中小型株専門銘柄レポート『相場のキューピッド』

相場のキューピッド  大当たり速報

最終更新:2012年12月21日18:45 PM

 

12/21長大+23.3%(11/15推奨)

12/21電算+20.8%(11/16推奨)

12/21きもと+13.9%(11/21推奨)

12/21日本輸送+13.4%(11/30推奨)

12/21ソフトブレーン+13.3%(11/6推奨)

12/21じもとHD+13.3%(11/30推奨)

11/30山田コンサル+38.3%(11/20推奨)

11/30ハナテン+36.4%(11/26推奨)

11/30インタースペース+15.2%(11/27推奨)

11/30シノケンG+8.8%(11/28推奨)

11/30C&R +5.3%(11/20推奨)

11/30ショーエイコーポ-1.8%(11/27推奨)

11/27陽光都市+67.1%(11/20推奨)

11/27サニーサイド+23.1%(11/22推奨)

11/27日本エスコン+15.2%(11/22推奨)

11/27ベルマーク+10.9%(11/12推奨)

11/27モブキャスト-9.6%(11/11推奨)11/27Topixベア-12.2%(6/4推奨)

11/20ランドビジネス+123.9%(11/12推奨)

11/20アーバネット+28.8%(11/8推奨)

11/20アイフル+27.3%(11/14推奨)

11/20MDNT+11.2%(11/15推奨)

11/20オムロン+6.9%(11/8推奨)

11/20きちり-58.5%(6/18推奨)

11/20ドーン-59.6%(6/5推奨)

10/11ポールトゥウ+13.9%(6/27推奨)

10/11コスモバイオ+12.8%(6/12推奨)

9/20ヒューリック+19.8%(6/26推奨)

9/20ベネワン+7.6%(6/20推奨)

8/24ウェザーニュ+25.5%(6/19推奨)

8/24タカキュー+22.4%(6/19推奨)

8/24スタートトゥ+9.9%(6/15推奨)

7/18アストマックス+68.3%(6/29推奨)

7/18A&T+27.4%(6/12推奨)

7/18ライトオン+9.1%(6/25推奨)

7/18ニトリHD+6.3%(6/27推奨)

6/26アビックス+59.5%(6/21推奨)

6/26ロジコム+16.0%(6/22推奨)

6/26サニックス+11.0%(6/20推奨)

6/25ワンダー+16.8%(6/21推奨)

6/21ぱど+24.69%(6/11推奨)

6/21グラウンド+20.44%(6/11推奨)

6/19プラット+34.79%(6/11推奨)

6/19アビックス+17.79%(6/15推奨)

6/19オービス+10.08%(6/13推奨)

6/19リブセンス+8.05%(6/13推奨)

6/13テンプHD+13.46%(6/5推奨)

6/13光通信+6.91%(6/7推奨)

2/8ジオスター+1.36%(1/30推奨)

2/8インタースペース+1.98%(1/30推奨)

2/8インターアクション+0.74%(1/29推奨)

2/8リブセンス-1.36%(1/29推奨)

2/8イーブックイニシアティブジャパン+0.10%(12/16推奨)

2/8テラプローブ-1.60%(1/26推奨)

2/8KLab+6.36%(1/23推奨)

2/8ドリコム+9.85%(1/23推奨)

2/8日本道路+16.18%(1/16推奨)

2/8鐘崎+3.75%(1/12推奨)

2/8テンポスバスターズ-22.12%(1/9推奨)

2/8夢真ホールディングス+8.65%(1/9推奨)

2/8日東ベスト+0.12%(12/21推奨)

2/8ホリプロ-0.19%(12/21推奨)

2/8日本アビオニクス+9.52%(12/19推奨)

2/8パーク24-1.99%(12/16推奨)

2/83Dマトリックス-11.66%(12/15推奨)

1/19日本橋梁51.1%(1/16推奨)

1/19ナノキャリア+18.1%(1/12推奨)

1/19東京計器+13.2%(12/19推奨)

1/19東京リスマチック-9.0%(12/20推奨)

1/19ルック-10.0%(12/20推奨)

1/11 ダイユーエイト28.1%(12/27推奨)

1/11 やまや12.1%(12/15推奨)

1/11 GCジョイコ5.9%(12/18推奨)

1/5 シスウェーブ32.5%(12/27推奨)

12/27 エイジア37.1%(12/22推奨)

12/27 ワオコーポ12.4%(12/21推奨)

12/22 エイジア21.8%(12/20推奨)

12/22 スリープロ+18.8%(12/20推奨)

12/22 C-ノア+17.0%(12/20推奨)

12/22 ヤマナカ+15.4%(12/20推奨)

12/16免疫生物+39.7%(12/12推奨)

12/16 山王+30.9%(12/14推奨)

12/16 ピクルス+24.3%(12/13推奨)

12/16 ネプロ+16.6%(12/8推奨)

12/16 日本管理+10.6%(12/14推奨)

12/16 コナカ+10.4%(12/12推奨)

12/16 薬王堂+9.7%(12/13推奨)

12/16 キッセイ薬品+5.0%(12/12推奨)

12/15 日本管理+38.9%(12/12推奨)

12/15 共立メンテ+9.6%(11/16推奨)

12/15 梅の花+8.2%(12/8推奨)

12/15 協和キリン+2.4%(11/15推奨)

12/15 プロミス+1.8%(10/2推奨)

12/14 ドワンゴ+27.7%(11/15推奨)

12/14 スリープロ+29.8%(12/11推奨)

12/14 ガイヤHD+20.2%(12/12推奨)

12/14 あさひ+4.9%(11/28推奨)

12/14 アルインコ+6.2%(10/23推奨)

12/14 ツガミ-0.7%(11/28推奨)

12/13 市進HD-0.8%(11/20推奨)

12/08 フジプレアム+48.3%(12/06推奨)

12/08 省電舎+43.5%(12/06推奨)

12/08 きちり+41.9%(12/06推奨)

12/08 NPC +26.1%(12/06推奨)

「相場のキューピッド」及び「レポート会員」に掲載の銘柄、並びに「プレミアム会員 」及び「特別会員」に推奨の銘柄から、抜粋しています。

相場のキューピッド

究極の売買プログラムハイパーキューピッド

ハイパーキューピッド1号の運用パフォーマンス

最終更新:2021年6月24日23:40PM

6月24日


6月24日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均は続伸したが、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物とTopixは反落した。新興株24日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は小幅続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米国景気指標の頭打感からNYダウが3日ぶりに反落した事を嫌気し、ドル建て日経平均は9:00に259.56㌦を付け開始後、売仕掛の裁定解消売が入り9:12に259.06㌦を記録した処で最安値更新を迎えたが、前日のパウエルFRB議長の議会証言を受けて当面、大規模な金融緩和が維持されるとの期待や長期金利の伸び悩みから、売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:08に260.76㌦を付け最高値更新。11:30には前日比0.13㌦安の260.49㌦となり戻売され、11:35には前日比0.13㌦安の260.49㌦を付け終了した。午場では12:30に260.22㌦で開始したがオリンピック先行き不透明感で売仕掛の裁定解消売が入り13:35に259.99㌦迄下げ幅拡大したが時間外取引で米先物上昇を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比0.11㌦安の260.51㌦迄買戻され、大引けではオプション7月物は「コール」、「プット」ともに売られた状況で15:15には前日比0.02㌦安の260.60㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.70㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.96倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲5.45%、騰落レシオは95.74%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月23日


6月23日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均先物は続伸したが、ドル建て日経平均、Topix先物、日経平均、とTopixは反落した。新興株22日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は小幅続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。パウエル連邦準備制度理事会議長発言等からFRBによる早期利上げに対する懸念が後退し、米長期金利は低下してナスダック総合指数は最高値更新をし新型コロナウイルスのワクチン接種が進む中で今後人の動きが活発になる見込みが手掛かりとなり、ドル建て日経平均は9:00に261.06㌦を付け開始後、売仕掛解消の裁定解消買が入り9:16に262.04㌦を記録した処で最高値更新を迎え寄付き天井化した。ただ262㌦に乗せた後、デルタ変異株など新たな懸念も出ているため景気の先行きに不透明感が強まっていることも影響し売仕掛の裁定解消売が入り10:51に260.47㌦を付け、最安値更新を迎えたが、製造業の業績上方修正により相場の支えと捉えられ切返し、11:30には前日比0.77㌦安の260.76㌦となり戻売され、11:35には前日比0.93㌦安の260.60㌦を付け終了した。午場では12:30に260.50㌦で開始したが原油価格の上昇から売仕掛解消の裁定解消買が入り12:45には261.08㌦迄買戻され下げ幅縮小。前週の米連邦公開市場委員会(FOMC)以降、乱高下が続いただけに、FOMC前の水準にまで戻した先は、新規の材料が見当たるまでは明確に上値を試す流れにはなり難いようだ。手掛かり材料に乏しい中、当面はFOMC前と同様に262㌦前後での揉合い展開が続くと捉えた投資家により売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比0.86㌦安の260.67㌦迄戻売され、大引けではオプション7月物は「コール」、「プット」はともに売られた状況で15:15には前日比0.91㌦安の260.62㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.57㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.96倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽5.65%、騰落レシオは99.14%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月22日


6月22日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、Topix先物、日経平均、日経平均先物とTopixは反発した。新興株22日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。昨日は高官発言を切っ掛けにFRBが利上げを前倒しする観測が拡大し、将来への懸念や債券上の内部調整から派生する債券急落行動を反映して景気鈍化への懸念を巨大機関投資家間の心理で示現する者が多い傾向から、「纏まったロットでロングを斬る」か「ショートポジションを行ってもストップ安を迎えない」市場として日本市場が選ばれ売仕掛の裁定解消売が入った。昨日に対し今日は日経平均予想per13倍到達から指摘通りの「底値近づき買戻機会発生し調整に入る」と見られ、前日に日銀が4月21日以来となる701億円のETF購入を行ったことも一定の安心感を与えドル建て日経平均は9:00に258.36㌦を付けて寄付き、その後258.21㌦を同時刻に最安値更新として付けた。ニューヨーク連銀のウイリアムズ総裁が「経済の強さが金融政策を修正するにはまだ不十分」との見解を示し、FRB執行部は火消しに回っており拙速な金融引き締めが景気を悪化させるリスクは後退し安心感が拡大傾向を支えに売仕掛解消の裁定解消買が入り9:35に261.37㌦に下げ幅縮小後、10:00には利確により258.93㌦迄下げ幅拡大したが原油高や米株高の根強い経済成長を支えに再度売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比6.10㌦高の261.02㌦となり買戻され、11:35には前日比6.08㌦高の261.00㌦を付け終了した。午場では12:30に261.32㌦で開始したが12:34には260.92㌦迄下げ幅拡大。昨日の下落分に指数ETFに絡んだ指数先物の影響がありと受留める巨大機関投資家も中には入る事から売仕掛解消の裁定解消買が入り13:48には261.72㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが続かず不透明感もある事から14:32には260.80㌦迄戻り売りされるも今夜の下院でのパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言を見極めたいとの思惑から、売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比6.56㌦高の261.48㌦迄買戻され、大引けではオプション7月物は「コール」は総じて売られ「プット」は総じて買われた状況で15:15には前日比6.61㌦高の261.53㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.51㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.11倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽5.98%、騰落レシオは97.89%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月21日


6月21日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均は反落し、Topix先物、日経平均、日経平均先物とTopixは続落した。新興株21日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数が下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に258.68㌦を付けて寄付き開始しリバウンドを見込んだ巨大機関投資家が朝方に売仕掛解消の裁定解消買が入り9:01に258.70㌦迄上昇し最高値更新を迎え寄付き天井化した。その後の戻りが続かず当社予測通りの景気回復局面が短命で景気後退が早く来る可能性から売仕掛の裁定解消売が入った。事実裏付けるように高官発言を切っ掛けにFRBが利上げを前倒しする観測が拡大し、将来への懸念や債券上の内部調整から派生する債券急落行動を反映して景気鈍化への懸念を巨大機関投資家間の心理で示現する者が多い傾向から、「纏まったロットでロングを斬る」か「ショートポジションを行ってもストップ安を迎えない」市場として日本市場が選ばれた。前場の結果としては、11:30には前日比8.87㌦安の254.27㌦となり戻売され、11:35には前日比8.80㌦安の254.34㌦を付け終了した。午場では12:30に253.67㌦で開始したが日本銀行がETF買の動向が不明である事から、売仕掛の裁定解消売が入り12:31には253.01㌦迄下げ幅拡大し景気敏感株を中心に売られ全面安の展開となり最安値更新を迎え、一時下げ幅9.49㌦以上となった。その後「航空貨物の米国向け需要2.8倍、中国向け1.7倍」や「米共和党による中間選挙にらみ支出拡大」との報道が駆け巡り売仕掛解消の裁定解消買が入り12:52に255.00㌦迄買戻されたが続かず売仕掛の裁定解消売が入り14:34に253.67㌦迄下げ幅拡大したが、明日のパウエルFRB議長の議会証言を受けた市場の反応にかけた巨大機関投資家の中での動きを期待した投資家による売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比8.15㌦安の254.99㌦迄買戻され、大引けではオプション7月物は「コール」は総じて売られ「プット」は総じて買われた状況で15:15には前日比8.22㌦安の254.92㌦迄買戻され引けた。高安値幅は5.69㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で50.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.70倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽3.13%、騰落レシオは95.89%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月18日


6月18日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均は反発したが、Topix先物、日経平均、日経平均先物とTopixは続落した。新興株18日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に264.11㌦を付けて寄付き開始しFOMCの結果を受けて金融緩和策の早期縮小観測が広がり、期待インフレ率の低下とともに長期の年限を中心に金利の低下傾向が示現した事で商品や景気敏感株等に売仕掛の裁定解消売が入り9:08に263.31㌦迄下げ幅拡大したが米長期金利の低下は東京市場でも値嵩ハイテク・グロース(成長)株への支援村料になるとの見方から、売仕掛解消の裁定解消買が値嵩成長株等に入り揉み合い後、10:54に264.35㌦を付け最高値更新を迎え前場引け直前高値形成し、11:30には前日比2.07㌦高の264.20㌦となり買戻され、11:35には前日比2.10㌦高の264.23㌦を付け終了した。午後に入ると日本銀行が金融政策決定会合での「金融機関の気候変動対応投融資をバックファイナンスする新たな資金供給制度実施」との結果を発表し、米国では金曜日がトリプルウィッチングで「ロングガンマ」を行っているものによるリバランス売注意(長期債券下落)と捉えた巨大機関投資家心理が働き、売仕掛の裁定解消売が上昇していた金融や割安銘柄に入り13:06に262.98㌦となり最安値更新を迎えたが、2月期決算企業が来週から発表開始となり業績分布で増益62%予想となっている事から売仕掛解消の裁定解消買が入り14:52に263.41㌦迄買戻された後、15:00には前日比1.10㌦高の263.23㌦迄戻売され、大引けではオプション7月物は「コール」は売られ「プット」は高安まちまちだった状況で15:15には前日比1.01㌦高の263.14㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.37㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.07倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲7.03%、騰落レシオは101.99%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月17日


6月17日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix先物は反落したが、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物とTopixは続落した。新興株17日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に268.15㌦を付けて寄付き開始しFOMCでは、大きな動きはないと予想されたが、テーパリングや利上げが早まるサプライズ的な内容を反映し米金利が上昇したため恩恵を受ける輸出企業や金融業者に売仕掛解消の裁定解消買が入り9:05に263.63㌦を付け最高値更新を迎え寄付き天井化した。しかし市場の想定よりも早い時期の利上げが示唆されたことで巨大機関投資家の間に不安感が広がり売仕掛の裁定解消売が金利上昇による否定的銘柄群に入り11:27には261.00㌦となり最安値更新を迎え、11:30には前日比4.85㌦安の261.23㌦となり買戻され、11:35には前日比4.79㌦安の261.29㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に261.53㌦を付け後、売り一巡後はワクチン接種拡大による経済正常化が株価を下支えするとの指摘もあり、さらに円安効果で追い風となる医薬品や食品といったディフェンシブ性の高い銘柄群に加え金融セクターに売仕掛け解消の裁定解消買が段階を経て入った事で14:56には262.50㌦迄買戻され、15:00には前日比3.76㌦安の262.32㌦迄戻売され、大引けではオプション7月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買われた状況で15:15には前日比3.95㌦安の262.13㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.63㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.24倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲7.81%、騰落レシオは112.08%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月16日


6月16日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix先物は続伸したが、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物とTopixは反落した。新興株16日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に266.25㌦を付けて寄付き開始し同時刻に266.21㌦を付け、前場安値更新を迎えたが、外国為替市場で円相場が対ドルで110円台の円安水準を保つ中、機械や自動車など輸出関連に採算の改善を期待し売仕掛解消の裁定解消買が入り、9:39に267.41㌦を付け最高値更新を迎えたが債券相場は超長期債を中心に下落。日本時間あす未明に結果が出る米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に買いが手控えられたことに加え、需給の悪化も重しとなり続かず売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比0.93㌦安の266.57㌦となり戻売され、11:35には前日比0.91㌦安の266.59㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に266.17㌦を付け後13:25には266.48㌦迄押目買いが入るが継続して売仕掛の裁定解消売が入り13:48に265.91㌦迄付け最安値更新を迎えたが、10年債は今月前半の金利低下局面で米長期金利より大きめに下がったので、その反動で多少押し戻されやすくなりこれらを反映して押目買いが入り14:49に266.30㌦迄買戻されたが持高調整が入り、15:00には前日比1.37㌦安の266.13㌦迄戻売され、大引けではオプション7月物は「コール」が総じて売られ「プット」は上昇した状況で15:15には前日比1.42㌦安の266.08㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.50㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.34倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲11.06%、騰落レシオは108.99%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月15日


6月15日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均、Topix先物、日経平均先物とTopixは続伸した。新興株15日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。15─16日に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控える中で、早期のテーパリング(緩和縮小)への警戒感は根強いものの、無難な結果を先読みする動き即ち安定推移したため、ドル建て日経平均は9:00に265.89㌦を付けて寄付き開始し同時刻に265.70㌦を付け、最安値更新を迎えたが、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は0.7%の上昇を受け、売仕掛解消の裁定解消買がハイテク株や半導体関連株に入り、10:16に267.59㌦を付け前場高値を付けた。継続しての買い材料が乏しい事に加え、国内では今日不信任決議案が出ると報道され、五輪後の解散総選挙が意識される等の政局不安や五輪後の新型コロナ感染再拡大の懸念を抱える事から上値が重く売仕掛の裁定解消売が入り11:00に266.74㌦迄下げ幅拡大したが、新型コロナワクチン接種の進展を踏まえた経済正常化への思惑から、売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比1.00㌦高の266.78㌦となり買戻され、11:35には前日比1.03㌦高の266.81㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に267.05㌦を付け後、米国中心にインフレ懸念が足元で後退して世界のコロナ感染者数も急激に減少、経済正常化期待もあり投資環境としては良好な状態と捉え売仕掛解消の裁定解消買が入り、12:48には267.74㌦迄買戻されたが続かずFOMCへの様子見ムードも強いが、米国の期待インフレ率は低下基調で、米連邦準備制度理事会(FRB)も慎重に出口戦略を探る姿勢を受けて14:14には267.28㌦迄下げ幅拡大したが売仕掛解消の裁定解消買が入り、14:59に267.87㌦迄買戻され最高値更新を迎えた処で持高調整が入り、15:00には前日比1.79㌦高の267.57㌦迄戻売され、大引けではオプション7月物は「コール」が総じて買われ「プット」は売られた状況で15:15には前日比1.72㌦高の267.50㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.98㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.35倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲12.89%、騰落レシオは101.83%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月14日


6月14日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均は続伸したが、日経平均、Topix先物、日経平均先物とTopixは反発した。新興株14日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。主要7カ国(G7)が13日まで開いた首脳会議(サミット)で東京五輪・パラリンピックの開催に支持を再表明し、景況感の改善する期待が高まった。また、主要株価3指数がそろって 上昇し、S&P総合500種指数は連日で終値の最高値を更新し米株高となった事を背景に巨大機関投資家の売り方が慌てると想定し、ドル建て日経平均は9:00に265.72㌦を付けて寄付き開始したが売仕掛解消の裁定解消買がハイテク株や半導体関連株に入り、9:01に266.15㌦を付け最高値更新を迎え寄付き天井化した。継続しての買い材料が乏しい事から上値が重く売仕掛の裁定解消売が入り10:05に264.39㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、新型コロナワクチン接種の進展を踏まえた経済正常化への思惑から、罫線図での20日移動平均線が下値抵抗線とし意識され売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.75㌦高の265.33㌦となり買戻され、11:35には前日比0.75㌦高の265.33㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に265.28㌦を付け後、12:56には265.11㌦迄下げ幅拡大したが短期集中の移動平均線も収斂し目先の上値の重さが意識される一方、ワクチン接種進展による経済正常化への思惑から、売りにくさもあり週明けの亜細亜株高の機会損失をヘッジするための日本株買い即ち売仕掛解消の裁定解消買が入り、14:59には265.84㌦迄買い戻され、FOMCの様子見姿勢から持高調整が入り、15:00には前日比1.17㌦高の265.78㌦迄戻売され、大引けではオプション7月物は「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比1.20㌦高の265.78㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.76㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.23倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲10.17%、騰落レシオは98.35%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月11日


6月11日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均は続伸したが、日経平均、Topix先物と日経平均先物は反落。Topixは続落した。新興株11日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米CPIは上昇したがFRBにより金融緩和を急ぐ程ではないと受け止められ長期金利は低下したことを受け午前中は先物・オプション6月限の特別清算指数算出に絡んだ売買もある事から、ドル建て日経平均は9:00に265.38㌦を付けて寄付き開始したが9:04に264.55㌦を付け、9;15に265.38㌦迄買戻された後、売仕掛の裁定解消売が入り9:35に263.66㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、一時的に上回る場面があったことで、SQ値は「幻の高値」にならなかった安心感から、売仕掛解消の裁定解消買が入り10:19に265.84㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、インフレが高止まりしてもFRBは動意せずとの観測が走り為替動向で大規模オプションが値幅を制限されるとの憶測が影響し売仕掛の裁定解消売が入り11:09に264.32㌦迄下落し、11:30には前日比0.17㌦安の264.38㌦を付け戻売され、11:35には前日比0.15㌦安の264.40㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に264.56㌦を付け後、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)も確認したいとの声が聞かれ、売仕掛解消の裁定解消買が入り13:49には265.05㌦迄買戻されたが、リフレトレード等長期金利の上昇を見込んだ巨大機関投資家のトレードが大方閉じられ、買戻され持ち高解消の動きから米長期金利は一段と低下したのを受け、売仕掛の裁定解消売が入り持高調整も加わり、15:00には前日比0.03㌦高の264.58㌦迄戻売され、大引けではオプション7月物は「コール」と「プット」がともに総じて売られた状況で15:15には前日比0.03㌦高の264.58㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.18㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で42.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.19倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲7.93%、騰落レシオは96.32%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月10日


