中小型株専門銘柄レポート『相場のキューピッド』

相場のキューピッド  大当たり速報

最終更新:2012年12月21日18:45 PM

 

12/21長大+23.3%(11/15推奨)

12/21電算+20.8%(11/16推奨)

12/21きもと+13.9%(11/21推奨)

12/21日本輸送+13.4%(11/30推奨)

12/21ソフトブレーン+13.3%(11/6推奨)

12/21じもとHD+13.3%(11/30推奨)

11/30山田コンサル+38.3%(11/20推奨)

11/30ハナテン+36.4%(11/26推奨)

11/30インタースペース+15.2%(11/27推奨)

11/30シノケンG+8.8%(11/28推奨)

11/30C&R +5.3%(11/20推奨)

11/30ショーエイコーポ-1.8%(11/27推奨)

11/27陽光都市+67.1%(11/20推奨)

11/27サニーサイド+23.1%(11/22推奨)

11/27日本エスコン+15.2%(11/22推奨)

11/27ベルマーク+10.9%(11/12推奨)

11/27モブキャスト-9.6%(11/11推奨)11/27Topixベア-12.2%(6/4推奨)

11/20ランドビジネス+123.9%(11/12推奨)

11/20アーバネット+28.8%(11/8推奨)

11/20アイフル+27.3%(11/14推奨)

11/20MDNT+11.2%(11/15推奨)

11/20オムロン+6.9%(11/8推奨)

11/20きちり-58.5%(6/18推奨)

11/20ドーン-59.6%(6/5推奨)

10/11ポールトゥウ+13.9%(6/27推奨)

10/11コスモバイオ+12.8%(6/12推奨)

9/20ヒューリック+19.8%(6/26推奨)

9/20ベネワン+7.6%(6/20推奨)

8/24ウェザーニュ+25.5%(6/19推奨)

8/24タカキュー+22.4%(6/19推奨)

8/24スタートトゥ+9.9%(6/15推奨)

7/18アストマックス+68.3%(6/29推奨)

7/18A&T+27.4%(6/12推奨)

7/18ライトオン+9.1%(6/25推奨)

7/18ニトリHD+6.3%(6/27推奨)

6/26アビックス+59.5%(6/21推奨)

6/26ロジコム+16.0%(6/22推奨)

6/26サニックス+11.0%(6/20推奨)

6/25ワンダー+16.8%(6/21推奨)

6/21ぱど+24.69%(6/11推奨)

6/21グラウンド+20.44%(6/11推奨)

6/19プラット+34.79%(6/11推奨)

6/19アビックス+17.79%(6/15推奨)

6/19オービス+10.08%(6/13推奨)

6/19リブセンス+8.05%(6/13推奨)

6/13テンプHD+13.46%(6/5推奨)

6/13光通信+6.91%(6/7推奨)

2/8ジオスター+1.36%(1/30推奨)

2/8インタースペース+1.98%(1/30推奨)

2/8インターアクション+0.74%(1/29推奨)

2/8リブセンス-1.36%(1/29推奨)

2/8イーブックイニシアティブジャパン+0.10%(12/16推奨)

2/8テラプローブ-1.60%(1/26推奨)

2/8KLab+6.36%(1/23推奨)

2/8ドリコム+9.85%(1/23推奨)

2/8日本道路+16.18%(1/16推奨)

2/8鐘崎+3.75%(1/12推奨)

2/8テンポスバスターズ-22.12%(1/9推奨)

2/8夢真ホールディングス+8.65%(1/9推奨)

2/8日東ベスト+0.12%(12/21推奨)

2/8ホリプロ-0.19%(12/21推奨)

2/8日本アビオニクス+9.52%(12/19推奨)

2/8パーク24-1.99%(12/16推奨)

2/83Dマトリックス-11.66%(12/15推奨)

1/19日本橋梁51.1%(1/16推奨)

1/19ナノキャリア+18.1%(1/12推奨)

1/19東京計器+13.2%(12/19推奨)

1/19東京リスマチック-9.0%(12/20推奨)

1/19ルック-10.0%(12/20推奨)

1/11 ダイユーエイト28.1%(12/27推奨)

1/11 やまや12.1%(12/15推奨)

1/11 GCジョイコ5.9%(12/18推奨)

1/5 シスウェーブ32.5%(12/27推奨)

12/27 エイジア37.1%(12/22推奨)

12/27 ワオコーポ12.4%(12/21推奨)

12/22 エイジア21.8%(12/20推奨)

12/22 スリープロ+18.8%(12/20推奨)

12/22 C-ノア+17.0%(12/20推奨)

12/22 ヤマナカ+15.4%(12/20推奨)

12/16免疫生物+39.7%(12/12推奨)

12/16 山王+30.9%(12/14推奨)

12/16 ピクルス+24.3%(12/13推奨)

12/16 ネプロ+16.6%(12/8推奨)

12/16 日本管理+10.6%(12/14推奨)

12/16 コナカ+10.4%(12/12推奨)

12/16 薬王堂+9.7%(12/13推奨)

12/16 キッセイ薬品+5.0%(12/12推奨)

12/15 日本管理+38.9%(12/12推奨)

12/15 共立メンテ+9.6%(11/16推奨)

12/15 梅の花+8.2%(12/8推奨)

12/15 協和キリン+2.4%(11/15推奨)

12/15 プロミス+1.8%(10/2推奨)

12/14 ドワンゴ+27.7%(11/15推奨)

12/14 スリープロ+29.8%(12/11推奨)

12/14 ガイヤHD+20.2%(12/12推奨)

12/14 あさひ+4.9%(11/28推奨)

12/14 アルインコ+6.2%(10/23推奨)

12/14 ツガミ-0.7%(11/28推奨)

12/13 市進HD-0.8%(11/20推奨)

12/08 フジプレアム+48.3%(12/06推奨)

12/08 省電舎+43.5%(12/06推奨)

12/08 きちり+41.9%(12/06推奨)

12/08 NPC +26.1%(12/06推奨)

「相場のキューピッド」及び「レポート会員」に掲載の銘柄、並びに「プレミアム会員 」及び「特別会員」に推奨の銘柄から、抜粋しています。

相場のキューピッド

究極の売買プログラムハイパーキューピッド

ハイパーキューピッド1号の運用パフォーマンス

最終更新:2018年5月22日19:20PM

0522


さあ皆様こんにちは、05月22日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は反発したが、日経平均、日経平均先物は反落したが、Topix、さらにTopix先物は続落であった。新興株22日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均先物オプション6月物は反落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると米中貿易摩擦解消から米株価上昇を受け9:00に207.45㌦と寄付後9:01に最高値207.50㌦を付けたが為替市場の上値が重く円安推移が一服し下落を迎え「カバードコール戦略」が入り9:16に207.08㌦を付け三手大黒線を付け買戻に当る「リバーサル戦略」が入り10:15に前場高値207.43㌦を付後、「スルガ問題、検査と第三者委員会の調査結果踏まえて厳正かつ適切に対応」という見出しから「コンバージョン戦略」が入り10:50に前場安値207.19㌦を付け後陽線が出現し二本の差込線が確認できると「リバーサル戦略」が入り、前場引けでは前日比73㌣高の207.98㌦を付け11:35の前場引では前日比71㌣高の207.36㌦となり、後場12:30には207.42㌦で開始し米ペンス副大統領から「米朝首脳会談の開催を見直す可能性について牽制発言を受けての下落による「カバードコール戦略」を受け14:12に最安値206.89㌦を付け後、為替チャートでは111円と円安になったが頭が重く速度調整入りとなり為替が円高になりドル建て日経平均が上昇し決算終了後、日本欧集が先に上昇しその後米中も上昇しNYは予想PERが低く置かれ米国中心で力強くなると世界検印が出来る事から年末2から3回利上を考えると3%金利は通過点でインフレ率上昇は抑え気味で連銀指数も悪くなくこれで上に上昇すれば今後米国連れ高で日本の上昇余地があることから「リバーサル戦略」がひり14:45に大引直前を迎え207.25㌦となりチェーンストア業界の指数が悪化した事からユニーファミマが急落し最終的に15:00に前日比43㌣高の207.08㌦を付け、オプション6月物では、大引けにかけて「コール」、「プット」ともに下落し、15:15では前日比33㌣高の206.98㌦を記録しドル建て日経平均は上昇となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅61㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均pe13.58倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲12.79%、騰落レシオは124.53%となり総合乖離率がプラスのため一旦下落して固めて戻るため売り方のショートカバーも誘発され相場反発の型に相似している。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0521


さあ皆様こんにちは、05月21日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均、日経平均先物は続伸したが、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物は反落であった。新興株21日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均先物オプション6月物は続伸しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると米中貿易摩擦問題回避による合意を受け契機に関してはユーロ圏が危うく米国が強い上に年内2回利上げによる実需の米金利上昇に対しユーロ圏での利上難からドル買による金先物売りも重なり9:00に206.84㌦で寄付くもドル高から戻り売りや208㌦や23,000円節目にショートカバーを入れたが実需筋の買戻しが入らないため裁定解消売りを誘う先物売りに会い9:30に前場安値206.61㌦を付けハイテク株等強い傾向から米国の対中赤字の削減で合意したことが買い材料となり両国の制裁措置が世界経済の成長を冷え込ませかねないとの警戒感が和らいだ事から裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバ^-サル戦略」を巨大機関投資家の中で行う者もいて11:21に最高値207.71㌦を付けた後、「カバードコール戦略」が入るインデックス売買が行われ、前場引けでは前日比66㌣高の207.59㌦を付け11:35の前場引では前日比62㌣高の207.55㌦となり、後場12:30には207.43㌦で開始し上値が重く米朝首脳会談を控えて積極的には手掛けづらい状況は余儀無いため膠着感が強まり「カバードコール戦略」が入り裁定解消を誘う先物売が発生し13:45に後場安値206.86㌦を付後、円安・企業業績上昇基調から「リバーサル戦略」が行われ14:15に207.08㌦を付後、米中で直ちに貿易戦争には入らないものの、現時点では最終的な交渉数字まで決定しているわけではない。継続協議とあって、米中間選挙までなお分からない部分が残り米国の景況感がいま一つの中、国内景気はマイナス成長下にあるため「カバードコール戦略」を行う者も巨大機関投資家の中には出てきて14:56に最安値206.59㌦を付け米中で落としどころを探る動きが出ていることは世界貿易の改善期待に繋がり現行の為替水準によるバッファーを考慮すれば、第1四半期業績の数字は悪いものが出てこないだろうとの大半の見方から買い戻しも入り最終的に15:00に前日比27㌣安の206.66㌦を付け、オプション6月物では、大引けにかけて「コール」が買われ、「プット」は下落し、15:15では前日比28㌣安の206.65㌦を記録し円建て日経平均は上昇となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦12㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均pe13.58倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲13.65%、騰落レシオは125.26%となり総合乖離率がプラスのため一旦下落して固めて戻るため売り方のショートカバーも誘発され相場反発の型に相似している。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0518


さあ皆様こんにちは、05月18日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均、日経平均先物、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物は続伸であった。新興株17日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均先物オプション6月物は続伸しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると日米金利差拡大に加え実質金利上昇による米国長期金利の上昇から来るドル・原油・金高に繋がりボラティリティも昨日比下落したことを受けた事を背景にした為替のドル高・円安、により9:00に206.66㌦と寄付、直後に206.73㌦を記録後上値が重く米株安受け「カバードコール戦略」が行う者もいて9:41に最安値206.31㌦を記録後東芝メモリ売却など経常改善期待に加えドル高が起爆剤となりダウ先物上昇や米拠点ファンド101億ドルの流入超で国内株は3月以来の大幅流入を受け「リバーサル戦略」が入り10:13に前場高値206.91㌦を付け、GDP悪化、消費税問題原油上昇と難問があり来週ロンドン、NY取引所が休みで日米金利差(麻生トレード)縮小や米中通商問題や保守的会社予想決算による終息感から節目207㌦超えには上値が重い為「カバードコール戦略」が入り11:12に大引直前安値206.39㌦を付け「リバーサル戦略」が入り、前場引けでは前日比41㌣安の206.40㌦を付け11:35の前場引では前日比39㌣安の206.42㌦となり、後場12:30には206.63㌦で開始し先物への買戻である「リバーサル戦略」がシクリカル銘柄に入り12:45に後場寄付直後高値206.75㌦を付け地政学的リスク後退するも原油上昇、米中通商政策が綱引きされ膠着感が強まり「コンバージョン戦略」が入り裁定 解消を誘う先物売が発生し13:45に後場安値206.54㌦を付け後、ドル高円安を歓迎し株式先物に資金が入り「リバーサル戦略」が入り14:49に最高値206.94を記録後、15:00に前日比06㌣高の206.89㌦を付け、オプション6月物では、大引けにかけて「コール」が値上がりし、「プット」は下落し、15:15では前日比12㌣高の206.93㌦を記録し両建て日経平均は上昇となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅63㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均pe13.58倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲12.94%、騰落レシオは121.84%となり総合乖離率がプラスのため一旦下落して固めて戻るため売り方のショートカバーも誘発され相場反発の型に相似している。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0517


さあ皆様こんにちは、05月17日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均、日経平均先物、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物は反発であった。新興株17日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均先物オプション6月物は続落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると実質金利上昇を受け米国長期金利の上昇から来る米株高に繋がりボラティリティも昨日比下落したことを受けた事を背景にした為替のドル高・円安、により9:00に206.78㌦と寄付安を迎えドル高により9:04に前場高値206.95㌦を付け後実需筋の戻売を受け9:20に最安値206.61㌦を付け後円高一服感に加え日本株の割安感や業績の裏付けの付いた材料保有主力株買、自社株買関連銘柄に資金集中から「リバーサル戦略」が入りハイテク株や銀行株など出遅れた大型株の一角が上昇し11:28に前場引直前高値207.28㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り、前場引けでは前日比1㌦16㌣高の207.26㌦を付け11:35の前場引では前日比1㌦09㌣高の207.19㌦となり、後場12:30には207.29㌦で開始し先物への買戻である「リバーサル戦略」が入り13:10に最高値207.59㌦迄上昇し米金利上昇や地政学リスクへの警戒感がくすぶっているほか、国内企業の決算発表が一巡したことで新規の手掛かり材料も乏しく、大引けにかけて上値を抑えられる展開で「カバードコール戦略」が入り、15:00に前日比1㌦06㌣高の207.16㌦を付け、オプション6月物では、大引けにかけて「コール」は軒並み上昇し、「プット」は総じて売られ、15:15では前日比71㌣高の206.81㌦を記録し両建て日経平均は上昇となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅98㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均pe13.58倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲11.92%、騰落レシオは121.43%となり総合乖離率がプラスのため一旦下落して固めて戻るため売り方のショートカバーも誘発され相場反発の型に相似している。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0516


さあ皆様こんにちは、05月16日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均、日経平均先物、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物は続落であった。新興株16日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均先物オプション6月物は続落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると米国長期金利の上昇から来るそるインデックス上昇による欧州株騰落まちまちで、これにより金利が3.07%迄上昇したのを受け米国株安に繋がりこれを背景にした為替のドル高・円安、により9:00に206.11㌦と寄付安を迎え裁定買を誘う先物買戻に値する「リバーサル戦略」が入り9:34に206.52㌦と前場高値を形成後、「米与野党議員、ZTEへの制裁緩和を強く牽制」というヘッドラインから裁定解消を誘う先物売に値する「カバードコール戦略」が実施され10:25に206.04㌦と前場安値を付け後陰線孕みの陽線が出現した為二本の差込線と捉えられ「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家もいるため11:03に206.29㌦を付け戻り売りに会い「5月の豪消費者信頼感指数前月比0.6%低下」を受け「カバードコール戦略」が入り11:13に205.92㌦と前場最安値を付け後シカゴ米株先物が底堅い為下げ渋りの押目買戻入りで、前場引けでは前日比1㌦26㌣安の206.27㌦を付け11:35の前場引では前日比1㌦28㌣安の206.25㌦となり、後場12:30には206.32㌦で開始し主力株はまだら模様となり売り一辺倒ではなかったが、米国債の発行量が増え、バランスシートの圧縮が進んでいくと米金利が下がりづらい環境となると考え「リバーサル戦略」が入り12:40最高値206.73㌦を付後、中小型ファンドも申し込み停止や信用買い残の投げ、輸出企業の円買に加え米韓軍事演習を理由に南北次官級会談破棄となり米朝首脳会談行方に危険信号が灯った事から裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」が14:22迄敷かれ205.87㌦を記録しインフレヘッジを考えた証券株買やリスクヘッジを考えた値嵩株売に加え人気銘柄と決算配当高銘柄に資金が集中し「リバーサル戦略」が入り14:59に大引け直前高値206.33㌦を付け後、GDPの報道から設備投資に関する持直しへの警戒感や米朝首脳会談行方の警戒感から「カバードコール戦略」が入り、15:00に前日比1㌦46㌣安の206.07㌦を付け、オプション6月物では、大引けにかけて「コール」が下落し、「プット」は上昇し、15:15では前日比1㌦43㌣安の206.10㌦を記録し両建て日経平均は下落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅86㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均pe13.58倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲10.49%、騰落レシオは121.12%となり総合乖離率がプラスのため一旦下落して固めて戻るため売り方のショートカバーも誘発され相場反発の型に相似している。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0515


さあ皆様こんにちは、05月15日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均、日経平均先物、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物は反落であった。新興株15日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均先物オプション6月物は反落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると米国長期金利の上昇を背景にした為替のドル高・円安、米中貿易摩擦の緩和に向けた動きも相場の下支え要因となり決算発表で利益計画が市場予想を下回り企業と企業の株主還元姿勢で自社株買に消極的な企業群は利益確定や戻り売りに会い、前期増配と自社株買いを行うか今期増益計画と自社株買いを行う企業には資金が入り、明暗が明確に決まったのを受け、朝方9:00に2068.61㌦で寄付後9:01に最高値208.75㌦を付け裁定解消を誘う先物売に値する「カバードコール戦略」が入り9:33に安値208.22㌦を付け後「リバーサル戦略」が入り10:30に前場高値208.68㌦を付け「カバードコール戦略」が入り、前場引けでは前日比83㌣安の208.35㌦を付け11:35の前場引では前日比85㌣安の20833㌦となり、後場12:30には208.28㌦で開始し企業の決算発表も一巡し、米朝首脳会談と米中通商問題の行方に目が向く中、「米朝は緊張緩和に向かい、米中も互いが歩み寄り姿勢にあるものの、双方とも確実に収束するとの確認ができるまで上値は重い」との見方が巨大機関投資家の中で一致を見た一方で、東証1部の上昇・下落銘柄の百分比を示す騰落レシオは120%以上で高止まりするなど、目先過熱への警戒で朝方の買い一巡後の日経平均は徐々にマイナス圏での推移が増え、TOPIXも午後終盤にかけ下げに転じたのを受け「カバードコール戦略」が入り、15:00に前日比1㌦47㌣安の207.71㌦を付け、オプション6月物では、大引けにかけて「コール」に値下がりする銘柄が目立ち、「プット」は高安まちまちで下落し、15:15では前日比1㌦65㌣安の最安値207.53㌦を記録し両建て日経平均は下落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦22㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均pe13.58倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲12.08%、騰落レシオは118.88%となり総合乖離率がプラスのため一旦下落して固めて戻るため売り方のショートカバーも誘発され相場反発の型に相似している。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0514


さあ皆様こんにちは、05月14日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均、日経平均先物、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物は続伸であった。新興株14日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均先物オプション6月物は続伸しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると先週末ダウは連騰したがナスダックは弱く電子機会銘柄にも影響が出て為替でがドル高で買戻が集めり109円で安定するとボラティリティが低下しボラティリティの売仕掛のアンワインドで手仕舞になりアルゴニズム等で売却された好業績銘柄全てに買戻しが入りさらに好業績が多いことから景気敏感株に買戻しが入りドル高を生むという連鎖からドル建て日経平均では9:00に207.71㌦で寄付直後9:02に207.53㌦と最安値を記録後ドル安要因としてきた米中貿易戦争や米中通商政策失敗にかける戦略が通じなくなり材料不足と巨大機関投資家には捉えられ彼らの中ではでは裁定買を誘う先物買に値する「リバーサル戦略」を取るものもいる事から9:17迄買戻され208.64㌦を付け一時的にドル安になり買戻しが発生し10:00に前場安値208.31㌦を付け「核合意、イランの映画今盛られるなら維持する」というヘッドラインから先物で売っていた分を、裁定買を誘う先物買戻に当る「リバーサル戦略」が入り10:45に208.74㌦前場高値を付け「イラク総選挙、サドル師が優勢」というヘッドライン受け揉合208.54㌦迄下落し「リバーサル戦略」が入り、前場引けでは前日比71㌣高の208.66㌦を付け11:35の前場引では前日比75㌣高の208.70㌦となり、後場12:30には208.60㌦で開始しVI低下でSQ通過後円高一服となりユーロ売後ドル買円売で円安になり市場予想を上回る今期の営業利益見通しと自社株買を行う企業の収益見通しの引上げ等業績関連相場化し好感された為、チャートオペレーションを中心に裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家が多いことから13:28に後場高値209.04㌦を付け揉み合い14:30に209.06㌦を付けた後109円台と為替では下がらない相場が評価され「リバーサル戦略」を採用する巨大機関投資家もいる事から、14:58に最高値209.32㌦を付け後、15:00に前日比1㌦13㌣高の209.32㌦を付け、オプション6月物では、大引けにかけて「コール」が買われ、「プット」は下落し、15:15では前日比1㌦23㌣高の209.18㌦を記録し両建て日経平均は上昇となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦79㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均pe13.58倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲12.92%、騰落レシオは112.10%となり総合乖離率がプラスのため一旦下落して固めて戻るため売り方のショートカバーも誘発され相場反発の型に相似している。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0511


さあ皆様こんにちは、05月11日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均、日経平均先物、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物は続伸であった。新興株11日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均先物オプション6月物は続伸しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると前場米主要三指数が上昇を受け9:00206.26㌦で寄付後最安値を付けた後円安を受け国内企業のガイダンスリスクが過度に織り込まれていた面もあり、決算発表のピークを迎えて全体的にアク抜け感も出て裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家もいる事から9:29に前場寄付後高値207.36㌦を付け戻り売りに会い9:40に207.10㌦を付けフィラデルフィア半導体指数の上昇を受け半導体銘柄や電子機器銘柄に「リバーサル戦略」がアルゴニズムにおいても働き9;59に207.59㌦を付け戻り売りに会い10:37に207.12㌦を付けた後陽線が出現し二本の差込線による確認後裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」を用いる者もいる事から前場引けでは前日比2㌦66㌣高の207.51㌦を付け11:35の前場引では前日比2㌦66㌣高の207.51㌦となり、後場12:30には207.56㌦で開始しVI低下でSQは今週11日と迫っておりSQ控え用警戒感が更に出て円高一服となりユーロ売後ドル買円売で円安になり市場予想を上回る今期の営業利益見通しと自社株買を行う企業や半導体システム収益部門の収益見通しの引上げ等業績関連相場化し好感された為、チャートオペレーションを中心に裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家が多いことから13:05に節目でもあり後場大引直前高値207.93㌦を付けた一方で戻り売り圧力も強く狭い範囲で揉合、継続する地政学的リスクも意識され買一服感が現れ13:23に207.46㌦を付け大型電子企業にも好業績見直し買、好決算のため継続して電子銘柄に資金が供給され一時的に原油高でエネルギーが高いことから一部原油関連株が下げたが原油価格上昇からオイルマネーの復活に当りこのマネーの流れから新資金入りで米国に拠点がある日本企業は6兆円規模の減税戻り分が支えとなり稼ぐ力が付いてきてさらに為替前提が1㌦100円が多く、5月限オプションSQ(特別清算指数)算出を無難に通過したことで、投資家がリスクを取りやすくなった面もあることから上昇修正期待もありこれらから「リバーサル戦略」や「ロングポジションの買戻である復元」が入り大引け直前の14:53に207.95㌦を記録後、15:00に前日比3㌦高の207.85㌦を付け、オプション6月物では、大引けにかけて「コール」が買われ、「プット」は下落し、15:15では前日比3㌦10㌣高の207.95㌦を記録し両建て日経平均は上昇となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦99㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均pe13.58倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲11.75%、騰落レシオは125.24%となり総合乖離率がプラスのため一旦下落して固めて戻るため売り方のショートカバーも誘発され相場反発の型に相似している。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0510


