中小型株専門銘柄レポート『相場のキューピッド』

相場のキューピッド  大当たり速報

最終更新:2012年12月21日18:45 PM

 

12/21長大+23.3%(11/15推奨)

12/21電算+20.8%(11/16推奨)

12/21きもと+13.9%(11/21推奨)

12/21日本輸送+13.4%(11/30推奨)

12/21ソフトブレーン+13.3%(11/6推奨)

12/21じもとHD+13.3%(11/30推奨)

11/30山田コンサル+38.3%(11/20推奨)

11/30ハナテン+36.4%(11/26推奨)

11/30インタースペース+15.2%(11/27推奨)

11/30シノケンG+8.8%(11/28推奨)

11/30C&R +5.3%(11/20推奨)

11/30ショーエイコーポ-1.8%(11/27推奨)

11/27陽光都市+67.1%(11/20推奨)

11/27サニーサイド+23.1%(11/22推奨)

11/27日本エスコン+15.2%(11/22推奨)

11/27ベルマーク+10.9%(11/12推奨)

11/27モブキャスト-9.6%(11/11推奨)11/27Topixベア-12.2%(6/4推奨)

11/20ランドビジネス+123.9%(11/12推奨)

11/20アーバネット+28.8%(11/8推奨)

11/20アイフル+27.3%(11/14推奨)

11/20MDNT+11.2%(11/15推奨)

11/20オムロン+6.9%(11/8推奨)

11/20きちり-58.5%(6/18推奨)

11/20ドーン-59.6%(6/5推奨)

10/11ポールトゥウ+13.9%(6/27推奨)

10/11コスモバイオ+12.8%(6/12推奨)

9/20ヒューリック+19.8%(6/26推奨)

9/20ベネワン+7.6%(6/20推奨)

8/24ウェザーニュ+25.5%(6/19推奨)

8/24タカキュー+22.4%(6/19推奨)

8/24スタートトゥ+9.9%(6/15推奨)

7/18アストマックス+68.3%(6/29推奨)

7/18A&T+27.4%(6/12推奨)

7/18ライトオン+9.1%(6/25推奨)

7/18ニトリHD+6.3%(6/27推奨)

6/26アビックス+59.5%(6/21推奨)

6/26ロジコム+16.0%(6/22推奨)

6/26サニックス+11.0%(6/20推奨)

6/25ワンダー+16.8%(6/21推奨)

6/21ぱど+24.69%(6/11推奨)

6/21グラウンド+20.44%(6/11推奨)

6/19プラット+34.79%(6/11推奨)

6/19アビックス+17.79%(6/15推奨)

6/19オービス+10.08%(6/13推奨)

6/19リブセンス+8.05%(6/13推奨)

6/13テンプHD+13.46%(6/5推奨)

6/13光通信+6.91%(6/7推奨)

2/8ジオスター+1.36%(1/30推奨)

2/8インタースペース+1.98%(1/30推奨)

2/8インターアクション+0.74%(1/29推奨)

2/8リブセンス-1.36%(1/29推奨)

2/8イーブックイニシアティブジャパン+0.10%(12/16推奨)

2/8テラプローブ-1.60%(1/26推奨)

2/8KLab+6.36%(1/23推奨)

2/8ドリコム+9.85%(1/23推奨)

2/8日本道路+16.18%(1/16推奨)

2/8鐘崎+3.75%(1/12推奨)

2/8テンポスバスターズ-22.12%(1/9推奨)

2/8夢真ホールディングス+8.65%(1/9推奨)

2/8日東ベスト+0.12%(12/21推奨)

2/8ホリプロ-0.19%(12/21推奨)

2/8日本アビオニクス+9.52%(12/19推奨)

2/8パーク24-1.99%(12/16推奨)

2/83Dマトリックス-11.66%(12/15推奨)

1/19日本橋梁51.1%(1/16推奨)

1/19ナノキャリア+18.1%(1/12推奨)

1/19東京計器+13.2%(12/19推奨)

1/19東京リスマチック-9.0%(12/20推奨)

1/19ルック-10.0%(12/20推奨)

1/11 ダイユーエイト28.1%(12/27推奨)

1/11 やまや12.1%(12/15推奨)

1/11 GCジョイコ5.9%(12/18推奨)

1/5 シスウェーブ32.5%(12/27推奨)

12/27 エイジア37.1%(12/22推奨)

12/27 ワオコーポ12.4%(12/21推奨)

12/22 エイジア21.8%(12/20推奨)

12/22 スリープロ+18.8%(12/20推奨)

12/22 C-ノア+17.0%(12/20推奨)

12/22 ヤマナカ+15.4%(12/20推奨)

12/16免疫生物+39.7%(12/12推奨)

12/16 山王+30.9%(12/14推奨)

12/16 ピクルス+24.3%(12/13推奨)

12/16 ネプロ+16.6%(12/8推奨)

12/16 日本管理+10.6%(12/14推奨)

12/16 コナカ+10.4%(12/12推奨)

12/16 薬王堂+9.7%(12/13推奨)

12/16 キッセイ薬品+5.0%(12/12推奨)

12/15 日本管理+38.9%(12/12推奨)

12/15 共立メンテ+9.6%(11/16推奨)

12/15 梅の花+8.2%(12/8推奨)

12/15 協和キリン+2.4%(11/15推奨)

12/15 プロミス+1.8%(10/2推奨)

12/14 ドワンゴ+27.7%(11/15推奨)

12/14 スリープロ+29.8%(12/11推奨)

12/14 ガイヤHD+20.2%(12/12推奨)

12/14 あさひ+4.9%(11/28推奨)

12/14 アルインコ+6.2%(10/23推奨)

12/14 ツガミ-0.7%(11/28推奨)

12/13 市進HD-0.8%(11/20推奨)

12/08 フジプレアム+48.3%(12/06推奨)

12/08 省電舎+43.5%(12/06推奨)

12/08 きちり+41.9%(12/06推奨)

12/08 NPC +26.1%(12/06推奨)

「相場のキューピッド」及び「レポート会員」に掲載の銘柄、並びに「プレミアム会員 」及び「特別会員」に推奨の銘柄から、抜粋しています。

相場のキューピッド

究極の売買プログラムハイパーキューピッド

ハイパーキューピッド1号の運用パフォーマンス

最終更新:2022年9月28日23:40AM

9月28日


9月28日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は反落した。新興株28日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。欧米金利上昇の中、NYダウ、ドイツ、及びフランス株が連日で年初来安値を更新。時間外で米国の長期金利が4%台に乗せた事で先物が下落し、景気懸念から人民元が14年ぶりの安値を更新すると中国経済のリスクオフムードが起こり、本日のドル建て日経平均では9:00に182.49㌦で寄付開始しナスダック総合指数上昇から売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:02の183.14㌦迄上げ幅拡大したが寄付き天井化し最高値更新を迎えたが続かず、米アップルの 「IPhone(アイフォーン)14」増産計画撤回の報道が嫌気され関連産業から失業者増、景気後退懸念からの業績悪化増が増長する事から売仕掛の裁定解消売が入り、11:23の178.14㌦迄下げ幅拡大後、11:30には前日比4.06㌦安の179.46㌦迄買戻され、11:35には前日比4.06㌦安の179.46㌦迄買戻された。後場では12:30に179.51㌦で開始し揉合った後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:30の180.05㌦迄買戻され5日線が25日線を越えたが続かずデッドクロスした事から売仕掛の裁定解消売が入り、14:10の179.31㌦迄下落した後、明日の配当落ち後を狙った買戻しと10月のMSCI組入れ対策から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比2.75㌦安の180.77㌦迄買戻し、オプション22年10月物は「コール」は売られたが「プット」は買われた状況で15:15には前日比2.75㌦安の180.77㌦迄買戻され引けた。高安値幅は5.00㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で51.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.02倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽14.68%、東証プライム騰落レシオは80.25%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月27日


9月27日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は反発した。新興株27日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均では9:00に183.84㌦で寄付開始し一旦9:05の183.61㌦迄下げ9:10の184.38㌦迄一時的に上昇するも欧米株の下落より売仕掛の裁定解消売が入り、9:42の183.41㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、「空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で50.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.11倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則により、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:04の184.50㌦迄売仕掛け解消の裁定解消買が入り、最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛の裁定解消売が入り10:45の183.97㌦迄下げ幅拡大後、25日線の上昇に併せ売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比1.52㌦高の184.30㌦迄買戻され、11:35には前日比1.52㌦高の184.30㌦迄買戻された。後場では12:30に183.93㌦で開始したが12:35の183.76㌦迄下げ幅拡大後、米株先物上昇に併せ13:05の184.01㌦迄売仕掛け解消の裁定解消買が入ったが続かず、売仕掛の裁定解消売が入り14:40の183.46㌦迄戻売りされたが、時間外米株先物上昇を受け14:55の183.85㌦迄売仕掛け解消の裁定解消買を入れ買戻されたが続かず、15:00大引けでは前日比0.97㌦高の183.75㌦迄戻売し、オプション22年10月物は「コール」は上昇したが「プット」は下落した状況で15:15には前日比0.97㌦高の183.75㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.09㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.17倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽10.83%、東証プライム騰落レシオは80.58%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月26日


9月26日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は続落した。新興株26日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。3連休明け大幅続落。東証プライム市場売買代金は3兆円超え。英国の新政権による大規模減税策等を受けまして財政悪化懸念から英国の長期金利が急騰。米国の長期金利も3.8%台迄上昇。NYダウは年初来安値を更新し欧州の財政懸念、またインフレ抑制のため、欧米の金融引締めによる景気懸念で、本日のドル建て日経平均では9:00に186.65㌦で寄付開始し最高値更新を迎え天井化したが続かず、売仕掛の裁定解消売が入り10:26の184.80㌦迄下げ幅拡大したが、ダウ平均先物が朝方底堅かった事を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比3.73㌦安の185.53㌦迄買戻され、11:35には前日比3.73㌦安の185.53㌦迄買戻された。後場では12:30に184.88㌦で開始したが、今晩の欧米株相場への警戒感から12:35の185.01㌦迄売仕掛け解消の裁定解消買が入ったが続かず、売仕掛の裁定解消売が入り14:06の184.17㌦迄戻売りされ最安値更新を迎えたが揉合い、14:45の184.60㌦迄売仕掛け解消の裁定解消買を入れ買戻され、15:00大引けでは前日比5.04㌦安の184.22㌦迄戻売し、オプション22年10月物は「コール」は売られ「プット」は買われた状況で15:15には前日比5.04㌦安の184.22㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.48㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で50.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.11倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽12.73%、東証プライム騰落レシオは80.47%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月22日


9月22日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は続落した。新興株22日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。連邦公開市場委員会(F0MC)では予想通り3会合連続で0.75ptの利上げが決定。政策金利見通しが大幅に引上げられると金利先高観や景気後退懸念が強まり売りが膨らみ米国株安を受けて、本日のドル建て日経平均では9:00に187.38㌦で寄付開始し直後一旦9:05の187.74㌦迄上昇したが、売仕掛の裁定解消売が入り10:42の186.70㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、下げ渋り売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比1.35㌦安の187.33㌦迄買戻され、11:35には前日比1.35㌦安の187.33㌦迄買戻された。後場では12:30に187.44㌦で開始したが、日銀金融政策決定会合で現状維持が決まると為替の円安が急速に進行を手掛に徐々に、売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:22の188.37㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが続かず、「米国中間選挙で9月末が一番安い」という株式経験則から売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比1.11㌦安の188.07㌦迄戻売し、オプション22年10月物は「コール」は売られた状況で15:15には前日比1.11㌦安の188.07㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.67㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.46倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽5.39%、東証プライム騰落レシオは83.33%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月21日


9月21日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は反落した。新興株21日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は大幅続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。スウェーデン中銀が1%の大幅利上げを決定しF0MCを前に米金利が3.6%迄上昇して米株は大幅に反落。本日のドル建て日経平均では9:00に191.00㌦で寄付開始し直後一旦190.64㌦迄下げたが、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、9:12の191.18㌦を付け最高値更新を迎えたが利上げ幅リスクを感じ上昇が続かず、売仕掛の裁定解消売が入り10:57の190.00㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたがドル高より売仕掛け解消の裁定解消買が11:10の190.30㌦迄入ったが続かず、リスク回避傾向から売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比2.64㌦安の190.08㌦迄戻売され、11:35には前日比2.64㌦安の190.08㌦迄戻売された。後場では12:30に190.21㌦で開始したが、F0MC前の結果公表を警戒し一方向の持高は危険との見方から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:00に190.52㌦迄買戻されたが続かず、個人投資家人気銘柄にも波及し、売仕掛の裁定解消売が入り13:50の190.21㌦迄下げ幅拡大し下げ止まった事で、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:55の190.56㌦迄買戻されたがF0MCの公表結果を警戒する売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比2.61㌦安の190.11㌦迄戻売し、オプション22年10月物は「コール」は売られた状況で15:15には前日比2.61㌦安の190.11㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.18㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.49倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽4.01%、東証プライム騰落レシオは89.60%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月20日


9月20日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は反発した。新興株20日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は大幅続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。中国成都市での都市封鎖解除方針等が好感され上昇に転じミシガン大学消費者信頼感指数の9月期待インフレ率低下が下支。また、前日は米長期金利の2011年来の高値更新で売りが先行し昨日の米株が揃ってプラスに転じて3日ぶりに反発した事を好感し、本日のドル建て日経平均では9:00に194.03㌦で寄付開始し直後一旦193.99㌦迄下げたが、「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.62倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、9:19の194.86㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが時間外取引の米国先物動向に併せ上昇が続かず、売仕掛の裁定解消売が入り、10:41の192.91㌦迄下げ幅拡大したが75日線を割らせたくないという巨大機関投資家心理が働き、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.81㌦高の193.30㌦迄買戻され、11:35には前日比0.84㌦高の193.33㌦迄買戻された。後場では12:30に193.15㌦で開始したが、米先物に連動して売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:00の193.39㌦迄買戻された後、一旦は13:55の193.16㌦迄売調整が入ったが、米連邦公開市場委員会を前に持高調整の売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比0.84㌦高の193.33㌦迄買戻し、オプション22年10月物は「コール」は上昇し、「プット」は下落した状況で15:15には前日比0.84㌦高の193.33㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.95㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.67倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽0.19%、東証プライム騰落レシオは93.93%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月16日


9月16日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は反落した。新興株16日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。15日夜ビジネスフォーラムで岸田首相が法人外国人受入れ増発表で、本日のドル建て日経平均では9:00に192.78㌦で寄付開始し一旦下げたが売仕掛け解消の裁定解消買がインバウンド及び経済再活性化銘柄に入り、9:27の193.23㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが続かず、米長期金利上昇を受け米株安が影響し過剰な利上げによる景気後退懸念から売仕掛の裁定解消売が入り10:51の192.22㌦迄下げ幅拡大したが下げ渋り、11:30には前日比1.73㌦安の192.41㌦迄買戻され、11:35には前日比1.68㌦安の192.48㌦迄買戻された。後場では12:30に192.38㌦で開始したが、インフレ懸念が燻っていた事も重石になり、売仕掛の裁定解消売が入り12:49の192.29㌦迄下げ幅拡大したが、中国で発表済みの8月小売売上高や8月鉱工業生産が予想を上回った事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:44の192.65㌦迄買戻されたが、時間外取引の米株価指数先物が下落し、国内3連休を控えた手仕舞い売り等が優勢で、売仕掛の裁定解消売が入り14:59の191.99㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、15:00大引けでは前日比2.06㌦安の194.12㌦迄買戻し、オプション22年10月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比2.06㌦安の192.08㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.24㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.62倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽1.68%、東証プライム騰落レシオは90.21%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月15日


9月15日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は反発した。新興株15日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は小幅反発。昨日3兆円を超えていた東証プライム売買代金は、今日は低調で2兆3千億円となっています。今年最大の下げを記録した翌日の米株は小反発しまして、本日のドル建て日経平均では9:00に195.05㌦で寄付開始し売仕掛の裁定解消売が入り、10:07の194.25㌦迄下げ幅拡大し前場安値をつけたが、時間外取引のダウ平均先物の強含みを支えに売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:02の195.28㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが続かず、11:15の194.92㌦迄一時下げ幅拡大したが切返し、11:30には前日比1.43㌦高の195.03㌦迄買戻され、11:35には前日比1.47㌦高の195.07㌦迄買戻された。後場では12:30に194.68㌦で開始したが、予想に一致したPPIもコア指数では予想を上回っており、インフレ懸念が燻っていた事も重石になり、亜細亜市況やダウ平均が軟化すすると再び騰勢を弱め、売仕掛の裁定解消売が入り14:37の193.89㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、今晩の米8月小売売上高等を見極めたいとの思惑から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比0.52㌦高の194.12㌦迄買戻し、オプション22年10月物は「コール」と「プット」ともに売りが目立った状況で15:15には前日比0.54㌦高の194.14㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.39㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.71倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲1.49%、東証プライム騰落レシオは99.22%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月14日


9月14日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は反落した。新興株14日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。8月消費者物価指数(CPI)が予想を上回ったことで金融引き締め懸念が強まった。長期金利が急伸した他、過剰な引 き締めによる景気後退懸念も浮上し、本日のドル建て日経平均では9:00に194.71㌦で寄付開始し寄付き直後194.79㌦を付け、最高値更新を迎えたが続かず、寄付き天井化しCPIショックによる第二弾で円安ドル高に移行し売仕掛の裁定解消売が入り、9:18の192.29㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、水際対策の緩和進展を背景とした国内経済の相対的な底堅さを意識した動きから、今週金曜日のクワトロウィッチング(米国版SQ)週の水曜日で192㌦を下回らせたくない巨大機関投資家心理が働き、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:15の194.02㌦迄買戻されたが続かず、11:30には前日比7.52㌦安の193.77㌦迄戻売され、11:35には前日比7.55㌦安の193.74㌦迄戻売された。後場では12:30に193.78㌦で開始し12:35の194.04㌦迄買戻された後、売仕掛の裁定解消売が入り12:54の193.15㌦迄下げ幅拡大したが、為替介入を示唆する日銀に関する報道を受けて、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:30の193.86㌦迄買戻された後円安一服で、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比7.92㌦安の193.37㌦迄買戻し、オプション22年10月物は「コール」は売られ「プット」は買われた状況で15:15には前日比7.69㌦安の193.80㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.50㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.68倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲0.88%、東証プライム騰落レシオは98.29%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月13日


9月13日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は続伸した。新興株13日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は小反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。欧米株高好感し昨日迄の株価が3営業日でかなり上昇していた中、本日のドル建て日経平均では9:00に200.28㌦で寄付開始したが、米国のCPIを前に利益確定売りが出て、売仕掛の裁定解消売が入り09:17の200.07㌦迄下げ幅拡大したが続かず、「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.92倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:05の201.16㌦迄買戻された後、米10年債利回りが6月来高水準を記録したのを受け続かず、売仕掛の裁定解消売が入り揉合い後、11:30には前日比1.60㌦高の200.62㌦迄戻売され、11:35には前日比1.56㌦高の200.58㌦迄戻売された。後場では12:30に200.74㌦で開始した後、今晩に発表を控える8月CPIを前に売仕掛の裁定解消売が入り12:43の200.48㌦を付け後、IPOを含む材料銘柄等中小型銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比1.93㌦高の200.95㌦迄買戻し、オプション22年10月物は「コール」は買いが目立ち、「プット」は売られた状況で15:15には前日比2.27㌦高の201.29㌦迄買戻され最高値更新を迎え引けた。高安値幅は1.22㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で38.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.95倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲9.45%、東証プライム騰落レシオは102.51%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月12日


9月12日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は続伸した。新興株12日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。先週末の欧米株高や「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.83倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則を受け、本日のドル建て日経平均では9:00に199.81㌦で寄付開始し、売仕掛の裁定解消売が入り09:08の199.52㌦迄下げ幅拡大したが続かず、13 日発表予定の8月の消費者物価指数(CPI)の改善が期待され長期金利が低下しSOX指数が上昇した事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り09:42の200.31㌦迄買戻されたが続かず、売仕掛の裁定解消売が入り10:18の199.58㌦迄下げ幅拡大したが、「政府が新型コロナ水際対策の入国者数上限を撤廃する調整に入った」とする報道やダウ平均先物等米株先物の朝方における上昇堅調さを受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:43の200.49㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比2.60㌦高の199.97㌦迄戻売され、11:35には前日比2.48㌦高の199.85㌦迄戻売された。後場では12:30に199.72㌦で開始した後、翌週にFOMCを控えるため持高調整目的の売仕掛の裁定解消売が入り14:52の198.91㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え、15:00大引けでは前日比1.90㌦高の199.27㌦迄戻売し、オプション22年10月物は「コール」が上げ、「プット」は下げた状況で15:15には前日比1.65㌦高の199.02㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.58㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.92倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲8.79%、東証プライム騰落レシオは101.37%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月9日


9月09日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、 Topix及び日経平均は続伸した。新興株09日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。連邦準備制度理事会のパウエル議長がインフレを目標値に引き下げる迄力強く行動すると公約し金利が上昇さらにECB理事会で大幅利上げ決定し債券が売られ欧米株続伸。また、「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.79倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則から、本日のドル建て日経平均では9:00に196.02㌦で寄付開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、09:06の196.51㌦を付けたが続かず、株価指数先物・オプション9月限の特別清算指数算出 (メジャーSQ )に伴う売買が絡み、売仕掛の裁定解消売が入り09:28の195.35㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、その後売仕掛け解消の裁定解消買が入り09:56の196.73㌦迄買戻し後10:34の195.66㌦迄下げ幅拡大したが、断続的な売仕掛け解消の裁定解消買が続き、11:30には前日比0.98㌦高の196.42㌦迄買戻され、11:35には前日比1.10㌦高の196.54㌦迄買戻された。後場では12:30に196.72㌦で開始した後、昼頃、黒田日銀総裁が岸田首相と会談を行い、「急速な為替変動は望ましくない」等との発言が伝わる一方で米時間外取引のナスダック100先物が堅調状況と伝わると、暫く揉合い後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:51の197.94㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比1.93㌦高の197.37㌦迄戻売し、オプション22年10月物は「コール」に値上がりが目立が、「プット」は下落した状況で15:15には前日比1.93㌦高の197.37㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.59㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で48.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.83倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲5.37%、東証プライム騰落レシオは102.15%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月8日


9月08日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、 Topix及び日経平均は反発した。新興株08日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。中国の貿易統計で輸出入共に鈍化した事を背景にニューヨークの原油価格が大幅安になった後、長期金利が下がり米国株が揃って上昇。また、ウォールストリートジャーナルFRB担当記者が利上げは0.75%に金利はなるだろうと発表。これに加え「年初来安値20%以上下げ、弱気市場で下げの半値戻し達成して押し下げられると1945年以降直近の安値から半値戻し達成後の下落局面ではその安値を下回らない」と「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.51倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」という株式経験則に従って、本日のドル建て日経平均では9:00に192.45㌦で寄付開始し、寄付直後の9:00に192.37㌦を付け、最安値更新を迎えた。しかし経験則から揉合い後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:46の194.38㌦を付け前場高値を更新し、11:30には前日比3.79㌦高の194.26㌦迄買戻され、11:35には前日比3.74㌦高の194.21㌦迄買戻された。後場では12:30に194.03㌦で開始した後、地区連銀経済報告(ベージュブック)でインフレ鈍化が報告された事も 巨大機関投資家心理の改善に寄与。ナスダック総合指数は+2.13%と 8日ぶりに大幅反発。前日の下落の反動もあり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比4.73㌦高の195.20㌦迄買戻し、オプション22年9月物は「コール」が買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比4.97㌦高の195.44㌦迄買戻され最高値更新を迎え引けた。高安値幅は3.07㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.79倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲3.84%、東証プライム騰落レシオは100.33%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月7日


9月07日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは続落したが日経平均は反落した。新興株07日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均株価は続落。196.00㌦を下回り1か月半ぶりの窓明けの安値を付けています。ISM非製造業の改善を受けて今日のFOMCでの大幅な利上げ等を警戒。米国長期金利が上昇して米株が続落。これを嫌気し、本日のドル建て日経平均では9:00に192.44㌦で寄付開始し、寄付直後の9:09に192.56㌦を付け上げ幅拡大後続かず、寄付き天井化し、金曜日がMSQでMSQの水曜日とあって売仕掛の裁定解消売が入り、11:14の190.09㌦迄下げ幅拡大し下げ幅一時5.71㌦安を付ける場面もあり、11:30には前日比4.96㌦安の190.84㌦迄戻売され、11:35には前日比5.06㌦安の190.74㌦迄戻売された。後場では12:30に190.00㌦で開始した後、運用リスク回避から13:23の189.35㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、先物取引などで保有している持高を取引最終日までに一旦決済し、次の期限(次限月)以降の持高に乗り換えるロールオーバーが働き、売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:20の190.61㌦を付け後、15:00大引けでは前日比5.48㌦安の190.32㌦迄買戻し、オプション22年9月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比5.33㌦安の190.47㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.21㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.51倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽2.96%、東証プライム騰落レシオは91.67%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月6日


9月06日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、及びTopix先物は続落しTopixは反落したが日経平均は反発した。新興株06日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は小幅続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。円建て日経平均は「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.60倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーにより当社予測通り反発した一方でドル建て日経平均は続落。米株式市場が休みの中、米株先物の上昇等を手掛かりに、本日のドル建て日経平均では9:00に195.92㌦で寄付開始し、寄付直後の9:04に196.36㌦を付け下げ幅拡大後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:15の198.17㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが続かず、ドイツ株等の大幅反落で伸び悩み売仕掛の裁定解消売が入り、11:11の196.49㌦迄下げ幅拡大し、11:30には前日比0.13㌦安の196.61㌦迄戻売され、11:35には前日比0.20㌦安の196.54㌦迄戻売された。後場では12:30に196.57㌦で開始し12:39には196.69㌦迄回復したが、欧州の中で好景気であったドイツが天然瓦斯に経済体系を寄せ過ぎてロシアによる天然瓦斯供給停止によりドイツのビジネスモデルの崩壊になり赤字へ転落しユーロ売りによるドル買いが行われ結果円売りになるという構図で、今晩の米国市場を見極める必要性がある事から動意薄となり、揉合い状態下で売仕掛の裁定解消売が入り14:59の195.78㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え、15:00大引けでは前日比0.87㌦安の195.87㌦迄戻売し、オプション22年9月物は「コール」、「プット」はともに総じて下げた状況で15:15には前日比0.94㌦安の195.80㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.39㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.59倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽0.87%、東証プライム騰落レシオは89.64%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月5日


9月05日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均、及びTopix先物は続落し日経平均先物は反落したがTopixは反発した。新興株05日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。続落。米株は今夜レイバーデイで祝日。東証プライムの売買代金が2兆円割れとなりまして、4月18日以来4カ月半ぶりの事です。雇用統計を受けて買先行の米株価ですがロシアによる天然瓦斯の供給停止延長等を受けまして金融引締めからの景気悪化への警戒感は解けず、結局大幅安で終了。これを重しに、本日のドル建て日経平均では9:00に196.19㌦で寄付開始し、寄付直後の9:01に196.05㌦を付け下げ幅拡大後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り09:15の196.80㌦迄買戻されたが続かず、売仕掛の裁定解消売が入り09:40の196.00㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:18の197.15㌦迄買戻されたが続かず10:48には196.48㌦迄下げたが、11:30には前日比0.25㌦安の196.74㌦迄買戻され、11:35には前日比0.30㌦安の196.74㌦迄買戻された。後場では12:30に196.76㌦で開始したが、米8月雇用統計の内容自体好感され売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:44の167.16㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが今夜の米国市場が祝日のため続かず、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比0.25㌦安の196.76㌦迄戻売し、オプション22年9月物は「コール」、「プット」ともに下げた状況で15:15には前日比0.30㌦安の196.74㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.16㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.60倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽0.98%、東証プライム騰落レシオは94.42%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月2日


9月02日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均、Topix先物及びTopixは続落したが日経平均先物は反発した。新興株02日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。NYダウの5日小反発を手掛かりに、本日のドル建て日経平均では9:00に198.15㌦で寄付開始し、寄付直後の9:00に198.27㌦を付け0.12㌦以上上昇するも寄付き天井化し最高値更新を迎えたが続かず、米8月サプライマネジメント協会(ISM)製造業景況指数等が予想を上回った事で、金融引き締め強化への警戒感から売仕掛の裁定解消売が入り11:15の196.83㌦迄下げ幅拡大し、11:30には前日比1.47㌦安の197.04㌦迄買戻され、11:35には前日比1.44㌦安の197.07㌦迄買戻された。後場では12:30に197.03㌦で開始したが、米8月雇用統計の買戻しが強まり売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:19の197.49㌦迄買戻されたが、「雇用統計が発表された後に利上げ加速が警戒されるようになるかもしれない」と不安視する声が市場では聞かれ、これに中国の行動制限も悪材料として加わり、リセッションを警戒するムードが強くなり、売仕掛の裁定解消売が入り14:49の196.77㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え、15:00大引けでは前日比1.46㌦安の197.05㌦迄買戻し、オプション22年9月物は「コール」は売りが目立ち「プット」は高安まちまちだった状況で15:15には前日比1.47㌦安の197.04㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.55㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.63倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽0.64%、東証プライム騰落レシオは92.94%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月1日


9月01日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは続落した。新興株01日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。8月ADP雇用統計が予想を下回ったが米国金融当局者のタカ派発言を基に、欧米の金融引き締め強化による景気懸念で、本日のドル建て日経平均では9:00に199.53㌦で寄付開始し、ドル安から押上げられ売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:02の199.72㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎え寄付き天井化した。上値が重く続かず売仕掛の裁定解消売が入り10:37の197.82㌦迄下げ幅拡大し、割安感から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比4.41㌦安の198.44㌦迄買戻され、11:35には前日比4.40㌦安の198.45㌦迄買戻された。後場では12:30に198.44㌦で開始したが、中国やロシア向けの半導体輸出に米政府の承認が必要との発表に加え中国の四川省成都市がロックダウンを実施すると発表により世界的な景気減速が疑われ売仕掛の裁定解消売が入り13:23の197.70㌦迄下げ幅拡大後最安値更新を迎えた。しかし、内需主導の材料銘柄である建設業と鉄鋼の2業種に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比4.28㌦安の198.57㌦迄買戻し、オプション22年9月物は「コール」が売られ「プット」は総じて買われた状況で15:15には前日比4.34㌦安の198.51㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.07㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で51.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.64倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽0.54%、東証プライム騰落レシオは97.68%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月31日


8月31日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月31日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは反落した。新興株31日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は小幅続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。労働市場の強さやFRB高官発言を受けて引続き金融引締めの長期化が警戒されて米株は3日続落。本日のドル建て日経平均では9:00に201.26㌦で寄付開始し、売仕掛の裁定解消売が入り09:01の201.09㌦迄下げ幅拡大し前日比2.50㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えた。その後ナスダック100先物が09:01後上昇を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:42の202.81㌦迄買戻し後継続できず、一旦は10:58の201.92㌦迄下げ渋るも、11:30には前日比1.20㌦安の202.39㌦迄買戻され、11:35には前日比1.17㌦安の202.42㌦迄買戻された。後場では12:30に202.74㌦で開始したが、ナスダック100先物が下げ幅を広げているのを確認し、巨大機関投資家心理が悪化し売仕掛の裁定解消売が入り13:31の202.47㌦迄下げ幅拡大したが、前場引け間際に岸田首相による入国等による水際対策を緩和との報道が13時台に伝わり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り一時は13:35の202.99㌦迄買戻され最高値更新を迎えた。その後MSCI日本株指数パッシブ売買のインパクトで揉合い後、15:00大引けでは前日比0.65㌦安の202.94㌦迄戻売し、オプション22年9月物は「コール」が下げ「プット」は上げが目立った状況で15:15には前日比0.74㌦安の202.85㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.90㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.82倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲4.12%、東証プライム騰落レシオは102.28%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月30日


8月30日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは反発した。新興株30日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.71倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーから、本日のドル建て日経平均では9:00に202.60㌦で寄付開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、9:11には202.89㌦迄上げ幅拡大したが続かず、売仕掛の裁定解消売が入り09:36の201.72㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えた。その後ナスダック100先物が寄付き開始後上昇を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:23の203.52㌦迄買戻し後継続できず、一旦は11:07の202.68㌦迄下げ渋るも、11:30には前日比2.34㌦高の203.22㌦迄買戻され、11:35には前日比2.34㌦高の202.22㌦迄買戻された。後場では12:30に203.21㌦で開始したが、ナスダック100先物が上げ幅を広げているのを確認し巨大機関投資家心理が好転し売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:29の204.04㌦迄買戻し後最高値更新を迎えたが続かず、週末にかけて控える海外の重要指標を前に持高調整の動きから、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比2.77㌦高の203.65㌦迄戻売し、オプション22年9月物は「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比2.71㌦高の203.59㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.33㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.87倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲5.36%、東証プライム騰落レシオは106.75%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月29日


8月29日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは反落した。新興株26日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ジャクソンホール会議でのFRB議長発言を切っ掛けに金融引締め継続による悪化懸念で、巨大機関投資家心理が悪化し米株が急落。一方で日本市場では金利下落期待でPER上昇し株上昇基調にあったものが、議長発言を受けて金利上昇修正でPER低下し日米株共に下落しハイパーグロース売りで仕手株化したものも売られ、コロナ特需が剥げた状況に陥っている。詳細には、本日のドル建て日経平均では9:00に203.85㌦で寄付開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、9:01には204.00㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎え寄付き天井化したが続かず、売仕掛の裁定解消売が入り10:38の200.67㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えた。11:30には前日比8.14㌦安の201.11㌦迄戻売され、11:35には前日比8.13㌦安の201.12㌦迄戻売された。後場では12:30に201.14㌦で開始したが、13:01には一時201.17㌦迄回復したが、ハンセン指数やバルチック海運指数も振るわなかった事から中国景気後退懸念も疑われ、売仕掛の裁定解消売が入り13:40の200.99㌦迄下げ幅拡大する事で一時8.26㌦も下げ幅拡大したが14:29には201.16㌦迄値を戻し、15:00大引けでは前日比8.41㌦安の200.84㌦迄戻売し、オプション22年9月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比8.57㌦安の200.88㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.33㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で49.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.71倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲2.05%、東証プライム騰落レシオは98.77%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月26日


8月26日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは続伸した。新興株25日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米株の大幅続伸を好感し「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.92倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーに従い、本日のドル建て日経平均では9:00に209.72㌦で寄付開始し揉合い後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、9:48には210.65㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比1.91㌦高の210.18㌦迄買戻され、11:35には前日比1.94㌦高の210.21㌦迄買戻された。後場では12:30に208.24㌦で開始したが、今晩にパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議 長のジャクソンホール会議での講演や米7月個人消費支出(PCE)コアデフレーターを控える中、亜細亜市況の失速や時間外取引のナスダック100先物の軟化が嫌気され売り仕掛の裁定解消売が入り、15:00に最安値更新を迎え209.03㌦を付け後、大引けでは前日比1.00㌦高の209.27㌦迄戻売し、オプション22年9月物は「コール」は買われ一方、「プット」は売られた状況で15:15には前日比0.98㌦高の209.25㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.62㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.94倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲10.40%、東証プライム騰落レシオは107.00%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月25日


8月25日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは反発した。新興株25日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米株の4日ぶりの小反発を好感し、本日のドル建て日経平均では9:00に207.27㌦で寄付開始し9:01には206.90㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、米国時間外取引のナスダック100先物の堅調推移を背景に揉合い後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:43の208.46㌦迄上げ幅拡大したが、11:30には前日比0.99㌦高の208.17㌦迄買戻され、11:35には前日比1.02㌦高の208.20㌦迄買戻された。後場では12:30に208.23㌦で開始し一時208㌦迄下げたが、亜細亜市況も支援要因になり、さらに岸田文雄首相が次世代原発の開発加速を指示したことを手掛かりに、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:03の208.96㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが続かず、ジャクソンホール会合前の持高調整的な動きから、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比1.15㌦高の208.33㌦迄戻売し、オプション22年9月物は「コール」が上昇した一方、「プット」が売りに押された状況で15:15には前日比1.09㌦高の208.27㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.06㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.92倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲8.85%、東証プライム騰落レシオは111.33%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月24日


8月24日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは続落した。新興株24日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は小幅反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。グロース系に朝方買いが入り本日のドル建て日経平均では9:00に208.30㌦で寄付開始し売仕掛け解消の裁定解消買を入れ9:17の208.49㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、軟調な推移で「ジャクソンホール会合」が気になり続かず、売仕掛の裁定解消売が入り、小型銘柄の整理も入り10:57には206.66㌦迄下げ幅拡大。しかし幅広いインフレでもある事から持高を一方向に傾向するのは危険でウクライナ情勢もロシアに抗戦し、原油反発に加え割安感もあるため、売持高解消目的から小売銘柄や防衛関連銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.08㌦高の207.28㌦迄買戻され、11:35には前日比0.04㌦高の207.24㌦迄買戻された。後場では12:30に207.00㌦で開始し13:00には206.93㌦迄下げ幅拡大したが続かず、岸田首相が「7基分の原発の再稼働を検討する他に次世代型原発の新規増設に向けて論点整理をする」事を政府会議で発表したことを受け、売仕掛け解消の裁定解消買を入れる事で14:20の207.76㌦迄一気に買戻されたが、引続き9月の米連邦公開市場委員会での利上げ幅を巡る思惑が交錯し売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比0.01㌦高の207.21㌦迄戻売し、オプション22年9月物は「コール」が下げ「プット」は上昇した状況で15:15には前日比0.02㌦安の207.18㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.83㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.85倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲7.28%、東証プライム騰落レシオは116.01%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月23日


8月23日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは続落した。新興株23日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。経済シンポジウム「ジャクソンホール会合」を控える中、連邦準備制度理事会(FRB)のタカ派姿勢を警戒した売りから10年債利回りが 1か月ぶりに3%を超えた事でハイテク株主体に売られ、相場の下押し圧力となり欧米株が大幅下落。これらを受け、本日のドル建て日経平均では9:00に207.78㌦で寄付開始し寄付き直後最高値更新を迎えたが続かず、寄付き天井化し売仕掛の裁定解消売が入り、9:42の206.78㌦となり最安値更新を迎えたが、為替の円安基調から売仕掛け解消の裁定解消買が入り揉合い後、11:23の207.45㌦迄買戻され、11:30には前日比2.58㌦安の207.44㌦迄買戻され、11:35には前日比2.60㌦安の207.42㌦迄買戻された。後場では12:30に207.84㌦で開始し12:47には207.69㌦迄買戻し後場高値を迎えたが続かず、米時間外先物下落に従い、売仕掛の裁定解消売が入り、14:29の207.12㌦迄下げ幅拡大したが、下落過剰から持高調整が入り14:45の207.37㌦迄戻った後売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比2.75㌦安の207.27㌦迄戻売し、オプション22年9月物は「コール」は売られたが「プット」は買いが優勢だった状況で15:15には前日比2.82㌦安の207.20㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.00㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.87倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲9.09%、東証プライム騰落レシオは117.45%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月22日


8月22日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物は続落し、Topix先物及びTopixは反落した。新興株22日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。連邦準備制度理事会高官のタカ派発言を受け、大幅利上げへの警戒感が再燃し売りが先行し長期金利の上昇でナスダック総合指数も含め米株揃って続落。これらから、本日のドル建て日経平均では9:00に209.12㌦で寄付開始し売仕掛の裁定解消売が入り、9:26の208.37㌦となり最安値更新を迎えたが、朝方軟調だったダウ平均先物や下落して始まった香港や上海の中国株が底堅い動きとなった事等を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:29の209.77㌦迄買戻され、11:30には前日比2.50㌦安の209.73㌦迄買戻され、11:35には前日比2.51㌦安の209.72㌦迄買戻された。後場では12:30に210.01㌦で開始したが、ダウ平均先物の戻りが一服した事もあり、売仕掛の裁定解消売が入り、13:16の209.62㌦迄下げ幅拡大したが、上海総合上昇を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:23の210.04㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛の裁定解消売が入り14:59の209.73㌦迄一時下げるも売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比2.38㌦安の209.85㌦迄買戻し、オプション22年9月物は「コール」が総じて売られた状況で15:15には前日比2.21㌦安の210.02㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.67㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.03倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲13.10%、東証プライム騰落レシオは120.85%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月19日


8月19日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物は続落したが、Topix先物及びTopixは反発した。新興株19日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数はげらくしたがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。日本のGDPが強く米時間外先物上昇に伴い、本日のドル建て日経平均では9:00に214.25㌦で寄付開始し売仕掛け解消の裁定解消買が入り、寄付直後9:01の高値224.51㌦を付け最高値更新を迎えたが続かず、9月1日QT向け資金回収で利上加速懸念や米時間外先物の軟調さから売仕掛の裁定解消売が入り、10:34の212.17㌦迄下げ幅拡大。しかし、米国で半導体決算が良好から、値嵩の半導体関連銘柄が時間外で買われ11:03の212.86㌦迄円安で買戻し、11:30には前日比1.23㌦安の212.74㌦迄買戻され、11:35には前日比1.13㌦安の212.84㌦迄買戻された。後場では12:30に212.56㌦で開始したが、セントルイス連銀のブラード総裁が9月米連邦公開市場委員会(F0MC)での0.75ptの利上げ支持に傾く等、タカ派な発言をした事が巨大機関投資家心理に影響したとの指摘も聞かれ、売仕掛の裁定解消売が入り、13:02の212.15㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、円安の為替差益で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:55の212.49㌦迄買戻されたが、15:00大引けでは前日比1.56㌦安の212.42㌦迄戻売し、オプション22年9月物は「コール」、「プット」ともに売りが優勢だった状況で15:15には前日比1.74㌦安の212.23㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.36㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.04倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲14.99%、東証プライム騰落レシオは123.72%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月18日


8月18日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix先物、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物及びTopixは反落した。新興株18日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。連邦公開市場委員会(F0MC)議事要旨では、参加者が過剰な引き締めリスクに言及した事が 明らかになり、ハト派と捉える動きから金利が伸び悩んだ事で、欧米長期金利上昇が嫌気され欧米株が下落したのを受け、本日のドル建て日経平均では9:00に214.57㌦で寄付開始し寄付直後9:05の安値214.02㌦を付け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:17の214.77㌦迄買戻されたが続かず、売仕掛の裁定解消売が入り9:37の213.99㌦迄下げ幅拡大したが、岸田内閣による大規模二次補正編成報道を背景に売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:08の215.00㌦迄上げ幅拡大後最高値更新を迎えたが続かず、11:30には前日比2.68㌦安の214.81㌦迄買戻され、11:35には前日比2.67㌦安の214.82㌦迄買戻された。後場では12:30に214.86㌦で開始したが、ナスダック100先物の下げが限定的だったお陰で、売仕掛の裁定解消売が入り14:00の214.39㌦迄下げ幅拡大したが、14:29の214.68㌦迄一時的に買戻され、軟調な亜細亜市況や時間外の米先物が下落したのを受け、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比3.43㌦安の214.06㌦迄買戻し、オプション22年9月物は「コール」に値下がりが目立ち「プット」は上昇した状況で15:15には前日比3.52㌦安の213.97㌦迄買戻され最安値更新を迎え引けた。高安値幅は1.03㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.01倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲15.60%、東証プライム騰落レシオは125.15%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月17日


8月17日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix先物は続伸したが、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物及びTopixは反発した。新興株17日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。玉の組合せが上で抜けSQを上抜ける事が出来、日経平均EPSは2,200円台を超え「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.95倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーに嵌った事から上昇条件が揃い海外からの問い合わせもある中、1月5日以来の217㌦(29,000円)回復が見られ米国のウォルマートが通期の上方修正をし、NYダウが5日続伸した事から、本日のドル建て日経平均では9:00に215.59㌦で寄付開始し寄付直後安値215.53㌦を付け、最安値更新を迎え、売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:58の217.34㌦迄買戻され揉合い後、11:30には前日比0.72㌦高の217.11㌦迄買戻され、11:35には前日比0.63㌦高の217.02㌦迄買戻された。後場では12:30に217.03㌦で開始したが、SQを上抜け節目の217㌦を超え為替の円安進行による安心且つ割安感や岸田内閣による大規模二次補正編成報道を背景に、売側の巨大機関投資家による売仕掛け解消の裁定解消買やトレンドフォロー型ファンドでもある巨大機関投資家の先物買戻による加速が入り、14:23の217.84㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが続かず、15:00大引けでは前日比1.44㌦高の217.83㌦迄買戻し、オプション22年9月物は「コール」はおおむね買われ「プット」は売りが目立った状況で15:15には前日比1.10㌦高の217.49㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.31㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.13倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲19.19%、東証プライム騰落レシオは121.21%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月16日


8月16日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix先物は続伸したが、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物及びTopixは反落した。新興株16日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。昨日迄の8月10日比較で10.28㌦以上上昇した事もあり、本日のドル建て日経平均では9:00に216.53㌦で寄付開始し利益確定が入り、朝方9:20の216.15㌦迄下げ幅拡大したが、215㌦を割込む事無く下げ渋り、金利低下に伴うハイテク株の上昇が相場を支援し、主要株価指数は揃って上昇に転じて米株高を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り一時プラスに転じる場面即ち9:45の216.92㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが中国の低調な経済指標に影響され続かず、売仕掛の裁定解消売が入り10:22の215.92㌦迄下げ幅拡大し、最安値更新を迎えた。その後揉合い、11:30には前日比0.33㌦安の216.40㌦迄買戻され、11:35には前日比0.32㌦安の216.41㌦迄買戻された。後場では12:30に216.54㌦で開始したが高値216.56㌦を付け後、今晩の米7月鉱工業生産やウォルマート等米小売企業の決算も前に様子見ムードが発生した為、売仕掛の裁定解消売が入り13:09の216.32㌦迄下げ幅拡大したが下落局面と見て押目買いに当たる売仕掛け解消の裁定解消買が中小型株に入り、15:00大引けでは前日比0.15㌦安の216.58㌦迄買戻し、オプション22年9月物は「コール」、「プット」とも売られた状況で15:15には前日比0.34㌦安の216.39㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.00㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.95倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲15.83%、東証プライム騰落レシオは123.00%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月15日


8月15日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、Topix、日経平均、日経平均先物及びTopix先物は続伸した。新興株15日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。8月のミシガン大消費者信頼感指数(速報値)が予想以上に改善し米株が揃って上昇。インフレ抑制法案の成立期待も相場を支援し、本日のドル建て日経平均では9:00に214.73㌦で寄付開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り揉合い後10:45の216.59㌦迄上げ幅拡大したが続かず、11:30には前日比2.11㌦高の216.36㌦迄買戻され、11:35には前日比2.08㌦高の216.33㌦迄買戻された。後場では12:30に216.64㌦で開始したが、国内の4-6月期GDP速報値が3四半期連続でプラス成長であった事を背景に売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:22の216.97㌦迄売り方不在の上昇による買戻がされ最高値更新を迎えたが続かず、9月1日からQT倍速報道を受け、9月割安買い場面を想定可能なことを受け売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比2.52㌦高の216.77㌦迄買戻し、オプション22年9月物は「コール」は買われ「プット」は売られた状況で15:15には前日比2.48㌦高の216.73㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.24㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.98倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲16.33%、東証プライム騰落レシオは124.10%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月05日


8月05日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均とTopixは反発、日経平均、日経平均先物及びTopix先物は続伸した。新興株05日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。台湾を包囲した中国軍の軍事演習に関する報道を受け、地政学リスクへの警戒感が重石になり、本日のドル建て日経平均では9:00に210.55㌦で寄付開始し、取引開始直後売仕掛の裁定解消売が入り9:03の210.21㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え揉合い後、ナスダック総合指数の続伸、台湾加権指数の2%上昇に加え、「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.78倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーより売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:48の211.38㌦迄上昇後、一旦は11:03の210.98㌦迄下げ幅拡大するが米先物上昇を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比3.23㌦高の211.39㌦迄買戻され、11:35には前日比3.27㌦高の211.43㌦迄買戻された。後場では12:30に211.57㌦で開始したが、米金利低下に加え原油価格下落に寄り売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:46の211.67㌦迄上昇したが、今晩の米7月雇用統計を前に様子見ムードが広がり、売仕掛の裁定解消売が入り14:24の211.15㌦迄下げ幅拡大したが、巨大機関投資家心理改善により売仕掛け解消の裁定解消買を入れる者もいる事から、15:00大引けでは前日比3.24㌦高の211.40㌦迄買戻し、オプション22年8月物は「コール」に値上がりが目立ち、「プット」は下落した状況で15:15には前日比3.05㌦高の211.21㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.46㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.76倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲10.52%、東証プライム騰落レシオは122.82%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月04日


8月04日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均は続落しTopixは反落したが、日経平均、日経平均先物及びTopix先物は続伸した。新興株04日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米のISM非製造業指数は4カ月ぶりに上昇して米株が3日振りに反発、本日のドル建て日経平均では9:00に208.56㌦で寄付開始し揉合い、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:12の209.48㌦迄上昇し最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛の裁定解消売が入り、11:00の208.39㌦迄下げ幅拡大したが、11:30には前日比0.36㌦高の208.53㌦迄買戻され、11:35には前日比0.38㌦高の208.55㌦迄買戻された。後場では12:30に208.53㌦で開始したが、トヨタ自動車の決算発表があり、予想に未達故大幅に下落を受け、12:37には208.50㌦迄下落したが香港ハンセン指数が大幅上昇や金利低下を背景とした現物市場のハイテク株高が全体を牽引し売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:50の208.88㌦迄買戻されるが、大引け直前で日経平均先物が 28,000円到達から失速するのに併せ、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比0.18㌦高の208.35㌦迄戻売し、オプション22年8月物は「コール」は買われ「プット」は売られた状況で15:15には前日比0.01㌦安の208.16㌦迄戻売され最安値更新を迎え引けた。高安値幅は1.32㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.78倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲8.16%、東証プライム騰落レシオは113.26%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月03日


8月03日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月03日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix先物、日経平均、日経平均先物及びTopixは反発したが、ドル建て日経平均は反落。新興株03日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。台湾を巡る米中対立への警戒、FRB高官によるインフレ懸念による発言や「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.80倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーを背景に、米株は続落し、昨日売過ぎによる下落から、本日のドル建て日経平均では9:00に207.55㌦で寄付開始し、取引開始直後に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、一時9:07の208.55㌦迄上昇したが、売仕掛の裁定解消売が入り、9:45の206.78㌦迄買戻したが、円高一服等を好感し、売過ぎを懸念され過ぎで切返し傾向が確認できた事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比3.20㌦安の207.73㌦迄買戻され、11:35には前日比3.17㌦安の207.76㌦迄買戻された。後場では12:30に208.51㌦で開始し、亜細亜株市場や米先物上昇から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:31の209.50㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが続かず、米長期金利上昇を受け、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比2.66㌦安の208.27㌦迄戻売し、オプション22年8月物は「コール」に値上がりが目立ち、「プット」は下落した状況で15:15には前日比2.76㌦安の208.17㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.72㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.79倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲6.26%、東証プライム騰落レシオは110.86%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月02日


8月02日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、Topix先物、日経平均、日経平均先物及びTopixは反落した。新興株02日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。「米国下院議長が蔡英文台湾総統と会談」予定と報道され、米株揃って下落。これを受け台湾から中国への輸入を大幅に禁止され、本日のドル建て日経平均では9:00に211.67㌦で寄付開始し、取引開始直後に利確の売仕掛の裁定解消売が入り、一時下落するも円高・ドル安が手伝い押上要因となり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、9:40の212.08㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが上値は重く米中が牽制し地政学的リスクから、売仕掛の裁定解消売が入り11:20の210.60㌦迄下げ幅拡大し、11:30には前日比0.28㌦安の210.84㌦迄買戻され、11:35には前日比0.36㌦安の210.76㌦迄買戻された。後場では12:30に210.64㌦で開始し、上海指数や香港ハンセン指数も大幅に下落しリスク回避の売仕掛の裁定解消売が入り、後場取引直後の12:30の210.56㌦迄下げ幅拡大したが、円高で押上られた分での巨大機関投資家による月初の資金配分で売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:25の211.52㌦迄下げ幅縮小したが、先行き不透明感が出て売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比0.12㌦高の211.24㌦迄買戻し、オプション22年8月物は「コール」は売りが目立ち、「プット」は買われた状況で15:15には前日比0.19㌦安の210.93㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.52㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.80倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲4.78%、東証プライム騰落レシオは119.16%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月01日


8月01日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均は続伸したが、Topix先物、日経平均、日経平均先物及びTopixは反発した。新興株01日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。先週末の米国株続伸を好感に加え、「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.86倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーにより、本日のドル建て日経平均では9:00に208.56㌦で寄付開始し、取引開始直後に利確の売仕掛の裁定解消売が入り、9:04の208.15㌦迄買戻され最安値更新を迎えた処で、好業績銘柄や決算期待銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:09の211.06㌦迄買戻され、11:30には前日比1.86㌦高の210.92㌦迄買戻され、11:35には前日比1.86㌦高の210.92㌦迄買戻された。後場では12:30に210.47㌦で開始し、GAFAM決算を終了し米株高が継続し長期金利低下に加え成長株買傾向が継続し米先物も好感した事からハイテク銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:28の211.38㌦を付け最高値更新を迎えたが続かず14:16の210.83㌦迄調整されたが実態経済ギャップや低金利政策上の運営における旨味を考慮した巨大機関投資家の売仕掛け解消の裁定解消買により、15:00大引けでは前日比2.14㌦高の211.20㌦迄買戻し、オプション22年8月物は「コール」が買われ、「プット」は売りが優勢だった状況で15:15には前日比2.06㌦高の211.12㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.23㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.01倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲9.63%、東証プライム騰落レシオは132.18%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月29日


7月29日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均は続伸したが、Topix先物、日経平均、日経平均先物及びTopixは反落した。新興株29日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米国で2四半期マイナス成長を受け、米の利上げ速度が緩むのではとの見方から米株揃って続伸に加え、「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.93倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーにより、本日のドル建て日経平均では9:00に207.71㌦で寄付開始し、取引開始直後に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、9:08の208.12㌦迄買戻された処で、売仕掛の裁定解消売が入り9:54の207.03㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、輸出関連が多いがドル建てでは押上要因と見なされ、米ではテクニカルリセッションとの見方もありドル安円高が好感され売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:15の208.16㌦迄下げ幅縮小し一時は11:09の207.96㌦迄利益確定が入るも、11:30には前日比2.43㌦高の208.01㌦迄買戻され、11:35には前日比2.41㌦高の207.99㌦迄買戻された。後場では12:30に208.41㌦で開始し後場開始直後に208.48㌦を付け揉合い後売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:54の206.59㌦迄買戻された後、香港ハンセン指数が下げ幅拡大したのを受け売仕掛の裁定解消売が入り13:59の207.92㌦迄下げ幅拡大した。しかしF0MC翌日下落アノマリーを破り時間外取引での米国株先物等が上昇を受け、巨大機関投資家心理向上が計られた事を発端にリバランス系に加え、ボラティリティ調整も入り、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比3.53㌦高の209.11㌦迄買戻し最高値更新を迎え、オプション22年8月物は「コール」と「プット」はともに売られた状況で15:15には前日比3.48㌦高の209.06㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.08㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.86倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲7.53%、東証プライム騰落レシオは130.48%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月28日