6月10日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均と日経平均、Topix先物と日経平均先物は反発。Topixは続落した。新興株10日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。長期金利の低下でハイテク株の一角が買われ、ナスダック総合指数は0.1%の下落に留まった。米景気の回復ペースが減速する懸念や米株安を背景に、ドル建て日経平均は9:00に262.74㌦を付けて寄付き開始したが同時刻に262.74㌦となり最安値更新を迎えた。国内での新型コロナワクチンの普及から先行き期待も根強くあり、米長期金利の低下を受けて、精密機器や電機、サービスなどの成長銘柄等に売仕掛解消の裁定解消買が入り11:04に264.80㌦を付け、11:30には前日比0.88㌦高の264.56㌦を付け戻売され、11:35には前日比0.88㌦高の264.56㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に264.18㌦を付け後、米CPIの発表を控えて持ち高調整が入り13:15に264.54㌦迄買戻されたが、インフレへの警戒を背景に金利が上昇する懸念から売仕掛の裁定解消売が入り13:40に264.12㌦迄下げ幅拡大したが、明日は先物・オプション取引6月限の特別清算指数算出(メジャーSQ)など.重要イベントが目自押しであることから、売仕掛解消の裁定解消買が入り14:59には264.60㌦迄買戻され持高調整が入り、15:00には前日比0.66㌦高の264.34㌦迄戻売され、大引けではオプション6月物は「コール」は買いが目立ち「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比0.87㌦高の264.55㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.06㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.21倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲8.04%、騰落レシオは102.97%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月9日


6月09日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均と日経平均は続落したが、Topix先物、日経平均先物とTopixは反落した。新興株09日の日経ジャスダック平均は小反落したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。あすに米消費者物価指数(CPI)の発表を控えて、インフレ加速が金融政策に与える影響が懸念され、ドル建て日経平均は9:00に264.03㌦を付けて寄付き開始したが同時刻に264.31㌦を付け最高値更新を迎え寄付き天井化した。これらの懸念から売仕掛の裁定解消売が入り朝方9:05に263.19㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、国内のワクチン接種加速による経済再開への期待から売仕掛解消の裁定解消買が入り9:23に264.22㌦迄下げ幅縮小。しかし米フィラデルフィア半導体指数の軟化を背景に続かず売仕掛の裁定解消売が入り10:31には263.43㌦迄下げ幅拡大したが、米国の渡航警戒レベル引き下げで、売仕掛解消の裁定解消買が入り10:59には264.15㌦迄買戻されたが上値が重く売仕掛の裁定解消売が入り11:29に263.73㌦迄下げ幅拡大したが、11:30には前日比0.89㌦安の263.78㌦を付け戻売され、11:35には前日比0.87㌦安の263.80㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に263.62㌦を付け後、米CPIの発表を控えて持ち高調整が入り12:41に263.88㌦迄買戻されたが、インフレへの警戒を背景に金利が上昇する懸念から売仕掛の裁定解消売が入り14:10に263.57㌦迄下げ幅拡大したが、米国でのアルツハイマー新薬承認が好感され「コロナ後」の回復が期待される銘柄群やコロナ以外で利益が出せるESG観点に着目した経営をする銘柄にも押目と見るや売仕掛解消の裁定解消買が入り14:28に263.85㌦迄買戻され持高調整が入り、15:00には前日比1.01㌦安の263.66㌦迄戻売され、大引けではオプション6月物は「コール」は売られ、「プット」は高安まちまちだった状況で15:15には前日比0.99㌦安の263.66㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.12㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.21倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲7.00%、騰落レシオは107.79%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月8日


6月08日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均と日経平均は反落したが、Topix先物、日経平均先物とTopixは続伸した。新興株08日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米国での重要イベントや週末のメジャーSQ(特別清算指数)算出を控える中で、ナスダック総合指数は上昇したのを受け、ドル建て日経平均は9:00に265.84㌦を付けて寄付き開始したが、売仕掛の裁定解消売が入り朝方9:02に265.14㌦迄下げ幅拡大したが、ナスダック総合指数が上昇したことを受け売仕掛解消の裁定解消買が半導体銘柄等に入り、9:18には266.62㌦迄上昇したが街角景気ウォッチャー調査で5月は2か月連続悪化を受け、売仕掛の裁定解消売が入り11:28には264.96㌦迄下げ幅拡大するが、11:30には前日比0.04㌦安の265.04㌦を付け戻売され、11:35には前日比0.07㌦安の265.01㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に264.52㌦を付け後再度裁定解消売りが入り12:48に264.17㌦を形成し最安値更新を迎えたが、米国でのアルツハイマー新薬承認が好感され「コロナ後」の回復が期待される銘柄群にも押目と見るや売仕掛解消の裁定解消買が入り13:33には265.18㌦迄下げ幅縮小するが上値が重く、l0日の5月米CPIを前に、様子見ムードが強く、方向感に欠ける動きに終始し売仕掛の裁定解消売が入り14:53に264.45㌦迄下げ幅拡大後、持高調整が入り、15:00には前日比0.53㌦安の264.55㌦迄買戻され、大引けではオプション6月物は「コール」、「プット」はともに売りが目立った状況で15:15には前日比0.41㌦安の264.67㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.45㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.24倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲8.16%、騰落レシオは107.45%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月7日


6月07日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、Topix先物、日経平均と日経平均先物は反発したがTopixは続伸した。新興株07日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。雇用統計で非農業部門の雇用者数が市場予想を下回り米国長期金利が低下し逆に米株が反発した事を好感して、ドル建て日経平均は9:00に266.52㌦を付けて寄付き開始したが、売仕掛解消の裁定解消買が入り朝方9:08に266.92㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎え5㌦付近まで上昇。「米国長期金利低下を受けFRBのテーパリング議論が後連れするとの懸念」から売仕掛の裁定解消売が入り上げ幅縮小し寄付き天井を付け、「陰線で大引けを迎えるのではとの懸念」を巨大機関投資家間でこれらの観測が高まり、再度売仕掛の裁定解消売が11:01迄入る事で264.43㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えた。しかし「お酒提供禁止でコロナ減少」という事実から「コロナの有効な感染を抑えながら経済活動はする」という政府の施策が功を奏したと解釈され売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比2.22㌦高の264.77㌦を付け買戻され、11:35には前日比2.22㌦高の264.77㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に265.08㌦を付け後、利益確定が入り12:49には264.86㌦迄下げ幅拡大したが、米国給付金が来年度不足する事で雇用が回復傾向になりテーパリング議論へ行く等の施策期待から再度売仕掛解消の裁定解消買が入り13:45には265.52㌦迄買戻されたが、日本の景気動向指数が弱含み上昇し且つ中国原油輸入悪化報道等を受け原油高が見込まれ円安から来る輸入代金上昇から来る懸念材料により売仕掛の裁定解消売が入り14:56に264.72㌦迄下げ幅拡大するがそうした中、今週には、5月米消費者物価指数(CPI)が、来週には米連邦公開市場委員会(FOMC)が控えているだけに、積極的に持高を傾ける向きは少なく、持高調整が入り、15:00には前日比2.44㌦高の264.99㌦迄買戻され、大引けではオプション6月物は「コール」、「プット」ともに売られた状況で15:15には前日比2.53㌦高の265.08㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.49㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.25倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲8.78%、騰落レシオは101.28%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月4日


6月04日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、Topix先物、日経平均と日経平均先物は反落したがTopixは続伸した。新興株04日の日経ジャスダック平均は小反落し、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に262.07㌦を付けて寄付き開始したが、良好な経済指標を受けて米長期金利がやや上昇を受けてナスダックの反落を重しに売仕掛の裁定解消売が入り朝方大幅下落となり9:19には260.85㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、米国テーパリング議論の最中、ワクチン普及による経済の正常化等の期待を支えに売仕掛解消の裁定解消買が入り11:25には262.54㌦を付け、11:30には前日比2.26㌦安の262.45㌦を付け買戻され、11:35には前日比2.29㌦安の262.42㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に262.94㌦を付け後、米雇用統計を受け市場予想には届かないが失業者が減少傾向との報道から12:31迄売仕掛解消の裁定解消買が入り268.07㌦を記録し最高値更新を迎えたが、日本設備投資が弱く2-3月期消費関連がコロナ中である事から弱いと推測され売仕掛の裁定解消売が入り14:10に261.99㌦迄下げ幅拡大したがドル円の上昇による債券市場がコロナ前までの改善を見せている事から非接触型事業構造銘柄に力点が入る事で業務再開期待を背景に売仕掛解消の裁定解消買が入り14:20に262.70㌦迄買戻されて14:48には262.33㌦迄下げ、揉合状況になり、15:00には前日比2.25㌦安の262.46㌦迄買戻され、大引けではオプション6月物は「コール」は総じて売られ「プット」は総じて買われた状況で15:15には前日比2.16㌦安の262.55㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.22㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.24倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲8.02%、騰落レシオは98.98%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月3日


6月03日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月03日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、Topix、日経平均、日経平均先物とTopix先物は続伸した。新興株03日の日経ジャスダック平均は続伸し、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は続伸した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は5月28日以来4営業日ぶりに265㌦を回復。9:00に263.62㌦を付けて寄付き開始したが、ユニクロの既存店売上が1年ぶりにマイナスとなったファーストリテイリングの大幅安を重しに売仕掛の裁定解消売が入り9:00に263.54㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え小安い場面となり売り一巡後、米株の小幅高やワクチン普及による正常化への期待等を背景に売仕掛解消の裁定解消買が入り9:57に265.96㌦を記録し最高値更新を迎えたが揉み合い上値が重い事から、売仕掛の裁定解消売が入り11:17に264.66㌦迄下げ幅拡大し、11:30には前日比1.13㌦高の264.94㌦を付け買戻され、11:35には前日比1.10㌦高の264.91㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に264.43㌦を付け後、米長期金利も米雇用統計を待ってテーパリングの行方に注目が集まり円安が追風でリスクオンの形をとる事で流動性高の円が売られ売仕掛解消の裁定解消買が入り13:06には265.20㌦迄買戻されるが続かず利確が入り13:30には264.88㌦迄下げ幅拡大するが揉み合い後、SOX指数上昇と政府の積極支援から半導体を含むハイテク銘柄に売仕掛解消の裁定解消買が入り14:06に265.13㌦迄買戻されるが今晩のISM製造業景況指数やADP雇用リポートなどを見極めたいとする思惑も強い事で売仕掛の裁定解消売が入り14:45には264.43㌦迄下げ幅拡げるがNY原油先物上昇を受け商社関連や株主還元を行う会社に市場評価が高くなり売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比0.93㌦高の264.74㌦迄買戻され、大引けではオプション6月物は「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比0.90㌦高の264.71㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.42㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.0%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.23倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲9.34%、騰落レシオは98.30%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月2日


6月02日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均とTopixは続伸したが、日経平均、日経平均先物とTopix先物は反発した。新興株02日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は続伸した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に262.42㌦を付けて寄付き開始したが、3連休明けのナスダック総合指数の小反落等を重しに売仕掛の裁定解消売が入り9:06に260.83㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、売り一巡後NYダウが続伸したことも影響し売仕掛解消の裁定解消買が入り11:25には264.15㌦迄買戻され、11:30には前日比0.90㌦高の264.11㌦を付け買戻され、11:35には前日比0.92㌦高の264.13㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に264.57㌦を付け後反動高で、同時刻に264.58㌦迄買戻され最高値更新を迎え一時265㌦に迫る勢いがあったが先行き不透明感から、売仕掛の裁定解消売が入り14:02には263.43㌦迄下げ幅拡大したが、欧米等の需要拡大による原油価格高騰から経済回復期待が発生し英国のネーションワイド住宅価格指数や米国ケースシラーが上昇し住宅インフレを観点に日本の不動産銘柄にも売仕掛解消の裁定解消買が入り14:38に264.07㌦迄下げ幅縮小したが続かず、先行き不透明感が際立ち売仕掛の裁定解消売が入り下げ幅拡大し、15:00には前日比0.65㌦高の263.86㌦迄買戻され、大引けではオプション6月物は「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比0.60㌦高の263.81㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.75㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.12倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲8.27%、騰落レシオは92.62%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月1日


6月01日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均とTopixは反発したが、日経平均、日経平均先物とTopix先物は続落した。新興株01日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は続伸した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に264.87㌦を付けて寄付き開始したが、SOX指数やオランダの半導体メーカーが上昇しOECDの世界経済見通しが上方修正されるなど世界景気の強さを信じて良いという流れや背景から景気敏感株や半導体銘柄に売仕掛解消の裁定解消買が入り9:01に265.57㌦となり最高値更新を迎え寄付き天井化した。英米市場が休場に加え、日本時間で今晩の5月米供給管理協会(ISM)製造業景況指数や週末の雇用統計といった重要な経済指標の発表を控えて巨大機関投資家は動きづらい事から売仕掛の裁定解消売が入り10:31には261.64㌦となり最安値更新を迎えたが、押し目狙いで売仕掛解消の裁定解消買が入り11:08には262.98㌦迄買戻されたが続かず売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比0.70㌦安の262.28㌦を付け戻売され、11:35には前日比0.72㌦安の262.26㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に262.74㌦を付け後反動安で押目と見て、12:39の262.98㌦迄買戻されたが政府が新型コロナウイルスワクチンの職場や大学での接種を始める方針を示し、コロナ禍で買われてきた成長株の重荷となった事で売仕掛の裁定解消売が入り13:32には262.30㌦迄下げ幅拡大したが、台湾TSMC社が日本で先端半導体の実装技術開発との報道や中国鉄鉱石先物が急騰した報道を受け、売仕掛解消の裁定解消買が入り13:50に263.55㌦迄買戻されたが、日本の感染状況が落ち着かない事から売仕掛の裁定解消売が入り14:56に262.80迄下げ幅拡大し、15:00には前日比0.23㌦高の263.21㌦迄買戻され、大引けではオプション6月物は「プット」は買われ、「コール」は総じて売られた状況で15:15には前日比0.23㌦高の263.21㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.93㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.0%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.98倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲6.93%、騰落レシオは96.63%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月31日


5月31日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月31日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は反落した。新興株31日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は続伸した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に264.05㌦を付けて寄付き開始したが、SOX指数やオランダの半導体メーカーが上昇している背景からワクチン接種会場を提供しているTKPや半導体銘柄に売仕掛解消の裁定解消買が入り9:07に265.17㌦となったが上値が重くなり月末アノマリーも発生し、最終日月末持高調整が起こり、売仕掛の裁定解消売が入り10:45に263.47㌦を付けるが押目と見て、11:30には前日比1.53㌦安の263.82㌦を付け買戻され、11:35には前日比1.50㌦安の263.85㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に263.11㌦を付け後、今晩の米市場がメモリアルデーの祝日で休場となる事もあり持高調整が入り米長期金利は低下した事から売仕掛の裁定解消売が入り13:59に262.55㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、押目と見て14:30に263.28㌦迄買戻されたが、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比2.35㌦安の263.00㌦迄買戻され、大引けではオプション6月物は「プット」は買われ、「コール」は売られた状況で15:15には前日比2.37㌦安の262.98㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.62㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.95倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲7.58%、騰落レシオは87.81%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月28日


5月28日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は反発した。新興株28日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は続伸した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に263.32㌦を付けて寄付き開始したがMSCIイベント通過後の売仕掛の裁定解消売が入り9:08に263.03㌦となり最安値更新を迎えたが、ファンダメンタルに加え外部環境を満たし為替は追風となり予想EPSが2,000円超に達し大規模接種後の経済回復期待から来る背景を基に、売仕掛解消の裁定解消買が入り11:23に265.10㌦となり、11:30には前日比3.24㌦高の264.98㌦を付け買戻され、11:35には前日比3.24㌦高の264.98㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に265.32㌦を付け後、トヨタ世界販売増や日銀ETF買い必要と報道され売仕掛解消の裁定解消買が入り14:10には265.69㌦を付けたが半導体減少で売仕掛の裁定解消売が入り14:48に265.15㌦迄下げ幅拡大したが東京都が百貨店営業緩和を打ち出すと報道され売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比3.51㌦高の265.25㌦迄買戻され、大引けではオプション6月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売りが目立った状況で15:15には前日比3.51㌦高の265.25㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.66㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で35.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.13倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲10.75%、騰落レシオは86.60%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月27日


5月27日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均、とTopixは反落したが、Topix先物及び日経平均先物は続落した。新興株27日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。緊急事態宣言の延長に関連したヘッドラインで、ドル建て日経平均は9:00に261.48㌦を付けて寄付き開始したが9:04に261.85㌦を付け、最高値更新を迎え寄付天井となった後、売仕掛の裁定解消売が入り10:15に259.75㌦となり最安値更新を迎えた。しかし260㌦を割った事で値頃感が派生し売仕掛解消の裁定解消買が入り前場引け直前で261㌦迄下げ幅縮小し、11:30には前日比2.35㌦安の260.85㌦を付け買戻され、11:35には前日比2.37㌦安の260.83㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に261.07㌦を付け後、NBI・SOX指数上昇を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り、12:41に261.73㌦迄上げ幅拡大するがMSCIのリバランスに配慮した売仕掛の裁定解消売が入り14:14には260.79㌦迄利益確定も含め下げ幅拡大したが、日本国内でも6月以降にワクチン接種のスピードが上がり経済再開が意識されると日本株も買われる展開を巨大機関投資家の中では想定する者もいる事から売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比1.46㌦安の261.74㌦迄買戻され、大引けではオプション6月物は「コール」、「プット」ともに売られた状況で15:15には前日比1.46㌦安の261.74㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.10㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.85倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲4.45%、騰落レシオは81.37%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月26日


5月26日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均、とTopixは続伸したが、Topix先物及び日経平均先物は反落した。新興株26日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は反落したがSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。米国経済指標が市場予想を下回った事で小幅に反落した流れから、ドル建て日経平均は9:00に261.04㌦を付けて寄付き開始したが同時刻に261.04㌦を付け、最安値更新を迎え寄付き安値となった。時間外の米株価指数先物が堅調傾向を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り9:43には263.93㌦を付けた事で最高値更新を迎え寄付き天井となったが継続できず、ワクチン効果が出てもマイナス経済効果が地銀等に影響し易いと考える巨大機関投資家が多い事から売仕掛の裁定解消売が入り11:15には262.05㌦迄下げ幅拡大したが押目買いが入り、11:30には前日比0.51㌦高の263.07㌦を付け買戻され、11:35には前日比0.49㌦高の263.05㌦を付け終了した。午後に入ると中国規制拡大で値嵩ハイテク株(中国)売に対しSOX指数上昇を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り日本買が行われ14:43に263.71㌦を付け、263㌦を上回った後は売仕掛の裁定解消売が入り14:59に263.18㌦迄下げ幅拡大するが巣籠需要増から値嵩ハイテク株やゲーム及びリート等の銘柄に売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比0.71㌦高の263.27㌦迄買戻され、大引けではオプション6月物は「コール」、「プット」ともに売りが優勢だった状況で15:15には前日比0.64㌦高の263.20㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.89㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で42.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.91倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲5.43%、騰落レシオは85.00%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月25日


5月25日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均、TopixとTopix先物は続伸したが、日経平均先物は反発した。新興株25日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は反落したがSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に261.98㌦を付けて寄付き開始したが9:03に261.45㌦を付け最安値更新を迎えたが、ビットコインの反発や米長期金利低下を背景に米株高を好感。この流れから売仕掛解消の裁定解消買が入り10:05には262.87㌦を付け最高値更新を迎えたが続かず利益確定等に押され売仕掛の裁定解消売が入り10:30には262.34㌦を付けたが押目買いが入ることで売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比1.61㌦高の262.48㌦を付け買戻され、11:35には前日比1.58㌦高の262.45㌦を付け終了した。午後に入ると大規模ワクチン接種期待から12:30に262.64㌦で寄付後、米が日本への渡航禁止と伝わり売仕掛の裁定解消売りが入り13:33には261.92㌦迄戻売されたが続かず、261㌦を上回った後はSOX指数上昇や巣籠需要増から値嵩ハイテク株やゲーム及び楽器等の銘柄に売仕掛解消の裁定解消買が入り14:33には262.55㌦を付けたが上値が重く売仕掛の裁定解消売が入り14:53に262.27㌦を付けるが大量ワクチン接種効果期待から裁定買等を含む買戻しが手伝い、15:00には前日比1.67㌦高の262.54㌦迄買戻され、大引けではオプション6月物はコールが買われ、プットは売られた状況で15:15には前日比1.69㌦高の262.56㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.42㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.89倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲4.48%、騰落レシオは88.15%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月24日


5月24日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均、TopixとTopix先物は続伸したが、日経平均先物は反落した。新興株24日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は反落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に259.04㌦を付けて寄付き開始し安値は259.04㌦を同時刻に付け最安値更新を迎えたが、欧米で製造業PMIが良好だったことから恩恵が受け易いと捉えられ、売仕掛解消の裁定解消買が入り9:19に262.43㌦となり回復後最高値更新を迎えたが、寄付天井化し仮想通貨も安く資源高でネット関連個人情報流出問題もネット関連企業で発生しSOX指数下落公表等から経済効果が危ぶまれ売仕掛の裁定解消売が半導体やハイテク関連に入り10:15に260.11㌦を付け、11:30には前日比0.07㌦高の260.55㌦を付け買戻され、11:35には前日比0.04㌦高の260.52㌦を付け終了した。午後に入ると大規模ワクチン接種期待から12:30に261.25㌦で寄付後、売仕掛解消の裁定解消買が入り12:32には261.50㌦迄買戻されたが続かず、261㌦を上回った後は悪材料出尽くし感が拭えない為、売仕掛の裁定解消売が入り14:24には260.61㌦を付け14:30に260.87㌦を回復した事が最後に、再度売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比0.27㌦高の260.75㌦迄買戻され、大引けではオプション6月物は「コール」、「プット」ともに売りが目立った状況で15:15には前日比0.39㌦高の260.87㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.39㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で42.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.83倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽0.53%、騰落レシオは88.42%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月21日


5月21日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均、Topix、Topix先物と日経平均先物は続伸した。新興株21日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。イスラエルとハマスが停戦で原油市場では停戦且つ和平の動きがあり米国長期金利低下に加え急落したビットコインが上昇し、米株が反発したことを受け、ドル建て日経平均は9:00に259.68㌦を付けて寄付き開始し安値は259.41㌦を同時刻に付けたが、売仕掛解消の裁定解消買が入り9:38に261.03㌦を回復後最高値更新を迎えたが、沖縄迄非常事態宣言が政府により公表され経済効果が危ぶまれ売仕掛の裁定解消売が入り11:16に259.02㌦を付け、11:30には前日比1.74㌦高の259.30㌦を付け買戻され、11:35には前日比1.72㌦高の259.28㌦を付け最安値更新を迎え終了した。午後に入ると12:30に259.48㌦で寄付後13:20には260.10㌦迄買戻されたが、モデルナとアストラゼネカのワクチンを厚生労働省が正式に認可と報道され、さらに米国金利が低下、フィラデルフィア半導体株指数(SOX)の上昇に加え、「米モデルナがワクチンの国内生産を検討」を受け、売仕掛解消の裁定解消買が入り13:50に260.59㌦迄上げ幅拡大し上値が重くなり続かず売仕掛の裁定解消売が入り14:55に260.10㌦迄下げ幅拡大するが量的緩和縮小に降らされた一週間で14日の下げの値固めが発生し台湾加権指数も戻り香港反発を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比2.88㌦高の260.44㌦迄買戻され、大引けではオプション6月物は総じてコールが買われ、プットは売られた状況で15:15には前日比2.92㌦高の260.48㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.01㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.79倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲1.92%、騰落レシオは86.60%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月20日