さあ皆様こんにちは、05月10日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均、日経平均先物、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物は反発であった。新興株10日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均先物オプション6月物は反発しドル建て日経平均では某情報ベンダーによるとトヨタの想定為替レートが105円で好決算を迎え武田の買収案件による円安効果を好感し9:00に寄付で204.72㌦を付け原油高で金利上昇によりドル買圧力は高まりQuickコンセンサスより達成している企業が多い為「リバーサル戦略」が入り9:03に最高値205.12㌦を付け節目の205.05㌦を超えるた後、昨日の売り気配から一回振い落しの下落を狙い巨大機関投資家の中では「カバードコール戦略」を行う者もいる事から10:07に最安値204.33㌦を記録後、下落を終えてから為替では109.93㌦迄前場円安を迎えたため好決算で自社株買銘柄を手掛かりにアジア通貨売後ドル買からのドル高が発生し好決算が手掛りで決算再評価による裁定買を誘う先物買が入り「リバーサル戦略」が行われた事から10:30に前場引前高値204.35㌦を記録し、「米金利不透明で押目買慎重」という見出しにより裁定解消を誘う先物売か「カバードコール戦略」を行う者もいる事から10:59に前場引直前安値204.40㌦を付け「米国のイラン核合意離脱、サウジなどアラブ諸国に恩恵も」というヘッドラインを受け「リバーサル戦略」が入り、前場引けでは前日比10㌣高の204.59㌦を付け11:35の前場引では前日比10㌣高の204.59㌦となり、後場12:30には204.77㌦で開始しVI低下でSQは今週11日と迫っておりSQ控え用警戒感が更に出て円高一服となりユーロ売後ドル買円売で円安になり市場予想を上回る今期の営業利益見通しと自社株買を行う企業や半導体システム収益部門の収益見通しの引上げ等業績関連相場化し好感された為、チャートオペレーションを中心に裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家が多いことから14:00に節目でもあり後場大引直前高値205.05㌦を付けた一方で戻り売り圧力も強く狭い範囲で揉合、継続する地政学的リスクも意識され買一服感が現れ15:00に前日比38㌣高の204.87㌦を付け、オプション5月物では、大引けにかけて「コール」に上昇する銘柄が目立ち、「プット」は軒並み下げ、15:15では前日比36㌣高の204.85㌦を記録し両建て日経平均は上昇となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅79㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均pe13.56倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲8.44%、騰落レシオは119.98%となり総合乖離率がプラスのため一旦下落して固めて戻るため売り方のショートカバーも誘発され相場反発の型に相似している。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

059


さあ皆様こんにちは、05月09日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均、日経平均先物、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物は反落であった。新興株09日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均先物オプション6月物は反落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると米国のイラン核合意離脱表明が重しとなり中東における地政学的リスクに関する警戒感からドル安になり巨大機関投資家の中では運用リスク軽減のため裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」や「ロングストラドル」戦略をとるものがいる事から9:00寄付きで206.04㌦を付け最高値206.13㌦を付け後11:10前場安値204.51㌦まで下落し日銀ETF買期待もあって買戻され、前場引けでは前日比1㌦91㌣安の204.72㌦を付け11:35の前場引では1㌦93㌣安の204.70㌦となり、後場12:30には204.70㌦で開始しVI低下でSQは今週11日と迫っておりSQ控え用警戒感が更に出て午後1時25分にトヨタが市場予想を上回る今期の営業利益見通しと自社株買いに加え想定レート106円を発表し、同社株は強含みとなったものの、全体相場を押し上げるまでには至っておらず好業績の銘柄には買いが入ったが東海カーボンなど上方修正でこの時に一時的にドル高になったがこれにより13:30に204.86㌦を付け後トランプ米大統領が中間選挙に向け円安をけん制する可能性が高く、今後は企業の想定レート105円に向け円高に動き、業績の増額期待は高まらないとの観測報道や市場では経常赤字国から資金が主要国へ逃避し株価が下がり景況感不安からさらに金利が下がるとみられ米国株が重いと見られた事から円安一服となり、4月後半に3%台を付けた長期金利も落ち着きを取り戻すなど、適温経済を意識させる環境と捉え持高調整の手仕舞も入り裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」が入り13:57に最安値204.34㌦を付け「リバーサル戦略」が入り15:00に前日比1㌦99㌣安の204.64㌦を付け、オプション5月物では、大引けにかけて「コール」に値下がりする銘柄が目立ち、「プット」は上げ、15:15では前日比2㌦14㌣安の204.49㌦を記録し両建て日経平均は下落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦79㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均pe13.9倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲8.81%、騰落レシオは116.66%となり総合乖離率がプラスのため一旦下落して固めて戻るため売り方のショートカバーも誘発され相場反発の型に相似している。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

058


さあ皆様こんにちは、05月08日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均、日経平均先物は反発であるのに対し、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物は続伸であった。新興株08日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均先物オプション6月物は反発しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると明日午前3時にイランの核合意についてツイッターでコメントするとの大統領報道を受け9:00に205.99㌦に寄付後9:02に安値205.92㌦をつけ朝方小安く始まり米国株高で長期金利安定とドル高を背景に巨大機関投資家の中では裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」を行う者や「ロングストラドル戦略」をとるものもいる事から11:17に高値207.09㌦を付けた後戻り売りにあい、前場引けでは前日比1㌦28㌣高の206.96㌦を付け11:35の前場引では1㌦22㌣高の206.90㌦となり、後場12:30には206.93㌦で開始しVI低下でSQは今週11日と迫っておりSQ控え用警戒感が出て市場では経常赤字国から資金が主要国へ逃避し株価が下がり景況感不安からさらに金利が下がるとみられ米国株が重いと見られた事から円安一服となり、4月後半に3%台を付けた長期金利も落ち着きを取り戻すなど、適温経済を意識させる環境と捉え持高調整の手仕舞も入り裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」が入り14:28に後場安値206.18㌦を付けここで例年のトヨタの為替前提が為替動向と一致することが多い為、先物による買いが手控えられ円安一服による見通し低めの企業の業績折込は終了との観測が流れた後、中国株が上昇した事や武田の大型買収案件による円安傾向の長期化歓迎を受け日本の企業業績が控えめではないかとの分析から裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が実施され14:57に大引前高値206.62㌦を付け15:00に前日比80㌣高の206.48㌦を付け、オプション5月物では、大引けにかけてコールが権利行使価格2万2375円以下で上昇しプットは総じて下落し、15:15では前日比95㌣高の206.63㌦を記録し両建て日経平均は上昇となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦17㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均pe13.9倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲8.94%、騰落レシオは123.61%となり総合乖離率がプラスのため一旦下落して固めて戻るため売り方のショートカバーも誘発され相場反発の型に相似している。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

057


さあ皆様こんにちは、05月07日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均、日経平均先物は続落であるのに対し、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物は反発であった。新興株07日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均先物オプション6月物は続落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると米4月雇用統計が市場予想よりも物価指標が弱い内容となったことを受け、前週末の米国株は上昇したが、ドル売りに繋がりドル安・円高に振れた為替が重しとなり米国長期金利低下や半導体調整を先週予測し先週の欧米動向を見ていた巨大機関投資家の中で同ー権利行使価格の「コール買い」と「プット買い」を組み合わせる「ロングストラドル戦略」やアグレッシブ売りを実施していた者もいる事から9:00に206.29㌦と高く寄付後裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」が入り10:55に最安値205.28㌦を付けJPモルガンが売越トップとなりTopixベースで日銀ETF買入基準迄下落し、9:40と10:55に出現した二本の差込線を確認後、巨大機関投資家の中で裁定買を誘う先物買に値する「リバーサル戦略」を実施して手仕舞いを行う者もいる事から10:55を境に反発し11:28に前場引前高値205.59㌦を付け後、戻り売りや「コンバージョン戦略」に会い、前場引けでは前日比80㌣高の205.45㌦を付け11:35の前場引では78㌣高の205.43㌦となり、後場12:30には205.56㌦となりSQは今週11日と迫っており、Topixベースで日銀ETF買基準に迄下落した事から買戻となる「リバーサル戦略」が入り14:59に205.93㌦迄上昇しその後、国内企業の決算発表では減益予想のものが散見されるため次第にポジション調整売りに押され「コンバージョン戦略」が入り15:00に前日比1㌦16㌣高の205.81㌦を付け、オプション5月物では、大引けにかけてプットとコールともに下落し、15:15では前日比1㌦03㌣高の205.68㌦を記録し㌦建て日経平均は反発となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦01㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均pe13.9倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲8.58%、騰落レシオは123.21%となり総合乖離率がプラスのため一旦下落して固めて戻るため売り方のショートカバーも誘発され相場反発の型に相似している。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

052


さあ皆様こんにちは、05月02日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。05月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、日経平均は反落であるのに対し、日経平均先物、Topix、さらにTopix先物は続落であった。新興株02日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均先物オプション6月物は続落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると米アップル株が決算発表後の時間外取引で上昇したことを好感して買い先行で始まり米アップル関連の過度な懸念が後退し、村田製作所、TDK、日東電工等電子部品の一角がしっかりとなり9:00には205.40㌦で寄付き後、収益の柱となる米国での4月新車販売を各社が公表し、大半が減少となったことが嫌気され裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」を行う巨大機関投資家もいる事から自動車株が軟調となり11:17に前場引前安値204.46㌦を付け後、前場引けでは前日比1㌦14㌣安の204.61㌦を付け11:35の前場引では1㌦19㌣安の204.56㌦となり、後場12:30には204.61㌦となりSQは来週11日と迫っており、材料株には買戻となる「リバーサル戦略」が入り13:05に204.76㌦迄上昇しその後大型連休の谷間にあたったほか、米連邦公開市場委員会等の重要イベントを控えており、次第にポジション調整売りに押され「コンバージョン戦略」が入り14:01に最安値204.37㌦を付け陰線後の二本の差込線を確認後、為替が日銀短観の想定レート付近にあるため、日本株は円高懸念が軽減されて底堅さが意識されやすくなり先物売手仕舞による買戻に当る「リバーサル戦略」が行われる事から15:00に前日比1㌦05㌣安の204.70㌦を付け、オプション6月物では、大引けにかけて「コール」、「プット」ともに下落が目立ち売られ、15:15では前日比1㌦10㌣安の204.65㌦を記録し両建て日経平均は反落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦3㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲8.92%、騰落レシオは116.88%となり総合乖離率がプラスのため一旦下落して固めて戻るため売り方のショートカバーも誘発され相場反発の型に相似している。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

501


さあ皆様こんにちは、0501日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0501日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、日経平均は続伸であったが、しかし日経平均先物、Topix、さらにTopix先物は反落であった。新興株01日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均先物オプション6月物では 反落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると昨日NY株安を受け900寄付では205.42㌦で下げ渋り開始し946205.46㌦と朝方高値を付け後「カバードコール戦略」が入り、910205.10㌦迄下落後切返し、936205.45㌦を付け戻売に遭遇し9:57205.20㌦を付け揉合、10時に205.25㌦を付け後から切り替えし「リバーサル戦略」が入り1134に高値205.64㌦をつけて戻売に合い持直して、前場引けでは前日比04㌣高の205.60㌦を付け1135の前場引では04㌣高の205.60㌦となり、後場12:30には205.52㌦となり、SQは来週11日と迫っておりこれよりヒストリカルボラティリティが先週から安くなりボラティリティが低くなった分を株で先物での2月売り分の買戻しに向かって穴を埋める「復元」を行っているため値嵩株であるソフトバンクグループ、ファーストリテイリング、さらにファナック等も「リバーサル戦略」として買戻対象に入り裁定取引で買戻され3銘柄で日経平均を約53円押し上げる要因となり後場では13:39に最高値205.89㌦を記録し住宅ローンの「変動金利」の引き下げ競争が激化し日銀の展望レポートから金利上昇は暫く難しいとの市場観測より不動産銘柄に資金が集中したが他は戻り売りに遭遇し陰線の後に陽線が出る二本の差込線が確認できたことから買いは入るが揉合事から1500に前日比21㌣高の205.77㌦陽線を付け、オプション5月物では、大引けにかけて「コール」、「プット」ともに売られ、15:15では前日比19㌣高の205.75㌦を記録し両建て日経平均は続伸となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅79㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲9.60%、騰落レシオは123.75%となり総合乖離率がプラスのため一旦下落して固めて戻るため売り方のショートカバーも誘発され相場反発の型に相似している。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0427


さあ皆様こんにちは、04月27日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix、さらにTopix先物は続伸であった。新興株27日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均先物オプション6月物では 続伸しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると米長期金利3%割り込みドル高円安の持高に変化し米株上昇を受けドル建て日経平均では9:00に205.55㌦と高寄開始を迎えた後、9:00に前場寄高値205.76㌦を記録後、2019年3月期の大幅減益見通しを発表したファナックによりファナックショックと捉えた巨大機関投資家により裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」を実施する者もいる事から大幅下落し9:19に最安値204.64㌦を記録後、米国でのレパトリ減税や法人減税で米株が高くなり日本株が割安と考え裁定買を誘う先物買に値する「リバーサル戦略」が入り10:23に前場高値205.23㌦を付けコンセンサスより悪化で売却される銘柄が多く更に原油高に加え利上げペース上昇で米長期金利が但し3%を割り込んでいるためインフレ懸念で利回り上昇に繋がる動きから裁定解消の動きに値する「カバードコール戦略」が取られ低インフレで金利僅かに上昇に加えコンセンサスより良好な銘柄が増加した為、買戻しに値する「リバーサル戦略」が入り、前場引けでは前日比1㌦27㌣高の205.36㌦を付け11:35の前場引では1㌦11㌣高の205.34㌦となり、後場12:30には205.56㌦となり、仕掛後手仕舞による機械的売とコンセンサス比較で悪化した銘柄を受け巨大機関投資家の急な手仕舞で一時戻り売りにも合うが陽線発生により安定と捉えられ裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」が実施され鯨幕相場を展開し13:00に後場寄付直後205.69㌦を付け後為替円安一服で機械売りに廻られユーロ売りドル買中心に転じたが日銀政策決定会合の展望レポートでは物価達成時期の削除が成され金融緩和時期が盛り込まれ無い事から警戒感が発生し更に大型連休を控えて個人投資家や巨大機関投資家が手仕舞いで先物売即ち「カバードコール戦略」を実施する者もいた事から14:12に後場安値206.33㌦を付けた処を、海外勢が追加緩和の布石で北東亜細亜地域における地政学的リスクの軽減と捉え裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」を行うといった構図で、売りが消化され節目の203㌦が明確に抜かれ14:49に最高値205.92㌦を付け更に「カバードコール戦略」を実施する者もいた事から15:00に前日比1㌦58㌣高の205.67㌦を付け、オプション5月物では、大引けにかけて「コール」が買われ、「プット」は下げ、15:15では前日比1㌦47㌣高の205.56㌦を記録し両建て日経平均は続伸となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦28㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲9.37%、騰落レシオは127.41%となり総合乖離率がプラスのため一旦下落して固めて戻るため売り方のショートカバーも誘発され相場反発の型に相似している。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0426


さあ皆様こんにちは、04月26日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix、さらにTopix先物は反発であった。新興株26日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均先物オプション6月物では 反発しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると為替が190円台と円安に振れた事に加え巨額買収を発表した武田薬品効果で円売りドル買が進行し9:00に203.71㌦と寄付高になり、日本株が出遅れた最大の要因である円高に歯止めがかかり、割安なPERに修正の余地が広がり、会社側の前向きな見通しが増えれば、大型連休明けの上昇相場に期待が高まる事や時間外先物上昇に併せ上げ幅拡大し、9:45に204.70㌦を付け後、時間外先物下落を受け裁定解消を誘う先物売りとなる「カバードコール戦略」を行う巨大機関投資家がいる事から9:55に前場安値204.35㌦を付け市場予想を上回る業績見通しを前日発表した東京エレクトロンの急伸を受けハイテク・半導体関連銘柄に幅広く「リバーサル戦略」が入り10:28に前場高値204.53㌦に到達後、米中貿易摩擦問題により「カバードコール戦略」が実施する巨大機関投資家もいる事から10:50に前場安値204.14㌦を付け米連邦準備制度理事会が初めて設ける銀行監督担当副議長のポストに、ランダル・クオールズ氏が就任することを米上院が承認し金融規制の緩和を打出したのを受け「リバーサル戦略」が入り、前場引けでは前日比79㌣高の204.37㌦を付け11:35の前場引では77㌣高の204.35㌦となり、後場12:30には204.31㌦となり寄付き、レパトリ減税でドルがタイトになり米による設備促進効果が出て来た事等から時間外先物が安定から上昇し12:40に後場高値204.41㌦を付け後「ドル109円前半円安により為替スワップのベーシスが拡大」というヘッドラインを受け、時間外先物も連動して下げた結果14:14迄「カバードコール戦略」が入り203.87㌦を記録後、仮想通貨会社を買収したマネックスGが期末配当予測を上昇させたため、仮想通貨関連も見直され仮想通貨関連企業に「リバーサル戦略」を打つ事で資金が集まり14:52に大引直前高値204.37㌦を付け「上海外為市場=人民元小幅高。一時は一ヶ月ぶり安値 ドル上昇一服」という見出しを受け、「カバードコール戦略」が入り15:00に前日比60㌣高の204.18㌦を付け、オプション5月物では、大引けにかけて「コール」が上昇し売る権利の「プット」は下落し、15:15では前日比51㌣高の204.09㌦を記録し両建て日経平均は反発となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦09㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲7.65%、騰落レシオは117.62%となり総合乖離率がプラスのため一旦下落して固めて戻るため売り方のショートカバーも誘発され相場反発の型に相似している。週間では383円で4週連続上昇を迎えている。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0425


さあ皆様こんにちは、04月25日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は続落したが、日経平均、日経平均先物、Topixは反落した。さらにTopix先物は変わらずであった。新興株25日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均先物オプション6月物では 反落し某情報ベンダーによると原料高による米長期金利が上昇しキャタピラーにおいては好決算ではあるが「インフレ懸念での準備で景気に付いていけない」との電話取材により世界景気鈍化懸念が発生した。この流れで米主要三指数が株安 を迎え欧州株はまちまちとなりドル建て日経平均では9:00寄付で203.31㌦を付け、寄付直後安値203.04㌦となるや、業績で打ち勝てれば買越に廻れると思い、ドル高円安 状況で亜細亜株が急落を迎えたが108円台から109円台の円安を維持出来た事から裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」を取る巨大機関投資家もいる事から10:10に前場高値203.69㌦を付けキャタピラーを受けた米ハイテク株の不安定な値動きや世界景気の先行きに対する警戒感の増加や時間外米先物下落によりシクリ株の代表としての建機銘柄やグロース系の銘柄を手仕舞 うために裁定解消を誘う先物売りとなる「カバードコール戦略」を行う巨大機関投資家がいる事から11:09に最安値202.83㌦を付けこの動向より後場の日銀ETF買入観測が発生し裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」が入り、前場引けでは前日比1㌦40㌣安の203.36㌦を付け11:35の前場引では1㌦44㌣安の203.32㌦となり、後場12:30には203.29㌦で寄付きグロース系の銘柄を手仕舞い、割安株を選好する姿勢が 見られ、相場急落時でも対応可能な「時価総額大型低β戦略」に資金シフトを行う巨大機関投資家も現れ事実TOPIXバリュー.は0.11%高となり13:36には最高値203.84㌦をつけ金利上昇ペース懸念による景気減速から「カバードコール戦略」が入り14:03に大引け直前安値203.48㌦を記録後、米金利上昇も、ダメージを受けるはずの米国企業は税制改正で高い利益率を保つことができる環境下にあり日米ともに今後は自社株買いによる需給改善効果が期待できると捉えられ「リバーサル戦略」が入り14:26に大引直前高値203.83㌦を付け揉合「カバードコール戦略」が入り15:00に前日比1㌦5㌣安の203.71㌦を付け、オプション5月物では、大引けにかけてプットは総じて上昇しコールは下落する者が目立ち、15:15では前日比1㌦18㌣安の203.58㌦を記録し両建て日経平均は下落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦01㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲6.32%、騰落レシオは118.28%となり総合乖離率がプラスのため一旦下落して固めて戻るため売り方のショートカバーも誘発され相場反発の型に相似している。週間では383円で4週連続上昇を迎えている。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0424


さあ皆様こんにちは、04月24日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は続落したが、日経平均、日経平均先物、Topixは反発した。さらにTopix先物は続伸であった。新興株24日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均先物オプション6月物では 反発し某情報ベンダーによるとバルチック海運指数が高く1ドル108円台後半まで円安に振れた為替を支えに、米長期金利の3%近い上昇を背景に金融を中心とするグロース銘柄にも資金集中がありドル建て日経平均では9:00寄付204.36㌦と高寄後円安を受け、9:05に前場高値204.60㌦をつけその後これまで日本株を売り越してきた巨大機関投資家は、「円安になったことで次は買い戻す番とみるが、円安がいつまで続くかが重要」と考え「カバードコール戦略」で下げさせ10:26に最安値203.73㌦を付け後日経Viが落ち付き米国ㇺニューシン長官が中国へ訪問することで円高と捉えられ欧州の景気がPMI定価より弱いとみられユーロポンド買から売、原油上昇から来る米金利上昇によるドル買円売、ハイテク系新興国売後、流動性ある日本円債買、「米長期金利上昇で金融セクターは堅調」という見出からアルゴリズムが働き裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家もいる事から11:15に前場高値204.64㌦を付け戻売に会い、前場引けでは前日比37㌣安の204.49㌦を付け11:35の前場引では28㌣安の204.58㌦となり、後場12:30には204.42㌦で寄付き12:35に204.72㌦と高く付け後、市場では地政学リスクが後退し円売りし中国株上昇との声や企業決算が強いことに加え円買持高解消の円売りも影響し「リバーサル戦略」が入り14:55に最高値205.06㌦を記録し、連休前の手控え傾向があることから「コンバージョン戦略」を実施する巨大機関投資家もいる事から15:00に前日比8㌣高の204.94㌦を付け、オプション5月物では、大引けにかけて「コール」に値上がり銘柄が目立ちプットは下落し、15:15では前日比10㌣安の204.76㌦を記録し円建て日経平均は反発となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦33㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲7.31%、騰落レシオは117.05%となり総合乖離率がプラスのため一旦下落して固めて戻るため売り方のショートカバーも誘発され相場反発の型に相似している。週間では383円で4週連続上昇を迎えている。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0423


さあ皆様こんにちは、04月23日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均、ドル建日経平均、及び日経平均先物は続落した。しかしTopixは反落したがTopix先物は反発であった。新興株23日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均先物オプション6月物では 続伸し某情報ベンダーによるとドル建て日経平均ではSOX指数は下落し19日に半導体受託生産の世界最大手である台湾積体電路製造(TSMC)がスマートフォン(スマホ)向けの不振などを理由に売上高見通しを下方修正し半導体関連値嵩アップル関連銘柄に巨大機関投資家の中で裁定解消売を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が実施され米株式相場下落を受け米長期金利が3%近く迄行き9:00寄付205.41㌦と高寄後円安を受け、9:09に最高値205.84㌦をつけその後1ドル107円台後半まで上昇後ドルを売却し、半導体指数下落を受け日経VIで裁定買を誘う先物買をし、日経平均と日経平均先物の裁定取引を行い日経平均先物を「カバードコール戦略」で下げさせ10:29に前場安値204.96㌦を付け後「SGX、1─3月利益は10年ぶり高水準 派生商品・証券部門が好調」、「米長期金利上昇で金融セクターは堅調」という見出からアルゴリズムが働き裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家もいる事から10:39に前場高値205.41㌦を付け戻売に会い「上海総合指数の寄り前気配は0.26%安でスタート」という見出を受け「カバードコール戦略」を実施する巨大機関投資家も現れ、前場引けでは前日比1㌦3㌣安の204.91㌦を付け11:35の前場引では1㌦3㌣安の204.91㌦となり、後場12:30には205.17㌦で寄付き市場では「軟調な海外ハイテク決算や米長期金利上昇といった不安要因がある。一方、米企業の堅調な決算への思惑は根強いし、為替の円安で割安感もある。強弱が綱引きし、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル実験を停止し、同国北部の核実験施設を廃棄することを決定したと21日に伝わって地政学リスクが後退し、防衛関連とされる石川製作所や豊和工業などが売られ、トランプ大統領によるOPEC批判:人為的に高い原油「容認出来ず」、中国・香港株式市場・前場=中国株小動き、香港続落 ハイテク株売られる」との声も影響し「カバードコール戦略」が入り14:28に最安値204.70㌦を記録し「国内メディアが相次ぎ、23日に安倍晋三内閣の支持率を報道」という見出から裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」が入り14:59に「205.01㌦を付け日経VI先物や日経平均が売却された為「カバードコール戦略」が入り、15:00に前日比1㌦3㌣安の204.91㌦を付け、オプション5月物では、大引けにかけてコールとプットともに前週末に比べ総じて下落し、15:15では前日比1㌦8㌣安の204.86㌦を記録し両建て日経平均は半導体下落による下落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦14㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲4.82%、騰落レシオは105.55%で安値からの半値戻しとなり総合乖離率がプラスのため一旦下落して固めて戻るため売り方のショートカバーも誘発され相場反発の型に相似している。週間では383円で4週連続上昇を迎えている。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0420


さあ皆様こんにちは、04月20日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均、ドル建日経平均、及び日経平均先物は反落した。しかしTopixは続伸したがTopix先物は変わらずであった。新興株20日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均先物オプション6月物では 続伸し某情報ベンダーによるとドル建て日経平均ではSOX指数は下落し19日に半導体受託生産の世界最大手である台湾積体電路製造(TSMC)がスマートフォン(スマホ)向けの不振などを理由に売上高見通しを下方修正し半導体関連値嵩アップル関連銘柄に巨大機関投資家の中で裁定解消売を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が実施され9:00寄付206.18㌦と高寄後、9:12に最安値205.53㌦をつけその後1ドル107円台後半まで円安に振れた為替を支えに巨大機関投資家の中で輸出企業の採算悪化に歯止めが掛かるとの期待から、裁定買を誘う先物買に値する「リバーサル戦略」を断続的に行う巨大機関投資家もいる事から11:22に最高値206.73㌦を付けドル建て日経平均を押上げ「カバードコール戦略」を実施する巨大機関投資家も現れ、前場引けでは前日比01㌣安の206.49㌦を付け11:35の前場引では08㌣安の206.42㌦となり、後場12:30には206.14㌦と低く開始され市場では「通商問題の懸念が後退したとはいえ、先行き不透明なことには変わりがない。北朝鮮情勢など地政学リスクもあくまで『一時停止』の状況。リスクオンにはなりにくい」との声も影響し12:45に後場寄付直後安値205.90㌦を付け海運指数や米国長期金利の上昇を受け値嵩グロース銘柄や継続してバリューシクリカル買に変わりプットを売ってコール買戻しの流れに変わり軟調な地合いが続き14:30に大引け直前高値206.13㌦を付け「カバードコール戦略」が入り15:00に前日比57㌣安の205.93㌦を付け、オプション5月物では、大引けにかけてコールもプットともに売られ、15:15では前日比56㌣安の安値205.94㌦を記録し両建て日経平均は方向性なしの下落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦20㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲5.92%、騰落レシオは103.50%で安値からの半値戻しとなり総合乖離率がプラスのため一旦下落して固めて戻るため売り方のショートカバーも誘発され相場反発の型に相似している。週間では383円で4週連続上昇を迎えている。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0419