7月28日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix先物、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物及びTopixは続伸した。新興株28日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。F0MCを受けての米株大幅上昇に加え、「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.93倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーにより、本日のドル建て日経平均では9:00に205.04㌦で寄付開始し、取引開始直後に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、9:07の205.87㌦迄買戻され最高値更新を迎え上げ幅が3.42㌦迄迫る場面を展開した処で、売仕掛の裁定解消売が入り9:46の204.04㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、パウエル連邦準備制度理事会議長が今後の利上げ速度に関し慎重な姿勢を見せた処から、買戻しに当たる売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比2.80㌦高の205.25㌦迄買戻され、11:35には前日比3.08㌦高の205.53㌦迄買戻された。後場では12:30に205.32㌦で開始し一時的には下げたが、持高調整のために売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:41の205.36㌦迄買戻され後場高値更新を迎え米株先物下落も加わり、その後揉合い高値調整のため売仕掛の裁定解消売が入り、リバランス系に加え、ボラティリティ調整も入り、14:28の204.87㌦迄下げ幅拡大したが、F0MC直後の米株高の持続性や米主要企業決算を見極めたいとの思惑買に繋がり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比3.05㌦高の205.50㌦迄買戻され、オプション22年8月物は「コール」は下げがやや優勢で、「プット」は下落した状況で15:15には前日比3.13㌦高の205.58㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.83㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で48.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.93倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲7.98%、東証プライム騰落レシオは137.76%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月27日


7月27日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix先物は続伸したが、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物及びTopixは反発した。新興株27日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数が上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ウォルマートが通期業績予想を下方修正した事等が重しとなり、米株は揃って下落。IMFの世界経済見通引下げも打撃となり、本日のドル建て日経平均では9:00に201.23㌦で寄付開始し、売仕掛の裁定解消売が入り、9:03の201.05㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、冴えないアルファベットやマイクロソフトの決算が想定程に悪化せずを良しとした巨大機関投資家の中で、心理改善をした者がいる事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り揉合い後、11:01の202.16㌦迄買戻され、11:30には前日比0.33㌦安の202.06㌦迄買戻され、11:35には前日比0.26㌦安の202.13㌦迄買戻された。後場では明日午前3時に控える米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表を前に、ナスダック100先物上昇に併せ巨大機関投資家心理が改善している事から12:30に202.40㌦で開始し一時的には12:51の202.11㌦迄下げたが、持高調整のために売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:50の202.72㌦迄買戻され最高値更新を迎えた。その後揉合い高値調整のため売仕掛の裁定解消売が入り、リバランス系に加え、ボラティリティ調整も入り、15:00大引けでは前日比0.04㌦高の202.43㌦迄買戻され、オプション22年8月物は「コール」が上昇し、「プット」は下落した状況で15:15には前日比0.06㌦高の202.45㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.67㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.93倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲7.17%、東証プライム騰落レシオは131.04%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月26日


7月26日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix先物は反発したが、ドル建て日経平均は反落し、日経平均、日経平均先物及びTopixは続落した。新興株26日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数が上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。巨大機関投資家による6月上旬の急降下で一気に25ドル下落し投機的な先物売りが入り売重しとなり7月から買戻しで9月限SQにおいて10万枚越えた後底を付け、下値堅のため先物売りやドル建て日経平均売りが入り6月限の売りを買い戻したい状況にいる。FOMCの結果待ちで利上げが0.75%で決着すると秋に緩和が観測され利下げも見えてくるため、ハイテク決算を前にナスダック総合指数の続落を重しに、本日のドル建て日経平均では9:00に202.91㌦で寄付開始し高値203.19㌦を付け、最高値更新を迎え寄付き天井化した後、売仕掛の裁定解消売が入り、9:55の201.92㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、罫線図でも5日線が25日線を超え上昇傾向から上昇するとの期待がもたれ国内内需材料銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:14の203.09㌦迄買戻され、11:30には前日比0.17㌦安の203.03㌦迄買戻され、11:35には前日比0.14㌦安の203.06㌦迄買戻された。後場では12:30に202.95㌦で開始したが、香港ハンセン指数の大幅高を受け巨大機関投資家心理を下支えしたが、成長株が欧米巨大政治経済報道に左右される懸念から揉合い後、世界景気の減速懸念は根強く、運用リスクを回避する売仕掛の裁定解消売が入り、リバランス系に加え、ボラティリティ調整も入り14:57の202.17㌦迄下落後、15:00大引けでは前日比0.87㌦安の202.33㌦迄買戻され、オプション22年8月物は「コール」と「プット」ともに売りが目立った状況で15:15には前日比0.81㌦安の202.39㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.27㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.2%の不変となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.92倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲6.73%、東証プライム騰落レシオは143.82%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月25日


7月25日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になりドル建て日経平均は続伸したが、日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは反落した。新興株25日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。7月の製造業・サービス業総合PMI速報値が2年ぶりに50割れとなり、米長期金利が低下し為替がドル安・円高を迎えSOX指数大幅下落を受け米国主要三指数は下落。本日のドル建て日経平均は9:00に203.16㌦で寄付開始したが、先週の上昇局面で買い遅れ景気減速前に利上げのペースが落ちると見た巨大機関投資家の押し目買いとしての売仕掛解消の裁定解消買が入り、9:18の203.96㌦迄買戻されたが寄付き天井化し最高値更新を迎えたが、株上昇一服感が出るのに加え、7月の総合PMI速報値等を受け景気後退懸念が現実化し将来的な利下げ懸念も考慮し売仕掛の裁定解消売が入り10:31の202.88㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎える場面もあったが、循環的な動きの中で内需セクターに目を向けた巨大機関投資家も中にはいる事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:15の203.76㌦迄買戻され、11:30には前日比1.13㌦高の203.65㌦迄買戻され、11:35には前日比1.13㌦高の203.65㌦迄買戻された。後場では12:30に203.29㌦で開始したが、今週は米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えており、巨大機関投資家の中では利上げ幅を見極めたいとの思惑で動きづらいものもいる事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:30の203.48㌦迄買戻されたが、欧米の景気後退懸念が依然として相場の重しとなっているため、持高を一方向過多にできず、売仕掛の裁定解消売が入り14:56の202.91㌦迄下げ幅拡大したが、売仕掛け解消の裁定解消買を入れる事で、持高解消する巨大機関投資家も中にはいる事から、リバランス系に加え、ボラティリティ調整も入り、15:00大引けでは前日比0.73㌦高の203.25㌦迄買戻され、オプション22年8月物は「コール」は総じて売られ、「プット」は買いが目立った状況で15:15には前日比0.68㌦高の203.20㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.08㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.92倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲7.47%、東証プライム騰落レシオは134.44%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月22日


7月22日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix先物及びTopixは続伸した。新興株22日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。欧州中央銀行は予想外に0.5ptの大幅利上げを実施したが否定的反応は限定的で米主要三指数は揃って続伸。米半導体企業への支援法案が米国上院で審議入りを迎え半導体関連銘柄に資金が投入。また、中国における『北戴河会議』に向け景気改善方向を示す必要がある事や海運市況の上海下げ止まりによる上昇のための施策報道期待から、本日のドル建て日経平均は9:00に202.62㌦で寄付開始し利益確定目的から売仕掛の裁定解消売が入り9:02の202.11㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、リバランス系に加え、ボラティリティ調整の必要性から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:42の203.10㌦迄買戻され最高値更新を迎えたがナスダック100先物の下落を受け、売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比1.61㌦高の202.70㌦迄買戻され、11:35には前日比1.55㌦高の202.64㌦迄買戻された。後場では12:30に202.58㌦で開始したが、「数週間以内に露西亜の事情で一時停戦」との報道を受けインフレが一服になり、黒田日銀総裁から「ひるまず金融緩和を続ける」との報道で大規模円安になり、インフレ加速懸念後退に加え「来週FOMC利上げの見方が1%から0.75%に修正された」事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:11の202.95㌦迄買戻されたが、引き続きの先行き不安から売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比1.35㌦高の202.44㌦迄買戻され、オプション22年8月物は「コール」は買いが目立ち「プット」は売りが目立った状況で15:15には前日比1.43㌦高の202.52㌦迄買戻され引けた。高安値幅は0.99㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.01倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲10.09%、東証プライム騰落レシオは130.28%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月21日


7月21日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix先物及びTopixは続伸した。新興株21日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米主要三指数は揃って続伸。半導体企業への支援法案が米国上院で審議入りを迎え半導体関連銘柄に資金が投入。また、中国における『北戴河会議』に向け景気改善方向を示す必要がある事や海運市況の上海下げ止まりによる上昇のための施策報道期待から、本日のドル建て日経平均は9:00に199.62㌦で寄付開始し売仕掛け解消の裁定解消買が入り、9:07の200.02㌦迄買戻されたが続かず、短期過熱感を冷ますリバランス系に加え、ボラティリティ調整の必要性から、売仕掛の裁定解消売が入り9:16の199.12㌦を付けた処で最安値更新を迎えたが、イタリアのドラギ政権崩壊危機等欧州景気後退懸念より揉み合いが発生し10:30の199.14㌦迄下げ幅拡大したが、利上げピークアウト感でインフレの落込みが解消され、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.46㌦安の199.88㌦迄買戻され、11:35には前日比0.45㌦安の199.89㌦迄買戻された。後場では12:30に200.41㌦で開始したが、12:32の200.29㌦迄一旦は下げたがS&Pの節目抜けによる大幅高やSOX指数上昇から来る米株先物上昇や日銀金融政策決定会合で大規模緩和の現状維持に加え、『北戴河会議』に向けた景気刺激策から中国株も上昇を歓迎されすぐに切返し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比0.83㌦高の201.17㌦迄買戻され最高値更新を迎え、オプション22年8月物は「コール」は買いが目立ち、「プット」は概ね売られた状況で15:15には前日比0.75㌦高の201.09㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.05㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.24倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲8.79%、東証プライム騰落レシオは132.36%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月20日


7月20日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix先物及びTopixは続伸した。新興株20日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.94倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーに加え、中国における『北戴河会議』に向け景気改善方向を示す必要がある事や海運市況の上海下げ止まりによる上昇のための施策報道期待に加え欧米株高から、本日のドル建て日経平均は9:00に197.55㌦で寄付開始し同時に安値を付け、最安値更新を迎えたが、巨大機関投資家心理が改善しリバランス系に加え、ボラティリティ調整の必要性から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:55の199.75㌦を付け、11:30には前日比4.26㌦高の199.80㌦迄買戻され、11:35には前日比4.25㌦高の199.79㌦迄買戻された。後場では12:30に200.06㌦で開始したが、12:55の199.86㌦迄一旦は下げたがS&Pの節目抜けによる大幅高やSOX指数上昇から来る米株先物上昇に加え、『北戴河会議』に向けた景気刺激策から中国株も上昇を歓迎されすぐに切返し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00の前日比5.01㌦高の200.55㌦迄買戻され最高値更新を迎え大引けでは前日比4.92㌦高の200.46㌦を付け、オプション22年8月物は「コール」は総じて買われ「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比4.80㌦高の200.34㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.00㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.22倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽7.88%、東証プライム騰落レシオは119.94%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月19日


7月19日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix先物及びTopixは続伸した。新興株19日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数は下落したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.85倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーに加え、中国における『北戴河会議』に向け景気改善方向を示す必要がある事や海運市況の上海下げ止まりによる上昇のための施策報道期待から、本日のドル建て日経平均は9:00に195.34㌦で寄付開始し、米株安を受け売仕掛の裁定解消売が入り、9:34の193.72㌦迄戻売され最安値更新を迎えたが、上記の条件が入り売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:51の195.61㌦迄買戻されたが続かず、11:30には前日比2.15㌦高の195.13㌦迄買戻され、11:35には前日比2.22㌦高の195.19㌦迄買戻された。後場では12:30に195.46㌦で開始したが、12:42の195.26㌦迄一旦は下げたがすぐに切返し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:08の195.72㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、7月NAHB住宅市場指数の予想以上の悪化やスマホ・IT大手アップルの一部新規採用縮小・支出減速の報道が嫌気され、売仕掛の裁定解消売が入り14:04の195.10㌦迄下げ幅拡大したが、今晩には動画配信サービスの米ネットフリックスの決算が予定されており、内容を見極めたいとの思惑が強まり売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比2.40㌦高の195.38㌦迄買戻され、オプション22年8月物は「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比2.56㌦高の195.54㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.00㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.94倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽0.01%、東証プライム騰落レシオは106.41%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月15日


7月15日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、日経平均先物は続伸し、ドル建て日経平均は反発したが、Topix先物及びTopixは反落した。新興株15日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.88倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーに加え、米連邦準備制度理事会(FRB)のウォラー 理事が 市場の1.00ptの利上げ観測は時期尚早との見解を示した事で警戒感が後退し、取引後半はハイテク中心に買戻しが広がりナスダック総合指数は反発を受け、本日のドル建て日経平均は9:00に192.37㌦で寄付開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、9:06の193.19㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、欧州株安や景気後退局面に加え物価高止まり懸念から売仕掛の裁定解消売が入り10:07の191.36㌦迄下げ幅拡大したが、7月QUICK短観物価見通し過去最高という報道を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:12の192.98㌦迄買戻され、11:30には前日比0.38㌦高の192.82㌦迄買戻され、11:35には前日比0.41㌦高の192.85㌦迄買戻された。後場では12:30に192.77㌦で開始したが、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:44の192.99㌦迄買戻されたが、上海ロックダウンの懸念から売仕掛の裁定解消売が入り14:37の192.58㌦迄下げ幅拡大したがファストリの好決算から14:31の193.01㌦迄買戻され、15:00大引けでは前日比0.35㌦高の192.79㌦迄買戻され、オプション22年8月物は「コール」が上昇し、「プット」は下落した状況で15:15には前日比0.54㌦高の192.98㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.83㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.85倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽2.05%、東証プライム騰落レシオは98.72%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月14日


7月14日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは続伸したが、ドル建て日経平均は反落した。新興株14日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.85倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーに加え、6月の米消費者物価指数(CPI)の上昇率が市場予想を上回り、米連邦準備制度理事会 (FRB)の金融引締めペースの加速が先行き景気後退局面との見方から米主要三指数が下落を受け、本日のドル建て日経平均は9:00に191.53㌦で寄付開始し、売仕掛の裁定解消売が入り、09:01の191.13㌦迄戻売され最安値更新を迎えたが、ドル高・円安に振れた事からドル高方針でドル建て日経平均が下押し抑制され割安感からの押目買いで揉合い後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:45の193.46㌦迄買戻されたが、一時的に10:52の192.98㌦迄下げ幅拡大したが、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.07㌦高の193.33㌦迄買戻され、11:35には前日比0.01㌦高の193.27㌦迄買戻された。後場では12:30に193.57㌦で開始したが、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:30の193.61㌦迄上昇し最高値更新を迎えたが、中国も含め先行景気後退局面から持高調整が入り、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比0.57㌦安の192.51㌦迄戻売され、オプション22年8月物は「コール」は総じて買われ、「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比0.82㌦安の192.44㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.46㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.88倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽3.93%、東証プライム騰落レシオは94.09%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月13日


7月13日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは反発した。新興株13日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数は反落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.80倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーに加え欧州株反発さらに香港ハンセン指数高値開始受け、本日のドル建て日経平均は9:00に193.10㌦で寄付開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:00の193.64㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、亜細亜株安、米株安、ダウ平均上げ幅縮小に加え利上げ加速懸念より売仕掛の裁定解消売が入り10:43の192.48㌦迄下げ幅拡大すると最安値更新を迎え、円安下方向抑制分割安と捉え、円安になり押目と捉え売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比1.01㌦高の192.71㌦迄買戻され、11:35には前日比1.01㌦高の192.71㌦迄買戻された。後場では12:30に192.91㌦で開始したが、12:43には高値193.15㌦を付けたが、米CPI発表で利上げ加速不安増大懸念が疑われる事で売仕掛の裁定解消売が入り13:20の192.76㌦迄下げ幅拡大したが、日本では2018年トランプ大統領の「中国向対中経済勧告」を受け2年以上設備投資を控えてきた日本経済であるため今年は設備投資せざるを得ない事に気付いた巨大機関投資家の中で売仕掛け解消の裁定解消買を入れるものもいる事から、15:00大引けでは前日比1.57㌦高の193.27㌦迄買戻され、オプション22年8月物は「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比1.56㌦高の193.26㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.16㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.85倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽6.14%、東証プライム騰落レシオは91.86%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月12日


7月12日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは反落した。新興株12日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。新型コロナ感染拡大で中国の一部地域が再び都市封鎖入りし、世界経済後退懸念が再燃し米国主要三指数が揃って下落。これらの背景から、本日のドル建て日経平均は9:00に194.31㌦で寄付開始し、高値として194.41㌦を同時刻に付け最高値更新を迎え寄付き天井化したが、売仕掛の裁定解消売が入り9:56の191.84㌦迄下げ幅拡大した。円安効果によりドル建て日経平均から見ると押し下げられた効果で割安感が発生している事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:33の192.47㌦迄買戻されたが、日経平均先物も下落した事から売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比3.58㌦安の192.20㌦迄戻売され、11:35には前日比3.52㌦安の192.26㌦迄戻売された。後場では12:30に191.76㌦で開始したが、12:46には高値191.92㌦を付け、米CPI発表で利上げ加速不安増大懸念が疑われる事で売仕掛の裁定解消売が入り13:37の191.39㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、自律反発の売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:37の191.70㌦迄買戻されたが香港ハンセン指数や上海総合指数の下げ幅拡大を受け、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比4.13㌦安の191.65㌦迄買戻され、オプション22年8月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比4.08㌦安の191.70㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.02㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で48.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.80倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽8.24%、東証プライム騰落レシオは93.42%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月11日


7月11日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは続伸した。新興株11日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。参院選で自民党が大勝し今後の政権運営等が安定する事を期待され、本日のドル建て日経平均は9:00に197.33㌦で寄付開始し、参議院選後安定政権と見て巨大機関投資家心理が改善を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:43の198.48㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、中国株安や米株先物の下落が重しとなり売仕掛の裁定解消売が入り11:19の194.95㌦迄下げ幅拡大したが中国が中国国体に向け景気刺激策発表の期待が考慮できることから景気のソフトランディングが考慮され、そのことから売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.04㌦安の195.51㌦迄買戻され、11:35には前日比0.26㌦高の195.81㌦迄買戻された。後場では12:30に195.75㌦で開始したが、参院選前に持高を外した巨大機関投資家が参院選での自民大勝による改憲勢力を保持する安定政権へなったという見方から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り持高調整が入り、13:33の196.25㌦迄買戻されたが今後の米中経済指標動向に注目が集まる事で売仕掛の裁定解消売が入り14:59の195.61㌦迄下げ幅拡大し持高調整が入り、15:00大引けでは前日比0.11㌦高の195.66㌦迄買戻され、オプション22年8月物は「コール」は高安まちまちで「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比0.23㌦高の195.78㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.53㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.00倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽3.26%、東証プライム騰落レシオは101.26%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月8日


7月08日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは続伸した。新興株08日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日金曜日はSQ日。米国QTの影響で売却傾向であったが、中国による景気対策検討の報道を受け世界経済への悲観的検討が後退し巨大機関投資家心理が改善。これらより揃って米株高になり中国景況感回復期待が発生し、本日のドル建て日経平均は9:00に195.89㌦で寄付開始し、売仕掛の裁定解消売が入り9:27の195.44㌦迄下げ幅拡大したが、巨大機関投資家心理が改善を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:16の197.65㌦迄買戻し最高値更新を迎えたが、11:30には前日比2.50㌦高の197.55㌦迄買戻され、11:35には前日比2.55㌦高の197.80㌦迄買戻された。後場では12:30に196.73㌦で開始したが、上場投資信託の分配金捻出に伴う売りが意識され売仕掛の裁定解消売が入り12:46の196.00㌦迄下げ幅拡大したが米株先物の上昇に併せ売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:02の196.94㌦迄上昇したが、奈良市内の街頭演説会で自民党安倍晋三元首相が暗殺されたとの報道を受け、ヘッドラインに反応した巨大機関投資家により利食い目的の売仕掛の裁定解消売が入り、15:00に最安値として195.43㌦迄下げ幅拡大し大引けでは前日比0.43㌦高の195.48㌦迄戻売され、オプション22年8月物は「コール」は買われ「プット」は売られた状況で15:15には前日比0.50㌦高の195.55㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.22㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で50.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.81倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽6.77%、東証プライム騰落レシオは96.29%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月07日


7月07日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは反発した。新興株07日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。今週金曜日はSQ日でISM非製造業景気指数が予想を上回ったことで景気後退懸念が緩和。公表された6月連邦公開市場委員会(FOMC)議事録が想定内の内容に留まると買上げが再開し、引けにかけて上げ幅を拡大。金利が安定して推移する中ナスダック総合指数は+0.34%と3日続伸。米株高を引き継いで、本日のドル建て日経平均は9:00に193.34㌦で寄付開始し、売仕掛の裁定解消売が入り10:40の192.67㌦迄下げ幅拡大したが、米国主要三指数が上げ幅拡大を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:23の194.11㌦迄買戻したが、11:30には前日比0.67㌦高の193.91㌦迄戻売され、11:35には前日比0.67㌦高の193.91㌦迄戻売された。後場では12:30に195.20㌦で開始したが、米株先物が上昇した事を背景に12:46の195.28㌦迄買戻された処で13:33の194.80迄下げ幅拡大後売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:18の195.43㌦迄買戻され最高値更新を迎え上げ幅2.19㌦以上の場面も迎えた事で、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比1.67㌦高の194.91㌦迄買戻され、オプション22年7月物は「コール」は総じて買いが優勢となったが「プット」は売られた状況で15:15には前日比3.81㌦高の195.05㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.76㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.0%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.79倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽07.33%、東証プライム騰落レシオは97.10%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月06日


7月06日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは反落した。新興株06日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。今週金曜日はSQ日で米長期金利の低下を受けてハイテク株に買いが入りナスダック総合指数は続伸。世界景気の減速懸念が広がり、欧州株やダウ平均の下落を受け、本日のドル建て日経平均は9:00に193.24㌦で寄付開始し、売仕掛の裁定解消売が入り9:40の192.67㌦迄下げ幅拡大したが、売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:09の194.10㌦迄買戻し最高値更新を迎えたが、時間外取引のダウ平均先物が下落したのを受け売仕掛の裁定解消売が入り10:43の192.68㌦迄下げ幅拡大し、11:30には前日比1.23㌦安の192.90㌦迄買戻され、11:35には前日比1.21㌦安の192.92㌦迄戻売された。後場では12:30に192.82㌦で開始したが、米10年債利回が5月下旬以来の水準まで一段と低下する中、グロース株買いが活発化し売仕掛け解消の裁定解消買が入り揉み合い14:18の193.46㌦迄買戻されたが、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比1.02㌦安の193.11㌦迄買戻され、オプション22年7月物は「コール」は売られ「プット」が買われた状況で15:15には前日比0.89㌦安の193.24㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.42㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.59倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽11.77%、東証プライム騰落レシオは90.39%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月05日


7月05日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは続伸した。新興株05日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーよるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米長期金利の低下を受けて時間外取引のナスダック100先物が大幅上昇しこの流れに加え「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.73倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーを受け、本日のドル建て日経平均は9:00に194.23㌦で寄付開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:22の195.23㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、時間外取引のナスダック100先物が下落したのを受け売仕掛の裁定解消売が入り10:56の193.43㌦迄下げ幅拡大し、11:30には前日比0.50㌦高の193.58㌦迄買戻され、11:35には前日比0.58㌦高の193.66㌦迄戻売された。後場では12:30に193.33㌦で開始し、バイデン大統領が対中関税の一部適用除外報道から売仕掛け解消の裁定解消買が入り12:50の193.54㌦迄買戻されたが25日線達成に加えETF分配金排出に対する売により、売仕掛の裁定解消売が入り13:01の193.19㌦迄下落したが、上海の戻り高値、財新PMI上昇、原発再稼働等の材料から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比0.89㌦高の193.97㌦迄買戻され、オプション22年7月物はコール」は買いが目立ち「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比1.05㌦高の194.13㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.09㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.80倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽8.54%、東証プライム騰落レシオは99.19%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月04日


7月04日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは反発した。新興株04日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーよるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。連邦準備制度理事会(FRB)の急速な利上げの思惑が後退した事からその後NYダウは上昇に転じ、米株揃って反発の流れに加え「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.57倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーを受け、本日のドル建て日経平均は9:00に194.86㌦で寄付開始し、先日のショートポジションから売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:20の194.63㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、香港ハンセン指数や上海総合指数が下落して開始したのを受け売仕掛の裁定解消売が入り10:32の192.41㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え、日足罫線図ではー3σに達するや割安感から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:12の193.93㌦迄戻したものの、下落局面から抜け出せたとは言えない事から売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比0.90㌦高の193.17㌦迄買戻され、11:35には前日比0.93㌦高の193.20㌦迄戻売された。後場では12:30に193.20㌦で開始し、米経済の動向を見極める上で、ISM非製造業景況指数や雇用統計の注目度が高まっている傾向から、継続して売仕掛の裁定解消売が入り13:39の192.81㌦迄下げ幅拡大したがダウ平均先物が底堅さを見せた事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:58の193.31㌦迄買戻され持高調整が入り、15:00大引けでは前日比1.03㌦高の193.30㌦迄戻売され、オプション22年7月物は「コール」は買われ「プット」は売りが目立った状況で15:15には前日比0.81㌦高の193.08㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.22㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.73倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽11.64%、東証プライム騰落レシオは95.46%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月1日


7月01日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは続落した。新興株01日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーよるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。6月シカゴ購買部協会景気指数(PMI)の予想以上の悪化や、インフレ調整後の5月個人消費支出(PCE)がマイナスに落ち込んだ事を受け米株安となり、本日のドル建て日経平均は9:00に194.86㌦で寄付開始し、先日のショートポジションから売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:07の195.32㌦を付け最高値更新を迎えたが、景気減速懸念に加え金利低下による株下落の懸念によりVix指数とCDS指数は上昇。さらに売仕掛の裁定解消売が入り、10:37の192.60㌦迄下げ幅拡大したが切返しの売仕掛け解消の裁定解消買が入る事で11:14の193.46㌦迄買戻されたが持高調整が入り、11:30には前日比0.60㌦安の193.18㌦迄買戻され、11:35には前日比0.48㌦安の193.30㌦迄買戻された。後場では12:30に192.59㌦で開始したが、ロシアのプーチン大統領が権益を引継ぐ新会社設立(サハリン2の投資資産凍結等)と捉えられた大統領令などににより巨大機関投資家間では商社関連会社等の経営に影響すると考え売仕掛の裁定解消売が入り14:19の191.63㌦迄下げ幅拡大したが米株先物の下げ幅が縮小気味である事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比1.64㌦安の192.14㌦迄買戻され、オプション22年7月物は「コール」は総じて売られ「プット」はおおむね買われた状況で15:15には前日比1.51㌦安の192.27㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.69㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で49.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.57倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽14.24%、東証プライム騰落レシオは95.76%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月30日


6月30日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは続落した。新興株30日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーよるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。欧州中央銀行(ECB)の 年次フォーラムで連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が景気よりもインフレ抑制を優先する姿勢を強調したことも重荷となり、ドイツの6月消費者物価指数(CPI)の伸びが予想外に鈍化し、米長期金利が低下した事が支援要因となり、時間外取引の米先物が軟調な事から、本日のドル建て日経平均は9:00に195.87㌦で寄付開始し、売仕掛の裁定解消売が入り、10:59の194.04㌦迄戻売されたが、上海総合が上昇を受け売仕掛け解消の裁定解消買を受け、11:30には前日比2.75㌦安の194.51㌦迄買戻され、11:35には前日比2.74㌦安の194.52㌦迄買戻された。後場では12:30に194.26㌦で開始したが、ECBフォーラムでの欧米中銀トップの発言等から金融引締め強化による景気悪化懸念が続き、売仕掛の裁定解消売が入り、13:03の193.17㌦迄下げ幅拡大したが中国経済指標が伸長し下支えしたことを受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:01の193.77㌦迄買戻されたが、終日下値模索の展開から売仕掛の裁定解消売が入り14:44の193.03㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、15:00大引けでは前日比3.70㌦安の193.56㌦迄買戻され、オプション22年7月物は「コール」は総じて売られ「プット」は総じて買われた状況で15:15には前日比3.48㌦安の193.78㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.84㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.75倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽9.36%、東証プライム騰落レシオは104.09%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月29日


6月29日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは反落した。新興株29日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーよるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。6月の消費者信頼感指数が予想以上に悪化し、景気後退懸念が強まると下落転換し、引けにかけて売りが加速し米株が揃って下落を受け、本日のドル建て日経平均は9:00に197.10㌦で寄付開始し電力問題から原発相場化したのを受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:32の197.30㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、米株下落が響き心理的節目の200㌦が重しとなり売仕掛の裁定解消売が入り、9:44の196.02㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、罫線図でのボリンジャーバンドでー3σに達した事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:38の197.13㌦迄買戻され、6月権利配当落ちを嫌った巨大機関投資家の中で配当取り対策から売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比2.98㌦安の196.67㌦迄戻売され、11:35には前日比2.99㌦安の196.66㌦迄戻売された。後場では12:30に196.29㌦で開始したが、巨大機関投資家の中で逆金融相場でもある事を考慮したものもいる事から、Topixの浮動株比率のリバランス売が入り12:38の196.07㌦迄下げ幅拡大し後場最安値を迎えたが、MSCI指数入れ換えに伴い他の巨大機関投資家も含め売仕掛け解消の裁定解消買を入れる事で2段買上げが入った後、14:50の197.13㌦迄買戻され、15:00大引けでは前日比2.58㌦安の197.07㌦迄買戻されたが、オプション22年7月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買いが目立った状況で15:15には前日比2.39㌦安の197.26㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.28㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で53.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.96倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽4.86%、東証プライム騰落レシオは109.67%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月28日


6月28日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは続伸した。新興株28日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーよるとVix指数とCDS指数は続落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米国金利上昇から米株が揃って下落を受け、本日のドル建て日経平均は9:00に197.85㌦で寄付開始し朝方0.06㌦程下落し197.79㌦をつけ最安値更新をむかえたが、米国時間外取引のナスダック100先物が堅調に推移したのを受けすぐに切返し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:37の199.59㌦迄買戻されたが、心理的節目の200㌦を手前に売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比0.71㌦安の198.89㌦迄買戻され、11:35には前日比0.65㌦安の198.45㌦迄買戻された。後場では12:30に198.76㌦で開始し、上海総合指数やナスダック100先物が上げ幅拡大に併せ円の底堅さや日本経済の回復力に主眼が向き、月末にかけての年金基金による資産配分の再調整に当たる売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比0.67㌦高の199.77㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、オプション22年7月物は「コール」は買いが目立ち「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比0.55㌦高の199.65㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.98㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.03倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽2.04%、東証プライム騰落レシオは103.33%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月27日


6月27日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは続伸した。新興株27日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーよるとVix指数は続落したがCDS指数は反落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。6月ミシガン大消費者信頼感指数の確定値の長期期待インフレ率が下方修正され、インフレがピークに達した兆候が示されたため、巨大機関投資家心理が一段と改善し米株高を受け、本日のドル建て日経平均は9:00に198.01㌦で寄付開始し一時的円高ドル安から売仕掛の裁定解消売が入り9:22の197.77㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.76倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーや、円安で押し下がりドル建て日経平均では割安感が把握でき、インフレに強いと考えた巨大機関投資家心理により売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:02の199.36㌦迄買戻された後持高調整が入り、11:30には前日比2.07㌦高の198.61㌦迄買戻され、11:35には前日比2.01㌦高の198.55㌦迄買戻された。後場では12:30に199.02㌦で開始し12:47の198.79㌦迄一時下げたが、その後米株先物と香港ハンセン指数が大きく上昇したのを横目に、指数寄与度の大きい値嵩株の大幅高を背景に売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:07の199.95㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが、失速し先行き不透明感から売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比2.66㌦高の199.20㌦迄戻売され、オプション22年7月物は「コール」は買われ「プット」は売られた状況で15:15には前日比2.56㌦高の199.10㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.18㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.90倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽3.91%、東証プライム騰落レシオは96.54%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月24日


6月24日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物は続伸したが、Topix先物及びTopixは反発した。新興株24日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーよるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数は上昇、SOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。5月CPI上昇を受け米金利が下落し米株が反発し、本日のドル建て日経平均は9:00に194.55㌦で寄付開始し市況関連に売仕掛の裁定解消売が入り9:32の193.94㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、「13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーや、米10年債利回りが3%割れ目前の水準迄大幅低下を受けた米株価がグロース・ハイテク銘柄中心に売仕掛け解消の裁定解消買が日本相場にも入り11:15の195.85㌦迄買戻され、11:30には前日比2.71㌦高の195.47㌦迄買戻され、11:35には前日比2.76㌦高の195.52㌦迄買戻された。後場では12:30に195.95㌦で開始したが、その後ナスダック100先物と香港ハンセン指数が大きく上昇したのを横目に、指数寄与度の大きい値嵩株の大幅高を背景に売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:47の196.92㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが、失速し持高調整が入り、15:00大引けでは前日比4.01㌦高の196.77㌦迄戻売され、オプション22年7月物は「コール」は買いが目立ち、「プット」は売られた状況で15:15には前日比3.78㌦高の196.54㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.98㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.76倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽8.05%、東証プライム騰落レシオは97.61%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月23日


6月23日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物は反発したが、Topix先物及びTopixは続落した。新興株23日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーよるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数は上昇、SOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米株が小反落したのを受けて、本日のドル建て日経平均は9:00に192.21㌦で寄付開始し、「13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーやイベント通過による安心感に加え、バイデン大統領がインフレ対策としてガソリン税免除を議会に提案したことが支援要因となる事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:55の194㌦迄買戻され、最高値更新を迎えたが、上値も重くNYダウ先物の下落を受けて、売仕掛の裁定解消売が入り10:57の192.19㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、11:30には前日比0.81㌦高の192.56㌦迄買戻され、11:35には前日比0.83㌦高の192.58㌦迄買戻された。後場では12:30に192.82㌦で開始したが、パウエル議長の下院での議会証言が控えている事から、売玉の調整より売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:37の193.53㌦迄買戻されたが、米株先物下落を受け売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比1.33㌦高の193.08㌦迄戻売され、オプション22年7月物は「コール」は総じて売られ「プット」は高安まちまちだった状況で15:15には前日比1.01㌦高の192.76㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.81㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.70倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽12.61%、東証プライム騰落レシオは97.11%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月22日


6月22日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは反落した。新興株22日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数、SOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。米国が3連休明けバイデン大統領が「景気後退は避けられる」との考えを示し過度な懸念が緩和し終日堅調に推移しナスダック総合指数も大幅続伸。21日の米株式市場ではNYダウが641㌦高と3日ぶり大幅反発。この流れを受け、本日のドル建て日経平均は9:00に194.01㌦で寄付開始し、高値194.16㌦迄上昇し最高値更新を迎えたが、CPIと消費者物価動向からFEDがインフレ予測力低下と捉え、場中NY株先物が下落したのを受け、FEDが先行の景気後退に陥らない内に金融政策を終了したいが巨大機関投資家の中では信用できない(景気減速懸念が重しと捉える)ものも存在し、オプションで26,000円(190㌦)プットに建玉が集中している事から、売仕掛の裁定解消売が入り10:45の192.19㌦迄下げ幅拡大したが、時間外の先物取引上昇により売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比1.43㌦安の192.87㌦迄戻売され、11:35には前日比1.49㌦安の192.81㌦迄戻売された。後場では12:30に192.44㌦で開始したが売仕掛の裁定解消売が入り12:37の192.17㌦迄下げ幅拡大したが米時間外取引先物上昇を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:06の192.70㌦迄買戻されたが、時間外取引のNYダウが軟調で香港ハンセン指数が大幅下落する中、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比2.49㌦安の191.81㌦迄戻売され、オプション22年7月物は「コール」は売られ「プット」は高安まちまちだった状況で15:15には前日比2.55㌦安の191.75㌦迄戻売され最安値更新を迎え引けた。高安値幅は2.41㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.73倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽11.93%、東証プライム騰落レシオは91.69%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月21日


6月21日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは反発した。新興株21日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数、SOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。昨日、「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.49倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーに適合しさらに、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁が7月と9月に利上げする方針を示した事等を受けてECBの金融政策の正常化が意識され、ドイツ国債に売りが出た。欧州市場の流れを受けて、国内債券の先物にも売りが先行20日の欧州株が総じて堅調に推移し、時間外米株先物上昇が支え巨大機関投資家心理が改善した。この流れを受け、本日のドル建て日経平均は9:00に193.00㌦で寄付開始し192.24㌦に到達するや最安値更新を迎え、日足罫線図では20日に下落相場で手繰り線出現により売仕掛け解消の裁定解消買を入れる巨大機関投資家がいる事で11:03の194.37㌦迄買戻され、11:30には前日比3.11㌦高の194.13㌦迄買戻され、11:35には前日比3.16㌦高の194.28㌦迄買戻された。後場では12:30に194.59㌦で開始したが12:31の194.52㌦を記録後、為替の円安や国内経済の再開への期待、日銀の金融緩和の継続に加え、時間外取引でナスダック100先物の上昇や香港ハンセン指数の大幅高等から売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:11の195.59㌦迄買戻されたが、世界的長期金利上昇で株式市場へのマネーの供給が減るのに加え、円安一服感から売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比3.32㌦高の194.34㌦迄買戻され、オプション22年7月物は「コール」が上昇し、「プット」は下落した状況で15:15には前日比3.28㌦高の194.30㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.35㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で49.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.74倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽11.02%、東証プライム騰落レシオは95.57%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月20日


6月20日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは続落した。新興株20日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数、SOX指数は反落した。新元号が「令和」と制定。ナスダック大幅反発で、本日のドル建て日経平均は9:00に193.33㌦で寄付開始し最高値更新を迎え、取引開始直後に付けた193.33㌦をこの日の高値に失速すると、需要の景気観測である原油価格が下がる事よりインフレ抑制が出来る事に加え景気後退入り懸念が危惧される事により売仕掛の裁定解消売が入り、11:27の189.17㌦迄下げ幅拡大後最安値更新を迎えたが、11:30には前日比4.45㌦安の189.31㌦迄買戻され、11:35には前日比4.41㌦安の189.35㌦迄買戻された。後場では12:30に189.49㌦で開始し、為替の円安や国内経済の再開への期待、日銀の金融緩和の継続等から売仕掛け解消の裁定解消買が入り12:43の190.62㌦迄買戻されたが、世界的長期金利上昇で株式市場へのマネーの供給が減るのに加え、時間外取引でナスダック100先物が朝方上昇していたが後場では下げ幅を広げる展開となり、売仕掛の裁定解消売が入り14:00には189.90㌦迄下げ幅拡大。しかし黒田総裁と岸田首相会談が大引け直前で実行との報道を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比2.87㌦安の190.89㌦迄買戻され、オプション22年7月物は「コール」は総じて売られ「プット」は下げが目立った状況で15:15には前日比2.74㌦安の191.02㌦迄買戻され引けた。高安値幅は4.16㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で49.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.49倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽16.35%、東証プライム騰落レシオは89.85%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月17日


6月17日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは反落した。新興株17日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反発し、NBI指数、SOX指数は反落した。新元号が「令和」と制定。米国始めとして英イングランド銀行やスイス国立銀行迄利上げに踏み切り、世界的な金融引締め加速が警戒され巨大機関投資家心理が悪化。利回り低下に繋がった。債券先物相場で債券先物売却し、価格が下げへと変貌し利回り上昇に繋がり日銀決定会合受けて、本日のドル建て日経平均は9:00に196.25㌦で寄付開始し、円安政策でドル建てでも割安感が出て売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:01の196.42㌦迄買戻され最高値更新を迎え寄付き天井化したが、金融引締め継続により世界的な金融引締めの加速が警戒され、米国から景気後退懸念が疑われ、ドル建て日経平均では巨大機関投資家心理が地合悪化と捉え売仕掛の裁定解消売を入れる事で11:20の193.48㌦迄下げ幅拡大し円高一服から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比3.05㌦安の193.87㌦迄買戻され、11:35には前日比3.03㌦安の193.89㌦迄買戻された。後場では12:30に194.28㌦で開始し、米国景気警戒やリバウンドしてもベアマーケットラリーの懸念から日本でも売仕掛の裁定解消売が入り13:02の192.91㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、再び為替の円安進行が進み時間外取引のナスダック100先物が上昇したのが支えとなり、米国のクワトロウィッチング向けとして売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:58の194.82㌦迄買戻されたが、ナスダック100先物が大引け間際に上げ幅縮小した事から売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比3.27㌦安の193.65㌦迄戻売され、オプション22年7月物は「コール」は総じて売られ「プット」は総じて買われた状況で15:15には前日比3.16㌦安の193.76㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.51㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.59倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽14.42%、東証プライム騰落レシオは92.03%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月16日


6月16日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topixは反発した。新興株16日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数、SOX指数は続伸した。新元号が「令和」と制定。「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.73倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーに15日に該当するようになり、0.75%の利上げ懸念から売却していたがFOMC通過で折込済みが確認できたため、NYダウ等米国株が揃って6日ぶりに反発したのを受け、本日のドル建て日経平均は9:00に199.28㌦で寄付開始し、円安政策でドル建てでも割安感が出て売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:31の200.65㌦迄買戻され最高値更新を迎え寄付き天井化したが、金融引締め継続により利上げペースの先鋭化に繋がり、米時間外取引のナスダック100先物が上げ幅を縮めた事から売仕掛の裁定解消売が入り11:28の198.16㌦迄下げ幅拡大した後、11:30には前日比3.05㌦高の198.39㌦迄買戻され、11:35には前日比3.01㌦高の198.35㌦迄買戻された。後場では12:30に198.85㌦で開始し、利上げ完了まで間がない事から利上げペースを減速させ後半に株上昇が考えられる事を受けて、ナスダック100先物が下落に転じ、香港ハンセン指数が下げ幅を広げた事も含め、売仕掛の裁定解消売が入り14:53の196.81㌦迄下げ幅拡大したが、15:00大引けでは前日比1.48㌦高の196.82㌦迄戻売され、オプション22年7月物は「コール」が高安まちまちで「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比1.58㌦高の196.92㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.84㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.82倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽9.39%、東証プライム騰落レシオは102.50%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月15日


6月15日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topixは続落した。新興株15日の東証グロース市場は続落したが、東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数、SOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。5月卸売物価指数(PPI)が予想をわずかに下回り大幅な伸びとなった事で連邦準備制度理事会の急速な金融引締めを織り込む形で金利上昇を迎え売りが強化。NYダウは年初来安値を更新。本日のドル建て日経平均は9:00に196.82㌦で寄付開始し、円安政策でドル建てでも割安感が出て売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:04の197.07㌦迄買戻され最高値更新を迎え寄付き天井化したが、資源価格高騰による貿易収支赤字拡大やユーロ高でドル高だとインフレ抑制可能と捉えられ、この流れから金利上昇による大規模バリエーション調整が必要となる事から、米金融引き締めの加速への警戒へと繋がり運用リスクを回避する動きが優勢となる事で売仕掛の裁定解消売が入り11:29の195.45㌦迄下げ幅拡大し、11:30には前日比2.24㌦安の195.51㌦迄買戻され、11:35には前日比2.22㌦安の195.53㌦迄買戻された。後場では12:30に195.57㌦で開始し12:50の195.79㌦迄買戻されたが、債券先物相場の急落を受けてダイナミックサーキットブレイカーが発動されたのを受け供給が抑制する上でのインフレなので、日銀政策の間違いを指摘しての巨大機関投資家による売仕掛の裁定解消売が入ったとの報道(日銀政策修正への思惑売)も聞かれ14:36には194.99㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、中国の小売売上高や米国の鉱工業生産がプラスに転じパウエルFRB議長の記者会見前でもある事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:58の195.73㌦迄上げ幅拡大したが、15:00大引けでは前日比2.46㌦安の195.29㌦迄戻売され、オプション22年7月物は「コール」は売られ「プット」は買いが目立った状況で15:15には前日比2.41㌦安の195.34㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.08㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.73倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽10.44%、東証プライム騰落レシオは94.52%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月14日


6月14日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topixは続落した。新興株17日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSは反落し、NBI指数、SOX指数は続落した。新元号が「令和」と制定。FOMCでの利上げ加速や米国での景気減速が懸念されて米国株が揃って年初来安値を更新。本日のドル建て日経平均は9:00に197.83㌦で寄付開始し、一時196㌦台に下落するも円安政策でドル建てでも割安感が出て売仕掛け解消の裁定解消買が入り切返し9:37の198.71㌦迄買戻された後、中国での新型コロナ流行などで景気減速懸念から売仕掛の裁定解消売が入り10:55の196.30㌦迄下げ幅拡大し5月10日以来の200㌦割れを迎え25日移動平均線を割れ極致に来たため売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比3.69㌦安の196.79㌦迄買戻され、11:35には前日比3.59㌦安の196.89㌦迄買戻された。後場では12:30に196.65㌦で開始したが、暗号資産の急落も巨大機関投資家心理の悪化に繋がり、売仕掛の裁定解消売が入り12:59の196.31㌦迄戻売されたが続かずインフレの中でも米国株先物上昇等を受け景気の底堅さを確かめた巨大機関投資家の売持高調整も入り易かった事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:55の197.79㌦迄買戻したが持高調整売も入り、15:00大引けでは前日比2.70㌦安の197.78㌦迄戻売され、オプション22年7月物は「コール」が売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比2.73㌦安の197.75㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.41㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.87倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽7.10%、東証プライム騰落レシオは97.80%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月13日


6月13日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均、日経平均先物、及びTopix先物、Topixとドル建て日経平均は続落した。新興株13日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。MSQ28,000円(210㌦)いったが、MSQ目駆け先物買戻し一巡終了となり、米国5月消費者物価指数(CPI)が予想を大幅超過しインフレ加速となり景気減速懸念から米株揃って下落。この流れから、本日のドル建て日経平均は9:00に203.05㌦で寄付開始した後、9:02の203.15㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、寄付天井化し法人企業景況調査の下方修正報道を受け続かず、売仕掛の裁定解消売が入り10:30の200.22㌦迄下げ幅拡大し、カジノ資本主義の時代に酷似してコロナバブルが弾け当社予測通り安値買機械到来の調整局面入りとなった。しかし、日銀による円安政策で、ドル建て日経平均比較では割安状況放置である事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比3.11㌦安の200.89㌦迄買戻され、11:35には前日比7.04㌦安の200.94㌦迄買戻された。後場では12:30に200.75㌦で開始したが、中国における新型コロナウイルス対策の都市封鎖再導入も嫌気され北朝鮮等を含むロシア勢力リスク懸念により売仕掛の裁定解消売が入り13:51の199.60㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、日本長期金利の上昇を受け影響が少ない電気・ガス業、水産・農林業などの5業種に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比7.90㌦安の200.08㌦迄買戻され、オプション22年7月物は「コール」は売られ「プット」は買われた状況で15:15には前日比7.50㌦安の200.48㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.55㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.04倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽3.12%、東証プライム騰落レシオは100.76%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月10日


6月10日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均、日経平均先物、及びTopix先物は反落、Topixとドル建て日経平均は続落した。新興株10日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ECBの来月からの利上げ決定を受けまして欧米の長期金利が上昇。欧米株の大幅安を重しに、本日のドル建て日経平均は9:00に208.32㌦で寄付開始した後、6月限日経平均先物ミニ・オプションの最終決済に関わる日経平均のSQ(特別清算指数)の算出日だったが、これに絡んだ注文は売り超過だったとみられ、下値模索の動きとなり、この流れから9:05の208.81㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、寄付天井化したが続かず、売仕掛の裁定解消売が入り10:22の207.37㌦迄下げ幅拡大しSQの210㌦を下回った処で、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比3.11㌦安の207.90㌦迄戻売され、11:35には前日比3.17㌦安の207.84㌦迄戻売された。後場では12:30に208.04㌦で開始したが、北朝鮮等を含むロシア勢力リスク懸念により売仕掛の裁定解消売が入り13:40には207.36㌦と一時SQ値210㌦を下回る場面もあり最安値更新を迎えたが、売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:47の208.37㌦迄買戻されたが、今晩の米5月CPIを前にヘッジ売りが、需要が多いためSQ値を下回った状態の推移が続き「幻のSQ」となった事で、SQ週後の割安買場転換が懸念される形となり、15:00大引けでは前日比2.92㌦安の208.09㌦迄戻売され、オプション22年7月物は「コール」は売られ「プット」はおおむね買われた状況で15:15には前日比3.03㌦安の207.98㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.45㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.51倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲6.16%、東証プライム騰落レシオは99.58%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月09日


6月09日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、日経平均先物、及びTopix先物は続伸し、Topixとドル建て日経平均は反落した。新興株09日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は続伸したがSOX指数は反落した。新元号が「令和」と制定。3月限が低い事から、SQに向かってデルタヘッジと買戻しという形でロールオーバーが行われ売却持高解消目的買いが進み金曜日には高いSQが期待可能となる。また、米株安を受けて、本日のドル建て日経平均は9:00に209.66㌦で寄付開始し最高値更新を迎えたが、寄付きを安値にロールオーバーやデルタヘッジ効果等で切返し売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:09の210.78㌦迄買戻されると、円安進行の一服感や亜細亜市況の下落が影響し売仕掛の裁定解消売が入り10:49の210.08㌦迄下げ幅拡大したが、円安進行が再開となり売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比1.73㌦安の210.08㌦迄買戻され、11:35には前日比1.67㌦安の210.49㌦迄買戻された。後場では12:30に210.88㌦で開始したが、1㌦=134円台に乗せた20年ぶりの円安進行効果から売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:20の211.77㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、亜細亜市況下落等の流れから、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比1.09㌦安の211.07㌦迄戻売され、オプション22年6月物は「コール」、「プット」ともに下落した状況で15:15には前日比1.15㌦安の211.01㌦迄戻売され引けた。高安値幅は0.95㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.51倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲10.97%、東証プライム騰落レシオは110.08%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月8日


6月08日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、日経平均先物、Topix先物、及びTopixは続伸し、ドル建て日経平均は反発した。新興株08日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は続伸した。新元号が「令和」と制定。欧米の長期金利が低下して米株等が続伸した事を好感。この傾向から、本日のドル建て日経平均は9:00に211.58㌦で寄付開始し、売仕掛の裁定解消売が入り09:02の211.49㌦迄下げ幅を拡大後、今週金曜日SQでもある事からオプション絡んだ売買が多く、28,000円(212㌦)コールオプションで買いと売りがぶつかりSQ値を28,000円(212㌦)にしたい巨大機関投資家の駆引きからレバレッジを効かせ価格上昇となっている。香港ハンセン指数の大幅高から売仕掛け解消の裁定解消買が入り揉合い後、9:41の212.29㌦迄買戻しが入り最高値更新を迎えたが持高調整が入り、10:06の211.55㌦迄下げ幅拡大後切換し、11:30には前日比1.90㌦高の212.06㌦迄買戻され、11:35には前日比1.95㌦高の212.11㌦迄買戻された。後場では12:30に211.73㌦で開始したが、1㌦=133円台に乗せた20年ぶりの円安進行や香港ハンセン指数の前場の急騰から売仕掛け解消の裁定解消買が入り12:52の212.04㌦迄買戻され後場高値更新を迎えたが、香港ハンセン指数の大幅高一服等の流れから売仕掛の裁定解消売が入り14:00の211.34㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、Topix浮動株比率の厳格化が実行される時期でこれが働き、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比1.84㌦高の212.00㌦迄買戻され、オプション22年6月物は「コール」はおおむね買われ「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比2.00㌦高の212.16㌦迄買戻され引けた。高安値幅は0.95㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.51倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲11.10%、東証プライム騰落レシオは111.57%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月7日


6月07日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、日経平均先物、Topix先物、及びTopixは続伸したが、ドル建て日経平均は続落した。新興株07日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。米株が伸び悩むも小反発した事や20年2か月ぶりのドル高円安を受けて、本日のドル建て日経平均は9:00に211.74㌦で寄付開始し、売仕掛の裁定解消売が入り揉合う事で10:30の210.31㌦迄下げ幅を拡大後、前場安値更新を迎えたが、今週金曜日SQでもある事からオプション絡んだ売買が多く、28,000円(212㌦)コールオプションで買いと売りがぶつかりSQ値を28,000円(212㌦)にしたい巨大機関投資家の駆引きからレバレッジを効かせ価格上昇となっている。中国上海総合指数の前場の急騰から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:50の211.49㌦迄買戻しが入るが持高調整が入り、11:30には前日比2.42㌦安の211.33㌦迄戻売され、11:35には前日比2.42㌦安の211.33㌦迄戻売された。後場では12:30に211.62㌦で開始したが、中国上海総合指数の前場の急騰から売仕掛け解消の裁定解消買が入り12:55の211.87㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、中国上海総合指数の減速後、米長期金利上昇幅が拡大しNYダウ先物や時間外のナスダック100先物が大幅下落を迎えこの流れから売仕掛の裁定解消売が入り14:39の210.15㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、Topix浮動株比率の厳格化が実行される時期でこれが働き、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比3.44㌦安の210.31㌦迄買戻され、オプション22年6月物は「コール」は買いが目立ち、「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比3.59㌦安の210.16㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.62㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.36倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲8.19%、東証プライム騰落レシオは112.32%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月06日


6月06日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、日経平均先物、Topix先物、及びTopixは続伸したが、ドル建て日経平均は反落した。新興株06日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は反発したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米雇用統計で市場予想を上回り警戒感から長期金利上昇を受けナスダック総合指数は大幅反落。また、上海が朝方弱含む事から、本日のドル建て日経平均は9:00に210.73㌦で寄付開始し、売仕掛の裁定解消売が入り9:00の210.55㌦迄下げ幅を拡大後、最安値更新を迎えたが、上海株がその後強含みこれを受け、巨大機関投資家の中で、売仕掛け解消の裁定解消買を行う者もいる事から11:15の213.34㌦迄買戻しが先行した後、11:30には前日比0.51㌦安の213.25㌦迄戻売され、11:35には前日比0.56㌦安の213.20㌦迄戻売された。後場では12:30に213.62㌦で開始したが、法人企業統計も高く巨大機関投資家による配当再投資機会到来から売仕掛け解消の裁定解消買が入り12:45の214.25㌦迄買戻しが入り最高値更新を迎えたが、巨大機関投資家心理上の節目を示す215㌦に到達しそうになるや、手前で失速し売仕掛の解消売りが入り、14:30の213.62㌦迄下げ幅拡大したが、亜細亜市況の上昇も支援要因となり売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比0.03㌦安の213.73㌦迄買戻され、オプション22年6月物は「コール」は買いが目立ち「プット」は売られた状況で15:15には前日比0.01㌦安の213.75㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.70㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.30倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲8.16%、東証プライム騰落レシオは107.85%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。