5月20日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均、Topix、Topix先物と日経平均先物は反発した。新興株20日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は反落したがSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。値幅調整が一巡し日柄調整へと進行し相場化している。米長期金利が伸び悩み円高になり米中の政策報道によりビットコインが急落でリスク回避から、ドル建て日経平均は9:00に255.15㌦を付けて寄付き開始したが売仕掛の裁定解消売が入り同時刻には254.63㌦となり最安値更新を迎えた。欧米株安を受けて朝方一時売仕掛解消の裁定解消買が入り9:36には257.84㌦を付けたが10:21には255.50㌦迄下げ幅拡大したが255㌦で踏み止まり売仕掛解消の裁定解消買が入り10:49に257.38㌦迄買戻されたが続かず、11:30には前日比0.70㌦安の256.80㌦を付け戻売され、11:35には前日比0.70㌦安の256.80㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に257.35㌦で寄付後12:34には257.55㌦迄買戻されたが、上値の重たさより売仕掛の裁定解消売が入り12:50に256.86㌦迄下げ幅拡大したが、世界的インフレ懸念は拭えないがSOX指数が上昇し、半導体銘柄に将来性が出てきたことに加え、FOMC議事録から売仕掛解消の裁定解消買が入り14:31に258.17㌦迄上昇し最高値更新を迎えたが、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比0.01㌦安の257.49㌦迄買戻され、大引けではオプション6月物は「コール」に買いが目立ったが「プット」は売られた状況で15:15には前日比0.06㌦高の257.56㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.54㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.92倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽1.18%、騰落レシオは87.98%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

       

5月19日


5月19日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均、Topix、Topix先物と日経平均先物は反落した。新興株19日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は反落したがSOX指数は続落した。新元号が「令和」と制定。材料高で米住宅着工件数が市場予想以上に減少して米株が続落。コロナ感染状況やワクチン接種の進捗を含めて、経済が正常化に向かう国に比べて日本が出遅れ鮮明から、ドル建て日経平均は9:00に257.49㌦を付けて寄付き開始したが売仕掛の裁定解消売が入り9:08には255.62㌦迄下げ幅拡大したがワクチンを接種したものによるインバウンド需要が回復したとするならば経済の回復に効果があり、さらに予想1株利益が高状況下と見る巨大機関投資家の間で売仕掛解消の裁定解消買を入れるものもいる事から10:13には258.82㌦迄買戻されるも続かず売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比3.31㌦安の257.04㌦を付け戻売され、11:35には前日比3.31㌦安の257.04㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に256.67㌦で寄付後、押目と捉え売仕掛解消の裁定解消買が入り13:08に257.28㌦迄買戻されるが米株先物が軟調な動向から売仕掛の裁定解消売が入り13:49に255.61㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、世界的インフレ懸念は拭えないがFOMCへの期待から売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比2.90㌦安の257.45㌦迄買戻され、大引けではオプション6月物は「コール」は総じて売られ「プット」は総じて買われた状況で15:15には前日比2.85㌦安の257.50㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.20㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で47.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.94倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽1.18%、騰落レシオは87.38%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月18日


5月18日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均、Topix、Topix先物と日経平均先物は反発した。新興株18日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は反発したがSOX指数は反落した。新元号が「令和」と制定。米株3日ぶり小反落。国内の1-3月期GDP速報値は三四半期ぶりのマイナス成長でしたが、新型コロナウイルス感染が拡大していた台湾の株価指数が大幅高になる中で米国株の先物も反発し、日本株にも値ごろ感が強まり、ドル建て日経平均は9:00に255.71㌦を付けて最安値更新を迎え、外国人巨大機関投資家の中では予想1株利益が高状況下にある事により、売仕掛解消の裁定解消買が入り11:05には260.94㌦を付け最高値更新を迎えたが、11:30には前日比5.51㌦高の260.19㌦を付け戻売され、11:35には前日比5.51㌦高の260.19㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に260.41㌦で寄付揉合後、12:09には260.76㌦迄買戻されたが続かず売仕掛の裁定解消売が入り13:25には259.78㌦になり場中安値を迎えたが、台湾の大幅反発も支えになりその他の亜細亜市場も全面高を頼りに売仕掛解消の裁定解消買が上場来高値を付けた不動産株や建設等の銘柄に入り14:30に260.86㌦迄買戻され、15:00には前日比5.64㌦高の260.32㌦迄買戻され、大引けではオプション6月物は「コール」に買いが目立ち、「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比5.67㌦高の260.35㌦迄買戻され引けた。高安値幅は5.23㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.95倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲2.54%、騰落レシオは84.75%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月17日


5月17日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均、Topix、Topix先物と日経平均先物は反落した。新興株17日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。米株続伸を受けて、ドル建て日経平均は9:00に258.75㌦を付け後、9:00に258.77㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎え寄付き天井化した後、外国人巨大機関投資家の中では予想1株利益が高状況下にある事で現時点では、悪いインフレではないが、これからコスト高や抑えられていた需要がワクチン接種後一気に回復することで、需要爆発と供給不足、賃金も上昇すれば、警戒すべきインフレにつながるリスクを背負っていると考える者もいる事から売仕掛の裁定解消売が入り9:44には254.73㌦迄下幅拡大するが10:12には切返し256.10㌦迄買戻されるが昨今米国でのCPI報道から「米CPIショック」は日米の市場関係者に、米経済がインフレに直面するというシナリオでは、米国以上に日本が打撃を受けかけないというリスクに目を向けさせた事に着目し、コロナ感染拡大のマイナス効果で内需の打撃が大きくなり、日本経済は2四半期連続のマイナス成長になりそうだとの予想も、一部のエコノミストから出たのを受けさらに売仕掛の裁定解消売が入り11:29には253.70㌦迄下げ幅拡大し、11:30には前日比2.74㌦安の253.78㌦を付け戻売されたが、11:35には前日比2.74㌦安の253.78㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に253.30㌦で寄付揉合後、売仕掛の裁定解消売が入り12:31に252.83㌦になり最安値更新を迎えたが、大引け直前で中国株や香港市場が上昇で終了を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り14:10には254.76㌦迄買戻されたが商品市況上昇に加え一部サービス価格の逼迫から金利上昇懸念が発生し速度調整でグロース売り後のシクリカル買いで任天堂が上がったが新型コロナウイルスの変異種対策や週末にかけての円高受け、15:00には前日比2.02㌦安の254.50㌦迄戻売され、大引けではオプション6月物はコールは売られ、プットは買われた状況で15:15には前日比1.84㌦安の254.68㌦迄戻売され引けた。高安値幅は5.94㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.48倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽3.73%、騰落レシオは84.86%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月14日


5月14日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均、Topix、Topix先物と日経平均先物は反発した。新興株14日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。米長期金利の上昇が一服し、投資家の不安が和らいだ。米失業保険申請件数が予想以上に減少し経済再開が進む期待も出たことから、ドル建て日経平均は9:00に253.16㌦を付け後、売仕掛解消の裁定解消買が入り9:17に255.17㌦迄上げ幅拡大した後、外国人巨大機関投資家は株価が高い段階での益出しを誘引されやすく、もともと5月は彼らが6月中間決算を控え、調整売りが出やすい時期が到来した為、売仕掛の裁定解消売が入り9:32には252.98㌦迄下げ幅拡大するが10:01には254.66㌦迄買戻されるが続かず、10:50には253.44㌦を付け後インフレ懸念が弱体化した事から売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比4.63㌦高の254.95㌦を付け買戻されたが、11:35には前日比4.63㌦高の254.95㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に255.76㌦で寄付揉合後、売仕掛の裁定解消売が入り12:40に255.36㌦を付け後、米株先物も上昇し台湾株も5日ぶりの反発を迎え売仕掛解消の裁定解消買が入り14:15には256.91㌦を付け最高値更新を迎えたが続かず、日足で罫線図では三尊天井割れを形成しボリンジャーバンドでー3σを形成した事から売仕掛解消の裁定解消買が入り14:59に256.63㌦迄買戻し後、15:00には前日比6.18㌦高の256.50㌦迄戻売され、大引けではオプション6月物ではコールは買われ、プットは売られた状況で15:15には前日比6.20㌦高の256.52㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.93㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.40倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽1.15%、騰落レシオは80.61%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月13日


5月13日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均、Topix、Topix先物と日経平均先物は続落した。新興株13日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。米の4月CPIが市場予想を上回って長期金利上昇しインフレ加速による警戒で米株が3日続落した事を重しに、ドル建て日経平均は9:00に254.71㌦を付け後、朝方に売仕掛解消の裁定解消買が入り254.98㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎え寄付き天井化した後、外国人巨大機関投資家は株価が高い段階での益出しを誘引されやすく、もともと5月は彼らが6月中間決算を控え、調整売りが出やすい時期が到来した為、売仕掛の裁定解消売が入り11:10には251.37㌦迄下げ幅拡大するが買戻され、11:30には前日比6.58㌦安の252.08㌦を付け買戻されたが、11:35には前日比6.56㌦安の252.10㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に252.58㌦で寄付揉合後、12:33に253.01㌦を付け後、売仕掛の裁定解消売が入り14:29に249.77㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、ミニオプションSQ前の木曜日で転換点となりやすいため、14:40には250.79㌦迄買戻されるが続かず、日足で罫線図では三尊天井割れを形成した事から15:00には前日比8.46㌦安の250.20㌦迄戻売され、大引けではオプション5月物ではコールが売られ、プットは買われた状況で15:15には前日比8.34㌦安の250.32㌦迄戻売され引けた。高安値幅は5.21㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で47.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.39倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽8.11%、騰落レシオは78.85%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月12日


5月12日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均、Topix、Topix先物と日経平均先物は続落した。新興株12日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。前日にドル建て日経平均が8.50㌦を超す急降下を演じた後であるため、時価水準では底堅く推移し、ドル建て日経平均は9:00に264.11㌦を付け後、朝方9:06に売仕掛解消の裁定解消買が入り265.23㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎え寄付き天井化した後、外国人巨大機関投資家は株価が高い段階での益出しを誘引されやすく、もともと5月は彼らが6月中間決算を控え、調整売りが出やすい時期が到来した為、売仕掛の裁定解消売が入り9:48には260.56㌦迄下げ幅拡大するが10:30には262.16㌦迄買戻され、11:30には前日比1.43㌦安の261.27㌦を付け戻売されたが、11:35には前日比1.46㌦安の261.24㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に260.37㌦で寄付揉合後、12:31に260.49㌦を付け後、米消費者物価指数(CPI)の発表を控えて米国株式市場の大幅下落が懸念されているほか、台湾株式市場の急落に加えオプションSQ前の水曜日で売買代金増が売り材料として重なったため売仕掛の裁定解消売が入り13:45に256.23㌦になり最安値更新を迎えたが、下値目安として257㌦が岩盤との観測を持つ巨大機関投資家がいる事から売仕掛解消の裁定解消買を入れる者もおり、14:30には259.25㌦迄買戻されるが続かず、15:00には前日比4.09㌦安の258.61㌦迄戻売され、大引けではオプション5月物ではコールが売られ、プットは買われた状況で15:15には前日比4.04㌦安の258.66㌦迄戻売され引けた。高安値幅は9.00㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で48.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per17.77倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽0.94%、騰落レシオは85.10%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月11日


5月11日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均、Topix、Topix先物と日経平均先物は反落した。新興株11日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米ナスダック総合指数の大幅安を切っ掛けに、ドル建て日経平均は9:00に268.63㌦を付け後、朝方9:03に269.15㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎え寄付き天井化した後、売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比7.58㌦安の263.62㌦を付け戻売されたが、11:35には前日比7.56㌦安の263.64㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に262.90㌦で寄付揉合後、12:38に263.00㌦を付け後、台湾株が下落しTSMCが弱く、世界中のインフレに対する警戒感のために、売仕掛の裁定解消売が入り13:49に262.23㌦迄下げ幅拡大し「半導体やハイテク銘柄に売りが集中しレンジの下限にきて最安値更新を迎えたが、決算シーズンが進む中で、日経平均の株価収益率は下がってきており、割高感は解消されつつある。決算が出そろえば、相場も仕切り直しとなるだろう」という観測から売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比8.36㌦安の262.84㌦迄戻売され、大引けではオプション5月物では総じてコールが売られ、プットが買われた状況で15:15には前日比8.50㌦安の262.70㌦迄戻売され引けた。高安値幅は6.92㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で47.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per17.77倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲3.89%、騰落レシオは88.55%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月10日


5月10日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均、Topix、Topix先物と日経平均先物は続伸した。新興株10日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。朝方のコロナ再拡大で僅かに下げる場面もあったが米株高決算などを手掛かりに、ドル建て日経平均は9:00に270.58㌦を付け後、朝方に270.29㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えた後、売仕掛解消の裁定解消買が入り10:15には272.60㌦迄買戻され最高値更新を迎え跳ね返されています。11:30には前日比2.97㌦高の271.91㌦を付け戻売されたが、11:35には前日比3.05㌦高の271.99㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に271.43㌦で寄付揉合後、12:31に271.72㌦を付け後売仕掛の裁定解消売が入り14:13に270.92㌦迄下げ幅拡大し14:29には271.60㌦迄戻すも持高調整が入り、15:00には前日比2.31㌦高の271.25㌦迄戻売され、大引けではオプション5月物ではコールは買いが目立ち、プットは売られた状況で15:15には前日比2.26㌦高の271.20㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.61㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.0%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per18.48倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲13.61%、騰落レシオは90.80%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月7日


5月07日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均、Topix、Topix先物と日経平均先物は続伸した。新興株06日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。昨日急伸した後、朝方9:24に0.14㌦安の268.24㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えた後、米株高等を支えに売仕掛解消の裁定解消買が入り10:33には269.88㌦迄買戻され最高値更新を迎え一時1.50㌦以上になったが上値は重く270㌦手前で跳ね返されています。11:30には前日比1.17㌦高の269.55㌦を付け戻売されたが、11:35には前日比1.12㌦高の269.50㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に269.18㌦で寄付揉合後、世界経済が市場回復期待で素材関連に売仕掛解消の裁定解消買が入り14:26には269.47㌦を付けるも、米雇用統計を今晩に控えていることから、様子見ムードが台頭し持高調整が入り14:54に268.93㌦迄下げ幅拡大した後、一時14:59に269.24㌦迄買戻され持高調整が入り、15:00には前日比0.73㌦高の269.11㌦迄戻売され、大引けではオプション5月物では「コール」、「プット」はともに値下がりが目立った状況で15:15には前日比0.56㌦高の268.94㌦迄買戻され268㌦維持で引けた。高安値幅は1.64㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per19.31倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲12.12%、騰落レシオは84.49%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月06日


5月06日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均、Topix、Topix先物と日経平均先物は反発した。新興株06日の日経ジャスダック平均は反発したが、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数上昇したがCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。連休明けで、今朝のドル建て日経平均では9:00に265.76㌦で寄付後、日本の需給要因で売られ9:02に265.28㌦をつけ最安値更新を迎えたが、NYダウ等が2週間ぶりに最高値になった事を手掛かりに信託部門の持高調整終了と捉えた巨大機関投資家の中で市況改善から世界の景気回復からくる円安傾向を観測したものが景気敏感株中心に幅広い銘柄に売仕掛解消の裁定解消買を入れた事から269.18㌦を11:00に達成させる事が出来、さらに最高値更新を迎え、上げ幅としては4㌦越え達成で4.41㌦となった。11:30には前日比4.15㌦高の268.92㌦を付け買戻されたが、11:35には前日比4.10㌦高の268.87㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に267.96㌦で寄付後、買戻しを一巡した巨大機関投資家の中では為替が円安方向で押目と見て裁定買が入り12:39に268.26㌦迄買戻されるが、首都圏での緊急事態宣言延長懸念やオリンピック開催問題等により売仕掛の裁定解消売が入り14:00には267.51㌦迄下げ幅拡大するが、ワクチン接種効果期待と世界景気回復効果観測により為替で円安効果となり売仕掛解消の裁定解消買が入り14:59に268.52㌦迄回復し、持高調整が入り、15:00には前日比3.51㌦高の268.28㌦迄戻売され、大引けではオプション5月物ではコールが売られ、プットが総じて買われた状況で15:15には前日比3.61㌦高の268.38㌦迄買戻され268㌦維持で引けた。高安値幅は3.90㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per19.30倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲12.01%、騰落レシオは82.02%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月30日


4月30日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均だけは続落したが、日経平均、Topix、Topix先物と日経平均先物は反落した。新興株30日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。大型連休の谷間で、今朝のドル建て日経平均では9:00に266.26㌦で寄付後、米GDPの伸びが年率6.4%である事から売仕掛解消の裁定解消買が入り同時刻に266.73㌦を付け最高値更新を迎え寄付き天井となった。しかし市場を上回る数字を決算発表で出せた銘柄に資金が入るだけなので決算材料を手掛かりに売仕掛の裁定解消売が入り一時9:11に265.21㌦迄下げ幅拡大するが10:11には266.17㌦迄買戻されたが続かず11:26には265.69㌦迄下げ幅拡大した後、押目買いが入り、11:30には前日比0.95㌦安の265.84㌦を付け買戻されたが、11:35には前日比0.97㌦安の265.82㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に265.57㌦で寄付後、巨大機関投資家の中では押目と見て裁定買が入り13:00に265.71㌦迄買戻されるが国内では明日から5連休となり海外での経済指標の報道懸念から空白リスクを嫌気した売仕掛の裁定解消売が入り手仕舞い行動に繋がり亜細亜市場も総じて軟調で米長期金利が上昇してきた事から連休明けで中小型銘柄に資金が入りづらいというアノマリーを気にするものもいる事から14:33には264.29㌦迄下げ幅拡大した後、15:00には前日比2.00㌦安の264.79㌦迄戻売され、大引けではオプション5月物では総じてコールが売られ、プットが買われた状況で15:15には前日比2.02㌦安の264.77㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.44㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で42.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per20.47倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲6.7%、騰落レシオは82.96%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月28日


4月28日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均だけは反落したが、日経平均、Topix、Topix先物と日経平均先物は反発した。新興株28日の日経ジャスダック平均は続落したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ダウ市場が安く、今晩のFOMCとバイデン米大統領の演説に加えて日本市場は休場である事を受け、今朝のドル建て日経平均では9:00に266.09㌦で寄付後、売仕掛の裁定解消売が入り9:01に265.59㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え9:30迄揉合展開を迎えたが、緊急事態宣言と株価の関係を考えると、宣言が出てからの方が悪材料出尽くしで上昇し易い傾向はもともとあると考える巨大機関投資家がいる事から売仕掛解消の裁定解消買を入れる者もいて11:22に267.54㌦を付け前場引け直前高値を形成し、11:30には前日比0.56㌦安の267.46㌦を付け買戻されたが、11:35には前日比0.59㌦安の267.43㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に267.14㌦で寄付後、巨大機関投資家の中では3月末あたりのピーク時比較で米長期金利上昇が低下し続けてきた状態が支えとなり為替の円安における底入れ感が見えそうだと解釈した事で切返し、売仕掛解消の裁定解消買が入り14:36に267.77㌦迄上昇し最高値更新を迎えたが、海外市場は休まず日本市場休場を受け、連休前持高調整入り目的による売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比1.13㌦安の266.89㌦迄買戻されたが、大引けではオプション5月物では総じてコール、プットともに売られた状況で15:15には前日比1.23㌦安の266.79㌦迄買戻され266㌦台維持の形で引けた。高安値幅は2.18㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で42.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per21.25倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲9.44%、騰落レシオは89.25%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月27日


4月27日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均と日経平均、Topix、Topix先物と日経平均先物は反落した。新興株27日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。米国市場ではナスダックにおいて2か月ぶりで最高値を迎えグロース復活かと思われたがダウ下落や大型連休前に加え、決算発表で市場予想に届かない銘柄が多い事から、米ハイテク株高や一服した円高・ドル安相場を支援村料に今朝のドル建て日経平均では9:00に269.66㌦で寄付後、売仕掛解消の裁定解消買が入り同時刻に269.77㌦を付け最高値更新を迎え寄付き天井となり小幅ながらも上昇して開始。しかし市場予想に届かず決算発表で利確が入る銘柄が多い事から売仕掛の裁定解消売が入り11:29に268.02㌦迄下幅拡大し、11:30には前日比2.18㌦安の268.03㌦を付け買戻されたが、11:35には前日比2.15㌦安の268.06㌦を付け268㌦台以上維持で終了した。午後に入ると12:30に268.16㌦で寄付後日銀のETF買い期待が投資家心理の支えとなり切返し、売仕掛解消の裁定解消買が入り13:28に268.91㌦迄上げたが、4月17日からの下落分に相当する窓埋め出来ず上値が重く出かけにくいGWで且つ米国でのイベントも控えていて亜細亜市場も軟調さに加え今後の決算を前にした警戒心が一層高まった事を巨大機関投資家間で共有する者もいる事から売仕掛の裁定解消売が入り268㌦台を割れ、15:00には前日比2.29㌦安の267.92㌦迄買戻され最安値更新を迎えたが、大引けではオプション5月物では総じてコールが売られ、プットが買われた状況で15:15には前日比2.19㌦安の268.02㌦迄買戻され268㌦台維持の形で引けた。高安値幅は1.85㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per21.26倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲9.04%、騰落レシオは83.37%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月26日


4月26日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均と日経平均、Topix、Topix先物と日経平均先物は反発した。新興株26日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。景気指標が改善し実施されるのに上院下院の関係から増税が当面先になるとの観測により米株高で反発になった。この流れから今朝のドル建て日経平均では9:00に269.70㌦で寄付後、売仕掛の裁定解消売が入り9:19には267.95㌦を付け、最安値更新を迎えたが、企業向けサービス価格指数改善を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り10:48には270.58㌦を付け11:19には269.79㌦迄利益確定が入るが再度見直し裁定買が入る事で、11:30には前日比1.19㌦高の270.12㌦を付け買戻されたが、11:35には前日比1.14㌦高の270.07㌦を付け268㌦台以上維持で終了した。午後に入ると12:30に270.53㌦で寄付後一時的に安くなるも、台湾や韓国などアジア株式相場の上昇が投資家心理の支えとなり切返し、売仕掛解消の裁定解消買が入り13:06に271.53㌦迄上げ最高値更新を迎えたが、272㌦台からは4月17日からの下落分に相当する窓埋め出来ず上値が重い事から転換暗示の十字足が示現し売仕掛の裁定解消売が入り14:30には270.46㌦迄下げ幅拡大したが半導体好決算や連休明けの感染予防効果での肺炎減少やワクチン接種効果期待から14:52迄に売仕掛解消の裁定解消買が入り今後の予定から様子見が入り罫線図では日足で上値切下げで且つ下値切上げの三角保合故、持高調整を入れる巨大機関投資家もいる事から、15:00には前日比1.33㌦高の270.26㌦迄買戻され、大引けではオプション5月物ではコールは買われ、プットは売られた状況で15:15には前日比1.28㌦高の270.21㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は3.58㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per21.48倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲10.69%、騰落レシオは83.37%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月23日


4月23日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均と日経平均、Topix、Topix先物と日経平均先物は反落した。新興株23日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数が上昇したがCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。週末のドル建て日経平均株価は反落となり後場の高値圏で終えた格好です。キャピタルゲイン課税の増税が伝わったことにより米株が反落。これらを受け今朝のドル建て日経平均では9:00に268.02㌦で寄付後、売仕掛の裁定解消売が入り9:06には266.64㌦を付け、最安値更新を迎えたが、亜細亜市場や時間外の米株価指数先物も崩れていなかった事もあり売仕掛解消の裁定解消買が入り10:15に269.06㌦を付けるが10:33に268.16㌦迄下げ10:50には269.06㌦迄買われ11:16には268.33㌦迄下げ幅拡大し揉み合うが、11:30には前日比1.75㌦安の268.51㌦を付け買戻されたが、11:35には前日比1.75㌦安の268.51㌦を付け268㌦台維持で終了した。午後に入ると12:30に268.26㌦で寄付後13:01に268.13㌦迄下げたが、底値が堅い事から巨大機関投資家もポジションをニュートラルにしておこうとする買戻しの動きを取らざるを得なかったため、再度売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比1.26㌦安の269.00㌦迄買戻され、大引けではオプション5月物では「コール」が売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比1.33㌦安の268.93㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は2.42㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per21.72倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲9.79%、騰落レシオは83.10%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月22日