さあ皆様こんにちは、04月19日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均、ドル建日経平均、Topix、及び日経平均先物は続伸した。しかしTopix先物は反落した。新興株19日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均先物オプション6月物では 続伸し某情報ベンダーによるとドル建て日経平均では日米首脳会談でトランプ米大統領から為替や日本の金融政策を巡る発言が出なかったことで、イベントを無難に通過したとの受け止めが広がり、9:00に寄付207.11㌦を付け9:02に寄付直後安値207.00㌦を付け後、あるゴア決算時間外取引で上昇など商品市況の改善もあり海運市況も改善したことも受け裁定買を誘う先物買である「リバーサル戦略」が入り10:22に最高値208.04㌦を記録しその後高値圏では戻売や利益出が出て伸び悩み「カバードコール戦略」が入り、前場引けでは前日比1㌦02㌣高の207.46㌦を付け11:35の前場引けでは1㌦02㌣高の207.46㌦となり、後場12:30には207.59㌦と高く開始され市場では「ボラティリティーの低下は安心材料だが、買いを急ぐ必要もなくなった。決算発表でのガイダンスリスクも無視できない。決算確認後は再びグロース系優位の展開だろう」との声も影響し継続してバリューシクリカル 買に変わりプットを売ってコール買戻しの流れに変わり軟調な地合いが続き15:00に前日比16㌣高の206.60㌦を付け、オプション6月物では、大引けにかけてコールもプットも軒並み売られ、15:15では前日比6㌣高の最安値206.50㌦を記録し両建て日経平均は続伸となった。巨大機関投資家の中では先物ショートの買戻戦略を実施する者も出てきた。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦54㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▲6.40%、騰落レシオは101.59%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0418


さあ皆様こんにちは、04月18日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均、ドル建日経平均は続伸したが、Topix、Topix先物、及び日経平均先物は反発した。新興株18日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均先物オプション6月物では 反発し某情報ベンダーによるとドル建て日経平均では欧米株高と円相場下落を背景にシカゴ日経先物に鞘寄せ開始し9:00に204.90㌦と寄付高になり9:02に最安値204.77㌦を記録後、米朝ハイレベルの接触や政争相場から業績相場移行において政治要因と北東亜細亜地政学的リスクが減少を受け昨日迄裁定解消を誘う先物売り仕掛を行っていた巨大機関投資家が急遽投資家心理改善で信用買残が積み上がり信用評価損益率の改善に繋がり母国市場の確認も入り巨大機関投資家の中では裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」を行う者もいる事から心理的節目である206㌦を11:28に前場高値206.35㌦を付け後陽線が出現し二本の差込線と捉えられ更に「リバーサル戦略」を実施する者がいた事から、前場引けでは前日比2㌦14㌣高の206.38㌦を付け11:35の前場引けでは2㌦10㌣高の206.34㌦となり、後場12:30には206.32㌦と高く開始され巨大機関投資家の中ではアジア戦略で仮需比率が-1%以下で裁定売残が貯蓄過剰でありポンペオCIA長官による金書記と会う米朝階段で傾向変化が見られた事から巻戻戦略となり「新興株ショートに対しヘッジ手段として流動性がある日本相場ロング」に変更したものもいる事から「リバーサル戦略」が入り13:15に後場高値206.70㌦を付け後、戻り売りや裁定解消を誘う先物売に匹敵する「コンバージョン戦略」が行う者もいるため13:56に後場安値206.29㌦を付け円高一服で上昇幅拡大により「リバーサル戦略」が入り14:48「大引直前安値206.74㌦を付け戻し売が入り15:00に前日比53㌣高の204.20㌦を付け、オプション5月物では、大引けにかけてコールが上昇しプットは下げ、15:15では前日比2㌦20㌣高の206.44㌦を記録し両建て日経平均は続伸となった。巨大機関投資家の中では先物ショートの買戻戦略を実施する者も出てきた。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦97㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▲6.03%、騰落レシオは97.97%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0417


さあ皆様こんにちは、04月17日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均、ドル建日経平均は続伸したが、Topix、Topix先物、及び日経平均先物は反落した。新興株17日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション6月物では 続伸し某情報ベンダーによると両建て日経平均・日足は「小陽線」。前日の短陰線に対し「陰の陽包」を形成し両建て日経平均はTopix、Topix先物、及び日経平均先物が揃って下落したのに対し1/4しか値上がらず、2日続伸し上げ残った。両建て日経平均では日米首脳会談を控えて様子見傾向が強まり、前日終値を挟んだ小幅な値動きに留まった。積極的にリスクをとっていく状況にはまだない。(首脳会談という)イベントをこなすまで、投資家は慎重姿勢にならざるを得ない状況下で首脳会談への警戒感や円高が重しとなった一方、日米の企業決算への期待感が相場の支えになり、ドル建て日経平均ではシリア攻撃が行われ流れが変わり決算後の値動きが危険という巨大機関投資家思考傾向から成長性ある「新興国株ロングに対し流動性相場である日本株ショート」という亜細亜株ファンド方式を巻戻しが始まりこれらを受け9:00に203.67㌦で寄付後裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」を開始する者も出たため9:22に最高値204.44㌦を記録後、様子見姿勢から「カバードコール戦略」を実施する巨大機関投資家もいるため10:50に203.51㌦を付けボラティリティインデックスも5%低下し膠着相場と捉えられ「リバーサル戦略」を実施する者もいる事から11:18に前場引直前高値204.07㌦を付け「コンバージョン戦略」をとる巨大機関投資家もいる事から、前場引けでは前日比39㌣高の204.06㌦を付け11:35の前場引けでは34㌣高の204.01㌦となりランチタイムに先物がマイナス圏に下落し日米首脳会談が予定されているため警戒感から上値が抑えられ易くなり、後場12:30には204.06㌦と安く開始され巨大機関投資家の中ではアジア戦略で仮需比率が-1%以下で裁定売残が貯蓄過剰でありシリア攻撃で傾向変化が見られた事から巻戻戦略となり「新興株ショートに対しヘッジ手段として流動性がある日本相場ロング」に変更したものもいる事から「リバーサル戦略」が入り14:03に後場高値204.23㌦を付け後、戻り売りや裁定解消を誘う先物売に匹敵する「コンバージョン戦略」が行う者もいるため14:28に大引直前安値203.96㌦を付け中国国家統計局が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)は、前年同期比6.8%増。予想の6.7%増をやや上回った事やボラティリティ―が落ち着く過程の延長線上にある1日で国内企業決算や日米首脳会談など今後の材料を見極めようとする流れが続いている事から裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り14:58に大引直前高値204.23㌦を付け15:00に前日比53㌣高の204.20㌦を付け、オプション5月物では、大引けにかけてプットとコールがともに売られ、15:15では前日比57㌣高の204.24㌦を記録し両建て日経平均は上昇となった。巨大機関投資家の中ではレンジ相場でショートストラドル戦略を実施する者も出てきた。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅93㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▲1.77%、騰落レシオは96.86%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0416


さあ皆様こんにちは、04月16日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均は反発したが、Topix、Topix先物、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株16日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション6月物では 続伸し某情報ベンダーによると14日未明に米英仏軍が共同でシリアを攻撃したが、今の処リスク回避ムードは強まっておらず攻撃が1回限りなら相場への影響は限定的との受け止めが優勢とみられ、前週末にかけて「新興株ロングに対し流動性相場である日本株ショート」していた巨大機関投資家が「リバーサル戦略」(巻戻)したことが株価を支えたとみられこれらを受け9:00に203.17㌦と高く寄付き後、裁定買を誘う先物買が入り9:06に前場高値203.35㌦を付け後米中貿易摩擦のシリア西部に攻撃で材料出尽くしにより投資家の安心感が増した事により「リバーサル戦略」が実施され10:29に前場高値203.72㌦を付け後戻り売りに会い10:49に203.22㌦を付け後「リバーサル戦略」が実施され、前場引けでは前日比98㌣高の203.47㌦を付け11:35の前場引けでは1㌦01㌣高の203.50㌦となりランチタイムに先物がマイナス圏に下落し日米首脳会談が予定されているため警戒感から上値が抑えられ易くなり、後場12:30には203.22㌦と安く開始され巨大機関投資家の中ではアジア戦略で仮需比率が-1%以下で裁定売残が貯蓄過剰でありシリア攻撃で傾向変化が見られた事から巻戻し戦略となり「新興株ショートに対しヘッジ手段として流動性がある日本相場ロング」に変更したものもいる事から「リバーサル戦略」が入り14:53に最高値203.88㌦を記録後、「カバードコール戦略」を実施する者もいる事から15:00に前日比1㌦19㌣高の203.68㌦を付け、オプション5月物では、大引けにかけて東証1部の売買代金が低調で様子見の投資家が多くコールとプットともに総じて売られ、15:15では前日比1㌦18㌣高の203.67㌦を記録し両建て日経平均は上昇となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦05㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▲1.60%、騰落レシオは106.52%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0413


さあ皆様こんにちは、04月13日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均は反落したが、Topix、Topix先物、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株13日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション4月物では反発し某情報ベンダーによるとトランプ大統領のツイッターによりシリア情勢への警戒感が後退したことで前日の米国株が上昇した他、トランプ米大統領がTPPの復帰検討を指示したことが明らかとなって、米国の保護主義姿勢への懸念も緩和し日経平均ボラティリティ―指数.JNIVは取引時間中としては今年2月2日以来、2カ月ぶりの水準まで低下した。これらを受け9:00に203.33㌦と高く寄付き後、裁定買を誘う先物買が入り10:16に最高値203.96㌦を付け後「ホンペオ米国財務長官候補、対ロシア強硬路線を主張」という見出しにより、花王、資生堂などのグロースの一角に「カバードコール戦略」が打たれ、前場引けでは前日比17㌣高の202.84㌦を付け11:35の前場引けでは17㌣高の202.84㌦となり、後場12:30には202.76㌦を付け裁定買を誘う先物買による「リバーサル戦略」が入り12:50に後場高値203.01㌦を付け後、「カバードコール戦略」が惹かれ13:29に後場安値202.57㌦を付け後、「オバマ政権時よりも内容が大幅に良い場合に限りTPPに参加」というヘッドラインを受け「リバーサル戦略」が入り、14:00に後場高値203.24㌦を付け後「カバードコール戦略」が入り15:00に前日比1㌣安の202.66㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてコールが買われプットは総じて下落し、15:15では前日比18㌣安の202.49㌦を記録し円建て日経平均は反発と化しドル建て日経平均は反落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦47㌣になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▲0.86%、騰落レシオは105.78%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0412


さあ皆様こんにちは、04月12日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均は反発したが、Topix、Topix先物、日経平均先物、及び日経平均は続落した。新興株12日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション4月物では続落し某情報ベンダーによるとシリア情勢を巡る米ロ関係の緊迫化が重しとなり更に、13日にオプションSQ算出を控えていることも巨大機関投資家心理を慎重にさせ、終日上値の重い展開となりこれらを受け9:00に202.75㌦と高く寄付き後9:06に寄付後高値202.95㌦を付け、前日の米国株反落や、1ドル106円台後半への円高基調を背景に、ハイテク、機械などの外需大型株の一角に「カバードコール戦略」が打たれ9:17に前場安値202.81㌦を付けメキシコ格付け見直しで円高一服感から裁定買を誘う先物買に匹敵する「カバードコール戦略」が入り10:06に最高値203.16㌦を記録後、「英国景気足踏状態」というヘッドラインで裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」が入り10:53に前場引直前安値202.54㌦を付け「決算発表の本格化前で動きにくい環境だ。とはいえ下値では買い意欲もみられる。米国、日本の企業決算が明らかになれば相場の方向感も定まりそうだ」との市場関係者からの指摘もあり裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」が入り11:28に前場引直前高値202.84㌦を付け後「カバードコール戦略」が入り、前場引けでは前日比26㌣高の202.82㌦を付け11:35の前場引けでは20㌣高の202.76㌦となり、後場12:30には202.60㌦を付け「為替相場は市場が決定、不安定な動きとなれば行動=韓国中銀総裁」というヘッドラインを受け裁定買を誘う先物買による「リバーサル戦略」が入り12:49に後場高値202.64㌦を付け後、「国務長官指名のポンぺオ氏、公聴会で強硬姿勢示唆へ」というヘッドライン受け「カバードコール戦略」が惹かれ13:51に後場安値202.37㌦を付け後、「米国の対イラン制裁停止解除、核合意離脱を意味しない=財務長官」という頭見出を受け「リバーサル戦略」が入り14:39に後場高値202.73㌦を付け後、「日銀幹部:米国の関税引上げに伴う通商面への悪影響を懸念する声が多かった。=地域経済報告」という見出しを受け「コンバージョン戦略」が敷かれ14:58に202.40㌦を付け後、仮需比率が1%以下から売需要が出辛い為「リバーサル戦略」が入り、15:00に前日比2㌣安の202.58㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてコールもプットも売られ、15:15では前日比11㌣高の202.67㌦を記録し円建て日経平均は下落と化しドル建て日経平均は反発となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅85㌣と上昇相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽0.73%、騰落レシオは102.31%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0411


さあ皆様こんにちは、04月11日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、Topix、Topix先物、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株11日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション4月物では反落し某情報ベンダーによると前日の米国株が下落したほか、外為市場で1ドル111円台まで円高が進行。これらを受け9:00に203.68㌦と高く寄付き後9:01に最高値203.67㌦を付け、自動車など主力外需株の一角や決算が悪化した小売業に売りに値する「カバードコール戦略」が打たれ11:01に前場安値202.87㌦を付け円安一服感から裁定買を誘う先物買が入り即ちこれまで売られていたシクリカルの戻りは限定的な一方、買われていた内需・ディフェンシブ関連は昨日からの売りが加速し、総崩れの状況となり前場引けでは前日比18㌣安の203.14㌦を付け11:35の前場引けでは24㌣安の203.08㌦となり、後場12:30には203.05㌦を付け12:50に後場安値202.80㌦を付け後「リバーサル戦略」が入り13:05に後場高値203.26㌦を付け後、シリア情勢のほか、公文書管理問題等の警戒感から裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」がグロース銘柄に入り14:05に前場安値202.69㌦を付け後、買戻され14:36に後場高値203.05㌦を付け後、安心感があると想定して巨大機関投資家がポジションを傾けていた小売決算が人件費・物流費などのコスト増もあり、期待ほどではなかった。今後本格化する決算で市場の失望を誘う可能性がある事から「コンバージョン戦略」が入り、15:00に前日比76㌣安の202.56㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてコールは軒並み売られ、プットは権利行使価格が2万1375円以上でおおむね買われ、15:15では前日比76㌣安の最安値202.56㌦を記録し両建て日経平均が下落と化した。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦31㌣と上昇相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽0.32%、騰落レシオは100.83%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0410


さあ皆様こんにちは、04月10日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、Topix、Topix先物、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株10日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション4月物では続伸し某情報ベンダーによると米政治問題やシリアでの化学兵器使用疑惑による地政学リスクの高まりなどが意識されその後、ドル安を迎え序盤のドル建て日経平均では9:00寄付202.33㌦を付後、9:10の寄付直後最安値202.03㌦を記録後、ボラテリティインデックスが下がり米株先物の上昇や円高一服をにらんでプラスに転じ前引け前に中国の習近平国家主席による輸入関税引き下げ発言が伝わると裁定買戻に匹敵する「リバーサル戦略」が大幅に入り底堅く推移し11:28に前場高値204.55㌦を付後、戻売に会い前場引けでは前日比1㌦78㌣高の204.39㌦を付け11:35の前場引けでは1㌦86㌣高の204.47㌦となり、後場12:30には204.50㌦を付け直後最高値204.56㌦を記録し、シリア情勢のほか、フェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)の議会証言への警戒感から裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」がグロース銘柄に入り14:20に前場安値203.15㌦を付け後、バリュー銘柄に買戻として「リバーサル戦略」が入り14:47に後場大引直前204.10㌦を付け後「コンバージョン戦略」が入り、15:00に前日比80㌣高の203.41㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてコールが買われ、プットは売られ、15:15では前日比71㌣高の203.32㌦を記録し両建て日経平均が上昇と化した。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦53㌣と上昇相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▲1.18%、騰落レシオは109.66%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0409


さあ皆様こんにちは、0409日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0409日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株09日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション4月物では反発し長期金利上昇から前週末の米国市場でダウ.が大幅安になったことに加え、為替もややドル安方向に振れ、序盤のドル建て日経平均では某情報ベンダーによると900寄付201.34㌦を付後、901の寄付直後最安値201.32㌦を記録後、ボラテリティインデックスが下がり裁定買戻が入り底堅く推移し915に前場高値201.84㌦を付後、戻売に会いISMやPMI等経済指標は低下しているが、分水嶺に当る50の指数は維持し世界景気のピークアウトが見られず米中貿易摩擦懸念の一服のため陽線が940に出現し2011.34㌦を付け二本の差込線を確認した巨大機関投資家が裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」を行い956に前場高値202.12㌦を付け後、内需好業績等以外の銘柄には選別色で戻り売りに会い1047201.67㌦を付け前場引けでは前日比91㌣高の201.83㌦を付け1135の前場引けでは91㌣高の201.83㌦となり、後場12:30には米国減税効果が期待され時間外でNYダウ先物上昇に伴う投資家心理改善予測から大幅な「リバーサル戦略」が入り1423に最高値203.14㌦を記録後売り仕掛の利益出しや戻り売りに押され裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」が実施され、1500に前日比173㌣高の202.65㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてプットとコールでともに前週末に比べ下落が目立った。東証1部の売買代金が低調で様子見の投資家も多く、時間的価値の低下を意識した売りが出て、15:15では前日比169㌣高の安値202.61㌦を記録し両建て日経平均が上昇と化した。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅182㌣と上昇相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽0.29%、騰落レシオは104.08%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0406


さあ皆様こんにちは、0406日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0406日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株06日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション4月物では反落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると米株上昇したが前日の米国株は上昇したものの、トランプ米大統領が1000億ドルの対中追加関税の検討を米通商代表部に指示したことを受け、改めて警戒感が浮上したことを受け900に寄付201.99㌦を付け後ドル安一服から最高値202.77㌦を記録後再度警戒感が増したことを受け巨大機関投資家の中では「カバードコール戦略」を実施する者もいて10:17に前場安値201.38㌦を付け為替が1ドル107円台前半と円安基調にあったことで「リバーサル戦略」を実施する者も出て1125に前場引直前高値202.35㌦を付け後、戻り売りの「カバードコール戦略」が入り前場引けでは前日比25㌣安の202.17㌦を付け1135の前場引けでは23㌣安 の202.19㌦となり、後場12:30には202.07㌦で開始し、継続して裁定解消を誘う先物売が仕掛けられ米国に対し新たな包括的措置を講じる考えがあるとした中国商務省の声明が伝わると再び軟化し1250201.54㌦を付け実態より低く推移すれば押目買の機会到来で市場も号セキ相場に移る傾向があることから「リバーサル戦略」が入り1338に後場高値202.38㌦を付け商品市況が世界景気回復の継続を示唆したり法人税減税効果も出る事から堅調なファンダメンタルズを有しており為替の耐久力が日米企業にあることを受け米通商問題リスクから米株価指数先物は1%を超す下げをうけ「カバードコール戦略」が実施され1404201.29㌦を付け後買戻され1420202.00㌦を付け再度「カバードコール戦略」が実施されたが日銀短観では中小企業非製造業価格判断指数DIがプラスに転じ公示価格がプラスになった処からデフレ脱却と捉えられ、1500に前日比133㌣安の201.09㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてコールは売りが目立ち、プットは総じて買われ、15:15では前日比155㌣安の最安値200.92㌦を記録し両建て日経平均が下落と化した。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅185㌣と下落相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽1.74%、騰落レシオは96.88%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

0405


さあ皆様こんにちは、04月05日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均は反発したが、Topix、Topix先物、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株05日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション4月物では続伸しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると米中貿易摩擦を巡る過度な懸念が後退しVix指数が減少し、中国報復政策で円買一服し前日の米国主要三指数の株が上昇した。米国による新たな攻撃が無かったことから米中貿易摩擦拡大回避に繋がり水面下でのNAFTA等の交渉信仰と見た巨大機関投資家が裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」を実施し空売り仕掛け解消に走った為、9:00寄付201.77㌦を付け後9:15迄継続され前場高値202.07㌦を付け、戻り待ちの売りに会い「カバードコール戦略」が実施され10:10に最安値200.97㌦を付け後ISM非製造業は強くADP雇用レポートでは事前予想よりも強く10時よりGlobexNY先物が徐々に上昇を受け短期的反転兆候と捉えた巨大機関投資家により裁定買を誘う先物買「リバーサル戦略」が実施され、前場引けでは前日比2㌦62㌣高の202.69㌦を付け11:35の前場引けでは2㌦56㌣高の202.63㌦となり、後場12:30には202.74㌦で開始し、継続して裁定買を誘う先物買が仕掛けられ13:28に最高値203.19㌦を付けた一方で、米株先物高をにらんで上げ幅上昇しテクニカル的な抵抗線及び節目と見られた価格帯別出来高で25日移動平均線(2万1398円06銭=201.2454㌦=5日終値)を上回ったことで相場の底入れ期待も高まり「コンバージョン戦略」が発生し(「香港から東京への現物売後先物買」から「東京から香港への現物買いから先物売」への期末を期初に持ってくる)証券自己勘定取引で再度高値を目指し14:30に最高値203.19㌦を付け後、米株先物高をにらんで上げ幅は超えたが、高値圏では戻り待ちの売りも出て米株価先物指数が下げ渋る動きを見せ値嵩シクリカルに買が堅調に入り、15:00に前日比2㌦43㌣の202.50㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてコールが買われ、プットは下落し、15:15では前日比2㌦35㌣の202.42㌦を記録し両建て日経平均が上昇と化した。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦22㌣と反転相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽0.71%、騰落レシオは93.94%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0404


さあ皆様こんにちは、04月04日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均は続落したが、Topix、Topix先物、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株04日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション4月物では反発しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると欧州株安に対し主要三指数高値から米株高となり米中貿易摩擦警戒感と日本時間の4日早朝に米通商代表部が中国からの輸入品に対する追加関税の品目リストを公表すると米国報道による激化を恐れ9:00に201.22㌦で高寄後、米株先物安の思惑より「カバードコール戦略」を仕掛ける巨大機関投資家により10:47に前場最安値199.56㌦を付け揉み合い前場引けでは前日比1㌦22㌣安の1999.76㌦を付け11:35の前場引けでは1㌦24㌣安の199.74㌦となり、後場12:30には199.84㌦で開始し、継続して裁定解消を誘う先物売りが仕掛けられ12:33に最安値199.45㌦を付けた一方で米株価先物指数が下げ渋る動きを見せ値嵩グロース銘柄に買が堅調に入ったのを確認すると株式市場のボラテリィティが高く企業業績も堅調で米国減税によりEPSの上昇期待があり消費に関しても明るい兆しがあるため「リバーサル戦略」が実施され14:27に最高値200.62㌦を付け米先物につられ「コンバージョン戦略」が行われ小高く推移し、15:00に前日比88㌣安の200.10㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてプットが売られ、コールもおおむね売られ、15:15では前日比91㌣の200.07㌦を記録しドル建て日経平均だけが下落と化した。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦77㌣と下落相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽5.32%、騰落レシオは89.20%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0403


さあ皆様こんにちは、04月03日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月03日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、Topix、Topix先物、日経平均先物、及び日経平均は続落した。新興株03日の日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション4月物では続落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると「先進国通貨買に対し新興国通貨売」の流れをうけイースター三連休明け円全面高の流れを受け米株主要三指数が大暴落を受け9:00に199.56㌦で寄付、米国に連座して9:03に寄付後安値199.13㌦を付け下げ幅が2㌦6㌣迄下落した。売り一巡後は心理的節目の202㌦に接近したが売り一巡後は押し目買いに匹敵する「リバーサル戦略」が入り下げ幅を縮小し前場引けでは前日比94㌣安の200.25㌦を付け11:35の前場引けでは98㌣安の200.21㌦となり、後場12:30には200.64㌦で開始し、「コンバージョン戦略」が入り米国同様、値嵩ハイテク株の一角が軟調に推移し、ドル建て日経平均を押し下げ揉み合い12本移動平均線上で三尊底を形成した事から14:02に後場高値201.18㌦を記録後、アップルが自社製品の半導体に換え、フィラデルフィア大暴落や、米通商法301への中国からの報復措置等により「カバードコール戦略」が入り雇用統計やパウエル議長講演の発表控え、日米金利差縮小でドル安円高による景気後退を意識し「カバードコール戦略」が入り14:29に後場安値200.45㌦を付けただ米株価指数先物が上昇したことが全体相場の下支え要因となり、14:47に最高値201.27㌦を付けドル建て日経平均では後場に下げ幅まで縮める場面があり、15:00に前日比27㌣安の200.92㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてコールが売られ、プットは買われ、15:15では前日比21㌣の200.98㌦を記録し両建て日経平均は下落と化した。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦14㌣と下落相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽5.95%、騰落レシオは87.20%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0402