6月3日


6月03日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月03日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix、及びドル建て日経平均は反発した。新興株03日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数は反落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。5月のADP全米雇用報告は、市場予想を大きく下回り、金利上昇や金融環境の引き締まりを背景に労働需要が減速し始めていることを示したことで、市場の金利上昇に対する警戒感が和らいだことを受け、本日のドル建て日経平均は9:00に212.87㌦で寄付開始し、売仕掛の裁定解消売が入り9:02の212.80㌦迄下げ幅を拡大後、最安値更新を迎えたが、金融引締めが弱いと見た巨大機関投資家の中で、売仕掛け解消の裁定解消買を行う者もいる事から9:32の213.86㌦迄買戻しが先行した後、米長期金利の高止まりで売仕掛の裁定解消売が入り10:27の212.90㌦迄下げ幅を拡大するが売り方持高調整の売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:14の213.58㌦迄買戻され、11:30には前日比2.55㌦高の213.50㌦迄戻売され、11:35には前日比2.49㌦高の213.44㌦迄戻売された。後場では12:30に213.54㌦で開始したが、売仕掛の裁定解消売が入り12:33の213.35㌦迄下げ幅拡大し達した時点で、6、7月の0.5%ずつの米利上げは織り込む中で、インフレがピークアウトしたと参加者は受け止めるようになり、ヘッジファンドの買持高が目立つ中、直近の上昇相場で、買持高に向かって売却した向きの踏み上げが見込め、ボーナスシーズンで個人投資家の資金流入が期待できるほか、運用機関による3月期企業銘柄の配当金再投資が見込めるなど、好需給が株価を支える要因になる事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:30の213.88㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、FRBのブレイナード氏のタカ派発言から売仕掛の裁定解消売が入り一旦下げるも今晩に米5月雇用統計を控える中売持高を過剰保持する巨大機関投資家の中で巨大機関投資家心理が改善され強気の者も出て来たことから売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比2.89㌦高の213.84㌦迄買戻され、オプション22年6月物は「コール」に買いが目立ち、「プット」は売られた状況で15:15には前日比2.81㌦高の213.76㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.08㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.25倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲6.66%、東証プライム騰落レシオは108.48%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月2日


6月02日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均、日経平均先物、Topix先物、及びTopixは反落したが、ドル建て日経平均は続落した。新興株02日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数は反落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米ISM製造業景気指数が予想に反し上昇。米長期金利が二週間ぶりに上昇。金融引締め加速等が警戒され米続落を受け、本日のドル建て日経平均は9:00に210.13㌦で寄付開始し、売仕掛の裁定解消売が入り9:08の209.58㌦迄下げ幅を拡大後、ナスダック100先物が堅調推移でプラス圏に転じた事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:53の210.94㌦迄上げ幅拡大後、11:30には前日比1.58㌦安の210.90㌦迄買戻され、11:35には前日比1.72㌦安の210.76㌦迄買戻された。後場では12:30に211.02㌦で開始し最高値更新を迎えたが、米時間外先物伸び悩み、売仕掛の裁定解消売が入り12:37の210.75㌦に下げ幅拡大し達した時点で、輸出企業には円安が、内需企業には人流の回復とインバウンド再開の期待が再確認されたことで売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:04の210.94㌦迄買戻されたが、5月雇用統計を前にした警戒感から模様眺めの売仕掛の裁定解消売が入り、14:18の210.61㌦迄下げ幅を拡大したが、政府の水際対策等が評価され、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比1.64㌦安の210.84㌦迄買戻され、オプション22年6月物は「コール」と「プット」はともに売りが目立った状況で15:15には前日比1.53㌦安の210.95㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.44㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.27倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲3.01%、東証プライム騰落レシオは101.30%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月1日


6月01日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、日経平均先物、Topix先物、及びTopixは反発したが、ドル建て日経平均は反落した。新興株01日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。三連休明けの米株は下落したが、外国人の入国制限緩和、上海封鎖解除を受け巨大機関投資家心理がQT実施等による警戒感から改善を迎えた事から、本日のドル建て日経平均は9:00に212.07㌦で寄付開始し直後に212.06㌦を付けた処で最安値更新を迎えたが、売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:52の213.11㌦迄上げ幅拡大し最高値更新後寄付き天井化したが、欧州連合の対ロ追加制裁によるインフレ懸念再燃に加えナスダック総合指数の反落を受け、売仕掛の裁定解消売が入り10:36の212.22㌦迄下げ幅拡げたが、為替による円安により輸出企業や金融株中心に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.72㌦安の212.88㌦迄買戻され、11:35には前日比0.71㌦安の212.89㌦迄買戻された。後場では12:30に212.76㌦で開始し米時間外先物伸び悩み、売仕掛の裁定解消売が入り13:13の212.09㌦に下げ幅拡大し達した時点で、輸出企業には円安が、内需企業には人流の回復とインバウンド再開の期待が再確認されたことで売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:12の212.58㌦迄買戻されたが 今晩発表される米ISM製造業景気指数動向を気にして売仕掛の裁定解消売が入り14:52の212.13㌦迄下げ幅拡大するが、ROE改善のために自社株買が行われ呼応して巨大機関投資家の中では売仕掛け解消の裁定解消買を入れる者もいる事から、15:00大引けでは前日比1.08㌦安の212.52㌦迄買戻され、オプション22年6月物は「コール」は総じて買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比1.12㌦安の212.48㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.05㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.27倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲3.55%、東証プライム騰落レシオは98.35%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月31日


5月31日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月31日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix先物、及びTopixは反落した。新興株31日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は寄付き高値で天井化し反落。米国市場はメモリアルデーとして祝日で休場。米経済予測が強い事から、本日のドル建て日経平均は9:00に213.82㌦で寄付開始し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:12の214.59㌦迄上げ幅拡大し最高値更新後寄付き天井化したが、欧州の対ロ追加制裁を背景とした原油高への懸念が重石となり続かず、MSCIリバランス売もある傾向から売仕掛の裁定解消売が入り10:07の212.59㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、米時間外取引のナスダック100先物が堅調推移であることを受け売仕掛け解消の裁定解消買を巨大機関投資家の中では入れる者もいるため、11:30には前日比1.29㌦安の223.99㌦迄買戻され、11:35には前日比1.22㌦安の214.06㌦迄買戻された。後場では12:30に213.65㌦で開始し米時間外先物上昇、即ちオーバーナイトの売り越しに対し米株半値戻しも受けナスダック100先物が堅調推移を見せた事や、円安進行が巨大機関投資家心理を下支えし、また、中国5月購買担当者景気指数が改善したことを受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り12:47の213.82㌦迄買戻されたが、今晩から米国市場が開くことから資源高が景気に悪影響する不透明感がいまだ晴れない状況より売仕掛の裁定解消売が入り14:48の213.20㌦迄下落した後、15:00大引けでは前日比1.98㌦安の213.30㌦迄買戻され、オプション22年6月物は「コール」は総じて売られ「プット」は高安まちまちだった状況で15:15には前日比1.68㌦安の213.60㌦迄買戻され引けた。高安値幅は12.00㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.09倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲1.58%、東証プライム騰落レシオは95.85%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月30日


5月30日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix先物、及びTopixは続伸した。新興株30日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は寄付き安値で大幅続伸。昨日の「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.92倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーに加え、23日以来・一週間ぶりの節目211㌦往来相場越え達成。円安によってドル建て日経平均が下がるので、巨大機関投資家からみて「日本株を安値買後高値売が可能」となることに加え、円安が日本の企業業績にプラスなこともあり、先週末の個人消費物価指数が高水準ながらも鈍化してインフレ加速懸念が後退。米株が大幅に上昇したのが支援要因となり、本日のドル建て日経平均は9:00に212.87㌦で寄付開始し、QT怯え機関投資家の中でも現金化率を高めさらに当初グローバルマクロ等の巨大機関投資家が香港都市封鎖等を受けて、売仕掛の裁定解消売が入り9:08の212.58㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、往来相場節目超えを確認後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:26の215.24㌦迄上げ幅拡大し、11:30には前日比3.87㌦高の215.13㌦迄買戻され、11:35には前日比3.84㌦高の215.10㌦迄買戻された。後場では12:30に215.02㌦で開始し米時間外先物上昇、即ちオーバーナイトの売り越しに対し米株半値戻しも受けナスダック100先物が上昇を見せた事や、TOPIXリバランスに加え、中国都市封鎖解除による中国株高を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:14の215.82㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが明日のMSCIのリバランス売への警戒から売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比4.21㌦高の215.47㌦迄買戻され、オプション22年6月物は「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比4.02㌦高の215.28㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.24㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.15倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲2.55%、東証プライム騰落レシオは101.79%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月27日


5月27日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は反発したが、Topix先物、及びTopixは続伸した。新興株27日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は寄付き高値で小幅反発。昨日の「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.87倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーに加え、連邦公開市場委員会議事要旨が想定内の内容で、過度な利上げ懸念が後退した事が相場を支援し、複数小売企業が市場予想を上回る好決算発表から個人消費懸念不安の払拭に繋がり、本日のドル建て日経平均は9:00に212.05㌦で寄付開始したが売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:03の212.37㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが、節目を超え売仕掛の裁定解消売が入り11:18の211.06㌦迄下げ幅拡大するが、11:30には前日比2.18㌦高の211.20㌦迄買戻され、11:35には前日比2.25㌦高の211.27㌦迄買戻された。後場では12:30に211.20㌦で開始し米時間外先物下落を受けて売仕掛の裁定解消売が入り12:52の210.78㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、円高進行が一服した事等を背景に亜細亜市況が上げ幅を縮めた事を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:37の211.26㌦迄買戻されたが先行き不透明から売仕掛の裁定解消売が入り14:50には210.99㌦迄下げ幅拡大し、15:00大引けでは前日比2.09㌦高の211.11㌦迄買戻され、オプション22年6月物は「コール」に値上がりが目立ち、「プット」は下落した状況で15:15には前日比2.24㌦高の211.26㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.59㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.92倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽3.88%、東証プライム騰落レシオは99.31%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月26日


5月26日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均、日経平均先物は続落し、ドル建て日経平均は反落したが、Topix先物、及びTopixは反発した。新興株26日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は寄付き高値で小幅反落。FOMC議事要旨を警戒して昨日は売仕掛の裁定解消売を入れていた巨大機関投資家が、議事要旨が想定内の内容だったとして巨大機関投資家心理の改善へと働き、米株揃って上昇。さらに朝方「来月からの訪日外国人受け入れ報道」も支えに、本日のドル建て日経平均は9:00に209.87㌦で寄付開始したが売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:14の211.26㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが、米時間外取引のナスダック100先物が軟化するのに伴い売仕掛の裁定解消売が入り11:14の209.03㌦迄下げ幅拡大し、11:30には前日比0.69㌦安の209.33㌦迄買戻され、11:35には前日比0.63㌦安の209.39㌦迄買戻された。後場では12:30に209.29㌦で開始し為替の円安進行により売仕掛け解消の裁定解消買が入り12:58の209.77㌦迄買戻された後、ナスダック100先物が下げ幅を広げた事も影響し、売仕掛の裁定解消売が入り14:56の208.75㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、15:00大引けでは前日比1.03㌦安の208.99㌦迄買戻され、オプション22年6月物は「コール」は売られ「プット」はまちまちだが、売りが目立った状況で15:15には前日比1.00㌦安の209.02㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.51㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.87倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽5.89%、東証プライム騰落レシオは92.22%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月25日


5月25日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均、日経平均先物、Topix先物、及びTopixは続落したが、ドル建て日経平均は反発した。新興株25日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は続落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は寄付き高値で小幅反発。米ナスダック総合指数下落やドル安円高を受けて、売持高外しで買持高増加。先物上昇で買い継続するも、オプション取引の権利行使価格211㌦が上値抵抗で意識され、本日のドル建て日経平均は9:00に210.77㌦で寄付開始したが売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:02の210.96㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが続かず、売仕掛の裁定解消売が入り9:20の209.62㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、ナスダック100先物が朝方堅調推移で支援要因となり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:07の210.84㌦迄下げ幅縮小後、211㌦が上値抵抗となり、11:30には前日比0.86㌦高の210.50㌦迄戻売され、11:35には前日比0.71㌦高の210.35㌦迄戻売された。後場では12:30に210.47㌦で開始し売仕掛け解消の裁定解消買が入り12:58の210.83㌦迄買戻され揉合い後、今晩の米国市場で控える半導体大手エヌビディアの決算や、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(5月3ー4日開催)の公表を前に積極的な売買は手控えられ、14:06には210.71㌦を付けた処で売仕掛の裁定解消売が入り14:56の210.02㌦迄下げ幅拡大し、15:00大引けでは前日比0.45㌦高の210.09㌦迄戻売され、オプション22年6月物は「コール」は売られ、「プット」は高安まちまちだった状況で15:15には前日比0.38㌦高の210.02㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.36㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.84倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽5.20%、東証プライム騰落レシオは87.25%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月24日


5月24日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、及びTopixは反落した。新興株24日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は反落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は寄付き高値で反落。昨日の米国株は揃って上昇し昨日ドル建て日経平均は210㌦を回復していた中、日本の上場会社の1/3は過去最高益でコンセンサスはper12倍と安いのに対し、米株揃って上昇を手掛かりに本日のドル建て日経平均は9:00に211.27㌦で寄付開始したが売仕掛の裁定解消売が入り9:03の210.72㌦迄下げ幅拡大し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:16の211.35㌦迄上げ幅拡大。しかし朝方に米株先物と中国株下落を見て下落が重しとなり、売仕掛の裁定解消売が入り10:34の209.96㌦迄下げ幅拡大したが、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:55の210.54㌦迄下げ幅縮小後続かず、売仕掛の裁定解消売が入り11:28の210.02㌦迄下げ幅拡大した処で、11:30には前日比0.96㌦安の210.08㌦迄戻売され、11:35には前日比0.98㌦安の210.16㌦迄戻売された。後場では12:30に210.10㌦で開始し売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:04の210.33㌦迄買戻されたが、米金融引き締めや中国の景気減速への警戒感が巨大機関投資家心理の重荷となった。日本時間24日の取引で米株価指数先物が下げ幅を拡大したのを受け、再度売仕掛の裁定解消売が入り15:00の209.51㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、15:00大引けでは前日比1.54㌦安の209.60㌦迄買戻され、オプション22年6月物は「コール」は売りが目立ち、「プット」は概ね買われた状況で15:15には前日比1.50㌦安の209.64㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.84㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.86倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽4.52%、東証プライム騰落レシオは92.83%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月23日


5月23日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、及びTopixは続伸した。新興株23日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は反落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は反発したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。先週末「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.85倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーを示し、日本の上場会社の1/3は過去最高益でコンセンサス(先行伸び)はper12倍と安いのに対し、先週末米ナスダック総合指数は年初来安値を更新したが、米国の長期金利が低下し、NYダウの3日ぶりの反発や中国人民銀行(中央銀行)が利下げを実施したことで世界経済の鈍化懸念が一時緩和を手掛かりに本日のドル建て日経平均は9:00に211.06㌦で寄付開始したが売仕掛の裁定解消売が入り9:05の210.37㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:26の211.60㌦迄上げ幅拡大。しかし朝方に大幅に下落していた亜細亜市況を見て売仕掛の裁定解消売が入り11:08の210.90㌦迄下げ幅拡大したが続かず、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比2.06㌦高の211.10㌦迄戻売され、11:35には前日比2.05㌦高の211.09㌦迄買戻された。後場では12:30に211.21㌦で開始し一時12:40に211.06㌦迄下げたが、時間外取引の米株価指数先物の上昇を下支えに売仕掛け解消の裁定解消買が入りすぐ切返し、13:14の211.52㌦迄買戻された後、戻待ちの売りに会い14:12の210.92㌦迄下げ幅拡大し、ナスダック100先物が1%超えて上昇し、政府による水際対策の緩和が報道されていた事が巨大機関投資家心理の改善へと繋がり売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:50の211.72㌦迄買戻され最高値更新を迎え、持高調整目的で売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比2.25㌦高の211.29㌦迄戻売され、オプション22年6月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売りが目立った状況で15:15には前日比2.10㌦高の211.14㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.35㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.28倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽1.76%、東証プライム騰落レシオは104.26%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月20日


5月20日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、及びTopixは反発した。新興株20日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は反落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は反発したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。昨日「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.73倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーを示し上場会社の1/3は過去最高益でコンセンサス(先行伸び)はper12倍と安いゆえに、本日のドル建て日経平均は9:00に206.90㌦で寄付開始したが同時刻に206.82㌦迄下げ幅拡大と最安値更新となった。一方でNYダウは安値で米株揃って安値を付けた後、米ハイテク・グロース株が下げ止まった安心感から巨大機関投資家心理が改善し時間外取引のナスダック100先物が上げ幅拡大を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:58の208.52㌦迄買戻されたが続かず、11:11の208.11㌦迄下げ幅拡大したが切返し、11:30には前日比3.10㌦高の208.44㌦迄買戻され、11:35には前日比3.17㌦高の208.51㌦迄買戻された。後場では12:30に208.51㌦で開始したが、中国人民銀行(中央銀行)が貸出金利の指標となる最優遇貸出金利(ローンプライムレート、LPR)の5年物を、15ベーシスポイントと予想よりも引き下げたことで、中国景気の後退懸念が緩和したことも好感され、上海総合指数及び香港ハンセン指数が揃って大幅に上昇し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:50の209.56㌦迄買戻され最高値更新を迎え、戻待ちの売りに会い、15:00大引けでは前日比3.98㌦高の209.32㌦迄戻売され、オプション22年6月物は「コール」はおおむね買われ「プット」は売りが目立った状況で15:15には前日比3.70㌦高の209.04㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.74㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.85倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽4.54%、東証プライム騰落レシオは94.34%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月19日


5月19日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、及びTopixは反落した。新興株19日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は反落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。小売大手決算・住宅指標の悪化を受けましてインフレによる企業業績、個人消費が懸念され米株が揃って急落。NYダウは年初来安値を更新して今年最大の下げ幅に対し、本日のドル建て日経平均は9:00に206.65㌦で寄付開始し、一時売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:03の206.87㌦を付け最高値更新を迎え寄付き天井化したが続かず、売仕掛の裁定解消売が入り11:20の203.88㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え、心理的な節目の201㌦が近づいた機会で時間外取引の米株価指数先物が下げ止まった事もあり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比4.32㌦安の204.18㌦迄戻売され、11:35には前日比4.36㌦安の204.14㌦迄戻売された。後場では12:30に204.52㌦で開始したが、前場の東証株価指数下落率が2%超であった事から後場に日銀による上場投資信託買いへの思惑が高まり売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:33の205.33㌦迄買戻されたが、一時ナスダック100先物が一旦上昇したが再び軟化したのを受け、売仕掛の裁定解消売が入り14:40の204.81㌦迄下げ幅拡大したが巨大機関投資家心理の改善により売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比3.21㌦安の205.29㌦迄買戻され、オプション22年6月物は「コール」が売られ「プット」はおおむね買われた状況で15:15には前日比3.16㌦安の205.34㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.99㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.73倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽8.29%、東証プライム騰落レシオは88.73%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月18日


5月18日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、及びTopixは続伸した。新興株18日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は反発した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。連邦準備制度理事会のパウエル議長講演が概ね想定内の内容を受けリスクフリーレートが0に接近しFF金利が安定しているゆえに米株市場が堅調。中国都市封鎖解除期待から景気後退懸念緩和。この傾向を受け、本日のドル建て日経平均は9:00に207.31㌦で寄付開始し、一時207.17㌦迄下げ幅拡大するが売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:31の209.22㌦を付け最高値更新を迎え一時上げ幅2.94㌦を付けたが、ナスダック100先物が軟調なことから売仕掛の裁定解消売が入り10:46の207.12㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたがフィラデルフィア半導体指数上昇を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比1.57㌦高の207.85㌦迄買戻され、11:35には前日比1.57㌦高の207.85㌦迄買戻された。後場では12:30に207.83㌦で開始し9:31の209.22㌦迄買戻されたが、亜細亜市況が弱含む中、売仕掛の裁定解消売が入り、12:38の207.46㌦迄下げ幅を拡大したが原油上昇でアセットのインフレ開始と見られ、売仕掛け解消の裁定解消買が入り15:00大引けでは前日比2.12㌦高の208.40㌦迄買戻され、オプション22年6月物は「コール」が買われ「プット」は売りが目立った状況で15:15には前日比2.22㌦高の206.50㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.91㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.92倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽2.81%、東証プライム騰落レシオは92.72%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月17日


5月17日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物は続伸、Topix先物、及びTopixは反発した。新興株17日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米国長期金利低下する中NYダウは上昇に転じたが金利低下の中でも米ハイテク株に利食いの動きがありこれを受けナスダック総合指数が反落。これらを背景に本日のドル建て日経平均は9:00に205.95㌦で寄付開始し、反落が重しで売仕掛の裁定解消売が入り9:12の205.12㌦迄下げ幅拡大後、米時間外取引のナスダック100先物が堅調推移状況で、巨大機関投資家心理を下支えし、売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:56の206.63㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、米国での重要指標発表が控える事から、売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比0.24㌦高の205.93㌦迄買戻され、11:35には前日比0.18㌦高の205. 87㌦迄買戻された。後場では12:30に205.98㌦で開始したが、亜細亜市況が下げ渋り中国都市封鎖解除期待報道を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:26の206.23㌦迄買戻されたが続かずインフレの中でも景気の底堅さから巨大機関投資家の持高調整も入り易かった事から売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比0.44㌦高の206.13㌦迄買戻され、オプション22年6月物は「コール」は高安まちまちで「プット」は下落した状況で15:15には前日比0.59㌦高の206.28㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.51㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.17倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽5.63%、東証プライム騰落レシオは84.96%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月16日


5月16日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物は続伸、しかしTopix先物、及びTopixは反落した。新興株16日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。5月限オプション取引に係る特別清算指数(SQ)を早々と一気に超えた事も下支えとなり、先週末の米株の上昇を好感し、先日の「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.72倍で13倍割れ底値近づき買戻機会発生し調整に入る」とのアノマリーを受け、本日のドル建て日経平均は9:00に206.74㌦で寄付開始し、9:03に206.21㌦を付けたが、売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:13の207.44㌦迄買戻され一時前日比1.94㌦高を迎え最高値更新を迎えたが、市場予想を下回った中国経済指標を受けて売仕掛の裁定解消売が入り11:23の205.30㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え、11:30には前日比0.20㌦高の205.70㌦迄買戻され、11:35には前日比0.08㌦高の205.58㌦迄買戻された。後場では12:30に205.73㌦で開始したが、亜細亜市況が下げ渋り中国都市封鎖解除期待報道を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:26の206.26㌦迄買戻されたが続かずインフレの中でも景気の底堅さから巨大機関投資家の持高調整も入り易かった事から売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比0.32㌦高の205.82㌦迄買戻され、オプション22年6月物は「コール」は高安まちまちで「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比0.19㌦高の205.69㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.14㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.21倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽7.04%、東証プライム騰落レシオは79.25%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月13日


5月13日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、及びTopixは反発した。新興株13日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米長期金利が低下しナスダック総合指数が反発し米株先物上昇に加え、先日の「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.30倍で13倍割れ底値近づき買戻機会発生し調整に入る」とのアノマリーを受け、本日のドル建て日経平均は9:00に201.54㌦で寄付開始し、同時刻に201.43㌦を付け最安値更新を迎えたが、売仕掛け解消の裁定解消買が入り5月限オプション取引に係る特別清算指数(SQ)を早々と一気に超えた事も下支えとなり11:00の204.79㌦迄買戻され幻のSQにはならず、戻待ちの売りに会い11:12の204.34㌦迄一時下がるも買戻され、11:30には前日比6.02㌦高の204.69㌦迄買戻され、11:35には前日比6.00㌦高の204.67㌦迄買戻された。後場では12:30に205.14㌦で開始したが、伸び悩み13:18の204.34㌦迄下げ幅拡大したが、米時間外取引のナスダック100先物の上昇が下支えとなり売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比6.37㌦高の205.04㌦迄買戻され、オプション22年6月物は「コール」がおおむね買われ「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比6.83㌦高の205.50㌦迄買戻され最高値更新を迎え引けた。高安値幅は4.07㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.72倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽8.63%、東証プライム騰落レシオは601.16%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月12日


5月12日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均とドル建て日経平均は反落したが、日経平均先物、Topix先物、及びTopixは続落した。新興株12日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は急反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米CPI市場予想を上回りインフレ圧力による金融引締めが引き続き警戒され米国株揃って年初来安値更新を受けて、本日のドル建て日経平均は9:00に199.80㌦で寄付開始し、売仕掛の裁定解消売が入り9:25の198.28㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、PBRが1倍付近と割安である事から自社株買いを行うものや、突込み警戒感を感じる巨大機関投資家の中から、売仕掛け解消の裁定解消買を入れるものもいる事で、11:21の200.49㌦迄買戻され最高値更新を迎えた後、11:30には前日比0.82㌦安の200.29㌦迄戻売され、11:35には前日比0.83㌦安の200.28㌦迄戻売された。後場では12:30に199.92㌦で開始したが、明日SQ日でもあり25,000円プットが多い事に加え米国時間外取引先物の下落を鑑みて売仕掛の裁定解消売を入れる巨大機関投資家が多いため、15:00大引けでは前日比2.45㌦安の198.66㌦迄戻売され、オプション22年5月物は「コール」は売られ、「プット」は買いが目立った状況で15:15には前日比2.44㌦安の198.67㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.21㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で48.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.30倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽16.39%、東証プライム騰落レシオは22.34%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月11日


5月11日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均とドル建て日経平均は反発したが、日経平均先物、Topix先物、及びTopixは続落した。新興株11日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。NYダウの連日の安値更新を嫌気し不透明感の増大から、本日のドル建て日経平均は9:00に199.79㌦で寄付開始直後に安値199.42㌦となり最安値更新を迎えたが、下値が堅い事から9:09の201.05㌦迄買戻されたが10:10の199.71㌦迄下げ幅拡大した。中国株高を支えに売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:12の201.52㌦迄上げ幅拡大し前場高値形成となった後、11:30には前日比0.68㌦高の201.33㌦迄買戻され、11:35には前日比0.69㌦高の201.34㌦迄買戻された。後場では12:30に201.35㌦で開始したが、戻待ちの売りに会い12:40の201.18㌦迄下げ幅拡大後、25日移動平均線を超え下落し割安感が出た処で、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:49の201.66㌦迄上げ幅拡大したが上値が重く続かず、売仕掛の裁定解消売が入り、13:49の200.86㌦迄下げ幅拡大したがナスダック総合指数の4日ぶりの反発に加え、業績手掛かりと取引時間外のナスダック100先物が堅調である事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:33の201.67㌦迄買戻された処で最高値更新を迎えた。SQ週でもある事から売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比0.45㌦高の201.10㌦迄戻売され、オプション22年5月物は「コール」と「プット」は共に売りが目立った状況で15:15には前日比0.46㌦高の201.11㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.25㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.42倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽11.72%、東証プライム騰落レシオは54.32%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月10日


5月10日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均先物、日経平均、Topix先物、Topix及びドル建て日経平均は続落した。新興株10日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。中国の都市封鎖の影響下における中国重要の減速懸念や米国金利先高感により、米株の三指数が揃って年初来安値を更新。これらを受け、本日のドル建て日経平均は9:00に200.59㌦で寄付開始直後に高値200.88㌦を付け、一時上げ幅0.07㌦超を達成し材料出尽くしとなるや売仕掛の裁定解消売が入り9:42の198.15㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え一時下げ幅2.66㌦安迄下落。しかし「中国当局が経済支援を約束」との報道を受け中国需要減速懸念解消へと捉えられ巨大機関投資家心理の改善へと結びつき、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、一時10:20の199.17㌦迄買戻され揉み合い後10:37の198.29㌦迄下げ幅拡大したが持高調整目的の売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.80㌦安の200.01㌦迄買戻され、11:35には前日比0.76㌦安の200.05㌦迄買戻された。後場では12:30に199.59㌦で開始したが、戻待ちの売りに会い12:31の199.45㌦迄下げ幅拡大後、25日移動平均線迄下落し割安感が出た処で、時間外取引の米ナスダック100先物が上げ幅を拡大している流れを受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:17の201.34㌦迄上げ幅拡大後最高値更新を迎えたが上値が重く続かず、戻待ちの売りに会い、15:00大引けでは前日比0.07㌦安の200.74㌦迄戻売され、オプション22年5月物は「コール」が売られ「プット」は高安まちまちだった状況で15:15には前日比0.16㌦安の200.65㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.19㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.34倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽12.59%、東証プライム騰落レシオは66.29%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

5月09日


5月09日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。5月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均先物、日経平均、Topix先物、Topix及びドル建て日経平均は反落した。新興株09日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は反発した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米雇用統計を受けて長期金利が上昇しナスダック総合指数が大幅安を更新し、本日のドル建て日経平均は9:00に204.27㌦で寄付開始後高値204.37㌦を付け寄付き天井化を受け、ハイテク・値嵩銘柄中心に売仕掛の裁定解消売が入り10:04の201.43㌦迄下げ幅拡大したが、大規模な自社株買報道により下値模索展開となり売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:40の202.50㌦迄買戻されたが一時的効果となり11:25の201.63㌦迄下げ幅拡大後、11:30には前日比4.91㌦安の201.80㌦迄買戻され、11:35には前日比4.79㌦安の201.92㌦迄買戻された。後場では12:30に201.84㌦で開始したが、中国のロックダウンが影響し景気後退懸念による巨大機関投資家心理の悪化から売仕掛の裁定解消売が入り、14:49の200.81㌦迄下げ幅拡大し、最高値更新を迎え、15:00大引けでは前日比5.82㌦安の200.89㌦迄戻売され、オプション22年5月物は「プット」が上昇し、「コール」は下落した状況で15:15には前日比5.90㌦安の200.81㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.56㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で49.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.38倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽11.32%、東証プライム騰落レシオは13.20%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月28日


4月28日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均先物、日経平均、Topix先物、Topix及びドル建て日経平均は反発した。新興株28日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は反落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.71倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーに27日がはまり、本日のドル建て日経平均は9:00に205.77㌦で寄付開始後、米金融引締めや景気再行き不透明感が強く、米株のナスダック総合指数が続落したのを受け売仕掛の裁定解消売が入り9:34の204.89㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、中国経済の景気減速懸念が和らいだ事も安心感に繋がり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:04の206.47㌦迄買戻され揉み合い後、11:30には前日比0.07㌦安の206.33㌦迄戻売され、11:35には前日比0.12㌦安の206.28㌦迄戻売された。後場では12:30に205.24㌦で開始したが、国内の大型連休を前に現物株市場での主力株の好決算が巨大機関投資家心理を改善させる中、先物もすぐに持ち直した。また、日銀が大規模金融緩和の維持を決定。円相場が1ドル=130円台まで円安・ドル高となり、先物相場を押し上げ、前日迄に空売り比率が高くなっていたこともあり、 相場全体として売り持高が積み上がっていたようで、持高解消から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:51の206.87㌦迄上げ幅拡大し、最高値更新を迎え、15:00大引けでは前日比0.10㌦高の206.50㌦迄戻売され、オプション22年5月物は「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比0.02㌦高の206.42㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.98㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.85倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽6.49%、東証プライム騰落レシオは70.98%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月27日


4月27日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均先物、日経平均、Topix先物、Topix及びドル建て日経平均は反落した。新興株27日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は反落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。中国の都市封鎖拡大の可能性から米株が急落。景気懸念に加え一部企業の下方修正が重しとなり、本日のドル建て日経平均は9:00に206.75㌦で寄付開始後、9:03の206.79㌦迄買戻されたが続かず寄付き天井化し売仕掛の裁定解消売が入り9:42の204.48㌦迄下げ幅拡大し一時4.16㌦安迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えた。しかし底値が堅く下げ渋る展開となり、米株先物の上昇や連日年初来安値更新している上海株の持直しを受けた売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:41の206.18㌦迄買戻されたが戻待ちの売りに会い、11:30には前日比3.02㌦安の205.56㌦迄買戻され、11:35には前日比3.02㌦安の205.56㌦迄買戻された。後場では12:30に205.62㌦で開始したが、週初に急落した中国株・香港株が、前日に引き続き落ち着いた動きになっていることが支援要因となり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:45の206.94㌦迄買戻され最高値更新を迎えた処でまた、ロシア外相が核戦争のリスクに言及したほか、ロシアがポーランドへの天然ガスの供給停止を予告したとの報道もあり売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比2.03㌦安の206.61㌦迄戻売され、オプション22年5月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比2.24㌦安の206.40㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.46㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で50.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.71倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽11.81%、東証プライム騰落レシオは50.08%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月26日


4月26日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均先物、日経平均、Topix先物、Topix及びドル建て日経平均は反発した。新興株26日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数は反落したがCDS指数は反発した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米国長期金利低下により米株反発となったのを受け、本日のドル建て日経平均は9:00に209.30㌦で寄付開始後、インフレ誘導による米国景気後退懸念に加え中国景気懸念から売仕掛の裁定解消売が景気敏感株に入り9:17の208.43㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、「仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.83倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーから売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:42の209.98㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、中国の主要都市封鎖から世界経済の減速懸念につながると捉えられ、売仕掛の裁定解消売が入り10:25の209.15㌦迄下げ幅拡大したが、中国・香港株が堅調に推移したのを受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:25の209.78㌦迄買戻されたが前引け直前で上海総合指数が下落に転じた事が重しとなり売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比2.67㌦高の209.63㌦迄買戻され、11:35には前日比2.72㌦高の209.68㌦迄買戻された。後場では12:30に209.23㌦で開始したが、継続して売仕掛の裁定解消売が入り14:21の208.55㌦迄下げ幅拡大したが米国市場での注目企業決算が控えている事から持高一方向過多は危険という思想から売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:56の209.07㌦迄買戻された後、戻待ちの売りに会い、15:00大引けでは前日比1.69㌦高の208.65㌦迄戻売され、オプション22年5月物は「コール」、「プット」ともに売りが目立った状況で15:15には前日比1.68㌦高の208.64㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.55㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.81倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽8.77%、東証プライム騰落レシオは167.68%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月25日


4月25日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均先物、日経平均、Topix先物、Topix及びドル建て日経平均は続落した。新興株25日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数は反落したがCDS指数は反発した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米国金融引締めによる影響により主要な成長企業決算も含めて先週末の株価が急落。上海では再びロックダウンが警戒され北京でもコロナ患者が拡大していて、中国株の大幅安も重しになり、日銀では連続指値オペをする事から金利が上昇しないように管理し円売りドル買いになりインフレ誘導に繋がっている事等を受け、本日のドル建て日経平均は9:00に207.56㌦で寄付開始後、インフレ誘導による米国景気後退懸念に加え中国景気懸念から売仕掛の裁定解消売が景気敏感株に入り9:20の205.90㌦迄即ち一時5.97㌦超下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、今週が発表のピークとなる米国決算では良い決算がある一方で、高い株価収益率(PER)に現れた成長期待とギャップが出てきている銘柄に注目が集まる事で売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:48の207.99㌦迄買戻されたが、欧米・亜細亜市況悪化懸念や北朝鮮やロシアの不穏な情勢から売仕掛の裁定解消売が入り、10:50の206.46㌦迄下げ幅拡大したが、11:30には前日比4.84㌦安の207.03㌦迄買戻され、11:35には前日比4.80㌦安の207.07㌦迄買戻された。後場では12:30に207.66㌦で開始し、戻待ちの売りに会い12:38の207.42㌦迄下げ幅拡大したがドル高・円安により売仕掛け解消の裁定解消買が入り12:53の208.12㌦迄買戻し最高値更新を迎えたが、千ドル近く下落した米国と中国が北京でもロックダウンの危惧で景気悪化懸念から売仕掛の裁定解消売が入り、14:12の206.82㌦迄下げ幅拡大したが、14:27の207.46㌦迄買戻された。時間外取引のNYダウ先物が下げ幅を広げたことも重しとなり、15:00大引けでは前日比4.93㌦安の206.94㌦迄買戻され、オプション22年5月物は「コール」が下落し、「プット」は上昇した状況で15:15には前日比4.91㌦安の206.96㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.22㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で49.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.83倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽10.19%、東証プライム騰落レシオは16.09%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月22日


4月22日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均先物、日経平均、Topix先物、Topix及びドル建て日経平均は反落した。新興株22日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数は反発したがCDS指数は反落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。FRB議長発言を切っ掛けに今後の金融引締め加速を改めて警戒されまして米国の長期金利が上昇して米株が大幅安を迎えた事で、本日のドル建て日経平均は9:00に211.77㌦で寄付開始後、高値として211.83㌦を記録した後、売仕掛の裁定解消売が入り9:53の209.25㌦を付け一時ドル建て日経平均下げ幅は5.72㌦安超を記録する場面を描いた後、持高一方向に過多状況では来週の主要企業決算の影響を懸念し売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:25の210.60㌦迄買戻されたが続かず、10:46の209.48㌦迄下げ幅拡大するがドル高局面から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比4.73㌦安の210.24㌦迄買戻され、11:35には前日比4.70㌦高の210.27㌦迄買戻された。後場では12:30に210.49㌦で開始し、5月の連邦公開市場委員会の影響に加え米国経済の強さから売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:48の212.13㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが持高調整の動きが入り、15:00大引けでは前日比3.08㌦安の211.89㌦迄買戻され、オプション22年5月物は「コール」は売られ、売る権利である「プット」は買われた状況で15:15には前日比3.10㌦安の211.87㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.88㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で48.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.02倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽4.80%、東証プライム騰落レシオは17.12%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月21日


4月21日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均先物、日経平均、Topix先物、Topix及びドル建て日経平均は続伸した。新興株21日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数は反落したがCDS指数は続伸した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ネットフリックスの決算が重しにナスダック総合指数が急落しましたがIBMの好決算等を手掛かりにNYダウは続伸、また、テスラ等の好決算を基に米株が上昇した事で、本日のドル建て日経平均は9:00に212.99㌦で寄付開始後、212.94㌦を付ける事で最安値更新を迎えたが、米株先物上昇に従い、売仕掛け解消の裁定解消買が値嵩株や輸出関連株に入り、11:09の高値214.70㌦迄買戻され前場高値更新を迎えた。これにより今まで懸案であった戻り高値210㌦を超えた事から上値が重くなりナスダック総合指数の下落によりその後はハイテク銘柄に伸び悩み調整が入り、売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比2.95㌦高の214.95㌦迄戻売され、11:35には前日比3.09㌦高の224.60㌦迄戻売された。後場では12:30に214.42㌦で開始し、売仕掛の裁定解消売が継続して入ったが、3%を窺う水準にあった米10年債利回りが0.1pt程低下して、2.8%台まで大きく低下してきたことや取引終了後に1 ―3月期決算を発表した米電気自動車大手テスラが時間外取引で上昇している事がハイテク株の買い安心感に繋がったようで、12:57の213.91㌦迄下げ幅拡大後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:15の215.18㌦迄買戻され最高値更新を迎えた後、FRBの方向性を見極めたいとの思惑もあり持高調整としての売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比3.42㌦高の214.93㌦迄買戻され、オプション22年5月物は「コール」は総じて買われ「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比3.46㌦高の214.97㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.24㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.19倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲0.03%、東証プライム騰落レシオは235.23%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月20日


4月20日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均先物、日経平均、Topix先物及びTopixは続伸したがドル建て日経平均は反発した。新興株20日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は続伸した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。G20目指して金融株が上昇し、政府がウクライナに対しドローンを提供、一方で米金利が2.9%上昇するも、ロシア高官が核戦争回避の報道を受け米株が大幅に反発した事、ドル円の上昇に加え、仮需比率1%以下且つ先日の日経平均予想per12.97倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る傾向から、本日のドル建て日経平均は9:00に210.39㌦で寄付開始後、売仕掛け解消の裁定解消買が値嵩株や輸出関連株に入り、9:33の高値211.65㌦迄買戻され前場高値更新を迎えた。これにより今まで懸案であった戻り高値210㌦を超えた事から上値が重くなり米株先物の下落に加え金利上昇によりその後は伸び悩み調整が入り、売仕掛の裁定解消売が入り10:34の209.40㌦迄下げ幅拡大したが香港株のプラスの動き等が下支えとなって売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.46㌦高の210.91㌦迄買戻され、11:35には前日比0.34㌦高の210.79㌦迄買戻された。後場では12:30に211.64㌦で開始し、中国人民銀行(中央銀行)が予想外に最優遇貸出金利「ローンプライムレート(LPR)」の引き下げを見送り、中国株が値を崩したことで、13:19の211.11㌦迄下げ幅拡大後、持高一方向への集中が危険という考えから売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:00の212.02㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが買いが続かず上値の重さから持高調整としての売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比1.08㌦高の211.53㌦迄戻売され、オプション22年5月物は「コール」が上昇、「プット」は下落した状況で15:15には前日比1.06㌦高の211.51㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.68㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.12倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽3.44%、東証プライム騰落レシオは243.19%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月19日


4月19日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均先物、日経平均、Topix先物及びTopixは反発したがドル建て日経平均は反落した。新興株19日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は続伸した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は反落したがSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。米国長期金利が上昇する中、連休明けの米株価が小幅な下げに留まった事やSOX指数やドル円の上昇に加え、仮需比率1%以下且つ先日の日経平均予想per12.88倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る傾向から、本日のドル建て日経平均は売仕掛け解消の裁定解消買が入り、9:00に213.15㌦で寄付開始後、高値213.15㌦迄買戻され最高値更新を迎え寄付き天井化した。これにより今まで懸案であった戻り高値210㌦を超えた事から上値が重くなり金利上昇によりその後は伸び悩み調整が入り、売仕掛の裁定解消売が入り11:29の210.11㌦迄下げ幅拡大し、11:30には前日比1.53㌦安の210.14㌦迄戻売され、11:35には前日比1.67㌦安の210.00㌦迄戻売され最安値更新を迎えた。後場では12:30に210.69㌦で開始し、前日のフィラデルフィア半導体株指数(SOX)の大幅反発等を好感した上で、1㌦=128円台迄乗せた為替の急速な円安進行も支援要因となり、売仕掛解消の裁定解消買が入り13:09の210.92㌦迄買戻されたが、3月期企業の本決算シーズンを控え先行き不透明感から売仕掛の裁定解消売が入り13:47の210.48㌦迄下げ幅拡大したが、下値は堅く持高を一方向に向けるのは危険という捉え方から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比1.10㌦安の210.57㌦迄戻売され、オプション22年5月物は「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比1.22㌦安の210.45㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.15㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.97倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽5.83%、東証プライム騰落レシオは248.12%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月18日


4月18日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均先物、日経平均、ドル建て日経平均、Topix先物及びTopixは続落した。新興株18日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は反発した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は反落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は大幅続落。本日のドル建て日経平均は9:00に211.93㌦で寄付開始後、高値212.09㌦迄買戻され最高値更新を迎え寄付き天井化した。日本時間で、先週米でつけた長期金利の水準を上回ってドル円が2005年以来の高値水準になった処で、中国の景気懸念が重しとなり、インフレ上振れリスクから売仕掛の裁定解消売が入り11:23の209.94㌦迄下げ、一時下げ幅4.32㌦安以上をつけ最安値更新を迎え、11:30には前日比4.13㌦安の210.11㌦迄買戻され、11:35には前日比4.10㌦安の210.16㌦迄買戻された。後場では12:30に220.30㌦で開始し、時間外取引の米株価指数先物が下げ渋った事や、 1㌦=126円台後半迄進んだ円安が 下支えし、午後は一転して巨大機関投資家内の短期筋の売仕掛け解消の裁定解消買が入る事で買戻しが進み、15:00大引けでは前日比2.61㌦安の211.65㌦迄買戻され、オプション22年5月物は「コール」に値下がりが目立ち、「プット」は上昇した状況で15:15には前日比2.59㌦安の211.67㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.15㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で48.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.88倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽7.72%、東証プライム騰落レシオは29.37%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月15日


4月15日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均先物、日経平均、ドル建て日経平均、Topix先物及びTopixは反落した。新興株15日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は反落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は反落。米株反落を受けて、本日のドル建て日経平均は9:00に213.41㌦で寄付開始後インフレ上振れリスクから売仕掛の裁定解消売が入り9:15の212.27㌦と最安値更新を迎えたが、これらの流れから売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:58の217.01㌦迄買戻され、最高値更新を迎えたが、円安・ドル高に支えられ売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:22の215.40㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが中国のスタグフレーションリスクから売仕掛の裁定解消売が入り11:23の213.27㌦迄下げ幅拡大した処で11:30には前日比3.11㌦安の213.62㌦迄買戻され、11:35には前日比3.14㌦安の213.59㌦迄買戻された。後場では12:30に213.87㌦で開始し、利上げメリットのある保険業や輸送用機器、銀行業等金融関連株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り12:54の224.63㌦迄上昇したが、イースター休暇入りによる今晩の米国市場休場を受け売仕掛の裁定解消売が入り14:43の214.05㌦迄下げ幅拡大したが持高調整が入り、15:00大引けでは前日比2.42㌦安の224.32㌦迄買戻され、オプション22年5月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比2.47㌦安の214.26㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.13㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.99倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽3.47%、東証プライム騰落レシオは89.03%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月14日


4月14日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均先物、日経平均、ドル建て日経平均、Topix先物及びTopixは続伸した。新興株14日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。3月の米生産者物価指数(PPI)と米国の消費者物価指数(CPI)を市場予想より上回り、無難に通過し、日経平均予想per12.91倍と13倍割れにより、巨大機関投資家心理の中で安心感が台頭した事から、本日のドル建て日経平均は9:00に214.80㌦で寄付開始後214.52㌦と最安値更新を迎えたが、これらの流れから売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:58の217.01㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、戻待ちの売りに会い11:30には前日比3.23㌦高の216.85㌦迄買戻され、11:35には前日比3.25㌦高の216.87㌦迄買戻された。後場では12:30に216.73㌦で開始し一旦12:40の216.55㌦迄下げ幅縮小後、中国人民銀行(中央銀行)が預金準備率を引き下げる可能性が高いと伝わる中、亜細亜市況が堅調に推移したのを受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:39の216.94㌦迄買戻された後、先行き不透明感から売仕掛の裁定解消売が入り14:50の216.61㌦迄持高調整が入り、その後時間外取引でのナスダック100先物が堅調推移を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比3.02㌦高の216.64㌦迄買戻されたが、オプション22年5月物は「コール」が買われ、「プット」が売られた状況で15:15には前日比3.11㌦高の216.73㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.49㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.04倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽3.47%、東証プライム騰落レシオは304.52%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月13日


4月13日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均先物、日経平均、ドル建て日経平均、Topix先物及びTopixは大幅反発した。新興株13日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は大幅反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は続落した。新元号が「令和」と制定。米国のCPIは市場水準を上回って高水準であった一方で、コアの伸びが鈍化した事等から米長期金利が一旦低下しました。さらに前日は日経平均予想per12.93倍で13倍割れ等の傾向を受け、本日のドル建て日経平均は9:00に210.79㌦で寄付開始後210.72㌦を付け、最安値更新を迎えたが、これらの流れから売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:09の213.06㌦迄買戻されたが、戻待ちの売りに会い11:30には前日比3.31㌦高の212.96㌦迄買戻され、11:35には前日比3.36㌦高の213.01㌦迄買戻された。後場では12:30に213.32㌦で開始しインフレはピークに達したと捉え金利低下を受けて売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:22の213.71㌦迄上昇後、物価高への警戒感が再燃して売仕掛の裁定解消売が入り13:45の212.74㌦迄下げ幅拡大したが、時間外取引のナスダック100先物が堅調い推移したのを受け日経平均先物の断続的買からドル建て日経平均に売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:55の214.05㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、持高調整目的の売仕掛の裁定解消売が入り下げ幅拡大し、15:00大引けでは前日比4.08㌦高の213.73㌦迄戻売されたが、オプション22年5月物は「コール」が買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比3.97㌦高の213.62㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.33㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.91倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽6.77%、東証プライム騰落レシオは543.37%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月12日


4月12日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均先物、日経平均、ドル建て日経平均、Topix先物及びTopixは続落した。新興株12日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は続落した。新元号が「令和」と制定。3月16日以来の220㌦割れで、3月CPI発表前に米長期金利が上昇して米株が揃って下落、SOX指数売でハイテク株を中心に売りが出てナスダック総合指数は大幅続落。これらを背景に、本日のドル建て日経平均は9:00に212.07㌦で寄付開始したが先行き不透明感から売仕掛の裁定解消売が入り9:01の211.82㌦迄下げ幅拡大後、ドル高・円安が支えとなり売仕掛け解消の裁定解消買が入り09:30の212.85㌦迄買戻された後、ウクライナやコロナ拡大で中国景気後退懸念が拡大したのを背景に、売仕掛の裁定解消売が入り10:57の210.64㌦迄下げ幅拡大した。11:16の211.12㌦迄買戻されたが、戻待ちの売りに会い11:30には前日比3.60㌦安の210.93㌦迄買戻され、11:35には前日比3.60㌦安の210.93㌦迄買戻された。後場では12:30に210.88㌦で開始し同時刻で高値210.89㌦を付けた処で上値が重く続かず、ハト派とされるシカゴ連銀のエバンス総裁が5月連邦公開市場委員会(FOMC)での0.5ptの大幅利上げを支持した事で、 米10年債利回りが一段と上昇し、東京時間で2.8%台に迄乗せた。金利上昇が警戒される中、時間外取引のNYダウ先物等の軟調も嫌気された。今晩の米3月消費者物価指数(CPI)発表を前にした警戒感から押目買いも入り難く、持高調整目的の売仕掛の裁定解消売が入り14:59の209.79㌦迄下げ幅拡大し、15:00大引けでは前日比4.69㌦安の209.84㌦迄戻売されたが、オプション22年5月物は「コール」は売られ「プット」は買われた状況で15:15には前日比4.88㌦安の209.65㌦迄戻売され最安値更新を迎え引けた。高安値幅は3.20㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.0%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.73倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽12.14%、東証プライム騰落レシオは21.59%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月11日


4月11日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均先物、日経平均、ドル建て日経平均、Topix先物及びTopixは反落した。新興株11日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は反落したがSOX指数は続落した。新元号が「令和」と制定。米長期金利が2.7%台に乗せた事でナスダック総合指数が大幅に反落した事、コロナ拡大や市場予想を超える物価上昇を背景に中国株が下落したのを背景に、本日のドル建て日経平均は9:00に216.05㌦で寄付開始したが先行き不透明感から売仕掛の裁定解消売が入り9:10の215.26㌦迄下げ幅拡大後、ドル高・円安が支えとなり売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:14の216.83㌦迄買戻された後、中国・香港株下落による嫌気を背景に売仕掛の裁定解消売が入り11:22の224.32㌦迄下げ幅拡大し、11:30には前日比3.12㌦安の214.48㌦迄買戻され、11:35には前日比3.07㌦安の214.53㌦迄買戻された。後場では12:30に214.70㌦で開始し同時刻で高値214.80㌦を付けた処で上値が重く続かず、時間外取引で10年債利回りが 一 時2.78%迄上昇する等、金利の急伸が嫌気され、時間外取引のナスダック100先物が下げ幅 を広げたことも巨大機関投資家心理を悪化させ、売仕掛の裁定解消売が入り14:28の213.96㌦迄下げ幅拡大し一時3.62㌦以上超える場面があった。ナスダック100先物が下げ止 まり、為替が1ドル=125円台へさらに円安・ドル高に振れた他、明日12日の米3月消費者物価指数(CPI)発表を前に持高を一方向に傾ける向きは少ないために、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比3.06㌦安の214.60㌦迄買戻されたが、オプション22年5月物は「プット」に値上がりが目立った状況で15:15には前日比3.07㌦安の214.53㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.87㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.89倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽6.77%、東証プライム騰落レシオは50.46%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月8日


4月08日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均先物、日経平均、ドル建て日経平均、Topix先物及びTopixは反発した。新興株07日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は反発したがSOX指数は反落した。新元号が「令和」と制定。米株の3日振りの小反発を受け、本日のドル建て日経平均は9:00に218.36㌦で寄付開始し、日経平均予想perが13倍割れで4月限オプション取引に係る特別清算指数算出(SQ)に絡んだ売買への思惑から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:05に219.21㌦を記録し、最高値更新を迎え寄付き天井化。朝方前日比1.67㌦以上上昇する場面があった。世界景気先行き懸念から買いは続かず売仕掛の裁定解消売が入り11:01の216.15㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが持高調整が入り、11:30には前日比0.99㌦安の216.55㌦迄買戻され、11:35には前日比0.99㌦安の216.55㌦迄買戻された。後場では12:30に216.85㌦で開始し13:00の217.06㌦迄買戻されるが続かず、13:40には217.02㌦迄下げ幅拡大した処で、中国市場や香港市場が下げ渋り時間外取引のナスダック100先物がプラスに転じた事等を支えに、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比0.19㌦高の217.73㌦迄買戻されたが、オプション22年5月物は「コール」は売りが目立ち、「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比0.06㌦高の217.60㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.06㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.93倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽4.97%、東証プライム騰落レシオは116.52%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月7日


4月07日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均先物、日経平均、ドル建て日経平均、Topix先物及びTopixは続落した。新興株07日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は反発したがSOX指数は反落した。新元号が「令和」と制定。FOMC議事要旨からFRBが金融引締めを一段と強めるという見方が広がり、米国の長期金利が上昇しナスダック総合指数も大幅続落し東京市場でもこの流れを引継ぎ、本日のドル建て日経平均は9:00に218.52㌦で寄付開始し9:02に218.66㌦を記録し、最高値更新を迎え寄付き天井化。朝方前日比1.96㌦以上下落したが3週間振りに220㌦を割込みました。ナスダックの大幅安や景気減速が懸念される中国株安も重しとなり、売仕掛の裁定解消売が入り11:29の216.66㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えドル建て日経平均は3㌦以上下げる場面も見せ持高調整が入り、11:30には前日比3.96㌦安の216.66㌦迄戻売され、11:35には前日比3.98㌦安の216.64㌦迄戻売された。後場では12:30に217.20㌦で開始し安値217.05㌦から、前場のTopix下落率が2%だった事から日銀の上場投資信託買いへの思惑が広がり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:50の217.80㌦迄買戻され先行き懸念が重しとなり戻待ちの売りに会い、15:00大引けでは前日比3.15㌦安の217.47㌦迄戻売されたが、オプション22年4月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買いが目立った状況で15:15には前日比3.08㌦安の217.54㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.02㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.91倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽6.12%、東証プライム騰落レシオは10.61%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月6日