4月22日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均と日経平均、Topix、Topix先物と日経平均先物は反発した。新興株22日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数が上昇したがCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米株3日ぶり反発を受け今朝のドル建て日経平均では9:00に267.34㌦で寄付後、利益確定より9:18には266.55㌦を付け最安値更新を迎えたが、オランダの半導体製造装置会社の大幅反動高を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り11:23には269.61㌦を付け、11:30には前日比5.45㌦高の269.51㌦を付け買戻されたが、11:35には前日比5.43㌦高の269.49㌦を付け上幅拡大で終了した。午後に入ると日銀のETF買も支えに12:30に269.45㌦で高く寄付後12:49に268.89㌦迄下げたが、底値が堅くハイテク銘柄や半導体銘柄の底力から巨大機関投資家もポジションをニュートラルにしておこうとする買戻しの動きを取らざるを得なかったため、再度売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比6.15㌦高の270.21㌦迄買戻され、大引けではオプション5月物ではコールは総じて買われた状況で15:15には前日比6.20㌦高の270.26㌦迄買戻され最高値更新を迎える形で引けた。高安値幅は3.71㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per21.80倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲11.71%、騰落レシオは88.10%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月21日


4月21日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均と日経平均、Topix、Topix先物と日経平均先物は続落した。新興株21日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数が上昇したがCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。今朝のドル建て日経平均では大幅続落となり終値で268㌦を下回るのは3月25日以来で、9:00に265.07㌦で寄付後、米中環境共同宣言で和らぎ中国株が堅調開始であることから売仕掛解消の裁定解消買が入り9:33に266.42㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、印度や中南米等で新型コロナウイルス変異種感染が再び拡大、世界経済の回復を抑制するとの懸念が高まり、景気敏感株を中心に売仕掛の裁定解消売が入り11:22に263.35㌦迄下げ幅拡大したが押目買いが入り、11:30には前日比5.29㌦安の263.61㌦を付け買戻されたが、11:35には前日比5.24㌦安の263.66㌦を付け下幅拡大で終了した。午後に入ると日銀のETF買も支えに12:30に264.25㌦で高く寄付後、緊急事態宣言の恐れ、米株の続落や円高による売に従い売仕掛の裁定解消売が入り12:41には263.24㌦迄下げ幅再拡大し最安値更新を迎えたが、ソフトバンクG期待に加えコロナ対策による効果から空運の一角に売仕掛解消の裁定解消買が入り13:06には265.11㌦迄回復したがワクチン接種時期効果が危ういとの懸念から来る世界経済景気減速から売仕掛の裁定解消売が入り揉み合い後、14:16に263.66㌦迄下げ幅拡大したが押目買いが入り、15:00には前日比4.91㌦安の263.99㌦迄買戻され、大引けではオプション5月物は「コール」は総じて売られ「プット」は総じて買われた状況で15:15には前日比4.84㌦安の264.06㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は3.18㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で45.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per21.39倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲4.55%、騰落レシオは85.65%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月20日


4月20日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均と日経平均は反落したが、Topix、Topix先物と日経平均先物は続落した。新興株20日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数が上昇したがCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米株安や1か月ぶりのドル安円高水準に比べてコロナ再拡大による経済活動を制限される懸念から、今朝のドル建て日経平均では9:00に271.56㌦で寄付後、同時刻で271.61㌦迄上幅拡大し寄付き天井化し最高値更新となり、中国との関係悪化への警戒感等が重しになったとの指摘も聞かれ、売仕掛の裁定解消売が入り10:10には268.83㌦迄下げ幅拡大したが、コロナ新型変異種のいる場所から脱け出し易いバイク王や巣籠優良企業に売仕掛解消の裁定解消買が入り10:29に269.76㌦迄買戻されたが、ワクチンが無いとみなされると通貨安になりワクチンがあると通貨高に見られがちな傾向から1か月ぶりのドル安円高に向かい売仕掛の裁定解消売が入り11:16には268.98㌦迄下げ幅拡大したが押目買いが入り、11:30には前日比4.18㌦安の269.41㌦を付け戻売されたが、11:35には前日比4.23㌦安の269.36㌦を付け上幅拡大で終了した。午後に入ると12:30に269.53㌦で高く寄付後、緊急事態宣言の恐れやADRが貧弱なため中国危機意識からCME日経平均先物では裁定解消売が入り弱過ぎた事が引金になり売仕掛の裁定解消売が入り13:28には268.35㌦迄下げ幅拡大したが業績安定感やコンテナ船が回復した事から売仕掛解消の裁定解消買が入り13:52に269.12㌦迄買戻されたが続かず14:27に268.47㌦迄売込まれたが揉み合い14:53に269.04㌦迄買戻されたが、15:00には前日比4.62㌦安の268.97㌦迄買戻され、大引けではオプション5月物は「コール」は総じて売られ、「プット」は総じて買われた状況で15:15には前日比4.72㌦安の268.87㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は3.26㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で45.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per21.85倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲10.88%、騰落レシオは94.57%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月19日


4月19日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均と日経平均は続伸したが、Topix、Topix先物と日経平均先物は反落した。新興株19日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。「2021年の戦略的競争法」の影響により日米首脳会談を終え、期待と不安が交錯し米中地政学的リスク懸念から今朝のドル建て日経平均では9:00に273.07㌦で寄付後、中国との関係悪化への警戒感等が重しになったとの指摘も聞かれ、時間外取引での米株価指数先物の軟調推移に並行する形で売仕掛の裁定解消売が中国関連銘柄のファストリや資生堂等に入り9:08に271.69㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、SOX指数は下落したものの米国で半導体上昇を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り9:57には273.00㌦迄下げ幅縮小したが続かず10:33には272.39㌦迄利益確定が入ったが9月迄にワクチン接種終了でゴールデンウィーク後1500万回以上の準備で米国以上との期待から「迅速充足なら経済正常化」と捉えた巨大機関投資家もいる事から米国がワクチン外交に参戦し日本を通して大幅利益増も含め期待し売仕掛解消の裁定解消買が入り11:07には273.99㌦迄買戻され、11:30には前日比1.20㌦高の273.92㌦を付け買戻されたが、11:35には前日比1.15㌦高の273.87㌦を付け上幅拡大で終了した。午後に入ると12:30に273.71㌦で寄付後、12:36に274.39㌦迄踏み上げ相場化し最高値更新を迎えたが、大阪の吉村知事による緊急事態宣言要請や中国の北朝鮮向け輸出増で不透明感が増し売仕掛の裁定解消売が入り14:26には272.85㌦迄下げ幅拡大したが中国の「1-3月期国内総生産前年比18.3%増」を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比0.85㌦高の273.57㌦迄買戻され、大引けではオプション5月物は「コール」と、「プット」ともに売りが目立った状況で15:15には前日比0.87㌦高の273.59㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は2.7㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.20倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲17.23%、騰落レシオは104.32%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月16日


4月16日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均は反発したが、Topix先物、日経平均先物、日経平均、とTopixは続伸した。新興株16日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は大幅反発した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数が上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。小売売上高等市場予想を上回る景気指標を受け米株揃って上昇。これを受け、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付274.09㌦を付け開始後、同時刻に274.13㌦迄上幅拡大し最高値更新を迎えたが、米国の上院外交委員会で「戦略的競争法」始動で米中地政学的リスク懸念から売仕掛の裁定解消売が入り11:09に272.26㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、米10年物国債利回りが低下する中、台湾のTSMC設備投資上、上方修正を追い風に売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.52㌦高の272.69㌦を付け買戻されたが、11:35には前日比0.44㌦高の272.61㌦を付け下幅拡大で終了した。午後に入ると12:30に273.31㌦で高く寄付後、台湾問題等日米首脳会談に「戦略的競争法」が成立間近で日本も支持を求められると米中地政学的危機が懸念されるため、売仕掛の裁定解消売が継続して入り、13:39に272.27㌦迄下げ幅拡大したが方向性が明確でなく罫線図では前場寄付き天井となり揉合、後場も寄付き天井となり日足では263㌦を割ると買戻され274㌦に接近すると裁定解消売りが出るという形で「三角保合放れ期待」待ち買の機会到来という時期が来たため売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比0.83㌦高の273.00㌦迄買戻され、大引けではオプション5月物は総じてコールが買われ、プットは売られた状況で15:15には前日比0.55㌦高の272.72㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は1.87㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.24倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲17.5%、騰落レシオは110.63%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月15日


4月15日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均は横這したが、Topix先物、日経平均先物、日経平均、とTopixは反発した。新興株15日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数が上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数が上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ワクチン懸念後退などによる米景気回復期待や堅調な米金融決算を受け、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付271.59㌦を付け開始後、同時刻に271.45㌦迄下幅拡大し最安値更新を迎えたが、売仕掛解消の裁定解消買を仕掛ける巨大機関投資家もいる事から金融も含む景気敏感銘柄にこれらが入り9:51には273.65㌦を付け3月18日から22日への下落分の窓埋めに成功し274㌦付近まで上昇し最高値更新を迎え上値が重くなった。そこに二階幹事長発言報道が報道され巨大機関投資家により下押材料と見なされ売仕掛の裁定解消売が入り11:20に272.27㌦迄下幅拡大するも、11:30には前日比0.24㌦高の272.41㌦を付け買戻されたが、11:35には前日比0.24㌦高の272.41㌦を付け下幅拡大で終了した。午後に入ると12:30に272.06㌦で寄付後、継続して売仕掛の裁定解消売が入る動きから一旦は272㌦割れを起こし12:46に271.80㌦迄下幅拡大するが官房長官や首相の発言報道も入り売仕掛解消の裁定解消買が入り13:28に272.41㌦迄買戻されたが、日米首脳会議やコロナ感染4波への懸念を前に売仕掛の裁定解消売が入り14:46には271.92㌦迄下落はしたが押目買いが入り、15:00には前日比0.03㌦高の272.20㌦迄戻売され、大引けではオプション5月物はコール、プットは高安まちまちだった状況で15:15には前日比0.00㌦高の272.17㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は2.20㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で37.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.29倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲17.36%、騰落レシオは112.44%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月14日


4月14日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均は続伸したが、Topix先物、日経平均先物、日経平均、とTopixは反落した。新興株14日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数が上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数が上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。インフレ警戒感から米株軟調を受け、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付272.86㌦を付け開始後、同時刻に272.90㌦迄上幅拡大し最高値更新を迎えたが、売仕掛の裁定解消売が入り9:23に271.63㌦迄下幅拡大したが3月消費者物価指数が市場予想程度の進捗によりインフレ懸念が後退し長期金利の低下が報道され半導体を中心とするハイテク銘柄に売仕掛解消の裁定解消買が入り10:19に272.72㌦迄買戻されたがコロナ感染第4波への懸念から利益確定売りが入り10:35には272.00㌦迄下げ幅拡大したが揉み合い押目買いが入り、11:30には前日比0.91㌦高の272.39㌦を付けたが、11:35には前日比0.88㌦高の272.36㌦を付け上幅拡大で終了した。午後に入ると12:30に272.04㌦で寄付後、利益確定の動きから一旦は272㌦割れを起こすが米長期金利の低下を好感して売仕掛解消の裁定解消買が入り、13:55には272.51㌦迄買戻されたが、新型コロナによる経済活動再開遅延によるこれからの国内内需企業動向を気にするため売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比0.49㌦高の271.97㌦迄戻売され、大引けではオプション5月物はコールが売られ、プットは買われた状況で15:15には前日比0.69㌦高の272.17㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は1.27㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.18倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲17.48%、騰落レシオは114.91%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月13日


4月13日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均は続伸したが、Topix先物、日経平均先物、日経平均、とTopixは反発した。新興株13日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。インフレ警戒感から米株軟調を受け、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付270.69㌦を付け開始後、9:07に270.31㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、3月の工作機械受注で好調内容が報道され亜細亜株が堅調で上昇見られる流れや調整色が強かったが決算発表を受けて企業業績改善期待が入り昨日売超過の寄与度高銘柄見直しを受け売仕掛解消の裁定解消買が入り11:21に272.67㌦迄上昇し、11:30には前日比2.73㌦高の272.41㌦を付けたが、11:35には前日比2.65㌦高の272.33㌦を付け上幅拡大で終了した。午後に入ると12:30に272.21㌦で寄付後、12:35に272.69㌦迄裁定解消買が入り最高値更新を迎えたが、海外年金基金を含む巨大機関投資家の利益確定売り等に加え時間外の米株価指数先物の軟調さや香港ハンセン指数等の下落が起因して売仕掛の裁定解消売が入り14:38には270.97㌦迄下げ幅拡大し揉合い後、15:00には前日比1.55㌦高の271.23㌦迄戻売され、大引けではオプション5月物はコールが売られ、プットが買われた状況で15:15には前日比1.80㌦高の271.48㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は2.38㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.32倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲19.27%、騰落レシオは116.22%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月12日


4月12日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均は続伸したが、Topix先物、日経平均先物、日経平均、とTopixは反落した。新興株12日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。NT倍率が修正され買収価値が高い中小型株に売仕掛解消の裁定解消買が入り、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付272.30㌦を付け開始後、同時刻に272.31㌦を付け寄付き買い先行から上幅縮小となる寄付き天井が示現。先週ファストリや安川電機が市場予想に届かず業績期待先行高による買過剰に対し報道が弱い上に、3月の実需のドル買や巨大機関投資家による円高リスクに向けての円買いヘッジの無効化による持高解消、さらに超長期債売に加え10年債金利上昇で株上昇が発生したがドル円急騰調整売で、行過ぎ調整売の修正等を目的とした売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比1.67㌦安の270.38㌦を付けたが、11:35には前日比1.63㌦安の270.42㌦を付け下幅拡大で終了した。午後に入ると12:30に270.59㌦で寄付後、新型コロナの脅威からまん延防止措置(まん防)が本日より発動され接種率が50%を下回り工程表も無い事に加え、日本時間12日の米株価指数先物がマイナス圏での推移が続いたため、巨大機関投資家の中では売仕掛の裁定解消売を仕掛ける者もいる流れから、15:00には前日比2.37㌦安の269.68㌦迄戻売され、大引けではオプション5月物はコールが売られ、プットが買われた状況で15:15には前日比2.37㌦安の269.68㌦迄戻売され最安値更新を迎える形で引けた。高安値幅は2.63㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.4%の小幅悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.32倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲17.4%、騰落レシオは122.60%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月9日


4月09日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均は続伸したが、Topix先物、日経平均先物、日経平均、とTopixは反発した。新興株09日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米長期金利が低下する中、米株が上昇した事を好感し、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付273.19㌦を付け開始後、パウエル議長発言により金利安定・米ハイテク株高の流れを好感し売仕掛解消の裁定解消買が入り275.16㌦を回復、最高値更新。その後揉合、9:35に273.89㌦を付けるが続かず、SQ算出に絡んだ売買が買い越しだったこともあり売仕掛の裁定解消売が入り11:18に272.62㌦迄下げ幅拡大し、11:30には前日比1.86㌦高の272.82㌦を付けたが、11:35には前日比1.86㌦高の272.82㌦を付け下幅拡大で終了した。午後に入ると12:30に272.77㌦で寄付後、12:32の272.52㌦迄戻り売りがあり、来週の決算期待から売仕掛解消の裁定解消買が入り13:35には273.83㌦迄上げ幅拡大したが、コロナ再拡大を重しに中国や香港等亜細亜市場も冴えない結果から、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比1.19㌦高の272.15㌦迄買戻され、大引けではオプション5月物はコールの買いが優勢でプットは総じて下落した状況で15:15には前日比1.09㌦高の272.05㌦迄買戻され最安値更新を迎える形で引けた。高安値幅は3.11㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.45倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲20.28%、騰落レシオは121.86%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月8日


4月08日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均は小幅続伸したが、Topix先物、日経平均先物、日経平均、とTopixは反落した。新興株08日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。月曜日271㌦、火曜日大規模陰線出現で弾き返され水曜日が十字線出現で気迷い本日は買い意欲が沸かない状態でドル建て日経平均は小幅続伸となった。緊急事態宣言解除後東京都で500人を超すコロナのPCR陽性者が出てまん延防止等重点措置(まん防)を「東京都が日本国に要請」と報道され、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付270.17㌦を付け開始後、ワクチン格差による景況感の悪化に加え、小売企業決算では都市型の決算悪化影響により持高調整のリバランス売も見られ売仕掛の裁定解消売が入り9:42に268.79㌦を付け最安値更新となった。ワクチン接種を強化する中、ヘルスケア株に買いが入り中国や香港等が反発した事を契機に日本での期待から売仕掛解消の裁定解消買が入り10:46に270.30㌦迄下げ幅縮小したが続かず、11:20には269.73㌦迄下げ幅拡大したが押目買い等に支えられ、11:30には前日比0.86㌦安の269.93㌦を付けたが、11:35には前日比0.86㌦安の269.93㌦を付け下幅縮小で終了した。午後に入ると12:30に269.91㌦で寄付後、大都市圏中心でPCR陽性者が増え、巣籠需要に焦点が当てられ売仕掛解消の裁定解消買がゲーム関連等に入り14:54に271.24㌦を付け最高値更新を迎えたが今後の様子見傾向から首吊の手繰線が出現し大規模陰線で弾き返され売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比0.10㌦高の270.89㌦迄戻売され、大引けではオプション4月物では「コール」、「プット」ともに売りが目立った状況で15:15には前日比0.17㌦高の270.96㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は2.45㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.54倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲20.07%、騰落レシオは122.30%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月7日


4月07日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix先物、日経平均先物、日経平均、Topixとドル建て日経平均は反発した。新興株07日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。前日にドル建て日経平均は高安値幅が4.95㌦下落と大幅下落を経験し調整済みであったことから、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付270.96㌦を付け開始後、国際通貨基金〔IMF〕による世界経済見通しの上方修正が支援材料となった他、原油価格の持ち直しも背景に、根強い景気回復期待がサポートとなり売仕掛解消の裁定解消買が入り10:15には271.99㌦を付け最高値更新を迎えたが中国・上海株の下落をきっかけに出た株価指数先物への売りに連動して売仕掛の裁定解消売が入り10:49に269.15㌦迄下げ幅拡大したが押目かつ裁定買が入り、11:30には前日比0.79㌦高の270.36㌦を付けたが、11:35には前日比0.84㌦高の270.41㌦を付け下幅縮小で終了した。午後に入ると12:30に270.58㌦で寄付後、12:58に271.58㌦迄買戻されるが14:16に270.96㌦迄売仕掛の裁定解消売が入った後、揉み合い、15:00には前日比1.32㌦高の270.89㌦迄戻売され、大引けではオプション4月物では「コール」と、「プット」ともに総じて売られた状況で15:15には前日比1.22㌦高の270.79㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は2.84㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.0%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.71倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲20.62%、騰落レシオは127.55%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月6日


4月06日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix先物、日経平均先物、日経平均、Topixとドル建て日経平均は反落した。新興株06日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。連休明けの米国市場はワクチン政策良好で経済先行き期待から三指数上昇。これを受け、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付274.17㌦を付け開始後寄付き天井となり最高値更新を迎え終値比271㌦の達成感にもなったために、ワクチン政策良好な米国に対し新型変異ウイルスで懸念倍増となり巨大機関投資家の中では売仕掛の裁定解消売を入れるものもいる事から11:12の270.37㌦迄下げ幅拡大し日足罫線図では陰線で「売かぶせ」となり上昇時にできた窓を埋める形で売が入る結果を迎え、11:30には前日比1.16㌦安の270.74㌦を付けたが、11:35には前日比1.21㌦安の270.69㌦を付け下幅拡大で終了した。午後に入ると12:30に270.13㌦で寄付後揉合はしたが、欧州と亜細亜市場が休場であったにもかかわらず、米長期金利の上昇は限定的だったことから、市場心理も悪化することなく、先高観が強まる中、巨大機関投資家達を交えながら先物売りが断続的に入っていったとの指摘も某情報筋から聞かれ12:52に269.30㌦に迄売られるが、押目買いも入り13:39には270.33㌦迄買戻されるが日銀による日経ETF期待の買いが入らずさらにファンドを含む一部の巨大機関投資家の破綻で彼らと取引を行っていた金融機関において損失発生が起きる状況が出現しネガティブインパクトに捉えられ売仕掛の裁定解消売が入り調整局面上の罫線図形成を迎え14:48に269.22㌦を付け最安値更新を迎えたが、15:00には前日比2.33㌦安の269.57㌦迄買戻され、大引けではオプション4月物では「コール」が総じて売られ「プット」は買われた状況で15:15には前日比2.33㌦安の269.57㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は4.95㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.63倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲20.69%、騰落レシオは122.94%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月5日


4月05日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix先物、日経平均先物、日経平均、Topixとドル建て日経平均は続伸した。新興株05日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米グッドフライデーで先週金曜日休み。3月雇用統計が良好であった事を好感し、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付271.86㌦を付け開始後、売仕掛解消の裁定解消買が半導体やハイテク銘柄に入り9:06に272.76㌦を付けた処で最高値更新を迎えたが失速し、先物での1万枚プレーヤー等の動向が響き売仕掛の裁定解消売が改めて入り、9:22に271.35㌦迄下げ幅拡大したが日銀短観報道でDIが上昇し106円の想定為替レートより円安達成し米税還付金が7月まで継続し週初に株高期待が日米にあるため、売仕掛解消の裁定解消買がコロナからの買戻しという観点で入り9:56に272.58㌦迄下げ幅縮小後、揉合の上の持高調整も入り、11:30には前日比1.90㌦高の272.04㌦を付けたが、11:35には前日比1.88㌦高の272.02㌦を付け上幅拡大で終了した。午後に入ると12:30に272.55㌦で寄付後揉合はしたが、亜細亜市場が休場であったにもかかわらず、米長期金利の上昇は限定的だったことから、市場心理も悪化することなく、先高観が強まる中、巨大機関投資家達を交えながら先物買が断続的に入っていったとの指摘も某情報筋から聞かれ12:59に272.55㌦に戻りつつも売仕掛の裁定解消売が入り14:59には271.74㌦迄下げ幅拡大するが買戻しの裁定買が入り罫線図では3月17日から22日の窓埋めが終了し終値比で2週間ぶりの271㌦回復を迎え、15:00には前日比1.76㌦高の271.90㌦迄買戻されたが、大引けではオプション4月物ではコールが買われ、プットは売られた状況で15:15には前日比1.76㌦高の271.90㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は1.41㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.0%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.97倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲25.29%、騰落レシオは128.00%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月2日


4月02日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix先物、日経平均先物、日経平均、Topixとドル建て日経平均は続伸した。新興株02日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米グッドフライデーで本日休みに加え日銀のETF買見直しによる需給整理や新会計年度で益出しを考える巨大機関投資家が多い事から、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付268.55㌦を付け開始後9:00に268.45㌦となり最安値更新を迎えたが、売仕掛解消の裁定解消買が半導体やハイテク銘柄に入り9:07に269.90㌦を付けた処で失速し売仕掛の裁定解消売が改めて入り、11:30には前日比3.30㌦高の268.66㌦を付けたが、11:35には前日比3.24㌦高の268.60㌦を付け下幅拡大で終了した。午後に入ると12:30に268.66㌦で寄付後、リバランス売が一巡して原油価格上昇や来週以降の先高観に加え子供庁創設の検討段階と首相より発表されたことを支えに売仕掛解消の裁定解消買がグロース株に入り14:57に270.33㌦迄買戻され最高値更新を迎え、15:00には前日比4.76㌦高の270.12㌦迄買戻されたが、大引けではオプション4月物ではコールが買われ、プットが売られた状況で15:15には前日比4.78㌦高の270.14㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は1.88㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.77倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲23.14%、騰落レシオは132.13%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月1日


