつけ、11:35には前日比1.38㌦高の207.75㌦で引けた。後場では12:30に207.83㌦で寄付後、15日未明の米連邦公開市場委員会(FOMC)結果公表を控えイベント後の株高を見込んだ短期筋の買いが入っている影響で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:50には208.15㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、その後はFOMCの結果公表を待つ様子見ムードから上値は重く、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:05には207.87㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:25には208.03㌦迄上げ幅拡大し、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:40には207.85㌦迄下げ幅拡大し、15:00大引けでは前日比1.49㌦高の207.86㌦迄買戻され、日経平均オプション1月物は「コール」は高安まちまちで「プット」は売られた状況で、15:15には前日比1.49㌦高の207.86㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.49㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想PER12.77倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲6.31%、東証プライム騰落レシオは105.1%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月13日


12月13日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株13日の東証マザーズ指数、東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、CDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは下落、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は前日米株式相場の上昇やSOX指数が2%高となっている影響で前週の大幅下落を受けた買戻しがハイテク株中心に入り短期筋の買いが先行した大幅反発を迎え9:00に203.97㌦で寄り付き開始し、直後204.33㌦で最高値更新を迎えたが、短期筋の買い一巡後はコロナ蓄積による欧州景気後退を受け利益確定や戻り待ちの売りが出て売仕掛けの裁定解消売が入り、10:35には202.81㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:10には203.20㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.75㌦高の203.09㌦をつけ、11:35には前日比0.75㌦高の203.09㌦で引けた。後場では12:30に202.90㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:05には203.25㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11月米消費者物価指数(CPI)の発表を日本時間今夜に控えることから小幅な値動きが続く中、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:10には203.09㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:55には203.36㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.82㌦高の203.16㌦迄戻売され、日経平均オプション1月物は「コール」が上げ「プット」は下げる状況で、15:15には前日比0.82㌦高の203.16㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.52㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想PER12.69倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲4.17%、東証プライム騰落レシオは106.7%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月12日


12月12日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反落であった。新興株12日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は下落、EPSとCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米金融引締めが長期化するとの見方から運用リスクを回避する売りがやや優勢だった。これらを受け、本日のドル建て日経平均は9:00に203.14㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:00には203.1㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:35には203.67㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:30には203.87㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比0.58㌦安の203.73㌦をつけ、11:35には前日比0.58㌦安の203.73㌦で引けた。後場では12:30に203.7㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:20には204.06㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:50には203.8㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.43㌦安の203.88㌦迄戻売され、日経平均オプション1月物は「コール」は売られ「プット」は買われた状況で、15:15には前日比0.33㌦安の203.88㌦迄戻売され引けた。高安値幅は0.96㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.63倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲3.00%、東証プライム騰落レシオは108.7%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月9日


12月09日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は反発であった。新興株09日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとEPS、VIX指数、CDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日の米株式市場が上昇し巨大機関投資亜心理が改善された事で本日のドル建て日経平均は9:00に202.25㌦で寄り付き開始し、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:00には202.25㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:55には204.36㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:10には203.81㌦迄下げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.56㌦高の204.54㌦をつけ、11:35には前日比2.56㌦高の204.54㌦で引けた。後場では12:30に204.53㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:55には204.17㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:45には204.54㌦迄上げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比2.23㌦高の204.21㌦迄買戻され、日経平均オプション1月物は「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で、15:15には前日比2.23㌦高の204.21㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.34㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.66倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲3.7%、東証プライム騰落レシオは104.4%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月8日


12月08日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、Topix先物は続落であった。新興株08日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVIX指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、NBI指数は上昇、SOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米国の利上げ継続による景気減速が意識され、本日のドル建て日経平均は9:00に202.33㌦で寄り付き開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:00には202.48㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、09:15には201.13㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:25には201.45㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、10:55には200.81㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比0.82㌦安の201.29㌦をつけ、11:35には前日比0.82㌦安の201.29㌦で引けた。後場では12:30に201.51㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:45には201.95㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、14:40には201.58㌦迄下げ幅拡大したが続かず、15:00大引けでは前日比0.13㌦安の201.98㌦迄戻売され、日経平均オプション12月物は買う権利である「コール」は下落し、売る権利である「プット」はまちまちだった状況で、15:15には前日比0.13㌦安の201.98㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.67㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per16.05倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏▲0.13%、東証プライム騰落レシオは98.5%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月7日


12月07日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topixは反落、Topix先物は続落であった。新興株07日の東証マザーズ指数と東証グロース指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVIX指数は上昇、EPSとCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に201.99㌦で寄り付き開始後天井化し、利上げ長期化懸念から昨日の米株市場では主要株価指数がそろって大幅に下げており、SOX指数も2%超下げている影響で東京エレクトロンなど値嵩半導体関連株を中心に運用リスク回避のための売仕掛けの裁定解消売が入り、09:08には201.82㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えたが続かず、売り一巡後の押し目買いや円安水準の維持を見込んだバリュー株への物色から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:44には202.84㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:30には前日比0.94㌦安の202.62㌦をつけ、11:35には前日比0.94㌦安の202.62㌦で引けた。後場では12:30に202.24㌦で寄付後、売仕掛けの裁定解消売が入り、12:35には202.23㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:20には202.53㌦迄上げ幅拡大したが続かず、ハイテク株への売りが重石となって売仕掛けの裁定解消売が入り、13:35には202.2㌦迄下げ幅拡大したが続かず、中国のゼロコロナ政策の緩和期待を背景にインバウンド関連株に買いが入るなど売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:55には202.45㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比1.45㌦安の202.11㌦迄戻売され、日経平均オプション12月物は「コール」が下げ「プット」が上げた状況で、15:15には前日比1.45㌦安の202.11㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.02㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.59倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では高値圏1.29%、東証プライム騰落レシオは100.28%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月6日


12月06日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気となり、日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は続伸、Topixは反発、T