4月06日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均先物、日経平均、及びドル建て日経平均は反落したがTopix先物及びTopixは続落した。新興株06日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は反落した。新元号が「令和」と制定。連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事が5月連邦公開市場委員会(FOMC)での量的引き締め(QT)開始の可能性を示唆した行為が原因で、米長期金利が急伸し、欧米諸国が6日に対ロ制裁の強化を発表する計画が明らかになり景気への影響懸念が重しとなり、上海のロックダウンやロシア問題に加え、海運銘柄が上昇する事で品不足懸念から来る輸出下落が発生する景気後退懸念から、本日のドル建て日経平均は9:00に222.69㌦で寄付開始し寄付直後に222.82㌦を記録し、最高値更新を迎え寄付き天井化。朝方3.90㌦以上上昇したが節目の230㌦が意識される中、ナスダックの大幅安や景気減速が懸念される中国株安も重しとなり、売仕掛の裁定解消売が入り10:59の219.57㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えドル建て日経平均は7㌦以上下げる場面も見せ持高調整が入り、11:30には前日比6.93㌦安の219.79㌦迄買戻され、11:35には前日比6.92㌦安の219.80㌦迄買戻された。後場では12:30に220.36㌦で開始したが、その後、ナスダック100先物が下げ幅を縮めた事や明日の未明に発表されるFOMC議事録(3月開催分)の内容を見極めたいとの思惑から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:38の221.22㌦迄買戻され下げ幅縮小した処で先行き懸念が重しとなり戻待ちの売りに会い、15:00大引けでは前日比6.05㌦安の220.67㌦迄戻売されたが、オプション22年4月物は「コール」が売られ「プット」は買われた状況で15:15には前日比6.10㌦安の220.62㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.25㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.09倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲1.10%、東証プライム騰落レシオは16.76%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月5日


4月05日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均先物と日経平均は続伸、ドル建て日経平均は反発したがTopix先物及びTopixは反落した。新興株05日の東証グロース市場と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。米株の続伸を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入る傾向から、本日のドル建て日経平均は9:00に227.73㌦で寄付開始し寄付直後に227.73㌦を記録し、最高値更新を迎え寄付き天井化した。朝方1.97㌦以上上昇したが節目の230㌦が意識される中、ウクライナ情勢を巡るロシアへの追加制裁や6日に公表予定の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録(3月15-16日開催分)に対する警戒感に加え日本銀行の黒田東彦総裁が午前の衆院財務金融委員会で、3月の円安局面について「今回の為替相場の変動はやや急」だと答弁したことが材料視され円高が発生しこれらが重しとなり売仕掛の裁定解消売が入り10:06の225.72㌦迄下げ幅拡大。その後、口シア軍によるウクライナの民間人虐殺疑惑が受けて欧米諸国の対露制裁強化が懸念された一方、中国企業の米上場を巡る警戒感が和らいだ事等を支援材料として、ハイテク株を中心に買いが入ったのを受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.23㌦高の226.20㌦迄戻売され、11:35には前日比0.16㌦高の226.13㌦迄戻売された。後場では12:30に226.28㌦で開始したが、継続して売仕掛けの裁定解消売りが入り、12:34に225.31㌦迄一時戻売された後、値上げ方針をはっきりさせインフレや円安で収益性が悪化しない銘柄に注目が行き新年度相場入りに伴うニューマネー流入への期待等から売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:51の226.9㌦迄買戻され、15:00大引けでは前日比0.92㌦高の226.89㌦迄戻売されたが、オプション22年4月物は「コール」は売りが目立ち「プット」は売られた状況で15:15には前日比0.75㌦高の226.72㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.01㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.25倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲3.67%、騰落レシオは117.82%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月4日


4月04日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均先物とTopix先物、日経平均及びTopixは反発したがドル建て日経平均は続落した。新興株04日の東証グロース市場は反発したが東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は反発したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。3月雇用統計が 労働市場の強さを裏 付けた事で米株高。この傾向から、本日のドル建て日経平均は9:00に225.78㌦で寄付開始。寄付直後に226.41㌦を記録し、最高値更新を迎え寄付き天井化したが、「中国の半導体市況等が弱い」との報道を受けSOX指数が下落したのが原因で売仕掛の裁定解消売が入り10:07の225.24㌦迄下げ幅拡大したが、市場牽引役銘柄に良報道が入り売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:35の226.09㌦迄買戻し先週終値で節目の226㌦越えをした処で重しとなり売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比0.79㌦安の225.35㌦迄戻売され、11:35には前日比0.79㌦安の225.35㌦迄戻売された。後場では12:30に225.65㌦で開始したが、継続して売仕掛けの裁定解消売りが入り、12:50に225.52㌦迄で一時戻売された後、日米金利差から来る円安ドル高により、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:04の226.00㌦迄上げ幅拡大したが、先週末終値付近の達成感から売仕掛の裁定解消売が入り14:35の225.46㌦迄下げ幅拡大後、時間外取引のNYダウ先物が前週末終値を挟んだ揉合いから下げ幅を縮めた事で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比0.02㌦安の226.12㌦迄買戻されたが、オプション22年4月物は「コール」に値上がりが目立った状況で15:15には前日比0.17㌦安の225.97㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.18㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.30倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲3.24%、騰落レシオは108.91%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

4月1日


4月01日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。4月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均先物とTopix先物、ドル建て日経平均、日経平均及びTopixは続落した。新興株01日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。景気懸念等を配慮した米株の大幅続落や日銀短観の悪化見通し等を重しに、本日のドル建て日経平均は9:00に226.91㌦で寄付開始。その後は226.99㌦と寄付き直後最高値更新を迎えたが先行き不透明感から売仕掛の裁定解消売が入り9:26の224.57㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えた後、原油先物相場の下落でインフレ懸念が緩和された他、為替が朝方から1円近く円安・ドル高 に動いた事、時間外取引のナスダック100先物が上昇している事等が支援要因を背景に売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:32の226.39㌦迄買戻されたが先行き不透明感から売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比2.66㌦安の225.75㌦迄戻売され、11:35には前日比2.79㌦安の225.62㌦迄戻売された。後場では12:30に225.75㌦で開始したが、継続して売仕掛けの裁定解消売りが入り、12:33の225.62㌦迄戻売され、13:17の226.31㌦迄下げ幅縮小したが、今晩の雇用統計を控え13:53の225.72㌦迄売仕掛の裁定解消売を入れる者もいるが、売却持高調整による売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:45の226.37㌦迄買戻される向きもいたがここで戻待ちの売りに会い揉み合い後、15:00大引けでは前日比2.33㌦安の226.08㌦迄買戻されたが、オプション22年4月物は「コール」は総じて売られ「プット」は高安まちまちだった状況で15:15には前日比2.27㌦安の226.14㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.42㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.28倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲2.62%、騰落レシオは108.29%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

    

3月31日


3月31日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月31日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均先物とTopix先物、ドル建て日経平均は反落したが、日経平均及びTopixは続落した。新興株31日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ロシアとウクライナの停戦交渉の進展期待が後退して米株が下落した事を嫌気し、本日のドル建て日経平均は9:00に227.93㌦で寄付開始。その後は売仕掛の裁定解消売が入り9:05の227.64㌦迄下げ幅拡大後、米政権が石油備蓄の放出を検討しているとの報道を受けて原油先物相場が急落すると、商品高によるインフレ懸念が和らいだとみられ、円安効果から売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:52の229.69㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、中国国家統計局が発表した3月の製造業購買担当者景気指数(PMI)が予想を下回った事を受けて香港・上海株が軟調な出足となったことで売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比0.78㌦安の229.23㌦迄戻売され、11:35には前日比0.88㌦安の229.13㌦迄戻売された。後場では12:30に228.39㌦で開始したが、継続して売仕掛けの裁定解消売りが入り、13:07の227.67㌦迄戻売され、13:52の228.67㌦迄下げ幅縮小し中国国家統計局が発表した3月の 製造業購買担当者景気指数(PMI)が予想を下回った事を受けて香港・上海株が軟調な出足となったことで伸び悩み、売仕掛け解消の裁定解消買いが入り、15:00大引けでは前日比2.12㌦高の227.89㌦迄買戻されたが、オプション22年4月物は「コール」は総じて売られ「プット」は高安まちまちだった状況で15:15には前日比1.60㌦安の230.01㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.25㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.30倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲4.51%、騰落レシオは106.06%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

    

3月30日


3月30日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均先物とTopix先物、ドル建て日経平均は続伸したが、日経平均及びTopixは反落した。新興株30日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。本日のドル建て日経平均は9:00に229.47㌦で寄付高値開始。その後は口シアとウクライナの停戦交渉について大きな進展が報じられた事で巨大機関投資家心理が改善し売仕掛け解消の裁定解消買が入り同時刻で229.72㌦と前場高値を付けたが上値は重く前日の日銀公開市場操作が限定的であったことを受け再度失速、売仕掛の裁定解消売が入り9:53の228.04㌦迄下げ幅拡大後、NY原油価格下落に端を発しナスダック総合指数が大幅続伸となり、東京相場では3月期末配当権利落日で落分が日経によると235円くらいある中、配当再投資に伴う先物買い手当ての効果が出て、売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:32の229.17㌦迄買戻されプラスに転じる場面もあったが気持ちを示す5日移動平均線が投資家短期売買費用を示す25日移動平均線をデッドクロスした事から売仕掛の裁定解消売が入り11:03には228.47㌦迄下げ幅拡大したが見直し裁定買が入り、11:30には前日比0.20㌦安の228.54㌦迄買戻され、11:35には前日比0.20㌦安の228.54㌦迄買戻された。後場では12:30に228.62で開始したが、円安効果で売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:14の229.01㌦迄買戻されたが、岸田首相と黒田日銀総裁が会談すると伝わると、思惑から円安・ドル高巻戻す方向から巨大機関投資家間で動く者が多い事を受け売仕掛の裁定解消売が入り13:44の227.73㌦迄下げ幅拡大した。その後、黒田総裁が「首相から特別な指示はなかった。」と説明した事が報道されると利上げ無しと捉えた巨大機関投資家も中にはいる事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比1.04㌦高の229.78㌦迄買戻されたが、オプション22年4月物は「コール」が高安まちまちで「プット」は売られた状況で15:15には前日比1.27㌦高の230.01㌦迄買戻され最高値更新を迎え引けた。高安値幅は2.28㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.43倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲6.90%、騰落レシオは105.29%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月29日


3月29日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均、日経平均先物とTopix先物、ドル建て日経平均及びTopixは反発した。新興株29日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。朝方、NYの高値を受け、本日のドル建て日経平均は9:00に227.92㌦で寄付高値開始。その後は失速し売仕掛の裁定解消売が入り9:58の226.58㌦迄下げ幅拡大し買い場形成。前日黒田総裁による連続指値オペレーションが入り金融引締めによる出口戦略が裏切られ円安に転換し黒田ラインに戻ったことを受け本日では売仕掛け解消の裁定解消買が入り気持線の5日移動平均線が投資家短期売買費用で人気線の25日移動平均線とゴールデンクロスし3月期末配当権利付き最終売買日である事から10:46の228.31㌦迄買戻された後、上値が重くなり売仕掛の裁定解消売が入り11:22の227.27㌦迄下げ幅拡大後売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.42㌦高の227.24㌦迄買戻され、11:35には前日比0.40㌦高の227.22㌦迄買戻された。後場では12:30に227.61㌦で開始したが、米株高、原油安、ドル円上昇を手掛かりに売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比1.71㌦高の228.63㌦迄買戻されたが、オプション22年4月物は「コール」は買いが目立ち「プット」は売られた状況で15:15には前日比1.82㌦高の228.74㌦迄買戻され最高値更新を迎え引けた。高安値幅は2.16㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.58倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲9.51%、騰落レシオは104.65%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月28日


3月28日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均、日経平均先物とTopix先物は反落し、ドル建て日経平均及びTopixは続落した。新興株28日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。前週末25日の米株式市場のダウ平均は続伸。各種経済指標が悪化した事が嫌気され伸び悩んだ。その後、2年債や10年債の利回りが2019年来の高水準に達した事を受けてハイテク株は売られてナスダック総合指数は反落した。ハイテク株安となった米株市場を受けて、本日のドル建て日経平均は9:00に229.70㌦で寄付後最高値更新を迎えたが、寄付きを高値に失速し、売仕掛の裁定解消売が入り10:44の227.09㌦迄下げ幅拡大後、日銀による指値オペが発動しドル高円安を受け輸出企業の採算改善期待等から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:10の228.24㌦迄買戻されたが、上海のロックダウンも重しとなり売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比3.44㌦安の227.77㌦迄戻売され、11:35には前日比3.23㌦安の227.98㌦迄戻売された。後場では12:30に228.23㌦で開始したが、円安による企業収益の上振れ期待の高まりで12:33の228.36㌦迄買戻された処で、NYダウ先物も軟調に推移したのを受け先行き不透明感から売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比4.43㌦安の226.78㌦迄戻売され最安値更新を迎えたが、オプション22年4月物は「コール」は売られ、「プット」は高安まちまちだった状況で15:15には前日比4.29㌦安の226.92㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.92㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.45倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲6.32%、騰落レシオは100.45%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月25日


3月25日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均は続伸したが、日経平均先物とTopix先物は小幅反発し、ドル建て日経平均及びTopixは反落した。新興株25日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は小反落であった。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。欧州はロシア産原油の禁輸に消極的という見方からNY原油は反落。インフレによる景気懸念がいったん後退して米株が反発した事から、本日のドル建て日経平均は9:00に231.65㌦で寄付き前日比0.05㌦を超える上昇で開始するも、寄付きを高値に失速し売仕掛の裁定解消売が入り9:17の229.65㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えた。本日までの8日間で5.38㌦即ち6㌦近く上昇しフィラデルフィア半導体指数も上昇したのを確認し売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:54に232.29㌦迄上昇し最高値更新を迎えたという事で週末には利益確定が入る事で売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比1.19㌦安の230.41㌦迄戻売され、11:35には前日比1.23㌦安の230.37㌦迄戻売された。後場では12:30に230.03㌦で開始したが、3月末の配当などの権利確定日に向けた配当取り目的の買いや、円安による企業収益の上振れ期待の高まりで、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:59に231.79㌦迄買戻されるが、先行き不透明感から売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比0.32㌦安の231.28㌦迄買戻され、オプション22年4月物は「コール」は買いが目立ち、「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比0.29㌦安の231.21㌦迄買戻され引けた。高安値幅は7.64㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.58倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲8.76%、騰落レシオは98.37%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月24日


3月24日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になりドル建て日経平均、Topix及び日経平均は続伸したが、日経平均先物とTopix先物は小幅反落した。新興株24日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。悪天候によりロシアとカザフスタンを結ぶパイプラインが損傷し、原油輸出が停止した事等が伝わってNY原油価格が大幅に反発。インフレによる景気懸念により米株が反落した事から、本日のドル建て日経平均は9:00に228.64㌦で寄付き、配当の再投資等の目的で売仕掛け解消の裁定解消買が入る事で9:09に229.06㌦迄上げ幅拡大した処で、朝方の買い一巡後は、5日移動平均線の気持線は上向きで25日移動平均線を構成する投資家短期売買費用を超え巨大機関投資家が購入する200日移動平均線で煮詰まり上昇一服し、25日移動平均線が下向きになる事で逆三尊が形成されインフレによる景気懸念により、売仕掛の裁定解消売が入り9:31の228.05㌦迄下げ幅拡大した処で最安値更新を迎えたが、年金基金の資産配分の再調整などが売仕掛け解消の裁定解消買として入り、10:44の229.18㌦迄上昇し揉合い後、11:30には前日比2.79㌦安の228.73㌦迄買戻され、11:35には前日比2.77㌦安の228.75㌦迄買戻された。後場では12:30に229.02㌦で開始したが、香港ハンセン指数が下げ渋ったことを受けた需給環境改善を目指した売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比0.03㌦安の231.49㌦迄買戻され、オプション22年4月物は「コール」、「プット」はともに総じて売られた状況で15:15には前日比0.08㌦高の231.60㌦迄買戻され最高値更新を迎えた処で引けた。高安値幅は3.55㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.59倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲8.35%、騰落レシオは104.25%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月23日


3月23日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になりドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は続伸した。新興株23日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日22日の米株式市場のダウ平均は反発。主要企業の好決算を好感した買いや金利高の恩恵を受ける銀行セクターの上昇が牽引した。ハイテク株の買いも継続し、ナスダック総合指数は大幅に反発、終日堅調に推移した米株市場を受けて、本日のドル建て日経平均は9:00に227.49㌦で寄付き、同時刻で227.48㌦迄下げ幅拡大したが、売仕掛け解消の裁定解消買が入る事で11:05に231.01㌦迄上げ幅拡大した処で、朝方の買い一巡後は、急失速し売仕掛の裁定解消売が入り11:13の230.20㌦迄下げ幅拡大したが、一方、為替市場では日米の金利差拡大が意識 されて円相場が下落し円安を迎えたのに併せ、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比4.72㌦高の230.83㌦迄買戻され、11:35には前日比4.72㌦高の230.83㌦迄買戻された。後場では12:30に231.28㌦で開始したが売仕掛の裁定解消売が入り13:32には230㌦半ば迄下げ幅拡大したが、香港ハンセン指数の大幅高や年金基金のリバランス買いや巨大機関投資家の配当再投資等を背景とした需給環境改善を目指した売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:42の231.90㌦迄買戻しが活発化し最高値更新を迎えたが戻待ちの持高調整に遭遇し、15:00大引けでは前日比3.58㌦高の231.69㌦迄買戻され、オプション22年4月物は「コール」が総じて買われ「プット」は売りが目立った状況で15:15には前日比5.41㌦高の231.52㌦迄買戻され節目225㌦超え達成して引けた。高安値幅は6.42㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.56倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲7.79%、騰落レシオは102.41%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月22日


3月22日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になりドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は続伸した。新興株22日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。国内連休中の米株式市場のダウ平均はやや上昇した。ロシア、ウクライナ停戦交渉への期待や値頃感からの買いが優勢となった。ただ、連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長がタカ派姿勢を再表明したため金利上昇を警戒し、売りも広がった。18日に上昇、21日に下落した米株市場を横目に、本日のドル建て日経平均は9:00に226.57㌦で寄付き、9:01の226.38㌦迄下げ幅拡大したが、売仕掛け解消の裁定解消買が入る事で9:25に227.52㌦迄上げ幅拡大した処で、朝方の買い一巡後は、急失速し売仕掛の裁定解消売が入り9:48の226.31㌦迄下げ幅拡大したが、ウクライナ情勢を巡る警戒感が燻る上、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長がインフレ抑制のため大幅な利上げも辞さない姿勢を示し、金利上昇と共に売りが出た。一方、為替市場では日米の金利差拡大が意識 されて円相場が下落し円安を迎えたのに併せ、香港ハンセン指数も上昇し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:59の227.63㌦迄上昇し最高値更新を迎えたが、戻待ちの売りに会い、11:30には前日比1.40㌦高の227.23㌦迄買戻され、11:35には前日比1.42㌦高の227.25㌦迄買戻された。後場では12:30に227.54㌦で開始したがナスダック100先物等が軟調に推移した事から売仕掛の裁定解消売が入り14:16に225.82㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、四半期末及び年度末 に向けた需給改善への期待等を支援材料に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比0.47㌦高の226.30㌦迄買戻され、オプション22年4月物は「コール」が買われ「プット」は売られた状況で15:15には前日比0.28㌦高の226.11㌦迄買戻され節目225㌦超え達成して引けた。高安値幅は1.81㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.24倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽1.03%、騰落レシオは91.99%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月18日


3月18日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になりドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は続伸した。新興株18日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。売仕掛の裁定解消売が利上げのために入って持高調整されていたがFOMCが想定範囲内のハト派であるとの観測が流れ通過した事により売仕掛け解消の裁定解消買が継続して入り、ドル建て日経平均は3日続伸を迎えた。米国では良好な雇用や住宅関連指標を好感、ロシア債務不履行懸念の後退も巨大機関投資家の安心感に繋がり、相場の上昇を後押しした事から3連休前にも拘らず、ドル建て日経平均は9:00に224.90㌦で寄付き、売仕掛け解消の裁定解消買が入る事で9:10に225.89㌦迄上げ幅拡大した処で、朝方の買い一巡後は、ロシアとウクライナの交渉を巡る不透明感やそれに伴うNY原油先物の急反発などが巨大機関投資家心理の重しとなり、売仕掛の裁定解消売が入り10:06の224.27㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、その後は米株高が支援材料となり売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:00の225.36㌦迄買戻され揉み合い、11:30には前日比0.70㌦高の225.10㌦迄買戻され、11:35には前日比0.64㌦高の225.04㌦迄買戻された。後場では12:30に224.74㌦で開始し12:36の224.82㌦迄買戻され一旦戻待ちの売りで12:44の224.46㌦迄下げ幅拡大した処で、香港ハンセン指数の持直しを確認できたことから巨大機関投資家心理も改善したのを受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:44の225.34㌦迄一旦買戻されたが戻待ちの売りに会い揉み合い後、FTSEの定期見直しによる需給インパクトも加わり再度売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:57の226.18㌦迄上昇し最高値更新を迎え戻待ちの売りに会い、15:00大引けでは前日比1.49㌦高の225.89㌦迄買戻され、オプション22年4月物は「コール」は総じて買われ「プット」は売りが目立った状況で15:15には前日比1.43㌦高の225.83㌦迄買戻され節目225㌦超え達成して引けた。高安値幅は1.91㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.01倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽5.54%、騰落レシオは94.18%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

--

3月17日


3月17日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になりドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は続伸した。新興株17日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日16日の米株式市場のダウ平均は大幅に続伸。連邦準備制度理事会(FRB)が0.25%の利上げを決定、本年平均7回の利上げ予想が明らかになると景気後退懸念を警戒する動きが広がった。ただ、パウエル議長が政策の柔軟性や経済の強さを強調した点などが好感され、ドル建て日経平均は9:00に220.15㌦で寄付き後ロシア・ウクライナ問題の懸念等から売仕掛の裁定解消売が入り9:01の220.02㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、FOMCが想定範囲内のハト派である事から利上げ向けの裁定売からの持高解消でドル高に向いたのに加え、米金融引き締め懸念から注目されたFOMCを通過したことに加え、ロシアとウクライナの停戦協議に進展があったとの報道を受けて巨大機関投資家心理が改善、中小型・新興株は買い戻しが優勢となり売仕掛け解消の裁定解消買が入る事で10:06の224.78㌦迄上げ幅上昇し最高値更新を迎えたが、利益確定売りや戻り待ちの売りに会い10:54の222.24㌦迄下げ幅を拡げたが、円安により売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比5.47㌦高の223.27㌦迄買戻され、11:35には前日比5.51㌦高の228.31㌦迄買戻された。後場では12:30に223.70㌦で開始したが、中国政府が米国企業の海外上場を支持し市場安定化を図る姿勢を示したと報じられ香港ハンセン指数を中心に亜細亜市況が大幅高となり巨大機関投資家心理も改善したのを受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:54の224.54㌦迄買戻されたが、大引けにかけ上値が重くなり売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比6.53㌦高の224.53㌦迄買戻され、オプション22年4月物は「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比6.60㌦高の224.40㌦迄買戻され引けた。高安値幅は4.76㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.94倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽7.69%、騰落レシオは96.26%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

--

3月16日


3月16日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になりドル建て日経平均は反発したが、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は続伸した。新興株16日の日経ジャスダック平均は続伸で東証マザーズ指数は反発であった。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日15日の米株式市場のダウ平均は大幅に続伸。2月生産者物価指数(PPI)が予想を下回る伸びにとどまったことが好感された。また、原油先物相場の落ち着きが安心感を誘って終日堅調に推移した。ハイテク株など幅広い銘柄が買われてナスダック総合指数は大幅に反発、主要株価指数がそろって上昇した米株市場を受けて、ドル建て日経平均は9:00に216.20㌦で寄付き後ロシア・ウクライナ問題の懸念等から売仕掛の裁定解消売が入り9:22の215.19㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、「まん延防止等重点措置」等改善に加えハトともタカとも受け取られない無難なFRB会合になるという期待から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:12の218.10㌦迄買戻されたが上値が重くなり揉合い後、11:30には前日比3.82㌦高の218.05㌦迄買戻され、11:35には前日比3.82㌦高の218.05㌦迄買戻された。後場では12:30に217.48㌦で開始し12:32の217.25㌦迄戻待ちの売りに会い12:42の217.76㌦迄買戻された後ウクライナ情勢と米金融引き締めといった2大リスク要因の懸念から13:34には217.00㌦迄下げ幅拡大したが「中国当局が国外での株式上場を支持する方針」との報道で時間外取引のナスダック100先物も上昇し、ドル建て日経平均に売仕掛け解消の裁定解消買が再度入り、14:47の218.42㌦迄買戻され最高値更新を迎え一時4.19㌦以上上げ幅拡大後戻待ちの売りに会い14:53の217.57㌦迄下げ幅拡大するが切返し、15:00大引けでは前日比3.72㌦高の217.95㌦迄買戻され、オプション22年4月物は「コール」に値上がりが目立ち「プット」は下落した状況で15:15には前日比3.57㌦高の217.80㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.23㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.63倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽18.23%、騰落レシオは91.98%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月15日


3月15日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になりドル建て日経平均は続落したが、日経平均先物は反発し、Topix先物、Topix及び日経平均は続伸した。新興株15日の日経ジャスダック平均は小幅続伸で東証マザーズ指数は続落であった。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。原油相場の反落やドル高・円安進行の他、中国の小売売上高や鉱工業生産等の経済指標が予想を上振れた事がサポート要因になり、ドル建て日経平均は9:00に213.45㌦で寄付き後213.35㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、上記の要因により、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、9:37の215.07㌦迄買戻されたが上値が重くなり、FOMCを前に米の長期金利が2年8ヶ月振りの高水準となってナスダック総合指数大幅下落を受け、売仕掛の裁定解消売が入り10:56の213.42㌦迄下げ幅拡大後、巨大機関投資家のリバランス買いから売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:14に214.74㌦迄買戻されたが揉合い後、11:30には前日比0.18㌦安の214.63㌦迄戻売され、11:35には前日比0.27㌦安の214.54㌦迄戻売された。後場では12:30に214.99㌦で開始し3月期末接近による配当権利取りによる売仕掛け解消の裁定解消買が入り215.11㌦を付けた処で最高値更新を迎えたが、香港ハンセン指数等の中国株安が重しとなり、売仕掛の裁定解消売が入り14:59には214.02㌦迄下げ幅拡大したが、原油先物相場の落着きに加え信用期日明けも迫り売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比0.61㌦安の214.20㌦迄戻売され、オプション22年4月物は「コール」と、「プット」はともに売りが目立った状況で15:15には前日比0.58㌦安の214.23㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.76㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.43倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽22.68%、騰落レシオは88.18%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月14日


3月14日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均先物とドル建て日経平均は続落したが、Topix先物、Topix及び日経平均は反発した。新興株14日の日経ジャスダック平均は小幅反発で東証マザーズ指数は横這であった。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。 ウクライナ情勢の不透明感が強まる中、3月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値が予想を下回ったことが巨大機関投資家心理にネガティブに働き、前週末11日の米株式市場のダウ平均は続落。3月FOMC(連邦公開市場委員会)での利上げを警戒したハイテク株売りが強まり、ナスダック総合指数も大幅に続落、軟調な展開となった米株市場を横目に、ドル建て日経平均は9:00に215.61㌦で寄付き後215.55㌦迄下げ幅拡大したが、先週下落分も鑑み売仕掛け解消の裁定解消買が入り、9:19の218.06㌦迄買戻されたが上値が重くなり、売仕掛の裁定解消売が入り11:27の214.99㌦迄下げ幅拡大後、11:30には前日比0.64㌦安の215.10㌦迄戻売され、11:35には前日比0.62安の215.12㌦迄買戻された。後場では12:30に215.33㌦で開始し戻待ちの売りに会い12:50の214.76㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、持高一方向過大傾向の警戒感から、1ドル=117円台後半へと進んだ大幅な円安・ドル高や、 政府が「まん延防止等重点措置」解除基準の緩和を検討との報道も支援要因となり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:58の216.13㌦迄買戻され持高解消を迎えた処で15-16日にはFOMCを控えていることもあり、インフレで消費者心理が圧迫され中国株安重しも加わり、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比0.91㌦安の214.83㌦迄戻売され、オプション22年4月物は「コール」は2万4000円から2万6000円台で高安まちまちで「プット」は売りが目立った状況で15:15には前日比0.93㌦安の214.81㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.30㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.35倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽25.76%、騰落レシオは86.43%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月11日


3月11日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均先物とTopix先物は反落したが、ドル建て日経平均、Topix及び日経平均は反落した。新興株10日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落であった。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は大幅反落でSQを下回り、露西亜とウクライナとの外相会談で進展が見られなかった事に加え、米国CPIを受けてインフレ警戒感も続き欧米株は反落。この流れより、ドル建て日経平均は9:00に219.48㌦で寄付き後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、9:02の219.59㌦迄買戻されたが上値が重くなり、売仕掛の裁定解消売が入り11:26の215.47㌦迄下げ幅拡大後、11:30には前日比5.76㌦安の215.57㌦迄戻売され、11:35には前日比5.74㌦安の215.59㌦迄買戻された。後場では12:30に214.89㌦で開始し揉合い13:12の214.55㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、一時下げ幅6.78㌦安以上越え、持高一方向に傾き過ぎの警戒感から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:59に215.99㌦迄買戻され持高解消を迎えた処で戻待ちの売りに会い、15:00大引けでは前日比5.70㌦安の215.63㌦迄戻売され、オプション22年4月物は「コール」が売られ「プット」は値上がりが目立った状況で15:15には前日比5.59㌦安の215.74㌦迄戻売され引けた。高安値幅は5.04㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で51.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.24倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽25.76%、騰落レシオは81.19%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月10日


3月10日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり日経平均先物とTopix先物は続伸したが、ドル建て日経平均、Topix及び日経平均は反発した。新興株10日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落であった。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均はSQ週で仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.97倍から大幅反発。OPEC加盟国による増産観測からNY原油が大幅に下落し、資源価格が一服。これを受けて欧米株が大幅高となって、昨日迄大幅安となっていたドル建て日経平均は9:00に216.63㌦で寄付き後、戻待ちの売りに会い9:01の216.58㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、米原油先物相場の大幅下落でインフレ加速や景気減速への懸念が和らぎ、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:03の221.43㌦迄買戻され揉合い後、11:30には前日比7.61㌦高の221.17㌦迄買戻され、11:35には前日比7.63㌦高の221.19㌦迄買戻された。後場では12:30に220.37㌦で開始したが、ウクライナのゼレンスキー大統領が口シアの要求する中立化等の点で「ある程度妥協する準備がある」と発言した事に加え有事のドル買いから来るドル高も巨大機関投資家心理上で安心感に繋がり売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:37の221.49㌦迄買戻されたが、イベント前に目先の不安感を緩和させる好材料が相次いだ事で買い一巡後売仕掛の裁定解消売が入り14:59には220.82㌦迄下げ幅拡大したが売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比7.75㌦高の221.31㌦迄買戻され、オプション22年3月物は「コール」が上昇し、「プット」は下落状況で15:15には前日比7.77㌦高の221.33㌦迄買戻され引けた。高安値幅は4.91㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.45倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽20.58%、騰落レシオは91.82%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月9日


3月09日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり日経平均先物とTopix先物は反発したが、ドル建て日経平均、Topix及び日経平均は続落した。新興株09日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇であった。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は続落。対ロ経済制裁絡みの悪材料が一先ず出尽くしたとみて大きく上げる場面もあり制裁最後と見て前日迄の大幅下落を受け、ドル建て日経平均は9:00に215.00㌦で寄付き後、売仕掛の裁定解消売が入り売り注文多く9:12の214.43㌦迄下げ幅拡大したが、原油上昇一服感で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:01の216.46㌦迄上昇し一時1.84㌦高を迎え最高値更新を迎えたが、不透明感から押し戻され配当の再投資のヘッジ売りが入りリスクオフとなり揉合い後、11:30には前日比0.98㌦高の215.60㌦迄戻売され、11:35には前日比0.93㌦高の215.55㌦迄戻売された。後場では12:30に214.81㌦で開始したが、揉み合い戻待ちの買い先行で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:52に215.78㌦迄買戻したが、金曜日はSQ日となり、銘柄変化等に従い資金流出もあり、権利落後を踏まえた利確も発生し、「巨大機関投資家がウィグル問題で中国企業株売りが発生し本国回帰の流れが出て中国株安重しとなった」との報道で原油価格が再び騰勢を強めヘッジ売りを示す売仕掛の裁定解消売が入り14:56の213.19㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが切返しが入り、15:00大引けでは前日比1.12㌦安の213.50㌦迄買戻され、オプション22年3月物は「コール」は総じて売られ「プット」は値上がりが目立った状況で15:15には前日比1.06㌦安の213.56㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.27㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.97倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽31.57%、騰落レシオは83.82%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月8日


3月08日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物とTopix先物、Topix及び日経平均は続落した。新興株08日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇であった。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は続落。ウクライナ情勢緊迫化で先行き懸念により、ドル建て日経平均は9:00に216.47㌦で寄付き後、売仕掛の裁定解消売が入り売り注文多く9:04の215.76㌦迄下げ幅拡大したが、原油上昇一服感で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:17の219.01㌦迄小幅上昇したが、不透明感から押し戻され配当の再投資のヘッジ売りが入りリスクオフが入り揉合い後、11:30には前日比1.61㌦安の217.84㌦迄戻売され、11:35には前日比1.63㌦安の217.82㌦迄戻売された。後場では12:30に216.92㌦で開始したが、戻待ちの買い先行で12:32に217.33㌦迄買戻したが、金曜日はSQ日となり、銘柄変化等に従い資金流出もあり、権利落後を踏まえた利確も発生し、「ロシアとベラルーシとの通常の貿易関係を解消する内容を盛り込む法案で合意した」との報道で原油価格が再び騰勢を強めヘッジ売りすなわち売仕掛の裁定解消売が入り14:59の214.47㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが切返しが入り、15:00大引けでは前日比4.78㌦安の214.67㌦迄戻売され、オプション22年3月物は「コール」は総じて売られ「プット」は値上がりが目立った状況で15:15には前日比4.83㌦安の214.62㌦迄戻売され引けた。高安値幅は4.54㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で48.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.94倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽31.36%、騰落レシオは89.17%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月7日


3月07日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物とTopix先物、Topix及び日経平均は続落した。新興株07日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇であった。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は続落。2月の雇用統計は予想以上で強い結果であったがウクライナ情勢の戦闘激化懸念を拭えず米株続落しその後「欧米諸国がロシア産原油に対する禁輸措置をとる」という報道が嫌気され、WTI原油の期近4月物が高値を記録。ドル建て日経平均は9:00に223.00㌦で寄付き後223.07㌦と高値になり最高値更新を迎え寄付き天井化した。これらの報道や原油高が嫌気され、売仕掛の裁定解消売が入り、10:44の217.70㌦迄下げ幅拡大し一時8㌦近く下げる場面が存在したが資源価格の上昇で儲けられる銘柄群に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比5.96㌦安の219.00㌦迄買戻され、11:35には前日比5.94㌦安の219.02㌦迄買戻された。後場では12:30に219.59㌦で開始したが、先行き不透明感からリスク回避動向が止まらず、時間外取引の米株価指数先物や亜細亜株も大幅安を受け、売仕掛の裁定解消売が入り、13:07の218.19㌦迄下げ幅継続したが、日銀の上場投資信託買い実施の思惑もあり下げ渋り、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:22の220.85㌦迄買戻されたが、先行き不透明感から14:48の219.11㌦迄一旦下げ幅拡大したが買戻され14:57には220.01㌦迄買戻されたが戻待ちの売りに会い、15:00大引けでは前日比5.50㌦安の219.46㌦迄戻売され、オプション22年3月物は「コール」は総じて売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比5.51㌦安の219.45㌦迄戻売され引けた。高安値幅は5.37㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.19倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽27.23%、騰落レシオは100.49%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月4日


3月04日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物とTopix先物、Topix及び日経平均は反落した。新興株04日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数はとCDS指数は下落であった。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。2月のISM非製造業景況指数の予想外悪化に加え、露西亜のプーチン大統領による強硬姿勢を強調した事から警戒感が増し、ドル建て日経平均は9:00に228.82㌦で寄付き今朝は0.80㌦安と反落して開始。9:01に228.84㌦と高値になったがその後、露西亜がウクライナの原子力発電所を攻撃していると伝わると、巨大機関投資家の中では売仕掛の裁定解消売を入れる者が多い事から10:17の223.40㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え、一時前日比下げ幅6.34㌦安を記録し急速に損失回避の流れに変わり、突っ込み警戒感や先行き不透明感から売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:30には前日比4.26㌦安の225.48㌦迄戻売され、11:35には前日比4.30㌦安の225.44㌦迄戻売された。後場では12:30に224.89㌦で開始したが、先行き不透明感から売仕掛の裁定解消売が入り13:35の224.37㌦迄下げ幅継続したが、原子力発電所で発生した火災が鎮火したと伝わったことも目先の安心感を誘い、売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:15には225.12㌦迄買戻されたが、今晩 は米2月雇用統計が発表予定である事もあり、12:53の224.30㌦迄売仕掛の裁定解消売が入ったが持高一方向に過大状況打破のために売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比4.67㌦安の225.07㌦迄戻売されたが、オプション22年3月物は「コール」が売られ、「プット」が買われた状況で15:15には前日比4.78㌦安の224.96㌦迄戻売され引けた。高安値幅は5.44㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で48.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.53倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽19.33%、騰落レシオは99.41%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月3日


3月03日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月03日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物とTopix先物、Topix及び日経平均は反発した。新興株03日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落であった。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。パウエル議長の利上げが0.25%と発表され、好感し昨日の米市場が三指数上昇した流れを受けて、ドル建て日経平均は9:00に230.53㌦で寄付き一時1.11㌦高と反発開始となり売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:05に231.15㌦迄買戻され寄付き天井化し最高値更新を迎えたが、原油高騰で物価上昇による経済悪化懸念が顕在化し、売仕掛の裁定解消売が入り11:00の229.26㌦迄下げ幅拡大し安い処では230㌦を下回る場面も見せ、売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:30には前日比0.77㌦高の230.19㌦迄買戻され、11:35には前日比0.73㌦高の230.15㌦迄買戻された。後場では12:30に230.55㌦で開始したが、先行き不透明感から売仕掛の裁定解消売が入り14:03の229.64㌦迄下げ幅継続し最安値更新を迎えたが、来週発表される米2月消費者物価 指数(CPI)を前にした警戒感も燻る事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:37の230.15㌦迄買戻されたが先行き不透明感から戻待ちの売りに会い、15:00大引けでは前日比0.38㌦高の229.80㌦迄戻売されたが、オプション22年3月物は「コール」は買いが目立ち、「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比0.32㌦高の229.74㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.89㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.77倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽13.28%、騰落レシオは105.13%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月2日


3月02日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物とTopix先物、Topix及び日経平均は反落した。新興株02日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落であった。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に231.03㌦で寄付き一時2.26㌦安と反落開始となったが売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:18に231.51㌦迄買戻され寄付き天井化したがウクライナ情勢の悪化を背景に昨日の米国市場が大幅下落を受け、売仕掛の裁定解消売が入り11:17の228.96㌦迄下げ幅拡大したが、11:30には前日比4.22㌦安の229.07㌦迄戻売され、11:35には前日比4.25㌦安の229.04㌦迄戻売された。後場では12:30に229.14㌦で開始したが、売仕掛の裁定解消売が入り13:15の228.77㌦迄下げ幅継続し最安値更新を迎えたが、今晩の米株式市場で米連邦準備制度理事会(FRB)議長の下院での議会証言期待から売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:50の229.70㌦迄買戻されたが戻待ちの売りに会い、15:00大引けでは前日比3.93㌦安の229.36㌦迄戻売されたが、オプション22年3月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比3.87㌦安の229.42㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.74㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.62倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽15.49%、騰落レシオは96.36%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

3月1日


3月01日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。3月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物とTopix先物、Topix及び日経平均は続伸した。新興株01日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落であった。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は続伸。ドル建て日経平均は9:00に233.22㌦で寄付き後9:01の233.07㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え開始したが、9:30には233.93㌦迄一時回復したが上値が重くなり戻待ちの売りに会い9:50の233.13㌦迄下げ後、ウクライナに侵攻したロシアへの金融制裁に対する過度な警戒感が和らぎ、これ迄大きく売られてきた銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:43の234.53㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが戻待ちの売りに会った後、売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比3.93㌦高の233.63㌦迄戻売され、11:35には前日比3.97㌦高の233.67㌦迄戻売された。後場では12:30に233.71㌦で開始したが、節目の234㌦付近では一進一退となり、日本株の割安感や米金融引き締め策鈍化観測より売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:56の234.14㌦迄買戻され後場高となったが、バイデン米大統領の一般教書演説等を見極めたいとの思惑も働き売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比3.63㌦高の233.33㌦迄戻売されたが、オプション22年3月物は「コール」が買われ、「プット」が売られた状況で15:15には前日比3.59㌦高の233.29㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.46㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.86倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽10.97%、騰落レシオは106.21%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月28日


2月28日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物とTopix先物、Topix及び日経平均は続伸した。新興株28日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落であった。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は続伸。ロシアのプーチン大統領がウクライナとの高官レベル協議に前向きとの報道を受け巨大機関投資家心理が改善し、予想を上回る経済指標も手伝い、終日堅調に推移し西側諸国はロシアの一部の銀行を国際銀行間通信協会(SWIFT)から排除することで合意。実体経済への影響が懸念された一方、口シアとウクライナの停戦協議への期持もあり、ドル建て日経平均は9:00に228.91㌦で寄付後、売仕掛の裁定解消売が入り9:17の227.24㌦迄下げ幅拡大し罫線図ではボリンジャーバンド分析でー3σ到達となり最安値更新を迎えた事から、ハイテク株の買い戻しや押目買いに繋がり売仕掛け解消の裁定解消買が成長株に入り10:18の230.54㌦迄買戻された後、先行き不透明感が根強い中、時間外取引のナスダック100先物等が大きく下落し香港ハンセン指数等も軟調だった事を受け、売仕掛の裁定解消売が入り、11:12の228.22㌦迄下げ幅拡大するが売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比1.35㌦安の228.44㌦迄戻売され、11:35には前日比1.20㌦安の228.59㌦迄戻売された。後場では12:30に227.91㌦で開始したが、これらの流れから米金融引き締め懸念の後退が個人投資家心理の改善に寄与しており、グロース株高に繋がり売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:31に299.83㌦迄買戻されたが持高調整となり、15:00大引けでは前日比0.21㌦安の229.58㌦迄戻売されたが、オプション22年3月物は「コール」は、2万5000円台後半から2万6000円台では高安まちまちだったが「プット」は売りが目立つ状況で15:15には前日比0.09㌦安の229.70㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.3㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.79倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽14.66%、騰落レシオは106.29%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月25日


2月25日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物とTopix先物、Topix及び日経平均は反発した。新興株25日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇であった。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は反発。ロシアがウクライナに侵攻して商品市況が急伸。米株は一時急落したものの、その後切換し6日ぶり反発。ドル建て日経平均は昨日迄で高安値幅は4.47㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.93倍で、「13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリー通りになった事から巨大機関投資家の中では割安日本株を放置しておく恐怖から裁定解消買いにはいる者もいた。この流れから、ドル建て日経平均は9:00に226.85㌦で寄付後、売仕掛の裁定解消売が入り9:02の226.37㌦迄下げ幅拡大し罫線図ではボリンジャーバンド分析でー3σ到達となり最安値更新を迎えた事に加え、対口制裁が厳しいものでないと受け止められたほか、連邦準備制度理事会(FRB)が金融引締めを遅らせるのではといった期待がハイテク株の買い戻しや押目買いに繋がり売仕掛け解消の裁定解消買が成長株に入り11:07の228.72㌦迄買戻された後、売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比1.81㌦高の228.60㌦迄戻売され、11:35には前日比1.73㌦高の228.52㌦迄戻売された。後場では12:30に228.13㌦で開始したが、昼頃に香港ハンセン指数が軟調な動きを取入れ売仕掛の裁定解消売が入り12:34の227.65㌦迄下げ幅拡大したが、「金融所得課税見直し、引き続き議論行っていきたい」との岸田首相発言や米国などの発表した制裁は対象が限定的との見方も出て、経済に与える悪影響への懸念が後退した事から大幅売持高への危険を想定した巨大機関投資家の中で危険回避の観点から売仕掛け解消の裁定解消買が入り持高調整となり、15:00大引けでは前日比3.12㌦高の229.91㌦迄戻売され、オプション22年3月物は「コール」は買いが目立ち、「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比3.00㌦高の229.79㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.64㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.75倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽15.55%、騰落レシオは105.04%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月24日


2月24日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物とTopix先物、Topix及び日経平均は続落した。新興株24日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇であった。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は続落。ウクライナ情勢への懸念を背景とした米株安を受けて、ドル建て日経平均は9:00に228.75㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:14の229.37㌦迄上昇し最高値更新を迎えたが寄付き天井化した後、売仕掛の裁定解消売が入り10;23の227.25㌦迄下げ幅拡大したが、 売仕掛け解消の裁定解消買が入り一時値を戻したが上値が重くなり、売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比3.10㌦安の227.41㌦迄戻売され、11:35には前日比3.14㌦安の227.37㌦迄戻売された。後場では昼頃にロシアがウクライナに軍事攻撃を仕掛けたと伝わりますと、12:30に225.79㌦で開始した後、売仕掛の裁定解消売が入り12:39に224.90㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えた。下げ幅5.61㌦安以上となる場面があり昨年来安値が観測され、リスク回避の動きも併せて出て、持高一方向に傾ける場合は危険性が出ることから、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比3.79㌦安の226.72㌦迄戻売され、オプション22年3月物は「コール」は総じて売られ、「プット」は総じて買われた状況で15:15には前日比3.72㌦安の226.79㌦迄戻売され引けた。高安値幅は4.47㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.93倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中値圏▽21.32%、騰落レシオは95.18%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月22日


2月22日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物とTopix先物、Topix及び日経平均は続落した。新興株22日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇であった。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米市場は休場で欧州株は大幅安となり、米株先物、中国株も大幅安になる。しかし原油は急伸を受け、ドル建て日経平均は9:00に231.37㌦で寄付後、売仕掛の裁定解消売が入り9:15の230.23㌦迄下げ幅拡大したが、売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:09の231.47㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが上値が重くなり、売仕掛の裁定解消売が入り11:02の229.37㌦迄下げ幅拡大したが一時11:10の230.04㌦迄値を回復したが売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比4.52㌦安の229.63㌦迄戻売され、11:35には前日比4.56㌦安の229.59㌦迄戻売された。後場では12:30に229.50㌦で開始した後、ウクライナ情勢の行方を見極めたいとの思惑が燻る傾向から、売仕掛の裁定解消売が入り229.04㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え、一方向に持高過大懸念もあり持高解消の必要性から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:28に230.93㌦迄買戻されたがSOX指数下落で半導体にも売りが入り、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比3.58㌦安の230.57㌦迄戻売され、オプション22年3月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比3.64㌦安の230.51㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.43㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.82倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中値圏▽16.71%、騰落レシオは93.21%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月21日


2月21日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物とTopix先物、Topix及び日経平均は続落した。新興株21日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇であった。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。北京オリンピックを終えた後のロシア侵攻が警戒され米株が3日続落した事を重しに、ドル建て日経平均は9:00に232.89㌦で寄付後、売仕掛の裁定解消売が入り9:28の231.08㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え、下げ幅一時3.58㌦越えしました。ただ231㌦を割込む事無く、下げ渋りました。しかし、米とロシアの首脳会談合意と報道されたことを支えに売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:40に234.68㌦を付け最高値更新を迎えたが戻待ちの売りに会い、11:30には前日比1.32㌦安の234.17㌦迄戻売され、11:35には前日比1.34㌦安の234.15㌦迄戻売された。後場では12:30に234.56㌦で開始した後、ウクライナ情勢の行方を見極めたいとの思惑が燻る傾向から、売仕掛の裁定解消売が入り233.86㌦迄下げ幅拡大し一方向に持高が拡大したが、今晩の米株式市場が祝日で休場となることもあり持高解消のため、売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:26に234.27㌦になったがSOX指数下落で半導体に売りが入り、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比1.43㌦安の234.06㌦迄戻売され、オプション22年3月物は「コール」は下落し、「プット」は値上がりが目立った状況で15:15には前日比1.34㌦安の234.15㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.06㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.25倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中値圏▽12.23%、騰落レシオは98.17%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月18日


2月18日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物とTopix先物、Topix及び日経平均は続落した。新興株18日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は不変であった。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は下落したが、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に234.15㌦で寄付後、ウクライナ情勢や景気減速への警戒感から米国株が大幅安になった事を嫌気し売仕掛の裁定解消売が入り9:50の233.26㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、下げ渋り10:30に米国の国務長官とロシア外相による会談見通しを切っ掛けに米株先物が上昇した事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:16の235.73㌦迄買戻されたが戻待ちの売りに会い、11:30には前日比1.20㌦安の235.28㌦迄買戻され、11:35には前日比1.26㌦安の235.17㌦迄買戻された。後場では12:30に236.03㌦で開始した後、SOX指数下落で半導体に売りが入り、さらにイランの核合意最終段階と報じられ売仕掛の裁定解消売が入り13:00の235.46㌦迄下げ幅拡大したが下げ渋り売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:27の236.27㌦を付けた処で最高値更新を迎えたが上値が重くなり、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比0.98㌦安の235.45㌦迄戻売され、オプション22年3月物は「コール」は総じて売られ、「プット」は高安まちまちだった状況で15:15には前日比0.94㌦安の235.49㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.01㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.36倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中値圏▽10.27%、騰落レシオは97.25%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月17日


2月17日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物とTopix先物、Topix及び日経平均は反落した。新興株17日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は下落したが、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に237.74㌦で寄付後最高値更新を迎えた。また、ダウはFOMCを受け懸念されたほどのタカ派ではないと受け止められ寄付き天井化したが、ウクライナ情勢からの不透明感の重荷で小幅反落開始し、売仕掛の裁定解消売が入り10:47の236.46㌦迄下げ幅拡大したが、売り一巡後持高一方向に過剰なことは危険である事から持高調整のために売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.11㌦安の237.27㌦迄買戻され、11:35には前日比0.07㌦安の237.31㌦迄買戻された。後場では12:30に237.61㌦で開始した後、12:50にロシア国営通信によるウクライナ軍砲弾との報道が伝わるや、12:51に237.50㌦を付けた処でリスク回避の動きが先行し、売仕掛の裁定解消売が入り13:02の235.05㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、売り一巡後は売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:41の236.60㌦迄買戻され下げ幅を縮小したが戻りは鈍く、15:00大引けでは前日比1.07㌦安の236.31㌦迄買戻され、オプション22年3月物は「コール」が売られ「プット」は買われた状況で15:15には前日比0.95㌦安の236.43㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.69㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.37倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中値圏▽9.4%、騰落レシオは94.15%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月16日


2月16日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物とTopix先物、Topix及び日経平均は反発した。新興株16日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に235.83㌦で寄付後、9:01に235.48㌦で最安値更新を迎え、結局反発。昨日3.68㌦を越す大幅安となった事に対して、ロシアが軍の一部撤収を発表する等 ウクライナ情勢を巡る地政学的リスクが後退したことに加え、日経平均予想per13.22倍となり、13倍割れで底値近づき買戻機会発生するアノマリーに従い、売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:18の237.31㌦迄買戻されたが揉合い展開が続き、9:59の236.37㌦迄下げ幅を広げたが、時間外米長期金利の上昇を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:06には237.15㌦迄買戻された処で戻り売りに会い、11:30には前日比4.10㌦高の237.06㌦迄戻売され、11:35には前日比4.14㌦高の237.10㌦迄戻売された。後場では12:30に237.10㌦で開始した後、戻待ちの売りに会い13:28に236.81㌦迄下げ幅を拡大したが、香港ハンセン指数の上昇や米連邦公開市場委員会議事録の公表や、SOX指数の上昇から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:59の237.58㌦迄買戻されたが戻り待ちの売りに会い、15:00大引けでは前日比4.40㌦高の237.36㌦迄戻売され、オプション22年3月物は「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比4.42㌦高の237.38㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.10㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.47倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中値圏▽7.31%、騰落レシオは104.44%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月15日


2月15日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物とTopix先物、Topix及び日経平均は続落した。新興株15日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は続落。昨日2.92㌦をこす大幅安となり、今朝は、ドル建て日経平均は9:00に235.29㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、一時0.95㌦高となった以降は寄付き天井化した後、買値が続かずウクライナ緊迫から来るユーロ売りやコロナ前迄に復活するための経済対策が不可欠との督促相場入りを迎え香港ハンセン指数下落から、売仕掛の裁定解消売が入り10:32の233.55㌦迄下げ幅拡大後、割安感から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.53㌦安の234.00㌦迄買戻され、11:35には前日比0.51㌦安の234.02㌦迄買戻された。後場では金利若干上昇し12:30に233.85㌦で開始した後、ロシアによるウクライナ侵攻が近いと報じられまして時間外米先物で下げ幅拡大したのを受け、売仕掛の裁定解消売が入り、14:08の231.80㌦迄下げ幅拡大し、一時前日比2.78㌦安迄下落し最安値更新を迎え下値模索展開となり下髭が出た処で上昇転換暗示と見た巨大機関投資家もいる事から下げ渋り今晩の米1月生産者物価指数(PPI)や 16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録(1月開催分)の公表を控え見極めたいとの思惑も働き持高調整に入る者もいる事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比1.55㌦安の232.98㌦迄戻売され、オプション22年3月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比1.57㌦安の232.96㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.68㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.22倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中値圏▽11.91%、騰落レシオは98.03%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月14日


2月14日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物とTopix先物、Topix及び日経平均は反落した。新興株14日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米1月消費者信頼感指数CPIが高水準で金利上昇下支えとなりロシアのウクライナ侵攻の可能性警告で地政学的リスクが発生し巨大機関投資家心理でリスク回避傾向が多く見られ、ドル建て日経平均は9:00に236.53㌦で寄付後、寄付き天井化し最高値更新を迎え、売仕掛の裁定解消売が入り揉合い後11:05には233.61㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え一時下げ幅6㌦近く迄拡大したが、11:30には前日比5.85㌦安の233.65㌦迄買戻され、11:35には前日比5.83㌦安の233.67㌦迄買戻された。後場では日銀指値オペの効果に加え金利若干低下で12:30に234.25㌦で開始した後、時間外米先物堅調で下げ渋り売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:02に234.98㌦迄付けたが、週明けの米株式市場の動向や15日発表の米1月生産者物価指数、16日公表の米連邦公開市場委員会議事録を見極めたいとの思惑もあり、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比4.93㌦安の234.57㌦迄戻売され、オプション22年3月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比4.97㌦安の234.53㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.92㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.43倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中値圏▽11.91%、騰落レシオは97.98%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月10日


2月10日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物とTopix先物、Topix及び日経平均は続伸した。新興株10日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米株続伸を好感し、原油価格が上昇し、巨大機関投資家心理が改善。ドル建て日経平均は9:00に240.68㌦で寄付後、企業の好決算を背景に売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:11に241.20㌦を付け最高値更新を迎え242㌦に迫りましたが、上値が重く今晩のCPI発表を前に様子見傾向が見られる事から売仕掛の裁定解消売が入り11:26には238.66㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、11:30には前日比0.03㌦安の238.90㌦迄買戻され、11:35には前日比0.05㌦安の238.88㌦迄買戻された。後場では12:30に239.22㌦で開始した後、継続して裁定買いが入り12:35の239.50㌦迄買戻されたが、3連休前で米経済指標の発表を控えて買い進むには重い状況より、売仕掛の裁定解消売が入り14:16の239.19㌦迄下げ幅拡大したが、心理的節目の238㌦近辺で下げ渋ると、終盤迄じりじりと上げ幅を広げる底堅い展開を描くように、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00に高値239.71㌦迄付けた処で、大引けでは前日比0.65㌦高の239.58㌦迄戻売され、オプション22年3月物は「コール」に値上がりが目立、「プット」は下落した状況で15:15には前日比0.57㌦高の239.50㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.54㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.70倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中値圏▽5.68%、騰落レシオは95.15%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月9日