4月01日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix先物、日経平均先物、日経平均、Topixとドル建て日経平均は反発した。新興株01日の日経ジャスダック平均は小反落したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。朝方発表された中国3月製造業PMIも改善し、台湾のTSMCが上昇し前日金利上昇下でさえも米国でハイテク関連や半導体関連に売仕掛解消の裁定解消買が入り供給回復期待でスーパーサイクルに入り上昇した。これらの流れから、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付265.84㌦を付け開始後9:06に265.60㌦迄下幅拡大したが売仕掛解消の裁定解消買が半導体やハイテク銘柄に入り10:29に267.24㌦を付け最高値更新を迎えたがコロナの本格収束措置が危ぶまれ「マンボウ」の逆風で売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比3.48㌦高の266.68㌦を付けたが、11:35には前日比3.45㌦高の266.65㌦を付け下幅拡大で終了した。午後に入ると12:30に265.91㌦で寄付後、インフレ懸念に加えコロナの終息懸念の逆風から売仕掛の裁定解消売が入り12:38に265.11㌦となり最安値更新を迎えたが、NBI指数やSOX指数が堅調でキャピタルゲイン課税上昇などの懸念から長短金利差が生じ「バリュー投資からグロース投資」に変換する際に起こる円安が派生している事に加え日銀短観による設備投資関連が堅調である傾向を受けた月初のお化粧買いを手掛かりに売仕掛解消の裁定解消買が入り14:50に265.99㌦迄買戻されたが、高per銘柄だけ買過状況が目立つことから売仕掛の裁定解消売が入り持高調整され、15:00には前日比2.18㌦高の265.38㌦迄戻売されたが、大引けではオプション4月物ではコールは買われ、プットは売られた状況で15:15には前日比2.16㌦高の265.36㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は2.13㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.61倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲18.54%、騰落レシオは120.76%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月31日


3月31日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月31日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix先物、日経平均先物と日経平均は反落したが、Topixとドル建て日経平均は続落した。新興株31日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米株安や米投資会社の巨額損失が重しとなり、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付265.44㌦を付け開始後最高値更新を迎えた。寄付き天井となり売仕掛の裁定解消売が入り9:15に264.08㌦迄下げ幅拡大したがドル高に支えられ売仕掛解消の裁定解消買が入り9:44に265.41㌦を付け後鉱工業生産で自動車の落ち込み報道により売仕掛の裁定解消売が金融株や日立のような日本を代表する値嵩株に入り、11:30には前日比3.80㌦安の263.91㌦を付けたが、11:35には前日比3.87㌦安の263.84㌦を付け下げ幅拡大状況で終了した。午後に入ると12:30に263.88㌦で寄付後、米長期金利上昇懸念や米インフラ投資計画における財源としての増税懸念のため売仕掛の裁定解消売が入り13:56に263.20㌦を付け最安値更新を迎えたが景気予測調査から来期見通への期待がもたれた事で引けにかけて売仕掛解消の裁定解消買が入り14:39に264.30㌦迄下げ幅縮小するが好悪材料が入り混じり交錯する事から持高解消の動きが発生し、15:00には前日比4.44㌦安の263.27㌦迄戻売されたが、大引けではオプション4月物では総じてコールが下落し、プットは上昇した状況で15:15には前日比4.51㌦安の263.20㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は2.24㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.65倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲16.43%、騰落レシオは125.84%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月30日


3月30日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix先物と日経平均先物は反発し日経平均は続伸したがTopixとドル建て日経平均は反落した。新興株30日の日経ジャスダック平均は続落したが東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米株がまちまちで還ってきた中、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付267.36㌦を付け開始。3月期末の配当権利落ち日で落ち分が178円と見られる中、9:01に267㌦を付け後売仕掛解消の裁定解消買が入り9:22に268.44㌦を付けるが継続せず売仕掛の裁定解消売が入り10:48に266.46㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、スエズ運河の運航開始報道を手掛かりに売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比1.09㌦安の267.28㌦を付けたが、11:35には前日比1.12㌦安の267.25㌦を付け上昇回復状況で終了した。午後に入ると12:30に269.09㌦で寄付後、継続して売仕掛解消の裁定解消買が入り12:59に267.64㌦迄上昇したが、期初の益出しを行う巨大機関投資家もいる事から売仕掛の裁定解消売が入り14:02に266.90㌦迄下げ幅拡大したが中国株高やドル円上昇に加え東証株価指数(Topix)が前引け時点 で1%以上下落していたことも日銀による上場投資信託〔ETF〕買いの思惑が巨大機関投資家間で高まり売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比0.73㌦安の267.64㌦迄買戻されたが、大引けではオプション4月物では総じてコールが買われ、プットは売られた状況で15:15には前日比0.66㌦安の267.71㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は1.98㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で36.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.89倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲19.35%、騰落レシオは127.01%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月29日


3月29日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix先物と日経平均先物は反落したが、Topix、ドル建て日経平均と日経平均は続伸した。新興株29日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ワクチン普及加速に期待して先週のNYダウ等最高値を続伸しナスダックも続伸した事から今朝のドル建て日経平均は9:00寄付268.51㌦を付け開始。ドル円が9か月ぶりの高値水準になった事や配当取りの動きもあって9:01に268.83㌦を付けたが増税からの国債増発警戒感からの売仕掛の裁定解消売が入り10:01に267.69㌦迄下げ幅拡大したがSOX指数急伸劇やインデックスファンドの配当金の再投資期待から売仕掛解消の裁定解消買が入り11:10には269.41㌦迄上げ幅拡大し利益確定等も入り、11:30には前日比2.18㌦高の269.21㌦を付けたが、11:35には前日比2.21㌦高の269.24㌦を付け上昇回復状況で終了した。午後に入ると12:30に269.09㌦で寄付後、継続して売仕掛解消の裁定解消買が入り12:59に270.07㌦迄上昇し最高値更新を迎えたが、米子会社での多額損失での可能性を発表した野村HDが朝から急落していたことに加え、C.スイスが米ファンド(巨大機関投資家)の債務不履行を発表したと報じられると、金融関連中心に売仕掛の裁定解消売や配当再投資目当ての手仕舞売を当てた行為が入り揉合し14:41には266.84㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、下げ止まり押目の売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比1.39㌦高の268.42㌦迄買戻されたが、大引けではオプション4月物ではコール、プットは高安まちまちだった状況で15:15には前日比1.34㌦高の268.37㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は3.23㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で42.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per23.01倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲19.03%、騰落レシオは137.10%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月26日


3月26日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix、Topix先物とドル建て日経平均、日経平均と日経平均先物は続伸した。新興株26日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数が下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。今朝のドル建て日経平均は9:00寄付266.26㌦を付け開始。バイデン大統領の記者会見でのワクチン接種計画等の倍増が好感され、米株が3日振りに反発。ドル円も上昇した事を追い風に売仕掛解消の裁定解消買が景気敏感株やハイテク株に入り9:11に267.79㌦を付け最高値更新を迎え上幅で4.10㌦以上を記録する場面があった。しかし年度末という事もありバランス売が出やすい一方で、新規の買いが入りにくいという需給面での重しがあったとの指摘が巨大機関投資家間でも聞かれ、売仕掛けの裁定解消売が入り10:13に265.05㌦を付け下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、中国や香港等の亜細亜市場も次第に上値を伸ばし大幅高となっていったことで市場心理も改善し、来週は月末にかけてインデックスファンドの配当金投資に伴う先物買いが発生すると見込まれているため売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比3.36㌦高の267.05㌦を付けたが、11:35には前日比3.25㌦高の266.94㌦を付け上昇回復状況で終了した。午後に入ると12:30に267.51㌦で寄付後、戻売りが入り14:07に266.63㌦迄下げ幅拡大したが週後半の新年度相場入りともなれば再び買いの勢いが出るのではないかという見方も多く、週末の持高調整として売り方の買戻しが斬続的に入り、14:58に267.30㌦迄買戻され、15:00には前日比3.39㌦高の267.08㌦迄買戻されたが、大引けではオプション4月物では「コール」は総じて上昇し「プット」は下落が目立った状況で15:15には前日比3.34㌦高の267.03㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は2.74㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.91倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲16.97%、騰落レシオは130.63%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月25日


3月25日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix、Topix先物とドル建て日経平均、日経平均と日経平均先物は反発した。新興株25日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数も上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。今朝のドル建て日経平均は9:00寄付261.60㌦を付け開始しナスダックの大幅続落を受け売仕掛の裁定解消売がIT・ハイテク株に入るが切返し押目買いにより263.23㌦を9:17に付けるが続かず売仕掛の裁定解消売が景気敏感株中心に入り10:37に260.75㌦と下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、前日に急落済みの原油価格の持ち直しが売仕掛解消の裁定解消買を引き起こさせ11:21に263.97㌦迄買戻され利益確定等が入り、11:30には前日比1.76㌦高の263.58㌦を付けたが、11:35には前日比1.78㌦高の263.60㌦を付け上昇回復状況で終了した。午後に入ると12:30に263.35㌦で寄付後、戻売りが入り12:40に262.61㌦迄下げ幅拡大したが昨日迄の4日間で11.85㌦以上下落していた事に加え、スエズ運河の事故報道も支えに「割高債券先物売却後割安株式先物買等」を示す債券と株のリバランス行為及び米株先物上昇から巨大機関投資家の中では売仕掛解消の裁定解消買を行う者もいる事から14:30には264.59㌦迄上昇し最高値更新を迎え利益確定行為が行われ、15:00には前日比1.92㌦高の263.74㌦迄買戻されたが、大引けではオプション4月物ではコールが上昇し、プットは総じて下落した状況で15:15には前日比1.87㌦高の263.69㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は3.84㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.54倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲12.25%、騰落レシオは117.66%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月24日


3月24日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix、Topix先物とドル建て日経平均、日経平均と日経平均先物は続落した。新興株24日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇しCDS指数も上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。 欧州でのコロナ再拡大への懸念等から米株は下落し、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付265.07㌦を付け開始し売仕掛解消の裁定解消買が入り265.93㌦を9:02に付け最高値更新を迎えた。しかし長くは続かず売仕掛の裁定解消売が景気敏感株中心に入り、11:30には前日比4.39㌦安の262.33㌦を付けたが、11:35には前日比4.37㌦安の262.35㌦を付け下げ渋り状況で終了した。午後に入ると12:30に262.70㌦で寄付後、押目買いが入り12:52には263.54㌦迄上昇したが中国株安などを受け売仕掛の裁定解消売が入り14:23には261.58㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、底値が堅い事から売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比5.02㌦安の261.70㌦迄買戻されたが、大引けではオプション4月物ではコールが値下がりしプットは総じて上昇した状況で15:15には前日比4.90㌦安の261.82㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は4.35㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.26倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲8.75%、騰落レシオは111.09%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月23日


3月23日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix、Topix先物とドル建て日経平均、日経平均と日経平均先物は続落した。新興株23日の日経ジャスダック平均は反落し東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇しCDS指数も上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。 米長期金利が低下し米株が揃って還ってきたことを好感し、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付270.12㌦を付け開始し売仕掛解消の裁定解消買がハイテク株や自動車株に入り271.13㌦を9:18に付け最高値更新を迎えた。しかし218㌦に迫ると売仕掛の裁定解消売が空運・開運・銀行といった割安景気敏感株に加え値嵩関連の一部に入り9:51には268.82㌦迄下げ幅拡大したがバイデン政権の大型公共投資も視野に置かれ売仕掛解消の裁定解消買が入り10:29に270.17㌦迄買戻されるが、将来発生する長期金利上昇懸念から売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比0.74㌦高の268.95㌦を付けたが、11:35には前日比0.69㌦高の268.90㌦を付け下げ渋り状況で終了した。午後に入ると12:30に268.51㌦で寄付後米中対立の再燃や、今週の米国債の入札また、今晩のパウエル米連邦準備制度理事会議長の議会証言などを控えて疑心暗鬼になる巨大機関投資家も中にはいる事から売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比1.59㌦安の266.62㌦迄戻売され最安値更新を迎えたが、大引けではオプション4月物では「コール」は総じて売られ「プット」は買いが目立った状況で15:15には前日比1.49㌦安の266.72㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は4.51㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.80倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲15.11%、騰落レシオは117.55%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月22日


3月22日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topixは反落し、Topix先物とドル建て日経平均、日経平均と日経平均先物は続落した。新興株22日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。 先週のNYダウは続落した一方でナスダック総合は反落しまちまちで還ってきた中、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付270.50㌦を付け開始し270.71㌦を同時刻に付け最高値更新を迎えた。しかしルネサスエレクトロニクス工場の火災による半導体不足への懸念もあり、売仕掛の裁定解消売が自動車銘柄に入り、また日銀が「ETF買入を、日経平均連動型を除外してTopix型のみを購入する」とした事も尾を引き継続して売仕掛の裁定解消売が入り10:34に267.31㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、押目買いが入り、11:20に269.06㌦迄買戻され、11:30には前日比4.85㌦安の268.82㌦を付けたが、11:35には前日比4.92㌦安の268.75㌦を付け下げ渋り状況で終了した。午後に入ると12:30に269.30㌦で寄付後13:07迄裁定解消売りが値嵩の一部に入り268.13㌦迄戻売されたが、売仕掛解消の裁定解消買が海運・鉄鋼等景気敏感銘柄に入り下値を支える展開となり13:28には269.83㌦迄下げ幅縮小したが保険会社の中で信用の保証をしていたグリーンシル(サプライチェーンフィンテック会社)のエクスポージャーが予想以上となり破綻となった事で大量のプットオプションを売っていたという観測記事を某情報ベンダーが流したことによる売仕掛の裁定解消売が値嵩銘柄に入りファーストり等下落し、15:00には前日比5.53㌦安の268.14㌦迄戻売され、大引けではオプション4月物では「コール」が下落し「プット」は総じて上昇した状況で15:15には前日比5.46㌦安の268.21㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は3.40㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per23.02倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲17.18%、騰落レシオは126.52%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月19日


3月19日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topixは続伸したが、Topix先物とドル建て日経平均、日経平均と日経平均先物は反落した。新興株19日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。 前日の米FOMCを受けた長期金利が1.7%を超えナスダックが3%安となる等米株が大幅に反落。今朝のドル建て日経平均は9:00寄付274.53㌦を付け開始し同時刻で274.53㌦を付け最安値更新となったが、売仕掛解消の裁定解消買が景気敏感株に入り9:29に275.73㌦を付け、買戻された。しかし勢いは続かず利確などが入り揉合後、11:30には前日比2.76㌦安の274.78㌦を付けたが、11:35には前日比2.76㌦安の274.78㌦を付け下げ渋り状況で終了した。午後に入ると12:30に274.85㌦で寄付後12:41迄裁定買いが入り275.53㌦迄買戻されたが、日銀の政策点検報道が伝わると、「日銀がETFでTOPIX連動型のみを購入する」と報じた事を材料に売仕掛の裁定解消売が日経平均型値嵩株に入り13:05に272.02㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、売仕掛解消の裁定解消買がTopix型に入り13:51には274.47㌦迄買戻されたが日銀報道が日経平均型の重しとなり14:45には273.05㌦迄戻り売りされるが売買代金が4兆円にも膨らみ押目買いがTopix型に入り、15:00には前日比3.92㌦安の273.62㌦迄買戻され、大引けではオプション4月物ではコールが下落し、プットは上昇した状況で15:15には前日比3.87㌦安の273.67㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は3.71㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per23.33倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲24.15%、騰落レシオは127.39%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月18日


3月18日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix先物、Topix及びドル建て日経平均は続伸し、日経平均と日経平均先物は反発した。新興株18日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。FOMCから早期利上げ観測後退、米株が揃って上昇した事を好感し、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付276.87㌦を付け開始し同時刻で276.79㌦を付け最安値更新を迎えたが、売仕掛解消の裁定解消買がハイテク・金融株中心に入り10:00に279.78㌦を付け、一時上幅5.67㌦迄買戻された。しかし勢いは続かず利確などが入り揉合後、11:30には前日比4.68㌦高の278.79㌦を付けたが、11:35には前日比4.65㌦高の278.76㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に277.23㌦で寄付後、昼休み時間帯に日銀が「長期金利変動幅拡大」との観測報道が流れた事からドル円が下落し12:35には276.14㌦迄上幅縮小させる場面もあり最安値更新を迎えたが、米納税期限延長報道で納税のための資金化が遅くなり巨大機関投資家の中でも資金運用の必要性から日本市場にも資金が還流させるものもいる事から揉み合い後、売仕掛解消の裁定解消買が入り14:36には277.89㌦迄買戻されるが、15:00には前日比3.46㌦高の277.57㌦迄買戻され、大引けではオプション4月物ではコールは上昇、プットは下落した状況で15:15には前日比3.43㌦高の277.54㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は3.64㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per23.36倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲29.16%、騰落レシオは122.27%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月17日


3月17日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix先物、Topix及びドル建て日経平均は続伸し、日経平均と日経平均先物は反落した。新興株17日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。今朝のドル建て日経平均は9:00寄付273.65㌦を付け下幅0.45㌦安と反落開始した。昨日迄の6日間で8.16㌦以上上昇していた事や、NYダウの8日ぶりの反落を材料に一時0.5㌦近く下げる場面もありました。ただナスダックの小幅続伸を受けて売仕掛解消の裁定解消買を行う巨大機関投資家も中には入る事からハイテク株や中小型株に買いが向かい、10:08に274.79㌦を記録し上幅0.69㌦と最高値更新を迎え一時10:38に274.39㌦迄下幅拡大したが続かず揉合後、11:30には前日比0.38㌦高の274.48㌦を付けたが、11:35には前日比0.35㌦高の274.45㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に274.16㌦で寄付後、FOMCも控えている事から売仕掛の裁定解消売が入り13:02に273.46㌦迄戻売されるがワクチン接種後の経済対策期待から売仕掛解消の裁定解消買が入り揉合後、15:00には前日比0.06㌦安の274.04㌦迄買戻され、大引けではオプション4月物はコールは売られ、プットは高安まちまちだった状況で15:15には前日比0.01㌦高の274.11㌦迄買戻される形で「行って来い」の形で引けた。高安値幅は1.33㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per23.08倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲26.37%、騰落レシオは117.61%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月16日


3月16日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix先物、Topix、及び日経平均は続伸したが日経平均先物とドル建日経平均は反発した。新興株16日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。今朝のドル建て日経平均は9:00寄付272.82㌦を付け上幅0.56㌦高と続伸開始した。昨日迄の5日間で8.16㌦以上上昇していた事もあり、朝方は利益確定も出て9:03に272.66㌦を付け、前日比僅かに0.40㌦高となり最安値更新を迎えた。NYダウが最高値更新、米長期金利一服でナスダックが反発した事を手掛かりに、巨大機関投資家間で値嵩成長関連の戻りと受け取った事で、売仕掛解消の裁定解消買を行うものもいた事から10:52に275.00㌦を記録し、最高値更新を迎えた。前場に一時上幅を2.74㌦以上に拡大し3週間振りに275㌦台に乗せる場面もありました。その後金融緩和期待から米FOMC対策で先物仕掛での売持高解消が働き11:26には274.20㌦迄解消後買戻され、11:30には前日比2.09㌦高の274.35㌦を付けたが、11:35には前日比2.09㌦高の274.35㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に274.52㌦で寄付後、金融緩和で資金供給拡大し超長期債券金利上昇を予測する者が巨大機関投資家にいる事から売仕掛解消の裁定解消買が入り12:43に274.62㌦迄買戻されるが短期金利上昇を嫌がるものやFOMC対策を行うものもいる事から売仕掛の裁定解消売が入り14:47に273.80㌦を付けたが円安が効果を出し押目買が入り、15:00には前日比1.81㌦高の274.07㌦迄買戻され、大引けではオプション4月物はコールが上昇し、プットは下落した状況で15:15には前日比1.84㌦高の274.10㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は2.34㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で37.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per23.09倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲26.9%、騰落レシオは120.10%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月15日


3月15日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix先物、Topix、及び日経平均は続伸したが日経平均先物とドル建日経平均は反落した。新興株15日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。先週末の米金利が再度1.6%台と上昇しナスダックは反落したがNYダウは6日続伸して最高値を更新した事を手掛かりに、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付273.16㌦を付け上幅0.10㌦高と続伸開始した。巨大機関投資家の中では売仕掛の裁定解消売が入り9:04には272.25㌦迄下幅拡大したが、底値の堅さから売仕掛解消の裁定解消買がIT・ハイテク株や景気敏感株に入り後、9:33に274.12㌦迄と上幅一時1.06㌦を超える場面もあったが金利上昇を受け警戒感から続かず、売仕掛の裁定解消売がIT・ハイテク株に入り9:49には272.61㌦迄下幅拡大したが金利が若干動いたことで売仕掛解消の裁定解消買が揉合ながら入り11:04には273.87㌦迄上昇回復したが続かず金利上昇警戒を受け売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比0.02㌦高の273.08㌦を付けたが、11:35には前日比0.15㌦高の273.21㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に272.35㌦で寄付後、金利上昇警戒を受け売仕掛の裁定解消売が入り12:35には271.93㌦迄下幅拡大後最安値更新を迎えたが、金融緩和で資金供給拡大し超長期債券金利上昇を予測する者が巨大機関投資家にいる事から売仕掛解消の裁定解消買が入り14:08に272.82㌦迄買戻されるが短期金利上昇を嫌がるものもいる事から売仕掛の裁定解消売が入り14:43に272.20㌦を付けたが円安が効果を出し押目買が入り日経平均先物と日経平均では裁定取引も行われ日経平均が買われたのに対し売過ぎた日経平均先物とドル建て日経平均は下げ幅拡大し、15:00には前日比0.67㌦安の272.39㌦迄戻売され、大引けではオプション4月物はコール、プットともに売られた状況で15:15には前日比0.80㌦安の272.26㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は2.19㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.0%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.99倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲25.79%、騰落レシオは120.33%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月12日


3月12日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix先物と日経平均先物、Topix、ドル建日経平均及び日経平均は続伸した。新興株12日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数が上昇したがSOX指数は反落した。新元号が「令和」と制定。追加経済対策の成立等を背景にNYダウが連日最高値を更新。ナスダックも大幅に反発したことを受けて、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付269.75㌦を付け上幅1.17㌦高と続伸開始した。巨大機関投資家の中では売仕掛の裁定解消売が入り9:34には269.09㌦迄下幅拡大し最安値更新を迎えたが、底値の堅さから売仕掛解消の裁定解消買がIT・ハイテク株や景気敏感株に入り揉合後、11:18に271.87㌦迄と上幅一時3.29㌦迄戻したが続かず、11:30には前日比2.68㌦高の271.26㌦を付けたが、11:35には前日比2.65㌦高の271.23㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に271.60㌦で寄付後、先物・オプション特別清算指数算出(メジャーSQ)に伴い、取引開始直後こそは方向感に欠ける動きとなったものの、その後は、久々に最後迄ほぼ一本調子で上幅を拡げる強い動きとなった。メジャーSQを波乱なく通過したことに伴うあく抜け感や、これ迄相場の波乱要因になっていた米長期金利が今週は高止まりとはいえ、週を通じて落ち着きが見られたことから、 安心感が台頭し巨大機関投資家の中では売仕掛解消の裁定解消買に迫られたものもいる事から裁定解消買が入り14:04には273.61㌦迄上昇し最高値更新を迎えたが利益確定等が入り、14:04には272.84㌦迄下幅拡大するが押目と捉えた巨大機関投資家の中では売仕掛解消の裁定解消買を入れる者もいる事から、15:00には前日比4.71㌦高の273.29㌦迄買戻され、大引けではオプション4月物は「コール」が上昇し半面、「プット」は総じて下落した状況で15:15には前日比4.48㌦高の273.06㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は4.52㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.79倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲25.88%、騰落レシオは114.40%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月11日