さあ皆様こんにちは、04月02日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。04月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、Topix、Topix先物、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株02日の日経ジャスダック平均は続伸、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション4月物では 反落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると『日銀が取引開始前に発表した短観3月調査では、大企業・製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)が24と前回調査から2ポイント低下。原材料価格の高騰や貿易戦争への懸念、円高進行などを背景に16年3月調査以来、8期ぶりに悪化した。ただし、大企業・全産業の18年度の設備投資計画は前年比2.3%増とプラス予想。』というヘッドラインで9:00では201.68㌦と高く寄付き9:01に前場安値201.35㌦を付け、巨大機関投資家によりNT倍率での売り仕掛による益出の買戻し返済からTopix先物で裁定解消売を仕掛け日経平均先物で裁定買を仕掛け直した所から「リバーサル戦略」が入り9:20に前場高値202.44㌦を付け後ドル安に傾き売戻に会い10:06に前場安値202.30㌦を付け後ドル高に傾斜し、「リバーサル戦略」が入り11:19に前場引間際高値202.96㌦を付け、前場引けでは前日比92㌣高の202.84㌦を付け11:35の前場引けでは92㌣高の202.84㌦となり、後場12:30には202.67㌦で開始し、その後、為替の安定や日銀短観での設備投資に対する安心感等から設備投資が良好で、人手不足から省力化投資などが今後も見込めるという報道を受け徐々に裁定買を示す「リバーサル戦略」が入り、12:50に最高値203.06㌦を記録後、三尊天井を形成しさらに米国時間外取引で先物下落を受け「カバードコール戦略」が入り、15:00に前日比73㌣安の201.19㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてプットとコールでともに前週末に比べ下落が目立ち、様子見の投資家が多い展開となったため、時間的価値の低下を意識した売りが出し、15:15では前日比73㌣最安値の201.19㌦を記録し両建て日経平均は方向感に乏しい値動きと化した。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦87㌣と下落相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽4.85%、騰落レシオは91.36%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0330


さあ皆様こんにちは、0330日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0330日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均は反発したが、TopixTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株30日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション4月物では続伸しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると日米経済指標改善からSOX指数が上昇しドル建て日経平均も連動して高値圏にいる事から裁定解消売から中立に戻し三連休前の持高調整により米国主要三指数大幅反発を迎え、東京市場ではその流れを引継ぎ200日移動平均乖離率を上回って推移し欧米ではイースター休暇で休みになり亜細亜では香港、シンガポールが休場のため裁定解消を誘う先物売り仕掛が行い辛く201㌦が多い為、株安・円高が日銀短観で確認でき底堅いと発表できると想定されると上値を試す展開になり9:00では200.90㌦と高く寄付き906に高値201.01㌦を付け一時的ドル安を迎え「カバードコール戦略」が入り918に最安値200.39㌦を付け後、巨大機関投資家によりNT倍率での売り仕掛による益出の買戻し返済からTopix先物で裁定解消売を仕掛け日経平均先物で裁定買を仕掛け直した所から「リバーサル戦略」が入り1052に前場高値201.38㌦を付け揉合、前場引けでは前日比274㌣高の201.28㌦を付け1135の前場引けでは276㌣高の201.30㌦となり、後場12:30には201.34㌦で開始し、ITバブル時と同様の強さが出て半導体指数も強く電気・ハイテク値嵩株に資金が入って集中してきた。実態では黒字企業が多い為余計に資金吸収力を高めてきた。事実FANG銘柄等ハイテクグロース値嵩銘柄製品が実社会に入ってきているためアウトパフォームで資金が入るのは成長力から考えても運用力を高めるためには巨大機関投資家が資金を向けるのは当然で成長株として資金が集まってきている。それらから「リバーサル戦略」が実施され1313に最高値202.35㌦を付けた一方でこれらの銘柄が独占・寡占状況が変化することも考えられ「カバードコール戦略」が行われ1443に後場最安値201.20㌦をつけさらに朝鮮半島情勢の動向からドル高が進み、ボラティリティが低く海外生産増強も行い米国減税効果も働き日米PERが割安で現行政策維持方向で円高対策が出来ていて売り仕掛による手仕舞目的の益出しの買戻し返済から「リバーサル戦略」が入り、1500に前日比355㌣高の202.79㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてコールが軒並み上昇し、プットは総じて下落し、15:15では前日比338㌣高の201.92㌦を記録し両建て日経平均は上昇相場と化した。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅196㌣との上昇相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽4.08%、騰落レシオは91.10%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0329


さあ皆様こんにちは、0329日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0329日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均は続落したが、TopixTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株29日の日経ジャスダック平均は反発したが、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション4月物では反発しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると輸出筋による円ロングドルショートから米国通商政策懸念売りで米国市場は下落したが日本政府による過去最大の予算成立や北朝鮮を巡る地政学リスクの一段落も意識され巨大機関投資家によるドル高円安の巻戻を受け900198.99㌦と高値寄付となり912に前場安値を付け「リバーサル戦略」が入り925に最高値199.20㌦を付け揉合、米中古住宅販売仮契約指数上昇を受け1029199.06㌦を付けるもロンドン銀行間金利上昇でSOX指数下落に加え金利上昇懸念やテスラ社問題懸念で自動運転関連の投信解約や更に米通商政策による輸出制限から輸出業者による円ロングドルショートによりドル安加速で「カバードコール戦略」を仕込む巨大機関投資家もいる事から下落し11:00に前場最安値198.13㌦を付け後ドル安一服から買戻され、前場引けでは前日比55㌣安の196.51㌦を付け1135の前場引けでは55㌣安の196.51㌦になり、後場12:30には198.43㌦で開始し輸出業者等がドル安を加速させ揉み合い1329に高値198.51㌦を付け高値圏で短い足が何本も続いた後に窓を開けて下放れた陰線が出現する団子天井を形成した為、Vix指数が上昇し「2日新甫」ゆえ、ボラティリティーが高い状態であり、巨大機関投資家が米株先物や為替を材料にし、半導体も減少と共に仮想通貨のマイニングも減少しSOX指数下落を引きずりこれらに関わる銘柄にも巨大機関投資家の中では裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」を行う者もいる事から一時下げ幅拡大し1401に最安値197.24㌦を付け割安買場を提供したが「4月円債相場に強気論、日銀減額困難で10年金利マイナス予想も」、「朝鮮半島の緊張緩和で防衛関連株に売り物流入」というテロップによりドル安が一服し投資家心理の改善が見られ巨大機関投資家による「リバーサル戦略」が実行され、1500に前日比35㌣安の後場高値198.71㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてコールが買われプットは売りが目立ち、15:15では前日比52㌣安の198.54㌦を記録し日経平均は上昇相場となりドル建て日経平均は反落相場と化した。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅196㌣との下落相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽8.23%、騰落レシオは91.10%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0328


さあ皆様こんにちは、03月28日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、Topix、Topix先物、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株28日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション4月物では反落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによるとハイテク銘柄が下げからナスダックを中心に米国主要株価指数が下落し「米NTSBがテスラEV車死亡事故で調査開始」というヘッドラインを受け9:00に198.07㌦で寄付、9:10に寄付後高値198.37㌦を付け後、安倍首相による「消費増税に関する約束は守る」との発言やハイテク銘柄及び懸念材料を抱えるテスラ社に納品しているパナソニック等も含めたグロース銘柄に巨大機関投資家による「カバードコール戦略」が入り9:57に最安値196.99㌦を付け、「イラク、韓国と日本に原油貯蔵施設建設も アジア向け販売拡大へ」というヘッドラインを受け裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」が実施され11:15に前場引け直前高値198.76㌦を付けドル高が一服し戻り売りに押され、前場引けでは前日比3㌦48㌣安の198.36㌦を付け11:35の前場引けでは3㌦46㌣安の198.38㌦になり、後場12:30には198.09㌦で開始し「日銀国債買入を通告」、「中国国有企業1-2月の利益は前年比25.3%増」「米韓の新たな貿易協定が話題で日米FTAで為替条項が入ると円売りによる円安期待」等ヘッドラインから「リバーサル戦略」が入り13:36に後場高値198.86㌦を記録し米国株の底打ちが確認でき無い為「カバードコール戦略」が行われ14:31に後場最安値197.37㌦を付け後、陰線後の陽線2つ出現する三川宵の明星を確認後、生命保険や年金基金等の月末・月初に仕掛ける「リスク資産のトリミング」や年金・保険による配当の再投資がTopix先物を中心に巨大機関投資家により仕組まれ円高修正も入り値嵩グロース銘柄にも裁定買を誘う先物買戻に匹敵する「リバーサル戦略」が行われ、15:00に前日比2㌦72㌣安の最高値199.12㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてヘッジ売りが加速したためコールが売られプットはおおむね上昇となり、15:15では前日比2㌦78㌣安の199.06㌦を記録し両建て日経平均は反落相場となった。予想配当落ち額は158円35銭になりドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦13㌣との下落相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽10.16%、騰落レシオは89.41%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0327


さあ皆様こんにちは、0327日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0327日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株27日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション4月物では続伸しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると「米政府高官が中国との妥協点を探る姿勢を見せる」、「米朝会談妥結」、「SOX指数最高値更新」、「フィラデルフィアの経済統計が強いことからナスダック指数が大幅上昇」という報道を受け貿易摩擦が和らぎNY相場大反発を受け前日比81㌣高の198.62㌦で寄付後901に寄付き直後安値198.43㌦を形成後、936に陽線が出現しチャート上で二本の差込線を形成を確認後巨大機関投資家の中で「リバーサル戦略」を行う者がいた事から1011に前場高値200.36㌦を形成し国内では学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る佐川前国税庁長官の証人喚問が9時より行われており午前の質疑で政治家の関与が無く近畿財務局内での問題だと分かり、戻売に遭遇し揉み合いチャート上で陽線が11:06に出現し二本の差込線が確認され「リバーサル戦略」が入り、前場引けでは前日比204㌣高の199.85㌦を付け1135の前場引けでは206㌣高の199.87㌦になり、後場12:30には200.20㌦で開始し国内政治リスクに関し無風となり、SOX指数記録更新やフィラデルフィア半導体指数が強くアベノミクスの継続性を素直に好感し先週ま迄の裁定解消を誘う先物売仕掛を益出後売を行うポジション調整を図り継続して裁定買を誘う先物買を巨大機関投資家の中で行う者が多いことから1327に後場高値201.64㌦まで回復し、アベノミクスの出口を気にする「アベグジット」が台頭しドルの戻り売りから円高に一時的になり「コンバージョン戦略」が行う巨大機関投資家も中にはいる事から1408に後場安値200.93㌦を付け陰線後の陽線2つ出現する三川宵の明星を確認後、生命保険や年金基金等の月末・月初に仕掛ける「リスク資産のトリミング」や年金・保険による配当の再投資がTopix先物を中心に巨大機関投資家により仕組まれ円高修正も入り値嵩グロース銘柄にも裁定買を誘う先物買戻に匹敵する「リバーサル戦略」が行われ、1500に前日比405㌣高の最高値201.86㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてヘッジ売りの買い戻しが加速したためコールが軒並み買われプットは総じて下落となり、15:15では前日比403㌣高の201.84㌦を記録し日足チャートでは売勢力弱体買転換印の切込線が出現し両建て日経平均は続伸相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅343㌣との上昇相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽6.46%、騰落レシオは92.84%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

0326


さあ皆様こんにちは、0326日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0326日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株26日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション4月物では反発しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると米中貿易戦争の激化や米国保護貿易姿勢が世界経済に悪影響を及ぼしヘッジファンドを主体とする巨大機関投資家の餌食になり日経V1が上昇しながらも、「ムニューシン米財務長官の発言は両国で現実的な交渉が行われることを示唆している」という発言を切欠とし下落しシカゴ市場先物時間外取引で米株価指数先物が堅調推移となり日米中政治危機により9:00前日比199㌣安の194.80㌦で寄付、2分後寄付後前場高値195.20㌦となり地政学的リスクも手伝い「リバーサル戦略」が入り920に最安値194.19㌦を付け揉合、「米朝水面下で貿易摩擦の話が出た」事や朝方立会外で「バスケットで300億㌦買戻支え」というヘッドラインを受けガンマトレード等をオプションで仕込んでいた巨大機関投資家は予想に反して下げ渋ったことや、懸念していたドル安・円高が加速し無かった事で、セットオフし「リバーサル戦略」を実施する者も現れ11:00に前場引直前高値1055195.88㌦を付け、中途を含む地政学的リスクの高まりへの警戒感も強まり「コンバージョン戦略」が仕込まれ、前場引けでは前日比108㌣安の195.71㌦を付け1135の前場引けでは110㌣安の195.69㌦になり、後場12:30には195.46㌦で開始し、先週から米保護主義姿勢や日米政治リスクが巨大機関投資家の餌食となりマスコミをあおり輸出企業等の海外からの利益送金で円高傾斜傾向に併せてリスクマネーのリスクオンでの円買ドル売りポジションを行なっていたが佐川喚問など出口が見えてきたため円高ポジション仕掛けをセットオフし利益をだしドル買・円売りに傾斜した事から「リバーサル戦略」が実行され1259に後場寄付直後高値196.33㌦を付け後、円高に傾斜し「 カバードコール戦略」が入り1344に後場安値195.28㌦を記録後、生命保険や年金基金等の月末・月初に仕掛ける「リスク資産のトリミング」が発生し裁定解消売を誘う先物売持高を減少させ裁定買を誘う先物買に向けさせて持ち高をセットオフし無リスク資産でローボラティリティ高配当銘柄に当る花王等のバリュー銘柄に買戻に値する「リバーサル戦略」が入り、1500に前日比103㌣高の最高値197.82㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてプットが総じて売られ週明けで時間的価値の低下も加わりコールは高安まちまちとなり、15:15では前日比102㌣安の197.81㌦を記録し両建て日経平均は反発相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅363㌣との上昇相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽14.25%、騰落レシオは93.16%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

 

0323


さあ皆様こんにちは、0323日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0323日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株23日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション4月物では反落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると米国が中国に対する知財制裁関税を発表、中国も対抗措置に動き、米中貿易戦争への発展が警戒され22日の米国株は、ダウ工業株30種平均が724ドル(2.9%)安と6週間ぶりの大幅安になり、23日のアジア時間でも、米株先物は軟調に推移しこれを受け900201.87㌦で寄付後最高値201.92㌦を記録し米長期金利下落を受けVix指数上昇からドル安が仕掛けられ裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」を行う巨大機関投資家がいる事から大幅下落し1024に前場引間際安値197.87㌦を付け、米経済のサプライズ指数が下向きになるなど「景気実体にピーク不安がある中、もし米中が報復合戦となれば、世界経済に与える影響は無視できない。ファンダメンタルズへの不安感が根底にある」と指摘する某情報ベンダーもおり「100円前提なら主要企業の来期純利益は今期予想比4.2%減で総務省が23日発表した2月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除くコアCPI)は前年比1%上昇と、2014年4月の消費増税の影響を除き3年半ぶりの水準となった。上昇は14カ月連続。」という観測から「リバーサル戦略」が入り1106に前場引直前高値199.35㌦を付後、トランプ米大統領が国家安全保障問題担当のマクマスター大統領補佐官を解任し、後任に外交強硬派として知られるジョン・ボルトン氏を起用するとツイッタ―で明らかにしたことで、地政学リスクの高まりへの警戒感も強まり「カバードコール戦略」が仕込まれ、前場引けでは前日比522㌣安の198.68㌦を付け1135の前場引けでは513㌣安の198.77㌦になり、後場12:30には198.45㌦で開始し、巨大機関投資家の中で昨日よりシンガポールから東京へ現物売りや裁定取引売りを示す裁定取引の移管即ち入替による節税によりさらに継続売りされ日経225オプション4月限では1万9000円プットや2万円プットの出来高が膨らみ、さらなる株安に備える動きがみられ今後は米中間で制裁の応酬が警戒される。海外勢の売が継続され、米通商リスクも日本政治リスクも株式攪乱要因になり1450に最安値196.19㌦を付け円高にも拘らず巨大機関投資家の中で裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」を行う者もいる事から、1500に前日比713㌣安の196.77㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけて買う権利である「コール」が下落。売る権利の「プット」は上げ、15:15では前日比711㌣安の196.79㌦を記録し両建て日経平均は反落相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅573㌣との範囲相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽16.55%、騰落レシオは97.23%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

 

0322


さあ皆様こんにちは、0322日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0322日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株22日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション4月物では反発しドル建て日経平均では某情報ベンダーによるとFOMCを受けドル売中心で下落し欧州市場に入る前にドル買ユーロ売りと同時にNY金と原油が上昇となり900に寄付201.56㌦を付け最安値にもなりドル高より「リバーサル戦略」が入り1000203.14㌦を付後、公的年金基金の買即ち「リバーサル戦略」が入り1040に最高値204.12㌦を記録し戻り売りに会い、前場引けでは前日比1941㌣高の203.15㌦を付け1135の前場引けでは190㌣高の203.11㌦になり、後場12:30には202.97㌦で開始し、巨大機関投資家の中で昨日よりMSCIリバランス売対策で裁定解消売仕掛を行っていた者が相場上昇により損失が発生するのを防ぐため、FOMC前に仕掛けた持高の解消に走り期末特有の需給動向も加わり再投資期待から「リバーサル戦略」が行われ買戻され揉合後、1500に前日比269㌣高の203.99㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてコールが買われ、プットは売られ、15:15では前日比269㌣高の203.90㌦を記録し両建て日経平均は反転相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅256㌣との範囲相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽3.40%、騰落レシオは108.77%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

0320


さあ皆様こんにちは、0320日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0320日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は続落した。新興株20日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション4月物では続落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによるとFOMCを前に様子見が強まる中、フェイスブックの個人データ流出問題や自動運転車問題で使用される半導体を作成する会社等を嫌気し、ハイテク株が大幅安となった米国市場の流れを引き継ぎ、主力ハイテク株を中心に裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」を巨大機関投資家の中で仕掛ける者もいるため915で前場安値200.23㌦を付け、Vix指数が下落しドル指数が持直したことを受け930には200.87㌦をつけ、期末特有の国内企業のレパトリで上下し1045に前場高値200.74㌦を付け後、グロース銘柄の保有比率を調整する動きもあることを下地に裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」を巨大機関投資家の中で仕掛ける者もいるため1112に最安値200.13㌦を記録した為、前場下落分を考慮すると日銀ETF買戻期待があることで配当取りの動きが出て「リバーサル戦略」が入り、前場引けでは前日比291㌣安の200.97㌦を付け1135の前場引けでは289㌣安の200.29㌦になり、後場12:30には200.34㌦で開始し、陽線二本の差込線が入った為1337に後場第一高値201.14㌦を記録後、「佐川氏の国会招致、「与党内で協議」」というヘッドラインから「コンバージョン戦略」が入り、1351200.83㌦を付け仮需比率も1%より大幅に下回っているためこれ以上売りも仕掛け辛く、機関投資家のバリュー銘柄へのリバランスに加え、株価水準も全般低く、割安になった後だけに3月決算企業の配当権利落ちを控え、銀行や保険、証券、陸運など好配当業種には押し目買いも入り易い事から「リバーサル戦略」を入れる巨大機関投資家が増えたため、米連邦公開市場委員会(FOMC)を見極めたいとの心理も働き、大引けにかけては、1500に前日比201㌣安の201.17㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてコールが売られ、プットは上昇し、15:15では前日比197㌣安の201.21㌦を記録し両建て日経平均は続落相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅108㌣との範囲相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽6.24%、騰落レシオは101.35%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

0319


さあ皆様こんにちは、03月19日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、Topix、Topix先物、日経平均先物、及び日経平均は続落した。新興株19日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション4月物では続落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると欧米株堅調であったことを受け9:00に203.26㌦で寄付、9:09に最高値204.09㌦を記録はしたが国内政治の不透明感を受けアベノミクス終焉危機と認識し巨大機関投資家の中では裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」を実施するものがいたため換金売や投資信託の解約売にも繋がる売り仕掛が入り、ドルでは105円ユーロでは129円迄切下がり円独歩高になり10:17に最安値201.99㌦を付け後日経VIは低い為10:36に陽線を出現させ五手1本底と鍋底を形成後、「リバーサル戦略」が入り、前場引けでは前日比1㌦77㌣安の202.97㌦を付け11:35の前場引けでは1㌦77㌣安の202.97㌦になり、後場12:30には203.04㌦で開始し日銀ETF買期待から一時的にドル高になり「リバーサル戦略」が入り、13:00に後場高値203.37㌦を付け国内企業のレパトリで円に戻して日本に利益を戻す為ドル安円高になるがこれにより13:15に後場安値203.25㌦を付け円が持直し「リバーサル戦略」が入り203.29㌦を付け、NYダウやナスダック先物が時間外で下落を受け裁定解消を誘う先物売に値する「カバードコール戦略」が入り利益確定売が膨らみつつあり手仕舞う動きが散見され14:15に後場安値202.80㌦を付け「リバーサル戦略」が入り14:40に大引直前203.28㌦を付け、米連邦公開市場委員会(FOMC)を見極めたいとの心理も働き、大引けにかけては「コンバージョン戦略」となり、15:00に前日比1㌦60㌣安の203.14㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてコールが売られ、プットは買われ、15:15では前日比1㌦56㌣安の203.18㌦を記録し両建て日経平均は続落相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦1㌣との範囲相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽4.85%、騰落レシオは98.71%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

0316


さあ皆様こんにちは、0316日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0316日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株16日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション4月物では反落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると海外堅調に加えドル高気味になり9:00寄付205.79㌦を付後、寄付後最高値205.80㌦を記録し寄高で開始し米ワシントン・ポスト紙は15日、複数の関係筋の話として、トランプ米大統領がマクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を解任する方針を決定したと伝え、さらに日本では財務省文章改ざん問題も併存し日米政治動向不透明感から巨大機関投資家の中では裁定解消を誘う先物売をVix指数で行っていたものをプットの買いに当るガンマトレードをすることでプット買いになりVix指数を上昇させ為替ではドル安になった事から、株式市場では裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が実施され1022に前場安値204.74㌦を付けたが、構造改革を終了した企業が日本では多いために儲けて稼ぐ力は日本企業に備わっておりパッシブ運用の配当金の再投資期待がある為、裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入る事で1059に前場高値205.32㌦を付け「カバードコール戦略」が入り、前場引けでは前日比38㌣安の205.25㌦を付け1135の前場引けでは42㌣安の20521㌦になり、後場12:30には205.01㌦で開始し「アベノミクス逆回転リスク警戒感」や「FTSEリバランス売(イギリスのファンドで日本株構成比率替え)」により先物売継続され1256に最安値204.35㌦を記録し来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)やクワトロウォッチングを控えて様子見ムードが広がりさらに陰線に続いて陽線が現れ差込線を形成し差込線となった数分後に再び差込線と鍋底となるチャートを形成した為、為替で1400にプットの買戻に当るドル買円裁定解消売によるオプションガンマトレードが今回も入り105.84円から105.96円とドル高になり裁定買を誘う先物買戻となる「リバーサル戦略」が入り1447に大引け直前高値204.90㌦を付後、日銀新執行部が国会に招致され小認識を受けている間に日米通商政策リスクからドル安になり裁定解消を誘う先物売に値する「コンバージョン戦略」が入り、1500に前日比91㌣安の204.72㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてコールが売られ、プットは上昇し、15:15では前日比89㌣安の204.74㌦を記録し両建て日経平均は反落相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅145㌣との範囲相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽2.17%、騰落レシオは98.11%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

0315


さあ皆様こんにちは、0315日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0315日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株15日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション4月物では反発しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると米人事後退で米政治リスクとなり、米中貿易摩擦でS&P下落金利低下によりWTIでは米上昇幅があることから下渋り2月雇用統計は理想的でCPIが横這でVix指数を裁定解消を誘う先物売で為替(ドル)が下落し株下落を受け朝方900204.44㌦で寄付後、小幅下落で開始し920に前場高値205.01㌦を付け後、貿易戦争の懸念根強くさらに「タカタを巡る集団訴訟」と言うヘッドラインを受け裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」が実施され売仕掛けられたが10:10に最安値203.66㌦迄しか下落しなかった為、前場の下げ分で日銀のETF買分は下落したのを受け、急遽裁定解消目的先物売を解消し、「米国リストラ専門家に待望の春、経済変化で事業上向きの兆し」というヘッドラインを受け、後場の上昇を見込んで裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」に切り替え二本の差込線も出現したことから反発し、前場引けでは前日比7㌣高の204.55㌦を付け1135の前場引けでは11㌣高の204.59㌦になり、後場12:30には205.16㌦と下げ幅締めて開始し日銀のETF買に加え巨大機関投資家の中では裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り1320に最高値205.92㌦を付後、「海外企業投資家のロシア企業買収が低迷、米ロ緊張に警戒」というヘッドラインを受けアルゴニズムが働き米国一時的インフレ傾向故金利上昇し㌦が下落し円高気味になり「コンバージョン戦略」を実施する巨大機関投資家もいる事から1420に後場最安値205.80㌦を付け後、3月決算企業や円ショートの利益出し等で資金化する巨大機関投資家の動きも一部見られ円安方向に傾き、さらに決算銘柄が強い良好決算報道を受け「リバーサル戦略」が入り1459に後場高値205.90㌦を付け後「コンバージョン戦略」が入り1500に前日比1㌦37㌣高の205.85㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてコールとプットも売られ、15:15では前日比1㌦15㌣高の205.63㌦を記録し両建て日経平均は小反発相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦26㌣との範囲相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽0.45%、騰落レシオは104.37%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