2月09日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均は反発したが、日経平均先物とTopix先物、Topix及び日経平均は続伸した。新興株09日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は上昇したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は続伸。米国株3指数上昇を受け巨大機関投資家心理が改善。ドル建て日経平均は9:00に237.95㌦で寄付後、企業の好決算を背景に売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:06に238.41㌦を付けたが、上値が重く戻待ちの売りに会い9:52には237.24㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、香港ハンセン指数上昇等を支えに再度騰勢を強めると、売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:25の238.67㌦迄上げ幅拡大し、11:30には前日比2.29㌦高の238.56㌦迄買戻され、11:35には前日比2.33㌦高の238.60㌦迄買戻された。後場では12:30に239.05㌦で開始した後、継続して裁定買いが入り12:35の239.25㌦迄買戻されたが、トヨタ決算報道を受け材料出尽くしとなり売仕掛の裁定解消売が入り13:36に238.75㌦迄下げ幅拡大したが米国で時間外取引のナスダック100先物が上げ幅拡大を受け、米金利上昇し利鞘拡大期待より金融株や好決算銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:57には239.33㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、15:00大引けでは前日比2.62㌦高の238.89㌦迄買戻され、オプション22年2月物は「コール」は買いが目立ち「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比2.66㌦高の238.93㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.09㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.76倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中値圏▽7.23%、騰落レシオは91.97%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月8日


2月08日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均だけは続落したが、日経平均先物とTopix先物、Topix及び日経平均は反発した。新興株08日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は続落。米国のコロナに関する正常化への期待、それから好業績への資金流入を受け、ドル建て日経平均は9:00に237.30㌦で寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:34に238.30㌦を付けた処で最高値更新を迎え寄付き天井化した。10月のCPI発表前に米金利が上昇する中、売仕掛の裁定解消売が入り11:11の237.07㌦迄下げ幅拡大し、11:30には前日比0.84㌦安の237.19㌦迄戻売され、11:35には前日比0.84㌦安の237.19㌦迄戻売された。後場では12:30に237.51㌦で開始した後、中国の株安、引き続き主要中央銀行による金融引き締めやウクライナ情勢の緊迫化への懸念が相強く、10日の米1月消費者物価指数(CPI)発表やその後の3連休を前に上値を追う動きは限られ値は重くなり、終盤迄売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比0.02㌦安の236.33㌦迄戻売され、大引けではオプション22年2月物は「コール」と、「プット」はともに売られた状況で15:15には前日比0.08㌦安の236.27㌦迄戻売され最安値更新を迎え引けた。高安値幅は2.03㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.10倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中値圏▽10.72%、騰落レシオは92.37%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月7日


2月07日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均先物とTopix先物、ドル建て日経平均、Topix及び日経平均は反落した。新興株07日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は反落。ドル建て日経平均は9:00に237.17㌦で寄付き直後9:01に237.50㌦を付けた処で最高値更新を迎え寄付き天井化した。1月雇用統計の予想外に強い結果を受けて米長期金利が上昇、雇用の改善で消費拡大期待も強まり一時上昇に転じるも引けにかけて失速し、インフレ懸念が発生。一方で、アマゾンの上昇が支援しハイテク株は堅調に推移、ナスダック総合指数は大幅に反発した。まちまちとなった米株市場を横目に3月利上げ警戒から売仕掛の裁定解消売が入り9:23の235.19㌦迄下げ幅拡大したが下げ渋り10:40には236.36㌦迄買戻されたがウクライナ情勢も加わり売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比2.80㌦安の235.93㌦迄戻売され、11:35には前日比2.82㌦安の235.91㌦迄戻売された。後場では12:30に235.66㌦で開始した後、米時間外取引のナスダック100先物がプラスに転じた事を手掛かりに、売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:45に236.41㌦迄買戻されたが、FRBの引き締めを意識し、市場流出金がどのくらい吸収されるかに関するQTの問題から、売仕掛の裁定解消売が入り14:30には235.95㌦迄下げ幅拡大するが、大引けにかけ米主要株価3指数の先物が持ち直して巨大機関投資家心理を支援し、ドル建て日経平均も下げ幅を縮める場面があり、15:00大引けでは前日比2.49㌦安の236.24㌦迄戻売され、大引けではオプション22年2月物は「コール」は売られ「プット」は買われた状況で15:15には前日比2.38㌦安の236.35㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.31㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.04倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中値圏▽11.43%、騰落レシオは88.85%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月4日


2月04日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、日経平均先物とTopix先物、ドル建て日経平均、Topix及び日経平均は反発した。新興株04日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は反発。米株が5日振りに反落。幅広い年限で金利が上昇。メタ(旧フェイスブック)の決算を受けた株価急落も巨大機関投資家心理を冷やし、ハイテク株を中心に、ドル建て日経平均は9:00に235.71㌦で寄付き直後最安値更新を迎えたが切返し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:12には237.66㌦迄買戻されたが英国の利上げ可能性を否定しない事から米国株が下落したのを受け売仕掛の裁定解消売が入り10:46の235.79㌦迄下げ幅拡大したが、ただ、メタの急落を前日にある程度織り込んでいたことから売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:12の237.22㌦迄買戻されたが戻待ちの売りに会い、11:30には前日比0.77㌦安の237.08㌦迄戻売され、11:35には前日比0.81㌦安の237.04㌦迄戻売された。後場では12:30に237.53㌦で開始した後、米時間外取引のアマゾンの好決算や業績が好調な銘柄を手掛かりに、売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:26に238.99㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、今晩の米雇用統計を前に持高調整目的の売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比0.90㌦高の238.75㌦迄戻売され、大引けではオプション22年2月物はコールが上昇し、プットは下落した状況で15:15には前日比0.88㌦高の238.73㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.28㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.11倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中値圏▽9.77%、騰落レシオは94.34%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月3日


2月03日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月03日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均先物とTopix先物、ドル建て日経平均、Topix及び日経平均は反落した。新興株03日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は5日ぶり反落。海外投資家は売り越し状況。米株4日続伸したものの、ドル建て日経平均は昨日迄の4日間で13.95㌦以上上昇していた事また、今日のフェイスブックのメタプラットホームズが時間外で急落。米株先物が大幅安となった事から、ドル建て日経平均は9:00に238.96㌦で寄付き直後、9:05の239.17㌦を一時付け、最高値更新を迎え寄付き天井化したが上値が重くなり売仕掛の裁定解消売が入り、10:09には237.64㌦迄下げ幅拡大し一時2.32㌦以上下げる場面があり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:44には238.70㌦迄買戻されたが、中国政府の方針などにより海外資産を保有する中国の方々のファンドを管理する巨大機関投資家による売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比1.96㌦安の238.00㌦迄買戻しされ、11:35には前日比1.98㌦安の237.98㌦迄買戻された。後場では12:30に238.12㌦で開始した後12:34の237.84㌦迄下げ幅拡大後、12:47の238.29㌦迄買戻されたが、ADP雇用レポートも下落し地政学的リスクに加え、エネルギー価格上昇の懸念から売仕掛の裁定解消売が入り14:52には237.54㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、週末の米1月雇用統計を前に持高調整から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比2.09㌦安の237.87㌦迄買戻され、大引けではオプション22年2月物は「コール」が売られ「プット」は買われた状況で15:15には前日比2.11㌦安の237.85㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.63㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.37倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中値圏▽12.20%、騰落レシオは97.08%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月2日


2月02日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、日経平均先物とTopix先物は反発したが、ドル建て日経平均、Topix及び日経平均は続伸した。新興株02日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は4日続伸し9:00に237.99㌦で寄付き直後237.85㌦を付けた処で最安値更新を迎えたが、米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)が引け後に発表した決算を受け、時間外取引で米株先物が底堅い値動きとなり東京市場でも半導体銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:06に240.21㌦を付けたが、新型コロナに関する小池都知事による「緊急事態宣言」要請報道を受け売仕掛の裁定解消売が入り11:27の239.11㌦迄下げ幅拡大したが、この時点で松野長官による「東京都への緊急事態宣言の発出、現時点で検討していない」との訂正報道を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比4.19㌦高の239.67㌦迄買戻しされ、11:35には前日比4.21㌦高の239.69㌦迄買戻された。後場では12:30に239.47㌦で開始した後、米金融引き締めへの過度な警戒感が和らぎ、好調な企業決算が追い風となって、戻りを試す局面と捉え、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:29の240.23㌦迄買戻され最高値更新を迎えるも米国の経済指標の動向をにらみ持高調整売りが入り揉合い後、15:00大引けでは前日比4.48㌦高の239.96㌦迄戻売され、大引けではオプション22年2月物は「コール」は総じて買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比4.48㌦高の239.96㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.38㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.51倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中値圏▽9.42%、騰落レシオは97.16%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

2月1日


2月01日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。2月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、日経平均先物とTopix先物は反落したが、ドル建て日経平均、Topix及び日経平均は続伸した。新興株01日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は3日続伸し9:00に236.03㌦で寄付き9:02の235.65㌦迄下げ幅拡大するが、米株の続伸を好感して、年金基金などのリバランス買も米国同様に売仕掛け解消の裁定解消買として入り10:19の238.04㌦迄上昇し、前場上幅4.18㌦を超える場面もあり最高値更新を迎えた。急ピッチの上昇への警戒感も根強く売仕掛の裁定解消売が入り10:55には235.58㌦迄下げ幅拡大後、11:26には236.34㌦迄一時買戻されるが、11:30には前日比2.38㌦高の236.24㌦迄買戻しされ、11:35には前日比2.47㌦高の236.33㌦迄買戻された。後場では12:30に236.16㌦で開始した後、米株価主要3指数の先物の軟調な推移や、ドル/円の円高寄りの推移も重しとなり売仕掛の裁定解消売が入り13:14には235.05㌦迄下げ幅拡げ最安値更新を迎えたが切返しが入り、13:33の235.75㌦迄戻すも米国の経済指標の動向をにらみ持高調整売りが入り揉合い後、15:00大引けでは前日比1.62㌦高の235.48㌦迄戻売され、大引けではオプション22年2月物は「コール」は売りが目立ち、「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比1.62㌦高の235.48㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.99㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.27倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中値圏▽14.46%、騰落レシオは89.31%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月31日


1月31日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月31日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は続伸した。新興株31日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に231.58㌦で寄付き、先週末「空売り比率は52.9%を付け日経平均予想per12.99倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーから売仕掛け解消の裁定解消買が入り、4㌦以上上昇した事もありまして、売仕掛の裁定解消売が入り9:05の230.32㌦迄一時下落し最安値更新を迎えたが切換し、フィラデルフィア半導体指数上昇から時間外取引のナスダック100先物迄が上昇したのを受け、半導体関連株や見直し成長株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:43に233.70㌦迄上昇後、11:30には前日比1.95㌦高の233.54㌦迄買戻しされ、11:35には前日比1.95㌦高の233.54㌦迄買戻された。後場では12:30に233.98㌦で開始した後、好調な需給継続で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:58の234.88㌦迄買戻され最高値更新を迎えた後、一時3.29㌦迄買戻された処で、金利上昇圏から来る物価高騰から経済再生不安が出て売仕掛の裁定解消売が入り14:20の233.59㌦迄持高調整が入ったが、香港ハンセン指数の上昇を横目に売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:51の234.64㌦迄下げ幅縮めるが戻待ちの売りに会い、15:00大引けでは前日比2.35㌦高の233.94㌦迄戻売され、大引けではオプション22年2月物は「コール」は買いが目立、「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比2.27㌦高の233.86㌦迄戻売され引けた。高安値幅は4.56㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.31倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中値圏▽18.92%、騰落レシオは89.26%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月28日


1月28日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は反発した。新興株28日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に229.14㌦で寄付き、「空売り比率は52.9%を付け日経平均予想per12.99倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入る」というアノマリーから売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:15に230.73㌦迄回復したが、米連邦公開市場委員会後のパウエルFRB議長の記者会見を受けてコストプッシュインフレの懸念から売仕掛の裁定解消売が入り9:32の227.83㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、時間外取引のナスダック100先物上昇が支援材料となり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:07の232.59㌦迄買戻され揉合い後、11:30には前日比3.42㌦高の231.52㌦迄戻売され、11:35には前日比3.34㌦高の231.44㌦迄戻売された。後場では12:30に231.35㌦で開始した後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、12:40の231.74㌦迄買戻された後、戻待ちの売りに会い13:19の230.95㌦迄下げ渋ったが亜細亜株が堅調である事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:30には231.85㌦迄買戻され最高値更新を迎え揉合い後、15:00大引けでは前日比3.37㌦高の231.47㌦迄買戻され、大引けではオプション22年2月物は「コール」が総じて買われ、「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比3.49㌦高の231.59㌦迄買戻され引けた。高安値幅は4.02㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.18倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中値圏▽18.92%、騰落レシオは89.26%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月27日


1月27日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は続落した。新興株27日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。FOMC通過後金融引締めが改めて意識される中、ドル建て日経平均は9:00に236.57㌦で寄付き通過を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:06に236.96㌦を付け後寄付き天井化し最高値更新を迎え、ボリンジャーバンドで3σ到達するや上値が重くなり、米株先物の下落等を受け売仕掛の裁定解消売が入り10:59に229.65㌦迄下げ幅拡大し前場最安値更新を迎え一時8㌦近く下落し売り一巡後、円安により下げ渋り反発して買戻され、11:30には前日比7.35㌦安の229.88㌦迄戻売され、11:35には前日比7.33㌦安の229.90㌦迄戻売された。後場では12:30に229.02㌦で開始した後、12:32の229.41㌦迄売仕掛け解消の裁定解消買が入った後、FOMC声明で毎回の会合で利上げする可能性に含みを残し、資産縮小(QT)開始も年前半との印象を市場に与え、最近の株安に対する配慮が感じられなかった。いわゆるパウエル・プットはしばらく期待できない。利上げペースも当初は速い可能性があるとして、警戒感が強まる巨大機関投資家もいる事から売仕掛の裁定解消売が入り14:16には227.22㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え一時下げ幅が10㌦超となった。その後不安を示す下髭が出た事から持高解消の売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:46には228.63㌦迄買戻す動きを見せたが持高解消売りも入り、15:00大引けでは前日比8.99㌦安の228.24㌦迄戻売され、大引けではオプション22年2月物は「コール」が総じて下落し、「プット」は上昇が目立った状況で15:15には前日比9.13㌦安の228.10㌦迄戻売され引けた。高安値幅は9.74㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で52.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.99倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽25.01%、騰落レシオは87.69%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月26日


1月26日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は続落した。新興株26日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。昨年来安値更新。FOMC前にした米株の反落。IMFの世界経済見通しの下方修正等を受け、ドル建て日経平均は9:00に238.02㌦で寄付き9:03に238.74㌦を付け後ボリンジャーバンドで3σ到達するや上値が重くなり、売仕掛の裁定解消売が入り10:37に235.95㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え一時3㌦近く下落し売り一巡後、米株先物上昇等を支えに下げ渋り反発して買戻され11:24の237.48㌦迄買戻され、11:30には前日比1.01㌦安の237.38㌦迄戻売され、11:35には前日比0.97㌦安の237.42㌦迄戻売された。後場では12:30に237.21㌦で開始した後、13:33の238.30㌦迄売仕掛け解消の裁定解消買が入った後、ウクライナの事で各国がロシア制裁に踏み切る情勢になれば欧州などの景気に影響が出るため、持高解消の動きから売仕掛の裁定解消売が入り14:43には237.00㌦迄下げ幅拡大したが揉合い、15:00大引けでは前日比1.20㌦安の237.19㌦迄買戻され、大引けではオプション22年2月物は「コール」は下落し「プット」は高安まちまちだった状況で15:15には前日比1.16㌦安の237.23㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.79㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.31倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽16.54%、騰落レシオは87.84%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月25日


1月25日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は反落した。新興株25日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に240.93㌦で寄付き同時刻の高値で241.15㌦を付け後ボリンジャーバンドで3σ到達するや上値が重くなり寄付き天井化し、米国の早期金融正常化が見込まれる中、北朝鮮・ウクライナ情勢の緊迫化、欧米のPMI悪化が嫌気され、欧州株は大幅安。NYダウも一時急落。米株は一時持直して引けたものの、米株先物は再び大幅安となって亜細亜株安、コロナ拡大も重しになり、売仕掛の裁定解消売が入り10:40に237.29㌦迄下げ幅縮小し買戻され一時10:50の238.17㌦迄買戻され、11:04の237.34㌦迄下げ幅拡大後切換しが入り、11:30には前日比4.80㌦安の237.56㌦迄戻売され、11:35には前日比4.83㌦安の237.53㌦迄戻売された。後場では12:30に238.41㌦で開始した後、時間外取引のナスダック100先物等が上昇したのに併せて売仕掛け解消の裁定解消買が入り12:43の238.73㌦迄買戻した。先行き景気後退不安から日本を代表する寄与度高い銘柄に売仕掛の裁定解消売が入り、14:02に236.55㌦をつけ最安値更新を迎え一時5.81㌦以上付けたが、時間外取引のナスダック100先物等が上昇したのに併せて売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引け終値では前日比3.95㌦安の238.41㌦迄買戻され、大引けではオプション22年2月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買われた状況で15:15には前日比3.47㌦安の238.39㌦迄買戻され引けた。高安値幅は4.6㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で49.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.36倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽15.55%、騰落レシオは84.74%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月24日


1月24日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は反発した。新興株24日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。空売り比率は47.7となり日経平均予想per13.54倍で陽の陽孕みから陽の陽抱きとなり2日陽線続き、ナスダック100先物上昇を受け、巨大機関投資家の中では割安感を感じる者もいる事から裁定買いが入り3日続けて陽線で当社予測通りに落ち着いた。NYダウやナスダック総合指数は続落した事から、ドル建て日経平均は9:00に239.61㌦で寄付き後、売仕掛の裁定解消売が入り9:06に239.27㌦迄下げ幅縮小し買戻され一時9:28の240.53㌦迄買戻されたが戻待ちの売りに会い、9:45には239.04㌦迄下げ幅拡大し最安値更新となり2.82㌦以上下落した。FOMCの前で持高の傾き一方向は危険で円高・ドル安進行の一服もあり持高調整が入り、11:00の240.74㌦迄買戻されるが続かず11:21には240.21㌦迄下げ幅拡大したが切返し、11:30には前日比1.43㌦安の240.43㌦迄買戻され、11:35には前日比1.43㌦安の240.43㌦迄買戻された。後場では12:30に240.80㌦で開始した後、時間外取引のナスダック100先物等が上昇したのに併せて売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:31の242.45㌦迄下げ幅縮小し戻待ちの売りに会い14:58の241.93㌦迄一時下がるが切返しが入り15:00高値242.49㌦迄大引け直前で上がり最高値更新を迎え、15:00大引け終値では前日比0.55㌦高の242.41㌦迄買戻され、大引けではオプション22年2月物は「コール」と「プット」で、ともに売りが目立った状況で15:15には前日比0.50㌦高の242.36㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.45㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.56倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽11.08%、騰落レシオは94.27%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月21日


1月21日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は反落した。新興株21日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米の長期金利が低下した中で、米株低下が続き、ドル建て日経平均は9:00に240.45㌦で寄付き後、売仕掛の裁定解消売が景気敏感・ハイテク株中心に入り9:22に238.30㌦迄下げ幅縮小し最安値更新を迎えたが、ロシア問題などによる地政学リスクで防衛関連等に売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:06に240.97㌦迄買戻され揉合い後、11:30には前日比2.03㌦安の240.57㌦迄戻売され、11:35には前日比2.07㌦安の240.53㌦迄戻売された。後場では12:30に239.70㌦で開始した後、大幅下落していた時間外取引のナスダック100先物が下げ幅を縮小したのに併せて売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:55に242.30㌦迄下げ幅縮小し最高値更新を迎え、15:00大引けでは前日比0.86㌦安の241.74㌦迄買戻され、大引けではオプション22年2月物は「コール」が売られ、「プット」が買われた状況で15:15には前日比0.74㌦安の241.86㌦迄買戻され引けた。高安値幅は4.00㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.54倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽11.96%、騰落レシオは92.92%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月20日


1月20日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は反発した。新興株20日の日経ジャスダック平均はと東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米株安に加え中国景気の減速また、コロナ拡大等を警戒して、ドル建て日経平均は9:00に239.66㌦で寄付き後、空売り比率は48.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.51倍より自律反発狙いの売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:29に242.42㌦迄下げ幅縮小したが、中国人民銀行(中央銀行)が、1年物の最優遇貸出金利(LPR)を2カ月連続で引き下げたことが景気減速懸念を強め売仕掛の裁定解消売が入り10:22の238.66㌦迄下げ幅拡大したが陽の手繰線が形成されたのを確認した巨大機関投資家の中で上昇転換暗示と見たものもいる事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:18には241.68㌦迄回復し、11:30には前日比1.13㌦高の241.50㌦迄戻売され、11:35には前日比1.02㌦高の241.39㌦迄戻売された。後場では12:30に242.33㌦で開始した後、12:45の安値241.88㌦迄下げ幅拡大したが、亜細亜株が堅調で時間外の米株価指数先物が堅調に推移していたのを切掛けに売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:23の243.57㌦迄買戻され一時3.20㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが上値が重く戻待ちの売りに会い、15:00大引けでは前日比2.25㌦高の242.62㌦迄買戻され、大引けではオプション22年2月物は「コール」が買われ「プット」は売られた状況で15:15には前日比2.23㌦高の242.60㌦迄買戻され引けた。高安値幅は4.91㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.64倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽9.55%、騰落レシオは90.13%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月19日


1月19日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は続落した。新興株19日の日経ジャスダック平均は続落したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。今日のドル建て日経平均は下髭付けて陰線で大幅続落。244㌦を終値で割込むのは12月以来の事。NY原油が7年3か月ぶりの高水準迄上昇し、米国でのインフレが進行し金利引き上げが加速し株安になり景気後退の兆候であるイールドカーブのフラット化阻止のために行う政策から来る懸念や、米国の長期金利が2年ぶりの高水準迄上昇したのを受け米株価が大幅安となり、ドル建て日経平均は9:00に243.81㌦で寄付き後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り09:01に244.04㌦迄上昇したが、罫線図では+3σ迄達した為本日の最高値更新を迎え寄付き天井化し、売仕掛の裁定解消売が入り9:51の241.50㌦迄下げ幅一時下げるも、10:15では242.93㌦迄買戻されるが値嵩景気敏感株等に売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比4.10㌦安の241.97㌦迄戻売され、11:35には前日比4.10㌦安の241.97㌦迄戻売された。後場では12:30に241.31㌦で開始した後、12:30の安値241.28㌦を付け13:31の241.68㌦迄一時買戻したが、25日移動平均線で押し戻され上値が重いため売仕掛の裁定解消売が入り、14:51の239.11㌦迄下げ幅拡大した処で最安値更新を迎え一旦7㌦迄下落したが切返し、15:00大引けでは前日比5.64㌦安の240.43㌦迄買戻され、大引けではオプション22年2月物は「コール」が下落し、「プット」は上昇した状況で15:15には前日比5.70㌦安の240.37㌦迄買戻され引けた。高安値幅は4.93㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で48.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.51倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽12.97%、騰落レシオは85.93%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月18日


1月18日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は反落した。新興株18日の日経ジャスダック平均は続落したが東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。欧州主要株価指数が揃って上昇した流れを受けて、ドル建て日経平均は9:00に248.33㌦で寄付き後同時刻に248.16㌦迄米国利上げ懸念で下げ幅拡大後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り一時11:01の249.84㌦を付けるが上値が重くなり、11:30には前日比1.90㌦高の249.44㌦迄買戻され、11:35には前日比1.90㌦高の249.44㌦迄買戻された。後場では12:30に249.73㌦で開始した後、12:30の高値249.85㌦を付け最高値更新を迎えた処でロイターによると「2%に達しないまでも利上げに踏み切る可能性」と英語で報道したのを切っ掛けに日銀政策決定会合において政策方針が「現状維持」と決まった事が報道された事を確認した巨大機関投資家の中では、時間外取引で米10年物国債利回りが1.8%台半ばまで上昇したのを確認し売仕掛の裁定解消売を入れる者もいる事から、13:50の244.96㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えた。一時3㌦近く下落した処で時間外取引のナスダック100先物が1%超下落したのを受け、持高解消の必要性を感じた巨大機関投資家の中で売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:30には246.37㌦迄買戻したが祝日明けの米国市場への警戒感から売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比1.38㌦安の246.16㌦迄戻売され、大引けではオプション22年2月物は「コール」が売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比1.47㌦安の246.07㌦迄戻売され引けた。高安値幅は4.89㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.90倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽4.97%、騰落レシオは89.01%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月17日


1月17日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は反発した。新興株17日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。昨日空売り比率50.5%で日経平均予想per13.88倍に加え、ナスダック総合指数の反発等を手掛かりに割安感から、本日のドル建て日経平均は9:00に247.88㌦で寄付き後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り一時9:11の248.54㌦を付けるが9:21の247.32㌦迄下げ幅拡大し揉合い9:56の248.84㌦と最高値更新を迎えた。前場一時上げ幅1.56㌦以上広げて249㌦に接近し高値形成後、FEDのインフレターゲットにした金融政策で持続的物価上昇を止めようとしているためバランスシートの縮小も行われる事から市場動向に不安定さが出現し売仕掛の裁定解消売が入り11:15の247.04㌦迄下げ幅拡大し、11:30には前日比0.15㌦高の247.43㌦迄買戻され、11:35には前日比0.30㌦高の247.58㌦迄買戻された。後場では12:30に247.62㌦で開始した後、 原油市況高も追い風となり14日の米国市場で業績期待が根強いテクノロジー株が総じて持直し、巨大機関投資家心理が改善し原油関連・建設株や米金利上昇に強い安全性高い銘柄群に売仕掛け解消の裁定解消買が入り12:56には247.98㌦迄買戻され回復したが午前に発表された中国小売売上高が予想以下であった事が嫌気され亜細亜市況がまちまちで中国経済の鈍化懸念が見舞われたのに対し、米国は本日、キング牧師誕生記念日で休場のため持高調整が入り、売仕掛の裁定解消売が入り伸び悩み、15:00大引けでは前日比0.21㌦高の247.49㌦迄買戻され、大引けではオプション22年2月物は「コール」は買いが目立ち、「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比0.26㌦高の247.54㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.80㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.96倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽4.31%、騰落レシオは90.36%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月14日


1月14日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は続落した。新興株14日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米国では3連休前で連邦準備制度理事会副議長への指名で米上院公聴会に出席したブレイナード理事が利上げ意欲を示した結果、金融引締めの警戒感即ち金融政策の正常化の急伸への警戒感を巨大機関投資家間に印象付けたのを契機にハイテク株比率高のナスダック総合指数は下落。本日の東京市場でも米株安の流れを引継いだ。本日のドル建て日経平均は9:00に247.56㌦で寄付き後、9:01に247.61㌦と高値形成し運用リスクを回避する姿勢が優勢となり一旦売仕掛の裁定解消売が入り9:04に245.67㌦を付けるが、9:18に247.12㌦迄買戻されると、コロナ拡大による経済活動が抑制する事による懸念による売仕掛の裁定解消売が入り、前場引け間際に246㌦を割込み下げ幅が前日比4㌦に迫る場面も見られ、結局11:11の245.07㌦迄下げ幅拡大した後、最安値更新を迎え割安銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比3.01㌦安の245.58㌦迄買戻され、11:35には前日比2.94㌦安の245.65㌦迄買戻された。後場では12:30に246.24㌦で開始した後、金利上昇後恩恵銘柄である海運・水産・小売業などに売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:30に247.70㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、東京市場の前場終値がSQに僅差で届かず幻のSQとなり過去には厳しい動きの日になる事が多く米国3連休前で「日銀がインフレ目標2%を達成する前に利上げ開始出来るか議論している」等と報道されたのを切っ掛けに売仕掛の裁定解消売が入り、一時は14:08に246.74㌦迄下げるが売仕掛け解消の裁定解消買が入り揉合い後持高解消の動きが入り、15:00大引けでは前日比1.24㌦安の247.35㌦迄買戻され、大引けではオプション22年2月物は「コール」が下落し、「プット」は上昇した状況で15:15には前日比1.31㌦安の247.28㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.63㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で50.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.88倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽6.67%、騰落レシオは91.92%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月13日


1月13日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は反落した。新興株13日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は下落し、SOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。EIA2022年世界需要見通し引上げ、米株高・CPI高よりドル建て日経平均は9:00に249.94㌦で寄付き後売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:01の250.03㌦に達し最高値更新を迎えたが、米長期金利先高感やコロナ拡大により、売仕掛の裁定解消売が入り11:09には底値を付け、最安値更新を迎え「陰の陰孕み」形成から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:18には249.02㌦迄上昇したが上値が重くなり持高調整が入り、11:30には前日比0.64㌦安の248.80㌦迄買戻され、11:35には前日比0.64㌦安の248.80㌦迄買戻された。後場では12:30に248.66㌦で開始した後、資源・金利上昇により資源・金融に売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:04の249.20㌦迄戻るが、米12月生産者物価指数や米連邦準備制度理事会のブレナード副議長の議会証言も予定されており様子見雰囲気が漂う中、米株先高感に加えSQ週でもあり「三羽鳥」形成を確認した事で売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比1.15㌦安の248.29㌦迄戻売され最安値更新を迎え終値が248.68㌦を示した。引けではオプション22年1月物では「プット」に買いが目立った状況で15:15には前日比0.85㌦安の248.59㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.35㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.08倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽3.02%、騰落レシオは103.65%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月12日


1月12日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は反発した。新興株12日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は上昇し、SOX指数も上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に246.70㌦で寄付後、朝方米国での失業等でタカ派発言になるのではないかと「パウエルプット」を仕掛ける者もいて戻売されて、一時下げ幅1.50㌦を超え9:00に246.48㌦となり最安値更新となり下髭を形成した。しかしFRBの議長の公聴会ではタカ派でなく正常化を目指すと受け取られ米金利が低下しプット解消の動きが見られ「戻りを受けたナスダックの続伸から売仕掛け解消の裁定解消買が値嵩ハイテク機械銘柄に入り11:12の249.98㌦迄買戻され、11:30には前日比4.18㌦高の249.16㌦迄買戻され、11:35には前日比4.18㌦高の249.16㌦迄買戻された。後場では12:30に249.34㌦で開始した後12:32の249.41㌦迄買戻されたが上値追いは重く、戻待ちの売りも出て13:58の248.83㌦迄下げ幅拡大したが下髭敷いた処で副議長もタカ派でなく正常化でバランスシートの縮小については言及が無い事に加え、香港ハンセン指数の大幅高等が支えとなり低PERで小型成長株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:56に249.84㌦迄上昇し最高値更新を迎え、15:00大引けでは前日比4.68㌦高の249.66㌦迄戻売され、引けではオプション22年1月物では「コール」に値上がりが目立ち「プット」は下落した状況で15:15には前日比4.46㌦高の249.44㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.36㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.14倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽0.14%、騰落レシオは39.7%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月11日


1月11日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は続落した。新興株11日の日経ジャスダック平均は続落したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は上昇し、SOX指数も上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に246.25㌦で寄付後、朝方買戻されて一時上げ幅1.41㌦を超え9:12に247.10㌦を付け最高値更新を迎えたのですが寄付き天井化した処で、北朝鮮飛翔体問題により一時9:35に244.88㌦迄下げ幅拡大するが9:46の246.11㌦迄円安で切返したが、雇用統計を受け米国での金融引締め加速への警戒感が嫌気された事や国内新型コロナウイルスの感染拡大も重しとなり米長期金利上昇によりグロース株中心に売仕掛の裁定解消売が入り前場中盤では米先物や亜細亜株が落着きを見せた事から10:58の243.55㌦迄下げ幅拡大した処で売仕掛け解消の裁定解消買が入り切返し、11:30には前日比0.93㌦安の244.76㌦迄買戻され、11:35には前日比0.91㌦安の244.78㌦迄買戻された。後場では12:30に245.15㌦で開始した後12:50の245.26㌦迄買戻されたが上値追いは重く、今晩の米議会上院の公聴会でパウエルFRB議長の再任の行方が不透明なため売仕掛の裁定解消売が入り13:37には244.52㌦迄買戻されたが、今週のSQ対策・金利上昇の業績貢献期待や割安感から低perや金融銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り揉合い後、15:00大引けでは前日比0.86㌦安の244.83㌦迄買戻され、引けではオプション22年1月物ではコールに売りが目立った状況で15:15には前日比0.71㌦安の244.98㌦迄買戻しされ引けた。高安値幅は3.55㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.92倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽3.17%、騰落レシオは104.84%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月7日


1月7日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月7日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は続落した。新興株7日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。3連休前のドル建て日経平均は小幅に続落。昨日5.27㌦以上下げた反動から、ドル建て日経平均は9:00に247.81㌦で寄付後、朝方買戻されて一時上げ幅3.37㌦を超え9:17に248.57㌦を付け最高値更新を迎えたのですが寄付き天井化し、米金利先高観に加え、国内のコロナ急拡大により買い継続には重しに転じ売仕掛の裁定解消売が入り一時は11:17の244.20㌦迄下げる場面もあり最安値更新を迎えたが割安感から切返しが入り、11:30には前日比0.82㌦安の244.99㌦迄買戻され、11:35には前日比0.82㌦安の244.99㌦迄買戻された。後場では12:30に245.69㌦で開始した後、今晩の雇用統計前で悪化からの下げ対策に加え、来週のSQへの備えもあり、米国では米連邦準備理事会(FRB)が利上げや保有資産の縮小を前倒しで進めるという見方から、売仕掛の裁定解消売が入り14:11の245.02㌦迄下げ幅拡大したが一方向に持高を傾けるのは危険との判断を行った巨大機関投資家も中には入る事から、持高調整の売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比0.10㌦安の245.71㌦迄買戻され、引けではオプション22年1月物ではコールに売りが目立った状況で15:15には前日比0.12㌦安の245.69㌦迄買戻しされ引けた。高安値幅は4.37㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.96倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽3.17%、騰落レシオは104.84%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月6日


1月6日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月6日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均は続落したが、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は反落した。新興株6日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に250.91㌦で寄付後、9:02の251.08㌦迄上昇し最高値更新を迎え寄付き天井化したが、FOMC議事要旨からFRBが保有資産の早期縮小に前向きという見方が広がり、米長期金利が上昇しナスダック3%を超える大幅安を受け売仕掛の裁定解消売が入り11:28に247.78㌦迄下げ幅拡大後、11:30には前日比4.95㌦安の247.89㌦迄戻売され、11:35には前日比4.99㌦安の247.85㌦迄戻売された。後場では12:30に247.64㌦で開始した後、国内でもコロナの感染者が急増していて経済活動の抑制を気にし、再度売仕掛の裁定解消売が入り14:15に246.20㌦迄下げ幅拡大したが切返しが入り14:37に246.96㌦迄一時買戻されたが米国金融引締めが加速への警戒感を生み売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比6.96㌦安の245.88㌦迄戻売され、引けではオプション22年1月物ではコールは売られ、プットは買われた状況で15:15には前日比7.03㌦安の245.81㌦迄戻売され最安値更新を迎え引けた。高安値幅は5.27㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.94倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽3.11%、騰落レシオは108.83%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月5日


1月5日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月5日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均は反落したが、日経平均先物、Topix先物、Topix及び日経平均は続伸した。新興株5日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に252.12㌦で開始するがナスダック総合指数は大幅に反落し北朝鮮の飛翔体問題で251.97㌦迄下落後揉合い、一旦売仕掛の裁定解消売が入り9:37に251.43㌦迄下落し最安値更新を迎えたが、円安・ドル高の追風から罫線図でー3σに到達するや売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:19に252.99㌦迄買戻され前場高値形成後売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比0.47㌦安の252.67迄買戻され、11:35には前日比0.44㌦安の252.70㌦迄買戻された。後場では12:30に252.80㌦で開始した後、一旦は調整が入り13:37に252.44㌦迄下げ幅拡大したが、市場は既に資産縮小(QT)を織り込み始め売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:55には253.06㌦迄買戻された処で最高値更新を迎えFOMC議事録公表のために持高調整が為替で入り、15:00大引けでは前日比0.28㌦安の252.86㌦迄戻売され、引けではオプション22年1月物は「コール」は売りが目立ち、「プット」は売られた状況で15:15には前日比0.30㌦安の252.84㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.63㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.22倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲5.67%、騰落レシオは112.70%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月4日


1月4日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月4日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、日経平均先物とTopix先物は続伸したが、ドル建て日経平均、Topix及び日経平均は反発した。新興株4日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。大発会で4年ぶり上昇。昨日米株高を受け、ドル建て日経平均は9:00に252.32㌦で開始するが節目の252㌦を回復後、一旦揉合い売仕掛の裁定解消売が入り9:06の251.12㌦迄戻売され最安値更新を迎えたが、米株高のほか、ドル/円が2017年1月以来の高水準となる115円台後半まで上昇したことや、取引時間中に発表された財新/マークイットの12月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)が50.9と6月以来の高水準となったことも支えになり売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:47の253.44㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎え揉合い後、11:30には前日比2.68㌦高の252.82迄買戻され、11:35には前日比2.70㌦高の252.84㌦迄買戻された。後場では12:30に252.56㌦で開始した後、一旦は調整が入り12:40に252.50㌦迄下げ幅拡大したが、円安と輸出関連銘柄や米フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)の上昇を好感して半導体製造装置関連に加え米長期金利の上昇で金融株にも海外巨大機関投資家の新規資金流入が見られ14:32に253.30㌦迄買戻されたが上値が重くなり14:41の252.95㌦迄下げ幅拡げたが断続的な買いが入り、15:00大引けでは前日比3.02㌦高の253.16㌦迄買戻され、引けではオプション22年1月物は「コール」は買われ「プット」は売られた状況で15:15には前日比3.00㌦高の251.59㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.32㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.10倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲5.44%、騰落レシオは105.43%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月24日


12月24日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均先物は不変だが、ドル建て日経平均、Topix先物、Topix及び日経平均は反落した。新興株24日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は反落で終了。新型コロナウイルス変異株「オミクロン型」の入院リスクや重症化率は従来のデルタ株より低下という報道より、ドル建て日経平均は9:00に251.95㌦で開始するが9:12の252.14㌦迄買戻された後、商いが細るため売仕掛の裁定解消売が入り9:28に251.63㌦迄下げ幅拡大したが、下値が堅くナスダック総合指数が強かったことを受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:49には252.28㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが252.25㌦以上では戻待ちの売りに遭遇し、11:30には前日比0.15㌦安の252.06㌦迄戻売され、11:35には前日比0.78㌦高の251.06㌦迄戻売された。後場では12:30に252.12㌦で開始した後半導体不足から半導体製造装置関連の銘柄に13:35の252.15㌦迄売仕掛け解消の裁定解消買が入り大引け間際高値形成後、亜細亜市況まちまちで手掛かり材料に乏しくクリスマス休暇入りに加え東京都でオミクロン株の市中感染が初めて確認との報道から経済再開延期懸念が芽生え、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比0.64㌦安の251.57㌦迄戻売され最安値更新を迎え、引けではオプション22年1月物は「コール」と「プット」はともに売りが目立った状況で15:15には前日比0.62㌦安の251.59㌦迄戻売され引けた。高安値幅は0.71㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.77倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽0.59%、騰落レシオは86.03%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月23日


12月23日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物及びTopix先物は反発したが、Topix及び日経平均は続伸した。新興株23日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は反発で終了。12月消費者信頼感指数が改善した事や新型コロナウイルスの飲み薬承認等を手掛かりに米株が続伸。ドル建て日経平均は9:00に251.51㌦で開始するが欧米株の反発を受け売仕掛け解消の裁定解消買が景気敏感株に入り朝方一時1.27㌦上昇し251.55㌦迄買戻され前場高値形成したがクリスマス休暇中で参加者減少を受け売仕掛の裁定解消売が入り9:13の250.87㌦迄下げ幅拡大したが、節目の251㌦を割込むと罫線図上では-3σ上に達し米株価主要3指数の先物や中国株、香港株がいずれも小幅ながらプラスで推移等を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:08には251.35㌦迄買戻されたが、巨大機関投資家の中ではアベノミクス以前の状況に逆戻りすることは「明らかに海外投資家を失望させるだろう」とこれまでの岸田内閣方針を受け売仕掛の裁定解消売が入り11:23の250.95㌦迄下げ幅拡大したが、11:30には前日比0.74㌦高の251.02㌦迄買戻され、11:35には前日比0.78㌦高の251.06㌦迄買戻された。後場では12:30に250.09㌦で開始した後251.02㌦迄下げ幅拡大したが、時間外取引の米株価指数先物が底堅く推移する中、上海総合指数や香港ハンセン指数が堅調だった事もあり、心理的な節目の250㌦を割り込むことなく推移し岸田政権が11月に発表した経済対策で「グリーン国際金融センター」としての機能向上に触れていることや、実務レベルで金融庁が「世界に開かれた国際金融センターの実現」のための政策リストを公開の再評価を巨大機関投資家の中では行う者もいる事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比1.96㌦高の252.24㌦迄買戻され最高値更新を迎え、引けではオプション22年1月物は「コール」が上昇し、「プット」は下落した状況で15:15には前日比1.93㌦高の252.21㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.37㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で38.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.80倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽0.58%、騰落レシオは85.20%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月22日


12月22日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物及びTopix先物は反落したが、Topix及び日経平均は続伸した。新興株22日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は小幅反落で終了。ドル建て日経平均は9:00に251.02㌦で開始するが欧米株の反発を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り朝方一時0.77㌦上昇し251.49㌦迄買戻され寄付き天井化し、裁定解消買は継続せず、年末に向けた持高調整で売仕掛の裁定解消売が入りSOX指数反発を横目に売仕掛け解消の裁定解消買も多少入り揉合い後、心理的な節目の250㌦割れでは10:53の249.65㌦迄下げ幅拡大し1.07㌦安を迎えた処で前場引け間際の安値を付けたが、押目買い目的の切返しに匹敵する売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.52㌦安の250.20㌦迄買戻され、11:35には前日比0.49㌦安の250.23㌦迄買戻された。後場では12:30に250.11㌦で開始した後、12:54の250.48㌦迄買戻されたが、時間外取引の米株価指数先物が軟調な中売仕掛の裁定解消売が入り最安値更新を迎えたが、心理的な節目の250㌦割れとなる14:22の249.48㌦の所で一方向に持高調整するには危険なため、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比0.59㌦安の250.13㌦迄買戻され、引けではオプション22年1月物は「コール」と「プット」はともに総じて売られた状況で15:15には前日比0.44㌦安の250.28㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.01㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.66倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽3.20%、騰落レシオは78.69%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月21日


12月21日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、Topix及びTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株21日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は大幅反発。昨日は騰落レシオが73.52%と底値圏で日経平均予想per13.44倍である事から、ドル建て日経平均は9:00に249.07㌦で開始するが売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:14に249.98㌦を付けたがオミクロンの影響と経済閉塞で下落したのを受け利益確定売りに走る巨大機関投資家もいる事から景気敏感株中心に売仕掛の裁定解消売が入り、9:33に248.42㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え罫線図上では-3σに達し、金利高でEPSを押上げている傾向から株上昇につながるため、売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:14に250.92㌦迄買戻され揉合い、11:30には前日比4.49㌦高の250.72㌦迄戻売され、11:35には前日比4.44㌦高の250.67㌦迄戻売された。後場では12:30に250.69㌦で開始した後、香港ハンセン指数の反発を受け裁定買いが入り12:30開始後最高値更新を迎え251.04㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、節目の251㌦を超えると上値が重くなり、罫線図上では3σに達した事から売仕掛の裁定解消売が入り12:49には250.39㌦迄下げ幅拡大したが時間外取引でのナスダック100先物の上昇が支援材料となり値嵩株や半導体関連株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り揉合い後、15:00大引けでは前日比4.47㌦高の250.70㌦迄買戻され、引けではオプション22年1月物は「コール」が総じて買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比4.49㌦高の250.72㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.62㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.64倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽3.84%、騰落レシオは77.09%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月20日


12月20日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、Topix及びTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は続落した。新興株20日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は上昇したがSOX指数は反落した。新元号が「令和」と制定。来週クリスマス休暇明けを横目に時間解決を念頭に置き米政府のネームダックを懸念して中国景気やマクロ政策に反映させ売仕掛け解消売りが強かった。つまりドル建て日経平均は大幅続落となり、終値で12月6日以来の247㌦割れです。オミクロン型等への経済への影響が懸念されNYダウは先週末大幅に続落しドル建て日経平均は9:00に249.54㌦で開始するが売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:08に250.36㌦を付け最高値更新となったが罫線図上では3σに達し寄付き天井化した為、景気敏感株中心に売仕掛の裁定解消売が入り9:16には248.89㌦迄下げ幅拡大したが、9:35の250.33㌦迄買戻された処で中国政府が1年8ヶ月振りに利下げすると伝わると逆に世界景気減速が意識され米国の長期金利が低下し米株先物も大幅安になったの受け、売仕掛の裁定解消売が入り11:12の247.78㌦迄下げ幅拡大後揉合い、11:30には前日比5.43㌦安の246.98㌦迄買戻され、11:35には前日比5.41㌦安の247.00㌦迄買戻された。後場では12:30に246.88㌦で開始した後、中国景気後退懸念が強まり売仕掛の裁定解消売が入り13:08に245.88㌦を付け、最安値更新を迎え下げ幅6.53㌦安となり節目の247㌦を下回りました。罫線図日足ではー3σに到達するため売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:25に247.07㌦迄戻すが世界的な金融引締めによる市場からの緩和マネー流失や年末年始におけるオミクロン株の更なる拡大への警戒感が燻る中、亜細亜市況や時間外取引の米株価指数先物が下げ幅を広げた事が 巨大機関投資家心理を悪化させ、再度売仕掛の裁定解消売が入り、15:00大引けでは前日比6.16㌦安の246.25㌦迄戻売され、引けではオプション22年1月物は「コール」は売られ「プット」は買われた状況で15:15には前日比6.18㌦安の246.23㌦迄戻売され引けた。高安値幅は4.48㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.44倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽10.04%、騰落レシオは73.52%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月17日


12月17日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、Topix及びTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株17日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は反落した。新元号が「令和」と制定。英イングランド銀行が予想外の利上げに踏み切るなど、米英中銀が金融引き締め姿勢に傾いたことを受けてインフレ懸念が再度高まりドルコールを大量保有していた巨大機関投資家の中でヘッジ目的のガンマ売り等を行うものが出てこれらが影響し米ハイテク株が下落。この流れを受け今日のドル建て日経平均は反落となりました。ドル建て日経平均は9:00に253.86㌦で寄付き、FOMC無事通過で一旦売仕掛け解消の裁定解消買が入り、同時刻に254.30㌦迄買戻され先日終値と同様に254㌦台に乗り、寄付き天井化した。ただ香港ハンセン指数が下げ幅を広げると、心理的節目の255㌦手前に伸び悩み米ナスダック下落に応じて半導体を含むハイテク株中心に売仕掛の裁定解消売が入り揉合い後10:38に253.07㌦迄下げ幅拡大したが、罫線図の日中足ではー3σに達するや売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比1.18㌦安の253.40㌦迄買戻され、11:35には前日比1.11㌦安の253.47㌦迄買戻された。後場では12:30に252.92㌦で開始した後、検疫外で「オミクロン型」変異株が発見され不透明感が漂い、また日銀がコロナ禍に対応した資金繰り支援策の縮小を決めたことが伝わり、利上げが意識されると益回りが低い高PER株であるハイグロース銘柄に売仕掛の裁定解消売が入り一時は13:22の251.32㌦迄下げ幅拡大し、14:00の252.00㌦迄買戻され揉合ったが、各国中銀による金融政策の正常化に向けた動きがあらためて意識される中でハイテク株や経済再開銘柄等に売仕掛の裁定解消売が入り14:33の251.01㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、ここで下げ渋りとなり売持高解消目的の売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00大引けでは前日比3.24㌦安の251.34㌦迄買戻され、引けではオプション22年1月物は「コール」は総じて売られ「プット」は総じて買われた状況で15:15には前日比3.17㌦安の251.41㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.29㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.74倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽4.00%、騰落レシオは83.23%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月16日


12月16日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均は反発したが、Topix及びTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株16日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は反発したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。今日のドル建て日経平均は大幅続伸となりました。FOMCではテーパリングの加速が決定され来年の利上回数を増やす見通しが示されたのですが市場予想の範囲内だったとして米株3日振りの大幅反発になったのを受け、ドル建て日経平均は9:00に252.94㌦で寄付き売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:15に254.38㌦迄買戻され3週間振りに254㌦台に乗り、上げ幅として4㌦越えをした。ただ心理的節目の254㌦手前に伸び悩み売仕掛の裁定解消売が入り10:51に252.28㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、罫線図の日中足ではー3σに達するや売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比2.99㌦高の253.27㌦迄買戻され、11:35には前日比3.04㌦高の253.32㌦迄買戻された。後場では12:30に253.54㌦で開始した後、FOMCは想定内の結果で、世界的大流行下で実施してきた債券買い入れプログラムを来年3月に終了する見通しが示され、2022年に3回の利上げが示唆され、日本株はFOMCを控え手仕舞い売りが優勢であったが、イベントを通過し『霧が晴れた』状況のため巨大機関投資家心理が改善しSOX指数急反発の傾向や年末高への期待から売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:53に254.71㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、15:00大引けでは前日比4.35㌦高の254.63㌦迄買戻され、引けではオプション22年1月物は「コール」は買われ「プット」は売りが優勢だった状況で15:15には前日比4.30㌦高の254.58㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.43㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.0%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.93倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽1.31%、騰落レシオは85.86%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月15日


12月15日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均は続落したが、Topix及びTopix先物、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株15日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数は反発したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は反落した。新元号が「令和」と制定。今日のドル建て日経平均は反落となりました。米国卸物価指数が前年比、前月比共に伸びが加速し早期利上げ観測から米株が反落。また、コロナ再拡大の欧州主要国株価も5日続落して、ドル建て日経平均は9:00に249.32㌦で寄付き朝方1.07㌦程下げて開始したが、米国債務上限問題が決まり巨大機関投資家の安心感から売仕掛け解消の裁定解消買が入り前場で一時0.36㌦以上上昇し9:31に250.75㌦を付け最高値更新を迎えたが方向感欠ける亜細亜市場を受け売仕掛の裁定解消売が入り11:20には249.81㌦迄下げ幅拡大後、11:30には前日比0.53㌦安の249.86㌦迄戻売され、11:35には前日比0.51㌦安の249.88㌦迄戻売された。後場では12:30に249.98㌦で開始した後、ドル高で割安感から押目買目的で売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:03に250.27㌦迄上げ幅拡大したが、方向感に欠ける時間外米株価指数先物動向を受け13:36の249.86㌦迄売仕掛の裁定解消売が入った後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、持高解消をする巨大機関投資家もいる事から15:00の高値250.52㌦迄買戻された後、15:00大引けでは前日比0.13㌦安の250.26㌦迄戻売され、引けではオプション22年1月物は「コール」に値上がりが目立つ一方で「プット」は値下がりが目立った状況で15:15には前日比0.11㌦安の250.28㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.43㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.71倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽4.92%、騰落レシオは80.75%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月14日


12月14日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix及びTopix先物、ドル建て日経平均、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株14日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は反発したがSOX指数は反落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に251.42㌦で寄付き、赤字決算による株価への悪影響を相殺させるために自社株買いを行う場合や世界初の水空合体ドローンによる遠距離での水中撮影に成功したKDDIの材料による裁定買入り等により売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:12の252.53㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが、死者が出た「オミクロン型」への警戒、欧米株下落を受け、売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比1.42㌦安の250.91㌦迄戻売され、11:35には前日比1.44㌦安の250.89㌦迄戻売された。後場では12:30に250.61㌦で開始した後、午前の衆院予算委員会で、岸田首相が自社株買いの制限を巡る野党質問に対してガイドラインの設定等を示唆したことが、午後伝わるや否や売仕掛の裁定解消売が入り12:37には249.29㌦迄下げ幅拡大したが、罫線図上ではボリンジャーバンドによるとー3σ迄来たことから、ただ、FOMCを前に持高を一方向に傾ける向きは少なく、その後は米国時間外先物取引が小幅高なのに対し売仕掛け解消の裁定解消買が入り上昇したのを横目に売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:36の250.69㌦迄買戻されたが戻待ちの売りに会い、持高解消をする巨大機関投資家もいる事から、15:00には前日比1.98㌦安の250.35㌦迄戻売され、引けではオプション22年1月物は「コール」は総じて売られ「プット」は総じて買われた状況で15:15には前日比1.94㌦安の250.39㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.24㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.64倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽5.31%、騰落レシオは75.09%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月13日


12月13日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix及びTopix先物、ドル建て日経平均、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株13日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は反落したがSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は反発となりまして、CPIを受けた米株が反発しS&P500が最高値を付け上海総合指数や香港ハンセン指数の上昇した事等好感し、ドル建て日経平均は9:00に252.95㌦で寄付き、9:32に252.51㌦迄下げ幅拡大するも売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:07には253.60㌦迄上げ幅拡大し一時前日比3㌦以上上昇し最高値更新を迎えたが254㌦に近づきますと、売仕掛の裁定解消売が入り11:26には252.69㌦迄下げ幅拡大したが売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比2.24㌦高の252.83㌦迄買戻され、11:35には前日比2.19㌦高の252.78㌦迄戻売された。後場では12:30に252.90㌦で開始し252.96㌦迄買戻された後、先週の上値抵抗線だった200日移動平均線を上回る場面はなく、蝋燭足は3本連続陰線を引いて上値での売り圧力の強さを見せつけ254㌦に近づきますと数々の不透明感から売仕掛の裁定解消売が入り一時は12:50の252.28㌦迄下げた一方で13:38の252.70㌦迄買戻されもしたが、結局、持高解消目的で売仕掛の裁定解消売が入り、14:38には251.99㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えた処で米CPIの結果で米連邦公開市場委員会(FOMC)での金融引締め懸念が弱まる可能性もあり時間外取引の米株価指数先物の上昇も下支えとなり、終盤にかけては売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:54の252.95㌦迄上げ幅拡大した後、持高解消をする巨大機関投資家もいる事から、15:00には前日比1.77㌦安の252.36㌦迄買戻され、引けではオプション22年1月物は「コール」の値上がりが目立ち「プット」は下落した状況で15:15には前日比1.74㌦高の252.33㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.61㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.66倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽3.31%、騰落レシオは75.32%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月10日