3月11日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix先物と日経平均先物が反発したが、Topix、ドル建日経平均及び日経平均は続伸した。新興株11日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数が上昇したがSOX指数は反落した。新元号が「令和」と制定。米議会下院でも追加経済対策が可決しNYダウは最高値更新後ナスダックが小幅反落、まちまちで更新後、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付267.74㌦を付け上幅1.06㌦高と続伸開始した。巨大機関投資家の中では売仕掛の裁定解消売が入り9:08には267.58㌦迄下幅拡大したが底値の堅さから売仕掛解消の裁定解消買が入り揉み合い後、11:26に269.17㌦迄上幅一時2.49㌦迄戻したが続かず、11:30には前日比2.23㌦高の266.91㌦を付けたが、11:35には前日比2.23㌦高の268.91㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に269.19㌦で寄付後、押目買いが入り12:30に269.22㌦を付けるが、昨日買われた景気敏感株中心に売仕掛の裁定解消売が入り13:10に266.29㌦迄下幅拡大したが巨大機関投資家の中では押目狙いも目論んだ上で売仕掛の裁定解消売が入り14:24に268.25㌦迄戻売されたが続かず266㌦台を割れる事なく底堅い事から売仕掛解消の裁定解消買がIT・ハイテク株の一角に入り14:50に269.14㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが利確が入り、15:00には前日比2.08㌦高の268.76㌦迄戻売され、大引けではオプション3月物では「コール」も「プット」も総じて売られた状況で15:15には前日比1.90㌦高の268.58㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は1.64㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で37.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.49倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲20.89%、騰落レシオは117.35と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月10日


3月10日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix先物と日経平均先物が反落したが、Topix、ドル建日経平均及び日経平均は続伸した。新興株10日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。米長期金利の一服を受けて、米ナスダックが大幅反発した事を手掛かりに、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付268.19㌦を付け上幅2.25㌦高と反発開始した。巨大機関投資家の中では売仕掛解消の裁定解消買を入れる者もいる事から、9:05には上幅を一時3.33㌦台越えし269.27㌦迄付け最高値更新を迎えたが269㌦台乗せた後は積極的な先物による買戻が続かず、売仕掛の裁定解消売が入り11:08には266.67㌦迄下幅を0.73㌦と拡大し、11:30には前日比1.07㌦高の267.01㌦を付けたが、11:35には前日比1.05㌦高の266.99㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に267.20㌦で寄付後、押目買いが入り12:41に267.33㌦を付けるが、昨日買われた景気敏感株中心に売仕掛の裁定解消売が入り13:10に266.29㌦迄下幅拡大したが巨大機関投資家の中では押目狙いも目論んだ上で売仕掛解消の裁定解消買が入り13:46に267.64㌦迄買戻されたが続かず値を消す銘柄が相次ぎ、再度売仕掛の裁定解消売が入り14:12に266.28㌦迄利益確定がされながら下落し最安値更新を迎えたが、266㌦台を割れる事なく底堅い事から売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比0.74㌦高の266.68㌦迄買戻され、大引けではオプション3月物ではプット、コールとも総じて下落が目立った状況で15:15には前日比0.74㌦高の266.68㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は2.99㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.44倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲19.47%、騰落レシオは118.99%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月9日


3月09日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix先物が続伸したが、Topix、日経平均先物、ドル建日経平均及び日経平均は反発した。新興株09日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は反落した。新元号が「令和」と制定。今朝のドル建て日経平均は9:00寄付263.94㌦を付け下幅1.24㌦安と反落開始した。米長期金利上昇を受けナスダックが大幅反落した事から9:08には262.88㌦迄下幅拡大し9:13には264.47㌦迄買戻されたが続かず利益確定や売仕掛の裁定解消売が入り、9:38に262.22㌦を付け一時2.96㌦安迄下げる場面もありました。ここで最安値更新を迎えたが、NYダウの続伸やドル円の上昇により売仕掛解消の裁定解消買が入り11:19には264.30㌦迄上昇したが続かず、11:30には前日比1.37㌦安の263.81㌦を付けたが、11:35には前日比1.42㌦安の263.81㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に265.24㌦で寄付後、12:31に265.18㌦を付けるが、一方で、 主要ハイテク株で構成するナスダック100株価指数の先物である「Eミニ・ナスダック100」が時間外取引で強含んだ推移をみせたことが安心感を誘ったほか、一部メディアによる「中国本土株安を緩和するために中国の政府系ファンドが介入したもよう」との報道が伝わると、巨大機関投資家の中では売仕掛解消の裁定解消買を入れるものもいて13:05に266.28㌦を付け最高値更新を迎え一時上幅1.1㌦を超え先行き不安定から売仕掛の裁定解消売が入り13:26に264.58㌦迄下がるがコロナ後の企業粗利の改善率期待から売仕掛解消の裁定解消買がバリュー銘柄に入り14:57に266.03㌦迄回復し利益確定が入り15:00には前日比0.69㌦高の265.87㌦迄買戻され、大引けではオプション3月物では「コール」は買いが目立ち「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比0.76㌦高の265.94㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は4.06㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.40倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲19.86%、騰落レシオは123.18%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月8日


3月08日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix先物が続伸したが、Topixは反落し、日経平均先物は変わらず、ドル建日経平均及び日経平均は続落した。新興株08日の日経ジャスダック平均は小幅続伸したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。今朝のドル建て日経平均は9:00寄付269.47㌦を付け上幅2.66㌦と反発開始した。2月の雇用統計が予想以上で米国長期金利が上昇したが米株において4日ぶりに反発した事が好感され原油高も加わり売仕掛解消の裁定解消買が入り、9:05に270.01㌦を付け最高値更新を迎え一時上幅3.20㌦以上に拡大した。一方でナスダック先物安も加わり売仕掛の裁定解消売が入り揉合後10:20に268.06㌦と下幅拡大。その後押目買い目的の裁定買いが入り11:03には268.69㌦迄回復するが亜細亜株下幅拡大を受けバリュー買いのグロース売りを含む売仕掛の裁定解消売が入り11:30には前日比0.13㌦高の266.94㌦を付けたが、11:35には前日比0.06㌦高の266.89㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に265.95㌦で寄付後、金利上昇によるドル買インセンティブでドル高になりオペックプラスで原油減産が決まり資源高に向かう中、年度末や今週末のメジャーSQ〔特別清算指数〕に向けた国内巨大機関投資家による持高調整の売りなども出易く、需給面での重しが嫌気され、利益確定やイベント通過後の材料出尽くし感より売仕掛の裁定解消売がグロース銘柄中心に入り14:33の264.41㌦迄調整が入り最安値更新を迎えたが、来週のメジャーSQ期待等から突っ込み警戒感もあり、現物市場が大引ける時間帯から先物市場では売仕掛解消の裁定解消買もやや入り、前週末比では結局変わらずとなり15:00には前日比1.60㌦安の265.21㌦迄買戻され、大引けではオプション3月物では「コール」と、「プット」は、ともに売りが目立った状況で15:15には前日比1.63㌦安の265.18㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は5.6㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.09倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲17.26%、騰落レシオは109.61%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月5日


3月05日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、TopixとTopix先物が反発したが、日経平均先物、ドル建日経平均及び日経平均は続落した。新興株05日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。FRB議長発言を受け米長期金利が上昇し米株は大幅に下落。今朝のドル建て日経平均は9:00寄付266.09㌦を付け下幅4.08㌦と続落開始したが9:01に266.57㌦を付け最高値更新を迎えた。一方で米株先物安も加わり売仕掛の裁定解消売がIT・ハイテク・値嵩・不動産株中心に入り揉合後11:12に262.38㌦と最安値更新を迎え下幅7.79㌦以上に拡大。11:30には前日比7.40㌦安の262.77㌦を付けたが、11:35には前日比7.40㌦安の262.77㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に264.00㌦で寄付後、金利上昇によるドル買インセンティブでドル高になりオペックプラスで原油減産が決まり資源高に向かう中、黒田日銀総裁発言を受け、下値が堅い事も支えとなりイベント通過後の反発を警戒しての売仕掛解消の裁定解消買が入り13:32に266.98㌦迄買戻され利益確定やイベント通過後の材料出尽くし感より売仕掛の裁定解消売が入り14:30の264.93㌦迄調整が入ったが、FOMCや来週のメジャーSQ期待から売仕掛解消の裁定解消買が入り15:00には267.02㌦を一旦つけ最高値更新を迎えたが結局、前日比3.18㌦安の266.99㌦迄戻売され、大引けではオプション3月物ではコールが売られ、プットは買われた状況で15:15には前日比3.36㌦安の266.81㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は4.64㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.06倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲19.05%、騰落レシオは107.13%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月4日


3月04日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix、Topix先物、日経平均先物、ドル建日経平均及び日経平均は反落した。新興株04日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米長期金利上昇を警戒してナスダックが2.7%安と米株の下落を受けて、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付272.22㌦を付け下幅3.89㌦と続落開始したが9:09に273.54㌦を付け最高値更新を迎えた。一方で米株先物安も加わり売仕掛の裁定解消売がIT・ハイテク・値嵩・景気敏感株中心に入り11:25に270.71㌦と前場安値更新を迎え下幅5.9㌦以上に拡大。11:30には前日比5.70㌦安の270.91㌦を付けたが、11:35には前日比5.70㌦安の270.91㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に271.16㌦で寄付後、中国株安も影響し13:07の268.22㌦迄売継続が入り最安値更新を迎えたが、下値が堅い事も支えとなりイベント通過後の反発を警戒しての売仕掛解消の裁定解消買が入り14:36に270.99㌦迄買戻され利益確定が入り、15:00には前日比6.39㌦安の270.22㌦迄戻売されたが、大引けではオプション3月物ではコールは売られ、プットは買われた状況で15:15には前日比6.44㌦安の270.17㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は5.32㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で42.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.00倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲20.17%、騰落レシオは106.64%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月3日


3月03日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月03日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix、Topix先物、日経平均先物、ドル建日経平均及び日経平均は反発した。新興株03日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。今朝のドル建て日経平均は9:00寄付280.22㌦を付け上幅0.87㌦と反発開始。米株長期金利低下を好感し売仕掛解消の裁定解消買が景気敏感株中心に入り9:12に276.81㌦と前場高値更新を迎え上幅1.51㌦以上に拡大。ただ、一旦伸び悩み、売仕掛の裁定解消売が入り9:43に274.81㌦となり0.49㌦安迄下幅拡大し揉み合うが下値が堅い事から売仕掛解消の裁定解消買が入り11:28には276㌦以上回復したが続かず、11:30には前日比0.48㌦高の275.78㌦を付けたが、11:35には前日比0.46㌦高の275.76㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に276.38㌦で寄付後、12:31の274.56㌦迄売継続が入ったが下値が堅い事も支えとなって再度変動率の落着きに注目した売仕掛の裁定解消売が入り13:27に275.58㌦迄戻売されたが、米株先物の上昇や中国株反発を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り14:58に277.06㌦を付け1.76㌦の上幅を記録すると持高調整が入り、15:00には前日比1.31㌦高の276.61㌦迄戻売されたが、大引けではオプション3月物ではコール、プットとも下落した状況で15:15には前日比1.31㌦高の276.61㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は2.25㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.24倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲27.58%、騰落レシオは106.89%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月2日


3月02日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix、Topix先物、日経平均先物、ドル建日経平均及び日経平均は反落した。新興株02日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。今朝のドル建て日経平均は9:00寄付280.22㌦を付け反発開始。昨日の米株がワクチン普及や経済対策の期待等から揃って上昇した事を好感し売仕掛解消の裁定解消買が入り9:04に280.82㌦と最高値更新を迎え上幅2.37㌦以上に拡大。ただ、米株先物下落や値嵩株の下げを受け売仕掛の裁定解消売が景気敏感株中心に入り、11:30には前日比1.75㌦安の276.70㌦を付けたが、11:35には前日比1.78㌦安の276.67㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に275.30㌦で寄付後、12:31の274.56㌦迄売継続が入ったが下値が堅い事も支えとなって再度変動率の落着きに注目した売仕掛解消の裁定解消買が入り13:05に276.37㌦迄買戻されたが利益確定が入り、15:00には前日比3.15㌦安の275.30㌦迄戻売されたが、大引けではオプション3月物ではコールは総じて売られ、プットは買いが目立った状況で15:15には前日比3.15㌦安の275.30㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は6.26㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.05倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲26.47%、騰落レシオは107.83%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月1日


3月01日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix、Topix先物、日経平均先物、ドル建日経平均及び日経平均は反発した。新興株01日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は反落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。先週末11.65㌦以上下落したドル建て日経平均株価ですが今朝のドル建て日経平均は9:00寄付276.39㌦を付け反発開始。9:03に276.09㌦と最安値更新を迎えたが、先週末米市場金利上昇が一服してナスダックが反発した事を手掛かりに売仕掛解消の裁定解消買がIT・ハイテク株中心に幅広く入り、9:39に278.97㌦迄買戻され最高値更新を迎え一時上幅を6.25㌦以上越を達成しました。しかしNYダウの続落等を重しに景気敏感株の一角に売仕掛の裁定解消売が入り10:04に277.34㌦迄下落後、押目の裁定買が入り11:01に278.09㌦を付け後続かず、売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比4.97㌦高の277.69㌦を付けたが、11:35には前日比4.99㌦高の277.71㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に277.50㌦で寄付後、12:41の277.05㌦迄売継続が入ったが下値が堅い事や中国株等の反発も支えとなって再度変動率の落着きに注目した売仕掛解消の裁定解消買が入り14:55に278.55㌦迄買戻され利益確定が入り、15:00には前日比5.75㌦高の278.47㌦迄戻売されたが、大引けではオプション3月物ではコールは買われ、プットは売られた状況で15:15には前日比5.73㌦高の278.45㌦迄戻売され半値戻しを迎える形で引けた。高安値幅は2.88㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.19倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲29.88%、騰落レシオは107.34%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月26日


2月26日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix、Topix先物、日経平均先物、ドル建日経平均及び日経平均は反落した。新興株26日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米長期金利が1.6%以上急上昇したのを嫌気し米株が揃って大幅安。これを受け、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付279.69㌦を付け開始。9:00に279.75㌦と最高値更新を迎えるが米株大幅安やVIX指数上昇により売仕掛の裁定解消売が値嵩・ハイテク株中心に入り幅広く売られ、9:35に275.02㌦迄下幅拡大したが変動率の高まりに注目した売仕掛解消の裁定解消買が入り10:05に278.21㌦迄買戻されるが続かず売継続から10:45に276.34㌦迄下幅拡大したが持高調整が入り、11:30には前日比6.98㌦安の277.89㌦を付けたが、11:35には前日比6.90㌦安の277.97㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に277.59㌦で寄付後、米株先物が下げに転じ、売仕掛の裁定解消売が入り14:36には273.34㌦迄下幅拡大したが再度変動率の高まりに注目した売仕掛解消の裁定解消買が入り14:46に275.12㌦迄買戻されるが亜細亜株の下落も重しに再度売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比12.07㌦安の272.80㌦迄戻売されたが、大引けではオプション3月物ではコールは値下がりが目立ったがプットは総じて買われた状況で15:15には前日比12.15㌦安の272.72㌦迄戻売され最安値更新を迎える形で引けた。高安値幅は7.03㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で42.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per21.78倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲22.76%、騰落レシオは102.58%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月25日


2月25日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix、Topix先物、日経平均先物、ドル建日経平均及び日経平均は反発した。新興株25日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米長期金利上昇したものの米株が揃って上昇した事を好感し、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付283.93㌦を付け2.69㌦幅高で開始。9:01に283.62㌦迄下幅拡大するも切返し売仕掛解消の裁定解消買が入り9:27には284.98㌦迄回復し最高値更新を迎え284㌦台迄回復。しかし揉合が入り売仕掛の裁定解消売が入り10:40には284.04㌦迄下落したが金融緩和やワクチン期待等を手掛かりにIT・ハイテク・景気敏感株中心に売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比3.28㌦高の284.52㌦を付けたが、11:35には前日比3.22㌦高の284.46㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に284.61㌦で寄付後13:29には284.04㌦迄下幅拡大し下回らなかった事から、下値は堅いと見た売り方の買戻しに当たる売仕掛解消の裁定解消買がディープシクリカル・資源エネルギーのコロナリバーサル銘柄に入り14:59には285.06㌦迄買戻され上幅3.82㌦高となり最高値更新を迎えたが利益確定売りに押され、15:00には前日比3.68㌦高の284.92㌦迄戻売されたが、大引けではオプション3月物ではコールが総じて上昇した半面、プットは下落した状況で15:15には前日比3.63㌦高の284.37㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は1.44㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.40倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲36.71%、騰落レシオは110.34%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月24日


2月24日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix、Topix先物、日経平均先物、ドル建日経平均及び日経平均は反落した。新興株24日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米長期金利上昇を受け一時ナスダックが4%以上急落した事を材料に、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付285.14㌦を付け0.34㌦幅安で開始。SOX指数の大幅下落も加わり9:02に285.77㌦をつけ最高値更新を迎えたが続かず売仕掛の裁定解消売が入り、284㌦割れではFRBのパウエル米連邦準備理事会議長発言を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り10:19に285.25㌦迄買戻されるが、米金利上昇継続で売仕掛の裁定解消売がITやハイテク株中心に入り、284㌦を割れて、11:30には前日比1.60㌦安の283.88㌦を付けたが、11:35には前日比1.66㌦安の283.82㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に283.04㌦で寄付後12:31には282.78㌦迄下幅拡大し下回らなかった事から、下値は堅いと見た売り方の買戻しに当たる売仕掛解消の裁定解消買が入り13:30には288.58㌦迄買戻されるも香港証券取引所が印紙税増税予定と伝わり3%以上下げ、これを受け米株先物の下落や中国株安が飛び火し高値継続が続かず売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比4.29㌦安の281.19㌦迄戻売され最安値更新を迎えたが、大引けではオプション3月物ではコールは総じて売られ、プットは買われた状況で15:15には前日比4.24㌦安の281.24㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は4.58㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.08倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲31.97%、騰落レシオは106.43%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月22日


2月22日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix、Topix先物、日経平均先物、ドル建日経平均及び日経平均は反発した。新興株22日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。先週末の米株が反発した事を好感して、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付286.97㌦を付け2.61㌦幅高で開始。SOX指数の上昇や米アプライド・マテリアルズが示した市場予想を上回る業績見通しを背景に、売仕掛解消の裁定解消買が値嵩株やハイテク株に加え景気敏感株に入り10:10に288.73㌦迄上昇し最高値更新を迎え幅広く買戻しが入り、前場一時上幅が4㌦を越えて約290㌦台と先週火曜日の昨年来高値に迫りました。ただ、巨大機関投資家による買戻しが一巡後伸び悩み、東京市場は明日23日が祝日となることに加え、米国時間23日にはパウエル米連邦準備理事会(FRB〕議長が半年に1度の議会証言を上院銀行委員会で行う事から、足元の長期金利動向に対してどのような発言をするかを見極めたいとする思惑も働きやすく、次第に巨大機関投資家による売仕掛の裁定解消売が入り11:29には286.22㌦迄下幅拡大するも一時的に切返し、11:30には前日比1.94㌦高の286.30㌦を付けたが、11:35には前日比1.99㌦高の286.35㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に285.51㌦で寄付後12:34には284.85㌦迄下幅拡大し最安値更新を迎え、上幅0.49㌦を下回らなかった事から、下値は堅いと見た売り方の買戻しに当たる売仕掛解消の裁定解消買が入り13:34には286.88㌦迄買戻されるも続かず売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比1.07㌦高の285.43㌦迄買戻され、大引けではオプション3月物ではコールが総じて上昇した。半面、プットは下落した状況で15:15には前日比1.12㌦高の285.48㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は3.88㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.50倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲38.24%、騰落レシオは108.93%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月19日


2月19日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix、Topix先物、日経平均先物、ドル建日経平均及び日経平均は続落した。新興株19日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米国長期金利上昇を背景に米国3指数が揃って下落。今朝のドル建て日経平均はこれを嫌気して9:00寄付283.67㌦を付け1.87㌦幅安で開始。その後、ハイテク株一角を中心にプラスに転じる動きが見え、売仕掛解消の裁定解消買が入り10:06に285.47㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、ドル建て日経平均は下げ渋って285㌦台に戻す場面もありましたが週末の持高調整の売りが今迄の急上昇により出易くなっていた処を見計らって売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比2.22㌦安の283.32㌦を付けたが、11:35には前日比2.19㌦安の283.35㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に282.78㌦で寄付後12:33には282.44㌦迄下幅拡大し最安値更新を迎えたが、下値は堅いと見た売り方の買戻しも入り12:43には283.19㌦迄買戻されるも続かず13:11には282.46㌦迄売られるが交易条件改善期待から健全な速度調整範囲内と判断され売仕掛解消の裁定解消買が入り14:57には284.47㌦迄買戻され、15:00には前日比1.20㌦安の284.34㌦迄買戻され、大引けではオプション3月物ではコールが下落し、プットは上昇した状況で15:15には前日比1.18㌦安の284.36㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は3.03㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.39倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲37.53%、騰落レシオは100.46%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月18日


2月18日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix、Topix先物、日経平均先物、ドル建日経平均及び日経平均は続落した。新興株18日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。今朝のド ル建て日経平均は9:00寄付286.36㌦を付け0.43㌦幅高で開始。NYダウの最高値更新やワクチン期待等手掛かりに朝方売仕掛解消の裁定解消買が入り一時一昨日の昨年来高値を上回って9:08に288.60㌦と288㌦台に乗せたものの、ナスダック等の続落等を重しに、売仕掛の裁定解消売が入り9:32には286.46㌦迄下幅拡大したが企業業績改善期待から売仕掛解消の裁定解消買が入り9:47には287.75㌦迄買戻されフィラデルフィア半導体指数の下落を受け売仕掛の裁定解消売が入り10:45には285.92㌦を付けたがワクチン接種後効果予測により売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.93㌦高の286.86㌦を付けたが、11:35には前日比0.88㌦高の286.81㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に285.65㌦で寄付後、米長期金利先行き警戒感から半導体等値嵩銘柄に売仕掛の裁定解消売が入り13:20に284.79㌦迄下幅拡大し最安値更新を迎えたが、284㌦を割れる事は無く、ファーストリテイリング等が売り方の買戻しにより大幅高になる等指数の下支え役にもなったのを受け短期的な調整を見越した巨大機関投資家の中では売仕掛解消の裁定解消買を行う者もいる事から14:47には285.91㌦迄買戻され持高調整が入り、15:00には前日比0.31㌦安の285.62㌦迄戻売され、大引けではオプション3月物ではコールが総じて下落し、プットは上昇した状況で15:15には前日比0.39㌦安の285.54㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は3.81㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.59倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲40.81%、騰落レシオは103.72%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月17日