 

0314


さあ皆様こんにちは、03月14日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、Topix、Topix先物、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株14日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション4月物では反落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると欧州株全面安、中国に対する製品関税措置による輸入制限に加え米国務長官の更迭や関税を巡る懸念で日米共に政治リスクから円高傾向に拍車がかかり米下院補選問題もあり手控え取引となり9:00に204.32㌦で寄付き前場安値204.05㌦を付け後、「リバーサル戦略」が入り9:49に最高値205.03㌦を記録後、日米政治リスクにより裁定解消を誘う先物売りに値する「カバードコール戦略」が入り10:57に前場最安値203.99㌦を付け「リバーサル戦略」が入り、前場引けでは前日比1㌦59㌣安の204.21㌦を付け11:35の前場引けでは1㌦61㌣安の204.19㌦になり、後場12:30には204.37㌦と下げ幅締めて開始し、12:37に後場高値204.67㌦を付け後、米国政策運営不透明によりSOX指数が下落し貿易摩擦問題が再燃し亜細亜株も下落した事も加えられ場中で米国補選が決定されずWTIも下落したのを受け、手控え傾向に拍車がかかり値嵩ハイテク株を中心に裁定解消を誘う先物売りに値する「カバードコール戦略」が入り13:13に最安値203.72㌦を記録後、下げ渋り上値も重いことから巨大機関投資家の中で「リバーサル戦略」を入れ仕掛けの解除をする者もいる事で15:00に前日比1㌦23㌣安の204.57㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてプットが総じて上昇しコールは下落し、15:15では前日比1㌦32㌣安の204.48㌦を記録し両建て日経平均は反落相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦31㌣との範囲相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽0.79%、騰落レシオは107.76%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

0313


さあ皆様こんにちは、0313日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0313日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株13日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション4月物では続伸しドル建て日経平均では某情報ベンダーによるとダウ下落で 米株式市場は高安まちまち、貿易摩擦への警戒強くアベノミクス継続性失速と森友政局懸念でマクロ系巨大機関投資家の中で裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」を仕掛け開始し9:00に204.59㌦で寄付後、「麻生大臣辞任否定」報道を受け910に最安値204.20㌦を付け後切返し巨大機関投資家の中では「リバーサル戦略」を実施する者もいる事から先物売り仕掛をしたものは踏まされ損が出て1049に前場高値205.32㌦を付け後失速し上値が重くなり「トランプ氏、大統領令でブロードコムによる米クアルコム買収を阻止」、「上海総合安でスタート」や「森友文章 揺らぐ財務省への信頼失墜、財政再建」という見出しにより「カバード戦略」が打たれ、前場引けでは前日比27㌣高の204.86㌦を付け1135の前場引けでは27㌣高の204.86㌦になり、後場12:30には204.71㌦と下げ幅締めて開始し、1245に後場安値204.93㌦を付け後米国インフレ懸念後退や中国政府が半導体に資金を大量供給し整備することを受けナスダックやSOX指数改善で半導体を含む電気銘柄や値嵩ハイテク銘柄に注目が集中することから裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」を仕掛ける巨大機関投資家も多いことから反転に転じ、これを確認し裁定解消を誘う先物売りを仕掛けた巨大機関投資家にとって裁定解消が発生し無い為、1400205.45㌦と上昇確認後急遽1430に後場安値205.25㌦を付け後「リバーサル戦略」に仕掛け直しをする巨大機関投資家もいる事から14591500に前日比1㌦18㌣高の205.77㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてコールが買われ、プットは総じて下落し、15:15では前日比1㌦21㌣高の最高値205.80㌦を記録し両建て日経平均は続伸相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦60㌣との範囲相場 になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▲1.88%、騰落レシオは101.73%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

0312


さあ皆様こんにちは、03月12日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均は反発したが、Topix、Topix先物、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株12日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション4月物では続伸しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると強い雇用統計を受けてNYダウ大幅高になり米国三指数上昇に続き米朝会談進行を迎えVix指数が急落しドル高に戻りを確認してから9:00寄付204.19㌦で開始し9:03に安値204.01㌦まで下落後、巨大機関投資家心理の改善から裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」が実施され10:28に前場高値205.49㌦を付後、「森友問題:財務省の理財局の責任問題に波及して来るので麻生財務相が辞任のリスクをマーケットは意識、不可避となるとアベノミクスに黄色信号燈る」、「森友学園書き換えがあったようだと報告受けた。森山自民国対委員長」「北朝鮮国営メディア、米朝首脳会談提案を伝えず」というヘッドラインを受け更にアルゴニズムも働き裁定解消を誘う先物売に当る「カバードコール戦略」がCTAを含む全巨大機関投資家により実施され10:55に前場引直前安値204.45㌦を記録し「リバーサル戦略」が入り前場引けでは前日比3㌦63㌣高の204.82㌦を付け11:35の前場引けでは3㌦72㌣高の204.91ドルになり森友問題や米朝首脳会談無報道問題や米国民主党議員による関税支持等の報道を受け継続して「カバードコール戦略」が入り、後場12:30には204.10㌦で開始し、揉み合い12:34「森友関連の財務省文章で書き換え、政府が自民党に伝える」「シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル上昇、米国インフレ懸念後退」で買戻しに当る「リバーサル戦略」が入り13:06に後場高値204.29㌦を付け後森友文章問題で「コンバージョン戦略」が入り13:35に最安値203.75㌦を付け、「麻生財務大臣辞任否定」会見や中国香港市場が2日続伸を受け裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」が入り14:43に大引け直前高値204.74㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り、15:00に前日比3㌦46㌣高の204.65㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてコールが軒並み上昇し、プットは総じて下落し、15:15では前日比3㌦40㌣高の204.59㌦を記録し円建て日経平均は続伸したがドル建て日経平均は反発相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦77㌣との範囲相場なり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽0.19%、騰落レシオは84.37%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0309


さあ皆様こんにちは、0309日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0309日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均は反落したが、TopixTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株09日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション3月物では続伸しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると欧米株上昇を受け900202.93㌦で寄付後9:05に前場安値202.77㌦を付け、トランプ米大統領が鉄鋼などへの輸入関税を巡って態度を軟化させたとの見方が巨大機関投資家心理を改善させ裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」が実施され925に前場高値204.00㌦を付後、「米国大統領と北朝鮮委員長が会談、非核化」というヘッドラインを受け更にアルゴニズムも働き裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」がCTAを含む巨大機関投資家により実施され1022に最高値204.79㌦を付けこれにより戻り待ちの売りや売出益タイミングを計る巨大機関投資家もいた事から裁定解消を誘う先物売りを示す「カバードコール戦略」が入り1120に前場引け直前安値201.27㌦を付け後「リバーサル戦略」が入り前場引けでは前日比27㌣高の201.93㌦を付け1135の前場引けでは31㌣高の201.97ドルになり後場12:30には202.32㌦で開始し1236に後場高値202.35㌦を付け後MSCI国内生損保有働株比率見直しによる」裁定解消売りが出て「カバードコール戦略」が実施され1336に最安値200.38㌦を付け「リバーサル戦略」が入り、1500に前日比34㌣安の201.32㌦を付け、オプション4月物では、大引けにかけてコールが軒並み上昇し、プットは総じて下落し、15:15では前日比47㌣安の201.19㌦を記録し円建て日経平均は反発したがドル建て日経平均は反落相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅441㌣との範囲相場 になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽5.31、騰落レシオは84.13%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0308


さあ皆様こんにちは、0308日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0308日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株08日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション3月物では反発しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると米国政権内部で包括的輸入制限批判論が展開されツイッターの大統領声明にも含めサンダース報道官が「鉄鋼アルミ制限で一部適用除外国が出る。」、「例外無き関税でなく安全保障別」と補足し通商政策の保護主義懸念が後退し米国政策運営能力低下を示す事に繋がった為、値嵩ハイテク株等が大幅に買戻されドル建て日経平均では900202.39㌦で寄付高値形成後、米政治停滞危機によるVix指数上昇から減税した税の穴埋め問題懸念が再度注目され米株安リスクに繋がる事から「コンバージョン戦略」が入り948に前場安値201.51㌦を付け円安方向に振れたため裁定買を誘う先物買「リバーサル戦略」が実施され1040に前場高値202.17㌦を付け3月国内巨大機関投資家の利益確定売に匹敵する「コンバージョン戦略」が実施され1105に前場安値201.60㌦を付け中国市場動向が強い為巨大機関投資家の中で「リバーサル戦略」を行う者もいる事から1124に前場引け直前高値202.24㌦を付け「量的緩和終焉で債券タームプレミアムに注目」、「ドル安歩調鮮明、準備通貨の地位巡る差し迫った懸念は杞憂」、「邦銀が債券売り加速」というヘッドラインを受け巨大機関投資家による「カバードコール戦略」が入り1405に最安値200.91㌦を付け「米関税の適用除外方針に市場安堵、にじむ「選挙対策」」というヘッドラインを受け裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が打たれ、1500に前日比39㌣高の201.66㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてコール、プットとも下げが目立、15:15では前日比39㌣高の201.66㌦を記録し両建て日経平均では反発相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅148㌣との範囲相場 になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽7.06%、騰落レシオは88.78%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0307


さあ皆様こんにちは、03月07日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、Topix、Topix先物、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株07日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション3月物では反落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによるとドル建て日経平均では9:00に201.45㌦で寄付後、米ホワイトハウスが日本時間の早朝、国家経済会議のコーン委員長が辞任すると発表したことを受け、今後の米国株の動向を警戒した売りに値する「カバードコール戦略」が実施され9:39に最安値200.78㌦を付け「金利:日銀が長期・超長期の国債買入を通告、金額は据え置き」というヘッドラインを受け巨大機関投資家の中で円高が和らぐと見通して裁定買を誘う先物買が入り「リバーサル戦略」が実施され11:08に最高値203.10㌦を記録後、鉄鋼やアルミの追加関税や米国保護主義余波による政策運営の不透明感の懸念で「コンバージョン戦略」が入り、11:30には前日比51㌣高の202.20㌦を付け、前場引けには64㌣高の202.33㌦になり、後場12:30には201.60㌦で開始後、一連のトランプ減税による超金融緩和終焉に伴うインフレ懸念や新興国では需要超過が齎す通貨下落による物価上昇圧力が生じて金融引締めに動き反対のコーン委員長が辞任することで貿易摩擦によって裁定解消を誘う先物売である「カバードコール戦略」実施が多い為、14:29に後場安値201.05㌦を付け「リバーサル戦略」が入り、15:00に前日比50セント安の201.19㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてコールが売られ、プットは買われ、15:15では前日比42㌣安の201.27㌦を記録し両建て日経平均では下落相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦32㌣との範囲相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽8.96%、騰落レシオは84.86%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0306


さあ皆様こんにちは、0306日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0306日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株06日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション3月物では反発しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると米中貿易摩擦から来る政治リスクにより世界景気回復継続赤信号になったがツイッターで貿易摩擦問題へのトランプ大統領による後退発言を受け中国や欧州へ保護主義警戒は無用で米国相場上昇と観測されドル建て日経平均で900寄付201.33㌦を付け902に最安値201.23㌦を記録後、巨大機関投資家の中で裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」が大幅に組まれ1000に前場高値202.40㌦を付け利確を迎え1015に前場安値201.89㌦を付け上海市場等亜細亜市場が改善していることを受け更に「リバーサル戦略」が大幅に組まれ1051に最高値202.62㌦を記録後、「イタリア選挙でEU懐疑派台頭」というヘッドラインで「カバードコール戦略」が打たれ1125に前場安値201.82㌦を付け買戻され、11:30には前日比257㌣高の201.94㌦を付け、前場引けには前日比255㌣高の201.92㌦になり、後場12:30には202.07㌦で開始後、参議院での黒田総裁への所信聴取を行い「市場の出口観測牽制し目標未達の緩和縮小を否定」というヘッドラインを受け「リバーサル戦略」が入り1240に後場高値202.36㌦を付け米当局「安全保障面で登記上本社がシンガポールにあるブロードコムのクアルコム買収調査へ」というヘッドラインを受け、保護主義徹底の懸念から裁定解消の巻戻等を含む「カバードコール戦略」が実施され1406に後場安値201.50㌦を付け「米政権、オンライン小売業者に対する週売上課税支持」や決算発表の良好な企業が多い事等が支持され黒田総裁発言や円安が追い風となり「リバーサル戦略」が入り1445に後場高値202.07㌦まで回復後、戻り売り等「コンバージョン戦略」が入った後、「リバーサル戦略」を仕込む巨大機関投資家もいる事から1500に前日比2ドル26セント高の201.63㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけて「コール」が軒並み上昇のほか、プットも総じて下落し、15:15では前日比2ドル32セント高の201.69㌦を記録し両建て日経平均では上昇相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅139㌣との範囲相場 になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽7.09%、騰落レシオは82.35%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0305


さあ皆様こんにちは、03月05日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、Topix、Topix先物、日経平均先物、及び日経平均は続落した。新興株05日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション3月物では続落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると米中貿易摩擦から来る政治リスクはトランプ大統領が『鉄鋼、アルミ追加関税』報道から日米摩擦を思い浮かべ市場関係が悪化すると考え短期の先物による仕掛けを手仕舞う事を受け、ボラティリティ、金利やVix指数が上昇しユーロ高ドル安を迎えビットコインも含む全の金融商品先物売から来る下落が起こりドル建て日経平均では9:00に199.42㌦で寄付後、9:24に最高値である200.36㌦で最高値をつけ通商政策リスクや世界経済懸念に加え報復関税の懸念から欧州系証券会社を経由して欧州系巨大機関投資家の中で日本のマクロの改善で割安でもあり米国の輸入関税導入でドルの先行きに暗雲が立ち昇るため裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」を多くがアルゴの売りを含め実施し、10:09に最安値199.16㌦を記録後、ファーストりテアリングの子黒決算や中国から「対外貿易の安定維持に力を尽くす」、「地方政府の債務リスク解決へ」というヘッドラインを受け裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」が行われ10:49に高値200.16㌦を付け後、財新が赤字やMSCIリバランス売りのへどラインが入り「カバードコール戦略」が行われ、11:30には前日比70㌣安の199.52㌦を付け、前場引けには前日比70㌣安の199.52㌦になり、後場12:30には199.25㌦で開始後、米国の保護主義政策の行く方を見極めたいとする様子見や菅官房長官による「経済貿易摩擦に対し米側としっかりと対応」、米バロンズ此紙によると「住宅市場回復継続」というヘッドラインが流れ「リバーサル戦略」が取られ12:45に後場高値199.63㌦を付け、「米鉄鋼・アルミ制限で米国内メーカーがコスト増で減益か」というヘッドラインを受け保護主義への懸念や中古型投信の解約による裁定解消売により「カバードコール戦略」が実施され14:30に最安値198.42㌦を記録後、日本では日銀副総裁候補の所信聴取において「政策変更の布石あるかもと思惑」というヘッドラインを受け裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」が実施され14:58に後場高値199.28㌦を付け、15:00に前日比87㌣安の199.35㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてコールが売られたほか、権利行使価格が現在の価格を下回るプットも下げた。週末の特別清算指数(SQ)算出を控えて時間的価値の低下を意識した売りが出た為、15:15では前日比85㌣安の199.37㌦を記録し両建て日経平均では下落相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦94㌣との範囲相場 になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽12.63%、騰落レシオは78.28%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0302


さあ皆様こんにちは、0302日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0302日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は続落した。新興株02日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション3月物では続落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると米中貿易摩擦から来る政治リスクはトランプ大統領が『鉄鋼、アルミ追加関税』報道から日米摩擦を思い浮かべ市場関係が悪化すると考え短期の先物による仕掛けを手仕舞う事を受け、ボラティリティ、金利やVix指数が上昇しユーロ高ドル安を迎えビットコインも含む全の金融商品先物売から来る下落が起こりドル建て日経平均では900201.01㌦で寄付後、902201.16㌦で最高値をつけ欧州系証券会社を経由して欧州系巨大機関投資家の中で日本のマクロの改善で割安でもあるため裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」を多くがアルゴの売りを含め実施し、1039に最安値198.84㌦を記録後、為替で107円でガンマトレードを仕掛ける向きもいた事から円安気味に一時なり買戻され、11:30には前日比441㌣安の199.05㌦を付け、前場引けには前日比438㌣安の199.08㌦になり、後場12:30には198.93㌦で開始後、安倍内閣が日本銀行の黒田東彦総裁を再任する同意人事案を提示したことを受け、黒田氏に対する所信聴取が行われ前半で「必要ならもっと大胆な追加緩和をする」という見出報道を受けリスクオフで株安円高が一時的に止まり米中摩擦の通商政策リスクから対米輸出難で中国による報復に匹敵する米国債売後の米債金利上昇懸念から巨大機関投資家の中でフルオンベスト面と資金を扱う大多数が外需を売り金利が関係ない国内内需好決算ディフェンシブ銘柄に裁定買を誘う先物買による「リバーサル戦略」を仕掛けたため1445に後場高値200.47㌦を付けたが一方で、黒田氏に対する所信聴取後半で日銀総裁、出口戦略「2019年度ごろ検討するのは間違いない」という見出し報道を受け世界中に知れ渡りこれを受け巨大機関投資家の中で円高容認と判断され、裁定解消売りを誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」が実施する処が多いことから急降下し、大引直前14:54199.86㌦を付け1500に前日比320㌣安の200.26㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてコールが売られ、プットが買われた為上昇し、15:15では前日比324㌣安の200.22㌦を記録し両建て日経平均では下落相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅232㌣との範囲相場 になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽11.23%、騰落レシオは82.32%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0301


さあ皆様こんにちは、0301日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0301日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は続落した。新興株01日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション3月物では続落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによるとパウエル議長発言がタカ派と受止め、米国利上睨み短期筋(ファストマネー)を含む巨大機関投資家(以下「巨大機関投資家」という。)が過去最大の賭けに出て米長期金利上昇しユーロドル債で下落幅拡大し国際商品市況下落となりVix指数上昇後日米株下落2番底探を行い裁定解消を誘う先物売に値する「カバードコール戦略」が実施され即ち、インフレ圧力・利上ペース速度上昇と捉えこれにより積極的借入費用引上必要性が生じてきてユーロドル債券でショートポジションを行い利上げに向けた賭けとなる借り入れコスト上昇へと成功しつつありこの懸念からリスク回避の再燃が起こり、Vix指数が上昇し米中貿易リスクで米国在庫増から原油安を迎え、戻りが弱い米国市場から大幅安となりシカゴ日経平均に鞘寄せして開始しドル建て日経平均においても900が寄付最高値205.43㌦となり日本では裁量労働制度の延期や中国公式PMI50.3や中国財新PMI51.6等弱い為、景気回復警戒感に繋がり期末特有の売りも入り2番底探りで大幅下落し1122に前場底値203.32㌦を形成後、11:30には前日比256㌣安の203.55㌦を付け、前場引けには前日比254㌣安の203.57㌦になり、後場12:30には203.83㌦で開始後、片岡日銀審議員が追加緩和必要と報道すると総裁が火消しに走り円高仕掛の切欠になった。日本・中国・インドのPMIが弱く期末特有の決算を作成しなければならないため保合解消売りによる需給悪化売りも出てMSQまで「カバードコール戦略」で調整しその後反発期待階が無い事で1425に最安値202.69㌦を付け仕掛けを終了するために「リバーサル戦略」が行われ反発上昇するのを期待し、1500に前日比274㌣安の203.37㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてコールが売られ、プットは買われた為上昇し、15:15では前日比265㌣安の203.46㌦を記録し両建て日経平均では下落相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅219㌣との範囲相場 になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽4.33%、騰落レシオは88.97%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

0228


さあ皆様こんにちは、02月28日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、Topix、Topix先物、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株28日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション3月物では反落しドル建て日経平均では某情報ベンダーによるとパウエルFRB議長議会証言後の質疑応答において議長自身の景気見通しがタカ派と捉えられ前場では9:00に前日比1㌦9㌣安の207.52㌦で寄付後9:03に前場寄付後安値となる207.46㌦を付け「リバーサル戦略」が入り9:55に最高値208.30㌦をつけ、前日比1㌦12㌣戻安で推移しその後、日銀減額オペ受けドル安になり、これが全中央銀行が金融緩和引締め方向と採られ、巨大機関投資家による「コンバージョン戦略」が入り10:51に前場引間際安値208.06㌦を付け揉合後、11:30には前日比1㌦34㌣安の208.08㌦を付け、前場引けには前日比1㌦36㌣安の208.06㌦になり、前場から後場にかけて『中国PMIが50.3』と節目50に近付き下落し『米対機械受注も悪く香港市場も下落』報道を受け利上回数激増と中国経済指標の下振、景気先行不透明感と捉えられ巨大機関投資家の中で裁定解消売りを誘う先物売りでのパウエルプット即ちパウエルロングの投げに当る「カバードコール戦略」を行い為替も円高に拍車がかかり後場12:30には207.36㌦で開始後、為替でのドル安を受け「カバードコール戦略」が入り13:19に後場安値206.56㌦を記録し発表される企業決算が強いことから見直し買いが先物で入り「リバーサル戦略」が入り13:49に後場高値207.22㌦を記録後、独消費者信頼感指数低下やMSCI指数リバランス報道を受け利上げが加速すれば、過剰流動性が細り、リスクを取る市場のマネーが減少する結果としてPERが低下していく懸念があることから、「カバードコール戦略」が入り、15:00に前日比3㌦28㌣安の206.14㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてコールが売られ、プットは上昇した為、15:15では前日比3㌦31㌣安の最安値206.11㌦を記録し両建て日経平均では下落相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦19㌣との範囲相場 になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽0.07%、騰落レシオは88.94%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0227


さあ皆様こんにちは、0227日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0227日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株27日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション3月物では続伸し某情報ベンダーによると昨日のダウが500㌦上昇し昨日米国市場迄900㌦以上ダウが上昇の追風を受け米国株大幅に崩壊してから半分以上埋戻し終了したが日本株が割安であったため追いかけた状況になり節目がドル建て210㌦、円建て22,500円に一旦到達後下落しドル建てでは25日移動平均線を越え円建てでは25日移動平均線に到達して終了し半値戻未達状況にいる。ドル建て日経平均では900に寄付高値209.15㌦を付けたが934には最安値208.78㌦を記録後、米国SOX指数2%上昇した一方でVix指数やボラティリティの低下より需給の足の引っ張り合いが無く投資家心理改善に繋がり巨大機関投資家の中で債券金利上昇のヘッジ目的の裁定解消売の大幅下落に対する買戻に匹敵する「リバーサル戦略」が入り1100に最高値210.25㌦をつけ、利益を確定し、11:30には前日比240㌣高の210.01㌦を付け、前場引けには前日比204㌣高の210.01㌦になり、後場12:30には、209.76㌦で開始後、為替でのドル安を受け「コンバージョン戦略」が入り1235に後場安値を付け『年内にアップルが新型を3種売却する』、『メガバンクがQRコード決算参入』、『蓄電システム参入』、『5G向けの通信部品参入』や『石油権益取得』に関する次世代通信端末を含む様々な好材料が支援し「リバーサル戦略」を仕掛ける巨大機関投資家もいる事で1357に後場高値209.89㌦を付けた後、パウエルFRB議長議会発言要旨や今後の議会表現で利上げ加速やインフレ懸念について触れられる懸念や日本議会に於ける重要法案が通過しない懸念からパウエルプット等が連想され巨大機関投資家の中で裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」が実行され資金化もされ1456に大引直前安値209.06㌦を付け26日の米国債は10年債利回りが一時2.83%まで低下し、シカゴ・オプション取引所のボラティリティー指数(VIX)は4日連続で低下し、15.8となり現状の為替水準では来期増益は維持できるだろうが、業績予想の下方修正や企業側の慎重な期初計画につながりやすいため大幅下落に対する持高調整である「リバーサル戦略」も入り、1500に前日比155㌣高の209.52㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてコールが軒並み買われ、プットは総じて下落した為、15:15では前日比145㌣高の209.42㌦を記録し両建て日経平均では上昇相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅147㌣との範囲相場なり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▲3.95%、騰落レシオは96.17%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0226


さあ皆様こんにちは、02月26日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、Topix、Topix先物、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株26日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション3月物では続伸し某情報ベンダーによると長期金利低下を背景にNYダウやナスダックが大幅続伸し円安受け高く寄付開始後、巨大機関投資家の中では米国債券の金利上昇による損失回避方法としての裁定解消売に対する損益埋めによる先物売りの買戻にあたる「リバーサル戦略」も行われた為、9:06に前場寄付直後高値207.62㌦付け黒田総裁による『物価は徐々にプラス幅を広げている。』という報道から出口論の印象が重なり円高になり前場寄付時点より円高方向に振れ重しとなり伸び悩み「カバードコール戦略」が行われ9:55に206.66㌦を付け米国債券の金利上昇による損失回避方法としての「リバーサル戦略」を行い10:39に前場高値207.54㌦を付け円高方向に振れ重しとなり伸び悩み「カバードコール戦略」が行われ11:09に前場安値206.84㌦を付け金利上昇による損失回避方法としての「リバーサル戦略」が入り、11:30には前日比2㌦45㌣高の207.17㌦を付け、前場引けには前日比2㌦60㌣高の207.32㌦になり、後場12:30には、207.59㌦で開始後、日銀人事がリフレ派で国債買入が多くなるかマイナス金利を深堀するメンバーと見なし託されボラティリティは2月5日以来の3週間ぶりの低水準になり巨大機関投資家によるリバランスが月末にあるためTopixによるインデックス買いが裁定買を誘う先物買に値する「リバーサル戦略」が入り14:33に最高値208.15㌦を付けパウエルFRB新議長発言や米1月新築住宅販売件数を控え様子見となり「コンバージョン戦略」が入り、15:00に前日比3㌦25㌣高の207.97㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてコールが買い優勢となり、プットは下落した為、15:15では前日比3㌦25㌣高の207.97㌦を記録し両建て日経平均では上昇相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦64㌣との範囲相場 になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▲0.54%、騰落レシオは95.54%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0223