12月10日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix及びTopix先物、ドル建て日経平均、日経平均先物、及び日経平均は続落した。新興株10日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は反発したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。週末ドル建て日経平均大幅続落。終値で255㌦を割込みましてSQ値を下回り、ドル建て日経平均は9:00に251.60㌦で寄付き、MSQロールオーバー完了後の売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:14に252.92㌦を付け最高値更新を迎えたが罫線図では3σ形成した事から米国でのCPIの発表前でナスダックが4日振りに大幅反落となった事やコロナ感染拡大を受けて英国政府がイングランドの行動規制を発表した事を重しに売仕掛の裁定解消売が入り10:03には251.22㌦迄下げ幅を拡大後、罫線図では-3σを形成した事から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.76㌦安の252.06㌦迄戻売され、11:35には前日比0.76㌦安の252.06㌦迄戻売された。後場では12:30に251.66㌦で開始し251.72㌦迄買戻された後、今晩の米CPIの結果出第では来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)での金融引締め懸念が強まりかねないため警戒感から持高解消目的で売仕掛の裁定解消売が入り14:56に250.26㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、大引けにかけ円安・債券高が響き売仕掛け解消の裁定解消買が入り持高解消をする巨大機関投資家もいる事から、15:00には前日比2.14㌦安の250.68㌦迄買戻され、引けではオプション22年1月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買いが目立った状況で15:15には前日比2.23㌦安の250.59㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.64㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.66倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽5.52%、騰落レシオは72.97%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月9日


12月09日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix及びTopix先物、ドル建て日経平均、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株09日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は反発したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米株3日続伸を支えに、ドル建て日経平均は9:00に253.58㌦で寄付き、オミクロン株に対するワクチン有効性期待で売仕掛け解消の裁定解消買が入り、9:04に254.17㌦と朝方0.59㌦近く迄上昇し最高値更新を迎えたが、昨日迄の2日間で7.18㌦以上上昇していた処に、中国恒大集団デフォルト問題やMSQロールオーバー進行と機械系特許問題により欧州株安を迎え日本にも波及し売仕掛の裁定解消売が入り11:12には253.06㌦迄下げ幅拡大したが、罫線図ではー3σに接近したのを受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.88㌦安の253.35㌦迄買戻され、11:35には前日比0.86㌦安の253.37㌦迄買戻された。後場では12:30に253.26㌦で開始しメジャーSQ前の売仕掛け解消の裁定解消買が入り12:42に253.85㌦迄上げ幅拡大したが、罫線図では+3σに接近し金融政策発表を前に255㌦手前で見極めが必要であり、SOX指数下落で半導体株安を受け売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比1.41㌦安の252.82㌦迄戻売され、引けではオプション12月物は「コール」は売られ「プット」は高安まちまちで売持高解消状況で15:15には前日比1.41㌦安の252.82㌦迄戻売され最安値更新を迎え引けた。高安値幅は1.35㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.77倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽2.72%、騰落レシオは79.30%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月8日


12月08日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix及びTopix先物、ドル建て日経平均、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株08日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。新型コロナウイルス変異株「オミクロン型」への警戒感が和らぎ、欧米株への続伸した流れを引継いで、ドル建て日経平均は9:00に253.63㌦で寄付き9:03に254.01㌦と前日比6.38㌦上昇したが、中国恒大経済減速懸念から材料出尽くしとなり上げ幅一時9:22に252.50㌦迄縮小後最安値更新を迎えたが、罫線図ではー3σに接近したのを受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:13に253.90㌦迄買戻されたが、持高調整が入り10:34に252.94㌦迄下げ幅拡大後、SOX指数大幅高で半導体を含む値嵩ハイテク株に売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:30には前日比2.84㌦高の253.47㌦迄買戻され、11:35には前日比5.81㌦高の253.44㌦迄買戻された。後場では12:30に253.95㌦で開始し「パウエルプット期待」に加え、メジャーSQ前の売仕掛け解消の裁定解消買が入り第二の節目254㌦超えを行い12:45に254.59㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが、米国での利上げが早まる懸念を織り込み売仕掛解消の裁定解消買が入り、大引け間際で14:59に254.35㌦迄押し戻された形で、15:00には前日比6.65㌦高の254.28㌦迄買戻され、引けではオプション12月物は「コール」は上昇し「プット」は下落した状況で15:15には前日比6.60㌦高の254.23㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.19㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.85倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽1.39%、騰落レシオは78.04%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月7日


12月07日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix及びTopix先物、ドル建て日経平均、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株07日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米アレルギー感染症研究所所長が新型コロナウイルス変異株「オミクロン型」について「重症化の度合いはそれほど高くないようだ」等と発言し、懸念が和らぐとともに過度の警戒感が後退して、NYダウが今年最大の上げ幅を記録し米株揃っての反発を好感して、今日のドル建て日経平均は先週末回復した248㌦を再度超過し終了。ドル建て日経平均は9:00に248.00㌦で寄付き、関西スーパーの統合計画で材料出尽くしとなり上げ幅一時9:25に246.48㌦迄縮小後最安値更新を迎えたが、罫線図ではー3σに接近したのを受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:50に249.56㌦迄買戻されたが、持高調整が入り、11:30には前日比2.08㌦高の249.13㌦迄買戻され、11:35には前日比2.21㌦高の249.26㌦迄買戻された。後場では12:30に249.35㌦で開始し「パウエルプット期待」に加え、SQ週でアリババ株が米市場で上昇する事等を受け巨大機関投資家による市場心理好転により売仕掛け解消の裁定解消買が入り節目248㌦超えを行い14:57に251.76㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが、米国での利上げ早まる懸念を織り込み売仕掛の裁定解消売が入り大引け間際で押し戻された形で、15:00には前日比3.17㌦高の250.22㌦迄買戻され、引けではオプション12月物は「コール」は総じて買われ「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比3.19㌦高の250.24㌦迄買戻され引けた。高安値幅は5.28㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.2%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.76倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽5.63%、騰落レシオは82.27%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月6日


12月06日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix及びTopix先物、ドル建て日経平均、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株06日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。今日のドル建て日経平均は先週末回復した248㌦を再度割込んで終了。強弱入混じる米雇用統計を受けた米株が反落した事を重しに、ドル建て日経平均は9:00に248.34㌦を付け買注文が先行後買いは続かず同時刻に248.43㌦との高値を付け寄付き天井化し最高値更新を迎え、連邦準備理事会(FRB)による金融緩和縮小の方向に変わりはないとの見方が影響しナスダック総合指数の下落を横目に売仕掛の裁定解消売が入り9:17に245.39㌦迄下げ幅拡大後、罫線図上でのボリンジャーバンドでー3σに到達するや否や売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:01に246.71㌦迄買戻され揉合い後、持高調整が入り、11:30には前日比1.00㌦安の246.63㌦迄買戻され、11:35には前日比0.92㌦安の246.71㌦迄買戻された。後場では12:30に247.04㌦で開始したが、12:31には247.40㌦迄裁定買が入り、13:07には246.61㌦迄戻待ちの売りに会い下げ幅拡大した処で時間外取引のNYダウ先物の堅調推移を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:50には247.47㌦迄買戻され持高調整が入り、15:00には前日比0.56㌦安の247.07㌦迄戻売され、引けではオプション12月物は「コール」は総じて売られ「プット」は売りが目立った状況で15:15には前日比0.58㌦安の247.05㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.04㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.50倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽11.13%、騰落レシオは75.91%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月3日


12月03日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月03日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix及びTopix先物、ドル建て日経平均、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株03日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。今日のドル建て日経平均は大幅反発。247㌦を回復して高値引け。NYダウが今年最大の上げ幅を記録しこれを支えにドル建て日経平均は9:00に246.35㌦を付け買注文が先行後買いは続かず、半導体関連を中心とした値嵩ハイテク株の下落に押され、売仕掛の裁定解消売が入り10:46の244.26㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、前日の騰落レシオが69.23%と底値圏で割安を示唆した事に加え、日足罫線図上ではボリンジャーバンドでー3σに到達したのを確認するや切返しで揉合いでの持高調整が入り、11:30には前日比0.73㌦安の244.80㌦迄買戻され、11:35には前日比0.73㌦安の244.80㌦迄買戻された。後場では12:30に245.18㌦で開始したが、米議会上院が繋ぎ予算案を可決したとの報道が入ると売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:06には246.26㌦迄上昇しプラス圏に最浮上、さらに巨大機関投資家の中では「米製薬大手メルクがコロナ治療薬候補の製造販売承認を厚労省に申請した」という報道を捉えた者もいる事から心理が改善し売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比2.05㌦高の247.58㌦迄買戻され、引けではオプション12月物は「コール」が買われ、「プット」は値下がりが目立った状況で15:15には前日比2.10㌦高の247.63㌦迄買戻され最高値更新を迎え引けた。高安値幅は3.47㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で45.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.57倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽10.20%、騰落レシオは76.56%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月2日


12月02日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix及びTopix先物、ドル建て日経平均、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株02日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は反落。2か月ぶりの安値で終了。米国でオミクロン株感染者が発見されパウエル議長が量的緩和縮小に関し早期開始可能性を再表明した事から巨大機関投資家心理が悪化し、ドル建て日経平均は9:00に245.99㌦と寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:31の247.28㌦迄買戻し最高値更新を迎えたが、米国で初のオミクロン株発見報道で経済回復延滞により売仕掛の裁定解消売が入り11:19の244.82㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、244㌦を割込む事無く、ボリンジャーバンド-3σに到達した事を受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り持高調整が入り、11:30には前日比0.55㌦安の245.60㌦迄買戻され、11:35には前日比0.62㌦安の245.53㌦迄買戻された。後場では12:30に245.63㌦で開始しオミクロン型への警戒感や需給減少に次ぐ供給減少を指すスタッグフレーションの懸念から245.50㌦迄下げ幅拡大したが、売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:17に246.61㌦迄上昇したが、米国大統領の公約にある長期保有キャピタルゲイン課税による懸念等から売仕掛の裁定解消売が入り金融政策不安へ繋がり一時13:55の245.23㌦迄下げ幅拡大したり14:50には246.55㌦迄買戻されたりと揉合いが始まりその後、今晩のNYにおける報道懸念から売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比0.79㌦安の245.36㌦迄戻売されたが、引けではオプション12月物は「コール」が下落し、「プット」は上昇した状況で15:15には前日比0.62㌦安の245.53㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.46㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.39倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽13.19%、騰落レシオは69.23%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

12月01日


12月01日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix及びTopix先物、ドル建て日経平均、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株01日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は反発。ドル建て日経平均は昨日迄の3日間で7.07㌦下げボリンジャーバンドー3σに到達した事から、巨大機関投資家の中では売過剰修正必須と捉える者がいる事から、ドル建て日経平均は9:00に245.99㌦と寄付後、戻待ちの裁定買が入り9:06に247.80㌦迄朝方1.94㌦以上上昇し最高値更新を迎えたが、国内初のオミクロン株発見報道で経済回復延滞により売仕掛の裁定解消売が入り9:19の243.93㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、ボリンジャーバンドー3σに到達した事に加え、アナリストによる投資判断改善銘柄が多く散見された事を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:02の247.70㌦迄買戻されたが揉合い、持高調整が入り、11:30には前日比1.45㌦高の247.31㌦迄戻売され、11:35には前日比1.36㌦高の247.22㌦迄戻売された。後場では12:30に246.91㌦で開始しオミクロン型への警戒感から戻待ちの売りに会い、12:44に246.27㌦迄下げ幅拡大したが、1日の亜細亜取引時間に入ると米株価指数先物は堅調に推移を受け投資家心理は改善し、13:45の247.48㌦迄買戻されたが、FRB議長の議会証言から金融政策の正常化が早まるとの見方が主流となり米株が揃って反落した事に不透明要素が感じられる事から売仕掛の裁定解消売が入り14:59では245.95㌦迄下げ幅拡げたが引け間際で持高調整予定のために売仕掛解消の裁定解消売が入り、15:00には前日比0.42㌦高の246.28㌦迄買戻されたが、引けではオプション12月物は「コール」は買われ、「プット」は売りが目立った状況で15:15には前日比0.29㌦高の246.15㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.87㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で48.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.45倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽11.53%、騰落レシオは75.00%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月30日


11月30日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix及びTopix先物、ドル建て日経平均、日経平均先物、及び日経平均は続落した。新興株30日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は大幅続落。 終値で247㌦を割込むのは10月7日以来の安値。新型コロナウイルス変異株の感染拡大から先週末反落した米株が反発、ドル建て日経平均は9:00に251.42㌦と寄付後、9:03に252.38㌦迄朝方2.48㌦以上上昇し最高値更新を迎えたが、9:15には250.87㌦迄下げ幅拡大し伸び悩み、9:51には252.07㌦迄買戻された。ラッセルも下落し不透明感から売仕掛の裁定解消売が入り11:28には250.68㌦迄下げ幅拡大し、結局、11:30には前日比0.86㌦高の250.76㌦迄戻売され、11:35には前日比0.86㌦高の250.76㌦迄戻売された。後場では12:30に250.11㌦で開始し戻待ちの売りに会い、12:30に250.10㌦迄下げ幅拡大したが13:04には250.80㌦迄買戻されるが、FTの報道で米モデルナのCEOが「オミクロン型へのワクチン効果は低下する可能性が高い」と発言したと伝わりますと米時間外先物が急落し売仕掛の裁定解消売が入りMSCIリバランス売も入り、15:00には前日比3.96㌦安の245.94㌦迄戻売されたが、引けではオプション12月物は「コール」が総じて下落し「プット」は値上がりが目立った状況で15:15には前日比4.04㌦安の245.86㌦迄戻売され最安値更新を迎え引けた。高安値幅は6.52㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で46.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.38倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽12.80%、騰落レシオは71.53%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月29日


11月29日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix及びTopix先物、ドル建て日経平均、日経平均先物、及び日経平均は続落した。新興株29日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は大幅続落。コロナの「オミクロン株」型の感染拡大。欧米株が大幅安。ドル建て日経平均は9:00に249.19㌦と寄付後、朝方に一旦9:05に249.16㌦迄下げ渋り、亜細亜市況が底堅く推移していた他、時間外の米株価指数先物が大きく上昇し半導体関連が堅調であった事から、売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:58に253.22㌦迄下げ幅縮小したが揉合い、結局、11:30には前日比2.21㌦高の253.02㌦迄戻売され、11:35には前日比2.10㌦高の252.91㌦迄戻売された。後場では12:30に251.83㌦で開始したが、岸田政権が30日午前0時から全世界を対象に外国人の入国措置を禁止すると表明した事が伝わり時間外の米株価指数先物が上げ幅を縮小したことが嫌気され、ヘッドライン報道に巨大機関投資家によるアルゴニズムが作動し、売仕掛の裁定解消売が入りヘッジ目的が発生し14:30に248.58㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、先行き不透明感から持高解消の流れとなり売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:50には251.14㌦迄買戻されたが戻待ちの売りに会い日足罫線図では中長期移動平均と200日移動平均が下向方向から下方修正の調整入り疑いと見られ、15:00には前日比1.13㌦安の249.68㌦迄戻売されたが、引けではオプション12月物は「コール」は売られた一方で、「プット」は買われた状況で15:15には前日比0.91㌦安の249.90㌦迄戻売され引けた。高安値幅は4.64㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で47.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.56倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽8.18%、騰落レシオは73.70%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月26日


11月26日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix及びTopix先物、ドル建て日経平均、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株26日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は大幅反落。米市場が休場。南アフリカで新型コロナウイルスの変異株が検出され、発生者が急増していると伝わり、ドル建て日経平均は9:00に254.86㌦と寄付後、同時刻に254.93㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、上値は重く損失回避の売仕掛の裁定解消売が入り11:25の250.37㌦迄下げ幅拡大し、結局、11:30には前日比5.13㌦安の250.56㌦迄戻売され、11:35には前日比4.96㌦安の250.73㌦迄戻売された。後場では12:30に250.19㌦で開始したが、米国が感謝祭の祝日で海外勢の取引参加が限られる中、香港ハンセン指数等亜細亜市況も軒並み下落し、時間外の米株価指数先物が大きく下落していた事も警戒感を誘い買手に乏しく、ロスカットの売や商品投資顧問(CTA)等の巨大機関投資家による売仕掛の裁定解消売が入り12:55の249.55㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、休場明けの米国市場の動きを見極めたいとの思惑から売仕掛け解消の裁定解消買が入り一時13:38の250.53㌦迄買戻されるが13:51には249.70㌦迄戻待ちの売りに会いその後売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比4.92㌦高の250.77㌦迄買戻されたが、引けではオプション12月物は「コール」は売りが優勢となったが「プット」は買いが目立った状況で15:15には前日比4.87㌦安の250.82㌦迄買戻され引けた。高安値幅は5.48㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で51.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.81倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽3.40%、騰落レシオは74.74%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月25日


11月25日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix及びTopix先物、ドル建て日経平均、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株25日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は反発。昨日は6㌦近く急落となり今日は米の長期金利が低下してナスダック総合指数が3日ぶりに反発した事を手掛かりに、ドル建て日経平均は9:00に255.41㌦と寄付後、9:06の255.12㌦迄戻売され最安値更新を迎えたが、底値は堅く売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:05に256.42㌦をつけたが最高値更新を迎えた。ただ米の感謝祭を前に積極的な買いは続かず売仕掛の裁定解消売が入り10:50に255.59㌦を付けたが、金利低下より証券鉱業等の銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:01には256.08㌦迄上昇したが持高調整入りにより、結局、11:30には前日比0.76㌦高の255.72㌦迄買戻され、11:35には前日比0.74㌦高の255.70㌦迄買戻された。後場では12:30に256.13㌦で開始したが亜細亜市況が方向感に欠ける動きから売仕掛の裁定解消売が入り14:06に255.81㌦迄下げ幅拡大したが時間外の米株指数先物が小高く推移した事から14:25の256.16㌦迄売仕掛け解消の裁定解消買が入りその後、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比0.73㌦高の255.69㌦迄戻売されたが、引けではオプション12月物は「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比0.73㌦高の255.69㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.30㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.11倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲4.29%、騰落レシオは78.74%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月25日


11月25日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix及びTopix先物、ドル建て日経平均、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株25日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は反発。昨日は6㌦近く急落となり今日は米の長期金利が低下してナスダック総合指数が3日ぶりに反発した事を手掛かりに、ドル建て日経平均は9:00に255.41㌦と寄付後、9:06の255.12㌦迄戻売され最安値更新を迎えたが、底値は堅く売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:05に256.42㌦をつけたが最高値更新を迎えた。ただ米の感謝祭を前に積極的な買いは続かず売仕掛の裁定解消売が入り10:50に255.59㌦を付けたが、金利低下より証券鉱業等の銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:01には256.08㌦迄上昇したが持高調整入りにより、結局、11:30には前日比0.76㌦高の255.72㌦迄買戻され、11:35には前日比0.74㌦高の255.70㌦迄買戻された。後場では12:30に256.13㌦で開始したが亜細亜市況が方向感に欠ける動きから売仕掛の裁定解消売が入り14:06に255.81㌦迄下げ幅拡大したが時間外の米株指数先物が小高く推移した事から14:25の256.16㌦迄売仕掛け解消の裁定解消買が入りその後、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比0.73㌦高の255.69㌦迄戻売されたが、引けではオプション12月物は「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比0.73㌦高の255.69㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.30㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.11倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲4.29%、騰落レシオは78.74%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月24日


11月24日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix及びTopix先物は続落したが、ドル建て日経平均、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株24日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米の長期金利が1か月ぶりの高水準となり、コロナ再拡大で持高調整入り、2週目に入るとメジャーSQもありインフレ懸念警戒、コロナの再拡大で不安要素を織り込んでくるとSQ迄の値動きを想定する巨大機関投資家が出てくる。そうするとメジャーSQで焦点になるのがオプション取引。現在多い権利行使価格250円刻みの29,500円が基本で組み立てられた。ドル建て日経平均は9:00に257.62㌦と寄付後、9:05の258.40㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、今日の持高調整売で一段下の権利行使価格29,250円を意識してくる。即ちSQ迄の下げる範囲を確かめに行った流れが本日の売仕掛の裁定解消売の入りを指している。それで売仕掛の裁定解消売が入り11:27に255.68㌦迄下げ幅拡大し、結局、11:30には前日比5.13㌦安の255.77㌦迄戻売され、11:35には前日比4.38㌦安の255.92㌦迄戻売された。後場では12:30に255.26㌦で開始したが日本株とナスダックが連動する事が多いため値嵩のハイテク・成長株に売仕掛の裁定解消売が入り14:10に254.13㌦迄下げ幅拡大したが上海総合指数や香港ハンセン指数が持直し時間外の米株価指数先物が軟調になると売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比5.94㌦安の254.96㌦迄買戻されたが、引けではオプション12月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比5.94㌦安の254.96㌦迄買戻され引けた。高安値幅は4.27㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.05倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲2.41%、騰落レシオは79.39%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月22日


11月22日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix及びTopix先物は反落したが、ドル建て日経平均、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株22日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。欧州でコロナが再拡大している事等が重しになりNYダウは3日続落。ドル建て日経平均は9:00に259.53㌦と寄付き今朝は1.16㌦安と下落し9:01に258.99㌦となり最安値更新を迎えた。売り一巡し揉合い後罫線図で「二本の差込線」を確認後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:56の260.11㌦迄上げ幅拡大し、「放れ七手の変化底」を確認し、結局、11:30には前日比0.23㌦安の259.92㌦迄買戻され、11:35には前日比0.19㌦安の259.96㌦迄買戻された。後場では12:30に260.22㌦で開始し戻待ちの売りが入り12:40に259.98㌦を付けたが、バルチック海運株指数上昇に加え、NY原油安が支えになりさらに、堅調な中国株や時間外取引のナスダック先物を背景に売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:29に261.13㌦を付け最高値更新を迎えた後、一方、国内は明日が祝日で休場となる上、祝日明けにはインフレ状況に加え米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表が、今週中にはFRB次期議長の発表も予定されているだけに、積極的に買いは続かず売仕掛の裁定解消売が入り14:38に260.78㌦迄下げ幅拡大したが、切返され14:50に261.10㌦迄裁定買いが入ると持高調整され、15:00には前日比0.77㌦高の260.92㌦迄買戻されたが、引けではオプション12月物は「コール」と、「プット」ともに総じて売られた状況で15:15には前日比0.75㌦高の260.90㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.14㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.19倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲7.43%、騰落レシオは83.33%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月19日


11月19日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均は続伸したが、日経平均先物、Topix、日経平均及びTopix先物は反発した。新興株19日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に259.37㌦と寄付き今朝は0.12㌦高と小幅に反発して開始。また9:00に258.91㌦を付けたが最安値更新を迎えた。しかし前日の米市場でハイテク関連が上昇した流れを受け、米エヌビディアが好決算を出し牽引役となり半導体関連株が上昇しナスダック総合指数は過去最高値を更新した流れを受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:09の260.02㌦迄上げ幅拡大後戻り売り待ちの売りが入り10:01に259.19㌦迄下げ幅拡大したが、下値は堅く売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:15に260.26㌦迄上げ幅拡大後持高調整が入り、結局、11:30には前日比0.69㌦高の259.94㌦迄買戻され、11:35には前日比0.70㌦高の259.95㌦迄買戻された。後場では12:30に260.14㌦で開始し戻待ちの売りが入り12:33に259.74㌦を付けたが、ナスダック先物は上げ幅を拡大した事や上海総合指数の上昇が追い風となり売仕掛け解消の裁定解消買が入り揉合い後14:58に260.25㌦を付け最高値更新を迎えたが持高調整の売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比0.88㌦高の260.13㌦迄買戻されたが、引けではオプション12月物は「コール」が上昇し、「プット」は下落した状況で15:15には前日比0.90㌦高の260.15㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.44㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で44.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.24倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲7.36%、騰落レシオは89.32%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月18日


11月18日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均は反発したが、日経平均先物、Topix、日経平均及びTopix先物は続落した。新興株18日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。前日の米国市場で三指数揃って下落した流れを受けまして、ドル建て日経平均は9:00に259.22㌦と寄付き後、9:14に258.51㌦迄下げ幅拡大したが切返し後、売仕掛の裁定解消売が入り9:14には258.51㌦迄下げ幅拡大したが切返し9:26の259.38㌦迄買戻されたが、売仕掛の裁定解消売が入り11:23の258.09㌦迄下げ幅拡大したが切返し、結局、11:30には前日比0.15㌦安の258.39㌦迄買戻され、11:35には前日比0.20㌦安の258.34㌦迄買戻された。後場では12:30に257.94㌦で開始し揉合い後257.91㌦迄下落し最安値更新を迎えたが、12:59に岸田首相より「人への投資3年間で4千億円」と出るや売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:02頃迄に日経新聞より「経済対策規模が財政支出ベースで55.7兆円」と報道され大規模と受入れられ、さらに売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:16に260.20㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが、続かず売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比0.71㌦高の259.25㌦迄買戻されたが、引けではオプション12月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比0.71㌦高の259.25㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.29㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.18倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲6.11%、騰落レシオは89.24%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月17日


11月17日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix、日経平均及びTopix先物は反落した。新興株17日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。前日の米株市場で主要3指数揃って上昇した流れを受けまして、ドル建て日経平均は9:00に260.28㌦と寄付き後、ドル建て日経平均は0.82㌦安と小幅に下げて開始。半導体を中心にハイテク株に買いが先行した事を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:04に260.31㌦迄買戻され後最高値更新を迎えたが9月の機械受注が市場予想を下回った事も重しとなり、取引開始直後に付けた260.31㌦を円高の影響もあり本日の高値に失速すると、売仕掛の裁定解消売が入り10:46には258.04㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え下げ幅を3㌦以上に拡げる場面を見せ、結局、11:30には前日比2.66㌦安の258.44㌦迄戻売され、11:35には前日比2.64㌦安の258.46㌦迄戻売された。後場では12:30に258.12㌦で開始し、日銀が国債の買い入れを通告観測やSOX指数最高値から半導体やハイテク株に買いが聞かれ売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:02には258.82㌦迄買戻されたが、今晩の米半導体関連株の決算を見極めたいとの思惑から裁定解消売りが入り14:57に258.28㌦迄下げ幅拡大し売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比2.72㌦安の258.38㌦迄買戻されたが、引けではオプション12月物は「コール」に値下がりが目立、「プット」は高安まちまちだった状況で15:15には前日比2.56㌦安の258.54㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.27㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.31倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲7.38%、騰落レシオは88.09%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月16日


11月16日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix、日経平均及びTopix先物は続伸した。新興株15日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に260.68㌦と寄付き後、ドル建て日経平均は1.56㌦安と小幅に下げて開始。その後は昨日の終値付近の一進一退が継続したが、午前の取引終盤で米中首脳協議を受け安心感が拡大すると亜細亜市場が堅調に開始されたのを受け、売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:59の262.17㌦迄買戻され上げ幅を拡大し最高値を更新後265㌦近辺迄接近する場面があり、持高解消の裁定解消売りが入り、11:30には前日比0.29㌦安の261.30㌦迄戻売され、11:35には前日比0.27㌦安の261.32㌦迄戻売された。後場では12:30に261.40㌦で開始し、同時刻で261.46㌦迄買いが続いたが米時間外先物取引が軟調になると上値が重くなり売仕掛の裁定解消売が入り14:59に260.59㌦迄下げ幅拡大しこれから発表する経済指標のために様子見姿勢となり売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比0.44㌦安の261.15㌦迄買戻されたが、引けではオプション12月物は「コール」は高安まちまちで、「プット」は売られた状況で15:15には前日比0.49㌦安の261.10㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.34㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.31倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲8.93%、騰落レシオは87.85%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月15日


11月15日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix、日経平均及びTopix先物は続伸した。新興株15日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。先週末米株揃って上昇を受けまして、ドル建て日経平均は9:00に261.51㌦と寄付き後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、9:13の262.06㌦迄上げ幅拡大し最高値を更新し前日比2.81㌦高を迎えた。中国株や香港株が軟調さを受け売仕掛の裁定解消売が入り10:16に261.05㌦迄下げ幅拡大したが米国でのナスダック総合指数と米ハイテク株高に加えSOX指数上昇を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、10:29の261.50㌦迄買戻されるが続かず戻待ちの売りが入り揉合い後、11:30には前日比2.12㌦高の261.37㌦迄戻売され、11:35には前日比2.07㌦高の261.32㌦迄戻売された。後場では12:30に261.13㌦で開始し、12:31には261.05㌦迄下げ幅拡大したが、割安感からの裁定買いが入り、12:49には261.36㌦迄買戻されるが原油先物下落や米株先物が重しとなり売仕掛の裁定解消売が入り13:50には251.08㌦迄下げ幅拡大するが「消費者物価の上昇率が1%に高まっても金融緩和措置を緩めるとか、撤回するとかそういうことは考えていない」との日銀黒田総裁発言を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比2.38㌦高の261.63㌦迄買戻されたが、引けではオプション12月物は「コール」が上昇し、「プット」は下落した状況で15:15には前日比2.34㌦高の261.59㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.01㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.30倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲8.91%、騰落レシオは94.25%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月12日


11月12日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均は反発したが、日経平均先物、Topix、日経平均及びTopix先物は続伸した。新興株12日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は11月1日以来の続伸。米ナスダック総合指数の反発そしてドル円上昇等で、ドル建て日経平均は9:00に257.64㌦と寄付き後最安値更新を同時に迎えたが、売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:37に259.82㌦迄上昇したが続かず、オプション11月物の特別清算指数(SQ)算出により売仕掛の裁定解消売が入り10:29に258.44㌦迄下げ幅拡大後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比2.27㌦高の259.18㌦迄買戻され、11:35には前日比2.30㌦高の259.21㌦迄買戻された。後場では12:30に258.97㌦で開始したが、12:37には259.14㌦迄買戻され、MSCIの入替に基づき売仕掛の裁定解消売が入り13:55には258.65㌦迄下げ幅拡大した処で、米国時間外先物取引で上昇を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比2.39㌦高の259.30㌦迄買戻されたが、引けではオプション11月物は「コール」は買われ「プット」は売りが目立った状況で15:15には前日比2.34㌦高の259.25㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.18㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.0%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.41倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲7.53%、騰落レシオは99.28%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月11日


11月11日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均は続落したが、日経平均先物、Topix、日経平均及びTopix先物は反発した。新興株11日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米CPIが市場予想以上に上昇して31年ぶりの伸びとなり、米長期金利も上昇。早期の利上げ観測から米株が続落したのを受け、ドル建て日経平均は9:00に255.03㌦と寄付き後、米金利が上昇しインフレ警戒感や資源価格急騰から同時刻で254.96㌦迄一時下げ、最安値更新を迎えたが、米株時間外取引での上昇を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:24の257.21㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎え、11:30には前日比0.74㌦安の257.13㌦迄戻売され、11:35には前日比0.74㌦安の257.13㌦迄戻売された。後場では12:30に257.17㌦で開始したが、半導体銘柄が安く資源高から来るインフレ警戒感や賃金期待上昇率の悪化から売仕掛の裁定解消売が入り13:41には256.44㌦迄下げ幅拡大したがMSCI銘柄入替やオプションSQ算出、さらに中国不動産動向での上方修正期待から売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:34には257.01㌦迄買戻すが揉合い後、15:00には前日比0.89㌦安の256.98㌦迄買戻されたが、引けではオプション11月物は「コール」は買いが目立ち、「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比0.96㌦安の256.91㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.25㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で42.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.29倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲4.46%、騰落レシオは93.10%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月10日


11月10日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix、日経平均及びTopix先物は続落した。新興株10日の日経ジャスダック平均は続落したが東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。連日最高値を更新していた米株の売り注文が先行し、ドル建て日経平均は9:00に258.69㌦と寄付き後、9:11には258.22㌦と一時下げはしたが、朝方好決算銘柄買い先行で売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:18の259.59㌦迄買戻され最高値更新しプラスに転じるが続かず、中国インフレ進行で、景気悪化に加え物価上昇を指すスタグフレーションで株価が重く賃金期待上昇が過剰状況に陥った事から売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比1.04㌦安の258.67㌦迄戻売され、11:35には前日比0.99㌦安の258.72㌦迄戻売された。後場では12:30に258.33㌦で開始したが、中国不動産リスクで裁定解消売増を迎え12:54の257.78㌦迄戻り売りされたが、持高解消狙いで売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:01に258.29㌦迄買戻されるが卸売物価が最大となった中国株安や時間外のNYダウ先物が軟調等も響き売仕掛の裁定解消売が入り14:59には257.63㌦迄下げ幅拡大し下げ幅が2㌦超拡大し、最安値更新を迎えた処で割安感から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比1.86㌦安の257.85㌦迄買戻されたが、引けではオプション11月物は「コール」は売られ、「プット」は買いが目立った状況で15:15には前日比1.84㌦安の257.87㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.96㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で43.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.24倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲3.01%、騰落レシオは94.64%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月9日


11月09日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix、日経平均及びTopix先物は続落した。新興株09日の日経ジャスダック平均は続落したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米株最高値更新。しかし、買いは続かず、ドル建て日経平均は9:00に260.99㌦と寄付き後、朝方買い先行で売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:09に前日比1.16㌦を超える262.79㌦を付け、最高値更新上昇で始まるも続かず、売仕掛の裁定解消売が入り11:00に260.86㌦迄下げ幅拡大したが切返し、11:30には前日比1.03㌦高の261.28㌦迄買戻され、11:35には前日比1.48㌦高の261.38㌦迄買戻された。後場では12:30に261.31㌦で開始したが、「18歳以下の給付金で所得制限」という報道で売仕掛の裁定解消売が入り12:55に259.20㌦を付け、最安値更新を迎えたが今晩の米10月生産者物価指数(PPI)や明日の米10月消費者物価指数(CPI)を見極めたいとの思惑から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、13:35には260.07㌦迄買戻されるが「恐怖指数」と呼ばれるVIX指数が上昇傾向を受け売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比0.12㌦安の259.71㌦迄戻売されたが、引けではオプション11月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買いが目立った状況で15:15には前日比0.12㌦安の259.71㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.59㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.45倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲5.15%、騰落レシオは90.36%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月8日


11月08日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix、日経平均及びTopix先物は続落した。新興株08日の日経ジャスダック平均は続落したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。市場予想を上回った雇用統計を受けて三指数揃って米株は最高値を更新。ドル建て日経平均は9:00に262.05㌦と朝方買い先行で前日比1.59㌦を超える最高値更新上昇で始まるも、中国恒大集団が6日に期日を迎えたドル建て社債の利払い見送りとの指摘も聞かれ、また、現物市場では引け後に指数寄与度の大きいソフトバンクGの決算発表が控えていたこともあり、売仕掛の裁定解消売が入り10:26に259.91㌦迄下げ幅拡大したが好決算銘柄をうけ売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.02㌦安の260.50㌦迄買戻され、11:35には前日比0.04㌦安の260.48㌦迄買戻された。後場では12:30に260.35㌦で開始したが、香港ハンセン指数や時間外取引の米株価指数先物が軟調に推移する中、手仕舞い売りを含めた売仕掛の裁定解消売が入り13:13に259.74㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、コロナによる死者数が1年3カ月ぶりにゼロとなったことを手掛かりに、ANAホールディングス等の空運やエイチ・アイ・エス等の旅行関連といった経済再開銘柄群に売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:27に260.25㌦迄買戻されたが戻待ちの売りが入り、15:00には前日比0.69㌦安の259.83㌦迄買戻されたが、引けではオプション11月物は「コール」は下落、「プット」も下落した状況で15:15には前日比0.69㌦安の259.83㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.31㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.54倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲7.67%、騰落レシオは93.73%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月5日


11月05日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix、日経平均及びTopix先物は反落した。新興株05日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米国雇用統計控え反落となり259㌦を維持した格好。欧米金利低下した中でナスダック総合指数は最高値更新を手掛かりに、ドル建て日経平均は9:00に262.15㌦と小高く寄付後、寄付高値形成となり天井化し売仕掛の裁定解消売が入り10:08に260.27㌦迄下げ幅拡大したが売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:25に261.08㌦を付け下げ幅縮小後山を形成したが続かず、売仕掛けの裁定解消売が入り、11:30には前日比0.60㌦安の260.34㌦迄戻売され、11:35には前日比0.58㌦安の260.36㌦迄戻売された。後場では12:30に260.26㌦で開始したが、寄付きから軟調であった中国株や香港株も重しとなり売仕掛の裁定解消売が入り12:44に259.61㌦となり最安値更新を迎え、節目の259㌦付近では罫線図でいう逆三尊の形を読み取った巨大機関投資家達が売仕掛け解消の裁定解消買を入れ、15:00には前日比0.39㌦安の260.55㌦迄買戻され後場高値更新を迎えたが、引けではオプション11月物は「コール」は値下がりが目立ち、「プット」は上昇した状況で15:15には前日比0.42㌦安の260.52㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.64㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.79倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲08.95%、騰落レシオは89.09%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月4日


11月04日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均は続伸し、日経平均先物、Topix、日経平均及びTopix先物は反発した。新興株04日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。連邦公開市場委員会では予想通り量的緩和の縮小開始が決定。パウエル連邦準備理事会(FRB)議長は 「インフレは一時的」との見方や利上げへの慎重姿勢を再表明。総じてハト派的な内容と受け止められ、米株上昇し史上最高値を迎える。この傾向から、ドル建て日経平均は9:00に261.78㌦と寄付後、9:01に261.22㌦迄下げ幅拡大したが売仕掛け解消の裁定解消買が半導体関連に入り9:05に262.02㌦を付け最高値更新を迎えた。オペック等を意識し上値が重くなり川崎汽船決算を受け海運銘柄等に売仕掛の裁定解消売が入り11:04に260.34㌦を付け後、節目である260㌦は底値が堅く切返し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比1.20㌦高の260.88㌦迄買戻され、11:35には前日比1.29㌦高の260.97㌦迄買戻された。後場では12:30に260.43㌦で開始したが、売仕掛の裁定解消売が入り12:46に260.23㌦となり最安値更新を迎え、13:02に260.63㌦を付け買戻されたが「米上院投票、議案入りに失敗」等の報道で売仕掛の裁定解消売が入り13:51には260.25㌦を付け下げ幅拡大したがここで逆三尊の形を読み取った巨大機関投資家達が売仕掛け解消の裁定解消買を入れ、15:00には前日比1.28㌦高の260.96㌦迄買戻され後場高値更新を迎えたが、引けではオプション11月物は「コール」が総じて上昇し「プット」は下落した状況で15:15には前日比1.26㌦高の260.94㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.79㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で39.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.19倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲10.97%、騰落レシオは90.94%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月2日


11月02日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均は続伸したが、日経平均先物、Topix、日経平均及びTopix先物は反落した。新興株02日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米株連日で最高値更新したが、ドル建て日経平均は9:00に258.23㌦と寄付後同時刻に258.20㌦と下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、258㌦は底値が堅く売仕掛け解消の裁定解消買が入り揉合い後11:26に259.65㌦を付け前場引け直前高値を迎えその後、11:30には前日比0.02㌦安の259.54㌦迄買戻され、11:35には前日比0.08㌦高の259.59㌦迄買戻された。後場では12:30に259.02㌦で開始したが、新政権による経済対策への期待や現物株市場での好業積銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り、明日3日が文化の日の祝日で休場となる上、同日の米国で連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表が控えていることから揉合い後、14:42に259.77㌦を付け最高値更新を迎えたが14:56には259.36㌦迄下げ幅拡大後切返し、15:00には前日比0.12㌦高の259.68㌦迄買戻され、引けではオプション11月物は「コール」は売られ、「プット」は高安まちまちだった状況で15:15には前日比0.12㌦高の259.68㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.57㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で41.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.22倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲8.23%、騰落レシオは82.79%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

11月1日


11月01日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix及び日経平均は続伸したがTopix先物は反発した。新興株01日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。先週末の米株価が続伸。衆院選で自民党が単独で絶対安定多数を手に入れた事も安心感に繋がり、ドル建て日経平均は9:00に256.76㌦と寄付後9:02に256.21㌦と下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、256㌦は底値が堅く売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:00に259.49㌦を付けたが香港ハンセン指数が軟調推移を横目に売仕掛の裁定解消売が入り10:27に258.28㌦を付けたが好業績銘柄の発表等を受け切返し、売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:12に259.29㌦を付け戻待ちの売りに会い、11:30には前日比4.54㌦高の258.92㌦迄買戻され、11:35には前日比4.56㌦高の258.94㌦迄買戻された。後場では12:30に258.60㌦で開始したが、好循環銘柄に売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:06に258.96㌦を付け揉合い13:26には258.49㌦を付けたが、ソウル市場が反発して韓国の輸出は大幅増加し引けた事を受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比5.33㌦高の259.71㌦迄買戻され最高値更新後に同時刻に前日比5.05㌦高の259.53㌦を付け後、引けではオプション11月物は「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比5.18㌦高の259.56㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.50㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で38.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.32倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲9.52%、騰落レシオは86.10%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月29日


10月29日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix及び日経平均は反発したがTopix先物は続落した。新興株29日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ナスダック総合指数が1か月半ぶりに最高値を更新するも米株高にも係らず、ドル建て日経平均は9:00に253.68㌦と寄付後9:03に254.01㌦と最高値更新を迎えたが、引け後に決算 を発表したアップル、アマゾンが揃って時間外取引で売られていたこともあり、朝方、売仕掛の裁定解消売が入り9:36に250.96㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが切返し、9:44に252.10㌦迄買戻されるも10:21に251.01㌦迄下げ幅拡大した処で罫線図上の日足では「逆三尊」を形成した事に気付いた巨大機関投資家の一部には売仕掛け解消の裁定解消買を入れた事から11:20には昨日の終値迄買戻されたが戻待ちの売りに会い、11:30には前日比0.29㌦安の253.58㌦迄買戻され、11:35には前日比0.24㌦安の253.63㌦迄買戻された。後場では12:30に255.02㌦で開始したが、勢いは継続し12:30に255.17㌦迄買戻され最高値を更新したがただ、週末・月末要因が重なり、 政治イベントもあるだけに、買戻しが一巡すると、売仕掛の裁定解消売が入り14:10には253.63㌦迄下げ幅拡大したが、中国株が後場反発を横目に巨大機関投資家が持高を整理するための売仕掛け解消の裁定解消買も入り、15:00には前日比0.35㌦高の254.22㌦迄買戻され、引けではオプション11月物は「コール」は高安まちまち、「プット」は売りが目立った状況で15:15には前日比0.51㌦高の254.38㌦迄買戻され引けた。高安値幅は4.21㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で40.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.08倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲1.65%、騰落レシオは78.86%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月28日


10月28日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、TopixとTopix先物及び日経平均は続落した。新興株28日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。前日の米国市場はまちまち。ダウは4日ぶり、SP500は3日ぶりの反落。ナスダックはほぼ横這いの傾向を受け、ドル建て日経平均は9:00に253.77㌦と寄付後、日経平均での寄与度の高い値嵩ハイテク銘柄に売仕掛けの裁定解消売が入り9:12に252.15㌦を付け最安値更新を迎えたが、「米インテルが新半導体、スパコン処理速度二倍」との報道から売仕掛け解消の裁定解消買が入り11:17に254.42㌦を付け最高値更新を迎えたが戻待ちの売りに会い、11:30には前日比1.48㌦安の253.72㌦迄戻売され、11:35には前日比1.41㌦安の253.79㌦迄戻売された。後場では12:30に253.44㌦で開始したが、中国上海総合指数が大きく下げていたことを受け12:36には253.30㌦迄下げ幅拡大したがTopix浮動株比率の駆け引きの影響から売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:17には254.34㌦迄買戻されたが戻待ちの売りに会い、15:00には前日比1.44㌦安の253.76㌦迄戻売され、引けではオプション11月物は「コール」は総じて売られ「プット」は買いが目立った状況で15:15には前日比1.33㌦安の253.87㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.27㌦になり空売り比率は33~55%のレンジ相場間売買で54.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.99倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲0.78%、騰落レシオは85.40%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月27日


10月27日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、TopixとTopix先物及び日経平均は反落した。新興株27日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落したがSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。NYダウは連日で最高値を更新する等、米株揃って上昇。これを支えに、ドル建て日経平均は9:00に254.33㌦と寄付後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:05に255.18㌦を付け朝方小幅高の処もありましたが昨日迄4㌦以上上昇していた事に加え、香港ハンセン指数も軟調な状況を受け売仕掛の裁定解消売が入り10:52に253.09㌦迄下げ幅拡大したが、値嵩ハイテク株等に好決算銘柄がある事から売仕掛解消の裁定解消買が入り11:15の253.89㌦迄買戻され、11:30には前日比1.94㌦安の253.71㌦迄買戻され、11:35には前日比1.89㌦安の253.76㌦迄買戻された。後場では12:30に253.73㌦で開始したが、日本を代表する日経平均への寄与度が増大している銘柄群を空売りしていた巨大機関投資家が売仕掛け解消の裁定解消買を行って持高解消に入ったために、15:00には前日比0.61㌦安の255.04㌦迄買戻され、引けではオプション11月物は「コール」は売られ、「プット」は買いが優勢だった状況で15:15には前日比0.45㌦安の255.20㌦迄買戻され最高値更新を迎え引けた。高安値幅は2.11㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.12倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲3.63%、騰落レシオは81.04%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月26日


10月26日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、TopixとTopix先物及び日経平均は反発した。新興株26日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。好決算の期待から米株揃って上昇し、ボラティリティが落着き、ドル建て日経平均は9:00に254.33㌦と寄付後、日本を代表する住友化学格下げを受け売仕掛の裁定解消売が入り9:02に254.05㌦となり最安値更新を迎えたが、衆院選で自民党が単独過半数を取れると一部で報道されたのを受け売仕掛け解消の裁定解消買が入り10:40には256.02㌦迄上昇し最高値更新を迎えたが、決算前の様子見ムードから売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比3.67㌦高の255.58㌦迄買戻され、11:35には前日比3.62㌦高の255.53㌦迄買戻された。後場では12:30に255.58㌦で開始したが、テスラやアップル等からの引き合いで売仕掛け解消の裁定解消買が入り13:04に255.80㌦迄上げ幅拡大したが揉合い後13:59に255.42㌦を付けたが、日本郵政の売出価格が前日に決定した事で目先の需給悪化懸念が緩和された事も手伝い、巨大機関投資家により売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:31に255.82㌦迄上げ幅拡大したが続かず戻り売りが入り、15:00には前日比3.47㌦高の255.38㌦迄戻売され、引けではオプション11月物は「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比3.74㌦高の255.65㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.97㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.16倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲3.67%、騰落レシオは77.91%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月25日


10月25日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、TopixとTopix先物及び日経平均は反落した。新興株25日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。先週末のNYダウは最高値を出した一方でナスダック総合指数は反落。ドル円上昇一服、原油高等重しになり、ドル建て日経平均は9:00に250.98㌦と寄付安後、朝方10月のサービス業購買担当者景気指数(PMI)が上昇し支援材料となり、売仕掛け解消の裁定解消買が入り9:54に252.18㌦迄下げ幅縮小し最高値更新を迎えたが、空売り比率44%で252㌦越えは難しく自民党が前日の参議院静岡選挙区の議席数を減らした事により衆院選への警戒感を誘い、テーパリング前で先行き不透明感が発生し、オプション建玉では28,000円プットや28,000円以上のコールを売る事で損失回避する持高調整をする巨大機関投資家もいる事から売り圧力になり売仕掛の裁定解消売が入り、11:15には250.63㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが切返し、11:30には前日比1.86㌦安の250.94㌦迄買戻され、11:35には前日比1.94㌦安の250.86㌦迄買戻された。後場では12:30に251.64㌦で開始したが、本日までの原油高騰に対する原油急落を予想し、スナップやインテルの失望的な決算により通信サービス株や情報技術株に裁定解消売りが入りさらに、日本では岸田新政権に対する不透明感から売仕掛の裁定解消売が入り14:41には251.09㌦迄下げ幅拡大したが、業績予想を上方修正した銘柄には売仕掛解消の裁定解消買が入り切返し、日米の主要決算等を前にした様子見ムードから売の持高を解消する売仕掛け解消の裁定解消買が入り、14:59には252.04㌦迄下げ幅縮小したが続かず戻り売りに会い、15:00には前日比1.02㌦安の251.78㌦迄戻売され、引けではオプション11月物は「コール」は総じて売られ「プット」は総じて買われた状況で15:15には前日比0.89㌦安の251.91㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.55㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.96倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽1.74%、騰落レシオは76.39%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月22日


10月22日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、日経平均先物、TopixとTopix先物及び日経平均は反発した。新興株22日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。昨日6㌦以上急落したドル建て日経平均でしたが、ドル建て日経平均は9:00に251.04㌦で寄付後、朝方、0.56㌦程下がるも9:15に250.48㌦となり最安値更新を迎えたが、中国の恒大集団ドル建て債デフォルト回避報道が手掛かりとなり250㌦を割込む事無く売仕掛解消の裁定解消買が入りプラスに転じ、一時上げ幅3㌦以上に迫り10:36に254.00㌦を付け前場高値更新となったが、戻待ちの売りに会い、11:30には前日比1.58㌦高の253.32㌦迄買戻され、11:35には前日比1.61㌦高の253.35㌦迄買戻された。後場では12:30に253.82㌦で開始し12:31に254.02㌦を付け最高値更新を迎え天井化したが、本日までの原油高騰に対する原油急落を予想しさらに日本では岸田新政権に対する不透明感から売仕掛の裁定解消売が入り13:41には252.24㌦迄下げ幅拡大したが切返しの揉合いが入り14:32に252.82㌦迄買戻したが続かず、ただ昨日迄1週間ぶりに下回った254㌦手前で伸び悩む格好となり、15:00には前日比0.93㌦高の252.67㌦迄買戻され、引けではオプション11月物は「コール」は高安まちまちで、「プット」は下落した状況で15:15には前日比1.06㌦高の252.80㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.54㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で47.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.04倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲0.17%、騰落レシオは77.27%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月21日


10月21日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均だけは続落したが、日経平均先物、TopixとTopix先物及び日経平均は反落した。新興株21日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。原油高が続いてインフレ観測から米国の長期金利が上昇。ナスダックが6日振りに反落。ドル建て日経平均は9:00に254.87㌦で寄付後、朝方、半導体大手の蘭ASML社の決算が悪化した事を受けフィラデルフィア半導体指数も下落し日本へも波及し売仕掛の裁定解消売が入り9:04には254.19㌦迄下げ幅拡大したが前場寄付き時に堅調であった香港株動向や米FDAがモデルナとJ&Jワクチン緊急使用承認等を受け、売仕掛解消の裁定解消買が入り、10:37には255.60㌦を付け最高値更新を迎え揉合い下げ渋る展開と繋がり、11:30には前日比0.37㌦安の255.13㌦迄戻売され、11:35には前日比0.37㌦安の255.13㌦迄戻売された。後場では12:30に254.88㌦で開始したが、恒大集団の子会社売却問題による香港株での大幅下落に加え時間外の米株価指数先物の下落を受け売仕掛の裁定解消売が入り14:44に251.67㌦迄下落し最安値更新を迎えたが切返し14:33に252.20㌦迄買戻されるが持高解消が入り、15:00には前日比3.70㌦安の251.80㌦迄戻売され、引けではオプション11月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比3.76㌦安の251.74㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.93㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.05倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽1.03%、騰落レシオは73.60%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月20日


10月20日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均だけは反落したが、日経平均先物、TopixとTopix先物及び日経平均は続伸した。新興株20日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。好決算に影響を受けた米株高を手掛かりに、ドル建て日経平均は9:00に256.55㌦で寄付後買い優勢を受け9:03に257.19㌦を付け後失速し9:21で256.27㌦迄下げ幅拡大したが、売仕掛解消の裁定解消買が値嵩成長材料株に入り9:57で257.32㌦迄押上げた処で最高値更新を迎えたが、20日移動平均線と60日移動平均線がデッドクロスする心理的な節目258㌦に到達直前で原油高による悪い円安や中国石炭先物急落を嫌気した影響を考慮して売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比0.67㌦安の255.49㌦迄戻売りされ、11:35には前日比0.65㌦安の255.51㌦迄戻売された。後場では12:30に255.86㌦で開始したが、香港株の大幅株高等を手掛かりに成長銘柄に売仕掛解消の裁定解消買が入り13:03に256.17㌦迄上昇し後場高値更新を迎えたが、時間外取引で米株先物が軟化したのを受け、売仕掛の裁定解消売が入り14:25に255.12㌦となり最安値更新を迎えたが、今月末からの国内企業決算の本格化や衆院選投開票に様子見姿勢をとるために売仕掛解消の裁定解消買が入り14:58に255.50㌦迄値を戻したが、15:00には前日比0.77㌦安の255.39㌦迄戻売され、引けではオプション11月物は「コール」に値上がりが目立ち、「プット」は下落した状況で15:15には前日比0.66㌦安の255.50㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.20㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.24倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲4.44%、騰落レシオは81.96%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月19日


10月19日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、日経平均先物、TopixとTopix先物、ドル建て日経平均及び日経平均は反発した。新興株19日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米ナスダック総合指数の4日続伸や中国等の株高等を手掛かりに、ドル建て日経平均は9:00に254.78㌦で寄付後失速し同時刻で254.45㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、日足の一目均衡表の転換線が上向き底堅くなり一目均衡表の雲が下支えし企業業績を待つ状況から売仕掛解消の裁定解消買が半導体関連に入り9:35に255.81㌦を付け、中国7-9月期国内総生産が市場予想を下回り原油先物が高水準迄上昇しインフレ懸念から売仕掛の裁定解消売が入り9:55に254.69㌦迄下げ幅拡大したが原油高から海運株に売仕掛解消の裁定解消買が入り切返し11:15に255.95㌦迄買戻され戻待ちの売りに会い、11:30には前日比1.74㌦高の255.76㌦迄買戻され、11:35には前日比1.76㌦高の255.78㌦迄買戻された。後場では12:30に255.79㌦で開始したが、米長期金利が1.6%近辺を上限に頭打ちとなったため、前月から金利上昇が向かい風となって値を崩したグロース銘柄に売仕掛解消の裁定解消買が海運株等に入り12:40に256.48㌦迄上昇し最高値更新を迎えたが、資源価格の高騰がしばらく続く懸念から売仕掛の裁定解消売が入り14:38には255.56㌦迄下げ幅拡大したが中国当局による景気対策への期待の高まりから香港・中国株が堅調に推移した事が巨大機関投資家心理の下支えになり売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比2.11㌦高の256.13㌦迄買戻しされ、引けではオプション11月物は「コール」に値上がりが目立ち、「プット」は下落した状況で15:15には前日比2.14㌦高の256.16㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.03㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.22倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲3.93%、騰落レシオは86.70%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月18日