2月17日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix、Topix先物、日経平均先物、ドル建日経平均及び日経平均は反落した。新興株17日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。今朝のドル建て日経平均は9:00寄付286.18㌦を付け2.61㌦幅安で開始。連休明けの米市場で米長期金利が1年ぶり迄の水準に上昇し、NASDAQが3日ぶりに反落。これを受け売仕掛の裁定解消売がハイテク株中心に入り、9:19に284.63㌦をつけ一時4.16㌦幅を超え下幅拡大で最安値更新。その後9:31に286.64㌦迄回復するも再度売仕掛の裁定解消売が入り、10:32には284.64㌦迄下落はするが縮小し下げ渋り11:29には285.19㌦迄買戻されるが持高調整が入り、11:30には前日比3.70㌦安の285.09㌦を付けたが、11:35には前日比3.70㌦安の285.09㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に285.53㌦で寄付後、NYダウは連日で最高値を更新した事やワクチン期待等から裁定買が入り12:54には286.38㌦迄買戻すも上値が重く利益確定が入り13:49には285.95㌦を付けるが、売仕掛の裁定解消売を実行済の巨大機関投資家の中では踏上相場化に巻き込まれた為、原油下げのタイムラグから来る交易条件改善による企業粗利期待から損失回避の巻戻しに当たる売仕掛解消の裁定解消買を景気敏感関連に入れ、ETFも含め使用し上昇させインバースものが支える形で米長期金利上昇によりバリュー銘柄に資金が入る事で売仕掛解消の裁定解消買が入り14:37には286.97㌦迄上幅拡大となり、最高値更新を迎え終えた処で、大幅に持高調整が入り、15:00には前日比2.67㌦安の286.12㌦迄買戻され、大引けではオプション3月物ではコールが売られ、プットは買いが目立った状況で15:15には前日比2.86㌦安の285.93㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は2.34㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per22.85倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲42.36%、騰落レシオは110.58%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月16日


2月16日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix、Topix先物、日経平均先物、ドル建日経平均及び日経平均は続伸した。新興株16日の日経ジャスダック平均は続落したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米市場休場の中、欧州市場株高、ドル円の上昇またワクチン普及への期待を手掛かりに、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付286.91㌦を付け0.56㌦幅高で開始し9:04に286.48㌦を付け、最安値更新を迎えた。銀行・海運等景気敏感銘柄中心に米SOX指数とNBI指数高を手掛かりにグロース銘柄に売仕掛解消の裁定解消買が入り11:29に289.62㌦迄上昇し289㌦台に乗せ前場高値更新を迎え、11:30には前日比3.24㌦高の289.59㌦を付けたが、11:35には前日比3.22㌦高の289.57㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に289.53㌦で寄付後、売仕掛の裁定解消売を実行済の巨大機関投資家の中では踏上相場化に巻き込まれた為、原油下げのタイムラグから来る交易条件改善による企業粗利期待から損失回避の巻戻しに当たる売仕掛解消の裁定解消買を値嵩関連に入れ、ETFも含め使用し上昇させインバースものが支える形で米長期金利上昇によりバリュー銘柄に資金が入る事で売仕掛解消の裁定解消買が入り14:22には290.92㌦迄上昇し4.57㌦の上幅拡大となり、最高値更新を迎え終えた処で、25日移動平均乖離率で5%以上となり約7%に到達した処で大幅に持高調整が入り、14:48には287.45㌦迄下幅拡大し切返す事で、15:00には前日比2.63㌦高の288.98㌦迄買戻され、大引けではオプション3月物ではコールは買われ、プットは売られた状況で15:15には前日比2.44㌦高の288.79㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は4.44㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で35.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per23.24倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲45.31%、騰落レシオは109.98%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月15日


2月15日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、TopixとTopix先物は続伸し、日経平均先物とドル建日経平均及び日経平均は反発した。新興株15日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。先週末の米株がワクチン普及や経済対策期待で3指数揃って最高値を更新し、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付282.33㌦を付け0.74㌦幅高で開始し最安値更新を迎えた。米SOX指数とNBI指数高を手掛かりにグロース銘柄に売仕掛解消の裁定解消買が入り9:24に285.50㌦迄上昇し285㌦台に乗せ前場高値更新を迎えたが、売仕掛の裁定解消売が入り10:43には283.68㌦迄下幅拡大し前場引け直前安値更新を迎えたが、利確が入るも売買代金も2.6兆円と巨大なため切返し、11:30には前日比2.90㌦高の284.49㌦を付けたが、11:35には前日比2.85㌦高の284.44㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に284.49㌦で寄付後、売仕掛の裁定解消売を実行済の巨大機関投資家の中では踏上相場化に巻き込まれた為、原油下げのタイムラグから来る交易条件改善による企業粗利期待から損失回避の巻戻しに当たる売仕掛解消の裁定解消買を値嵩関連に入れ、ETFも含め使用し上昇させインバースものが支える形でグロース銘柄に資金が入り売仕掛解消の裁定解消買が入り14:57には286.45㌦迄上昇し4.87㌦の上幅拡大し、最高値更新を迎え終えた処で持ち高調整が入り、15:00には前日比4.81㌦高の286.50㌦迄買戻され、大引けではオプション3月物はコールが買われ、プットは売られた状況で15:15には前日比4.76㌦高の286.35㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は4.12㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で33.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per23.17倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲41.99%、騰落レシオは117.55%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月12日


2月12日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topixは続伸し、Topix先物は反発したが日経平均先物は続落しドル建日経平均、日経平均は反落した。新興株12日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数が下落でSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。今朝のドル建て日経平均は9:00寄付282.94㌦を付け0.10㌦幅高と一昨日の昨年来高値を上回って282.90㌦台で開始。米SOX指数の大幅高や好決算を手掛かりにハイテク株やトヨタに売仕掛解消の裁定解消買が入り9:04に283.05㌦迄上昇し最高値更新を迎えたが、祝日前の4日間で8㌦以上上昇していたため海運株やソフトバンク等値嵩関連に売仕掛の裁定解消売が入り10:47には280.72㌦迄下幅拡大し最安値更新を迎えたが、利確が入るも売買代金も3兆円と巨大なため切返し、売仕掛の裁定解消売を実行済の巨大機関投資家の中では踏上相場化に巻き込まれた為、原油下げのタイムラグから来る交易条件改善による企業粗利期待から損失回避の巻戻しに当たる売仕掛解消の裁定解消買を値嵩関連に入れ、11:30には前日比1.58㌦安の281.26㌦を付けたが、11:35には前日比1.61㌦安の281.23㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に281.25㌦で寄付後、利益確定売に押され出て、12:42の280.96㌦迄利確が入るも交易条件改善期待から280㌦を割ることは無く下げ渋り14:32には281.71㌦迄買戻され14:59には281.04㌦迄売続けられるも持高調整が入り、15:00には前日比1.33㌦安の281.51㌦迄買戻され、大引けではオプション3月物はコールとプットともに高安まちまちで、コールは権利行使価格2万9500円以上が総じて下落した状況で15:15には前日比1.25㌦安の281.59㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は2.33㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per23.29倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲36.59%、騰落レシオは120.53%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月10日


2月10日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建日経平均、日経平均とTopixは続伸したが、Topix先物と日経平均先物は反落した。新興株10日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米株が小動き町々で還ってきた中、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付281.24㌦を付け0.17㌦幅安で開始。しかし昨日迄の6日間で10.13㌦以上上昇していた事から利益確定売も出て、9:03には280.88㌦を付け小幅に下げる場面もあり最安値更新を迎えた。ワクチン普及加速、米国での追加経済対策の成立期待という良好なマクロ環境に加え、足元で相継ぐ主力企業の好決算を受けた業績上方修正等、先高感を巨大機関投資家間で共有した事で売仕掛解消の裁定解消買が即座に切返しが入り11:14には282.34㌦迄買戻されるが続かず持高調整も入り、11:30には前日比0.83㌦高の282.24㌦を付けたが、11:35には前日比0.80㌦高の282.21㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に282.29㌦で寄付後、利益確定売に押され出て、13:03の281.60㌦迄利確が入るも売買代金も2.8兆円と巨大なため切返し、売仕掛の裁定解消売を実行済の巨大機関投資家の中では踏上相場化に巻き込まれた為、損失回避の巻戻しに当たる売仕掛解消の裁定解消買を値嵩関連に入れ割高日経平均先物売却後のドル建てを含む割安現物買に当たる裁定取引を行う事で持高調整が入り、15:00には前日比1.35㌦高の282.76㌦迄買戻され、大引けではオプション2月物ではコールは高安まちまちでプットは総じて売られた状況で15:15には前日比1.43㌦高の282.84㌦迄買戻され最高値更新を迎える形で引けた。高安値幅は1.96㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で37.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per24.34倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲38.00%、騰落レシオは124.50%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月9日


2月09日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建日経平均とTopix先物、日経平均と日経平均先物、Topixは続伸。新興株09日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数も下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米株が3指数揃って最高値を更新し、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付279.77㌦を付け1.21㌦幅高で開始。昨日迄の2日間で8.56㌦以上上昇していたこともあって、利益確定売も出て、9:29には279.07㌦を付け小幅に下げる場面もあり最安値更新を迎えたが、ワクチン普及加速、米国での追加経済対策の成立期待という良好なマクロ環境に加え、足元で相継ぐ主力企業の業績上方修正等、ファンダメンタルズも良好という事で売仕掛解消の裁定解消買が入り9:55には281.39㌦迄買戻されるが続かず10:30には280.00㌦迄下幅拡大するが押目とみると切返し持高調整も入り、11:30には前日比2.34㌦高の280.90㌦を付けたが、11:35には前日比2.36㌦高の280.92㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に280.51㌦で寄付後、利益確定売に押され出て、12:49の280.00㌦迄利確が入るも売買代金も3兆円と巨大なため切返し、売仕掛の裁定解消売を実行済の巨大機関投資家の中では踏上相場化に巻き込まれた為、損失回避の巻戻しに当たる売仕掛解消の裁定解消買を値嵩関連・資源関連・半導体関連の値嵩株に入れ14:58には281.63㌦迄売仕掛解消の裁定買戻が入り最高値更新を迎え持高調整が入り、15:00には前日比2.71㌦高の281.27㌦迄買戻され、大引けではオプション2月物ではコールがまちまちで、権利行使価格2万9500円以上のコールには値下がりが目立ちプットは総じて下落した状況で15:15には前日比2.85㌦高の281.41㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は2.56㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で35.0%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per24.77倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲38.29%、騰落レシオは124.12%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月8日


2月08日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建日経平均とTopix先物、日経平均と日経平均先物、Topixは続伸。新興株08日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数も下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。今朝のドル建て日経平均は9:00寄付273.62㌦を付け0.91㌦幅高で開始し9:03に273.53㌦迄下幅拡大し最安値更新を迎えた所で、押目狙いから経済対策への期待等や先週末の米株が上昇した事を好感し景気敏感株の他に今期上昇修正した銘柄や決算が期待される銘柄に売仕掛解消の裁定解消買が入り一時上幅前日比6.01㌦をこえまして11:07に278.72㌦を回復し最高値更新を迎える場面もありました。その後、持高調整も入り、11:30には前日比5.75㌦高の278.46㌦を付けたが、11:35には前日比5.78㌦高の278.49㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に278.19㌦で寄付後、13:39の277.39㌦迄利確が入るも売買代金も3兆円と巨大なため切返し、売仕掛の裁定解消売を実行済の巨大機関投資家の中では踏上相場化に巻き込まれた為、損失回避の巻戻しに当たる売仕掛解消の裁定解消買を入れ14:59には278.45㌦迄売仕掛解消の裁定買戻しが入り、15:00には前日比5.88㌦高の278.59㌦迄買戻され大引け直前後場最高値を付け、大引けではオプション2月物でコールは総じて買われ、プットは売りが目立つ状況で15:15には前日比5.85㌦高の278.56㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は5.19㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で35.0%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per25.16倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲37.89%、騰落レシオは119.87%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月5日


2月05日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建日経平均とTopix先物、日経平均と日経平均先物、Topixは反発。新興株05日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数も下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。今朝のドル建て日経平均は9:00寄付271.23㌦を付け1.75㌦幅高で開始し9:05に271.80㌦迄上幅拡大した所で押し目狙いの売仕掛の裁定解消売が入り9:50に270.64㌦迄下幅拡大し最安値更新を迎えたが、底値は堅く270㌦が岩盤と判明するや経済対策の期待等から米株高ドル円上昇が好感され売仕掛解消の裁定解消買が入り11:27には272.48㌦迄下幅回復し買戻され、11:30には前日比2.82㌦高の272.30㌦を付けたが、11:35には前日比2.85㌦高の272.33㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に272.11㌦で寄付後、12:45の271.67㌦迄利確が入るも切返し13:02には272.37㌦迄買戻されるが続かず14:18には271.69㌦迄下幅拡大するも前日まで軟調であった半導体等値嵩ハイテク株に買戻しの動きが見られ時間外のNYダウ株価指数先物や亜細亜市場が堅調に推移したことを受け巨大機関投資家の中では国内業績回復も手掛かりとなり市場心理回復へと繋がり、大引け間際においても強含む展開で14:59の272.85㌦迄売仕掛解消の裁定解消買が入り最高値更新を迎えたが持高調整が入り、15:00には前日比3.30㌦高の272.78㌦迄戻売され、大引けではオプション2月物でコールは買われ、プットは売られた状況で15:15には前日比3.23㌦高の272.71㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は2.21㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で36.0%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per25.17倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲31.71%、騰落レシオは110.29%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月4日


2月04日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建日経平均とTopix先物、日経平均と日経平均先物、Topixは反落。新興株04日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数も下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米株が小動きでまちまちで還ってきた中、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付272.00㌦を付け0.71㌦幅安で開始し9:01に271.55㌦迄下幅拡大した所で押し目狙いの売仕掛解消の裁定解消買が景気敏感株やソニー、日立といった市場予想を上回り今期上方修正した銘柄に入り、9:27に272.43㌦迄買戻され最高値更新を迎えた。買い一巡後は上値が重くなり戻待ちに押され売仕掛の裁定解消売に加え、利益確定が出て10:00には270.79㌦迄下幅拡大したが香港ハンセン指数や上海総合指数等の亜細亜市場が堅調な動きを見せていたので、売仕掛解消の裁定解消買が入り11:12には271.65㌦迄買戻され、11:30には前日比1.29㌦安の271.42㌦を付けたが、11:35には前日比1.29㌦安の271.42㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に270.74㌦で寄付後、半導体指数(SOX指数)の大幅安に加え香港ハンセン指数や上海総合指数等の亜細亜市場が午後から軟調な推移に転じた事で売仕掛の裁定解消売が値嵩ハイテク株等に入り14:06には269.41㌦迄下落し3.30㌦安迄下落し最安値更新を迎えたが、14:57には269.88㌦迄切り返したが支えきれず、15:00には前日比3.13㌦安の269.58㌦迄戻売され、大引けではオプション2月物でコールは売られ、プットは買われた状況で15:15には前日比3.23㌦安の269.48㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は3.02㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.0%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per24.68倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲27.32%、騰落レシオは102.47%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月3日


2月03日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月03日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建日経平均とTopix先物、日経平均と日経平均先物、Topixは続伸。新興株03日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数も下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。追加経済対策が進展するとの期待から主要株価指数は揃って大幅続伸した流れを受けて今朝のドル建て日経平均は9:00寄付271.21㌦を付け0.97㌦幅高で開始した。買い一巡後は上値が重くなり戻待ち押され一時9:05に270.44㌦迄利確が入るが米バイデン政権が掲げる大規模な追加経済対策については、民主党が財政調整法を、活用して単独で成立させる手続きを進めていると伝わり、共和党との協議により規模縮小も止む無しと思われていた中でのポジティブサプライズと受け止められ、押し目と見て巨大機関投資家の中では売仕掛解消の裁定解消買が景気敏感株や好決算銘柄の一角に入り、10:01に273.05㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが上値が重く米長期金利上昇もあり、売仕掛の裁定解消売が値嵩のハイテク株に入り10:41に271.33㌦迄下落したが、持高調整が入り、11:30には前日比1.84㌦高の272.08㌦を付けたが、11:35には前日比1.79㌦高の272.03㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に271.71㌦で寄付後、経済対策への期待感や国内での新型コロナ新規感染者数が連日に亘って減少傾向をたどっている事等を好感し、売仕掛解消の裁定解消買が出遅れ好業績銘柄に入り14:27に272.87㌦迄戻すも14:54には利確で272.49㌦迄下げ幅拡大後、押し目の売仕掛解消の裁定解消買が入り終値とザラ場高値がともに前日を上回る「赤三兵」を示現して強い買い圧力を窺わせ、15:00には前日比2.58㌦高の272.82㌦迄買戻され、大引けではオプション2月物でコールが上昇し、プットは下落した状況で15:15には前日比2.47㌦高の272.71㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は2.61㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per25.67倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲30.9%、騰落レシオは109.15%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月2日


2月02日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建日経平均とTopix先物、日経平均と日経平均先物、Topixは続伸。新興株02日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。米国での投機的な個人投資家の買が弱まり持高調整に追われた巨大機関投資家によるリスク先行姿勢が回復するという観測が拡大し円安の流れを背景に今朝のドル建て日経平均は9:00寄付268.97㌦を付け0.60㌦幅高で開始した。買い一巡後は上値が重くなり戻待ち押され一時9:31に267.81㌦迄利確が入るが押し目と見て巨大機関投資家の中では売仕掛解消の裁定解消買が景気敏感株や好決算銘柄の一角に入り、10:55に270.04㌦迄買戻されたが10:15には269.53㌦迄僅かに下げる動きもあるが269㌦を割る事なく再度売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比2.13㌦高の270.50㌦を付け最高値更新を迎えたが、11:35には前日比2.11㌦高の270.48㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に270.45㌦で寄付後、VIX指数やJCDSが高い事から売仕掛の裁定解消売が入り14:10に269.57㌦迄下げる動きがありましたが270㌦を挟んでの推移で売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比1.84㌦高の270.21㌦迄買戻され、大引けではオプション2月物でコールが買われ、プットは売られた状況で15:15には前日比1.87㌦高の270.24㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は2.69㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per25.51倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲29.10%、騰落レシオは107.10%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月1日


2月01日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建日経平均とTopix先物、日経平均と日経平均先物、Topixは反発。新興株01日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。先週の米株は個人投資家による投機的な取引への懸念から大幅に反落。一方で今朝のドル建て日経平均は9:00寄付264.05㌦を付け0.85㌦幅安で開始し同時に最安値更新を迎えた。 ただ先週末にかけて2日間で11.45㌦以上下げていた事もあり、好業績銘柄を中心に売仕掛解消の裁定解消買が入り10:30には267.25㌦迄買戻されドル建日経平均がプラスに転じ上幅を拡げ持高調整が入り11:00には266.40㌦迄下落したが、11:30には前日比1.73㌦高の266.52㌦を付け、11:35には前日比1.71㌦高の266.50㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に267.01㌦で寄付後、米先物上昇を受け亜細亜市場も回復し、この傾向を横目で見た巨大機関投資家の中で売仕掛解消の裁定解消買を行うものもいる事から、先週3週間振りに割込んでいた268.00㌦を回復し一時上幅3.81㌦を以上となり14:58には268.60㌦を付け最高値更新を迎え、15:00には前日比3.63㌦高の268.42㌦迄買戻され、大引けではオプション2月物でコールは総じて売られプットは買いが目立った状況で15:15には前日比3.58㌦高の268.37㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は4.55㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per25.26倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲26.69%、騰落レシオは105.00%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月29日


1月29日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建日経平均とTopix先物、日経平均と日経平均先物、Topixは続落。新興株29日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米株が反発した事を手掛かりに昨日5.79㌦以上下げ一方で今朝のドル建て日経平均は9:00寄付271.53㌦を付け1.08㌦幅高で開始。 売仕掛解消の裁定解消買が一旦入ったが寄付きを高値に最高値更新を迎えたが、米ネット証券が個人投資家の投機的な取引を巡り制限を設け、9:43には269.41㌦迄下げ幅拡大したがその後一転緩和すると伝わり切返し、10:22には270.96㌦迄買戻され、売仕掛の裁定解消売が入り下げに転じ寄付き天井となり持高調整が入り、11:30には前日比1.02㌦安の269.43㌦を付け、11:35には前日比1.07㌦安の269.38㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に268.51㌦で寄付後、米市場等が混乱するとの懸念から米株先物が下落し、この傾向を横目で見た巨大機関投資家の中で売仕掛けの裁定解消売を行うものもいる事から、15:00には前日比5.98㌦安の264.47㌦迄戻売され最安値更新を迎え、大引けではオプション2月物でコールが総じて売られプットは買いが目立った状況で15:15には前日比5.66㌦安の264.79㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は7.06㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per25.05倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲22.4%、騰落レシオは103.61%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月28日


1月28日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建日経平均とTopix先物、日経平均と日経平均先物、Topixは反落。新興株28日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。今朝のドル建て日経平均は9:00寄付270.49㌦を付け5.75㌦幅安で開始。VIX指数上昇傾向に加え欧米株の下落を受け朝方好決算銘柄やハイテク銘柄に売仕掛の裁定解消売が入り9:03に268.58㌦を付けドル建て日経平均一時取引時間中では269㌦を下回って下幅が7.66㌦安越えし最安値更新を迎えた。下値が想定以上に堅いとみて、朝方に先物を売却していた海外巨大機関投資家が早々に売仕掛解消の裁定解消買を迫られ陸運や海運株が上昇し10:55には272.04㌦迄買戻され最高値更新を迎え持高調整が入り、11:30には前日比4.67㌦安の271.57㌦を付け、11:35には前日比4.69㌦安の271.55㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に270.93㌦で寄付後、この処冴えなかった割安銀行セクターにも売仕掛解消の裁定解消買を迫られ12:42には271.26㌦迄買戻されるが、前日の米株市場では、米アップルやテスラ等主力ハイテク株が決算を受けて時間外取引で大幅に売却され大規模に崩れ、先行き不透明感から売仕掛の裁定解消売が入り13:39には269.59㌦迄戻売されるが押し目狙いの裁定買により14:28の271.15㌦迄買戻されるが続かず売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比5.71㌦安の270.53㌦迄買戻され、大引けではオプション2月物ではコールは総じて下落したがプットが総じて上昇した状況で15:15には前日比5.79㌦安の270.45㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は3.46㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で50.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per25.68倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲23.76%、騰落レシオは102.22%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月27日


1月27日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建日経平均とTopix先物、日経平均と日経平均先物、Topixは反発。新興株27日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米株は下落したが今朝のドル建て日経平均は9:00寄付276.71㌦を付け1.44㌦幅高と小幅反発で開始。朝方好決算銘柄やハイテク銘柄に売仕掛解消の裁定解消買が入り9:38に277.55㌦を付け最高値更新を迎え一時上げ幅2.28㌦を越えました。ただ、277.50㌦台に乗せた後は上値が重くなりSOX指数の下落から半導体関連を中心に値嵩銘柄に売仕掛解消の裁定解消売が入り、前場には一時下げに転じる場面が見られ11:15に275.28㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え持高調整が入り、11:30には前日比0.46㌦高の275.73㌦を付け、11:35には前日比0.51㌦高の275.78㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に275.73㌦で寄付後、FOMCの結果やFRB議長発言を見極めたいとする傾向から276㌦を挟んで揉合相場化し大引け直前に売仕掛解消の裁定解消買が入り14:59に276.25㌦迄買戻され0.98㌦の上げ幅維持の体制を取りプラス圏で推移する形となり、15:00には前日比0.94㌦高の276.21㌦迄買戻され、大引けではオプション2月物ではコールは高安まちまちでプットが総じて売られた状況で15:15には前日比0.97㌦高の276.24㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は2.27㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で37.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per26.04倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲35.11%、騰落レシオは101.77%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月26日