さあ皆様こんにちは、0223日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0223日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株23日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション3月物では反発し某情報ベンダーによると昨日迄はブッシュ減税時と同様にリーマンショックからの金利水準是正回復過程の正常化による懸念、財政政策赤字やインフレ急騰等米の債券市場需給崩壊による懸念から金利上昇が発生し、ヘッジにおけるオプションでのプット買いによる株・為替・債券のボラティリティが上昇し同時にVix指数も上昇を迎え金利水準が上昇しリスクパリティやCFTC等が資金化したりアロケーションを変更したりする事から持高調整せざるを得なくなり米債・ドル売りが起こり、米債券市場需給の崩壊による長期金利上昇が起こり、再来週のMSQに向け裁定買残減らし2番底を狙い日米株価が売却された。しかし本日はこれらに繋がる報道が無い為、米の債券市場需給が崩壊しなかった為、株式市場不安定化が払拭され、ボラティリティやVix指数が下落し米長期金利下落を受けドル安円高を迎えダウ反発を受け900に寄付高値203.96㌦で始まり903に寄付後高値204.27㌦を付け為替が円高に向くと926に最安値203.55㌦を付け時間外の原油上昇をうけ素材銘柄や値嵩ハイテク株などにも「リバーサル戦略」が入り1025に前場高値204.27㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1048に前場引直前安値203.75㌦を付け、円相場で円高でも強く安心感が投資家の中で醸成され円高長所銘柄で且つ材料株に裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」が実施され、11:30には前日比158㌣高の204.08㌦を付け、前場引けには前日比158㌣高の204.08㌦になり、後場12:30には、204.23㌦で開始後、日銀オペ好感で長期国債に資金が入り長期金利下落によるドル高を支えに「リバーサル戦略」が入り1256に後場寄付後直前高値204.56㌦を付け揉合、『英国住宅価格がCPIを下回る伸び』という報道を受けEU離脱の影響が深刻と受止められ円高に振れ「カバードコール戦略」が入り1340に後場安値204.08㌦を付け、総資産利益率の改善から来る日米景況感や『2月権利取最終日』という材料が好感されたのに加え『米国防省により鉄鋼・アルミ輸入制限、対象絞った関税制度が望ましい』という報道から亜細亜株や資源株に見直し買いが入りドル高を迎え「リバーサル戦略」が入り1446に最高値204.78㌦を記録後、1500に前日比220㌣高の204.70㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてコールが上昇し、プットは値下がりした為、15:15では前日比222㌣高の204.72㌦を記録し両建て日経平均では上昇相場となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅123㌣との範囲相場になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽3.25%、騰落レシオは95.87%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

0222


さあ皆様こんにちは、0222日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0222日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物は続落したが、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株22日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション3月物では反落し某情報ベンダーによるとダウ上昇反転後、FOMC議事録が発表されこの内容を受けて米国の長期金利上昇に繋がり資源価格の下落が発生しユーロドルでドル高圧力が高まりこれを危惧してヘッジのためにプット買いが横行しVix指数が上昇したのを受け米株が不安定化し此処にバランスシート縮小のための利上加速懸念が再燃し米長期国債の需要動向も絡合、ドル円下落し円高になりドル建て日経平均では900202.56㌦と安く寄付、巨大機関投資家による「カバードコール戦略」が実施され944に最安値201.56㌦を付け、『米財務省、経営悪化した金融機関を清算する権限の維持』を勧告という報道を受け「リバーサル戦略」が入り1006に前場高値202.13㌦を付けドル安受けて下落し1025に前場安値201.57㌦を付け『英国、離脱控えた移行期間の長さでEUとの協議望む』という報道を受け「リバーサル戦略」が入り1120に後場高値202.75㌦を記録後、円高による持高解消の利確が入り、11:30には前日比150㌣安の202.42㌦を付け、前場引けには前日比167㌣安の202.25㌦になり、後場12:30には、202.62㌦で開始後、1240に最高値202.96㌦を付け、『財務省による新発3か月物国庫短期証券入札はしっかり』という報道を受け前日の米債安を材料にした売りに加え20年債入札をを前にしたヘッジが優勢になる場面もあったが長期金利は上昇していたため「カバードコール戦略」を実施し含み損を抱えた銀行が処分売りを行なっているという観測が懸念材料になり1345に後場安値201.80㌦を付け超長期債利回りに低下圧力との観測から「リバーサル戦略」が入り1409に後場高値202.34㌦を付け米国投資信託協会から『米債券ファンド、2016年以来の流出超』、日本政治での働き方改革法案が通過出来なかった事を受けての海外巨大機関投資家による『政権安定政策不安』との観測が流れると「カバードコール戦略」が入り1432に安値202.02㌦を付け後「リバーサル戦略」が入り、1500に前日比129㌣安の203.82㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてコールが売られ、プットは上昇した為、15:15では前日比142㌣安の202.50㌦を記録し日経平均先物反落でドル建日経平均続落相場と相場下落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅140㌣との範囲相場 となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽5.64%、騰落レシオは87.21%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0221


さあ皆様こんにちは、02月21日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、Topix、Topix先物は続落したが、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株21日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション3月物では反発し某情報ベンダーによると欧州株が押並べて高いが米2年債券利回り上昇からプットをヘッジ目的で買う事でVix指数が急上昇し「ウォールマート アマゾンの影響からネット通販失速」という報道を受け米国株安でドル高円安を迎えたがドル建て日経平均では週足で中期線が長期戦を抜くことを受け米株安につられ9:00に204.34㌦と安く寄付後、9:12に前場底値203.79㌦を付け以前信用等を含む先物で売っていた投資家にとって買戻し期日などが到来した動きも手伝い「リバーサル戦略」が入り9:48に前場高値205.10㌦を付けVix指数が上昇し円高に振れると換金売りも含む裁定解消を誘う先物売に匹敵する「コンバージョン戦略」が打たれ10:20に安値204.30㌦を付後、米国では米フィラデルフィア半導体.SOXが大幅高となり機械半導体が上昇したのを受け、日本では半導体製造装置協会や日本工作機械工業会報道数値が良好なため「リバーサル戦略」が打たれ大幅買戻が入り11:26に前場高値205.56㌦を付け、11:30には前日比13㌣安の204.98㌦を付け、前場引けには前日比19㌣安の204.92㌦になり、後場12:30には、205.07㌦で開始後、12:31に最高値205.21㌦を付け、時間外の米株先物で売り圧力が強まるのを眺め、北朝鮮に向けた地政学的リスク要因である米韓合同軍事演習による衝突脅威、イスラエル関連での中東問題懸念による中東地域地政学的リスク、南アフリカ方面での地政学的リスクや米国でのバランスシート縮小時における金利急騰懸念等リスクが基になり「カバードコール戦略」が入り13:46に最安値202.84㌦を記録後、実体経済の価格上昇力や物流改善なども見られ経常利益などに関しては増益予想を覆していない報道資料が多いことからFOMC議事要旨発表を控えつつも「リバーサル戦略」が入り持ち直し、15:00に前日比1㌦29㌣安の203.82㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてプットとコールでともに下落が目立った為、15:15では前日比1㌦19㌣安の203.92㌦を記録し日経平均先物反発でドル建日経平均下落相場と方向感無となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦37㌣の範囲相場 となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽2.79%、騰落レシオは87.74%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0220


さあ皆様こんにちは、02月20日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、日経平均先物、Topix、Topix先物、及び日経平均は反落した。新興株20日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション3月物では反落し某情報ベンダーによるとドル建て日経平均では三空の内2空埋めが未達で価格帯別では208㌦から214㌦迄壁があり20日移動平均線が60日移動平均線をデッドクロスし更に、サムソン減産の新聞報道を受け危機感が走り9:00に206.67㌦で寄付後、9:05に最高値206.74㌦を付け後これらを受けアップル関連銘柄を含む値嵩グロース銘柄等に巨大機関投資家の中で裁定解消を誘う先物売となる「カバードコール戦略」が実施され11:11に最安値204.64㌦を記録後買戻にあたる「リバーサル戦略 」が入り、11:30には前日比2㌦86㌣安の205.13㌦を付け、前場引けには前日比2㌦89㌣安の205.10㌦になり、後場12:30には、205.18㌦で開始後、12:33に後場寄付高値205.43㌦を付けソウル株式市場で「韓国サムソン電子が下落し有機EL減産」との一報が入るや否や12:43に「コンバージョン戦略」が入り後場安値204.79㌦を付け日本企業の景況感の強さから内需好業績銘柄筆頭に裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」が入り13:57に後場高値206.71㌦を付け一方、米国の長期金利上昇により金融庁が『地方銀行20行程度を対象に外債の運用状況を緊急調査したことが分かった』と伝わった。今回の調査では、『調査対象の全行が含み損を抱えていたことが判明し中には年間のコア業務純益に相当する含み損を抱えた地銀もあり、改めて外債運用体制の整備を求める方針。』という報道を受け巨大機関投資家により「カバードコール戦略」やヘッジのための裁定解消を誘う先物売が打たれ14:59に後場安値204.87㌦を記録後、15:00に前日比2㌦76㌣安の205.23㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてコールが下落し、プットは買われた為、15:15では前日比2㌦88㌣安の205.11㌦を記録し日経平均先物下落相場展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦10㌣と範囲相場 になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽3.68%、騰落レシオは87.04%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0219


さあ皆様こんにちは、02月19日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、日経平均先物、Topix、Topix先物、及び日経平均は続伸した。新興株19日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション3月物では続伸し某情報ベンダーによるとドル建て日経平均では外為市場でドル安円高一服となり日経平均ボラティリティ―指数は一時21ポイント台まで低下し、2月5日以来の低水準を付け65㌣上昇の265.15㌦で寄付後9:02に最安値205.59㌦をつけ巨大機関投資家の中で「リバーサル戦略」を実施する者もいる事から11:09に前場高値207.50㌦を付けこの時点で節目207㌦を上回り利益確定が入り、11:30には前日比1㌦81㌣高の207.31㌦を付け、前場引けには前日比1㌦79㌣高の207.29㌦になり、後場12:30にには、207.13㌦で開始後、日本銀行の新たな正・副総裁人事が国会で同意されれば、リフレ政策が進み更に米国経済の強さに着目する巨大機関投資家としては債券の需要と供給量により米国債券入札時に資金が必要ではあるがFRBはバランスシート縮小も同時進行義務があり買付予算限削減による価格下落から米国債金利上昇に繋がり日本相場が下落したが、本日は無い為為替も一服した事で安心感が持直され裁定買を誘う先物買による「リバーサル戦略」が大幅に行われ13:32に最高値208.16㌦を記録後、「コンバージョン戦略」が入り揉合、14:49に208.02㌦を付後、米国市場が休みなのとアジア市場が休みのため買い控えられ「コンバージョン戦略」が入り、15:00に前日比2㌦51㌣高の208.01㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてコールは総じて買いが優勢となりプットは軒並み下落した為、15:15では前日比2㌦49㌣高の207.99㌦を記録し日経平均先物上昇相場展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦57㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽0.89%、騰落レシオは88.00%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0216


さあ皆様こんにちは、0216日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0216日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、日経平均先物、TopixTopix先物、及び日経平均は続伸した。新興株16日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション3月物では某情報ベンダーによると昨日まではNY市場で大幅上昇、市場マインド改善し円高のため米国並みの反発は難しかったが続伸を迎えた。ドル建て日経平均では寄付が900203.14㌦をつけその後米側赤字財源による減税で財政赤字のため悪い金利上昇が発生しリスク通貨である円買ドル売りが発生し為替では小幅ストップロスを含め底打ち感を消したため908に最安値202.58㌦を記録後、政府は衆参の議院運営委員会に総裁と副総裁2人の候補者リストを提示。黒田東彦総裁は再任し、副総裁には、雨宮正佳・日銀理事と若田部教授を候補者とした。緩和政策の継続期待は高まりコールや裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」を打つ巨大機関投資家もいる事で大幅に買戻され1004に前場高値204.98㌦を記録後、行過ぎの株上昇に訂正が入り円高による輸出関連企業の懸念から「コンバージョン戦略」が入り1036204.00㌦を付けドルベース日経では急上昇に見え円高ドル安株買い優勢で中国春節中に日本株に資金が集中する経験則から業績良好な値嵩銘柄に買いが入り1100204.67㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り、11:30には前日比303㌣高の204.59㌦を付け、前場引けには前日比303㌣高の204.59㌦で三尊底を記録し「リバーサル戦略」が入り、後場12:30205.20㌦で開始後、日本株は主要国の中で直近安値からの戻りが最も鈍いことから出遅れ修正の裁定買が入り、1248に最高値206.03㌦を付け揉合、1500に前日比383㌣高の205.39㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてコールが買われプットは総じて下落の為、15:15では前日比394㌣高の205.50㌦を記録し日経平均先物上昇相場展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅345㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽6.83%、騰落レシオは78.76%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0215


さあ皆様こんにちは、0215日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0215日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、日経平均先物は続伸し、TopixTopix先物、及び日経平均は反発した。新興株15日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション3月物では某情報ベンダーによると昨日までは経済が勢いを増し続けるなら、物価上昇率がFRBの2%目標にさらに近づく可能性がある。だが、個人所得税の税率だけでなく法人税率の大幅引き下げを含むトランプ政権の税制改革によって、すでに完全雇用に近づいているとみられる経済を過熱させ、現在予想されているよりも積極的な利上げをFRBに強いる可能性があり一部の市場参加者は、パウエル新議長の下でFRBがどれだけ迅速にインフレや市場の混乱に反応するかについて、確信を持てずにいて、米国の赤字財政支出と、各国中銀による金融緩和脱却の動きに加え、健全な経済成長が、米国債利回りを4年ぶりの高水準に押し上げている。これにより悪い金利上昇(不況下でのインフレ上昇懸念)が発生し利回り上昇は、高配当株の魅力を失わせ、米国の企業と世帯の借り入れコストを増加させる可能性がある。そうなれば、経済成長を妨げる恐れがある。それで「カバードコール戦略」が打たれていた。しかし米CPIが市場上回る良好差から米株高になりドル建て日経平均では12%下落波動後押目買場現存という経験則通りの株高を背景とするリスクオンとなり、麻生財務大臣の発言にも左右されず結局、ドルが全面安となった。これを受け寄付900200.71㌦で開始後914に前場寄付高値200.98㌦と高寄り後、ドル安を受けて934に最安値199.80㌦を付け騰落レシオでも70%台と底を打つためSOX指数上昇や半導体銘柄も良好決算から急落時にプットオプションを割高に買っていたものを先物売却しヘッジして先物買戻し利益得てVixSkew指数なども下落したのを受けコールや裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」を打つ巨大機関投資家もいる事で大幅に買戻され1031に前場高値201.75㌦を記録後、利益確定を主とする「コンバージョン戦略も入り、11:30には前日比365㌣高の201.09㌦を付け、前場引けには前日比378㌣高の201.22㌦を記録し、後場12:30200.91㌦で開始後、米国CPIが市場予想を上回ったことが評価され米国成長が見直され債券から株式へのグレートローテーションが再度発生しさらに3か月物国庫短期証券入札結果で強めの結果で海外勢ニーズに加え国内勢の担保需要を観測したことから「リバーサル戦略」が入り139に最高値202.60㌦を付け更に日銀人事の懸念や不況下でのインフレ上昇懸念増大から「カバードコール戦略」が入り1500に前日比41㌣高の201.45㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてコールが軒並み上昇し、プットは総じて下落した為、15:15では前日比412㌣高の201.56㌦を記録し日経平均先物上昇相場展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅280㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽15.05%、騰落レシオは71.81%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

0214


さあ皆様こんにちは、0214日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0214日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均は続伸し日経平均先物は反発したが、TopixTopix先物、及び日経平均は続落した。新興株14日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション3月物では某情報ベンダーによると欧州CPIがインフレ懸念増加により欧州株は全面安で米国は小幅高、為替が小動きで値頃感からの買戻しでドル建て日経平均では寄付900197.22㌦で開始後907に前場最高値198.21㌦を付けFRBパウエル議長発言で利上げ速度加速という報道を受け米国内経済利益圧縮のため経済がある程度減速させる利上げという懸念(インフレ懸念)や日銀黒田総裁人事について首相から人事について白紙といったことが円高に拍車をかける材料と見られ中国ロボット産業の注文が危うくなり台湾IT企業のモメンタム下落などを受け為替が1年3カ月ぶりの水準までドル安・円高が加速し、企業業績への悪影響が懸念され、巨大機関投資家によるこの処の持高整理が継続しバランスシート縮小を継続しながら利上げ軌道を継続しこれらを受け巨大機関投資家の中で「カバードコール戦略」を行者もいる事から1122に前場最安値196.01㌦を付け、11:30には前日比2㌣高の196.38㌦を付け、前場引けには前日比7㌣高の196.43㌦を記録し、後場12:30196.77㌦で開始後、利上加速懸念から円高懸念より下落局面準備をするものや、米国と違い円高が派生する来期の業績悪化懸念も踏まえることにより巨大機関投資家が行ってきた円持高解消売りやドル売りによる円高加速説に加えさらに高いボラティリィティとなりこれの御蔭でオプションが組まれる懸念から再度「カバードコール戦略」を組むところも出るため1305に最安値195.99㌦をつけ14日には1月の消費者物価指数(CPI)が発表される予定で、債券市場反転の引き金になる可能性もあり、巨大機関投機家の賭けが逆風に直面することもあり得るため「リバーサル戦略」を実施する者も中に入るため反発し1419に最高値198.56㌦を付けFRBのインフレファイター的な姿勢を警戒して「カバードコール戦略」が入り1500に前日比11㌣高の197.37㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてコール、プットともに売られた為、15:15では前日比18㌣高の197.44㌦を記録し日経平均先物上昇相場展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅357㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽15.05%、騰落レシオは71.81%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0213


さあ皆様こんにちは、0213日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0213日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均は反発したが、TopixTopix先物、日経平均及び日経平均先物は続落した。新興株13日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション3月物では某情報ベンダーによると低ボラティリティーを前提とする上場投資信託が突然の相場変動で価値がゼロになるとみてポジションを構築し巨大機関投資家の中でプロシェアーズ・ショートVIX短期先物というETFのオプションを購入していたものがいた。先週ボラティリティー指数は倍以上の水準に上昇し、インフレ高進が経済に波及するとの懸念で米国株が急落した。ここでボラティリティーを売却する、一方ヘッジで株式先物を購入していた向きやボラティリィティ-上昇で恩恵を受けるためVIXのコールスプレッドを大量に取引しながらプットを売っていたが、差引の利益を得るため全てのポジションを閉じた向きの為、欧米中の株高を受けて仕掛けの裁定解消を行い仕掛けの解消をし、利益確定も発生するとの考えで上値が重くなり巨大機関投資家によるこの処の持高整理が継続しNYでは千ドル超下幅後ボラティリィティが低下し欧米中株が上昇したのを受け、ドル建て日経平均では900199.00㌦と寄付後、バランスシート縮小を継続しながら利上げ軌道を継続し赤字拡大に対応して国債を増発する。賃金の伸びがついに加速の兆候を示し始めており、インフレ高進の可能性から金利急上昇に繋がるため、CFTCによれば米10年債先物のショート(売り持ち)ポジションを過去最大の939351枚に増やした。これらを受け巨大機関投資家の中で「カバードコール戦略」を行者もいる事から1001に前場最安値19775㌦を付け、日銀黒田総裁発言報道を受け「リバーサル戦略」を実施する者も出て1126に前場引前高値199.44㌦を付け11:30には前日比313㌣高の199.33㌦を付け、前場引けには前日比321㌣高の199.41㌦を記録し、後場12:30199.11㌦で開始後、利上加速懸念からスキュー指数やVix指数上昇より下落局面準備をするものや、米国と違い円高が派生する業績上振れ不信により巨大機関投資家が行ってきた円持高解消売りやドル売りによる円高加速説に加えさらに高いボラティリィティとなりこれの御蔭でオプションが組まれる懸念から再度「カバードコール戦略」を組むところも出るため1455に最安値195.87㌦をつけ14日には1月の消費者物価指数(CPI)が発表される予定で、債券市場反転の引き金になる可能性もあり、巨大機関投機家の賭けが逆風に直面することもあり得るため「リバーサル戦略」を実施する者も中に入るため反発し1500に前日比4㌣安の196.16㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてコールが総じて下落し連休明けでコールとプット共に、オプションの時間的価値の低下を意識した売りが出てプットも軟調だった為、15:15では前日比16㌣高の196.36㌦を記録し株式下落相場展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅357㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽14.22%、騰落レシオは76.49%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

0209


さあ皆様こんにちは、0209日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0209日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物、日経平均及び日経平均先物は反落した。新興株09日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによると米上院指導部が連邦予算の上限引上で合意し国債増発懸念で米国金利上昇し金利高止懸念と政府機関閉鎖懸念より円高になりボラテリティ指数も上昇し指数連動型デリバティブ商品解約で上値が重くなり巨大機関投資家によるこの処の持高整理が継続しNYでは千ドルを超す下げとなりドル建て日経平均では900198.13㌦と安く寄付後最高値198.16㌦を付け巨大機関投資家の中で「カバードコール戦略」を行う者もいる事から910に前場安値194.48㌦を付け「リバーサル戦略」を実施する巨大機関投資もいる事から1015に前場高値196.02㌦をつけ海外亜細亜市場の下落動向報道を受け「カバードコール戦略」が実施され1115に最安値194.12㌦を付け、11:30には前日比5㌦17㌣安の194.54㌦を付け、前場引けには前日比5㌦08㌣安の194.63㌦を記録し3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロスし、後場12:30195.02㌦で開始後、Grobex米先物が時間外で強含みのため踏ん張り裁定買を誘う先物買である「リバーサル戦略」を打つ巨大機関投資家もいる事から1340195.85㌦を付け政府機関の閉鎖懸念や金利上昇による自動車・住宅・学生ローン等への波及懸念に加えトランプ減税による成長期待によるPERの伸張による米株上昇が剥がれ米株調整期を2度迎える2番底の怖さから「カバードコール戦略」を取ることで1420に後場安値194.68㌦を付け日本はEPSが牽引し株価が上昇したが10%調性しかしておらず日米共に時期調性として乖離率では15%は必要なため警戒はあるが実績で上昇し一方で米株に連安となっただけなので見直しが入り総合乖離率-10%超えた後1回は跳ね返すため「リバーサル戦略」を実行する者が多いことから1500に前日比349㌣安の196.22㌦を付け、オプション2月物では、大引けにかけてコールに売りが出てプットは軒並み上昇したため15:15では前日比351㌣安の196.20㌦を記録し株式下落相場展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅404㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▲12.70%、騰落レシオは80.91%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

0208


さあ皆様こんにちは、0208日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0208日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均は反発したが、TopixTopix先物、日経平均及び日経平均先物は続伸した。新興株08日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによると米上院指導部が超党派の予算合意成立を発表、政府機関の閉鎖が回避される見通しとなり、ドルが上昇に転じた。日本時間8日午後は、米国株先物がプラスに浮上し、さらにドル高・円安が進んだ。これらを受けドル建て日経平均において前日のチャートポイントを見ても分かるように「三空叩込に買迎」の試行後、900198.95㌦で前日比65㌣高にて寄付、900寄付後高値199.02㌦を付け「リバーサル戦略」を試行する巨大機関投資家もいる事から932に前場高値200.26㌦を付け後一時円高になり1030に前場安値1999.20㌦を付け後「リバーサル戦略」が入り1053199.65㌦をつけドル安方向をつけ時間外で米国先物が下落すると「カバードコール戦略」が施行する者も現れたことから1116に前場安値198.14㌦を付け、11:30には24㌣高の198.54㌦を付け、前場引けには19㌣高の198.49㌦を記録し3本移動平均線が12本移動平均線をデッドクロスし、後場12:30198.71㌦で開始後、日経平均ボラタリティ指数は前日比低下して始まった後、大引けにかけ約5p高い30p台後半迄水準をジリジリと切上げ続けた事で亜細亜株やドル建て日経平均等が伸び悩み、巨大機関投資家の中では先行き不透明感から仕掛けやすいと捉えられ昼休みから引けにかけ米株先物が時間外で裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」が再度時間差を置いて日米株式先物に入り1243に最安値198.11㌦を記録後、時間外で米国先物上昇を受けドル高になり「リバーサル戦略」が入り14:27に最高値200.44㌦を付け前日迄のグローバルショートストラテジーやリスクパリティショックを回復するための裁定解消売を含む「カバードコール戦略」を受け1456に大引直前安値199.56㌦を付け1500に前日比134㌣高の199.64㌦を付け、オプション2月物では、大引けにかけてプットが売られ、コールもさえないため15:15では前日比141㌣高の199.71㌦を記録し株式上昇相場展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅604㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽6.14%、騰落レシオは91.68%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0207