10月18日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均先物、TopixとTopix先物、ドル建て日経平均及び日経平均は反落した。新興株18日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。先週の米国株価は上昇したが米金利上昇で国債先物売り先行し、ドル建て日経平均は9:00に254.49㌦で寄付後、「最大規模のARKETF等が買上昇過剰となった処でヘッジ的な売仕掛の裁定解消売が入った」との観測が流れ日本相場にもヘッジ的な売仕掛の裁定解消売が入り、9:19に253.30㌦迄下幅拡大し最安値更新を迎えたが、ゴールドマン好決算を迎え原油高騰を受け売仕掛解消の裁定解消買が金融関連株や資源関連株に入り堅調と練り9:54に255.09㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが、中国GDP、中国電力不足、中国工業生産高の鈍化などで売仕掛の裁定解消売が入り10:46に253.57㌦迄下げ幅拡大したが中国小売売上高は上回ったのを受け売仕掛解消の裁定解消買が入り11:13に254.57㌦を付け後戻待ちの売りに会い、11:30には前日比0.75㌦安の254.14㌦迄買戻され、11:35には前日比0.82㌦安の254.07㌦迄買戻された。後場では12:30に253.58㌦で開始したが、12:36に253.81㌦迄上昇した処で、時間外取引で米株先物が軟化した事から売仕掛の裁定解消売が入り13:08に253.33㌦迄下が幅拡大したが、新型コロナウイルスの感染減を背景に経済が正常化に向かう見方が強まり、売仕掛解消の裁定解消買が入り14:26には254.01㌦迄上昇し一旦は14:47に253.52㌦を付けたものの売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比0.95㌦安の253.94㌦迄買戻しされ、引けではオプション11月物は「コール」は売られ、「プット」は買いが目立った状況で15:15には前日比0.87㌦安の254.02㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.79㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.20倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲1.85%、騰落レシオは91.97%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月15日


10月15日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、日経平均先物、TopixとTopix先物、ドル建て日経平均及び日経平均は続伸した。新興株15日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米国の卸売物価指数が鈍化して米国の長期金利が低下した中、米株が揃って大幅に上昇、ドル円が3年ぶりに高値水準になった事も追い風に、ドル建て日経平均は9:00に252.91㌦で寄付後、「最大規模のARKETF等が買上昇過剰となった処でヘッジ的な売仕掛の裁定解消売が入った」との観測が流れ日本相場にもヘッジ的な売仕掛の裁定解消売が入った為、9:28に252.29㌦迄下幅拡大し最安値更新を迎えたが、ナスダック総合指数も続伸して米株が揃って強い流れからこれに伴い売仕掛解消の裁定解消買が半導体やハイテク銘柄等に入り11:24には254.29㌦を付け前場高値更新となり、11:30には前日比2.38㌦高の254.04㌦迄買戻され、11:35には前日比2.35㌦高の254.01㌦迄買戻された。後場では12:30に254.13㌦で開始したが、本日米国トリプルウィッチングでもありハイテク株に売仕掛解消の裁定解消買が入りさらに上値を追う形になり12:30に254.32㌦迄下げ幅縮小し押上げられたが続かず、売仕掛の裁定解消売が入り13:39に253.82㌦迄下げ幅拡大した所で前日のperが13倍割れで、時間外の米株価指数先物が下げ幅を縮めた事から売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比3.01㌦高の254.67㌦迄買戻しされ、引けではオプション11月物は「コール」は総じて買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比3.23㌦高の254.89㌦迄買戻され最高値更新を迎え引けた。高安値幅は2.65㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.20倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲2.21%、騰落レシオは89.23%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月14日


10月14日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、日経平均先物は続伸したが、TopixとTopix先物、ドル建て日経平均及び日経平均は反発した。新興株14日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米国市場で長期金利が低下した事を背景に、ドル建て日経平均は9:00に249.46㌦で寄付後、ヘッジ的な売仕掛の裁定解消売が入った為、9:02に249.91㌦迄下幅拡大し最安値更新を迎えたが、ナスダック総合指数が4日ぶりに反発してこれに伴い売仕掛解消の裁定解消買が半導体やハイテク銘柄に入り9:30には251.41㌦を付け前場高値更新となったが原油価格上昇による業績悪化懸念で続かず、売仕掛の裁定解消売が入り11:00には250.03㌦迄下げ幅拡大したが東エレク一銘柄で70円分押上、11:30には前日比2.46㌦高の250.47㌦迄買戻され、11:35には前日比2.48㌦高の250.49㌦迄買戻された。後場では12:30に250.52㌦で開始したが、明日米国トリプルウィッチングでもありハイテク株に売仕掛解消の裁定解消買が入りさらに上値を追う形になり12:45に251.65㌦迄下げ幅縮小し押上げられたが資源株や金融株が軟調である事から、売仕掛の裁定解消売が入り13:49に250.74㌦を付けた処で解散日か ら衆院選投開票日までは株高になり易いアノマリーなども意識され、売仕掛解消の裁定解消買が入り14:59に251.68㌦を付け最高値更新を迎えたが、15:00には前日比3.49㌦高の251.50㌦迄買戻しされ、引けではオプション11月物は「コール」は総じて買われ「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比3.65㌦高の251.66㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.47㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.97倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽3.27%、騰落レシオは86.83%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月13日


10月13日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均先物は小反発したが、TopixとTopix先物、ドル建て日経平均及び日経平均は続落した。新興株13日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。IMFが米国や世界の経済見通しを引下げた事で米株が3日続落。前の日の米株安を受けて、ドル建て日経平均は9:00に247.38㌦で寄付後、ヘッジ的な売仕掛の裁定解消売が入った為、9:06に246.59㌦迄下幅拡大し最安値更新を迎えたが、米国の下院で債務上限拡大法案を可決でデフォルト回避から売仕掛解消の裁定解消買が入り10:00には249.91㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが続かず香港市場は台風により休止でヘッジ市場の日本相場で売仕掛の裁定解消売が入り10:29に248.17㌦迄下げ幅拡大後円安からの短期リバウンドの売仕掛解消の裁定解消買が入り10:43には248.95㌦迄買戻されたが戻待ちの売りが入り、11:30には前日比0.83㌦安の248.49㌦迄戻売され、11:35には前日比1.01㌦安の248.31㌦迄買戻された。後場では12:30に248.69㌦で開始したが、明日のCPI等の経済指標や14日の解散総選挙へ向けての持高解消を睨み売仕掛の裁定解消売が入り14:49に247.96㌦迄下げ幅拡大したが、15:00には前日比1.31㌦安の248.01㌦迄買戻しされ、引けではオプション11月物は「コール」は売りが目立ち、「プット」は高安まちまちだった状況で15:15には前日比1.31㌦安の248.01㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.32㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.88倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽7.71%、騰落レシオは89.74%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月12日


10月12日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix、日経平均先物とTopix先物、ドル建て日経平均及び日経平均は反落した。新興株12日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。景気減速への懸念等から米株が続落した事に加え原油高円安の進行からコスト増も懸念され、ドル建て日経平均は9:00に251㌦で寄付後、同時刻に251.15㌦を付け寄付き天井となり最高値更新を迎えたが続かず、ヘッジ的な売仕掛の裁定解消売が入った為、10:10に248.51㌦迄下幅拡大し最安値更新を迎えたが、割安感から商品系の材料株に売仕掛解消の裁定解消買が入り11:06に249.64㌦迄戻されたが戻待ちの売に会い11:29に249.10㌦迄下げ幅拡大すると、11:30には前日比3.73㌦安の249.20㌦迄買戻され、11:35には前日比3.73㌦安の249.20㌦迄買戻された。後場では12:30に249.64㌦で開始したが、中国株や香港株に加え時間外米株価指数先物が下落したのを受け売仕掛の裁定解消売が入り13:39には248.61㌦を付けるも円安に加え14日の衆院解散に向けて持高解消が狙われ売仕掛解消の裁定解消買が入る事で、14:39には249.65㌦迄買戻されるも原油高円安から来る金利先高観や景気後退懸念から戻待ちの売りや売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比3.77㌦安の249.16㌦迄買戻しされ、引けではオプション11月物は「コール」が売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比3.61㌦安の249.32㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.64㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.94倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽6.97%、騰落レシオは96.48%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月11日


10月11日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix、日経平均先物とTopix先物、ドル建て日経平均及び日経平均は続伸した。新興株11日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。先週金曜日のNY市場が反落した流れを受けまして、ドル建て日経平均は9:00に249.19㌦で寄付、朝方は売り物がちになった為、ヘッジ的な売仕掛の裁定解消売が入り9:01に248.45㌦迄下落し最安値更新を迎えたが、岸田新内閣による「金融所得課税見直し撤回」報道から売仕掛解消の裁定解消買が入り、10:41には254.37㌦迄下げ幅縮小し最高値更新を迎えたが揉み合い後、11:30には前日比2.71㌦高の253.37㌦迄買戻され、11:35には前日比2.75㌦高の253.41㌦迄買戻された。後場では12:30に252.97㌦で開始したが、中国の不動産信託商品、9月調達が急減、恒大集団問題等が響き売仕掛の裁定解消売が入り12:53に252.39㌦迄下げ幅拡大したが切返し、巨大機関投資家の中で財制出動の効果を先取りした者もいる事から売仕掛解消の裁定解消買が入り14:58には一時的に252.80㌦迄下げ幅拡大したが、15:00には前日比2.16㌦高の252.82㌦迄買戻しされ、引けではオプション11月物は「コール」は買いが目立ち、「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比2.27㌦高の252.93㌦迄買戻され引けた。高安値幅は5.92㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.01倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽4.33%、騰落レシオは107.29%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月8日


10月08日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topixは反発したが、日経平均先物とTopix先物、ドル建て日経平均及び日経平均は続伸した。新興株08日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米株の3日続伸、ドル円上昇等を受けまして、SQ日である本日、ドル建て日経平均は9:00に251.06㌦で寄付、「恐怖指数」とされる米株の変動性指数が20を下回り巨大機関投資家心理が改善したのを受け売仕掛解消の裁定解消買が入り、9:06の252.37㌦迄上げ幅拡大したが上値が重く戻待ちの売りから9:21に250.96㌦迄下落したが中国・上海株が上昇し香港株も続伸を受け、売仕掛解消の裁定解消買が入り、10:48に253.23㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えSQ値が251.17㌦に達した。ここで戻待ちの売りが入り11:26に252.60㌦迄下げ幅拡大したが切返しが入り、11:30には前日比4.41㌦高の252.73㌦迄買戻され、11:35には前日比4.45㌦高の252.77㌦迄買戻された。後場では12:30に252.40㌦で開始したが、世界的なインフレ懸念や電力下足の問題が燻る中、岸田新政権の所信表明が不発に終わり、また今晩の米雇用統計の発表を控えて様子見となる事から、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比2.31㌦高の250.63㌦迄戻売され、引けではオプション11月物は「コール」に値上がりが目立ち、「プット」は下落した状況で15:15には前日比2.34㌦高の250.66㌦迄戻売され最安値更新を迎え引けた。高安値幅は2.57㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で45.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.74倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽8.94%、騰落レシオは100.04%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月7日


10月07日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topixは続落したが、日経平均先物とTopix先物、ドル建て日経平均及び日経平均は反発した。新興株07日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。原油価格の上昇が一服してインフレ懸念が一先ず安らいだ事から米株が続伸。ドル建て日経平均は9:00に248.39㌦で寄付、戻待ちの売りから9:05に247.98㌦を付け、最安値更新を迎えたが、米国長期金利と原油高一服を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り11:15に251.25㌦迄買戻され、11:30には前日比4.69㌦高の251.05㌦迄買戻され、11:35には前日比4.71㌦高の251.07㌦迄買戻された。後場では12:30に250.05㌦で開始し、イオン決算悪化を受け小売株の下落加速、政治的期待剥落や経済再開銘柄売を引き金に売仕掛の裁定解消売が入り13:49に248.12㌦迄下げ幅拡大したが、「自民が衆院選で過半数議席獲得後年末盛り上がる」との観測報道で売仕掛解消の裁定解消買が入り14:05に249.31㌦迄上昇したが続かず、日銀さくらレポートの「景気判断引下げ」報道を受け売仕掛の裁定解消売が入り14:55には248.05㌦迄下げ幅拡大したが、15:00には前日比1.94㌦高の248.30㌦迄買戻され、引けではオプション10月物は「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比1.96㌦高の248.32㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.27㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で46.0%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.58倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽12.85%、騰落レシオは98.64%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月6日


10月06日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均先物とTopix先物、ドル建て日経平均、Topix及び日経平均は続落した。新興株06日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米株の反発を受けて、ドル建て日経平均は9:00に251.49㌦で寄付、9:35に252.80㌦迄裁定買が入り前日比2.45㌦迄上昇し最高値更新を迎えたが、NY原油が4日続伸して7年ぶりの高値を付ける中ニュージーランド中銀が7年ぶりに利上げを決定すると米長期金利が時間外でさらに上昇、米株先物も下落し、これも響きドル建て日経平均も日経平均先物に連動し売仕掛の裁定解消売が入り10:53に246.31㌦迄下げ幅拡大したが11:00には247.85㌦迄買戻されたが日経平均型の弱さが目立ちNT倍率が1年ぶりの低水準となり売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比3.50㌦安の246.85㌦迄戻売され、11:35には前日比3.50㌦安の246.85㌦迄戻売された。後場では12:30に245.24㌦で開始し、12:56には246.65㌦迄買戻されたが、中国での電力不足やコモディティ価格高騰を背景とした世界的なインフレ懸念から売仕掛の裁定解消売が入り13:42の244.35㌦迄下げ幅拡大したがコロナ薬品の話題等材料株に売仕掛解消の裁定解消買が入り14:20に247.41㌦迄買戻されたが時間外のNYダウ先物の軟調さから売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比4.01㌦安の246.34㌦迄買戻され、引けではオプション10月物は「コール」は売られ「プット」は買いが目立った状況で15:15には前日比3.99㌦安の246.36㌦迄買戻され引けた。高安値幅は8.45㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で48.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.58倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽11.56%、騰落レシオは100.30%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月5日


10月05日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均先物とTopix先物、ドル建て日経平均、Topix及び日経平均は続落した。新興株05日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米株安を受け続落となりました。終値で8月30日以来の251㌦割れ。高騰している石炭や液化天然ガスの代替として原油の需要が増えるという見方がある中、昨日のOPECプラスで協調減産幅が維持された事でNY原油は7年ぶりの高値に。インフレによる米金融政策の前倒しやコスト増による企業業績の圧迫懸念もあり、ドル建て日経平均は9:00に252.79㌦で寄付、9:02に252.94㌦迄裁定買が入り最高値更新を迎えたが、中国恒大集団の債務不履行即ち巨額債務問題に注目が行き香港取引所で取引停止を受け寄付き天井化し外部環境の悪化を受け売仕掛の裁定解消売が景気敏感株中心に入り10:35には247.34㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え25日MA下方乖離率を上回った事から押目買いが入り、11:30には前日比7.29㌦安の249.03㌦迄戻売され、11:35には前日比7.33㌦安の248.99㌦迄戻売された。後場では12:30に250.52㌦で開始し、12:52には251.35㌦迄買戻されたが、岸田文雄首相が金融所課税の見直しを検討すると明言したこと等を受け、売仕掛の裁定解消売が入り14:17の249.23㌦迄下げ幅拡大したが下落していた香港ハンセン指数や時間外の米株価指数先物が下げ渋りプラスに転じたことで、売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比6.08㌦安の250.24㌦迄買戻され、引けではオプション10月物は「コール」は値下がりが目立ち、「プット」は買われた状況で15:15には前日比5.97㌦安の250.35㌦迄買戻され引けた。高安値幅は5.60㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で46.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.64倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽11.56%、騰落レシオは106.26%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月4日


10月04日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均先物とTopix先物、ドル建て日経平均、Topix及び日経平均は続落した。新興株04日の日経ジャスダック平均は続落したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米国株の反発を受け、ドル建て日経平均は9:00に261.82㌦で寄付3.12㌦高と最高値更新を迎えたが、中国恒大集団の債務不履行即ち巨額債務問題に注目が行き香港取引所で取引停止を受け寄付き天井化し外部環境の悪化を受け売仕掛の裁定解消売が入り10:55には255.66㌦迄下げ幅拡大し25日MA下方乖離率を上回った事から押目買いが入り、11:30には前日比2.06㌦安の256.64㌦迄戻売され、11:35には前日比2.06㌦安の256.64㌦迄戻売された。後場では12:30に256.44㌦で開始したが、継続して売仕掛の裁定解消売が入り13:23には255.26㌦迄下げ幅拡大したが国内経済正常化への期待感から、内需関連株の一角に売仕掛解消の裁定解消買が入り14:02に256.99㌦迄買戻されたが、米国の債務上限問題や第三四半期世界市場で中国筆頭に弱気転換により売仕掛の裁定解消売が入り14:42の255.76㌦迄下げ幅拡大したが一服感も出て自民党幹事長候補の補正予算発言を受け裁定買が入り、15:00には前日比2.54㌦安の256.16㌦迄買戻され、引けではオプション10月物は「コール」は売られ、「プット」には買いが集まった状況で15:15には前日比2.38㌦安の256.32㌦迄買戻され引けた。高安値幅は6.56㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で47.1%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.82倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽5.13%、騰落レシオは111.50%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

10月1日


10月01日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均先物とTopix先物は反落したが、ドル建て日経平均、Topix及び日経平均は続落した。新興株01日の日経ジャスダック平均は続落したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。インフレ長期化懸念による金融政策や景気の先行きへの不透明感、こうした事柄によりNYダウは大幅に反落。ナスダック総合指数は5日続落となりました。これを嫌気し、ドル建て日経平均は9:00に262.31㌦で寄付後9:41に263.83㌦を付け最高値更新を迎えたが、日米先行き不安や米雇用等経済指標悪化を受け売仕掛解消の裁定解消売が入り、10:50に259.09㌦迄下げ幅拡大し、11:30には前日比3.91㌦安の259.31㌦迄戻売され、11:35には前日比3.84㌦安の259.38㌦迄戻売された。後場では12:30に259.27㌦と安く始まり、供給制約による仕入れのコスト増や停滞懸念が引金で企業業績の下押し懸念も警戒され売仕掛の裁定解消売が入り12:59に258.06㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、日銀短観で市場予想を上回った事を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り14:35には259.31㌦迄買戻されたが時間外取引での米株価指数先物下落に加え岸田新政権による変革期待が高まりにくい評価を受け売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比4.47㌦安の258.75㌦迄戻売され、引けではオプション10月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比4.52㌦安の258.70㌦迄戻売され引けた。高安値幅は5.77㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で48.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.92倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▽1.66%、騰落レシオは114.93%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月30日


9月30日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均先物とTopix先物は反発したが、ドル建て日経平均、Topix及び日経平均は続落した。新興株30日の日経ジャスダック平均は続落したが東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米株がまちまちで金融所得課税の引き上げ検討する岸田氏が自民党総裁選で選出され中国8月鉱工業生産指数が50を下回り不況と判断され、ドル建て日経平均は9:00に264.17㌦で寄付後9:04に264.55㌦を付けたが、売仕掛解消の裁定解消売が入り10:43に262.15㌦迄下げ幅拡大したが本日30日新型コロナ緊急事態宣言が全面解除され次期政権の経済対策期待から売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比1.75㌦安の263.29㌦迄買戻され、11:35には前日比1.82㌦安の263.22㌦迄買戻された。後場では12:30に262.88㌦と安く始まり新内閣による経済対策期待から継続して売仕掛解消の裁定解消買が内需バリュー系に入り14:03に264.64㌦を付け最高値更新を迎えたが大引けにかけて日経平均の大口入替や香港株安も加わり売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比1.53㌦安の263.51㌦迄戻売され、引けではオプション10月物は「コール」、「プット」ともに総じて売られた状況で15:15には前日比1.82㌦安の263.22㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.49㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で46.40%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.68倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲5.59%、騰落レシオは122.99%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月29日


9月29日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、Topix、日経平均、日経平均先物とTopix先物は続落した。新興株29日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。インフレ圧力の高まりから米の長期金利が上昇して欧米株安受け、ドル建て日経平均は9:00に265.53㌦で寄付後、成り行き注文が多い事から9:02に266.20㌦を付け最高値更新を迎え寄付き天井となり、中国上海株の大幅下落を受け売仕掛の裁定解消売が入り11:03に263.13㌦迄下げ幅拡大したが、中国恒大集団が8%高と報道され売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比7.29㌦安の264.07㌦迄戻売され、11:35には前日比7.24㌦安の264.12㌦迄買戻された。後場では12:30に264.36㌦と安く始まり13:02の263.44㌦迄売仕掛の裁定解消売が入り下げ幅拡大したが、自民党総裁選投開票が開始し期待から売仕掛解消の裁定解消買が入り13:40に265.29㌦迄上昇したが巨大機関投資家から知名度がある河野大臣の劣勢が報道されると、巨大機関投資家の中では売仕掛の裁定解消売を入れる者もいる事から14:14に263.25㌦迄下げ幅拡大した。ただ取引終盤にかけては次期政権への経済対策期待から売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比6.32㌦安の265.04㌦迄買戻され、引けではオプション10月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比6.32㌦安の265.04㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.07㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.70%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.79倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲6.84%、騰落レシオは132.86%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月28日


9月28日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、Topix、日経平均、日経平均先物とTopix先物は続落した。新興株28日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米の長期金利が上昇してナスダック総合指数が小幅続落。この傾向から、ドル建て日経平均は9:00に271.65㌦で寄付後、売仕掛解消の裁定解消買が入り9:04の271.93㌦迄買戻され寄付き天井となり最高値更新を迎えた。しかし長続きはせず、米国相場同様にグロース銘柄としての半導体株に加えハイテク株に売仕掛の裁定解消売が入り10:44に270.04㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、原油高や香港株が上昇推移に加え新型コロナウイルスの新規感染者数減少傾向を受けた経済正常化や良好な企業業績期待から売仕掛解消の裁定解消買が入り11:29には271.37㌦迄買戻され、11:30には前日比1.89㌦安の271.35㌦迄戻売され、11:35には前日比1.96㌦安の271.28㌦迄戻売された。後場では12:30に271.24㌦と安く始まり、米連邦政府の債務上限引き上げ問題や中国不動産業の資金繰り問題等の不透明感から再度売仕掛の裁定解消売が入り13:30に270.64㌦を付けた処で下げ渋り9月末の権利付き配当や優待狙いに加え、政府が28日中にも緊急事態宣言の9月末での全面解除を決定する方針等で売仕掛解消の裁定解消買が入り14:50に271.61㌦迄下げ幅縮小し持高調整が入り、15:00には前日比1.81㌦安の271.43㌦迄戻売され、引けではオプション10月物は「コール」は売りが目立ち、「プット」は買いが目立った状況で15:15には前日比1.88㌦安の271.36㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.89㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.08倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲13.85%、騰落レシオは150.44%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月27日


9月27日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、Topix、日経平均、日経平均先物とTopix先物は反落した。新興株27日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。NYダウの3日続伸、ドル円の上昇に加えてコロナ感染者減少で緊急事態宣言が月末で解除される期待から、ドル建て日経平均は9:00に273.36㌦で寄付後同時刻に272.99㌦となり最安値更新を迎えたが、米金利上昇を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り9:06に273.57㌦迄買戻されたが中国人民銀から「暗号資産の取引全面禁止」との報道が切欠で売仕掛の裁定解消売が入り10:05に273.29㌦迄下げ幅拡大。その後新型コロナ感染拡大傾向から縮小へと変化し緊急事態宣言月末解除を受け期末配当増額期待に加え経済正常化期待も認識されたことから売仕掛解消の裁定解消買が入り11:15に274.60㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが原油先物下落を受け売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比0.67㌦高の274.41㌦迄戻売され、11:35には前日比0.70㌦高の274.44㌦迄戻売された。後場では12:30に274.22㌦と安く始まり、中国上海総合指数下落傾向を受け売仕掛の裁定解消売が入り13:51に273.13㌦迄下げ幅拡大し後場最安値圏を付けたが273㌦ではコールの買いが集中しているため売仕掛解消の裁定解消買を入れる者がいる事から14:30には273.59㌦迄下げ幅縮小するがナスダック総合指数が軟調傾向を受け売仕掛の裁定解消売に加え持高調整が入り、15:00には前日比0.38㌦安の273.36㌦迄戻売され、引けではオプション10月物は「コール」、「プット」ともに売られた状況で15:15には前日比0.50㌦安の273.24㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.61㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.06倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲15.00%、騰落レシオは146.36%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月24日


9月24日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、Topix、日経平均、日経平均先物とTopix先物は反発した。新興株22日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。中国不動産大手恒大集団の資金繰り危機が人民元建て実行との報道の傾向から警戒感が払拭され金利上昇となり、FRBが次回11月の会合で量的緩和縮小を決定し利上げ時期を再来年から来年に前倒しすると決定したものの、想定内として米株続伸。これらを手掛かりに、ドル建て日経平均は9:00に273.21㌦で寄付後9:03に274.19㌦を付け最高値更新を迎え寄付天井となったが、売仕掛の裁定解消売が入り9:42に272.78㌦を付け下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、恒大集団に関し中国政府によるドル建て社債の債務不履行回避命令指示との報道を受け警戒感払拭に繋がり、売仕掛解消の裁定解消買が入り10:26に273.96㌦迄戻るが、報道を見極めたいとの観測から売仕掛の裁定解消売が入り10:59には273.08㌦迄下げ幅拡大し、自民党総裁選の投開票を受けた次期政権期待から売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比3.08㌦高の273.68㌦迄買戻され、11:35には前日比3.10㌦高の273.70㌦迄買戻された。後場では12:30に273.80㌦と高く開始し継続して裁定解消買が入り12:47に274.02㌦迄買戻された後、コロナ等の政策不透明感が拭えない為、売仕掛の裁定解消売が入り13:57に273.63㌦迄下げ幅拡大するが、米金利上昇や原油高による円安効果を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り14:51には274.02㌦まで大引け前で回復したが割高感から持高調整が入り、15:00には前日比3.21㌦高の273.81㌦迄戻売され、引けではオプション10月物は「コール」に値上がりが目立ち、「プット」は総じて下落した状況で15:15には前日比3.14㌦高の273.74㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.41㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.0%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.13倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲15.65%、騰落レシオは141.50%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月22日


9月22日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、Topix、日経平均、日経平均先物とTopix先物は続落した。新興株22日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。中国不動産大手恒大集団の資金繰り危機からリスク回避の動きを背景にドル建て日経平均は9:00に272.53㌦で寄付後9:05に272.98㌦を付け最高値更新を迎え寄付天井となったが、売仕掛の裁定解消売が入り10:01に270.75㌦を付け下げ幅拡大したが、恒大集団が23日に支払予定の人民元建て社債利息は利払い可能という報道を受け、売仕掛解消の裁定解消買が入り10:31に272.81㌦迄戻るが、米ドル建ての社債が支払い不能の可能性について言及する報道を受け売仕掛の裁定解消売が入り11:06には270.86㌦迄下げ幅拡大し、11:30には前日比1.17㌦安の271.21㌦迄戻売され、11:35には前日比1.17㌦安の271.21㌦迄戻売された。後場では12:30に271.26㌦と小安く開始したが12:33に271.38㌦迄買戻された後、前場継続して売仕掛の裁定解消売が入り前場売過ぎと見た巨大機関投資家の中で売過ぎのヘッジ目的に加え貨物船銘柄の好感報道を受け、売仕掛解消の裁定解消買を入れた者もいる事から14:19に271.45㌦迄買戻された処で、明日の日本市場休場に加えFOMC控え持高解消の動きが活発化し売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比1.73㌦安の270.65㌦迄戻売され、引けではオプション10月物は「コール」に値下がりが目立ち「プット」が上昇した状況で15:15には前日比1.78㌦安の270.60㌦迄戻売され最安値更新を迎え引けた。高安値幅は2.43㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.69倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲9.79%、騰落レシオは134.77%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月21日


9月21日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、Topix、日経平均、日経平均先物とTopix先物は反落した。新興株21日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。中国不動産大手恒大集団の資金繰り危機からリスク回避の動きとなって米株が急落。ドル建て日経平均は9:00に274.31㌦で寄付後、売仕掛の裁定解消売が入り9:03に272.61㌦を付けたが下げ渋り香港市場が前場寄り付き高値から売仕掛解消の裁定解消買が入り9:16に274.36㌦を付け下げ幅縮小したが欧米市場の下落やVix指数が25%越えしたことを受けプットオプションが買われ、これらを基に懸念が拡大し売仕掛の裁定解消売が入り11:26に272.57㌦を付け、11:30には前日比4.63㌦安の272.97㌦迄買戻され、11:35には前日比4.63㌦安の272.97㌦迄買戻された。後場では12:30に272.72㌦と小安く開始したが前場売過ぎと見た巨大機関投資家の中で売過ぎのヘッジ目的で売仕掛解消の裁定解消買を入れた者もいる事から14:35に273.77㌦迄買戻された処で、香港市場の後場の下落から中国恒大集団が引き起こす金融不安影響を懸念しFOMC控え持高解消の動きが活発化し売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比5.10㌦安の272.50㌦迄戻売され、引けではオプション10月物は「コール」が総じて値下がりし「プット」は上昇した状況で15:15には前日比5.22㌦安の272.38㌦迄戻売され最安値更新を迎え引けた。高安値幅は1.98㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.81倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲12.29%、騰落レシオは138.51%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月17日


9月17日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、Topix、日経平均、日経平均先物とTopix先物は反発した。新興株17日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米株はまちまちで中国金融不安の流れを受け、ドル建て日経平均は9:00に276.98㌦で寄付後、売仕掛の裁定解消売が入り9:45に276.52㌦を付けた処で最安値更新を迎えたがナスダック総合指数の小幅続伸等を手掛かりに売仕掛解消の裁定解消買がハイテク株等へ入り11:05に278.04㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが揉合い後、11:30には前日比0.29㌦高の277.74㌦迄買戻され、11:35には前日比0.16㌦高の277.61㌦迄買戻された。後場では12:30に277.92㌦と小高く開始したが材料難と見た巨大機関投資家の中で売仕掛の裁定解消売を入れた者もいる事から13:44に277.03㌦迄戻売りされ後場安値更新を迎えたが、本日の自民党総裁選告示で次期政権への政策期待継続に加え米連邦公開市場委員会も控え香港・上海市場が一旦反発し時間外米先物が小幅高を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り14:59には277.93㌦迄買戻され、15:00には前日比0.12㌦高の277.57㌦迄買戻され、引けではオプション10月物は「コール」は総じて買われ、「プット」は売りが目立った状況で15:15には前日比0.15㌦高の277.60㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.52㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.04倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲19.64%、騰落レシオは138.40%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月16日


9月16日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均は反落、一方でTopix、日経平均、日経平均先物とTopix先物は続落した。新興株16日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。NY連銀景況観指数は大幅に改善し米株が反発したことを受けて、ドル建て日経平均は9:00に279.84㌦で寄付後、売仕掛解消の裁定解消買が入り9:02に279.93㌦を付けた処で最高値更新を迎えたが中国の金融不安等の懸念から売仕掛の裁定解消売が入り11:28に277.46㌦迄下げ幅拡大し、11:30には前日比1.05㌦安の277.59㌦迄戻売され、11:35には前日比1.08㌦安の277.56㌦迄戻売された。後場では12:30に277.73㌦で開始したが材料難と見た巨大機関投資家の中で売仕掛の裁定解消売を入れた者もいる事から12:47に276.35㌦迄戻売りされ最安値更新を迎えたが、17日に告示される自民党総裁選やSQに加え米国トリプルウィッチング後は強いとのアロマリーから277㌦を割込むと米小売売上高等経済指標期待から売仕掛解消の裁定解消買が入り14:59で277.64㌦迄買戻され引け間際で盛り上がり278㌦に近づくと売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比1.04㌦安の277.60㌦迄買戻され、引けではオプション10月物は「コール」は総じて売られ「プット」には買いが目立った状況で15:15には前日比1.19㌦安の277.45㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.58㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で42.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.98倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲18.32%、騰落レシオは134.31%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月15日


9月15日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均は変わらず、一方でTopix、日経平均、日経平均先物とTopix先物は反落した。新興株15日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数が下落した一方でSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は変わらずの状況。米国CPIが高水準ながらも市場予想を下回り、コロナ再拡大に加え景気の先行懸念もあり米株は揃って下落。中国の景気指標も揃って下回り、ドル建て日経平均は9:00に277.67㌦で寄付後、売仕掛解消の裁定解消買が入り278.27㌦を付けた処で売仕掛の裁定解消売が入り11:02に276.93㌦迄下げ幅拡大したが277㌦を下回ると買戻しに当たる売仕掛解消の裁定解消買が入り11:29に278.40㌦を付け、11:30には前日比0.37㌦安の278.27㌦迄戻売され、11:35には前日比0.34㌦安の278.30㌦迄戻売された。後場では12:30に278.40㌦で開始したが材料難と見た巨大機関投資家の中で売仕掛の裁定解消売を入れた者もいる事から12:42に278.04㌦迄戻売りされ13:14の278.92㌦迄売仕掛解消の裁定解消買が入り最高値更新を迎えたが、軟調な香港市場やさえない中国の経済指標などもあり、売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比0.20㌦安の276.44㌦迄買戻され、引けではオプション10月物は「コール」は総じて売られ「プット」も売りが目立った状況で15:15には前日比0.00㌦高の278.64㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.99㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.01倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲20.79%、騰落レシオは135.99%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月14日


9月14日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物とTopix先物は続伸した。新興株14日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数が下落した一方でSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。3日続伸。2月年初来高値更新。31年ぶり年初来高値更新。NYダウの反発等を手掛かりに、ドル建て日経平均は9:00に278.06㌦で寄付後、売仕掛の裁定解消売が入り9:23に277.34㌦となり最安値更新を迎えたが、売仕掛解消の裁定解消買が入り11:09に279.78㌦を付け最高値更新を迎え、2月16日の高値を超え、バブル崩壊後の高値を更新すると、25日移動平均乖離率においても高値警戒感と繋がり、急速な上昇に対する警戒感や過熱感に加え、高値更新による目標達成感も生じ、売仕掛の裁定解消売が入り11:28に277.48㌦迄下げ幅拡大後、11:30には前日比1.15㌦高の277.76㌦迄戻売され、11:35には前日比1.07㌦高の277.68㌦迄戻売された。後場では12:30に278.56㌦で開始したが材料難と見た巨大機関投資家の中で売仕掛の裁定解消売を入れた者もいる事から12:35に278.24㌦迄戻売りされ12:46に278.58㌦迄、海外の巨大機関投資家間で導入が囁かれるAIが相場上昇時にはAIプログラムが働き売仕掛の裁定解消売が入り11:28に277.48㌦迄下げ幅拡大したが短期移動平均線が長期移動平均線を超えゴールデンクロスし米国時間外先物取引に加えSOX指数が上昇し出遅れ銘柄に、売仕掛解消の裁定解消買が入り14:59には278.88㌦迄上昇し、15:00には前日比2.03㌦高の278.64㌦迄買戻され、引けではオプション10月物は「コール」は値上がりが目立、「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比2.03㌦高の278.64㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.94㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.0%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.14倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲23.00%、騰落レシオは149.06%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月13日


9月13日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物とTopix先物は続伸した。新興株13日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は不変でした。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数が下落した一方でSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。週明けドル建て日経平均は続伸で高値引。2月に付けた年初来高値に接近。米株安やトヨタの減産などを重しに、ドル建て日経平均は9:00に276.31㌦で寄付後、売仕掛解消の裁定解消買が入り09:18に276.80㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが25日移動平均線の乖離率が高値警戒感を迎え米国での先週末のインフレへの警戒感のため、売仕掛の裁定解消売が入り9:31に274.97㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えた処で、一時1.50㌦程下げる場面もあったのですが、米国のトリプルウィッチングに向け下げ期待からオプションが下がりプットオプションを持つ一方で日本は菅首相退陣報道からコロナを脱出させる新政権政策に期待が集まりそのためにコールオプションの踏み上げが発生し売仕掛解消の裁定解消買が入り11:08には276.15㌦迄買戻されるが目先の利益確定の目的で売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比0.96㌦安の275.51㌦迄戻売され、11:35には前日比0.96㌦安の275.51㌦迄戻売された。後場では12:30に276.05㌦で開始したが材料難と見た巨大機関投資家の中で売仕掛の裁定解消売を入れた者もいる事から14:11に275.26㌦迄戻売りされたが時間外取引で米株価指数先物が上昇しMSQ受け12月限に関心が動きiShares MSCI JapanETF(EWJ)のコールオプションが12月限で39万枚買いと傾いたことを受け、海外の巨大機関投資家間で導入が囁かれるAIが相場上昇時にはAIプログラムが働き売仕掛解消の裁定解消買がトリプルウィッチングに向け本日も後場に入り日本の成長性を見込んで持高解消に繋がり、15:00には前日比0.27㌦高の276.74㌦迄買戻され、引けではオプション10月物は「コール」は高安まちまちで、「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比0.14㌦高の276.61㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.83㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.00倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲21.26%、騰落レシオは144.27%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月10日


9月10日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物とTopix先物は反発した。新興株10日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。週末ドル建て日経平均は大幅反発で高値引。米株安にも拘らず、SOX指数上昇や香港株の反発の他、政策期待や金融業界再編に巨大機関投資家間でも思惑先行となるものが多い事から、ドル建て日経平均は9:00に274.11㌦で寄付後、戻待ちの売りで9:02に273.88㌦迄戻売され最安値更新を迎えたが、売仕掛解消の裁定解消買が入り11:19に276.81㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが25日移動平均線を超え高値警戒感を迎えたため戻待ちの売りに会い、11:30には前日比3.91㌦高の276.53㌦迄買戻され、11:35には前日比3.89㌦高の276.51㌦迄買戻された。後場では12:30に276.32㌦で開始し押目と見た巨大機関投資家の中で売仕掛解消の裁定解消買を入れた者もいる事から12:35に276.43㌦迄買戻されたが続かず14:20の275.76㌦迄一旦は下げ幅拡大したが、海外の巨大機関投資家間で導入が囁かれるAIが香港株等の大幅反発や欧米対比での出遅れ修正余地の測定に加え自民総裁選での政治停滞感打破等を察知して相場上昇時にはAIプログラムが働き売仕掛解消の裁定解消買がMSQ日に向け本日も後場に入り持高解消に繋がり、15:00には前日比3.85㌦高の276.47㌦迄買戻され、引けではオプション10月物は「コール」に値上がりが目立、「プット」は総じて下落した状況で15:15には前日比3.85㌦高の276.47㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.93㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.99倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲21.15%、騰落レシオは139.08%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月9日


9月09日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物とTopix先物は反落した。新興株09日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。欧州ではインフレ進行でコロナ拡大ともなり日本へ資金を逃がす形が見受けられた。本日の取引は272㌦を挟む攻防となった事を受け、ドル建て日経平均は9:00に271.83㌦で寄付後、9:28に273.13㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、東京都は9日、新たに1,675人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表されてから、売仕掛けの裁定解消売りが入り、9:50に272.18㌦迄下げ幅拡大したが自民党総裁選に対する次期候補への政策期待から売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.50㌦安の272.80㌦迄買戻され、11:35には前日比0.52㌦高の272.78㌦迄買戻された。後場では12:30に272.11㌦で開始し中国規制強化も加わり25日移動平均線を下回った事で、売持高の積上げで特別清算指数算出日に向けて売仕掛の裁定解消売が入り13:03に271.70㌦を付けたが底値が堅く、亜細亜の利益を日本に持ち越し、売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比0.80㌦高の272.50㌦迄買戻され、引けではオプション9月物では「コール」に値下がりが目立ち、「プット」は高安まちまちだった状況で15:15には前日比0.68㌦高の272.62㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.30㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.95倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲17.78%、騰落レシオは127.74%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月8日


9月08日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物とTopix先物は続伸した。新興株08日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。デルタによる景気先行懸念からNYダウは続落しビットコインが急落したのを受け、ドル建て日経平均は9:00に270.37㌦で寄付後、戻待ちの売りが入り、9:01の270.72㌦を付けた際に最安値更新を迎え2.18㌦安迄下げ幅拡大した所で、ナスダック総合指数が最高値更新を受け切返し、売仕掛解消の裁定解消買が入り11:12に274.22㌦を付け最高値更新。272㌦台を回復し、11:30には前日比1.24㌦高の273.52㌦迄戻売され、11:35には前日比1.29㌦高の273.57㌦迄戻売された。後場では12:30に272.77㌦で開始し25日移動平均線を下回った事で、売持高の積上げで特別清算指数算出日に向けて売仕掛の裁定解消売が入り12:41に272.04㌦を付けたが底値が堅く、前場堅調な亜細亜勢が「政府が新型コロナウイルスワクチンの接種進展に併せて10月以降行動制限を段階的に緩める方針を固めた」という報道を受け、亜細亜の利益を日本に持ち越し、売仕掛解消の裁定解消買が入り、14:21に272.83㌦迄買戻され後場高値更新を迎え25日線超えのため売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比1.12㌦高の273.40㌦迄買戻され、引けではオプション9月物では「コール」は値上がりが目立ち、「プット」は売られた状況で15:15には前日比1.02㌦高の273.30㌦迄買戻され引けた。高安値幅は4.12㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.95倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲20.13%、騰落レシオは125.17%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月7日


9月07日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物とTopix先物は続伸した。新興株07日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米国市場はレイバーデーで休場であったが欧州株高に加え新政権による政策期待が引き続き支えとなり、ドル建て日経平均は9:00に272.11㌦で寄付後、9:02の271.72㌦を付けた際に最安値更新を迎えたが切返し、売仕掛解消の裁定解消買が入り9:25に273.66㌦を付け最高値更新を迎え一時273㌦に乗せる場面もありました。273㌦越えとなり25日移動平均線以上で利確したい意向のある巨大機関投資家動向があり、これにより売仕掛の裁定解消売が入り10:50には272㌦迄下げ幅拡大し25日移動平均線を下回り割安感が入った処で売り方の抵抗が入り売仕掛解消の裁定解消買が入り買戻され11:14に273.00㌦迄付けた処で25日移動平均線を超えたため売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比2.19㌦高の272.29㌦迄戻売され、11:35には前日比2.19㌦高の272.29㌦迄戻売された。後場では12:30に271.92㌦で開始し25日移動平均線を下回った事で、売持高の積上げで特別清算指数算出日に向けて売仕掛解消の裁定解消買が入り、14:33に272.78㌦迄買戻され後場高値更新を迎え25日線超えのため売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比2.33㌦高の272.43㌦迄買戻され、引けではオプション9月物では「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比2.18㌦高の272.28㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.94㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.5%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.85倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では中立圏▲17.90%、騰落レシオは115.09%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月6日


9月06日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物とTopix先物は続伸した。新興株06日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。大幅に6日続伸4月以来の高さとなった。米雇用統計で市場予想を下回る中、米株はまちまちで還ってきてナスダックは連日での最高値更新。これらを受け、ドル建て日経平均は9:00に268.75㌦で寄付後、売仕掛解消の裁定解消買が入り9:19に269.86㌦を迎えたが、戻待ちの売りにより9:44に268.49㌦迄下げ幅拡大し、菅首相の実質的な退陣表明を受け、自民党総裁選で候補者間の政策討議が活発化することなどを睨み、政策期待が高まる形で、政局閉塞感打破が海外勢の巨大機関投資家により意識され売仕掛解消の裁定解消買が継続し活発化した形で入り10:51に270.40㌦迄買戻されたが戻待ちの売りに会い10:59に269.15㌦を付け後、持高調整が入る事で、11:30には前日比5.15㌦高の269.90㌦迄買戻され、11:35には前日比5.17㌦高の269.92㌦迄買戻された。後場では12:30に269.54㌦で開始し、売持高の積上げで特別清算指数算出日に向けて売仕掛解消の裁定解消買が入り、14:48に270.59㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが戻待ちの売りに会い14:54に270㌦迄下げ幅拡大後、裁定買いが入り15:00には前日比5.45㌦高の270.20㌦迄買戻され、引けではオプション9月物では「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比5.35㌦高の270.10㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.91㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で38.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.74倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲15.66%、騰落レシオは118.07%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月3日


9月03日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月03日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix及びドル建て日経平均と日経平均は続伸し、日経平均先物とTopix先物は反発した。新興株03日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米株高を好感して政策に支えられ、ドル建て日経平均は9:00に260.38㌦で寄付後同時刻に最安値更新として260.26㌦を付けたが、売仕掛解消の裁定解消買が入り11:27の262.43㌦を迎え、11:30には前日比2.38㌦高の261.96㌦迄買戻され、11:35には前日比2.38㌦高の261.96㌦迄買戻された。昼頃に菅首相が「総裁選に出馬しない」と伝わりますと、後場では12:30に264.32㌦で開始し、利益確定が入り12:39に263.16㌦を付け下げ幅拡大したが売仕掛解消の裁定解消買が入り13:32に264.94㌦を付け最高値更新を迎えたが、戻待ちの売りに会い13:48に263.77㌦迄下げ幅拡大した処で新政権への期待から売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比5.22㌦高の264.80㌦迄買戻され、引けではオプション9月物では「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比5.17㌦高の264.75㌦迄買戻され引けた。高安値幅は4.68㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.49倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲10.51%、騰落レシオは106.80%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月2日


9月02日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix及びドル建て日経平均と日経平均は続伸した。一方で日経平均先物、Topix先物は反落した。新興株02日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は上昇しSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ナスダック総合指数の反発を支えにハイテク株等中心に、ドル建て日経平均は9:00に259.08㌦で寄付後、売仕掛解消の裁定解消買が入り9:04の260.03㌦を迎えた処で最高値更新を迎え寄付き天井化したが、ただ昨日迄の3日間で8.71㌦以上上昇していた事もあって、高値警戒感から売仕掛の裁定解消売が入り9:27に258.41㌦迄下げ幅拡大したが259㌦を斬った処で売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:20に259.21㌦迄買戻された後、利益確定が入り、11:30には前日比0.77㌦高の258.96㌦迄戻売され、11:35には前日比0.77㌦高の258.96㌦迄戻売された。後場では12:30に0.81㌦高の259.00㌦で開始し、ナスダック総合指数やSOX指数上昇を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り、13:03に259.59㌦迄買戻されたが、下げ分の半分を取戻した処から売仕掛の裁定解消売が入り14:55に258.89㌦迄下げ幅拡大したが、後場開始の259㌦を割った処で割安感が出て売仕掛解消の裁定解消買が入り14:59に259.59㌦迄買戻され、15:00には前日比1.36㌦高の259.55㌦迄買戻され、引けではオプション9月物では「コール」と「プット」とも高安まちまちだった状況で15:15には前日比1.39㌦高の259.58㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.62㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.25倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲4.59%、騰落レシオは102.97%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月1日


9月01日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix及びドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物と日経平均は続伸した。新興株01日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。景気指標の悪化を受け米株安となったが、日本市場では罫線図での75日移動平均が上向きに変化し、国内での新型コロナウイルスの新規感染者数の鈍化を受けた経済再開期待に加え、政策指標での法人企業統計が良好であるのを受け、ドル建て日経平均は9:00に256.05㌦で寄付後最安値を形成し売仕掛解消の裁定解消買が入り、9:33の258.26㌦を迎えた処で最高値更新を迎えたが、 月末の利益確定売りが上値を抑え、売仕掛の裁定解消売が入り10:34に256.63㌦を付けたが、罫線図上の高値切下げ終了が出るのに対し、菅政権退陣報道を首相が否定したが、時期的にも総選挙を控えた公約への期待等から売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比2.32㌦高の258.09㌦迄買戻され、11:35には前日比2.36㌦高の258.13㌦迄買戻された。後場では12:30に2.41㌦高の258.18㌦で開始し、高値警戒感や一部ファンドのリバランスから売仕掛の裁定解消売が入り14:09に257.45㌦を付け下げ幅拡大するが、亜細亜市場が堅調になり米株先物上昇を受け、コロナ絡みの大型補正や首都圏の新型コロナウイルスの感染状況がピークアウトの傾向を示し、売却理由がない事から来るファンドのリバランスに伴う月初の買いに当たる売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比2.38㌦高の258.15㌦迄買戻され、引けではオプション9月物では「コール」は総じて買われ「プット」は下げが目立った状況で15:15には前日比2.42㌦高の258.19㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.21㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.25倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲3.85%、騰落レシオは99.30%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月31日


8月31日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月31日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix及びドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物と日経平均は続伸した。新興株31日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。NYダウは小幅に反落した一方で、ナスダック総合指数、SP500が最高値を更新した中、ドル建て日経平均は9:00に251.84㌦で寄付後、売仕掛の裁定解消売が入り9:05に251.08㌦を付け、朝方ドル建て日経平均2.12㌦程下げる場面もあったのですが、251㌦を割込む事無く巨大機関投資家の中では下落にかけた持高を訂正し、売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.72㌦安の252.48㌦迄買戻され、11:35には前日比0.70㌦安の252.50㌦迄買戻された。後場では12:30に0.23㌦安の252.97㌦で開始し、香港・上海株が軟調な出だしとなり、7月まで11カ月連続で実現していた月末株安アノマリーが意識される中でも午前の日経平均先物が底堅く推移していたことが売り方を動きにくくしさらに、菅首相と自民党の二階幹事長が午後にも会談すると昼過ぎに伝わったことで、経済対策等への思惑や米株価指数先物の堅調な動向等に加え、5日線が20日線を上向くゴールデンクロス形成となり株高への意識の高揚も手掛かりとなり、売仕掛解消の裁定解消買が入る事で14:42に256.48㌦を付け最高値更新を迎えたが続かず戻待ちの売りに会い、15:00には前日比2.62㌦高の255.82㌦迄買戻され、引けではオプション9月物では「コール」は買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比2.57㌦高の255.77㌦迄買戻され引けた。高安値幅は5.40㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.10倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽0.15%、騰落レシオは99.37%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月30日


8月30日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix及びドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物と日経平均は反発した。新興株30日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ジャクソンホールでのFRBパウエル議長発表を受け早期の利上げ観測が後退、米株は揃って上昇。これを好感してドル建て日経平均は9:00に253.66㌦と2.34㌦高で寄付後、売仕掛解消の裁定解消買が入り9:03には254.22㌦を付け上げ幅2.90㌦高に拡げ一時2週間ぶりに254.22㌦台となり、最高値更新を迎え寄付き天井化した。パウエル議長発言が安心感を齎したが持続的な買い材料とはならず今週発表が相次ぐ経済指標を見極めたいとの思惑も手控えムードとなりそれ故に、売仕掛の裁定解消売が入り10:44に252.02㌦を付け下げ幅拡大するが5日線が25日線をゴールデンクロス後切返し、11:30には前日比1.19㌦高の252.51㌦迄買戻され、11:35には前日比1.17㌦高の252.49㌦迄買戻された。後場では12:30に1.25㌦高の252.57㌦で開始し、「JPXインデックス日経400」メガ入換に伴う売買による商いやデジタル超関連や中国株の持直しも加わり売仕掛解消の裁定解消買が入り14:59には253.01㌦迄買戻され、15:00には前日比1.90㌦高の253.22㌦迄買戻され後場高値更新を迎え、引けではオプション9月物では「コール」は高安まちまちで「プット」は総じて下落した状況で15:15には前日比1.88㌦高の253.20㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.20㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.02倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽2.90%、騰落レシオは104.70%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月27日


8月27日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix及びドル建て日経平均、日経平均先物とTopix先物は続落した。日経平均は反落した。新興株27日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は下落するがSOX指数は続伸した。新元号が「令和」と制定。高官発言を受けFRBによる早期の量的金融緩和縮小観測やアフガン地域による地政学的リスクにコロナの拡大を背景に米株が反落した流れから、ドル建て日経平均は9:00に250.64㌦で寄付後、売仕掛の裁定解消売が入り9:30に249.91㌦迄反落するも、景気敏感株である海運株の堅調が心理的に安心感を与えている。割安感も手伝い時価水準では押し目が入るため、売仕掛解消の裁定解消買が入り11:05に251.57㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが続かず戻待ちの売りに会い11:30には前日比0.85㌦安の251.42㌦迄戻売され、11:35には前日比0.81㌦安の251.46㌦迄戻売された。後場では12:30に1.22㌦安の251.05㌦で開始し戻待ちの売りに会い下げ幅拡大するが上海・香港株が底堅く開始され中国株高を受け、13:00には250.73㌦で反転しジャクソンホール会議を見極めたいとの動向から売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比0.95㌦安の251.32㌦迄買戻され、引けではオプション9月物では「コール」が売られ「プット」は上昇が目立った状況で15:15には前日比0.95㌦安の251.32㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.66㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.91倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽4.41%、騰落レシオは103.99%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月26日


8月26日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix及びドル建て日経平均、日経平均先物とTopix先物は反落した。日経平均は反発した。新興株26日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は続伸した。新元号が「令和」と制定。大型の財政支出等による景気拡大期待から大幅に米株は上昇を受け、ドル建て日経平均は日経平均予想per12.95倍と13倍付近で、総合乖離率では安値圏▽3.27%、騰落レシオは100.42%と底値圏ではなくなったのでドル建て日経平均は反落したが日経平均は小反発し日経平均先物は反落となった。ドル建て日経平均は9:00に252.73㌦で寄付後、売仕掛解消の裁定解消買が入り9:09に252.96㌦を付け最高値更新を迎え寄付き天井化し、国内での新型コロナ感染拡大や緊急事態宣言の対象地域拡大等から積極的に上値を追う動きは限られ売仕掛の裁定解消売が入り10:37に251.87㌦迄下げ幅拡大したが10:51には252.32㌦迄買戻されたが続かず戻待ちの売りに会い11:24に251.74㌦を付け最安値更新を迎え切返し11:30には前日比0.86㌦安の251.80㌦迄買戻され、11:35には前日比0.86㌦安の251.80㌦迄買戻された。後場では12:30に0.71㌦安の251.95㌦で開始しジャクソンホール会議を見極めたいとの動向から13:31には252.32㌦迄買戻されたが中国株安等も重しになり売仕掛の裁定解消売が入り14:50に251.80㌦迄下げ幅拡大したが辛うじて買われ、15:00には前日比0.44㌦安の252.22㌦迄買戻され、引けではオプション9月物では「コール」に値下がりが目立ち、「プット」は高安まちまちだった状況で15:15には前日比0.39㌦安の252.27㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.22㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.8%の不変となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.95倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽3.27%、騰落レシオは100.42%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月25日


8月25日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix及びドル建て日経平均は続伸したが、日経平均先物は変わらず、Topix先物と日経平均は反落した。新興株25日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落したがSOX指数は続伸した。新元号が「令和」と制定。米株高を受けてドル建て日経平均は日経平均予想per12.92倍と13倍付近で、総合乖離率では安値圏▽3.40%、騰落レシオは92.63%と底値圏ではなくなったのでドル建て日経平均は反発したが日経平均は反落し日経平均先物は変わらずとなった。ドル建て日経平均は9:00に253.08㌦で寄付後、9:01に253.00㌦を付けたが、売仕掛解消の裁定解消買が入り、9:06に1.67㌦高の254.23㌦迄買戻され最高値更新を迎えたがジャクソンホールでの行方の懸念から、売仕掛の裁定解消売が入り11:25に252.23㌦迄下げ幅拡大し切換し11:30には前日比0.01㌦安の252.55㌦迄買戻され、11:35には前日比0.01㌦安の252.55㌦迄買戻された。後場では12:30に0.41㌦安の252.15㌦で開始し戻待ちの売りから252.13㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えるが、売仕掛解消の裁定解消買が入り12:52に252.73㌦迄買戻されたが中国規制強化による中国株の重さもあって13:08に252.23㌦迄下げ幅拡大したが、引続きドル建て日経平均の25日移動平均線が位置する251.86㌦台半ばが下値目途として意識されており終値で25日線の上を維持できるかが注目ポイントで25日線を下回った事から割安感が出た上に「米ワクチン正式承認、接種義務化が劇的に進展」、「中国人民銀、短期流動性供給を拡大。資金逼迫感は緩和」との報道が伝わり景気回復期待が増し、売仕掛解消の裁定解消買が入り14:41には252.91㌦を付け25日線上を回復維持し、15:00には前日比0.17㌦高の252.73㌦迄買戻され、引けではオプション9月物では「コール」と「プット」ともに売りが目立った状況で15:15には前日比0.10㌦高の252.66㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.10㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.95倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽3.44%、騰落レシオは92.62%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月24日