1月26日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建日経平均とTopix先物、日経平均と日経平均先物、Topixは反落。新興株26日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。30年ぶりの高値更新した今朝のドル建て日経平均は9:00寄付276.59㌦を付け1.37㌦幅安と小幅反落で開始。朝方9:07に276.96㌦を付け最高値更新となるが、週末要因で利益確定売りが出易く米国の経済対策やワクチン普及等の不透明感を重しにNYダウが僅かながらも3日間続落した事を材料に売仕掛解消の裁定解消売が景気敏感株中心に入り、10:28に275.60㌦迄下げ幅拡大しすぎに切返すも11:03に276.56㌦迄買戻されるが続かず裁定解消売後持高調整が入り、11:30には前日比1.77㌦安の276.19㌦を付け、11:35には前日比1.77㌦安の276.19㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に275.64㌦で寄付後、一時13:10に276.02㌦迄買戻されるが、米経済対策行過期待の修正としての売仕掛の裁定解消売が入り13:40に274.99㌦迄下げ幅拡大し2.97㌦安を記録し最安値更新を迎えたが、押し目狙いの売仕掛解消の裁定解消買が入り14:39には275.81㌦迄買戻されるが中国株安や米株先物の下落等を反映し修正としての売仕掛の裁定解消売が再度入り下落するが跳ね返し、15:00には前日比2.74㌦安の275.22㌦迄買戻され、大引けではオプション2月物ではコールが総じて下落した。半面、プットは総じて上昇した状況で15:15には前日比2.69㌦安の275.27㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は1.97㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.3%の小幅悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per25.94倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲34.92%、騰落レシオは99.67%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月25日


1月25日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建日経平均とTopix先物、日経平均と日経平均先物、Topixは反発。新興株25日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は下降したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。今朝のドル建て日経平均は9:00寄付276.53㌦を付け0.25㌦幅高と小幅反発で開始後、朝方9:06に、週末要因で利益確定売りが出易く新型コロナウイルス感染の終息に目処が立たたず世界的なワクチン普及の遅れによる、経済回復への懸念もくすぶる背景から、売仕掛の裁定解消売が入り9:06には275.31㌦迄下げ幅拡大し2.97㌦安と最安値更新を迎えた。米の大型経済対策先行き不透明感からNYダウも続落した事も重しとなりましたがナスダックが連日最高値更新をしたことを受け売仕掛解消の裁定解消買が入り9:55には277.21㌦迄買戻され0.93㌦幅の上昇を付け後、大規模な政策変更がないため売仕掛の裁定解消売が入り10:57に276.43㌦迄下げ幅拡大後FOMCが控えているため直ぐに切返し、11:30には前日比0.91㌦高の277.19㌦を付け、11:35には前日比0.94㌦高の277.22㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に277.13㌦で寄付後、一時12:31に277.27㌦迄買戻されるが、13:05には276.82㌦迄戻売りされ13:38には277.14㌦と押目買が入り14:04で276.86㌦迄戻売りされ持ち高調整後、今週から主力企業の10-12月期決算が本格化し来期の増益予想を加味した上で巨大機関投資家のセンチメントが強気に傾いているため売仕掛解消の裁定解消買がグロースや値嵩銘柄に入り取引終了間際で上値を伸長傾向も見られ、15:00には前日比1.63㌦高の277.91㌦迄買戻され、大引けではオプション2月物ではコールはまちまちで権利行使価格3万円以下は値上がりが多かったが、3万円を超えるコールは下落が目立ち、プットは総じて下落した状況で15:15には前日比1.68㌦高の277.96㌦迄買戻され最高値更新を迎える形で引けた。高安値幅は2.65㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.3%の小幅悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per26.18倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲39.0%、騰落レシオは99.83%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月22日


1月22日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建日経平均とTopix先物、日経平均と日経平均先物、Topixは反落。新興株22日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米株がまちまちで還ってきた中、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付276.13㌦を付け1.23㌦幅安と下回って開始。週末要因で利益確定売りが出易く新型コロナウイルス感染の終息に目処が立たたず世界的なワクチン普及の遅れによる、経済回復への懸念もくすぶる背景から、売仕掛の裁定解消売が入り9:06には275.62㌦迄下げ幅拡大し2.6㌦安と最安値更新を迎えたが、26日からはFOMC(米連邦公開市場委員会)が控えている事から売仕掛解消の裁定解消買が入り11:05には277.16㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比1.52㌦安の276.70㌦を付け、11:35には前日比1.55㌦安の276.67㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に276.55㌦で寄付後、一時12:33に276.38㌦迄戻売されるが、来週からは日米主力企業10―12月期決算の発表が本格化することから売仕掛解消の裁定解消買が入り14:29には277.08㌦迄買戻されるがこれらイベント前に積極的に売買する動きは手控えられ、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比1.78㌦安の276.44㌦迄戻売され、大引けではオプション2月物ではコールは売られ、プットは買われた状況で15:15には前日比1.94㌦安の276.28㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は1.54㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per26.09倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲37.64%、騰落レシオは96.55%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月21日


1月21日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建日経平均とTopix先物、日経平均と日経平均先物、Topixは反発。新興株21日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米大統領就任を無事終えて最高値を更新。それを受けて、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付277.26㌦を付け2.26㌦幅高と上回って開始。朝方米国市場の流れを引き継いで情報・通信・サービス業等IT関連株に売仕掛解消の裁定解消買が入り、9:07に278.50㌦迄買戻され3.50㌦の上げ幅拡大となり最高値更新を迎えたが材料出尽くしにより売仕掛の裁定解消売が入り9:19には276.36㌦迄下げ幅拡大し9:32に278.08㌦を付けた後、下げ渋り9:32に278.08㌦迄上昇したが続かず、11:30には前日比2.42㌦高の277.42㌦を付け、11:35には前日比2.42㌦高の277.42㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に277.84㌦で寄付後、一時13:19に277.95㌦迄戻売されるが、売仕掛解消の裁定解消買が入り13:47に278.30㌦迄買戻されSOX指数の小幅安を受け売仕掛の裁定解消売が入り14:40に277.62㌦迄下げ幅拡大したが下げ渋り之から起こるイベント観測に期待が入り売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比3.22㌦高の278.22㌦迄戻売され、大引けではオプション2月物ではコールは上昇し、プットは下落した状況で15:15には前日比3.22㌦高の278.22㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は1.64㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で34.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per26.18倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲39.49%、騰落レシオは98.17%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月20日


1月20日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建日経平均とTopix先物、日経平均と日経平均先物、Topixは反落。新興株20日の日経ジャスダック平均は続伸と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米次期財務長官が経済政策に積極的に取り組み法人増税は急がない事を示した事で連休明けの米株価は反発。今朝のドル建て日経平均は9:00寄付277.20㌦を付け1.86㌦幅高と上回って開始。SOX指数の最高値を受けハイテク株に売仕掛解消の裁定解消買が入り9:02には277.27㌦迄上昇し最高値更新を迎えたが商品価格の下落に伴い資源価格が上昇する一方で景気敏感株や金融関連株に売仕掛の裁定解消売が入り10:16に274.37㌦迄下幅拡大し11:00に275㌦迄買戻すも続かず、11:30には前日比0.63㌦安の274.71㌦を付け、11:35には前日比0.66㌦安の274.68㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に274.66㌦で寄付後、一時12:52に275.00㌦迄買戻されるが、厳戒態勢の中で開かれる大統領の就任式を手前に見送り態度が強まり売仕掛の裁定解消売が入り13:05に273.70㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたがその後は巨大機関投資家間では下げ渋り売仕掛解消の裁定解消買が入る事で14:56に275.13㌦迄戻すが、15:00には前日比0.40㌦安の274.94㌦迄戻売され、大引けではオプション2月物ではコールが下落し、プットは上昇した状況で15:15には前日比0.34㌦安の275.00㌦迄戻売される形で引けた。高安値幅は3.57㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per26.01倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲38.1%、騰落レシオは98.45%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月19日


1月19日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建日経平均とTopix先物、日経平均と日経平均先物、Topixは反発。新興株19日の日経ジャスダック平均は続伸と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米国市場休場の中、欧州市場の反発を好感して、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付273.91㌦を付け開始し材料出尽くし感から同時刻で273.60㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが次期財務長官が大型経済対策を示すと米国先物上昇へと繋がり、ドル建て日経平均が青天井を示現し持たざるリスク形成を巨大機関投資家に持たせたことを背景に売仕掛解消の裁定解消買が値嵩・ハイテク銘柄等に入り、9:50には276.30㌦迄上幅拡大し利確で10:25に275.74㌦迄下落するも10:34には276.30㌦迄買戻され三尊天井形成し売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比3.10㌦高の275.35㌦を付け、11:35には前日比3.03㌦高の275.27㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に275.75㌦で寄付後、一時13:18に275.23㌦迄戻売されるが、次期財務長官による追加経済対策効果期待、良好な決算期待や菅義偉首相による日本のESG投資即ちグリーン投資の実効性期待等の報道や時間外の米株先物上昇を受け売仕掛解消の裁定解消買が14:20には276.16㌦迄巨大機関投資家間では入るが長続きせず売仕掛の裁定解消売が入り14:50には274.72㌦迄下幅拡大するが底値が堅いため売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比3.13㌦高の275.37㌦迄買戻され、大引けではオプション2月物ではコールが買われ、プットは売られた状況で15:15には前日比3.10㌦高の275.34㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は2.70㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で37.0%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per26.09倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲40.26%、騰落レシオは100.71%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月18日


1月18日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建日経平均とTopix先物、日経平均と日経平均先物、Topixは続落。新興株18日の日経ジャスダック平均は反発と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。3か月連続の減少となった12月小売売上高や金融大手の決算が失望感を誘った上で、日銀で悪い金利上昇の検討と某情報ベンダーによる報道に加え、東京オリンピック中止の可能性等が報じられたことが重しとなり、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付277.15㌦を付け開始し裁定解消売の買戻が入り9:01には271.75㌦を付けるも材料出尽くし感が巨大機関投資家の間で確認されると売仕掛の裁定解消売が景気敏感株に入り9:04に270.61㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え一時下げ幅4㌦を越えました。ただディフェンシブ銘柄に売仕掛解消の裁定解消買が入り10:00に273.08㌦迄買戻されたが13:18の272.25㌦で下げ渋り11:04には273.23㌦迄裁定解消買が入り最高値更新となるも、11:30には前日比2.20㌦安の272.65㌦を付け、11:35には前日比2.15㌦安の272.70㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に272.41㌦で寄付後、一時12:45に272.91㌦迄買戻されるが、今晩の米国市場が休場で経済対策期待の上昇相場が終了のため、様子見傾向が示現し売仕掛の裁定解消売が入り13:55には271.78㌦迄下げ幅拡大するが押し目買いにも押され、15:00には前日比2.56㌦安の272.29㌦迄買戻され、大引けではオプション2月物ではコールは売られ、プットは買われた状況で15:15には前日比2.61㌦安の272.24㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は2.62㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per25.85倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲36.44%、騰落レシオは99.46%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月15日


1月15日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建日経平均とTopix先物、日経平均と日経平均先物、Topixは反落。新興株15日の日経ジャスダック平均は続落と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。バイデン次期米大統領による財政政策の規模が2兆ドルに及ぶと伝わったことを好感して、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付277.15㌦を付け開始し裁定解消売の買戻が入り9:01には277.57㌦を付け寄付き天井となり最高値更新となるも材料出尽くし感が巨大機関投資家の間で確認されると売仕掛の裁定解消売が入り11:20には275.20㌦迄下幅拡大したのが観測され、11:30には前日比0.10㌦高の276.01㌦を付け、11:35には前日比0.12㌦高の276.03㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に275.88㌦で寄付後、一時12:31に275.96㌦迄買戻されるが時間外の米株価指数先物の軟調推移に歩調を合わせ売仕掛の裁定解消売が入り、13:15には274.46㌦迄下幅拡大するが押し目狙いの裁定買も入り13:39には275.55㌦迄反発するが続かず調整の売仕掛の裁定解消売が入り14:19には274.45㌦迄下幅拡大し最安値更新を迎え持高解消が入り、15:00には前日比1.16㌦安の274.75㌦迄買戻され、大引けではオプション2月物はコールが総じて下落し、プットは上昇が目立った状況で15:15には前日比1.06㌦安の274.85㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は3.12㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.1%の小幅悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per26.11倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲40.05%、騰落レシオは103.88%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月14日


1月14日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建日経平均とTopix先物、日経平均と日経平均先物、Topixは続伸。新興株14日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米株が小動きまちまちで還ってきた中、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付273.96㌦を付け開始したが9:01に273.66㌦を付け最安値更新。米市場では米長期金利下落で景気敏感株が売却されハイテク株が買われた流れを引き継いでドル建て日経平均は売仕掛解消の裁定解消買が入りその後プラスに転じ11:01には277.70㌦を付け、11:30には前日比2.77㌦高の277.23㌦を付け、11:35には前日比2.45㌦高の276.91㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に277.67㌦で寄付後、ファーストリテイリングが上場来高値を更新し14:00の278.62㌦迄裁定解消買が入り最高値更新を迎え280㌦に迫る場面もありましたが、今晩、ウェブ会議にてパウエルFRB議長発言やバイデン次期大統領がバンカー出身ながら金融界に批判的なゲーリー・ゲンスラー氏を証券取引委員会(SEC)委員長に指名する見通しとの観測報道から巨大機関投資家の中では売仕掛の裁定解消売を入れる者もいる事から14:23には274.95㌦迄上げ幅縮小するも裁定売り残の買戻が入る事で14:49に276.69㌦迄持ち直し、15:00には前日比1.53㌦高の275.99㌦迄買戻され、大引けではオプション2月物は株式相場の上昇を受けて、コールは総じて買われ一方、プットは売りが目立った状況で15:15には前日比1.45㌦高の275.91㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は4.96㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.0%の小幅悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per26.33倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲43.59%、騰落レシオは109.50%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月13日


1月13日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建日経平均とTopix先物は反発し、日経平均と日経平均先物、Topixは続伸。新興株13日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。今朝のドル建て日経平均は9:00寄付271.25㌦を付け開始したが9:00に271.24㌦を付け最安値更新。米長期金利一服でドル円が下落した事で重しになったものの、0.01㌦下げた後すぐ切返し共和党と民主党の協力で米国追加経済対策を背景とした米株の反発を受け、売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比3.23㌦高の273.49㌦を付け、11:35には前日比3.26㌦高の273.52㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に273.75㌦で寄付後、安川電機の上方修正を手掛かりに裁定売残の買戻や景気敏感やハイテク株に売仕掛解消の裁定解消買が入り、12:59に275.21㌦を付け外国巨大機関投資家に最注目されたが、為替動向が重しとなり持高調整も入る事で14:45に274.21㌦迄上げ幅縮小するも裁定売り残の買戻が入る事で、15:00には前日比4.20㌦高の274.46㌦迄買戻され、大引けではオプション2月物は株式相場の上昇を受けて、コールに値上がりが目立ち、プットは下落した状況で15:15には前日比4.20㌦高の274.46㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は3.97㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で36.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per26.17倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲41.69%、騰落レシオは104.47%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月12日


1月12日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建日経平均とTopix先物は反落したが、日経平均と日経平均先物、Topixは続伸。新興株12日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下降した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。今朝のドル建て日経平均は9:00寄付268.96㌦を付け小幅安で開始したが9:02に267.95㌦を付け最安値更新。一旦268㌦を下回るが下げが限定的であることで1989年のドル建て日経平均での最高値に顔合わせ再注目され、巨大機関投資家による売仕掛解消の裁定解消買が入り切返し9:55には271.41㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、10:41には269.56㌦迄売が一巡した後は医薬品、値嵩株等の一角に売仕掛解消の裁定解消買が入り11:00には270.45㌦迄買戻され持高解消が入り、11:30には前日比0.56㌦安の270.29㌦を付け、11:35には前日比0.53㌦安の270.32㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に269.67㌦で寄付後、一旦は買戻され13:21には270.24㌦迄持ち直したが、菅首相から関西3府県にも緊急事態宣言の対象拡大をするとの表明から懸念材料と見られ売仕掛の裁定解消売が入り13:21には269.35㌦迄下落し先週末の終値付近で暫く膠着感を見せたが、大引け直前では日本の取引時間中に米株価指数先物が堅調に推移したことが追い風となり売仕掛解消の裁定解消買が入り切返し14:45には271.06㌦迄買戻され持高調整後、15:00には前日比0.64㌦安の270.21㌦迄買戻され、大引けではオプション2月物はコールが高安まちまち、プットは総じて下落した状況で15:15には前日比0.59㌦安の270.26㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は3.46㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で37.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per26.09倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲39.06%、騰落レシオは102.41%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月8日


1月8日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月8日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建日経平均、日経平均と日経平均先物、TopixとTopix先物は続伸。新興株8日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数が反落しCDS指数は下降した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米株3指数揃って最高値を受け、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付267.07㌦を付け小幅高で開始したが同時刻に266.57㌦を付け最安値更新。しかし米次期政権下での大型景気対策への期待等から売仕掛解消の裁定解消買が入り11:29には269.41㌦迄買戻され、11:30には前日比2.98㌦高の269.33㌦を付け、11:35には前日比2.96㌦高の269.31㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に269.43㌦で寄付後、一旦は下落したが13:00には270.25㌦迄持ち直したが、7日のトランプ大統領ビデオメッセージでの敗北宣言を受け一時下がるも昨年末に新年相場の下げを見込んで売り方に回っていた巨大機関投資の買戻しなども巻き込みながら、売仕掛解消の裁定解消買が入り持高調整後、15:00には前日比4.47㌦高の270.82㌦迄買戻され、大引けではオプション21年1月物はコールが上昇し、プットは下落した状況で15:15には前日比4.50㌦高の270.85㌦迄買戻され最高値更新を迎え終える形で引けた。高安値幅は4.28㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per26.02倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲39.55%、騰落レシオは103.96%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月7日


17日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建日経平均、日経平均と日経平均先物は反発したが、TopixTopix先物は続伸。新興株7日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数が反落しCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。NYダウが最高値を更新し、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付265.41㌦を付け小幅高で開始。米ジョージア州の上院での決選投票での結果を受け、次期新政権による追加景気対策への観測から米長期金利が上昇。この流れから売仕掛解消の裁定解消買が金融関連、割安な景気敏感銘柄に入り10:51には267.94㌦に到達し上げ幅を4.6㌦以上迄記録し最高値更新を迎えたがナスダックの反落を受け、売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比3.64㌦高の266.98㌦を付け、11:35には前日比3.72㌦高の267.06㌦を付け終了した。午後に入ると12:30267.11㌦で寄付後、一旦は下落したが13:05には267.24㌦迄持ち直したが、また、ブルーウェーブシナリオの実現期待から米長期金利が1%を超えて上昇したのを受け、売仕掛の裁定解消売が入り1425265.87㌦迄下幅拡大し、売仕掛解消の裁定解消買が入り持高調整後、15:00には前日比3.06㌦高の266.40㌦迄買戻され、大引けではオプション21年1月物はコールは買われ、プットは売られた状況で15:15には前日比3.01㌦高の266.35㌦迄買戻され266㌦を継続して終える形で引けた。高安値幅は2.53㌦になり空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で37.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per25.59倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では安値圏▲32.49%、騰落レシオは95.49%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月6日


16日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建日経平均、日経平均と日経平均先物は続落したが、TopixTopix先物は反発。新興株6日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数が反発しCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。為替の円高ドル安を重しに今朝のドル建て日経平均は9:00寄付263.95㌦を付け小幅高で開始。その後、米株反発や商品価格の上昇等を支えに売仕掛解消の裁定解消買が入り9:51265.05㌦を付け最高値更新を迎え一時小幅にプラスに転じたが、米大統領および上下議会の過半数を民主党が占めるいわゆるブルーウェーブシナリオの実現の生末を決める米ジョージア州上院選の投開票結果が速報ベースで拮抗していると伝わると、民主党政権主導による増税や規制強化などを警戒した売仕掛の裁定解消売が値嵩ハイテク株等に入り10:47262.94㌦迄下落した処で、売り一巡後下げ渋りまして一時プラスに転じる場面もあり、11:30には前日比0.08㌦安の263.80㌦を付け、11:35には前日比0.05㌦安の263.83㌦を付け終了した。午後に入ると12:30263.20㌦で寄付後、昨日買われたハイテク株等にも同様に警戒した売仕掛の裁定解消売が入り13:03262.70㌦迄下幅拡大し最安値更新を迎え下幅1.18㌦安を記録すると、売仕掛解消の裁定解消買が入り14:19には263.83㌦迄買戻されたが前日の日銀による上場投資信託〔ETF〕の1日当たりの買い入れ額が減額されていたことから、巨大機関投資家間では、「27000円台では積極的に買わないという姿勢だろう」との見方も聞かれ、こうした需給面での下支え役の存在が薄れたことも嫌気された可能性がある事から売仕掛の裁定解消売が入り持高調整後、15:00には前日比0.62㌦安の263.26㌦迄買戻され、大引けではオプション21年1月物はコール、プットともに売られた状況で15:15には前日比0.54㌦安の263.34㌦迄買戻され260㌦を継続して終える形で引けた。高安値幅は2.35㌦になり空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で40.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per25.14倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では安値圏▲27.84%、騰落レシオは98.60%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月5日


1月5日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月5日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建日経平均、日経平均と日経平均先物、TopixとTopix先物は続落した。新興株5日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数が反発しCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。上院の決選投票と年始の米株が3日振りに大幅安となった事を嫌気し今朝のドル建て日経平均は9:00寄付263.27㌦を付け小幅安で開始。その後一段下がり9:03に262.85㌦を付け後売仕掛解消の裁定解消買がハイテク株や半導体に入り9:51に254.57㌦を付け売り一巡後下げ渋りまして一時プラスに転じる場面もあり、11:30には前日比0.48㌦安の264.08㌦を付け、11:35には前日比0.48㌦安の264.08㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に264.42㌦で寄付後、12:31に264.67㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、コロナ拡大で緊急事態宣言による業績懸念や為替の円高基調に加え上院決選投票でトリプルブルーが成立すると債券大量発行に寄る財政出動が起き利回り金利が上昇する悪い金利上昇が発生し債券損失による株売り対策としての売仕掛の裁定解消売が入り13:17には252.59㌦迄下落し下げ幅を1.73㌦程度に拡げ此処で最安値更新を迎える場面もあったのですが今日も昨日に引き続き260㌦を割れること無く終え持高調整後、15:00には前日比0.76㌦安の263.80㌦迄買戻され、大引けではオプション21年1月物はコールは売られ、プットは買われた状況で15:15には前日比0.68㌦安の263.88㌦迄買戻し260㌦を継続して終える形で引けた。高安値幅は1.84㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per25.02倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では安値圏▲48.27%、騰落レシオは90.60%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

究極の売買プログラム

昨年のマーケットダイジェストはこちら

 

ニュース

2021-4-30 GW期間休業のお知らせ

                  5月1日(土)から5月5日(水)まで休業致します。5月6日(木)より通常営業致します。

2020-12-17 年末年始の営業日のお知らせ

                  年内は12月29日(水)まで営業致します。新年は1月5日(火)より通常営業致します。

2020.10.26 臨時休業のお知らせ

                  10月26日(月)から10月30日(金)まで休業致します。11月2日(月)より通常営業致します。

2019-04-02 GW期間休業のお知らせ

                  4月26日(金)から5月7日(火)まで休業致します。5月8日(水)より通常営業致します。

契約について

投資情報できる株、初心者向けサラリーマン投資及び円高強銘柄発掘   矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社 矢野新興産株式会社 矢野新ホールディングス

SBI証券 投資顧問業協会 証券アナリスト協会 金融庁第二種金融商品取引業協会

アクセスカウンタ

アクセスカウンタ(トップページ)

ページトップへ戻る