さあ皆様こんにちは、02月07日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均は続落したが、Topix、Topix先物、日経平均及び日経平均先物は反発した。新興株07日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによると前日のチャートポイントを見ても分かるように「三空叩込に買迎」の試行は正解で反発となった。これは下落過程で出た場合は底入れを示す場合もある陰線です。事実、パウエル新議長発言でボラティリティーに連動するシステムトレードが継続する一方で9日のオプションSQ算出に向けたポジション取りも重なり「火曜日が荒れ、水曜が落付」と経験則通りの流れを迎え急落後の米株が上昇に転じたのを受けドル建て日経平均は9:00に200.70㌦と高寄りし9:02に前場最安値200.66㌦を記録後、「リバーサル戦略」を試行する巨大 機関投資家が中にはいる事から1回目9:06203.50㌦、二回目9:44に最高値204.16ドルを記録し、三回目が10:43に204.09㌦を付けた三尊天井となり「カバードコール戦略」が入り、11:30には4㌦91㌣高の203.49㌦を付け、前場引けには4㌦97㌣高の203.55㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をデッドクロスし、後場12:30に201.80㌦で開始後、日経平均ボラタリティ指数は前日比低下して始まった後、大引けにかけ約5p高い30p台後半迄水準をジリジリと切上げ続けた事で亜細亜株やドル建て日経平均等が伸び悩み前場プラス圏で引けた事で日銀ETF買期待も持ちづらくなったことを受け、巨大機関投資家の中では先行き不透明感から仕掛けやすいと捉えられ昼休みから引けにかけ米株先物が時間外で裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」が再度時間差を置いて日米株式先物に入り15:00に最安値198.12㌦を付け、15:00に前日比29㌣安の198.29㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけてプットが軒並み下落し相場が伸び悩んだため、権利行使価格2万1750円以上のコールも総じて売られ15:15では前日比28㌣安の198.30㌦を記録し株式上昇相場展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅6㌦04㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽9.46%、騰落レシオは88.53%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください 。

0206


さあ皆様こんにちは、0206日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0206日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、Topix先物、ドル建日経平均、Topix、日経平均及び日経平均先物は続落した。新興株06日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによると米景気過熱やインフレ上昇にFRBが利上げで対応し米国債相場の展望は突然大きく変わり、米国も含め世界的に借り入れコストが上昇するとの見通しが強まるとの見方が巨大機関投資家の中で総意を得た事で米短期国債の利回り上昇に賭ける取引を拡大させ、グローバルショートストラテジーを実践し チャートポイント上に来た時にオプションでアルゴニズム式が作動し裁定解消売を誘う「カバードコール戦略」も含む先物売や巨大機関投資家の持高外しや急落した損失が多いビットコインを売却し追証売を避けるための持高調整による換金売で返済し金利上昇を避ける方法をとる処も出て大幅下落に繋がった。背景には今年の利上げは少なくとも2回とみられていた。だが、2日に2017年の米賃金上昇率が2.9%と2009年以来の高水準だったことが発表されると、のどかな雰囲気が一変した。CFTCのデータによると、130日までの1週間でヘッジファンド等,巨大機関投資家の2年債先物に対する売越は329,066枚と過去最高を記録し前週から27,980枚増えた。過熱への警戒感は金融市場全体に広がっている。世界の株式市場でも、過去最高値を更新した後に下落局面に転じる動きが始まっている。しかもオバママジック下での適温相場条件ではボラティリティショートをロングにして保持するとなると、一方デルタヘッジで買って株が下がらないようにしてボラティリティも低下状態保存可能となっていた。しかしトランプ税制効果で適温相場条件が崩壊し3%付近迄の金利上昇を迎えるとボラティリティショートをロングで保持継続すると下落すると損出発生のため出口戦略を探すことになり買戻で持高終了にし買返済で米 の株・債券・ユーロ売りで下落幅拡大した後も金利上昇し今迄ユーロ円を積上、株価上昇も終わりとなり事実上の適温相場終焉となり、高価過ぎたユーロ円を取り崩す局面即ちあるべき局面に戻そうとしているためアルゴニズムがチャートポイント上で動き「低流動性市場ほど株相場はよく下がる」という経験則通り米株需給整理時期を切欠とした世界同時株安を迎えた。ドル建て日経平均では900204.20㌦で寄付、寄付後高値204.33㌦を付後、上記理由から「カバードコール戦略」が入り、1057に前場引け直前安値197.12㌦を付け買戻され、11:30には868㌣安の197.68㌦を付け、前場引けには865㌣安の197.71㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をデッドクロスし、後場12:30197.56㌦で開始後、再度「カバードコール戦略」が入り1348に最安値194.32㌦を付け、売手仕舞いの買戻しが入り「リバーサル戦略」を実施する巨大機関投資家もいる事から15:00に前日比787㌣安の198.49㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけてコールが下落、プットは軒並み上昇し権利行使価格が節目となる21,000円や2万円のオプションの売買が膨らみ15:15では前日比778㌣安の198.58㌦を記録し株式相場急落展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1001㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽10.00%、騰落レシオは84.69%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください 。

0205


さあ皆様こんにちは、02月05日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、Topix先物は反落したが、ドル建日経平均、Topix、日経平均及び日経平均先物は続落した。新興株05日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによると米国雇用統計は上昇修正や失業率も予想通りとなり賃金上昇も予想以上であることから利上げペース加速が観測され、金利上昇相場から適温相場終了懸念も加わりインフレ懸念が発生しリスク回避の裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」が入りバランスシート縮小化時期による米国調整局面入りを迎えた。ドル建て日経平均では9:00に208.31㌦を付け9:00に最高値208.65㌦を付け上述で述べた理由から「カバードコール戦略」が入り10:56に206.30㌦を付け買戻しに値する「リバーサル戦略」が入り、11:30には5㌦63㌣安の206.55㌦を付け、前場引けには5㌦61㌣高の206.57㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロスし、後場12:30に206.36㌦で開始後、再度「カバードコール戦略」が入り13:04に最安値206.09㌦を付け、売手仕舞いの買戻しが入り「リバーサル戦略」を実施する巨大機関投資家もいる事から13:36に後場高値207.00㌦を形成し再度の円高で持高調整外しの利確が入り13:50に206.27㌦を付け日銀による上場投資信託買いへの思惑が支援した他、好調な決算や業績予想の上方修正を午後に発表した銘柄が買われ、改めて業績期待を織込む動きが発生したのを受け「リバーサル戦略」が実行され1415に後場高値207.30㌦を記録後、バランスシート縮小による適温相場週延期を迎え、米株第三期調整局面を受け原油下げを受けアルゴニズムが働き「カバードコール戦略」が入り15:00に前日比5㌦91㌣安の206.27㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけてコールが軒並み売られプットは総じて大幅に上昇し15:15では前日比5㌦82㌣安の206.36㌦を記録し株式相場下落展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦56㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲4.27%、騰落レシオは95.49%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください 。

0202


さあ皆様こんにちは、0202日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0202日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、Topix先物は続伸したが、ドル建日経平均、Topix、日経平均及び日経平均先物は反落した。新興株02日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによるとドル建て日経平均では9:00213.56㌦で寄付後、1㌦寄付下落で展開直後に最高値213.60㌦を記録し米金利の上昇を受けた米国債券安や日銀がタカ派化する思惑や現在の官制相場でドル安転換させる状況になく想定以上に米国金利上昇があったので適温相場による円安進行の終焉を受け警戒しリスク回避の株安・円高を行う巨大機関投資家の中では「カバードコール戦略」を採用する者もいて下げ幅広げ10:44に最安値211.51㌦を付け、雇用統計の手控えを受け揉合、11:30には279㌣安の211.77㌦を付け、前場引けには134㌣高の213.89㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロスし、後場12:30211.73㌦で開始後、日銀が指し値オペを通告しドル/円はいったん円安に振れ、売手仕舞いの買戻しが入り「リバーサル戦略」を実施する巨大機関投資家もいる事から12:39に後場高値211.89㌦を形成し再度の円高で持高調整外しの利確が入り13:00211.73㌦を付け日銀による上場投資信託買いへの思惑が支援した他、アイシン精機、三菱電機や双日等、好調な決算や業績予想の上方修正を午後に発表した銘柄が買われ、改めて業績期待を織込む動きが発生したのを受け「リバーサル戦略」が実行され14:27に後場高値212.70㌦を記録後、今夕の雇用統計での時間当たり賃金の伸張を確認したいため「カバードコール戦略」が入り15:00に前日比230㌣安の212.26㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけてコールが売られ、プットは買われ15:15では前日比238㌣安の212.18㌦を記録し株式相場下落展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅209㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲12.38%、騰落レシオは100.90%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください 。

0201


さあ皆様こんにちは、0201日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0201日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物、日経平均及び日経平均先物は反発した。新興株01日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによるとFOMC声明がタカ派的と採られられ長期国債先物は反落で引けを迎え、米商品先物取引委員会の資料で投機筋の建玉を見ると、主要10通貨に対するドルの空売持高は110億ドルを超え、投機筋が明確にドル弱気に傾向し持高一方向に傾斜過剰の場合、持高外し後の利益追求目的で大規模巻戻発生を企てる巨大機関投資家もいるため、ドル高に振れ前日の米市場は主要3指数が反発したのを受け昨日迄のドル建て日経平均(日足)が三空形成後下落を受け巨大機関投資家の中では30日世界同時株安でロシアがオーバーウェートに無いため他の株が売却されヘッジ系ファンドで短期が長期に近づく利回の標準化が起こり、持高買戻が発生し30日株と債券が下がった。即ち株と債券が下がる特有の持高調整入りとなり月初はファンドマネージャーのボーナス決定後一斉に開始するため買戻し株を基準に用意し東京市場で再稼働を行う事で「三空叩込に買迎え」と捉え9:00には213.17㌦と反発開始を迎え寄付後、913に最安値212.69㌦を付け「リバーサル戦略」を行う者もいる事から926213.81㌦を一旦つけ一時的なドル安で950212.97㌦を付け後ドル高に戻るや否や「リバーサル戦略」を打つ者もいる事から11:13に前場高値214.31㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り揉合、1130には138㌣高の213.93㌦を付け、前場引けには134㌣高の213.89㌦を付け後場12:30214.36㌦で開始後、「カバードコール戦略」を実施する巨大機関投資家もいる事から1307に後場最安値213.34㌦を形成し時間外での米国金利上昇や米国経済指標が良好等を受け、金融等バリュー銘柄に裁定買を誘う先物買に値する「リバーサル戦略」が再度試行され1455に最高値214.88㌦を付け日経平均ボラティリティー・インデックスは約2カ月ぶりに一時18に乗せた前日からは低下したが、1月16日の14.7を直近の底に上昇トレンドにあるため「コンバージョン戦略」が入り15:00に前日比224㌣高の214.79㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけてコールが買われ、プットが下落し15:15では前日比201㌣高の214.56.㌦を記録し株式相場の反発上昇展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅219㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲15.54%、騰落レシオは101.82%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0131


さあ皆様こんにちは、01月31日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月31日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、Topix、Topix先物、日経平均及び日経平均先物は続落した。新興株31日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによると米国長期金利の上昇による金利負担への懸念から減税・適温相場による台本崩壊と捉えられ相場節目215㌦を割りNY原油価格も下落した事等を受けドル建て日経平均は売先行で開始し9:00に213.42㌦で寄付後、寄付安値を9:04に213.12㌦で迎えた後、鉱工業生産や一般教書演説を受け巨大機関投資家の中では「リバーサル戦略」を実施する者もいる事から9:41に前場高値214.05㌦を付けたが円相場が1ドル108円台で高止まりしていることから、半導体関連、FA関連などテクノロジーセクター中心に売りが先行し「コンバージョン戦略」を実施する者もいる事から10:30に、213.65㌦を付け業績良好報道等が支えとなり巨大機関投資家の中で「リバーサル戦略」を行なうものも現れ10:47に前場高値214㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り揉合、11:30には84㌣安の213.59㌦を付け、前場引けには78㌣安の213.65㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロス後に日銀が長期国債の買いオペを300億円増額したことから、市場にくすぶっているテーパリングへの懸念が後退し、為替が一時1ドル109円台に下落したことで買戻の動きが出たほか、日銀によるETF買いへの期待感も加わり、後場12:30に214.07㌦で開始後、「リバーサル戦略」が実施され12:56に最高値214.72㌦を形成し時間外での米国株急落や円が再度場中に円高になったのを受け、再度米金利の上昇で『適温相場』のシナリオが崩れ、資金が株式から債券に流れ、今の株価は維持できなくなり国内企業の決算についても、概ね良好だが、計画線上の実績は織り込み済みで買い上がるには力強さが足りず日本株への資金流入に伴う円買いなどによるドル・円の上値の重さは変わっていないために懸念がファンド筋に派生しオプション市場では23,000円(212㌦)建玉プットが建玉横這で増加している。このことからSQが23,000円(212㌦)より下落着地の場合、損失拡大に繋がり、損失解除のために株の原資産を売るか買決済を行う事を意味するプットを買う行為を行い、建玉をそのままにし買決済後株式を売却して利益確定を行う「プット外し」が連続して巨大機関投資家の中で行われた事で最高値から「カバードコール戦略」が実施され14:09に214㌦迄下落し更に14:32には213㌦迄下落し、下げ幅1%大幅下落となり15:00に前日比1㌦97㌣安の最安値21246.㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけてコールが売られ、プットは買われ15:15では前日比1㌦88㌣安の212.55.㌦を記録し株式相場の下げ幅拡大展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦.26㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲10.70%、騰落レシオは96.59%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0130


さあ皆様こんにちは、0130日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0130日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物は反落したが、日経平均及び日経平均先物は続落した。新興株30日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによるとニューヨークの反落を受けてドル安となり米金利上昇となりドル建て日経平均では900216.25㌦と寄付、さらに901に寄付後最高値216.33㌦を記録後、日本での業績上振れ期待無く市場が織り込むため「コンバージョン戦略」が入り930215.70㌦を付け巻き戻され940216.23㌦を付け後ドイツ金利が上昇しユーロ高になり米金利上昇に対し米株下落を受けドル安になり日本株に売りが出てアイフォン10減産観測問題が報道され米国でのアップル下落も影響しアップルショックを迎えたことから短期天井となり巨大機関投資家の中で裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」を実施する者もいることから1036に前場引直前安値215.26㌦を記録後揉合、1130には198㌣安の215.24㌦を付け、前場引けには200㌣安の215.22㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をデッドクロス後に後場12:30214.95㌦で開始後継続して「カバードコール戦略」が実施され円建日経平均の25日移動平均線である23,500円に相当するドル建て215㌦付近にプットオプションの建玉が貯蓄したがこの水準より下落した為、23,500円(215㌦)を切ると際限なく損失が発生するためプットの持高調整を行い損失回避の先物売りを出して損失回避に回るヘッジを行ったためにさらに下落し、クレジットカード金利上昇にも波及し実際には陰線が出てさらに陰線が出てきて大陰線が発生し持高外しのため分投げる需給主導の下、下幅拡大し大幅下落となり1316に最安値213.74㌦を付け、今週決算内容 が良ければ押目入期待から買戻である「リバーサル戦略」が入り下げ幅1%下落となり15:00に前日比293㌣安の214.29.㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけてプットが軒並み上昇し、コールは軟調となり15:15では前日比279㌣安の214.49.㌦を記録し株式相場の下げ幅拡大展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2.59㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲13.61%103.54%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0129


さあ皆様こんにちは、0129日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0129日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物は反発したが、日経平均及び日経平均先物は続落した。新興株29日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによると前週末の米国市場で主要株価3指数が過去最高値を更新し先週の要人発言に振らされ保護貿易主義的話でドル安円高中心であったがその後、米10年債利回は時間外取引で一時2.8bp高と20145月以来の水準に上昇したのを支えにドル建て日経平均では900218.33㌦と高値寄付後、巨大機関投資家の中で好決算銘柄であるファナック、信越化学等バリュー銘柄に「リバーサル戦略」を実施する者もいる事から952に最高値218.88㌦を付けた。さらに米フィラデルフィア半導体指数.SOXが3%を超す上昇を背景に、国内半導体関連株が堅調に推移し日経平均ボラティリティ―指数は一時17.28ポイント迄上昇し、取引時間中としては12月6日以来の高水準を付けた。 この円高調整で日経平均先物売を仕掛け証券自己勘定で日本に持ち込み今までの空売の買戻で現物に変換して買う即ち証券優遇制度等を使い予期せぬ配当と他の損益を当てて処理し減損処理の形で売り残は多いが株式数は動かない現象が起きる「証券自己勘定売買減損処理」を使い準備した処で、裁定解消を誘う先物売である「カバードコール戦略」が実施され1130には179㌣高の218.02㌦を付け、前場引けには187㌣高の218.10㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をデッドクロス後に後場12:30217.48㌦で開始後継続して「カバードコール戦略」が実施され1247に最安値216.98㌦を付け、米国時間外取引で原油価格が上昇した流れを受け原油銘柄を含む大型グロース銘柄に「リバーサル戦略」が入り1406に後場最高値217.69㌦をつけ改正資金決済法に基づくコインチェック等を含む仮想通貨業者への調査厳格化を嫌気し「カバードコール戦略」が入ると同時に今月は米株は上昇しドル安になったが月末のリバランス調整でドル買戻期待があることから買戻しも含み15:00に前日比99㌣高の217.22.㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけてコールとプットがともに売られ15:15では前日比99㌣高の217.22.㌦を記録し株式相場の方向性が欠ける展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1.90㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲18.50%11.37%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

0126


さあ皆様こんにちは、0126日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0126日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均及びTopixTopix先物は続落した。新興株26日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによるとダボス会議でのㇺニューシン財務長官のドル安誘導発言を受け円高日米株安を模索したが米国実質金利が上昇しないため失敗したのを受け巨大機関投資家は資源価格上昇から来る時間外取引の円高調整で日経平均先物売を仕掛け証券自己勘定で日本に持ち込み今までの空売の買戻で現物に変換して買う即ち証券優遇制度等を使い予期せぬ配当と他の損益を当てて処理し減損処理の形で売り残は多いが株式数は動かない現象が起きる「証券自己勘定売買減損処理」を使い準備した処で、トランプ大統領から「ドル高望む」という報道を受け実行し、これにより原油価格が下がり米国債価格が上昇し金利が安くなることから米債高を手掛かりとした買戻が優勢となり中期と超長期を対象にした日銀の国債価格が上昇し、日銀の国債買入オペが想定通りに通告され市場参加者の心理を強気にさせドル安に歯止めをかけ円高一服を受けドル建て日経平均では900216.60㌦と高値寄付となり905に最高値216.92㌦を付けボラテリティの上昇を受け「カバードコール戦略」が入り10:03に前場最安値215.95㌦を付け一方米国では減税相場に加えドル高だと貿易赤字が解消できず減税効果が薄れるためドル安誘導をし規制緩和をすることで設備投資や人件費に資金が回りやる気が出て米国に進出する日本企業にも増収増益期待があることから「リバーサル戦略」が入り、11:30には88㌣安の216.57㌦を付け、前場引けには88㌣安の216.57㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をデッドクロス後に後場12:30216.43㌦で開始後1245に後場高値217.68㌦を付け、米国時間外取引で原油 価格が下がりSOX指数が下落した流れを受けゴルディロックスバイアスが強化され持合解消も手伝い半導体、金融、機械等の大型グロース銘柄に「カバードコール戦略」が入り1340に後場最安値217.01㌦をつけ経常収支見込改善期待から「リバーサル戦略が入り逆三尊底を確認し「リバーサル戦略」が入り15:00に前日比57㌣安の217.31.㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけて買う権利である「コール」が下げ、売る権利である「プット」も権利行使価格が2万3750円以下の銘柄には下げが目立ち15:15では前日比49㌣安の217.45㌦を記録し株式相場下落展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅98㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均er14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲18.98%107.50%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0125


さあ皆様こんにちは、0125日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0125日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均は反落したが、日経平均先物、日経平均及びTopixTopix先物は続落した。新興株25日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによるとダボス会議でのㇺニューシン財務長官のドル安誘導発言及び米独10年債利回の差が無くなるとドイツ債券が上昇することを起因としてドイツ安定政権からユーロ強含みとなり、ユーロ高が発生するメカニズムであることからユーロ高・ドル安になり夜間取引では裁定解消売りが当社分析通り発生した為、ドル建て日経平均では217.29㌦に寄付し寄付後安値216.80㌦を付けた後、裁定買を誘う先物買戻が入り1001に最高値217.78㌦を記録後、米国の中間選挙や政治リスクによる保護主義台頭再懸念よりボラティリティインデックスが上昇し金利が上昇するドル安加速が起こり10:20217.60㌦を付け一時下落し「リバーサル戦略」が入り1031に前場高値217.68㌦を付け日本では朝から若干円高傾向になりボラティリティが上昇しクイックコンセンサスより下回るという事で巨大機関投資家のアルゴニズムが働きボラが高くなり裁定解消売即ち「カバードコール戦略」がソニーや東京エレクなどに入りロングが日本電産、安川、等に入るボラティリィティを使った「ロングアンドショート戦略」が降られて下落し、11:30には58㌣安の217.30㌦を付け、前場引けには58㌣安の217.30㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロス後に後場12:30217.52㌦で開始後、世界がグロース状況で同時経済拡大によりバリューシクリカルに「リバーサル戦略」が入ったが夜間取引時間でのドラギ総裁のユーロ高牽制発言への注意手控えやIOT・ハイテク関連銘柄決算に関し楽観視し過ぎたためにマーケットのハードルが高くなっている。このコンセンサスに届かないことが多い事に加えEU引締が実行されると価格下落が発生し債券売却で金利上昇に繋がる流れからドル安を加速しㇺニューシン発言の妬き直しで、米金利上昇し過ぎると金利に対し株の割安感が無くなりアセットアロケーションに大幅変化が発生するため、「カバードコール戦略」を行う巨大機関投資家が出るため1445に後場最安値217.01㌦を付け企業業績改善傾向から巻戻しが先物で入り15:00に前日比57㌣安の217.31.㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけてコールが売られ、プットは買われ、15:15では前日比43㌣安の217.45㌦を記録し株式相場下落展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅98㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均er14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲19.94%109.23%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0124


さあ皆様こんにちは、01月24日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均は続伸したが、日経平均先物、日経平均及びTopix、Topix先物は反落した。新興株24日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによるとドル安になり米トランプ政権の保護主義に対する警戒感も浮上し、輸出関連株の売りにつながった。ドル建て日経平均では218.20㌦に寄付し寄付後高値218.39㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り9:06に218.05㌦を付けた後裁定買を誘う先物買戻が入り9:38に最高値218.41㌦を記録後、強力ユーロに対し円が買われ米期待インフレ率上昇で円高になり以前の様なリスクをショートすることで儲かる仕組みであるボラティリティを売却後Vix指数を上昇させ利益出させる形式が減っているため「カバードコール戦略」を行う巨大機関投資家が多い傾向により10:27に前場最安値217.86㌦をつけ買戻され、11:30には36㌣高の218.14㌦を付け、前場引けには26㌣高の218.04㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロス後に後場12:30に218.09㌦で開始後、世界同時景気回復良好で日本の業績修正で収益の質・リビジョンインデックス・ROE・マージンも改善し「リバーサル戦略」が入り13:06に後場高値218.25㌦を付けた後、米金利上昇し過ぎると金利に対し株の割安感が無くなりアセットアロケーションに大幅変化が発生するため、「カバードコール戦略」を行う巨大機関投資家が出るため13:58に最安値217.66㌦を付け企業業績改善傾向から巻戻しが先物で入り14:28に後場大引け直前高値218.04㌦を付け米国の期待インフレ率が上昇するが実質金利が上昇しないドルが売却され逆のユーロが購入後、ビットコイン等の逃避先としての円が買われ「コンバージョン戦略」が入り15:00に前日比同値の217.78.㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけてコールが売られ、プットは買われ、15:15では前日比10㌣高の217.88㌦を記録し株式相場下落展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅75㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均er14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲24.12%、114.36%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0123


さあ皆様こんにちは、0123日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0123日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、 日経平均先物は反発したが、 ドル建日経平均、日経平均及びTopixTopix先物は続伸した。新興株23日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによると米政府機関の一部閉鎖が解除される見通しとなり、前日の米国株が最高値を更新しアジア株も総じて堅調に推移する中、ドル建て日経平均は900に寄付215.59㌦を付け巨大機関投資家の中で財政の崖解除を受け国内外を含め裁定買を誘う先物買を行い1056に前場引け直前高値217.00㌦を行け揉み合い、11:30には181㌣高の216.73㌦を付け、前場引けには181㌣高の216.73㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロス後に後場12:30216.98㌦で開始後、ただ韓国総合株価指数や香港ハンセン指数が一時1%を超す上昇となるなどアジア株が強含みで推移を見るや否や日銀は今回の金融政策決定会合で、市場の想定通り金融政策の現状維持を決定。展望リポートでは中期的な予想物価上昇率を前回10月の「弱含み」から「横ばい圏内」に上方修正した一方、物価の政策委員見通しの中央値は18、19年度とも据え置いたためドル円が崩れず、増収を基にした増益が日本企業であるため見直し更に巨大機関投資家の中で裁定買を誘う先物買である「リバーサル戦略」を行うものが多いため1349に最高値217.49㌦を付け揉み合い15:00に前日比274㌣高の217.66㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけて、コールが買われ、プットが下落し、15:15では前日比286㌣高の217.78㌦を記録し株式相場上昇展開(大相場前触)となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅224㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均er14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲27.13%114.36%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0122