8月24日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均と日経平均は続伸した。新興株24日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は続伸した。新元号が「令和」と制定。米中株高等が続きドル建て日経平均は日経平均予想per12.82倍と13倍割れで、総合乖離率では安値圏▽6.02%、騰落レシオは82.47%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた事から反発。ドル建て日経平均は9:00に252.14㌦で寄付後最安値更新を迎えたが、売仕掛解消の裁定解消買が入り、10:44の253.53㌦まで最高値更新を迎え、売仕掛の裁定解消売が入り11:30には前日比3.00㌦高の253.06㌦迄戻売され、11:35には前日比3.00㌦高の253.06㌦迄戻売された。後場では12:30に2.75㌦高の252.81㌦で開始し戻待ちの売り後、売仕掛解消の裁定解消買が入り13:18に253.12㌦迄上げ幅拡大したが引き続き新型コロナウイルスの感染拡大が警戒された事に加え「緊急事態宣言中でも解散可能」と菅首相の談話から政権の求心力低下が危ぶまれ売仕掛の裁定解消売が入り14:59に252.42㌦迄下げ幅拡大し、15:00には前日比2.50㌦高の252.56㌦迄買戻され、引けではオプション9月物では「コール」に値上がりが目立ち、「プット」は総じて下落した状況で15:15には前日比2.50㌦高の252.56㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.39㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.92倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽3.40%、騰落レシオは92.63%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月23日


8月23日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均と日経平均は反発した。新興株23日の日経ジャスダック平均は反発したが、東証マザーズ指数は大幅続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は反発した。新元号が「令和」と制定。週明けドル建て日経平均は日経平均予想per12.59倍と13倍割れで、総合乖離率では安値圏▽11.32%、騰落レシオは76.33%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた事から大幅反発。週末年初来安値更新でSQ日より安く終値を迎えたドル建て日経平均だったが、米中株高・経済政策期待等を背景に、ドル建て日経平均は9:00に247.57㌦で寄付後最安値更新を迎えたが、売仕掛解消の裁定解消買が入り、10:51の250.22㌦まで前場高値更新を迎え、11:30には前日比4.00㌦高の250.22㌦迄買戻され、11:35には前日比3.98㌦高の250.20㌦迄買戻された。後場では12:30に4.02㌦高の250.24㌦で開始したが、戻待ちの売りで12:46に249.95㌦迄下げ幅拡大したが上海・香港等の亜細亜株高や時間外取引の米株価指数先物が堅調だった事から売仕掛解消の裁定解消買が入り13:55には250.72㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが22日の横浜市長選での敗北から政権の求心力低下が危ぶまれ売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比3.88㌦高の250.10㌦迄戻売され、引けではオプション9月物では「コール」が上昇し「プット」には売りが目立った状況で15:15には前日比3.84㌦高の250.06㌦迄戻売され引けた。高安値幅は3.15㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で42.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.82倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽6.02%、騰落レシオは82.47%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月20日


8月20日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均と日経平均は続落した。新興株19日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は小反発した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米株がまちまちで還ってきた中、ドル建て日経平均は9:00に248.16㌦で寄付後、売仕掛解消の裁定解消買が入り、9:04に248.79㌦と最高値更新を迎え寄付き天井化したが、防疫体制の立ち遅れに加えトヨタ自動車による減産の産業界への影響が引き続き警戒され、米中の景気減速への懸念も上値を抑える要因となり売仕掛の裁定解消売が入り10:45に246.59㌦迄下げ幅拡大したが11:00に247.04㌦迄買戻されたが続かず、11:30には前日比0.96㌦安の246.93㌦迄戻売され、11:35には前日比0.98㌦安の246.91㌦迄戻売された。後場では12:30に247.04㌦で開始したが、企業業績については、サプライチェーンの混乱が露呈したことなどを背景に、急速に不安感を高め売仕掛の裁定解消売が入り14:44に245.84㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え、15:00には前日比1.60㌦安の246.29㌦迄買戻されたが、引けではオプション9月物では「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比1.67㌦安の246.22㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.57㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.59倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽11.32%、騰落レシオは76.33%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月19日


8月19日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均と日経平均は反落した。新興株19日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。FOMCの議事要旨を受けて早期のテーパリングが意識された事に続いて続落。これを受けて、ドル建て日経平均は9:00に249.44㌦で寄付後戻売が入り同時刻に249.08㌦と安値形成したが、売仕掛解消の裁定解消買が入り10:15に250.10㌦を付け最高値更新を迎えた。オプションSQに絡むヘッジ売りや中国による規制強化懸念から売仕掛の裁定解消売が中国関連株に入り11:28には248.58㌦迄下げ幅拡大したが切返し、11:30には前日比3.00㌦安の248.65㌦迄戻売され、11:35には前日比3.00㌦安の248.65㌦迄戻売された。後場では12:30に248.71㌦で開始したが、タリバン問題等から戻待ちの売りや売仕掛の裁定解消売が入り14:51に248.44㌦迄下げ幅拡大したが、一方、相場を取り巻く環境の不透明感から、医薬品や食料品などディフェンシブ銘柄が活況となり売仕掛解消の裁定解消買が入り13:44に243.88㌦迄買戻されたが引け間際に「トヨタが世界生産4割減」と日経速報が伝わりますと売仕掛の裁定解消売が入り下げ幅拡大となり14:56に247.48㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、15:00には前日比3.94㌦高の247.71㌦迄買戻されたが、引けではオプション9月物では「コール」は総じて売られ「プット」は総じて買われた状況で15:15には前日比3.76㌦高の247.89㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.62㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で46.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.74倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽8.72%、騰落レシオは82.10%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月18日


8月18日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、Topix、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均と日経平均は反発した。新興株18日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米の小売売上高が予想以上に鈍化し米の景気懸念から米株揃って下落。これを受けて、ドル建て日経平均は9:00に250.32㌦で寄付き、売仕掛の裁定解消売が入り9:23に249.65㌦迄下げ幅拡大したが機械受注も良くデルタ株にモデルナワクチンも効くのではとの観測から4日の大幅下落に加え予想perが13倍を切った事を受け巨大機関投資家により割安感から売仕掛解消の裁定解消買が入り11:28に251.86㌦を付け続かず、売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比0.80㌦高の251.75㌦迄買戻され、11:35には前日比0.87㌦高の251.82㌦迄取引された。後場では昼頃の報道から12:30に252.39㌦で開始し最高値更新を迎えたが、タリバン問題等から戻待ちの売りや売仕掛の裁定解消売が入り14:32に251.61㌦迄下げ幅拡大したが、中国や香港等の亜細亜市場が今日は堅調に推移していたことも支援村料となり売仕掛解消の裁定解消買が入り14:37には252.00㌦迄買戻され、15:00には前日比0.74㌦高の251.69㌦迄戻売されたが、引けではオプション9月物では「コール」が買われ「プット」は売りが目立った状況で15:15には前日比0.70㌦高の251.65㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.74㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.93倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽5.66%、騰落レシオは93.22%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月17日


8月17日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topix、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均と日経平均は続落した。新興株17日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。NYダウが続伸し最高値を取った事を手掛かりに、ドル建て日経平均は9:00に253.15㌦で寄付き、売仕掛解消の裁定解消買が入り9:04に253.91㌦を付け寄付き天井化し最高値更新を迎えた。米消費者信頼感指数が下落を受け売仕掛の裁定解消売が入り11:13に252.01㌦迄下げ幅拡大し、11:30には前日比0.73㌦高の252.33㌦迄買戻され、11:35には前日比0.59㌦高の252.19㌦迄さらに買戻された。後場では12:30に252.02㌦で開始し戻待ちの売りから12:39に251.71㌦を付けたが、押目を狙う売仕掛解消の裁定解消買が入り13:24に252.12㌦迄買戻されたが中国リスクを嫌気して上海・香港下落を受け売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比0.74㌦安の250.86㌦迄戻売され最安値更新を迎えたが、引けではオプション9月物では「コール」は総じて売られ「プット」は買いが目立った状況で15:15には前日比0.65㌦安の250.95㌦迄戻売され引けた。高安値幅は8.05㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で42.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.89倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽7.44%、騰落レシオは89.59%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月16日


8月16日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、Topixは反落したが、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均と日経平均は続落した。新興株16日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇しCDS指数も上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落しSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。先週末米株上昇し東京市場では幻のSQから、ドル建て日経平均は9:00に253.65㌦で寄付き、8月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値が約10年ぶりの低水準に落ち込んだことが景気回復への期待感を後退させたが、企業の好決算や金融緩和長期化への期待が下支えし、売仕掛解消の裁定解消買が入り同時刻に253.95㌦を付け寄付き天井化し最高値更新を迎えた。しかし米国に加え、鉱工業生産など午前に発表された中国の経済指標も悪化し、景気減速懸念が強まったほか、アフガニスタン政権が事実上崩壊したとの報道を受け、地政学リスクも巨大機関投資家心理を悪化させ売仕掛の裁定解消売が入り9:46に251.22㌦迄下げ幅拡大し10:28には252.24㌦迄買戻されるが売継続し、11:30には前日比2.46㌦安の251.02㌦迄戻売され、11:35には前日比2.63㌦安の250.85㌦迄さらに戻売された。後場では12:30に250.94㌦で開始し12:33に250.75㌦を付け、最安値更新を迎えたが、週明けの米株市場動向を見極めたいとの思惑や先週末幻のSQから売仕掛解消の裁定解消買が入り13:45の251.49㌦迄一時的に買戻されたが、国内の新型コロナウイルス感染状況を受けて緊急事態宣言の延長や対象地域の追加観測がある中、米経済指標の下振れや対ドルでの円高も嫌気され、売仕掛の裁定解消売が入り14:48に251.10㌦迄下げ幅拡大するが持ち直し、15:00には前日比1.92㌦安の251.56㌦迄買戻され、引けではオプション9月物では「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比1.88㌦安の251.60㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.20㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で48.0%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.96倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽6.49%、騰落レシオは87.21%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月6日


8月06日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均、Topixと日経平均は続伸した。新興株06日の日経ジャスダック平均は続落したが東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米株高、好業績期待から、ドル建て日経平均は9:00に252.49㌦で寄付き、売仕掛解消の裁定解消買が入り9:11に253.97㌦を付け寄付き天井化し最高値更新を迎えた。しかしコロナ等を重しに売仕掛の裁定解消売が入り10:03に252.33㌦迄下げ幅拡大し開始約12分間で最安値と最高値を形成し、11:00には252.89㌦迄買戻されたが利益確定に押され、11:30には前日比0.21㌦安の252.64㌦迄戻売され、11:35には前日比0.29㌦安の252.56㌦迄さらに戻売された。後場では12:30に253.21㌦で開始したがNBI指数上昇を受け、米国では労働市場の改善が示唆されたことに加え、一部ストラテジストによるS&P500種株価指数の年末目標株価引上げなども手伝い巨大機関投資家心理が改善し一時は12:38に253.35㌦迄買戻されたが売込められ13:20に253.07㌦迄売込まれたが3連休前で雇用統計もある事から売の持高調整が入った後、売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比0.52㌦高の253.37㌦迄買戻され、引けではオプション8月物は「コール」は総じて買われ「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比0.49㌦高の253.34㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.64㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.12倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽3.75%、騰落レシオは85.76%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月5日


8月05日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、日経平均先物は続伸したが、Topix先物、ドル建て日経平均、Topixと日経平均は反発した。新興株05日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。NYダウの反落を材料に売仕掛の裁定解消売が入り、ドル建て日経平均は9:00に251.31㌦で寄付き安値となり最安値更新を迎えたが、フィラデルフィア半導体指数が史上最高値を更新し短期的な反発を狙い売仕掛解消の裁定解消買が入り9:19に253.12㌦迄買戻されたが先行き不透明感から売仕掛の裁定解消売が入り11:00に251.95㌦迄戻売されるが続かず反発を見せ、11:30には前日比0.45㌦安の252.35㌦迄買戻され、11:35には前日比0.47㌦安の252.33㌦迄さらに買戻された。後場では12:30に252.49㌦で開始したがSOX指数上昇に加えナスダック続伸が好感され売仕掛解消の裁定解消買が入り12:52に252.70㌦迄買戻されたがコロナウイルス拡大懸念や中国リスクから売仕掛の裁定解消売が入り14:00に252.45㌦迄下げ幅拡大したが、先行きの経済指標の期待から売仕掛解消の裁定解消買が入り持高調整となり、15:00には前日比0.07㌦高の252.87㌦迄買戻され、引けではオプション8月物は「コール」は高安まちまち、「プット」は下落した状況で15:15には前日比0.05㌦高の252.85㌦迄買戻され引けた。高安値幅は0.81㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.9%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.36倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽3.88%、騰落レシオは84.01%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月4日


8月04日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均先物は小反発したが、Topix先物、ドル建て日経平均、Topixと日経平均は続落した。新興株04日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米国株高にも関わらず、米国で8月15日に利払いがある事から米長期金利が低下を受け2か月ぶりに為替で円高・ドル安になった事等、またコロナ拡大懸念も重しとなり、ドル建て日経平均は9:00に253.35㌦で寄付き同時刻に253.55㌦を付け寄付き天井化し売仕掛の裁定解消売が入り9:34に252.25㌦迄下げ幅拡大したが売り一巡後、好決算期待銘柄等に売仕掛解消の裁定解消買が入り11:00に253.42㌦迄買戻されるが続かず、11:30には前日比0.16㌦安の253.15㌦迄買戻され、11:35には前日比0.14㌦安の253.17㌦迄さらに買戻された。後場では12:30に253.30㌦で開始したがSOX指数下落に加え中国当局による規制等から半導体やゲーム関連銘柄に加え中古車価格上昇による販売奨励金抑制継続不安から来る自動車製造銘柄に売仕掛の裁定解消売が入り13:26に252.41㌦迄下げ幅拡大したが、中国・香港株が買戻されたのを受け売仕掛解消の裁定解消買が入り14:41に252.95㌦迄買戻され利確に押され14:59に252.74㌦迄下げ幅拡大したが持高調整が入り、15:00には前日比0.37㌦安の252.94㌦迄買戻され、引けではオプション8月物は「コール」と「プット」が総じて売られた状況で15:15には前日比0.51㌦安の252.80㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.30㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で42.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.29倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽6.57%、騰落レシオは81.54%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月3日


8月03日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月03日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均、Topixと日経平均は反落した。新興株03日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。7月のISM製造業景況指数が低下して米国ではコロナ感染者数増が重しとなりました。ドル建て日経平均は9:00に252.42㌦で寄付いたが、売仕掛解消の裁定解消買を、マクロ系ヘッジファンド等を含む巨大機関投資家が入れる事で09:29の253.77㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎えたが、中国リスクが徐々に日本株にも波及し中国当局取締強化を懸念しゲーム株や半導体ハイテク値嵩銘柄に売仕掛の裁定解消売が入りテンセントが急落したのを受け11:04には251.69㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが底値の堅さから切返し、11:30には前日比1.03㌦安の252.30㌦迄買戻され、11:35には前日比1.01㌦安の252.32㌦迄さらに買戻された。後場では12:30に252.48㌦で開始したが海運株等原油高で支えられ好決算で割安感の残る銘柄等に売仕掛解消の裁定解消買が入り14:30に253.22㌦迄買戻されたが上値が重く14:58に252.80㌦迄下げ幅拡大したが売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比0.25㌦安の253.08㌦迄買戻され、引けではオプション8月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比0.02㌦安の253.31㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.08㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.0%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.49倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽6.19%、騰落レシオは88.07%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

8月2日


8月02日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均、Topixと日経平均は反発した。新興株02日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。欧米株安にも拘らず、空売り比率が先週2日間で45%以上となり、また先週末の大幅下落が1月に付けた今年の安値に接近していた事もあって、ドル建て日経平均は9:00に250.62㌦で寄付き最安値更新を迎えたが、売仕掛解消の裁定解消買を、マクロ系ヘッジファンド等を含む巨大機関投資家が入れる事で10:27の253.15㌦迄上げ幅拡大したが、上値が重くなり利益確定売りに押され、11:00に252.78㌦迄下げ幅拡大したが待機マネーが裁定買を入れる事で切返し、11:30には前日比3.91㌦高の252.96㌦迄買戻され、11:35には前日比3.93㌦高の252.98㌦迄さらに買戻された。後場では12:30に253.54㌦で開始したが中国株の買戻しや債券金利が低下し米株先物の上昇に加え、米国インフラ関連株の上昇を受けて押目と見た巨大機関投資家の中には売仕掛解消の裁定解消買を入れる者もいる事から揉合い後、13:37に253.73㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが上値が重く、不透明要因も顕在化する中、売仕掛の裁定解消売が入り14:59に253.05㌦迄下げ幅拡大するが底値難く売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比4.28㌦高の253.33㌦迄買戻され、引けではオプション8月物は「コール」は買いが目立ち「プット」は総じて売られた状況で15:15には前日比4.28㌦高の253.33㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.11㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.57倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽4.93%、騰落レシオは95.56%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月30日


7月30日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均、Topixと日経平均は反落した。新興株30日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。月末安は11か月連続。昨日の欧米株価は上昇したが国内のコロナ急拡大が響いた他、中国株が再度軟調である事を重しに中国株のリスクヘッジでの日本株売傾向が派生し、ドル建て日経平均は9:00に252.99㌦で寄付き同時刻に253.19㌦を付け最高値更新を迎え寄付き天井化したが、売仕掛の裁定解消売が入り11:05に249.34㌦迄下げ幅拡大したが切返し、11:30には前日比2.79㌦安の250.35㌦と買戻され、11:35には前日比2.79㌦安の250.35㌦で買戻された。後場では12:30に249.86㌦で開始したが押目と見た巨大機関投資家の中には売仕掛解消の裁定解消買を入れる者もいる事から12:38に249.95㌦迄買戻されたが上値が重くテーパリングが前倒しという報道や月末安のアノマリーに加えアマゾンの決算が弱く米株価指数先物が軟調で不安心理が出て売仕掛の裁定解消売が巣籠銘柄の反動として入り14:59に249.02㌦を記録し最安値更新を迎えたが、15:00には前日比4.07㌦安の249.07㌦迄戻売され、引けではオプション8月物は「コール」が売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比4.09㌦安の249.05㌦迄戻売され引けた。高安値幅は4.17㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で45.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.34倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽10.37%、騰落レシオは89.29%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月29日


7月29日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均、Topixと日経平均は反発した。新興株29日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。FOMC通過後ナスダック総合指数の反発、中国株高に加え好業績などを手掛かりに、ドル建て日経平均は9:00に252.29㌦で寄付き後、売仕掛の裁定解消売が入り09:10に251.94㌦迄下げ幅拡大したが切返し、売仕掛解消の裁定解消買が入り10:20に253.33㌦を付けたがコロナウイルス問題等で上値が重く売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比1.07㌦高の252.29㌦と買戻され、11:35には前日比1.07㌦高の252.29㌦で買戻された。後場では12:30に252.87㌦で開始したが米CNBCが「中国の証券監督当局は自国企業に対し、上場基準を満たしている限り米国での新規株式公開(IPO)を引き続き認める方針」と報じた事を背景に中国株や香港株が上げ幅を拡げた事が巨大機関投資家心理の回復に繫がり揉合い後、売仕掛解消の裁定解消買が入り13:47に253.39㌦迄買戻され最高値更新を迎え14:17には252.94㌦迄下げ幅拡大したが待機マネーが底堅く存在しFOMC無風を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比1.96㌦高の253.18㌦迄買戻され、引けではオプション8月物は「プット」に値下がりが目立ち一方、「コール」は総じて上昇した状況で15:15には前日比1.92㌦高の253.14㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.45㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で46.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.56倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽5.34%、騰落レシオは93.34%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月28日


7月28日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均、Topixと日経平均は反落した。新興株28日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は続落したがCDS指数は反発した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。中国当局によるネット企業への規制強化、また米株が6日ぶりに反落し為替のドル安円高を嫌気した中国ビジネスを見直す動きから、ドル建て日経平均は9:00に252.04㌦で寄付き後、売仕掛解消の裁定解消買が入り10:06に253.05㌦を付け最高値更新を迎えたが上値が重く売仕掛の裁定解消売が入り11:10に251.18㌦迄下げ幅拡大したが切返し、11:30には前日比1.94㌦安の251.87㌦と戻売され、11:35には前日比1.94㌦安の251.87㌦で戻売された。後場では12:30に251.87㌦で開始したが過去最多となった東京の新規コロナの感染者数増加懸念も発生して売仕掛の裁定解消売が入り14:23に250.20㌦迄下げ幅拡大したが底堅く、割安感から押目買いが入り、15:00には前日比2.68㌦安の251.13㌦迄買戻され、引けではオプション8月物は「コール」が売られ、「プット」が買われた状況で15:15には前日比2.59㌦安の251.22㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.85㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.58倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽7.13%、騰落レシオは99.01%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月27日


7月27日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均、Topixと日経平均は続伸した。新興株27日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は反落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。昨日の東京市場では「アマゾンがビットコインでの支払いを行うことが好感」されビットコイン及び日本株上昇と繋がり、また米国では米株3指数が揃って最高値更新が好感され前向きの米企業決算の影響で米国進出企業に良好な環境化と観測が出た影響で、ドル建て日経平均は9:00に253.05㌦で寄付き後9:02に252.65㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えるが、売仕掛解消の裁定解消買が入り11:01に254.32㌦迄下げ幅縮小し最高値更新を迎えた。しかし昼頃には「アマゾンがビットコインでの支払い否定」との報道が駆け巡りビットコインと株式先物に売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比1.13㌦高の253.49㌦と戻売され、11:35には前日比1.13㌦高の253.49㌦で戻売された。後場では12:30に253.63㌦で開始し14:00には254.02㌦迄売仕掛解消の裁定解消買が入ったが、中国の規制強化や英国原発等に代表される中国企業群の排除により中国景気不安懸念が再燃し、売仕掛の裁定解消売が入り14:48に253.42㌦迄下げ幅拡大した後、割安感から押目買いが入り、15:00には前日比1.45㌦高の253.81㌦迄買戻され、引けではオプション8月物は「コール」に値上がりが目立ち「プット」は総じて下落した状況で15:15には前日比1.45㌦高の253.81㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.67㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.8%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.71倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽3.58%、騰落レシオは96.54%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月26日


7月26日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均、Topixと日経平均は続伸した。新興株26日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は反落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。国内が連休の間、先週末のNYダウが好決算を手掛かりに4日続伸して最高値を更新。この流れから、ドル建て日経平均は9:00に253.21㌦で寄付き後9:03に253.64㌦迄上げ幅拡大し最高値更新を迎え寄付き天井化するが、新型コロナウイルス感染拡大等不透明要素が残る事から売仕掛の裁定解消売が入り10:15に252.47㌦迄下げ幅を拡大したが企業業績を見極めたいとの期待から債券ショート後ビットコインや株先物等に売仕掛解消の裁定解消買が入り10:52に253.33㌦迄買戻されるが続かず、11:20に252.89㌦迄売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比2.31㌦高の253.11㌦と買戻され、11:35には前日比2.34㌦高の253.14㌦で買戻された。後場では12:30に252.72㌦で開始し12:33には252.90㌦迄売仕掛解消の裁定解消買が入ったが、中国の規制強化や英国原発からの中国排除により中国危機が再燃し、売仕掛の裁定解消売が入り14:27に251.98㌦迄下げ幅拡大した後、割安感から押目買いが入り、15:00には前日比1.54㌦高の252.34㌦迄買戻され、引けではオプション8月物は「コール」が買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比1.56㌦高の252.36㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.66㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.63倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽5.17%、騰落レシオは89.25%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月21日


7月21日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均、Topixと日経平均は反発した。新興株21日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は反発した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は反落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に252.45㌦で寄付き後9:13に251.82㌦迄下げ幅拡大するが、6月貿易統計黒字、輸出に関し自動車輸出が改善し急落した欧米株等の反発を好感して売仕掛解消の裁定解消買が入り9:46に253.68㌦迄買戻され、最高値更新を迎えるが上値は重く、 東南亜細亜で新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、生産拠点を置く日本企業の供給網に重大な懸念が疑義されたことから、売仕掛の裁定解消売が入り11:29には250.45㌦迄下げ幅拡大後調整が入り、11:30には前日比0.42㌦高の250.51㌦と買戻され、11:35には前日比0.44㌦高の250.53㌦で買戻された。後場では12:30に250.85㌦で開始し12:40には250.33㌦迄戻待ちの売りで下げ幅拡大したが、「スズキとダイハツ、トヨタ主導のEV連合に」と報道されるや売仕掛解消の裁定解消買が入り13:19に250.98㌦迄買戻されたが連休前に買いは続かず、売仕掛の裁定解消売が入り13:59には249.73㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、「雨宮日銀副総裁、利下げや企業支援など必要に応じ検討即ち追加緩和」との報道受け売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比0.59㌦高の250.68㌦迄買戻され、引けではオプション8月物は「コール」が買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比0.71㌦高の250.80㌦迄買戻され引けた。高安値幅は3.95㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.46倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽8.36%、騰落レシオは82.22%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月20日


7月20日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均、Topixと日経平均は続落した。新興株20日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は反発した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は反発したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に249.74㌦で寄付き後、売仕掛解消の裁定解消買が入り9:31に250.75㌦迄買戻されるが、コロナ再拡大による景気の先行不透明感から欧米株が急落しこれを受け売仕掛の裁定解消売が入り10:09には249.51㌦迄下げ幅拡大後、ビットコイン上昇と共に安全資産である米国債買い戻しを誘ったビットコイン上昇やNY先物が買われたことを受け売仕掛解消の裁定解消買が入り11:30に251.75㌦となり最高値更新を迎え、11:30には前日比0.18㌦高の251.75㌦と戻売され、11:35には前日比0.09㌦高の251.66㌦で戻売りされた。後場では12:30に250.79㌦と下げて開始したが、利益確定売りが入り12:41に250.40㌦迄下げたが下げ渋り、売仕掛解消の裁定解消買が入り12:53に251.17㌦迄回復したが景気減速による需要の鈍化懸念や米国債買戻を誘ったビットコインが3万㌦の大台を割ったのを受けて一時200㌦台であったNY先物が売られ同様に下がり、日本では売仕掛の裁定解消売が入り12:41に250.40㌦迄下げ幅拡大したが、SOX指数上昇を受け精密・ハイテクに売仕掛解消の裁定解消買が入り14:30に251.05㌦迄買戻されたが、米中サイバー攻撃による不透明要因拡大に加え連休前でもあり上値下げ基調から手仕舞売に匹敵する売仕掛の裁定解消売りが入り、15:00には前日比1.41㌦安の250.06㌦迄戻売され、引けではオプション8月物は「コール」は総じて売られ一方、「プット」は買われた状況で15:15には前日比1.48㌦安の250.09㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.24㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で46.7%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.36倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽10.3%、騰落レシオは78.93%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月19日


7月19日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均、Topixと日経平均は続落した。新興株19日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は反発した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は反発したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。デルタ株によるコロナ再拡大の警戒から国内でも感染者が増えている事も重しとなりドル建て日経平均は9:00に251.78㌦で寄付き揉み合い後、売仕掛解消の裁定解消買が入り9:27に252.88㌦を付け最高値更新を迎え寄付き天井化しその後売仕掛の裁定解消売が入り11:20に250.12㌦を付け、最安値更新を迎えるも押し目と見て切返し、11:30には前日比3.68㌦安の250.93㌦と買戻され、11:35には前日比3.64㌦安の250.97㌦を付け終了した。後場では12:30に251.89㌦で開始したが、為替では質への逃避で円高リスクオフムードになるや前週末のフィラデルフィア半導体指数が大幅に下落しミシガン消費者信頼感指数も振るわず金融緩和によってPERが上昇し株価上昇傾向を背景に景気回復が緩み、日本国内政治リスクが浮き彫りとなった事から売仕掛の裁定解消売が入り揉み合い後13:49に250.86㌦を付け下げ幅拡大したが押目の裁定買が入る事で14:07に251.97㌦迄買戻されるが週末の手仕舞売りに押され一年ぶりに200日移動平均線割れとなり、15:00には前日比3.11㌦安の251.50㌦迄買戻され、引けではオプション8月物は「コール」は総じて売られ、「プット」は総じて買われた状況で15:15には前日比3.04㌦安の251.57㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.76㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で46.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.54倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽7.79%、騰落レシオは83.91%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月16日


7月16日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均、Topixと日経平均は続落した。新興株16日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米のハイテク株安を映した展開となった。米グロース株中心に利確が強まり、バリュー株が底堅かった。ドル建て日経平均は9:00に255.43㌦で寄付き売仕掛の裁定解消売が入り9:06に253.73㌦を付け、最安値更新を迎えたが切返し、売仕掛解消の裁定解消買が入り9:24に256.04㌦を付けるが中国内政問題やオリンピック期間でのインドにおける変異株の上昇等国内不透明要因から値嵩株に売仕掛の裁定解消売が入り10:04には253.88㌦迄下げ幅拡大後、10:32には255.12㌦迄下げ幅縮小したが信用の期日売りから売仕掛の裁定解消売が入り揉み合い後、11:30には前日比3.33㌦安の254.33㌦と買戻され、11:35には前日比3.28㌦安の254.38㌦を付け終了した。後場では12:30に254.76㌦で開始したが揉み合い後、底値の堅さからシクリカルバリュー銘柄に売仕掛解消の裁定解消買が入り14:12に256.39㌦を付け最高値更新を迎えた。その後4月-6月期のマクロ景気がピークアウト状況に陥り中国経済減速懸念が発生し、米国内の先行き景気減速感が危ぶまれ、為替問題ではリフレトレードの巻戻しでドル高円安になりインフレの高まりと捉えられフィラデルフィア半導体指数下落を受け半導体銘柄等に売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比3.02㌦安の254.64㌦迄戻売され、引けではオプション8月物は「コール」が売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比3.05㌦安の254.61㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.66㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.69倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲4.29%、騰落レシオは89.99%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月15日


7月15日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均、Topixと日経平均は続落した。新興株15日の日経ジャスダック平均は続落したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。NY原油下落を受けて中国の上半期原油輸入量も振るわず経済指標も市場予想並みと中国景気減速懸念が台頭した流れに加え昨日の欧米市場は方向感に乏しい事から、ドル建て日経平均は9:00に259.47㌦で寄付き高値を9:01に257.76㌦に到達後最高値更新を迎え寄付き天井化し売仕掛の裁定解消売が入り11:04には257.83㌦迄下げ幅を拡大し最安値更新を迎えたが、11:30には前日比1.09㌦安の257.85㌦と戻売され、11:35には前日比1.06㌦安の257.88㌦を付け終了した。後場では12:30に257.83㌦で開始したが、突っ込み警戒感から押目買いが入り12:34に258.20㌦迄買戻されたが、為替相場は前場円高株安になった事に加え1月高値の信用期日売りやオリンピック開幕に向けた新型コロナ拡大に伴う懸念から売仕掛の裁定解消売が入り揉み合うも台湾TSMCの決算が市場予想を下回った事等から売仕掛の裁定解消売が半導体銘柄迄入り14:58に257.10㌦迄下げ幅拡大し、15:00には前日比1.42㌦安の257.52㌦迄買戻しされ、引けではオプション8月物は「コール」が売られた一方、「プット」は買われた状況で15:15には前日比1.28㌦安の257.66㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.66㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で48.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.76倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲1.48%、騰落レシオは87.94%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月14日


7月14日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均、Topixと日経平均は反落した。新興株14日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米株安を受けて、ドル建て日経平均は9:00に257.86㌦で寄付き安値を9:01に257.57㌦に到達後最安値更新を迎えたが、物価上昇による調整相場に日本株は強い面があり売仕掛解消の裁定解消買が入り10:27に259.70㌦を付け最高値更新を迎えたが、前週の下落からの反発基調が弱まり、売仕掛の裁定解消売が入り11:04に259.06㌦を付け後切り返すが、11:30には前日比0.84㌦安の259.33㌦と買戻され、11:35には前日比0.82㌦安の259.35㌦を付け終了した。後場では12:30に258.92㌦で開始し、ディフェンシブの電気・ガスや医薬品、建設といった銘柄に売仕掛解消の裁定解消買が入り12:59に259.35㌦迄買戻されるが上海、香港など亜細亜市場は冴えずまた、6月の消費者物価指数が予想を上回った事でインフレ高進への警戒感が高まり長期金利も依然低位圏とはいえ1.4%台まで上昇したことで売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比1.27㌦安の258.90㌦迄戻売され、引けではオプション8月物は「コール」が売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日比1.23㌦安の258.94㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.13㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.92倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲1.97%、騰落レシオは93.06%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月13日


7月13日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、日経平均先物、Topix先物、ドル建て日経平均、Topixと日経平均は続伸した。新興株13日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米株3指数は揃って最高値更新。これらの傾向を受け、ドル建て日経平均は9:00に260.27㌦で寄付き安値を9:00に260.24㌦に到達後、安川電機の決算は好材料だが海外の株高や米長期金利の下げ止まりにより、先週のリスクオフの巻き戻しとして売仕掛解消の裁定解消買が入り9:37では261.60㌦を記録し最高値更新を迎え寄付き天井化したが、国内での新型コロナ感染再拡大や政権の求心力低下を巡る透明感も重しとなり売仕掛の裁定解消売が入り揉合い後、11:30には前日比1.56㌦高の260.35㌦と買戻され、11:35には前日比1.60㌦高の260.89㌦を付け終了した。後場では12:30に260.76㌦で開始し、7月下旬に多くの決算発表を控え、巨大機関投資家は動きにくいとの指摘もあり、依然として商いは細る傾向から半導体銘柄を中心に売仕掛の裁定解消売が入り14:26には259.93㌦を付けここで最安値更新を迎え引き続き米長期金利の低下に一服感が見られたことが安心感を誘った他、企業の好決算を期待し、大手金融株等景気循環株に売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比0.93㌦高の260.22㌦迄買戻され、引けではオプション8月物は「コール」が買われた一方、「プット」は売りが優勢だった状況で15:15には前日比0.88㌦高の260.17㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.67㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.97倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲3.17%、騰落レシオは93.53%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月12日


7月12日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、日経平均先物とTopix先物は続伸したが、ドル建て日経平均、Topixと日経平均は反発した。新興株12日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。先日の米株3指数揃って最高値を更新。安川電機が今朝業績予想を上昇修正した事や5月の機械受注統計が3か月連続で増加し市場予想を上回った事も安心感に繋がり、ドル建て日経平均は9:00に257.78㌦で寄付き後、売仕掛の裁定解消売が入り9:03に257.69㌦に到達し最安値更新を迎えたが、先週末の空売り比率50%以上や予想per13%を切った事を受け底値の堅さも加わり、当社予測通り売仕掛解消の裁定解消買が入り10:23に259.69㌦迄上げ幅拡大し最高値を更新し買い一巡後、売方の買戻しが終了し新材料の無さから売仕掛の裁定解消売が入り11:00に258.98㌦を付け後、個人の押し目狙いの裁定買も入り、11:30には前日比5.54㌦高の259.49㌦と買戻され、11:35には前日比5.49㌦高の259.44㌦を付け終了した。後場では12:30に259.27㌦で開始し、12:34の259.13㌦迄利確が入り下げ幅拡大したが、下値の堅さから裁定買等が入り揉み合い、13:05に259.46㌦を付け後、変異株を含めた新型コロナウイルス対策等不透明感から売仕掛の裁定解消売が入り14:51に258.83㌦迄下げ幅拡大したが、景気減速懸念で低下していた米長期金利が上昇し、投資家の心理が改善し売仕掛解消の裁定解消買が入り持ち高解消され、15:00には前日比5.39㌦高の259.34㌦迄買戻され、引けではオプション8月物は「コール」が買われた一方、「プット」は売りが優勢だった状況で15:15には前日比5.34㌦高の259.29㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.00㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.7%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.87倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲1.69%、騰落レシオは91.87%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月9日


7月09日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均先物とTopix先物は反発したが、ドル建て日経平均、Topixと日経平均は続落した。新興株09日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。景気回復の鈍化懸念等を背景とした欧州株安に加え、中国当局によるハイテク企業への海外上場規制強化による株下げ金利低下による債券価格上昇さらに預金準備率の引き下げを中国で実行する事から中国景気悪化懸念派生等を重しに、ドル建て日経平均は9:00に252.65㌦で寄付き後、売仕掛解消の裁定解消買が入り9:03に253.70㌦に到達し前場高値更新を迎え寄付き天井化し揉合いを経て売仕掛の裁定解消売が幅広く入り、11:11に249.67㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎え、11:30には前日比4.99㌦安の250.02㌦となり買戻され、11:35には前日比5.03㌦安の249.98㌦を付け終了した。後場では12:30に251.07㌦で開始したが、12:32の251.55㌦迄裁定買が入り下げ幅縮小したが、上値の重さから利益確定等が入り揉み合い、日銀・年金勢の買い観測が浮上と伝わるや13:50に251.07㌦を付け後、「米債売持・米株買持のリフレポジション」の巻戻しに加え、中国景気不安説の解除で香港ハンセン指数の買戻しが発生した事から売仕掛解消の裁定解消買が入り14:59に254.58㌦迄下げ幅縮小し、15:00には前日比1.01㌦安の254.00㌦迄戻売され、引けではオプション8月物は「コール」、「プット」とも高安まちまちだった状況で15:15には前日比1.05㌦安の253.95㌦迄戻売され引けた。高安値幅は4.91㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で50.4%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.59倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽4.93%、騰落レシオは85.59%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月8日


7月08日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、Topix、日経平均、日経平均先物とTopix先物は続落した。新興株08日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。FOMC議事要旨を受け金融政策の変更は慎重に行われるとの見方が広がり米株はラッセルを除き揃って上昇。東京に4度目の緊急事態発令が決定される等、伝わった事が重しとなり、ドル建て日経平均は9:00に256.10㌦で寄付き後、売仕掛解消の裁定解消買が入り9:03に256.45㌦に到達し最高値更新を迎え寄付き天井化し揉合いを経て売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比1.21㌦安の255.17㌦となり戻売され、11:35には前日比1.26㌦安の255.12㌦を付け終了した。午場では12:30に254.76㌦で開始したが、12:49の254.29㌦迄裁定解消売りが入り下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、米国長期金利の低下を受けて、コロナ禍でも業績堅調だった企業が含まれる情報・通信などは上昇が期待される事から、売仕掛解消の裁定解消買が入り14:58には255.55㌦迄買戻されるも、衆議院選を控える中で与党が都議会選で過半数議席を獲得できずに政治の指導力の弱さがリスクとして意識される状況により売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比1.37㌦安の255.01㌦迄戻売され、引けではオプション7月物は「コール」、「プット」ともに下落した状況で15:15には前日比1.37㌦安の255.01㌦迄戻売され引けた。高安値幅は2.16㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で48.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.64倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽3.16%、騰落レシオは86.43%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月7日


7月07日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均、Topix、日経平均、日経平均先物とTopix先物は反落した。新興株07日の日経ジャスダック平均は反落し東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米のISM非製造業景況感指数が低下し景気のピークアウト懸念から、ドル建て日経平均は9:00に255.56㌦で寄付き後、売仕掛の裁定解消売が入り9:02に254.69㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが、突っ込み警戒感や政府による災害など政府政策による銘柄に売仕掛解消の裁定解消買が入り10:40に257.56㌦に到達し最高値更新をしたが米国インフラ法案進捗不安等から上値が重くなり売仕掛の裁定解消売が入り11:20に256.52㌦迄下げ幅拡大し、11:30には前日比1.75㌦安の256.80㌦となり買戻され、11:35には前日比1.82㌦高の256.73㌦を付け終了した。午場では12:30に256.81㌦で開始したが、Vix指数上昇から来る日米中のオリンピックリスク、オペックプラスの決裂で石油関連企業の利益確定に加え、米長期金利低下で金融関連及びハイテク関連への裁定解消売りや中国による規制リスクから来る海外市場への上場制限等から来る値嵩株への売仕掛の裁定解消売が入り14:16には255.58㌦を付け売戻し一巡後、持ち高解消目的より売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比2.05㌦安の256.50㌦迄買戻され、引けではオプション7月物は「コール」は売られ一方、「プット」は買いが優勢だった状況で15:15には前日比2.17㌦安の256.38㌦迄買戻され引けた。高安値幅は2.87㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で47.6%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.74倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▽0.66%、騰落レシオは95.03%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月6日


7月06日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、Topix、日経平均、日経平均先物とTopix先物は反発した。新興株06日の日経ジャスダック平均は反発しかし東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix指数は上昇したがCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は下落しかしSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米市場が休みの中、原油高や欧州の小幅高を手掛かりにドル建て日経平均は9:00に258.56㌦で寄付き後、新型コロナウイルスの脅威やインバウンドの落ち込みから売仕掛の裁定解消売が入り9:20に257.95㌦となり最安値更新を迎えたが、個人消費支出の増加報道により売仕掛解消の裁定解消買が入り、9:55に259.34㌦を付けるが原油高がインフレ兆候を示しセクターによってはマイナス成長を示す場面もある事から売仕掛の裁定解消売が入り10:45には258.59㌦迄下げ幅拡大したが、東京五輪を控えデルタ変異株の感染拡大などは懸念されるが、ワクチンの有効性が崩れなければ中期的に経済正常化が期待でき、短期的には株式相場は堅調に推移との観測報道から売仕掛解消の裁定解消買が入り11:13に259.38㌦迄買戻され最高値更新したが明日のFOMC議事録開示により売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比1.80㌦高の259.18㌦となり買戻され、11:35には前日比1.78㌦高の259.16㌦を付け終了した。午場では12:30に258.89㌦で開始したが、12:40に258.82㌦迄下げた後、時間外米株価指数先物が上昇を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り13:23には259.10㌦迄買戻されたが今週後半での上場投資信託〔ETF〕の分配金捻出に絡んだ売り需要に加え日経平均の銘柄入れ替えで思惑に対する先駆けの動きとして売仕掛の裁定解消売が入り、15:00には前日比1.19㌦高の258.57㌦迄戻売され、引けではオプション7月物は「コール」、「プット」ともに売りが目立った状況で15:15には前日比1.17㌦高の258.55㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.43㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.6%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.90倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲4.64%、騰落レシオは101.45%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月5日


7月05日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、Topix、日経平均、日経平均先物とTopix先物は反落した。新興株05日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は下落しかしSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。先週末の米雇用統計を受けて早期の金融引締め観測が後退。米株は3指数揃って最高値更新。一方でドル建て日経平均は9:00に258.34㌦で寄付き後同時刻に最高値258.53㌦を付け最高値更新を迎えたが上値は重く国内の新型コロナウイルス感染者数拡大が懸念し、雇用統計で根強い脆弱性を示しFRBが当面金利を据え置きという報道から売仕掛の裁定解消売がSBGやファーストリテアリングに入り、9:57に257.18㌦迄下げ幅拡大したが、パッシブファンドが機械的に売仕掛解消の裁定解消買を行うことにより10:49に258.05㌦を付けたがTopix分配金算出に対する売に従い売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比0.39㌦安の257.54㌦となり戻売され、11:35には前日比0.43㌦安の257.50㌦を付け終了した。午場では12:30に257.49㌦で開始したが、長期金利が1.43%へと低下した事で大型ハイテク銘柄に売仕掛解消の裁定解消買が入り13:57に257.67㌦迄買戻されたが都議選の自公過半数割れによる政権運営厳しく国政に響く懸念や6月財新中国非製造業PMI50.3pで前月比4.8p低下を受け、売仕掛の裁定解消売が入り15:00には前日比0.60㌦安の257.33㌦迄戻売され、引けではオプション7月物は「コール」は売られ、「プット」は買いが目立った状況で15:15には前日0.55㌦安の257.38㌦迄買売され引けた。高安値幅は1.35㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で45.2%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.86倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲4.64%、騰落レシオは102.94%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月2日


7月02日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均、Topix、日経平均、日経平均先物とTopix先物は反発した。新興株02日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数は下落したがCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は上昇しかしSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。米国の景気指標がまちまちの中、米国の長期金利が低下し米国が揃って上昇。1年3か月ぶりにドル円が111円台迄上昇した事もあってドル建て日経平均は9:00に257.43㌦で寄付き後同時刻に最安値257.13㌦をつけたが、売仕掛解消の裁定解消買が入り9:57には258.43㌦を付け最高値更新を迎えたが上値は重く売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比0.24㌦安の258.00㌦となり戻売され、11:35には前日比0.21㌦安の258.03㌦を付け終了した。午場では12:30に258.05㌦で開始したが市場経営環境改善でバイアウト系巨大機関投資家等が財務健全性企業や採算性改善銘柄等の一角に売仕掛解消の裁定解消買が入り12:30に257.83㌦迄戻売されたが、原油相場の上昇で売仕掛解消の裁定解消買が入り13:23に258.15㌦を付け後、今晩の雇用統計発表を前に売仕掛の裁定解消売が入り揉み合い後14:57に257.69㌦迄下げ幅拡大後、持高調整が入り15:00には前日比0.31㌦安の257.93㌦迄買戻され、引けではオプション7月物は「コール」が買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日0.31㌦安の257.93㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.30㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.0%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.94倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲3.69%、騰落レシオは100.24%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

7月1日


7月01日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。7月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均は反落し、Topix、日経平均、日経平均先物とTopix先物は続落した。新興株01日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は上昇しかしSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。NYダウ等の続伸などを背景に小幅高で始まるも最高値更新を迎え寄付き天井化し日銀短観先行き悪化や新型コロナウイルス変異株拡大で売仕掛の裁定解消売が入り11:29には257.82㌦を付けたが、11:30には前日比2.72㌦安の257.90㌦となり戻売され、11:35には前日比2.70㌦安の257.92㌦を付け終了した。午場では12:30に257.74㌦で開始し最安値更新を迎えたが市場経営環境改善でバイアウト系巨大機関投資家等が財務健全性企業や採算性改善銘柄等の一角に売仕掛解消の裁定解消買が入り13:12に258.32㌦迄買戻されたが交易条件の悪化により売仕掛の裁定解消売が入り14:23には257.83㌦迄下げ幅拡大したが、明日の雇用統計を手前に様子見傾向から持高調整が入り、15:00には前日比2.26㌦安の258.36㌦迄買戻され、引けではオプション7月物は「コール」は売られ、「プット」は買われた状況で15:15には前日2.38㌦安の258.24㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.73㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で42.1%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.88倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲2.90%、騰落レシオは100.65%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月30日


6月30日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均は反発したが、Topix、日経平均、日経平均先物とTopix先物は続落した。新興株30日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数は上昇しかしSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は6月最終日反発。米国の消費者信頼感指数が予想に反して改善し1年3か月ぶりの高水準になった事を支えに米株は上昇を好感して、ドル建て日経平均は9:00に261.43㌦を付け開始後、売仕掛解消の裁定解消買が入り9:06に262.38㌦に到達し最高値更新を迎え寄付き天井化するも263㌦を前に失速。新型コロナウイルス感染拡大への警戒感や月末株安アノマリーからの手仕舞売りに押され、売仕掛の裁定解消売が入り11:09に260.54㌦となり、最安値更新を迎えたが、持高調整の売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比0.24㌦高の260.84㌦となり買戻され、11:35には前日比0.19㌦高の260.79㌦を付け終了した。午場では12:30に260.84㌦で開始したが13:17の260.88㌦迄買戻す動きが見られたが利益確定により13:36の260.58㌦迄下げ幅拡大。コロナのリバウンドが一巡した後の成長率の底上げ期待から売仕掛解消の裁定解消買が入り14:33には261.43㌦迄買戻されたが週末の米雇用統計を見極めたいとの思惑が様子見ムードを強めた他、テーパリングが開始され以前の流動性相場が金融政策不安から乏しくなり持高低下傾向をたどる懸念より売仕掛の裁定解消売が入り14:59には260.57㌦迄下げ幅拡大し持高調整の裁定買いが入り、15:00には前日比0.02㌦安の260.58㌦迄買戻され、引けではオプション7月物は「コール」、「プット」ともに値下がりが目立った状況で15:15には前日0.02㌦高の260.62㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.84㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.5%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.91倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲3.87%、騰落レシオは98.21%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月29日


6月29日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建て日経平均とTopixは反落したが、日経平均、日経平均先物とTopix先物は続落した。新興株29日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。6月期末配当落ち分28円程度ある中で、NYダウは3日ぶりに反落した事やコロナ感染再拡大懸念等重しに、ドル建て日経平均は9:00に261.55㌦を付け開始後、同時刻に261.76㌦と最高値更新を迎え寄付き天井化し小高く始まった後、緊急事態宣言解除後の足元の感染者数再拡大の警戒感から売仕掛の裁定解消売が入り9:06に259.91㌦を付け、最安値更新を迎えたが、ナスダック総合指数が最高値更新を迎え、ハイテク株の一角に売仕掛解消の裁定解消買が入り10:28に261.08㌦をつけ下げ幅縮小したが続かず、新型コロナウイルス変異株の国内外での拡大を嫌気して景気敏感銘柄に売仕掛の裁定解消売が入り11:02に260.30㌦迄下げ幅拡大したが間もなく突っ込み警戒感から持高調整の売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比1.73㌦安の260.64㌦となり戻売され、11:35には前日比1.73㌦安の260.64㌦を付け終了した。午場では12:30に260.25㌦で開始したが12:34に260.38㌦迄買戻されたが上値の重さから、戻待ちの裁定解消に押され13:03の262.58㌦迄下げ幅拡大後、フィラデルフィア半導体指数の上昇や市場上場基準変え等の期待から揉合後、売仕掛け解消の裁定解消買が入り14:59には260.66㌦を付け後、15:00には前日比1.72㌦安の260.65㌦迄戻売され、引けではオプション7月物は「コール」は総じて売られ、「プット」は買いが目立った状況で15:15には前日1.77㌦安の260.60㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.85㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.94倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲6.82%、騰落レシオは98.10%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月28日


6月28日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建て日経平均とTopixは反発したが、日経平均、日経平均先物とTopix先物は反落した。新興株28日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数が上昇しSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に262.74㌦を付け開始後、先週末の米株がまちまちで返ってきた中、同時刻に262.82㌦と最高値更新を迎え寄付き天井化し小高く始まった後、緊急事態宣言解除後の足元の感染者数再拡大の警戒感から売仕掛の裁定解消売が入り9:05に261.86㌦を付け最安値更新を迎えたが、米長期金利上昇から売仕掛解消の裁定解消買が景気敏感株に入り、10:47に262.59㌦迄下げ幅縮小後、ワクチン後の政局不安定な処から売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比0.35㌦安の261.90㌦となり戻売され、11:35には前日比0.37㌦安の261.88㌦を付け終了した。午場では12:30に262.28㌦で開始したが戻待ちの裁定買に押され13:03の262.58㌦を付け後、週後半にかけて中国6月製造業購買担当者景気指数(PMI)や、週末には6月の雇用統計も控えており、様子見姿勢から売仕掛の裁定解消売が入り14:14には262.14㌦迄下げ幅拡大したがオリンピック期待より売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比0.24㌦高の262.49㌦迄買戻され、大引けではオプション7月物は「コール」、「プット」がともに売られた状況で15:15には前日比0.12㌦高の262.37㌦迄買戻され引けた。高安値幅は0.94㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.3%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.08倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲6.82%、騰落レシオは100.18%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月25日


6月25日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、日経平均は続伸したが、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物とTopixは反発した。新興株25日の日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。ドル建て日経平均は9:00に262.71㌦を付け開始後、日経平均予想per13倍割れの昨日に対する買戻し効果に加え、インフラ投資等への期待を背景とした米株高を好感し景気敏感株中心に売仕掛解消の裁定解消買が入り、9:00に262.99㌦に到達し最高値更新を迎え寄付き天井化した。コロナ感染者が東京で増大した報道等を受け売仕掛の裁定解消売が入り10:24には261.43㌦迄下げ幅拡大し最安値更新を迎えたが高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種が進み、「シニア消費」拡大への期待感がジワリと拡大し、感染への「不安感」がワクチンで払拭され、旅行や買い物、レジャーなどに繰り出すと予想され、今年7─9月期の国内総生産(GDP)を押し上げそうだとの観測から下値は堅く261㌦を死守した傾向を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比1.87㌦高の262.47㌦となり買戻され、11:35には前日比1.83㌦高の262.43㌦を付け終了した。午場では12:30に262.59㌦で開始したが戻待ちの売りに押され12:35の262.42㌦を付け後、押目買等が入り13:10に262.66㌦の高値圏に押し戻され到達後、巨大機関投資家の中では「オリンピックで今後人流の増加に伴う変異株の感染者拡大や景気減退懸念が上値を重くする面」に懸念する傾向がみられることから、売仕掛の裁定解消売が入り14:17に262.11㌦迄下げ幅拡大するが14:59には262.40㌦迄押し戻され、15:00には前日比1.68㌦高の262.28㌦迄戻売され、大引けではオプション7月物は「コール」が買われ、「プット」は売られた状況で15:15には前日比1.65㌦高の262.65㌦迄戻売され引けた。高安値幅は1.56㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で37.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per14.08倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲7.22%、騰落レシオは99.56%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月24日


6月24日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。6月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、日経平均は続伸したが、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix先物とTopixは反落した。新興株24日の日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は小幅続伸した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米国景気指標の頭打感からNYダウが3日ぶりに反落した事を嫌気し、ドル建て日経平均は9:00に259.56㌦を付け開始後、売仕掛の裁定解消売が入り9:12に259.06㌦を記録した処で最安値更新を迎えたが、前日のパウエルFRB議長の議会証言を受けて当面、大規模な金融緩和が維持されるとの期待や長期金利の伸び悩みから、売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:08に260.76㌦を付け最高値更新。11:30には前日比0.13㌦安の260.49㌦となり戻売され、11:35には前日比0.13㌦安の260.49㌦を付け終了した。午場では12:30に260.22㌦で開始したがオリンピック先行き不透明感で売仕掛の裁定解消売が入り13:35に259.99㌦迄下げ幅拡大したが時間外取引で米先物上昇を受け売仕掛解消の裁定解消買が入り、15:00には前日比0.11㌦安の260.51㌦迄買戻され、大引けではオプション7月物は「コール」、「プット」ともに売られた状況で15:15には前日比0.02㌦安の260.60㌦迄買戻され引けた。高安値幅は1.70㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.9%の悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.96倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲5.45%、騰落レシオは95.74%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

6月23日