さあ皆様こんにちは、0122日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0122日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、 日経平均先物は反落したが、 ドル建日経平均、日経平均及びTopixTopix先物は続伸した。新興株22日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによるとNYダウやナスダック総合指数など米国株価が上昇したが、米連邦政府機関閉鎖による経済悪影響が警戒され暫定予算が失効した米国で政府機関が一部閉鎖される中、前場は900215.01㌦と高く寄り付き為替も円高傾向な上、911から「米政府機関、22日も閉鎖継続の見通し」と報道され917に最高値215.09ドルを付けるも「カバードコール戦略」を実施する巨大機関投資家もいる事から950に前場最安値を付け952に「米政府閉鎖に関し上院共和・民主の穏健派議員らが打開に向け前進」という報道を受け「リバーサル戦略」が入り11:20に前場引け直前に高値214.78ドルを付け「コンバージョン戦略」が入り、11:30には21㌣安の214.66㌦を付け、前場引けには25㌣安の214.56㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロス後に後場12:30214.53㌦で開始後、増収を基にした増益が日本企業であるため見直し裁定買を誘う先物買を示す「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家もいることから13:02に後場高値214.64㌦を付け23日の安川電から始まる国内主要企業の17412月期決算を見極めようとのムードも強く、全般は膠着感の強い展開に終始し原油高によるバーナンキ・イエレンがゴルディロックスを完成しこれを意識しての米金利上昇利払い増で米格付け下落による財政悪化を懸念し「コンバージョン戦略」が打たれ13:47に最安値を付けた後打開に向けた協議が提案され裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が大幅に入り15:00に前日比17㌣高の214.98㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけて、コール、プットともに売りが目立ち15:15では前日比11㌣高の214.92㌦を記録し株式相場上昇展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅9㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均er14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲23.63%106.80となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0119


さあ皆様こんにちは、01月19日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均及びTopix、Topix先物は反発した。新興株19日の日経ジャスダック平均は反発したが、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによると昨日は200日移動平均乖離率が15から20%だと外資系証券先物システムに調整が入る体系を取る処もありこれも含め上昇速度持高調整が昨日入り下落激化に繋がったが本日は夜間取引でこれらの思惑も消化され母国市場である日本相場においても確認が入った。214.1㌦から215.01㌦のボックス圏を形成し3本移動平均線が12本移動平均線を下から上に貫くゴールデンクロスを形成後、大引けでは反発で引けた。ドル建て日経平均では9:00に214.86㌦で寄付き後、18日の米国債は10年債利回りが2.63%と4b上昇、昨年3月以降で初めて2.6%を上回り米国金利が上昇し裁定買を誘う先物買が即ち「リバーサル戦略」が銀行などを含むバリュー銘柄に入り9:07に最高値215.0㌦を付け一時円高になり「カバードコール戦略」が入り9:53に前場安値214.53㌦を付け半導体主要企業で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX)は0.5%高と5日続伸し、連日で最高値を受け、「リバーサル戦略」が大型グロース銘柄に入り10:30に前場2番高の214.96㌦を記録後、米政府機関が閉鎖する可能性への警戒に加え、アップルの国外滞留資金の回帰方針に伴う米国債売却の観測も相場に影響し「カバードコール戦略」が入り10:50に前場安値214.43㌦を付け「リバーサル戦略」が入り11:30には88㌣高の214.68㌦を付け、前場引けには85㌣高の214.70㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロス後に後場12:30に214.65㌦で開始後、米国では現行の暫定予算が19日深夜に失効、政府機関閉鎖の回避期限が迫っている。米下院は18日夜の本会議で暫定予算案を可決したが、上院民主党は同案阻止に十分な票を確保と主張されていることから「カバードコール戦略」が入り13:38に最安値214.10㌦をつけ増収を基にした増益が日本企業であるため見直し裁定買を誘う先物買を示す「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家もいることから15:00に前日比88㌣高の214.73㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけて、コール、プットともに売りが目立ち、15:15では前日比96㌣高の214.81㌦を記録し株式相場が方向感を欠く展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅91㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均er14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲24.03%、105.09%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0118


さあ皆様こんにちは、01月18日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均及びTopix、Topix先物は続落した。新興株18日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション18年2月物では某情報ベンダーによると米国税制改革による翻刻還流政策によりアップルとアマゾンが恩恵を受け更に雇用創出を行う等大統領政策に併せ恩恵を受けたことなども幸いし米国株高になりこれを受けドル建て日経平均では朝方買先行になり9:00に216.24㌦で開始され9:04に前場高値216.46㌦を付け26年2か月ぶりに216.46㌦円建てでは24,000円台に乗せる事が出来、一方でダボス会議の年次総会前公表による「グローバルリスク報告書」で「カリスマ的強権政治による国家間の軍事衝突リスク」が高まると報告され危機が高まり、豪雇用統計で豪ドルで上値を買っていしまった為対ドル円では円高になり米時間外取引で米株価指数が下落し短期的なっ目標達成が出て「コンバージョン戦略」を行う巨大機関投資家も現れ10:55に前場安値214.89㌦を付け買戻され11:30には1㌣安の215.42㌦を付け、前場引けには1㌣高の215.44㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロス後に後場12:30に215.45㌦で開始し、経済の力強さから「リバーサル戦略」が入り、12:36に後場高値216.00㌦を付け11月鉱工業生産・確報値が市場予想通りを受けさらに中国貿易摩擦再燃や来週の日銀政策決定会合への持高調整で裁定解消を誘う先物売による「カバードコール戦略」等が巨大機関投資家の中でも行なわれた為に、最安値213.23㌦を記録後裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が打たれ15:00に前日比1㌦58㌣安の213.85㌦を記録し、オプション18年2月物では、大引けにかけて、コールが売られプットが買われ、15:15では前日比1㌦58㌣安の213.85㌦を記録し株式相場下落に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅3㌦23㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均er14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲23.93%、104.98%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0117


さあ皆様こんにちは、01月17日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均及びTopix、Topix先物は反落した。新興株17日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション18年2月物では某情報ベンダーによると米国財政の崖問題で政策停滞懸念が発生し巨大機関投資家の原油先物買が過去最高水準になる中、調整局面入りの機会と成った為、裁定解消を誘う先物売りが入り商品先物下落を受け米国株安に加えドル安になりこの流れからドル建て日経平均での前場では9:00に215.46㌦で寄付後9:06に瞬間高値215.70㌦を記録後、これまでの急上昇に対する利益確定に該当する「コンバージョン戦略」を実施する巨大機関投資家もいることから9:37に前場安値215.22㌦を付け日銀が午前に実施した買い入れオペでドルが戻り好感し裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家もいることから10:18に最高値216.11㌦を記録し揉み合い11:21に三回目の高値215.79㌦を、形成後三尊天井を確認したことから「カバードコール戦略」が入り11:30には36㌣安の215.61㌦を付け、前場引けには40㌣安の215.57㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をデッドクロス後に後場12:30で215.54㌦で寄付、景況感の良さと比較し資金量が大量であるが物価上昇が見込めない事で金融引き締めが出来ないことを見越して景気の熱狂的陶酔感が継続しており短期的急上昇に対するモメンタムに対する警戒感がある上に財政の崖に陥れば利確切欠に歯止めが付か無くなる事より「カバードコール戦略」を行う巨大機関投資家がいることから13:26に最安値214.94㌦を付け押目買好機を生み出し小売や卸売などの省力化投資が出ており、非製造業が強い事から「リバーサル戦略」が入り15:00に前日比63㌣安の215.34㌦を記録し、オプション18年2月物では、大引けにかけて、プットが総じて上昇し、コールは下落が目立ちオプション価格を元に算出し相場の予想変動率を示す日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)は、前日比0.74p(5.02%)高い15.48だった為、15:15では前日比54㌣安の215.43㌦を付け株式相場下落に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦17㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲25.88%、114.15%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0116


さあ皆様こんにちは、0116日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0116日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、TopixTopix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株16日の日経ジャスダック平均 は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション18年2月物では某情報ベンダーによると前場では今期業績予想の上方修正を粗方織込む水準は円建で2万4000円当り、ドル建て217㌦と見ている。ただ、日銀による上場投資信託(ETF)買支えもあって、ドル建てでは900に高値寄付214.45㌦を形成後910に前場高値214.55㌦を付け中国貿易摩擦や北東亜細亜地政学的危機及び米国暫定予算問題を引き金に「コンバージョン戦略」を行う巨大機関投資家がいることから9:30に最安値214.11㌦を形成し為替相場でドル安・円高の進行が一服したことで買い安心感が広がり、先物で買戻が「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家が現れ1114に前場高値215.06㌦を形成後空売筋の中でもNT倍率で利益を出したりドル安に賭けていた向きが買戻しに迫られ裁定買を誘う先物買である「リバーサル戦略」が入り11:30には85㌣高の214.97㌦を付け、前場引けには97㌣高の215.09㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロス後に後場12:30215.30㌦で寄付、後場には一時、取引時間中として1300に後場高値215.45㌦を付け米国税制改革法に残る邦銀を含む非米銀本店が本支店勘定により米国支店に資金を送金した場合、これまでは事実上非課税だった借入金利費用に課税されるBEATによる国際租税に関する項目により隠れていた増税が明確化されこれによる米債投資減思惑から「コンバージョン戦略」を行う巨大機関投資家も出て1330に後場安値215.33㌦を付けた一方で、短期筋の19911118日以来、約26年2カ月ぶりの高値2万3962円07銭、ドル建てでは最高値21610㌣を付け15:00に前日比197㌣高の216.09㌦を記録し、バブル崩壊後の高値を更新し、オプション18年2月物では、大引けにかけて、コールが買われ日経平均が2万4000円の心理的節目に接近する局面で、コールを売っていたトレーダーから買戻が入り特に2万4000~2万4500円コール買が目立ち一方、プットは全般に下落した為、15:15では前日比185㌣高の215.97㌦を付け株式相場上昇に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅70㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲25.07%118.22%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0115


さあ皆様こんにちは、01月15日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、Topix、Topix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株15日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション18年2月物では某情報ベンダーによると前場では米国三指数上昇を受け9:00に高値寄付214.41㌦を形成後「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家がいることから9:24に最高値214.68㌦を形成しドイツが連立政権発足を受けドイツ10年国債が上昇しユーロ高・ドル安・円高になりこれにより為替が円高水準と受止められ9:25に「カバードコール戦略」を行う巨大機関投資家も見られることから10:17に最安値213.98㌦を付けた後、先物で買戻が「リバーサル戦略」111円を割り込む円高だと来期業績に影響が出やすいという見方が出てきたため高安揉み合い11:30には1㌦50㌣高の214.15㌦を付け、前場引けには1㌦42㌣高の214.07㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロス後に後場12:30に214.59㌦で寄付、市場では米長期金利の上昇を予想する向きが多い上、昨年まで投資家の持高が軽かったことによる影響、例年12月から2月半ばまでバリューファクターが強い季節性が背景でバリュー銘柄中心の金融株に裁定買を誘う先物買である「リバーサル戦略」が入り13:30に後場高値214.56㌦を付け揉み合い三尊天井を形成後、為替の円高が改めて警戒されると、じりじりと上げ幅を縮小し14:40に後場高値214.56㌦を再度つけると「カバードコール戦略」が入り14:59に後場最安値214.19㌦を付けた後、世界的に景気が良好で、世界の中央銀行が出口に向かう中、出口から最も遠いとみられていた日本銀行も予想より早く動かざるを得なくなるとの観測もあり、ブラックロックが運営する「IシェアーズMSCI Japan ETF」に630億円資金流入後、現物を購入しETF化しブラックロックに買ってもらうためこの時点で市場に資金供給が多いためETFと株式相場が上昇した形となり「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家も見られ15:00には前日比1㌦59㌣高の214.24㌦を付け、オプション18年2月物では、大引けにかけて、プットが軒並み下落し、コールは権利行使価格が現在の水準に近いオプションを中心に買いが入る為、15:15では前日比48㌣高の212.65㌦を付け株式相場上昇に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅70㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲25.07%、118.22%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 東証マザーズ指数先物3月物は続伸した。清算値は17ポイント(1.31%)高の1312だった。1625枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0112


さあ皆様こんにちは、0112日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0112日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、TopixTopix先物、ドル建日経平均は反落したが、日経平均先物、及び日経平均は続落した。新興株11日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は 反発した。日経平均オプション18年2月物では某情報ベンダーによると米国でインフレ的な見通しが急に強まった訳ではなく、米長期金利の持続的な上昇は見込みにくい。日銀のオペ減額を契機とした円高なら一時的な反応と捉えられ、前日のダウは200㌦を超す上昇となったが1月限日経平均オプションのSQ算出日だったものの、東証1部の売買代金は大発会の水準には至らず3日続落した。前場ではドル建て日経平均で900213.15㌦と寄付後、926に最高値213.59㌦を付け企業の今期想定レートに近づく為替の円高進行で業績期待が後退し「カバードコール戦略」を打ち、1008に前場安値212.57㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1130に前日比89㌣高の213.06㌦を付け、前場引では前日比89㌣高の213.06㌦で引け、3本移動平均線が12本移動平均線とデッドクロスを確認し、後場1230には213.06㌦で開始し年初からの大幅高で、短期的な過熱感を冷やす調整売りに加え、ドル・円が企業の今期想定レートである1ドル=110円に近づき、業績への影響を懸念する動きから輸送用機器や精密機器など輸出株の一角や情報・通信や電気・ガスなどディフェンシブ株等直近の株高で配当利回りの魅力が低下しているとの見方等が出て「カバードコール戦略」をさらに行う巨大機関投資家も出たことから1412に最安値212.08㌦を付け、米物価連動債Tipsに資金が集中したことで、ドル安が一服し大引けにかけ「リバーサル戦略」が入り、15:00には前日比46㌣高の212.63㌦を付け、オプション18年2月物では、大引けにかけて買う権利である「コール」に値下がりが目立ちただ、相場の下値も堅いとの見方は根強く、売る権利である「プット」も全般に下げた為、15:15では前日比48㌣高の212.65㌦を付け株式相場下落に繋がった。ボリンジャーバンドでも3σに達した為本日は急落になった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅151㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲24.77%117.51%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 東証マザーズ指数先物3月物は反発した。清算値は3ポイント(0.23%)高の1295だった。769枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0111


さあ皆様こんにちは、0111日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0111日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、TopixTopix先物、ドル建日経平均は反落したが、日経平均先物、及び日経平均は続落した。新興株11日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション18年1月物では某情報ベンダーによると前場では中国の米国債購入の停止観測を受けた為替のドル安・円高進行が嫌気され、SQ週最終売買日には、ドル建て日経平均で900212.27㌦と寄付後、ドル安を受け921に寄付後安値211.88㌦を付け前日の中国の米国債投資削減報道直後に米国債売り・ドル売りとなったが日銀債券介入期待等を受けドル買になり「リバーサル戦略」が入り1002に最高値212.85㌦が付きその後米国債購入の停止観測を受けた為替のドル安・円高進行が再度嫌気され、「カバードコール戦略」が入り1130に前日比65㌣高の212.43㌦を付け、前場引では前日比70㌣高の212.48㌦で引け、3本移動平均線が12本移動平均線とデッドクロスを確認し、後場1230には211.97㌦で安く開始しグローバルな株高環境の中で日本株のウエートを落とす理由はないが、為替が1ドル110円を超える円高に進むと、足元で原材料価格が上昇していることもあり、企業決算への期待が後退懸念を発生するため、「カバードコール戦略」を打つ巨大機関投資家もいることから13:58に最安値211.48㌦を付け中国政府筋が米国債購入の縮小などに関する報道を否定し、米金利急上昇からインフレが進行すると有利となる米物価連動債Tipsに資金が集中したことで、ドル安が一服し大引けにかけ「リバーサル戦略」が入り、15:00には前日比31㌣高の212.09㌦を付け、オプション18年1月物では、大引けにかけてコールが売られた。プットはさえない為、15:15では前日比39㌣高の212.17㌦を付け株式相場下落に繋がった。ボリンジャーバンドでもに達した為本日は急落になった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅113㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲26.05%117.84%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 東証マザーズ指数先物3月物は清算値が前日比1ポイント(0.07%)安の1292だった。売買高は1730枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0110


さあ皆様こんにちは、01月10日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、Topix、Topix先物、ドル建日経平均は続伸したが、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株10日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション18年1月物では某情報ベンダーによると前場では米国三指数は上昇したがSOX指数が下落したことも受け前日、超長期国債の買い入れオペが減額された「余韻」が残り、10日の市場では円高・株安・債券安が週末SQ前巨大機関投資家による仕掛的円ショート巻き戻し等持高調整調整を入れ明日売買最終日に併せ1月限を安くさせたい処もあり、ドル建て日経平均で9:00に211.33㌦と安く寄付後、先物主導で前日に一時24000円台を回復し日米金利差拡大を受けたこと等を受け9:15に寄付後高値211.66㌦を付けSOX指数の下落からグロース売り即ち「コンバージョン戦略」が打たれ9:31に最安値211.15㌦を付け、大型バリュー買いが発生し前場高値11:18に212.15㌦を付け11:30に前日比22㌣高の211.93㌦を付け、前場引では前日比26㌣高の211.97㌦で引け、3本移動平均線が12本移動平均線とゴールデンクロスを確認し、後場12:30には211.61㌦で開始し12日オプションSQで2400円コールで見ると先日調整のコール割高なものを買っていてオプション買戻しが入り日経VIが上昇しプットが増えている。SOX指数が下落を受け半導体が下落し1月物の日経平均は買い上がれす2月物コールに買いが入り買戻しが入っていない状況で1月物を安くし先行きは上がるとみて「リバーサル戦略」が入り最高値13:51に212.28㌦を付け「カバードコール戦略」がディフェンシブ銘柄に入り調整し14:56に211.74㌦を付け後買戻され、15:00には前日比4㌣高の211.75㌦を付け、オプション18年1月物では、大引けにかけてコールとプットともに売りが目立った為、15:15では前日比7㌣高の211.78㌦を付け株式相場方向感が無い状況に繋がった。ボリンジャーバンドでも3σに達した為本日は急落になった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦13㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲27.62%、118.20%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 東証マザーズ指数先物3月物は5日続伸した。清算値は14ポイント(1.1%)高の1293だった。1542枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

019


さあ皆様こんにちは、0109日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0109日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、TopixTopix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株09日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション18年1月物では某情報ベンダーによると前場では日本の連休中 米国市場が上昇しS&P500やナスダックも昨日上昇しダウ平均では昨日までに200㌦以上上昇し強い雇用統計・SOX指数を受け米国景気は堅調との見方が広がり、ドル建て日経平均で900211.67㌦で寄付後高値9:00211.69㌦を付け北東亜細亜における地政学的リスク継続や非農業部門雇用者数増加が予想を下回る報道を受け巨大機関投資家の中でバリュー買を行い持高調整も入りグロース銘柄に「カバードコール戦略」を行うものもいることから0934に最安値211.01㌦を付け一息つき、一部報道を材料に海外巨大機関投資家マネーの流入観測が強まったことを受けグロース銘柄でもある不動産株に資金が集中したことから「リバーサル戦略」が行われ11:28には前場高値211.84㌦を付け1130に前日比191㌣高の211.75㌦を付け、前場引では前日比191㌣高の211.75㌦で引け、3本移動平均線が12本移動平均線とゴールデンクロスを確認し、後場1230には211.50㌦で開始し日本銀行が長期国債買い入れオペの減額を発表し、為替が急速にドル安・円高方向に振れたことが響いて「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家も出たことで1254に最高値212.01㌦を付けこの流動性相場において日銀が金融引き締め検討にはいい時期でもありチャート上で三尊天井形成を確認後「コンバージョン戦略」が起こり1458に後場安値211.55㌦を付け、15:00には前日比182㌣高の211.66㌦を付け、オプション18年1月物では、大引けにかけてプットが下落しコールは買いが目立ったものの、権利行使価格2万4000円以上では売りが優勢であった為、15:15では前日比187㌣高の211.71㌦を付け株式相場強含みに繋がった。ドル建て日経平均は昨年11月9日高値からの調整局面で上値が一定で下値を切り上げる上昇三角形を形成していたが、上値抵抗線となっていた200㌦を突破した。上昇三角形は9割方上に抜けるという過去の傾向通りになったとし、今後は「簡単には下がらない」と見る巨大機関投資家が出てきている。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲29.04%119.33%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 東証マザーズ指数先物3月物は4日続伸した。清算値は29ポイント(2.32%)高の1279で、売買高は1702枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0105


さあ皆様こんにちは、0105日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0105日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、TopixTopix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株05日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション18年1月物では某情報ベンダーによると前場ではドル建て日経平均で2018年は好調な滑り出しで正月休みに発表された米中景況感指数の良好さから世界景気が安定し金利も急上昇せず株式相場には好循環のため900209.61㌦で寄付後9:14に前場高値209.82㌦を付け緊急地震速報を受け巨大機関投資家の中でバリュー買を行い三連休前控え持高調整も入りグロース銘柄に「カバードコール戦略」を行うものもいることから1103に最安値208.55㌦を付け一息つき、11:30には前日比4㌣安の208.77㌦を付け前場引では前日比4㌣安の208.77㌦で引け、前日にドル建て日経平均が200㌦節目を一気に突破したことで、「貯まっていたコールオプションの売り玉が全てひっくり返され、踏み上げ相場になっている」と指摘され3本移動平均線が12本移動平均線とゴールデンクロスを確認し次期節目の209㌦を抜切ったため、後場1230には209.21㌦で開始し来週SQ週も控えその後世界的規模の多角的経営企業に米国税制改革が有利な政策ゆえインデックスファンドのリバランス売買や23月期インバウンド関連での期待感に加えPER15.5倍やEPS1520円と日本株の割安感から巨大機関投資家の中で大型グロース及びバリュー銘柄に大幅買戻に当る「リバーサル戦略」を実行する者も見られたため1412に最高値210.11㌦を記録後、「コンバージョン戦略」が入り揉合後、14:57に後場安値209.71㌦を付け15:00には前日比107㌣高の209.88㌦を付け、オプション18年1月物では、大引けにかけてコールは買われ、プットは売られ、15:15では前日比103㌣高の209.84㌦を付け株式相場の大幅反発に繋がった。ドル建て日経平均は昨年11月9日高値からの調整局面で上値が一定で下値を切り上げる上昇三角形を形成していたが、上値抵抗線となっていた200㌦を前日に突破した。上昇三角形は9割方上に抜けるという過去の傾向通りになったとし、今後は「簡単には下がらない」と見る巨大機関投資家が出てきている。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅156㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲27.79%、騰落レシオで122.48%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は7ポイント(0.56%)高の1250と3日続伸した。売買高は1101枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0104


さあ皆様こんにちは、01月04日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。改めて新年おめでとうございます。01月04日大発会の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、Topixは、続伸したが、Topix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株04日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション18年1月物では某情報ベンダーによると前場ではアラムコの子会社上場により原油引上げとなり公共投資を抑える強い中国によって商品が上昇するという流れを受け日本でも欧米株価堅調を受け、9:00に204.84㌦と高く寄付き、9:00に寄付高値204.91㌦を付け節目205㌦を目前にし地政学的リスクも限定的であることから、「カバードコール戦略」の巻戻しに迫られた巨大機関投資家がいるため、商品上昇や私募投信の形で「リバーサル戦略」が入り、10:56に207.03㌦を記録後、「コンバージョン戦略」が入り11:13に前場安値を206.73㌦をつけ2018年企業価値増大や米税制改革が日本企業に及ぼす長所からグロース値嵩銘柄中心に先物を通して投資信託を買入、11:30には前日比5㌦7㌣高の207.06㌦を付け前場引では前日比5㌦5㌣高の207.04㌦で引け3本移動平均線が12本移動平均線とゴールデンクロスを確認し節目の200㌦を抜切ったため、後場12:30には207.17㌦で開始し更に米ISMの発表値が予想を上回り中国非製造業PMIが上昇したのを受け年末NT倍率低下で一揆に逆流し陽線をつけ北東亜細亜圏による地政学的リスクが年末無かったために海外勢の先物大幅買戻即ち大幅な「リバーサル戦略」の実行から「ドル建て日経平均が大きな節目200㌦を一気に窓を開けて上抜けた。チャート上では逆三尊底を形成し今までたまっていた買いのエネルギーが爆発した大発会になった。」と指摘するものもいることから裁定買を誘う先物買が仕掛けられ15:00には前日比6㌦67㌣高の208.66㌦を付け、オプション18年1月物では、大引けにかけてプットは総じて下落しコールが軒並み上昇し、15:15では前日比6㌦82㌣高の208.81㌦を付け株式相場の大幅反発に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅3㌦97㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲25.50%、騰落レシオで116.97%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 東証マザーズ指数先物3月物は続伸した。清算値は前営業日比11ポイント(0.89%)高の1243だった。1562枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

究極の売買プログラム

 

ニュース

2017-12-14 年末年始休業のお知らせ

                  12月27日(水)から1月3日(水)まで休業いたします。1月4日(木)より通常営業致します。

2017-07-26 夏季休業のお知らせ

                  8月11日(金)から8月15日(火)まで休業いたします。8月16日(水)より通常営業致します。

 2017-04-24 ゴールデンウィーク期間中の営業日のお知らせ

                 本年のゴールデンウィーク期間は通常カレンダー通り営業いたします。

契約について

投資情報できる株、初心者向けサラリーマン投資及び円高強銘柄発掘   矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社 矢野新興産株式会社 矢野新ホールディングス

SBI証券 投資顧問業協会 証券アナリスト協会 金融庁第二種金融商品取引業協会

アクセスカウンタ

アクセスカウンタ(トップページ)

ページトップへ戻る